スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

【文庫版書き下ろし】「帰ってきたMr.FULLSWING」が面白過ぎる

【ミスフル10周年記念②】野球ギャグ漫画をあえてメタフィクションぽく読んでみるとか書いてたら、文庫版発売決定してもおおお私の中でミスフル熱がやばいことになっています…笑!!


【文庫版書き下ろし】「帰ってきたMr.FULLSWING」が面白過ぎる

うわーいうわーい!!!!
待ちに待ちに待ちにまったミスフル新作漫画ですよ!!!!
鈴木先生…!!こ、こんなに面白くていいんですか!!!
犬飼くん辰羅川くんが優遇されてていいんですか!!!(だから個人的な萌えを出すなと
毎月新しいミスフルが20頁読めるなんて…嬉しすぎて恵まれ過ぎて死んでしまいます…!!!
読者をこんなに甘やかしてどうするつもりなの信也せんせええええ!!!

ジャンプ旧作関連だとですね、シャーマンキングが連載再開とか、るろ剣映画&再アニメ化とかで沸き立っていますが…
Mr.FULLSWINGことミスフルも秘かに再連載しているのですよ!!!

……文庫版の中でだけど!!!
とにかく描き下ろしの量がすごいんですよ!!!
ナタリーさんの特集記事が一番分かりやすいです。
tokushu1.jpg
↑クリックでナタリーの記事へ飛びます。文庫本に収録されなかった鈴木先生のフリートークも全てここで読むことができます。すごすぎる…!!

集英社文庫の中の人(ツイッター)も言ってましたが、単行本で完結している漫画の再録文庫版でここまで描き下ろしをする人は、鈴木信也先生以外いないと思います…

週刊少年ジャンプ(集英社)にて、2001年から2006年までの5年間にわたり連載された野球ギャグマンガ「Mr.FULLSWING」、通称「ミスフル」。連載終了から5年の時を経た今、文庫版として刊行されることが決定した。しかも今回の文庫版ではカバーイラストのみならず、新作マンガ、キャラクター大名鑑、総扉イラストまでが、全巻描き下ろされる。集英社コミック文庫の編集部も、文庫刊行時に著者がここまでの描き下ろし原稿を加えた例はないという。
(ナタリーのミスフル文庫化による特集よりhttp://natalie.mu/comic/pp/mrfullswing)


ミスフルの面白さっていうのは、展開から、キャラクターから、誌面から、とにかくどこをめくっても「本気」が詰め込まれている、全力の一生懸命さだと思うのです。

猿野天国という主人公がまた、ね。

1話から盗撮やら下着泥やら痴漢やら子供いじめまでやらかしていて全力で叩かれそうなキャラなのに笑、好きな女の子のために、野球のために、必死でウソをつきとおそうとする彼の本気にいつの間にか心うたれて大好きになっちゃうんですよね。

どのキャラも鈴木先生の本気がつめこまれていると思うんですけど(インタビューでの子津くんへの思い入れは涙無しには読めない…)、猿野くんは特に、「読者に面白いものを届けたい」という鈴木先生の一生懸命さが存分に詰め込まれたキャラだと思います。

今回の書き下ろしも、ミスフル全般における泥臭い「本気」を象徴していますよね。
上記のミスフル特集での鈴木信也先生インタビューでは、文庫版ミスフルの、そして先生自身の魅力がたっぷり詰まっています。必読!!

最初は表紙とおまけマンガを数ページくらいの依頼だったんですけど、僕のほうからいろいろとアイデアを出して。とにかく、単行本を持っていたけど手放してしまった方、もしくは持ってるけど押入れに入れっぱなしで何年も読んでいない方に、懐かしくなってもう一度読み返してほしいですね。例えば、総扉に単行本の表紙と似ているけど少し違う絵を描いたのも、押入れに「ミスフル」をしまいっぱなしの人が見たら、「あれ、これ少し違う?」って気づいて引っ張り出してくれるかなと思ったんです。
(上記のインタビューより)


さあ、かつてミスフルを楽しく読んでいたみんな!単行本をひっぱりだしてくるんだ!そして文庫版を手にとるんだ…!!!私は10年越しのアニメ化だって夢じゃないと思っているよ!!かってに改蔵だってアニメ化したじゃん!!!

☆帰ってきたミスターフルスイング
えーと、ここからが本題です。
文庫版での書き下ろしは、表紙、総扉(表紙めくってすぐにでてくるページです)、キャラクター大名鑑、そして描き下ろしのおまけ漫画。

なんといっても!!この描き下ろしのおまけ漫画が面白いのです!!
鈴木先生の類まれなるギャグセンスは健在でした…!!

「ミスフル」は、紆余曲折ありましたけど一度完結しているマンガなので、やはり「あの学校に負けたのはなかったことにしよう」とか、「あの学校に勝ったけど、別の学校とも戦わせたい」とか、そういう「もしも」はできない。さらに言うと、1年後、2年後の設定も描けるんですけど、そうすると今度は上級生が野球部にいない世界になってしまいますよね。例えば、主人公の天国が2年生になってしまうと、3年生がいなくなる。でも読者が好きだったのは、天国たちが1年生で、牛尾キャプテンたち3年生がいた、あの「ミスフル」の世界だと思うので、そこで何か描きたいと思ったんです。このマンガは野球マンガではありますけど、悪ふざけ的なギャグもあるので、描き下ろしマンガでは思いっきりふざけました(笑)。


……鈴木せんせええええええ!!!(ぶわっ涙
そうです、まさにそうなんです。
あの学校と十二支の再戦がみたかった!とか、1年後の彼らは…とか。
たくさん妄想はするし語りはするファンですけど、一番好きなミスフルは、鈴木先生がジャンプで描いていたあのミスフルの世界なんですよね…!!

というわけで、今のところおまけ漫画は完全にギャグです!!
かつての読者の方は、エスコート肝試しとか、猿凪入れ替わりとか、司馬くん尾行とか、サッカー回、RPG回あたりのノリを濃縮還元してさらにえげつないギャグ要素を高めたものだと思っていただければ良いかと思います…って書いたら余計分かりにくい気がしてきた。

文庫版1巻のおまけ漫画は、5年後の十二支野球部+沢松…かと思いきや、5年後と称して犯罪者にしたてられたミスフルキャラが信也先生をボコるシーンで幕を開けます笑。
111214_1857~02

5年ぶりに登場した十二支野球部1年生たち。自分のキャラを忘れたと言って単行本を読みかえしてるんですが(ミスフルギャグは、こーゆーメタなネタが似合うなぁ…笑)、入部前の奇行とセクハラの数々がバレた天国が暴走して「テメーらも丸裸にひんむいて女装のよさをその体に教えてやるわああ」で、まさかの全員女装…!!

とにかくこの女装のセンスがさすがとしかいいようがないwww
毎日辰奈先生と犬子ちゃんの学園生活妄想が止まりません
ミスフルキャラの無限大の可能性に身震いしてきましたよ…!!!!

何より、一番暴走しているのは凪さんでしょう笑。
確かに、たまにどSっぽいギャグに乗ったりしてはいたけれど、まさかの凪さん男装&明美への「クソムシ」発言…!!変装解いたら元に戻ったって言ってるけど、絶対元はSの気質があるよ笑!大好き凪さん!!そもそも、最初に雨の中、天国を冷たい視線で見降ろすシーンから(以下自重

2巻3巻では、猿野VS犬飼7番勝負。
部活後、猿野くんの悪ふざけにキレる犬飼くん…というあまりにもミスフルすぎるミスフルで私はもう爆発しそうです…!それを煽る羊谷監督がノリノリすぎて、お前ホントに監督する気あるのかといいたいwノリ気じゃなくても、辰くんにスパルタで勉強させられる(そして最後には眼鏡かけてるという)犬飼くんが可愛くてたまらんかったです…(いろいろ隠す気が無くなってきた

猿野のセコンドが地井鎌夫(校長)とかw、全ての部員が犬飼くんのセコンドにつくとかw、歩くスーパーカセットビジョンとか笑!!ああ、鈴木先生のギャグだああと一人でテンションあがってました。

そして猿野くんと犬飼くんの肉体交換。夜摩狐先輩の万能感はすごいなぁ笑。

猿野くんの姿で一人オセロな犬飼くんも、犬飼くんの姿でセクハラし放題の猿野くんも…なんだ、この、きゃーーーーーと叫びたくなる感情は!!!とにかく…ミスフルなんですよ違和感なくまぎれもなく!!!


3巻では、まさかの辰羅川くん無双!!!
このためだけにタイトルロゴをつくるあたりが大好きですwwww
111214_1857~01
え、と、ですね…3巻に関しては…犬飼くん辰羅川くんが好きな人は…ぜtったい読んだ方がいいよ!!!

ペット対決で、トリアエズにぺろぺろされる犬飼くん…
「ホンマ犬飼くんは天使やでぇ」
111214_1856~01
その天使ぷりはぜひ文庫版を!!買って!!!確かめてみてください!!!!

全力で辰くんに同意です!!!!私、辰くんの犬飼くん談義ならずっと聞いてられる自信がある!!!
辰羅川くんはどんどん、犬飼依存が強くなっていきましたねw
5年でここまでになるとは…ううっ!!笑

対して猿野くんの犬は…犬奴隷 沢松(犬松)
wwww親友を容赦なく奴隷やら犬やら言う猿野くんはもちろん報復を受けるんですけど…
111214_1858~01
ねずっちゅーつっこみ容赦ないな!!!!笑
3巻おまけ漫画の中で一番笑ったシーンでした…!!!

で、猿野くん圧倒的不利の「街角ナンパ対決」!!
辰羅川くんが語る、中学時代の犬飼くん、生けるモテモテ伝説…
やっぱり!!中学生の頃からモテてたのね!!!クラスの男子全員分の靴箱が犬飼くんあてのチョコで埋まるバレンタイン…ふおおここに来て犬飼くんの新たな過去エピが追加されるとは思いませんでした!!!ありがとう信也先生!!!

4巻は猿野引退式からの、犬飼くん、沢松くん、司馬くん、そして牛尾キャプ、蛇神さんがミスフル1話を主人公としてロールプレイという……!!
111214_1855~01
無理して女子更衣室盗撮してる犬飼くんまじ…女の子ときめいてるじゃんうおおおお
金持ち腹黒牛尾さんも素晴らしかった…

5巻では1年vs2・3年軍の再戦となりそうでwktkがとまりませんん!!!
(それでもギャグ全開なんだろうけどw)

ああ、ちゃんとしたレビューを書こうとおもったのに結局犬飼くんの話しかしてない気がする…ううう。
というわけで、12月も16日に5巻6巻が発売されます!!!帯によると、5巻のおまけ漫画が10頁、6巻が12頁。本編は華武が出てくるしおまけ漫画では上級生が仮装するらしいしでとても楽しみです!!!


後半はシリアス多目になるから、おまけ漫画もそっちよりになるかもなぁと予想しています。大神さん関連のエピソードや犬辰芭の仲直りをみたいいい!!!

スポンサーサイト

【ミスフル10周年&文庫化記念企画】Mr.FULLSWING第2話感想

さぁていつまでつづくかなーー。
2発目 暴力マネージャー

1発目ラスト。
止まっていた十二支の伝説の歯車を再び動かした猿野。
最後まで読んでココを読みかえすとまた違った感動がありますなぁ…!!

2話冒頭から猿野くん一人でようしゃべっておりますな笑。
そして凪さんの衝撃行動…なんですけどやっぱりこれは妄想、ということでお約束w

好きな女の子に、抱いて(はぁと なんて言われる妄想が王道ラブコメぽくて好きです…
凪さんのガーターベルトとか気合入りまくりですよね。下着にニ―ハイに眼鏡というジャンプヒロインにあるまじき?マイナー感…だかそこが好きだ!!!

寝ぼけて沢松襲う猿野とのやりとりのセリフセンスは相変わらずで、もーーー最初からキャラとキャラのかけ合いが楽しすぎますねこの作品…!!

部活探しいくぞ、と促す沢松に、猿野は「オレはもう決まった」なんですよねー。

「 男子三日会わざれば刮目してみよ…」
「オレも男らしく変わってやるさ」


そしてバレバレの女装して野球部に乗り込む主人公…

明美っていいます 
ここに来る前はスナックに勤めてました


ある意味とても男らしいです。
部長らしき人(でも牛尾キャプテンじゃない)に紹介されている明美さん。
部員の心の声が聞こえている中に一つある「カワイイ…」を言ったのが猪里である、とか後々他のキャラに絡ませてたけど…牛尾キャプテンもこの時点でいなかったことがわかります笑

この時は完全にギャグ漫画のつもりで描いてたんだろうなぁ。

「逝ってよし」も当時2ちゃんで話題になったなーー当時は2ch用語使う漫画家=にちゃんねらー認定されてたよなぁ笑。久米田先生と鈴木先生が少年誌では筆頭だった記憶。


それにしても、この後の明美のひとこと。

アタイに惚れたら嘔吐すっぞ(はぁと


の破壊力はすごいww
一度みたら絶対忘れられないよこんなのーーー!!!!


1話じゃ結構押さえ目だなーと思ったけど、2話の時点ですでにセリフが多いですねww
この詰め込み気味のギャグがやっぱりSUKKI!!!!

にしても、ネタが「男塾」とか「スクラップ三太夫」とか「スカウターが壊れんばかりの戦闘力」とか「万引きでパクられる子どもだって1秒でダメだとわかる計画」とか「鉄人衣笠」とか…飛ばしてるなぁと。そりゃアニメ化不可能っていわれたっておかしくないよなぁ。

……それ以前に男らしい女装して女マネに潜入するって主人公の時点でおかしいのだった笑。

でも一応マネの仕事はしてるっぽい明美さん意外と真面目。
眼鏡を忘れてしまった凪さんには、明美さんがすごく美人に見えるようで……

猿野のことはばれてないという強引な展開w

そして明かされる凪さんの過去。
ソフトボールから野球部のマネージャーへ転向した凪さん。
野球は好きだけど、運動音痴でソフトでもチームメイトの足をひっぱってばかり。

だから、高校では野球部のマネージャーとして。

…私はただがんばっている部員さんと一緒にもう少し…
もう少しだけ…かたわらで夢を見ていたいんです


…やっぱり凪さんは天使や!!!
純粋な天使なんや!!!!

そして好きなタイプは嘘をつかない人。

凪さんに近づきたいがために女装して嘘ついて女マネやろうとしている猿野の汚れっぷりとを己で対比して絶望する猿野は…ある意味純粋なんだと思うよ!!

でも。
好きな人はいないけど、凪さんには気になる人がいた。

その人学校の伝説を破ったんです
無理だっていってもちっとも聞かないんですよ
バットを凄い勢いでふりまわして
まるで子供みたいに…
野球部に入ったら…きっと…甲子園だって夢じゃない
…そんな人に出会ったんです…


眼中に入ってなかったと思っていたのに!!
凪さんは本気で猿野に期待していた!!!

幸せ絶頂の猿野をぼこるのは…やっぱり沢松という。
なんという安定感…笑

とにかく凪さんかわいい回。
そして猿野の暴走ギャグが発揮されまくってる回。
キャラのかけ合いももうしぶんない…っ!!!

当時は凪さんと猿野のラブコメとしてこの漫画読んでたよなーと思っていたのでした。
人気が出始めたのは入部試験始まってからなんだろうけど、とにかくこのギリギリなギャグの応酬とラブコメっぷりはとっても好き!!好きです!!




【ミスフル10周年&文庫化記念企画】Mr.FULLSWING第1話感想【行けるとこまでやってみる】

関連?記事
【祝10周年】Mr.FULLSWING通称ミスフルについて語ってみる① [2011/04/16]
【ミスフル10周年記念②】野球ギャグ漫画をあえてメタフィクションぽく読んでみる [2011/04/27]

☆嬉しすぎて鼻血でそう
ミスフル10周年!!そして文庫化!!!おめでとうございます!!!
いかにも鈴木先生らしいサービス精神旺盛な作りの文庫版となるようでwktkが止まりません…!!
表紙もキャラ紹介ページも新作漫画10pも全てが楽しみ過ぎてですね…!!
これを機会に再びミスフルを手に取ってくださる方が増えたらいいなと!!
あわよくば新しい読者の方が増えたらいいなと!!
私自身ももっとミスフルを楽しめたらいいなと!!

そう思ってミスフルのレビューをできるだけやっていきたいと思っていますー。
去年、久々に読み返して犬飼くんがとても好きだということに気づいてしまったので笑、彼が出てきた時のレビューはお祭り状態になるかとは思いますが……

各巻レビューでもいいかなと思っていたんですが、1話読み返すたびに普段の神のみレビュー並みの量の感想が飛び出すので笑、全話レビューやりたい気分です…!出来るだけ続けるつもり。普段サンデーや神のみ目当てで来ている人は煩わしいかもしれませんが、ぬるい気持ちでスルーしていただければ幸いです…サンデーも書くからね!!

えーと、1話のレビューですけど、先の展開の話もバンバン出てくるので、ミスフル未読な人でネタバレ嫌な方にはおすすめしません…。後の展開等に触れてるところは一応灰色にしておきます。

1発目 露出男と眼鏡女

☆第1話はまさにコメディだったなぁと。
登場シーンからかなりダメダメ主人公っぷりがうかがえますよねw
主人公が、女子更衣室をダチと覗くという、学園コメディの王道で始まるんですよ。

さわやかさのかけらもない主人公ktkr!!!

で、この後怒涛のギャグ展開が繰り広げられる訳ですが。
極端なまでに正反対なものをもってくるのが特徴的です。
コントラストがはっきり。ベタを追求した結果、個性的になっている感じ。

一番最初のギャグのお嬢様+ヤンキー武器とか、猿野が女子に見つかってから自ら女子更衣室に突入するとかね。
特に女子更衣室にカメラもって、しかもまがまがしい武器をもった女子ふたりを肩に乗せて突入するシーンは、彼の女子に対する節操のなさ、バカバカしい勢いと怪力っぷりを印象付ける効果としても素晴らしいと思います!!

女子ならなんでもいいってくらいの節操のなさですが、だからこそ凪さんへの一目ぼれと、4話での決意が生きてくると思います。

コントラストがはっきり&ベタを追求した結果個性的になっているというのは登場キャラクターについても言える気がします。これはまた後の感想で…。


☆静と動のギャグ
1話のギャグは、静→動という流れが多い。(無言のコマの使用)
後々、動動動→常に加速&試合シーンに一発切り替えになるとは思えないくらいにw
それだけ、1話目というのは練って作られていて時間的にもページ的にも余裕あるってことなんだろうな、と。

女子の猿野に対する落書きの容赦のなさwwwしかしなぜ自殺前の人みたく学ランがきっちりたたまれていて、さらに靴が揃えられているのかwwwそしてこかんの布!ww

そしてこの、女子たちにぼこぼこにされた後のモノローグに、鈴木先生のギャグセンスが光っていると思う

「春の日差しに木々が鮮やかに色づき始める4月――ここ十二支高校も元気いっぱいな新入生達であふれていた――――」

「猿野天国一年B組彼女いない歴15年

彼の元気いっぱいさに女性陣もありったけの誠意で答えていた」

「『すべては彼女ゲットのため』この時 彼の顔は何かを成し遂げた男の顔であった」


これは今までの流れと画面がないと面白くない。漫画らしいギャグなんだけど言葉のセンスも問われるという…!!(うまく説明できないらしい)

このページに天国の対比としてサッカー部員&女マネのラブラブカップルの会話を挿入し、彼の満足しきった顔と情け容赦ない落書きと裸、そしてうえのモノローグで彼のキャラクターはきっちり確立してる!みごととしかいいようがない。


そしてこの情けない主人公が一生懸命頑張る姿、それが我々のこころを打つわけですね…!!!


☆鬼ダチ沢松のこと
後々死亡扱いされることが定番ギャグとなる感がある沢松だけど、1話では逆に天国を弔っているのかw

キン肉バスター、ジャギ様、DBのグレートサイヤマン編…一話からジャンプネタ多いな!!
そういうジャンプネタの中にさりげなくときメモの「伝説の樹」ネタを織り込むあたり、信也先生のコッソリおたくっぷりがうかがわれる。(あと「強制イベント」とかのゲーム用語ねw)

覗きの時のスポーツカップル、そして直後の好きな子からの「野球部に彼氏いる」宣言からの「高校球児が憎い」「高校球児の毛という毛を剃り尽くす」発言。その前にしっかり老人ネタ(静)もいれて怒り(動)がわかりやすくなっているギャグ構成。

一緒に覗きとかしつつ、いざというときストッパー役となる沢松はぼっちゃんぽいなーと連載当時から思ってたけど、彼は実はいいところの坊ちゃんだという話が連載後、今は亡き鈴木先生のブログで明かされていました。元気ハツラツな猿野と気弱な坊ちゃん(妄想)の沢松がどうやって仲良くなったのか妄想が広がるね!!幼稚園から一緒って!!しかも天国の振られエピを全部覚えてるって!!鬼ダチだよなぁまったく。思ったのだけど黄泉や九泉と別れたのっていつだろう?幼稚園入る前なんだろうか。沢松は猿野家の家庭の事情知ってたんだろうか。こんだけ付き合いが深いと知らなかったとしてもどこかのタイミングで話してそうだよね。二人の関係妄想楽しい。とりあえず幼稚園受験失敗して普通の幼稚園はいって小さくなってた(そして家族に冷たい目で見られてた)沢松に猿野が声かけて仲良くなったと脳内補完しておきます。

沢松の講義、女人はズバリ部活男にメロメロ理論。

運動部か、文化部かの選択でも猿野は適当っぷりを発揮。運動は嫌だ、に深い意味をつけようと思えばつけれる(黄泉と比較され、野球の才能のなさを九泉につきつけられて捨てられたというトラウマからの発言、とかね)わけだが、多分1話の時点では考えてなかったんじゃないかな…

☆やはり鍵は凪さんの存在だと思う
ウェイトリフティング部へ行く二人。「腕っぷしに自信あり」の伏線。
猿野の負けず嫌いな面も演出してる。(少年漫画の主人公ぽいな!)

「今まで俺に喧嘩を売ったやつはことごとく…自信をつけて帰っていったぜ」


真剣な顔+で、またしてもコントラストはっきりしたギャグ。
ここまで非常に男くさい漫画である…

が、ここで凪さんが登場した時の華やかさといったらなかった。
画面がら作者の、このヒロインにかける愛が伝わって来るようであった。

…はい、スポーツラブコメですね!!

凪さんはリフティング部に筋トレ用のダンベルをとりにきただけで。
凪さんの印象を良くしようともう、調子にのって大ボラ吹きまくるわけですよ、明らかな嘘を笑。自分はすごい野球選手だって。そのお調子ものっぷりにイらっとするか笑うかは人それぞれ。

そして今まで高校球児に憎悪を燃やしていたのに、凪さんのためなら「永遠の野球少年」なんていっちゃうし。打球校舎越え宣言。

そして十二支の伝説へ。止まっていた十二支の伝説と、それを再び動かした猿野。ここの演出は鳥肌ものでした。かっこいーー!直後に腰痛めてへたるあたりがギャグ漫画なんですけどね。

今思うと、この伝説が動き出す、はすごく考えさせられるものがあるなぁ。


偶然なんかじゃなく、猿野は野球をやるべくして十二支に入学し、十二支を甲子園に導く運命にあったんじゃないか。それは大神さんの潰えた夢と、強い想いがひき寄せた運命じゃないか。そもそも他のメンバーが十二支にあつまったのだって、神がなせる技だとすれば…。まさに大神さんはミスフル世界の神なのかもしれない。じゃあなんで、一年目華武と正式に試合もせずに負けちゃったのか。とおもったりしたんだけど、それって芭唐が華武に入ったのが神の想定外のことだったんじゃないかなと思うんだよね…イレギュラーが発生した。それは犬飼と御柳の理不尽な確執で。本来は御柳も十二支に入って、レギュラーになってたんじゃないかなって。ちょっと思うんだよね。だから十二支は甲子園優勝(おそらく)までかなり回り道をしたんじゃないかな。「大神さん」の存在が、ミスフルを一気にメタフィクション妄想に狩りたてます。大神さんについては、ほんとに必要最低限しか描写されていないしね。

で、一話を読んだ当時の感想は、南国アイスみたいだ!でした。

このままラブコメギャグ路線にすすむのか、それとも最後のモノローグのようなシリアス路線に進むのか。どっちも書けそうな作家さんではあるよなぁって。

で、天国の印象ですよね。馬鹿で女好きだけど何かやってくれそう、なわくわく感は凄い。でも、凪さんへの想いの強さがまだこの時点では不明確で。ここから4話へかけて凪さんへの想いを強くしていく展開が、まじで神だよーースポーツラブコメ好きとしてはもうっ名作と言わざるをえないんだよーーー!!

【ミスフル10周年記念②】野球ギャグ漫画をあえてメタフィクションぽく読んでみる

ついったーの某祭りにリアルタイムで参加できない悔しさで徒然なるままにかいたので、矛盾点や分かりにくい部分たくさんあると思います、スミマセン。
※ミスフルことMr.FULLSWINGの第1話~最終話までのネタバレを多大に含んでいます。
※物語論に見せかけて、私がミスフルにキャラ萌え(特に犬飼)しまくったあげくの妄想。
※ですが、これは2006年当時散々語りつくされたことかもしれませんね…どうなんだろう。









10周年だし全巻レビューでもやるぜー!と意気込んでいたのはいいものの、1話につき3000字という膨大な量の意味不明感想メモが飛び出すため収拾がつかなくなりそう…と恐怖しています…いやなんとか形にしてみせる!!

なのでとりあえず、連載中にミスフルを読んでいて(悪い意味で)ショックを受けた設定やストーリー展開に対して、自分の中で折り合いをつけようと、無い頭をこねくり回して考えた結果、自分が思い込んでいた設定を一か所書き変えるだけで、すべて納得がいくことに気付きました。

つまり、連載当時は「あんな理不尽な展開になったのはオトナの事情のせい」と、ストーリーを決定する「ミスフルの神様」を制作者側に置いていたのですが、ストーリーを決定する「ミスフルの神様」を「大神照」というミスフルの世界に実在する(した)人物に置き換えることで、ミスフルという物語を捉えなおすことができるのではないかと!!思ったのです!!
(タイトルのメタフィクションぽくっていうのはこういうことです。)


☆あまりにも理不尽な展開と、明かされた主人公の出生
連載当時、だんだんと掲載位置が低位安定してきたミスフルを打ち切りの恐怖におびえながら読んでいた頃。
鳥居凪の兄、鳥居剣菱が率いるセブンブリッジ学院に勝ち、そして宿敵華武高校と熱い戦いを繰り広げるのだろうと微塵も疑っていなかった頃。

我らが十二支高校は、県大会のさなかにセブンブリッジ学院に、あまりにもあっさり負けてしまいました。
さらに十二支に買ったセブンブリッジも、主将剣菱は野球選手としての生命を断たれ、監督まで死亡(以前の鈴木信也先生のブログより)。チームの支えを失ったセブンブリッジは華武に負け、結局甲子園への切符は絶対王者のもとへ。

あれだけ楽しみにしていた華武との再戦が見れなかったショック、以前十二支が練習試合で華武に負けた時と違い、セブンブリッジの勝利も十二支の敗北も何の意味もなかったというショック。これは当時の読者のほとんどが味わったものじゃないでしょうか。

そして始まった県選抜戦。トンデモな展開だなぁと思いつつも、新たに登場した白雪静山監督や、違う高校のキャラ同士のやりとり、犬飼辰羅川御柳の関係を読むのを楽しみにしていました。

しかし、ここで私が一番ショックを受けた設定が唐突に明かされました。
「猿野天国は、日本の球界への復讐に燃える元メジャーリーガー雉子村九泉の実の息子であり、大阪選抜のエースピッチャー雉子村黄泉の実の弟である」
あまりにも唐突な登場だったため、この設定を後付けと考える向きも少なくありませんが、連載当初から天国の家庭環境は伏せられていてなにかしら事情があることをにおわせていたので、元々あった設定ではあるんでしょう。

あまりの急展開に「ド素人パワーバカが、好きな子のために野球にのめりこんでいく話」という、私が信じて疑わなかったミスフルの一番の経糸が一気に崩壊した気がして、ちょっと立ち直れないくらい(そりゃもうトラウマ級に)落ち込みました。

以上が、私が(悪い意味で)ショックを受けたストーリーや設定でした。
長いですねスミマセン。


☆読者が見ている「ミスフル」のストーリーより、一段上にいるのは誰か。
連載当時は「ミスフル」というお話の一段上にいる、つまりお話を作っていく位置に鈴木信也先生や雑誌側のオトナの都合を置いてたんだけど、その位置にいるのが大神さんだとしたら…?

ミスフルの世界を一つ上の次元で見ている、更にいうとストーリーを操作できる存在、それが「神」。
「神」として大神さんが設定されてたならば、実は思った以上にメタな視点で見れる作品であるという可能性。

つまり、不慮の事故によって潰えてしまった大神さんの夢(世界一のスーパープレーヤーになること、十二支を甲子園に連れていくこと)を叶えるために現十二支野球部は運命的な力で集められたんじゃないかということです。
あれだけ、十二支の名前がつく生徒が集まるなんてのも運命的としかいいようがないし笑。

で、ただ一つ大神さんの想定外だったのは、犬飼辰羅川芭唐に強い確執が生まれたことで、
本来なら芭唐も十二支に入部して、セブンブリッジ、華武を倒して一年目で甲子園行ってたんじゃないかなぁという妄想ですはい…

結局これが言いたかったんですスミマセン!一緒に仲良く野球やる三人が見たかったんですスミマセン!!
でも、こんな回りくどい道をたどったからこそ、ミスフルの連載終了後の三人はより強い関係を築いていったんじゃないかなぁとも思うのです。
犬飼と芭唐の関係は、昔のような気楽な友人関係には戻れないような予感はするんだけども。
また、新たな関係が生まれるんじゃないかなぁ。
逆に辰羅川と芭唐はそこまで確執はないような気はしたり。
それに対して人知れず葛藤する犬飼がみたい、というのは完全な私の趣味です!


完全に腐女子の妄想だよなぁ…と思いつつも、あながち間違ってるとは言えない気もしてるんです。

「あの人」つまり大神さんの存在は犬飼辰羅川が登場したときから示唆されてたし、御柳と犬飼の歪んだ関係もかなり最初から設定されてたっぽいから。


☆なぜ猿野天国は大神さんにそっくりなのか。なぜずっと大神さんの存在をしらないままなのか。
そして、大神さんが猿野天国にそっくりという設定ですよ!!

おそらく、普通に読んだら、ミスフルのストーリーを作っていくのは、どんな状況でも打破してくれる予感がするトンデモ主人公「猿野天国」なのです。だから彼がある一面では「ミスフルの神様」で。
でも、大神さんが天国を含め、皆を十二支に導いたと考えるとやはり神様は「大神照」なのです。

ミスフルという物語はきっと、この同じ顔を持った二人の神様によって作られた物語なんじゃないかなぁ。

だから、天国は大神さんの存在を知らないままなんじゃないだろうかとおもったり。(天国が神である次元より一段上に大神さんという神がいる)



☆そしてミスフルの複雑な話の経糸横糸構造
1話だけ読むと黒撰高校、つまり十二支の伝説をつくった村中の遺伝子に本当の意味で勝利することで物語に決着がつくような構造になってる。
しかし敢えて華武高校という、伝説と無関係な絶対王者としてのライバル校を出した。これがずっと不思議だったんですけど(黒撰戦が決勝でよかったんじゃないかとずっと思ってた)、大神さんを神とおくと、という考え方をしてたら納得できた気がします。

「凪さんへのラブから始まるスポーツギャグ漫画」「十二支伝説(村中遺伝子)を巡る熱血野球漫画」「王者(華武)を倒して甲子園へと闘志を燃やす野球漫画」「神様の死から始まる壮大な人間関係と友情物語と野球物語」 とちょっと考えただけでも物語は何十構造にもなっている。あっでも七橋の位置づけが難しいなまだ…うーん…
「剣菱という支えを中心に長年の夢を追い続ける青春野郎」というとこかなぁ>七橋


ああ、時間がなくなってきました…
残りは後日。加筆します。構造についてもうちょっと書きたいんだ。

【祝10周年】Mr.FULLSWING通称ミスフルについて語ってみる①

☆サンデー以外の作品を語るのは珍しいですが。
10年です。
ミスフル連載開始10周年なんです!!!
おめでとうございますーーーーーー!!!(正確にいうと連載始まったのは5月なんでもうちょっと先なんですがっ)
mf4.jpg
1巻収録 4発目「雨と嘘と微笑みと」より。主人公を冷たい目で見つめるヒロイン。このシーン(とその後の主人公のいいわけ)でこの漫画は名作だと確信しました笑!!

ミスフルってネタ的に語られるか、(例→http://bit.ly/bnWVbD腐女子媚漫画乙的に馬鹿にされてるか、とにかく普通の漫画好きからは見向きもされてないような気がして悔しいのでちょっと、ね、10周年だしミスフル布教記事でも書きたいなぁと。

ネットでの(ネタ以外の)レビューが少ない割には、ついったーやオフ等でミスフルの話題になると「好きだよ」って言ってくれる漫画好きの方多いんですよね。(特にギャグへの反応多し)
みんなもっと公にミスフルの魅力語ってくれええ!!



『Mr.FULLSWING』とは、2001~2006年にかけて週刊少年ジャンプにおいて連載されていたギャグ漫画兼野球漫画である。略称『ミスフル』。基本は野球のど素人である猿野天国が、ヒロインの鳥居凪のハートを掴むべく、高校の野球部で奮闘する物語である。変人が沢山登場する、多分、ストーリー野球漫画かも知れない。丸5年連載され、人気もそこそこあったにもかかわらず、アニメ化されていない。パロディネタが多いのが特徴(スクラップ三太夫、無駄無駄無駄無駄…、ボールは友だち、GOKURAKU、死ぬ気弾、等のジャンプ漫画や、『機動戦士ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公碇シンジやヒロイン綾波レイのセリフネタなどのアニメネタ等)。多様な投法・魔球・打法・守備の形式が残されている。特に後期は、物理的にも不可能な技がメインとなっている。また、ユニフォーム関連の描写などは野球のルールや常識を逸脱したものが多々あり、これについて作者は、キャラの個性を前面にだすべくあえてそうした旨をファンブック球春白書において語っている。
wikipedia及びニコニコ大百科から引用)

この作品のため、そしてアンケートを出すためにジャンプを購読していた時期が私にもありました。
去年↑に貼ったコンビニ版リミックスが刊行され(途中で止まってしまいましたが…)、新たに収録された信也先生のフリートークのぶっちゃけ具合が素晴らしく(※1)猛烈にレビューとか考察とか書きたくなったんです。
というわけで5月まで週1~2でミスフル記事が続く予定。

基本的に小学館で活躍している作家さん以外の漫画には疎いんですが、ミスフルの鈴木信也先生作品はベツバラです!!ジャンプだと鈴木央先生も大ファンなんでサンデーに移籍してきたときはホントびっくりしたものです…信也先生も別コロに読み切り描いたりしたので小学館に戻ってきてくれないかなぁ(※2)と秘かに思ってたり…

☆「作者」の存在が大きい作品
私は若木民喜先生(神のみぞ知るセカイ)や久米田康治先生(さよなら絶望先生)の存在そのものに萌える、いわゆる「作者萌え」な人種です。(※3)
そんな私がミスフルを初めて読んだ時の反応→
ジャンプに久米田先生みたいなひときたーーーー!!(大歓喜
弟が友達に借りた1巻を何気なく読んだのが始まりでした。

容赦ない(だけどセンスが光る)ギャグ、容赦ない下ネタ、ラブコメありきのスポーツ、初めて触れるジャンプ漫画らしい派手な展開、そしてなにより鈴木信也先生のフリートーク…!!

1巻読んだ時点でもう惚れてました。自ら単行本折り返しに写真載せといて恥ずかしがるとかもうね…!!

可愛い女の子と馬鹿な男のラブコメ、ジャンプ的スポコン、ギャグ、キャラクターの多彩さ、各キャラクターが持つシリアスな背景。
とにかく自分が描きたい、面白いと思ったことをこれでもかと画面につめこむ作風(あたかも新井理恵先生のごとく(※4))は、読者人気に左右される少年ジャンプの作品としてはかなり異質で、ジャンプ本誌も単行本も舐めるように読んでいました。


☆熱血スポーツ漫画路線を忘れなかった行け!!南国アイスホッケー部=Mr.FULLSWING
最後の最後はギャグパートが減り伏線回収のシリアスな展開が続きましたが、それまではどれだけ紙面がごちゃごちゃしようとシリアスなストーリー展開をぶち壊すようなぶっ飛んだギャグを必ず挿入し、一部の読者の顰蹙を買っていました笑。

最初読んだ時は某南国アイス(※5)みたく、だんだんストーリー要素が抜けてギャグ漫画になるか、おねーさま方に受けたのでギャグが抜けてストーリーよりになるかどちらかになると思ったんだけど、終盤までギャグとストーリーどっちもやろうとしてたのがホントに凄い。自分が面白いものを書きたい、という作者の信念、そして「どっちもやらないと不安になる」ちょっと気弱で不器用な面が見えるあたりが…大好きすぎます!!どんなに忙しそうで悩んでいそうでも、フリートークでおバカなハイテンション文章で読者を笑わせてくれる信也先生が大好きです!!!

そして何よりかなり個性的なキャラクター設定。お前らホントに高校球児かよ!というファンタジー漫画やRPGのような外見、そして野球ユニフォームの魔改造っぷり、バトル漫画のような技や能力の数々…(※6)と「野球への冒涜だ」という意見も少なくありませんでした。

それでも信也先生はいろんな層の読者に読まれるエンターテイメントとしてのミスフル、そして自分が描きたいことを追求してミスフルを5年間も続けたからこそ、今でも愛されるキャラクターや世界観が生まれたのだと思います。

しっちゃかめっちゃか行き当たりばったりに見えて、こういうの書きたいって部分はぶれてない作品だなぁと思うんだ… 
20巻以降、もっと終了まで余裕があればもっともっとかけた部分はあるんだろうねぇと思うと切ない。大神さんを巡る過去話とかそこから始まる確執とかは和月先生とか藤田先生ぽいよなーと。

ずっっっと他作品(主に和月先生かな)に影響うけてシリアスもの描いてた信也先生(ミスフル以前は、バイオレンス満載のシリアスな読み切りシリーズを描いておられました)が、自分の素を受け入れて描いたものが読者にうけて…という流れは若木先生を思い出します。ただ、神のみの場合はかなり連載前から計算されて描かれてる部分があるけど、ミスフルは連載しながら構築されていったというのが違いですかね。だから結構設定の矛盾が生まれているという笑。

☆ミスフルの根本はラブコメだ!!
この後、2巻ずつ、最終巻24巻までのレビューを12本書く予定なんですが、私がミスフルの根本は何か、と考えてることをつらつらと書いておきます。
さっき「こういうの書きたいって部分」はぶれてないっていいましたが、それって主人公猿野天国とヒロイン鳥居凪のラブコメだと思うんです。

ミスフルって、最初は学園ギャグ漫画として始まるんですよ。
主人公天国が一目ぼれするメガネっこヒロイン凪さんの描写に尋常じゃない作者の愛を感じます。
フリートークでもおっしゃってましたがおそらく作者の理想の塊です笑。

そこがサンデーラブコメ好きの琴線に触れたのかもしれない。
猿野天国はパワー自慢の惚れっぽい馬鹿で野球素人で。でも野球部マネージャーの凪さんのために「自分はすごい野球選手だ」ってウソをついて、そのウソをつきとおすために馬鹿すぎるくらいまっすぐに頑張るんですよ。
第4話、なんでウソついたんだ、なんで苦しんでまで野球の特訓するんだと悪友に聞かれた猿野の言葉、そしてそこにあらわれた天使な凪さんに私のラブコメセンサーは爆発したものです…スポーツラブコメ史屈指の名シーンだと思う。

だからこそ、天国にとって「凪さんのため」だった野球が仲間のために、自分のためにになっていく展開が好きだったんです。

まぁこの設定は最後の最後で崩れちゃうんですけど…涙。
この設定に関してはまた次の本編レビューで!!


(※1)
御柳芭唐の予想外にそっちの道のおねーさま方に人気がでてびっくりした話とか、それが特にアンケート人気に繋がらなかった話とか、初期のご自身の絵柄が「斜線病」と言われてた(当時週刊少年漫画板でこう言われてた)こととかにちゃんと触れてるあたりが素敵すぎますふへへ。当時は2chねらー漫画家として久米田先生と信也先生の名前がよくあがってたっけ…

(※2)鈴木信也先生はもともとサンデーでデビューして、サンデーの作家さんのアシスタントをされていました。のちにジャンプへ移籍し和月伸宏先生のアシスタントへ。私の記憶が確かならば95年くらいのサンデー超に読み切りも載ったはず…今度発掘できたらなぁと思っています。西森博之先生のアシスタントだったという噂がありますが本当かなぁ。西森先生のアシで鈴木っていったら鈴木けい一先生しか出てこない私。

(※3)そして作品を読むときも、「作者が何を表現しようとしているのか」を読みとることに注力するタイプです。なので、作者が意図しないところでのセリフややりとりをカップリングに結び付けて新しい世界をつくる女性向け二次創作にはそこまで興味がなかったのです。しかし、ミスフルに関しては「作者萌え」と「二次創作萌え」が不可分だよなぁ…と思っています。ここら辺ものちのち書きたいなぁと…

(※4)試合中に挿入される怒涛のギャグ(18巻収録167発目 恵みの息吹より)
mf1.jpg
そして同時期の新井理恵先生の連作作品(うまんが1巻171ページより)
umanga1.jpg

(※5)
下ネタ王子こと久米田康治先生の漫画家デビュー作であり初連載作「行け!!南国アイスホッケー部」。当初いかにもサンデーなラブコメスポーツモノ&いかにもバブル期な軽い男主人公で始まったものの、いつのまにか「アイスホッケー」も「南国」もログアウトし不条理下ネタダジャレ漫画になってしまった。絵柄が大きく変わったのも特徴的。

(※6)
個人的に大変燃えに燃えた十二支高校vs黒撰高校の18巻168発目「燕よ大空へ」より。
黒撰の野球ユニフォームのデザインがもはやユニフォームじゃねぇ…というために引用したつもりがギャグがないページの密度もめちゃくちゃ濃いということの証明になってしまった。
mf2.jpg

後で追記!!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。