スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ついったーはじめました&拍手コメントのお返事&今日のニコニコチャンネルGTVちょこっとレポ

☆Twitterはじめました
前から登録だけはしてたんだけど、昨日から本格始動しました。
右につけてますよ~。若木先生がついったーの話題を出していたから思い出したのはいうまでもない笑。
ついったーやってる方は遠慮なくフォローしてやってくださいー。
http://twitter.com/mouinoshishi

☆ニコニコチャンネルGTVの「デザイン実況」ミニレポ?
今日もユヤたんは素敵すぎました。
司会進行役ばっちりでした。(偽押尾学といわれていた笑)
海猫沢めろん先生もイケメンすぎました。

渡辺浩弐さんが主催しているニコニコチャンネルGTV。定期的にニコニコ生放送を行っているんですが、その生放送に滝本竜彦先生、乙一先生、海猫沢めろん先生、そしてユヤたんこと佐藤友哉先生といった若手の作家さんが良く登場するんですね。
で、今日も20時から生放送があったわけですが、今日は海猫沢めろん先生の新刊の挿絵を、視聴者にメールで送ってもらった絵をコラージュして作ろうという実験だったんでした。実験の詳しい趣旨は海猫沢先生のサイトでどうぞ。

まぁ私は絵描けないし、ユヤたんをニヤニヤしながらコメント書いて、ちょっとでもコメント拾っていただけたら御の字かなぁと思ってたんですが…
090806_2013~01
のせられて描く。2分くらいで…。
これが「可愛い」といわれて取り上げられて調子にのり、さらにいくつか投下。

ホスト戦隊
090806_2035~01
猫耳異星人
090806_2043~01
ガンダム的なものも描こうとおもったけど断念。

これが本当にコラージュに使われるかどうかは分かりません笑。
んでも、何でもないところ、不特定多数の人から作品が組みあがっていくっていう実験は面白いなぁとおもいました。前の生放送でユヤたんがいってたけど、小説でもこういう実験できたら面白いかもですね。これからも実験生放送楽しみにしています。

そうそう、乙一先生と滝本先生がコラージュを見せてくれたんですが、とても個性がでていて面白かったです。

☆拍手コメントお返事
・せいるさん
これからもサンデー関連の記事増やしていくつもりなので、また読みにきていただけるとうれしいです。ありがとうございましたー。


スポンサーサイト
[ 2009/08/06 23:42 ] 佐藤友哉 | TB(0) | CM(0)

佐藤友哉:ユヤ萌え…じゃなくて、ネット時代の中の小説、について。

いまさらかもしれんが。

実は生放送にちょこっと参加していた私笑。
(某所の知り合いが知らせてくれたのであった。ありがとう…しばらく小説関係から離れていたから忘れてるかと思ってた)
ニコニコ動画:佐藤友哉x渡辺浩弐(2009年6月4日)
動くユヤ、しゃべるユヤ!すばらしい。クラクラする。(すみませんね…)
話してることも結構興味ぶかいですね。「1000の小説とバックベアード」に関わる話もしてます。
また生放送出て欲しいですなー。

ライブ感覚で創作を加速していく…ってのを、文章でやるってのは面白そう。
そういうのが似合いそうなのって、それこそ佐藤友哉とか西尾維新とか、まぁ舞城王太郎とかはちょっと違うかもですが、そこら辺のファウスト系列の作家な気がします。
早く動物会議の続きかいてーとかそういう希望もあるけど笑、彼の感覚ビンビンな文章が読めるだけで私は幸せです。うん。
[ 2009/07/11 21:46 ] 佐藤友哉 | TB(0) | CM(0)

佐藤友哉:初の時代小説「風不死岳心中」と島本理生の「CHICAライフ」

三島賞作家、佐藤友哉さん 初の時代小説に挑戦
神のみの記事かこうとおもったんだけどね。
やっぱりね、こう、新しいユヤたん(うわぁ…)の写真がくるとメモせざるをえないじゃないですかっ!!
この、死んだ魚のような目(褒め言葉)が自虐的でいじゃないですかっ!!
佐藤友哉が好みすぎて困るという話を喜々として語ったらドン引きされたこと数回…。
実はまだ未読なんですよねぇ、コレ。連休中に読もうと思います。

こんなコピペが出来てて笑ってしまいました。実に的確。
4 名前: 名無しさん@恐縮です 投稿日: 2009/04/27(月) 19:43:02 ID:om+vgmdW0
佐藤友哉(当時19歳)のデビュー作
『フリッカー式 鏡公彦にうってつけの殺人』

本作の主人公。鏡家の三男。北海道のアパートに住む大学1年で重度のシスコン。
輪姦されたことを妹から告げられ思わず殺害、その後死姦&近親相姦のウルトラCを決める。
つらい記憶(上行)を封印して失意の日々を過ごすが、謎の男が持ってきたビデオテープと書類で事態は急変。
ビデオの中身は妹・佐奈のハード輪姦はめ撮り無修正モノ、肥満気味の親父のにやけ面ががいい感じに不快感をあおる。
書類の中身は犯人の娘たちの詳細な行動記録。
当然、拉致監禁、勢いあまって殺害の素敵コンボを決めるが、その時に受けた反撃で致命傷を負う。

ラストは自ら生み出した亡き兄の疑似人格に
「ねえ、なんで死姦したの?そんなに処女奪われて悔しかった?それとも単にセックスしたかった?」と糾弾を受け
近くにいた姉・綾子を含む人々は突然始まった脳内会議めいたやりとりとその内容にドン引き。
いまわの際に亡き妹・佐奈の疑似人格を生み出し、お兄ちゃんだ~い好き!キャッキャウフフしながら幸せな最期を迎える。

こんな作品だけど気にいってもらえたら買ってね!


そうそう、島本理生がviviで連載していたエッセイをまとめた「CHICAライフ」という本があるんですが、島本理生ファンだけでなく、むしろ佐藤友哉がすきな方に読んでいただきたい笑。
ユヤと島本理生が、お互いにずれてる感じがたまらなく面白いから笑。
一部抜粋すると、
「私、高校の頃、付き合ってた人によくお弁当作ってたなあ」
「へえ。そんなエロゲーみたいなイベントが現実にあるんだねえ」
「私、すぐにダメな男に引っかかるんだよね」
「ふうん。エロゲーで最初に落ちるキャラっぽいね」
「私、子供の頃、あんまり家族が上手くいってなくてね」
「ああ、それってエロゲーで…」

(中略)
「そんなに一人で悩んでないで、なにがあったのか相談してよ」
彼のいつになく優しい言葉に、実はね、と語り始めたとき、ふっと壁の時計を見た彼が反射的に
「やばい!今日ラジオに声優の○○○が出るから聴かなきゃ」
その瞬間、キレた私は枕を投げつけて家を飛び出した。

(中略)
やんわりと説明したところ、彼は途端になあんだという顔で
「つまり僕は選択肢を間違えたんだね」
その言葉を聞いた瞬間、私はがっくりと床にくずおれた。


ね?このユヤの底辺っぷりと、彼と同棲を続ける島本理生が素敵すぎるーーっ
他にも、「一人で美容院に行けない」とか「元彼のTシャツをニコニコしながら着る」とか、「一晩中ゲームしてて、朝まで同じ姿勢で固まってた」とか、「動物園でおおはしゃぎ」とか…もうユヤ萌えてんこ盛りですよっ笑。この人、作家にならなかったらどうなってたんだろう…一生フリーターのエロゲオタだったんかなぁ。

なんで島本理生は佐藤友哉と結婚したんだ、という話もよく聞くんですけど、私はかなりしっくりきたんですね。島本さんの小説をずっと追ってきた人は分かるかもしれないんですけど、ちょっと上から目線でいて、実はものすごいヘタレな男性って形を変えながら島本さんの小説に何度もでてくる。メインキャラとは限らんけど。

と、今回はキャラとしての佐藤友哉しか書いてないんですけど、いずれ真面目?に作品に関してかいてみたいなぁと思っております。


[ 2009/04/30 19:51 ] 佐藤友哉 | TB(0) | CM(0)

佐藤友哉の新作きた!!【創作特集】佐藤友哉「デンデラ」(620枚一挙掲載)

☆最初に神のみのことを。
神のみぞ知るセカイFLAG32 感想とか元ネタとか一応本文アップしました。にしてもグダグダだなー。やはり1記事では足りなかったので、2つに分かれることになりました。2つ目のほうは今日の夜中にあげられたらいいな…

☆誰も期待してないかもしれないけど叫ばせて!!新潮大好き!!ユヤ大好き!!
なんだよもー!!メフィストでの鏡家サーガの連載とまったままだし、パンドラの夫婦合作もいつになっても出てこんしでスランプなんかなーとか、島本理生と何かあったんか!とか無駄に邪推してたんですけど…不意打ちでしょこれは!!

【創作特集】佐藤友哉「デンデラ」(620枚一挙掲載)

さすが新潮やっ!!一番のメイン扱いやんもん!!そもそもユヤを純文にひっぱてきたのも新潮だったかそういえば。表紙にバーンと佐藤友哉の名前が。
バックベアード以上の長さ?真剣さがビシビシ伝わってくるよっ!!
http://www.shinchosha.co.jp/shincho/index.htmlから引っ張ってきてみた。
新潮1月号
うちの近くではまだ新潮売ってなくて読めてないんですけど、
新潮のページで冒頭のみ立ち読みできるので読んできました。

01 斎藤(さいとう)カユ(70)
02 桂川(かつらがわ)マクラ(88)
03 福沢(ふくざわ)ハツ(74)
04 和泉(いずみ)ソモ(85)
05 石塚(いしづか)ホノ(86)
06 曽我部(そかべ)ナキ(88)
07 日高(ひだか)ノコビ(88)
08 小渕(おぶち)イツル(94)
09 三(み)ツ屋(や)メイ(100)

(以下略)
ええっ、ユヤの主人公が老女ぉ!?
妹ばかり書いてた作家が…
妹殺しとか親近相姦とかエグさ全開だったのが!!
「デンデラ」って名前からして遠野物語のダンダラやら、姥捨て山やらをパロってんのかなぁ?
文体はファウスト仕様の久米田先生ばりの過剰な言葉遊びは抑えられてるっぽいですね。
あああ、はやくよみたいー!!
(久米田先生とユヤの共通点については後ろ向きにハイテンション…佐藤友哉と久米田康治とを読んでいただけたら幸いです。)

そうそう、パンドラでも新作だそうですよ。
講談社のメールマガジンから引用。
そして、ついに、ついに、ついにあの佐藤友哉さんが『パンドラ』参戦です!
タイトルは『2345(体験版)』。読んでいると圧倒的な筆力に何故かドキドキ&
ムズムズしてしまうという、まさに「体験版」! さすが佐藤さんです

こっちは12月19日かぁ。にしても1年の間にこんな数の新作発表したのは初めてじゃないの!!
本当にフィーバーきてんな!!

…で、島本理生との合作はどーなったのー涙
どっちも好きな作家だし、夫婦合作ってどんなものか楽しみだったのにさっ!!
[ 2008/12/08 21:10 ] 佐藤友哉 | TB(0) | CM(0)

後ろ向きにハイテンション…佐藤友哉と久米田康治と

やーっとこさファウストのvol.7を読んでいるわけですが。今回のファウスト面白ろそうな記事ばっかりですねっ!分厚くても全部読んでしまいそうだわ。とりあえず佐藤友哉特集読んでます。文体へのこだわりはファウストでも健在。

『ウィワクシアの読書感想文』、前期佐藤友哉の集大成って感じ。『世界の終わりの終わり』や『灰色のダイエットコカコーラ』あたりで日和ったなー、なんて思ってる人にユヤのとがってる部分を完全見せ付ける感じですな。相容れない現実と衝突し続けて道が開けるわけでもなく、朽ち果てていく主人公像を一番はっきり示している作品だと思いました。あとでもちょっと詳しく感想を書きたい。

『青酸クリームソーダ』、鏡家シリーズ新作。鏡7兄弟勢ぞろいでまさに「入門編」かも。まだ全部よんでませんが稜子姉さんは相変らずオタネタトーク全開だし、公彦くんは佐奈とラブラブだし、萌えキャラっぽい笑、中学生女子や殺人鬼はでてくるしで、あー『ファウスト』仕様のユヤだー!って感じですわ。
えー、エンディングが見えた!ってわけじゃないけれど…クライマックスの展開が「フリッカー式」と丸被りになりそうな予感はしますが笑、ま、どちらも行為主体が公彦なんで納得。公彦、自分のこと普通っていってるけど十分壊れてるよね。

とですね、新作2作については後で書くとして、作品以上に気になったのは西尾維新との対談!そーいえば、ファウスト出始めの頃は二人が表紙で並んでても違和感なかったのに…いまや二人ともすっかり別方向に行ってしまいましたねー。これについては対談のなかでも触れられていました。
ユヤの調子に乗った感がすばらしく面白いです笑。結婚のこととか、三島賞受賞のこととかではしゃぎすぎです。まったくかわいいったらありゃしない。コレは…そう、久米田康治先生と似てるんだっ!!

なんだろ…南国のころのお調子者久米田先生と、嫉妬とねたみ全開の改蔵中期久米田先生を足して2で割った感じですよ。(今のくめたんは軸ぶれなさすぎで、気配りもできる大人だからちょっと違う)どーしても、くめたんと人物像がダブってしまうんですわっ!!みんなもそうだよね、ね??

しゃべってる最中に「自分ルール」とか「等価交換」、あまつさえ「また来世!!」なーんて、くめたん的キャッチーな言葉たちがさらっとでてくるあたり、もうね。前2つはまぁ一般的言葉として許容できる範囲だけれど、最後のしめの言葉、「また来世」はどー考えても久米田先生の言動そのものでしょ…(絶望先生というよりはかってに改蔵の方向ですが)前々から、久米田作品すきなんだろうなぁってのはあったけれど、(『エナメルを塗った魂の比重』で「名倉羽美」(9/28訂正:正しくは「香取羽美」です。記憶違いでした…)ってキャラがでてきたり)ここまでダブってみえたのは初めて。聞き手(インタビュアー)がいない二人だけの対談だからかな…

そう考えると、文章中の言葉遊びも通じるものがあったり。たとえば今回の『青酸クリームソーダ』で言うと、「生産」「凄惨」「正餐」「成算」「清算」「青酸」」「聖餐」の7パートで構成れています。「せいさん」をテーマにお話を拡大させていっているわけです。言葉を独自に解釈していって話しを広げるってのは久米田先生の作風の根幹でもあるわけで…。

こーなると、久米田先生は佐藤友哉の作品を読んだことがあるのか、非常に気になります笑。
[ 2008/09/06 15:27 ] 佐藤友哉 | TB(0) | CM(1)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。