スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とても個人的な久米田康治先生関連のメモ1

こんなのを見つけた笑

●『粂田行進曲』設定図●              ┌──┬──┬──┬──┬──┐
┌──┐粂田の件よろしいでしょうか・・・  │真木│編集│編集│編集│編集│    ┌──┐
│武田├─────────────→├──┴┬─┴─┬┴─┬┴─┬┴─┐│中田│
│徹夜│←─────────────┤赤木公│美人嫁│声優│声優│声優││衣良│
└─┬┘   なぜ私に許可を求めるの?(^^;)└─┬─┴───┴──┴──┴──┘└──┘
  離│ \\                           ↑│おべっかを使う取り巻き達に    //
  間│   \\                         ││飽き飽きしている時、         //
  策│     \\                   嫉み││本当に私のこと考えて    //
    │       \\                 妬み││厳しい言葉を         //人の古傷を
  粂│         \\               僻み││かけてくれた         //ネタにして
  田│   三顧の礼\\              が ││                  //頂いて光栄っすよ
  の│   漫画賞推薦\\            愛 ││                //クソ
  悪│       鬱な本\\          へ ││            確//
  口│                 \\漫画家     ││          か//
    │                   \\生命の   ││        み//
    │                     \\恩人   ││      て//
    │                       \\     ││   み//
    │                         \\   ││ そ//
    ↓                           \\ │↓ //
┌──┐若日曜島へ駆け落ちしよう.     ┌┴─┐   ゲーセンで格ゲーに乱入     ┌──┐
│四様├─────────────→│粂田├─────────────→│永井│
│    │←─────────────┤    │←─────────────┤ 拳 │
└─┬┘       振ってしまう           └┬─┘   戦っている内に友情が芽生え└──┘
  ↑│   でも一度だけ会いに行く    // │↑\\   二人の愛を軸に歴史が展開. ↑
  ││                         //   ││  \\  いくら粂田と言えど、こういう│
  ││                       //     ││    \\ . 扱いを受けるとは思うまい │
  ││粂田を   萌え御殿前で//    ザ ││      \\                      │
  ││裏切れば.   セレナーデを//      ク. ││        \\                ジ│
  ││連載させて    歌う//      ロ ││          \\原型留めてない   ││
  ││やる         //       100││            \\           ク│
  ││             //            % ││              \\           ナ│
愛││           //                 ││ネ            \\          オ│
人││         //オランダに移住して.  ││タ                \\        ン│
契││       //結婚して下さい        ││に      子供の頃から\\.       │
約││     //                       ││し   お慕いしていました.  ┌──┐│
受││   //       なんで俺の漫画が   ││て                    │木寸││
託│↓ //         あんな萌え漫画の  ↓│                  │上  ││
┌┴─┐      1/3も売れないんだ!┌─┴┐親が大監督じゃないので └──┘│
│火田│←─────────────┤  棗│生きるのが嫌になるほど         │
│    ├───────┐            └──┘売れてない 絶望した!           │
└──┘    棗は無視  └─────────────────────────┘


すごいマニアックなところをネタにしてて、久米田先生ウォッチャーじゃないとわからんだろってネタ
ばっかりなんですがっ笑
ネタと事実がいい具合に混ざってるところがたち悪い笑

火田くん=畑くんの弟子ネタや赤松先生ネタあたりはかなり知れ渡ってるけど
四様=三上元サンデー編集長とか
夏目先生(棗)のHPでの発言とか
ゲーセンで遭遇したながいけん先生と久米田先生とか
中平先生の黒歴史をネタにしたせいで本気で反感買ったとか
ねたの範囲がマニアックすぎて、でもハマリすぎて面白いです…

個人的には夏目義徳先生の作品大好きなので(大蛇とかの読みきりも取ってる~)
またどこかで連載復活してほしい…
トガリには何度泣かされたことか…
わたしは自己犠牲野郎に弱いのですよ…

あとながい先生も、ね。
一瞬ヤンサンで復活したのは何だったのっ?

詳しい元ネタ
・武田徹夜
さよなら絶望先生担当編集者の武田哲也氏のこと。
本編や単行本おまけの紙ブログでよくネタにされています。
因みに同姓同名の編集者がサンデー編集部にもいるらしいです…


・欝な本
エドワード・ゴーリーの絵本のこと。
竹田さんが久米田先生にプレゼントしたもの。かなりエグイ絵本です。
久米田先生ははまってしまったらしく、漫画本編の背景に度々登場します。


・「久米田の件よろしいでしょうか…」
かってに改蔵終了後、死んだとか引退したとか結婚したとか根も葉もない噂が流れていた久米田先生ですが、安彦良和先生の『王道の狗』4巻の帯を久米田先生が執筆、まさかのマガジン移籍が明らかになりました。
まだ連載前なのに「絶望した!」と叫ぶ糸色先生のお姿が見られます笑

当然ネット周辺は大騒ぎ…
一部の人人は、久米田先生マガジン移籍について赤松先生にコメントをもとめました。

で、その反応がこちら→赤松先生の2005年の日記
ここの2月26日から引用しておきます。

『無論、私の方では去年の段階から分かっていて、なぜならあらかじめ編集
部から打診があったのです。「危険なネタが出てくる可能性もあるが、
やらせていいでしょうか」と。(笑)』


・厳しい言葉をかけてくれた
改蔵時代、常にラブコメを嫉妬交じりにネタにしてきた久米田先生ですが、
そのターゲットは
北崎先生(なぎさMe公認、ふ・た・り)→猪熊先生(サラダデイズ)→万乗先生(ダンドー)
→赤松先生(らぶひな)と変化。
赤松先生は日記内でネタにされることを喜んでおられました笑


・中田衣良
漫画家の中平正彦先生のこと。
ゲーメストで連載していたストⅡのコミカライズ『RYU FINAL』の最終回で
「確かめてみろ」を「たしかみてみろ」と誤植され感動が台無しに…
ゲーメストは誤植の多さで有名で、他にも「インド人を右に」等の有名誤植があります。


・人の古傷をネタにして…
漫画内でかなり露骨に絵まで似せて「たしかみてみろ」を
ネタにした久米田先生に中平先生が本気でお怒りに…
という流れがあった記憶があるのですがソースが思い出せないです…
改蔵の半ばくらいだったと思うんだけど。
また見つかったら書きます。
5.26追記:どうやら中平先生が自身のHP上で中平「人の古傷をネタにして頂いて光栄っすよ。クソ野郎」というニュアンスのことをお書きになったようで…


・四様
改蔵終了時の三上元サンデー編集長のこと。(3の上だから4)
26巻の読者ページの「どうして終わったの?」という問いに対して
久米田先生は「ヨン様のせいだよ」と回答。
意味に気づいた読者はやっぱり雑誌の方針でうちきり?
編集長に嫌われたの?と騒然となりました…
最終巻26巻に付いた帯、『え、終わり!?』『うん、終わり。』のやり取りも有名。


・若日曜島に駆け落ちしよう
・振ってしまう でも一度だけ会いに行く

若日曜島はヤングサンデーのこと。
三上編集長はその後ヤングサンデーの編集長へ就任。
改蔵終了後、久米田先生の読みきり作品
『特に負けても構わない戦いがそこにはある~サレジオ落穂によろしく(仮題)~』
が掲載されて編集長との不仲説は少数派に…
なお、ヤングサンデーでの連載の話があったかどうかは不明です笑


・永井拳
漫画家のながいけん先生のこと。
サンデーでカルトな人気を誇っていたギャグマンガ『神聖モテモテ王国』を連載していましたが
突然連載中止、そのままフェードアウト…
一度ヤンサンで復活したけどその後音沙汰ありません…

…とおもってたら
なんと幻の7巻発売決定?!

ガンダムネタをはじめ、マニアックなところをネタにしつつも独特の言語感覚で
テンポよく「不条理ギャグマンガ」として読ませてしまうところが
ながい先生と久米田先生の共通点かなと。
(元ネタが分からないと面白くない、とよく言われますが、そんなことは無いと思うですっ)

また、畑先生はキムタク(『神聖モテモテ王国』の略称)の大ファンで
ハヤテの中でもキムタクの主人公ファーザーが登場していたり…


・ゲーセンで格ゲーに乱入
久米田先生は小学館の年末パーティーの時、
漫画談義を熱く語るほかの先生方の姿を見ていたたまれなくなり下の階のゲーセンへ。
そこで遭遇したのがながい先生、とのことでした。

久米田先生はインタビュー等でこう語っておられるのですが、今は亡きサンデーBSの久米田先生の欄によると遭遇したのは杉本ぺロ先生になってるんですよね…どっちが正しいんだろう、それともこの二つは違うときの話なのかなぁ?


・戦っている内に友情が芽生え二人の愛を軸に歴史が展開
いくら粂田と言えど、こういう扱いを受けるとは思うまい
『神聖モテモテ王国』4巻第12話「孔明殿の大冒険」のパロディかな?
孔明と週楡の愛を軸に歴史が展開していく。
「孔明といえど千数百年後の外国でこんな扱いを受けるとはよもや思うまい。
うっかり歴史に名を残すとはおそろしいにゃー。」byファー様

・村上
マガジンで巨人の星のリメイク版を連載中の村上よしゆき先生のこと。

・原型留めてない
さよなら絶望先生で、小ネタとかではなくかなり大々的に「新約巨人の星 花形」をネタにした。
それに対して村上先生は…

・子供の頃からお慕いしていました
巻末コメントで南国からの読者であることを告白笑
ネタにされたことで大喜びです。橋口たかし先生曰く、久米田先生にネタにされることは「いいとものテレフォンショッキングに呼ばれるようなもの」らしいですよっ!

・棗
漫画家の夏目義徳先生のこと。
連載デビュー作の「トガリ」は一部に熱狂的なファン(私とか)を生んだものの結局打ち切りに…
その後なかなか連載に恵まれず、自身のホームページ上で吐いた愚痴のせいで
2chでプチ祭りになったりもしました…(と同時にサンデーの編集部叩きに発展)
で、「クロザクロ」という漫画で久々に連載復帰。がこちらもぱっとせず全7巻で終了…
今、海外でバットマンのコミカライズやっていますね。
HPを見たい人はSesでググッてみましょう。連載獲得に向けて頑張ってるみたいです。あと、藤木俊先生のブログ→http://blog.livedoor.jp/fujikishun/読む限り、藤木先生やモリタイシ先生とかと仲いいみたいです。サンデー作家さんの仲の良さはみていてなごむなぁ…


・親が大監督じゃないので…
クロザクロ連載中のHPでの発言。まだBBSにログあるかな?絶望先生読者であることが発覚。
(これは久米田先生がハウルをネタにしたことを踏まえての発言でした)

・ネタにして
サンデーBSかHP(曖昧…)で「改蔵でネタにされることが目標」ということをお書きになりました。

・ザクロ100%
絶望先生の背景ネタ。
いちご100%のパロディだけどあえてザクロを使っているのは夏目先生を意識してる?


・なんで俺の漫画があんな萌え漫画の…
ここまで露骨に言ってません笑
だけどハヤテと比べるニュアンスで、売れていない発言をしたことはあります。
まだSesのBBSに残ってるとおもうけど。


・萌え御殿前でセレナーデを…
絶望先生の単行本巻末紙ブログねた。
久米田先生がかつての仕事場を畑先生に明け渡しそこは萌え御殿に…
実際、久米田先生は南国後期からのおしゃれでアートな仕事場を引き払って
(建築雑誌にも紹介されたそうです。普通の部屋を先生好みに改築したもの。)
絶望先生からは純和風のメゾネットマンションへ仕事場を移してます。
が、畑先生に実際に部屋を譲ったわけではない…と思う笑


・オランダに移住して結婚してください
あれ、明確な元ネタが思い浮かばない…
私が熱心なハヤテ読者じゃないからかしらん?
オランダは性に対して開放的だから?笑

久米田先生と畑先生の仲の良さは有名ですね。
改蔵連載中は、畑くんは今の前田君の位置付けでした。
(連載後半は前田君のねたが増えてくるけれど…)

畑くんは久米田先生を「師匠」と呼び、本誌連載前の増刊連載の作者コメントでも
久米田先生をネタにしていたほど。久米田先生も巻末コメントでネタに。
そんなわけで連載前から「久米田先生の弟子」として注目度はあなり高かったわけですが…
正直ここまで売れるとは思ってませんでした、すみません…
改蔵続いたままだったら状況もまた違っていたのかなぁ
万乗パンツやサラダをネタにしていた雰囲気でハヤテをネタにしていたかもしれません。
絶望先生では畑くんそのものをいじることが多いですね。
声優さんとの写真がそのまま背景に貼られていたのには笑いましたよっ

畑くんのサンデーBSにあるミコノス島への慰安旅行エピソードでは
久米田先生のイベント大好きっぷり、いい師匠っぷりを堪能できます笑
ミコノス島での経験はそのままハヤテにも反映されていて、漫画内の出来事を久米田先生と畑くんに置き換えて師弟愛に萌えるお姉さま方も…笑

スポンサーサイト
[ 2008/04/29 20:19 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

気になる音楽たち1 「嘘つきバービー」

久しぶりに夜バイト無かったから
NHKFMのミュージックスクエア聞いてたんだけど…

「嘘つきバービー」(バンド名ね)が私の心にクリティカルヒットでしたっ!
オフィシャルHPはこちら→http://www.usotsukibarbie.com/index.html
視聴もできますっ

HPのトップページからもわかるようにかなり変態的です笑
なのにポップで聞きやすいメロディ。
癖はかなりあるけど、ちゃんと「わかりやすい」バンドですねぇ…
アニメの制作会社で例えるとシャフトさんにちがいない笑
流れた曲はミニアルバム『増えた1もグル』より「海大のいきもん山のように」でした。

ストレートなラブソングやら懐古ソングの中にいきなりこの曲だったから笑インパクト強すぎでした。

音は…うーん、「あぶらだこ」をよりポップに、更に中毒性を高くしたってかんじ?
ヘンなリズムとギターのフレーズ…
そしてぶっとんだ世界観なのになぜかノスタルジーを感じさせます…
SF的な「未来的郷愁」っていうよりは、「人間の遺伝子の中にある記憶」。
荒唐無稽、夢の中、のイメージなんかなぁ

この曲の前に、尾道出身っていうバンドが「子供の頃のノスタルジー」をそのままストレートに歌詞に反映した曲が流れてたんだけど(バンド名失念…)、個人的には嘘つきバービーのがよっぽどノスタルジーを感じたんであります…分かりやすさにもいろいろあるってことでっ。


パーソナリティのお二人も苦笑いですよ笑

あと、声が私の好み!
この声誰かに似てると思ったら、フラワーカンパニーズのけいすけさんにちょっと似てるのかも…

これはCD買うしかないかな~
ライブパフォーマンスもきっと独特なんだろうなっ見てみたーいっ!!

私の好きな音楽の基準っていろいろあるんだけど…バンド演奏なら

・知らない世界だけど懐かしい
・声と他の楽器との融合具合(曖昧だなぁ…きちんと音を聴いてる声って感じ。)
・音が頭の後ろに響く(前に響くとなんか不快…これも感覚なんだけど。)
・分かりやすく美しくちょっとくどいくらいのメロディー(だから歌謡曲とかアニソンとかも…)

っていうのは鉄板なのかも。
これに変態的な部分が合わされば完璧なわけで笑。
嘘つきバービーは正にそれだなぁと…

とにかく一聴の価値あり、ですよっ

ようつべからPVひっぱってきました
というか正に昭和を意識してたわけね、なるほど笑
嘘つきバービー PV「どろろどっきんぐ」

因みに似てるかもっていってあげげた2バンドの~
え、似てないって?
私のみみと頭が悪すぎなのかも笑

あぶらだこ
あぶらだこ 「アンテナは絶対」

フラワーカンパニーズ
フラワーカンパニーズ 「深夜高速」
[ 2008/04/28 23:09 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

真夜中のファミレス3

20080428022701
ダメだ~
はかどらない。

ので携帯からも画像貼れるのかテスト。
ノートに落書き
簡単で早く書けるからケーキのチョコプレートはこの絵ばっかり…
落書きすると、ちょっと学生気分。
[ 2008/04/28 02:27 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

夜のファミレス2

今日は…
見えない敵と戦ってるおじいちゃんが一名…

意味不明の言語を一人で連発している。

普通の会話だと無視して問題文に集中できるんだけど、
彼の声はどうしても頭に入ってきて集中できない…

あと、前来てたバンドマン大学生のにーちゃんがまた来てた。今日もニコニコ動画の話題だ。

というか今日のライブ、やっぱり3たまで演奏やったんだ!

あぁぁ、バイト代叩いてでも行くんだったっ涙
[ 2008/04/28 00:08 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

たまのまがたま

たまが好きですっ
今日は元たま3人が同じとこでライブをやったはず…

行きたかったよ~
私は維新派ライブでたまを知って以来のファンなんで
ライブみたことほとんどないんです…

滝本さん、知久さんのソロは行ってるけどねっ

最近たまを聴いてないな…
まだ集めきっていないたまの宝島での連載も、キチンとコンプリートしたいですな。

[ 2008/04/27 22:35 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

厭世慰安玩具。

なぜだかずっと本屋で見つからず
アマゾンでも品切れ…という状態だったろまんが最終巻をやっと手に入れました~

脳髄ジャングルで新井様思想にどっぷりつかり
まるで神様のようにあがめていた小学校時代…
その後「神様」は久米田先生にシフトしていきましたが笑
新井理恵先生が書く言葉は常に私の心をうっています

「人間みんなバイじゃないとおかしいと思う」
「恋愛マンガっていって、恋しかかたっていないじゃないか。愛はどうした!」
といった発言から想像できるような考え方、根本はやっぱり変わらないなぁと。

毒々しい口の悪さとか笑、大量の文字による言葉の暴力笑
というギャグ体系はあまり変わっていないとおもうけれど
お子さんが生まれたあたりから、「厭世的」な雰囲気はうすくなっていったなぁ…

新井先生は家族愛や友情、恋、そこらへんの境界の曖昧な部分の恋愛もの
(子供たちを~とかラブリスとか)を描くイメージだったのだけど、ろまんがのラストは
意外にもストレートに「男女の愛」に落ち着いていました。

哲学的で達観しているようにみえる新井様。
だけど常に考えている新井様。

ろまんがのラストはそんな愛の意味を考え続ける新井様のひとつの到達点なのかなぁと思います。
まだまだ連載中のMのほうも期待ですねっ

もういっかいうま・ろま読み返して全体のまとめとして何か感想を書いておきたいです。
ああ、こうして積み残しのかきものが増えていくのね…

バックアップって大切ですね…

あああああっ

私の『かってに改蔵』壁紙のファイルがいつの間にか消えてるっ涙
パソコン使い出した頃から大切にためてたのに…

特にWEBサンデーで配布していたカラー絵はめちゃくちゃお気に入りだった。
改蔵が唯一巻頭カラーになったときの見開きカラー絵で
さわやかラブコメの夏っ!ってかんじの絵。
青空がとってもうつくしかった。

単行本では白黒だし
当時のサンデーは親に処分されてしまっているしで
あのうつくしいカラーを拝めるのは壁紙だけだったのにーーーーっ
私の馬鹿…

再配布してくれないかな涙
久米田先生のカラー作品を埋もれさせておくのはもったいないと思うのですよ…

[ 2008/04/25 22:43 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

おおばやしみゆき先生の『さくら前線』を読んでみました。

小学生の頃。
私はちゃおっ娘だったのでしたっ

当時のちゃおは他の少女誌と比べて大人っぽい&カオスな作品が多くて
(ウテナの漫画版とかぶーりんとか…)
マイナーな感じにあふれていました。今じゃ少女誌人気No.1で雰囲気がらりと変わったけど…

教室では圧倒的にりぼん、なかよしが話題の中心でオトナっぽい子で少コミ、といった感じで
私は肩身狭かったです…
ちゃお作品以外で読んでいたのはボンボンとサンデー…


CCさくらもジャンヌもセーラームーンですら読んだことが無いっ笑
(私のなかの最高変身ヒロインは『とんでぶーりん』の国分果林ちゃんで…)

で、そんな私の一番お気に入りのちゃおの作家さんがおおばやしみゆき先生でした。
好きな理由。
・コメディパートがうまいっ!
セリフの選び方とかテンポとかが好きで。

・感情描写がうまいっ!
基本的に恋愛ものが多いのですが…
恋以外の部分、友達とか家族とか学校生活とか
そういう細かい日常と恋愛感情の関わり方の描写が凄く丁寧で読ませてくれます。
感情の動きをさりげない会話で表現する。人間の嫌なところをきちんと書いてくれる。
ともすればシビアで説教臭くなりそうなテーマもさらっとやってのけます。

・絵と色使い、ファッションがすき。
ふわっとした絵柄おしゃれな画風なんだけれど、ファッション雑誌に載っているようないかにもな感じじゃなくて適当さ、雑さが出ていて。水彩っぽい色使いも好き。

・話をまとめるのがうまいっ
90年代の読みきりはほんとに名作多いですっ
悲しいかな打ち切り多いのだけれど、それぞれテーマがキチンと伝わってくる作品ばかり。

ちゃおの増刊に載った特別編や読みきりまでしっかりチェックしていた笑。
特別編は単行本未収録のものが多すぎて悲しい…
『泣いてもいいよ。』と『放課後チルドレン』の後日談すごくよかったのに。

しかし。
『放課後チルドレン』の連載が打ち切りっぽく急速に終わり…
(連載中何度も泣いた。そのぶん終わり方に全く納得いかなかったのでした。)
そのショックでちゃお購入を停止。
その後始まった『100万回きかせてよ』もチェックはしていたけれど????な感じで…

当時の????
・画風が連載中に激変。
種村先生のような感じ。目と横顔の書き方が明らかに子供っぽい感じに変わる。
徐々に変化という感じではなくホントにいきなり。
塗りも水彩からパソコンへ。

・ストーリーがストレート?になる。
例えばテーマが「恋愛もの」だと恋愛感情しか絡んでこない。
家族とのすれ違いとか、友達との関係とかとの絡みの上手さが醍醐味だったのに…
ギャグははさんでくるけれど今までのみたいに意味を持って感じられない。
設定やセリフもごくごく平凡なものに…

後々知ったことですが、ちゃおの雑誌としての路線変更とか連載作家としての危機感とか
様々な理由があったようで…

それ以後の作品も読んではみたけれどやっぱ受け入れられず。
作品をチェックすることもなくなっていきました。
今でも短編集とか『恋するタロット』『泣いてもいいよ。』『放課後チルドレン』は
よく読み返すんですけどね…


そんなおおばやし先生がちゃおを離れて連載する、と聞いて。
ちょっと期待しました。それが『さくら前線』で。
ちゅちゅはちゃおより対象年齢高めな感じらしいので、また前書いてたような
人間の嫌な部分、さらっと書いてくれるかなぁとwktk。

うーんでも、2巻まで読んだ限り、いまいち。
今流行の「かわいい悲劇の主人公」ものじゃないか。基本「恋」の部分だけだし…
おおばやし先生である必要性はあるのか??
なんて思ってしまって、最終巻が出るまで放置してしまっていたのでした。

で、今日6巻(最終巻)が出てるのを見て気まぐれによんでみた。
そしたら。
3巻から、「これぞおおばやし先生だっ」の連続っ
うれしいっ
こんなのだったら継続的に読んでおくんだった…

ストーリーはやっぱり誰かと誰かがくっつく、っていう恋愛漫画なんだけれど
その感情を整理していく過程とか
悩んで迷ってる、やさしい、かわいそうな主人公に対してムカつく、といえるキャラがいるとか
そういう人間関係が構築されているあたり、安心して読めました。
個人的にはやっぱり90年代の先生の作品のほうがすきだけどね…

『放課後チルドレン』でちらっと見えた親と子供の関係、
他人と自分の関係、
そういう部分(恋じゃなくて愛の部分)を掘り下げる作品をいつか書いてほしいなぁ

さよなら絶望先生 第136話 感想(主に絶望少女たちの私服について♪)

第136話 「デモの意図」

読みましたっ

今回は私服だらけでうれしい限り。
ということで絶望少女たちの私服について感想詳しく書いてみます。
(元ネタとかはwikiがあるしねっ)

久米田先生は南国から順によんでみると絵柄だけじゃなく服の好みも変化しているのがわかりますっ
う~久米田先生作品とファッションの変遷も詳しく見て行きたいんだけどなぁ…
スキャナ無いから画像が載せれなくて今は断念してます。
来月のお給料でスキャナ買おうかしらん…

・サブタイトル
「デモの意図」
すーごーいっ
元ネタ(蜘蛛の糸)一発で分かる上にネタになってるっていう…
どうやったらこんなの思いつくんだろう。
なんというか、雑誌の読者投稿のネタを毎週濃度濃くしてやっている感じ。

・可符香ちゃんの横顔アップと全身4段ぶち抜き
最近、横顔のアップのとき、目にかぶさるようにまつげが。
より大正ロマン?昭和レトロ?な雰囲気が強くなっていますねぇ
アニメのレトロなセンスに影響されたのでしょうか?

今日のヘアピンは花。
マンガのキャラに頭ものつけると、記号っぽく、コスプレっぽくなりがちなんですが
ちゃんと可符香ちゃんの私物っていうのがわかる現実的なかわいさっ
顔、服、髪含めてバランスが凄くいいんだろうなと思います。

可符香ちゃんの服。
やっぱり全体的に「レトロ」な印象っ
これは服の柄とスクリーントーンを極力抑えた色使いにあるんだと思います。
改蔵の初期~中期の頃の女の子ぶち抜き絵と比べたらよく分かるっ
(改蔵ではスクリーントーン重ねまくり、フリル、レース、パッチワークを多用してて、90年代後半のラフォーレ原宿あたりの影響が色濃く見られますよっ)

このワンピの柄、音符の組み合わせでできているんですねっ
おそらく久米田先生オリジナルのテキスタイルっ
このプリント生地の服がシリーズで出たら私全買いしそうだ笑
どこかのブランドで久米田先生のデザインを起用してくれないだろうか笑
久米田先生のユニクロTシャツは出るのかしらん…

柄はレトロっぽいパターンなんですが、ボレロの形とかスカート丈が今っぽいです。
あとサンダルが凝ってるっ
今年いっぱい出てる踵の部分が付いてるやつですね。

レトロな雰囲気を保ちつつしっかり流行を取り入れている可符香ちゃんはかなりのおしゃれ上級者だっ

あと思ったんだけど、可符香って漢字かなりかわいい。

・「飛び石連休ですね」な可符香ちゃんに対抗して
「飛び石労働ですよ!」とネガティブ変換する絶望先生。
こういう言葉遊びにはやっぱりにやっとさせられますねっ

・労働者のデモ行進に遭遇する一行。
三段ぶち抜きで奈美ちゃん登場っ

うはぁ、かわいすぎるっ

先々週はミニワンピースにニーハイ、カチューシャで純乙女な良子ちゃんファッションで登場してたんですが、今週は一転してカジュアルなショートのサロペットに無地の半そで。
よく見ると胸の折り返し、後ろでばってんになっているであろう肩紐、大き目のボタンと凝ったつくり。
上がすっきり軽い分、足元はしっかりしたブーツを履いててバランスもばっちりです。
ここで足元にブーツを持ってくるあたりが『spring』『mini』読者っぽいかも。
完璧に着こなしてるなぁ…

・デモ行進にわくわくしてる?先生。
結構左翼系の活動に巻き込まれてますよね、絶望先生笑。
それにしてもk久米田先生は左翼教師にトラウマでもあるのかしらん笑

・「デモ行進」じゃ無くて「でも行進」
今週のテーマきました~
今回は言葉遊びが秀逸ですねぇ

テーマ自体が社会派っぽいのはめずらしいのだけれど
この言葉遊びがうまくて嫌味じゃない、と思えます。

改蔵のときはマニアックなオタネタ、絶望先生では時事ネタのインパクトが強くて忘れられがちですが、こういう「でも…」っていう消極的、優柔不断なこものっぷりを見事に表現してくれるのも久米田先生作品の醍醐味なわけで…

小心者日本人の「あるある」ネタとして割と素直に楽しめました。

・あびるちゃん登場。
三段ぶち抜き三人目っ
上の服の袖の形がかわいいっ
7分くらいで絞っててふわっとなっているタイプですね。
桂馬くんの舞浜学園の女子制服の上着袖と一緒です笑
スクエアになってる首のところからチラッとインナーが見えてるのがおしゃれですぅ

・反日デモ
反日ーっ!でも日本のアニメやマンガが大好きです とか笑
そうだよ、そうだよねぇ。
みんなみんなジクがぶれているのです
むしろぶれてないと人間っぽくない笑

・まといちゃん登場。
おおっ、最近優遇されてますねぇ
…と思ったらよこの電柱に「SZBH きをつかっている」とか「きものの真田」とか笑
反応早すぎです久米田先生。
さらに巻末コメントとあわせてよむとすごくさびしい気持ちになるとともに
アニメ絶望先生は本当に素晴らしい形で世に出たんだなあとしみじみします…

・ひとたび「でも行進」が起こると時として沿道の人人をも巻き込み…
やがては巨大な「でも行進」に!
某巨大掲示板では日常的に見られる光景ですね笑
どんどん話題がずれていく、論点がずれていくっていう…

・先生がデモを先導なすった!
一気に五輪ネタに笑
たしかにここまで大々的に政治がらみのネタつかったのはめずらしい。

・先生 社・会・派!!
予防線張らずとも笑
思想的主張はしてないし…
啓蒙的な意図もないし…
十分ギャグですよっ
というか「深夜のファミレスの話」をマンガにした感じっ

・マリアかわいいいいいっ
今回の落ち、いいなああああっ




[ 2008/04/24 02:21 ] さよなら絶望先生感想 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイ第3話 感想

FLAG.3 ベイビー・ユー・アー・リッチ・ガール

読みましたっ

あああああ桂馬くん好きだぁああ

…という気持ちだけで一生読み続ける自信がある私ですが笑
いろんなところに魅力満載で書いておきたいことが山ほど…な第3回でした。

以下大量にネタバレありです。ご注意を。



・最初の柱
「駆け魂を狩る=女の子を恋に落としキスをすること。それだけは覚えてこの漫画を楽しんでね☆」
まさに、この前提だけ分かればさくっと読めてしまうライトなマンガ、なんだけど…
読めば読むほど、作品の世界が広がっていくんですっ
まだ出てきていない設定や次の展開を想像してしまうのですっ
若木先生はその想像のとっかかりとなる部分(フラグ)をさりげなーく埋め込んできていて
「クリエイティブに読む」楽しみを読者の私たちに提供してくれているんだなあと思います。

分かりやすくて楽しい。そして見たあと(もしくは見ている最中)語りたくなる。
若木先生は御自身のブログの中で何度か
『太陽を盗んだ男』は見たあと語り合いたくなる映画の筆頭、とおっしゃっていましたが
『神のみぞ知るセカイ』もそういう要素をいっぱい含んでいると思います…

・今回も授業中はゲーム時間、な桂馬くん
今日はイヤホンしてるっ笑
そしてschool daysらしきセリフが…

・教室でもにわかに大注目なエルシィと桂馬くん
お風呂って何?笑
エルシィ左利きなのね

・桂馬の学校案内
チャイムがキンコンカンコンじゃないのがお金持ち学校っぽい笑
いかにもハーレム系ギャルゲーな学校設定っ
ますます「お前の現実世界のほうがゲームよりゲームっぽいぞ!」と突っ込みたくなります。
この距離感が素敵過ぎる…
巨大な学校、中高一貫、田舎、貴族っぽい制服…で少女革命ウテナの鳳学園を思い出しました。

・エルシィの駆け魂は女の中にしかいない宣言
「隠れた女の子供として転生するからです。」→桂馬の沈黙の1コマ
今回の一番想像力を喚起させるコマはこの2コマではないでしょうか。
ここで無駄に説明やセリフを入れないのがすっごく好きっ

…要するに、恋に落として駆け魂を追い出さないと望まぬ子供ができちゃうってこと!?
おそろしい、おそろしすぎる…

・外パン
ああああパン争奪戦懐かしい…
うちは学食も普通に安かったけど笑、昼のパン売り場は戦場でしたねぇ

「焼きそばパンを卵で包んであるんだ。ソースがオリジナルでうまいらしい。」
人付き合い悪いっぽいのに意外に情報通な桂馬くん。
「らしい」っつーことは食べたことないの?
やっぱり金持ちっ子なのか、桂馬っ

オムそばパンに惹かれてるエルシィかわいいっ

・美生ちゃん登場
「庶民」を連発してますね
何かわけありっぽいです…
私は読み切りよんでないから確認できないんですが
読みきりのツンデレお嬢様の焼き直しなのかなぁ?

・「ツンキャラは
    純粋(ピュアネス)守る
      鎧だね  アイアンヴァージン けいま 」

これはっ…
毎回攻略開始ごとに格言やるのかっ笑
ますます楽しみになってきました。
経験に基づく持論で毎回攻めていくのですねっ

・美生を観察して攻略プランを立てていく桂馬くん、告白セリフの選定。
今回は開幕パンチで攻めると決めて、セリフの練習中。
あいかわらず演技のレベル高いですっ笑
めろめろなエルシィがかわいすぎるよ~
しかしホント完璧超人だなぁ…
武装錬金のパピヨンを思い出してしまう…

・翌日、出会いがいきなり告白!を実行する桂馬くん
結局一番シンプル、かつストレートなセリフを選んだようです。
…が、あゆみんの時のように素直には転がらず。

告白失敗後、冷静に分析する桂馬くんはさすが落とし神といったところ。
というか、結構楽しんでない笑?
自分が考えていた美生に関する前提を疑いだす桂馬くん。

読んでいる側としては、恋愛ラブコメで通常描かれる心のすれ違いのやきもきとは違う
ゲーム性を前面におしだした展開が凄く新鮮です。

・美生の家を突き止めた二人…
なんだかわけありみたいですっ
お金持ちなのは間違いないんだろうけどねぇ…
桂馬くんは正しい前提を見つけ、正しい攻略方法を実行できるのか。
彼もかなり苦労するっぽいです。
…恋愛マンガっていうか、ギャンブルマンガみたいだなぁ笑

☆その他気になった(気に入った)部分を。
・「いでででで、ギブアップ―――」
ほんとに命がけだなっ笑

・「リアルは家を突き止めるのも大変だな」
「女の子の居場所にアイコンが付くだろフツーは。」「何のフツーでしょう?」
神様を信頼しつつその理論にはまだまだ引き気味なエルシィ笑。

・智恵院荘
ちえいんそう…チェーンソー…。
冒頭のスクデイといい、駆け魂子供といい、なにやら不穏な予感がっ


☆今の「ギャルゲー」のイメージって、シナリオ一番キャラ二番、て感じで
(ゲームというより音楽と絵がついたノベル。それはそれで、マンガでも小説でもアニメでも表現できない世界が表現できたりして面白い作品もたくさんあるんだけど…詳しく知りたい人は東浩紀さんのチャ作でも読んでみてください。)
私自身もシナリオと音楽重視でやっていたため、こういうゲーム性をおしだしたコメディって凄く新鮮に感じられます。ギャルゲー黎明期からやりこんできてる若木先生しか思いつけない、広げられないお話だなぁと実感しました。


さよなら絶望放送第34回 「日陰あるうちに日陰のなかを歩め」

ききましたっ
上田さんゲストの2回目~

・OP
いきなり存在感が臼井君…意表をつかれました笑
今回一番OPで笑ったかも…
上田さん凄すぎです
時田と甚六先生の差がきちっとわかるのが驚きでしたっ
メゾン日暮里さんよかったねっ
一気に有名リスナーになったなぁ笑

・ポジティブですね~っ
腹筋が…腹筋が…
声だけでここまでキャラがたつとは…

・声談義が凄いっ
上田さんならではな感じがするです
アフレコ話がいつもよりたくさんです

・愛が…重い
重い、重いよ…
手作りって危険よね…

・新谷良子さんはサインもらえたのかねぇ
いいないいな~
私がアニメ始まる前に名前知ってた声優さんは矢島さんと新谷さんだけでした
矢島さん→しんちゃんとリリーナの人
新谷さん→くめたんファンの声優
っていう認識だけだったけど笑

[ 2008/04/22 22:49 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

真夜中のファミレス

今日も一人で勉強中…

後ろの席の理系大学生バンドマンっぽい男の子たち。

ニコニコ動画の音楽系の話題で盛り上がってるんやけど
一人カテゴリのことをカゴテリっつってる子がいて私は笑いを堪えるのに必死だ。

気になって勉強が手に着きません…

誰か訂正してやって~
[ 2008/04/22 02:37 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

自分の価値判断の基準をもつということ。

これはよく大学の声楽の先生に言われていたことです。

自分が何かを表現する上でも、表現されたものを受け取るときでも
「どこがよいのか?」「どこがすきなのか?」
を理解できていないと、ただただ消費するだけのむなしさだけが残る…

私はそういうことを頭では分かっているつもりでも
いろんなものを無条件に取り込もう取り込もうとするだけ
中途半端に努力と行為を繰り返すだけで
「価値判断の基準」が明確に見えてこないまま大学の4年間を終えた気がします。

以前の私だったら「努力と行為を繰り返す自分」に満足できたのだろうけれど
「価値判断の基準」を明確に持っている人とたくさん出会ってから
私はただただ迷走する人になってしまった。

ここらで一回区切りをつけないとね。
自分を過剰評価したり過小評価したりしない私になりたい。

「あんたは頭は悪くないのに、全然整理できてないのよ!頭の中だけで自分を考えないでもっと外に出しなさいっっ!!」
先生は何度も何度も私を叱ってくれたけれど。
結局はそんな先生の行動を無駄にする結果になってしまった。

もういいわけはできません。
[ 2008/04/21 19:22 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

今日買った絶望的なものたち1

しばらく放置してた物を買ってきました。

☆俗・さよなら絶望先生オリジナルサウンドトラック『俗・絶望劇伴集』
公式に曲順が載っています→
http://www.starchild.co.jp/item/user/cgi/uItemDetail.cgi?SampleId=6&ItemId=4810&ApprovalFlag=1

作曲家は一期と同じく長谷川智樹さん。ロマンチック大増量。
「これ絶望先生?」と突っ込みたくなるような曲もたくさん笑。
ノスタルジーとロマンにあふれた名曲ばかりです。
ピアノ、バイオリン、マリンバの音がレトロっぽくて印象的。
またあとで詳細な感想書きたいっす。

☆さよなら絶望放送DJCD第二巻
アニメイトの紹介ページ→http://shop.frontierworks.jp/detail.asp?merchcd=KICA-896

ああああ初回特典のステッカー無しだった涙
すぐに買わなかった私が悪いね、うん。
ゲストの二人は前半後半分けての登場でちょっと残念でした。

☆俗・さよなら絶望先生第一集
まだ本編見れてません。

・帯の後ろ、各話の嘘紹介がうますぎます笑
かってに改蔵の単行本登場人物紹介を彷彿とさせますなぁ。
・杉田智和さんの南国=性少年のバイブル発言に共感しましたっ笑
あれでオ○ニーとかズリネタだとかいらぬ知識をたくわえシモネタに強くなった小学生女子。
おかげでティッシュが卑猥なもののように思えるようになっていたのはいい思い出。
・ブックレットの中身も絶望文学集の嘘解説。本物っぽいのがまた笑えます。

おお~中身見るのが楽しくなってきた。
明日じっくり見ようと思います。


その他かったものたち
・ef -a tale of memories.4巻
とにかくすごい7話がはいってますよー
この作品、すっごく好きなのでまたあとで別口で感想かきたい。

・ef -a tale of memories.オリジナルサウンドトラック ~espressivo~
美しいっ
絶望先生と同じくピアノ、バイオリンが主体ですが
絶望先生劇伴が「陶酔」だとするとこれは「泣き」な感じです。
[ 2008/04/20 23:54 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

ロールケーキがおいしいお店

私がバイトしてるお店のロールケーキが評判いいらしくて。今度テレビに出るよって店長が興奮気味に言ってました笑。
ま、ローカル番組なんですけどねっ
広島の人は28日の満点ママを見るべし。
ロールケーキの美味しさは生地とクリームの甘さのバランスによると思ってます、個人的には。

これでもうちょっと売上上がらないかなぁ、なんて。
[ 2008/04/19 06:49 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイの略称とかギャルゲ(エロゲ)のこととか

若木先生の書く文章ってすごく面白いです、さすがというかなんというか…
新参者の私ですが、バックステージの文章とブログの文章全部読んじゃったじゃないかっ

同じサンデーのバックステージだと久米田先生が異常におもしろかったなぁ
かなーり暗くしてたけど笑、名文多いと思います。
削除されたのが非常に惜しい涙

私自身は全文保存しているので、いつか紹介できたらなぁと思っとります。

で、今日バイト中考えてたのは略称のことなんですが。
4文字くらいに略すやつが多いよね最近。
定石でいうと「神知る」か「神セカ」なんだろうなと思いつつ…

「かにしの」とか「ぴののの」とか「のて」とか「はにはに」とか
タイトルの中の平仮名orカタカナで4文字ってパターンがギャルゲに多いよね
となると神のみぞ知るセカイは「のみぞる」なのかねぇ?

「この青空に約束を」→「こんにゃく」とかのパターンもあるから
「みそしる」や「かにみそ」も許容範囲なのか?
…でもこれじゃ全然内容が想像できないよねぇ笑

明日某ソフマップでminoriのイベントがあるです。
女一人で行く勇気がないのでバイト先の後輩(女)に振ってみたら断られた泣
いや、その子も十分オタクなんだけどさ…
「ぱっとエロゲメーカーの名前や略称がいくつも出てくる人初めて見ました笑」
だそうで…
女子でオタクっていうとBL好き(腐女子)が大半っていうのを改めて感じましたよっ
あーやっぱり明日は一人で行くしかないのか…
[ 2008/04/18 23:11 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

つい買っちゃうんだ… 

結局雨で寒すぎて途中で店でてしまったよ

で、本屋へ行って無駄買い。

・水没ピアノ 鏡創士がひきもどす犯罪(文庫)
「佐藤友哉の最高傑作!」ってあおりが入ってる。異論はないけど笑。
解説がおーちようこさん。どじっこゆやたんかわいすぎる笑
まだ全部読んでないけど結構修正はいってる?

・聖結晶アルバトロス1巻
あーかっちゃったよ。
今日の若木先生のブログの更新で、ゴミ子は一緒に暮らす予定だったって書いてたけど
それに納得してしまった笑
これもやっぱりキャラ設定とか序盤のつかみとかはうまいなあと思う。
セカイ設定に説明かけすぎてグダグダってパターンだったのかしらん?
あと、この表紙じゃ正直一見さんは買わないだろうなと…
初版だったのが悲しい

・ef a fairy tale of the two. 6巻(マンガのやつね)
どうもこういう原作付き美少女系まんがって違和感が…
結局読んでしまうんだけど。
基本的にセリフや展開も原作通りで分かるんだけど、妙に不自然に感じてしまう。
行動と感情のつながりとか間が、いかにもとってつけた感じ…
ef自体ののストーリーやメッセージは好きなんだけどなぁ
そこらへんではアニメはうますぎるくらいうまかったよねぇ

家かえって読みながらごろごろしてたらいつの間にか寝てた。
さて、いまからマックでも行って勉強してくるかっ

木曜日に雨

木曜日に雨。

バイト後ミスドで勉強中っす

携帯からモブログテスト。
ちゃんと投稿できるんかしらん?

バイト中はちっちゃい子どもたちと目で会話するのが
密かな楽しみだったりする…

以外と接客好きなんかな私。
[ 2008/04/17 17:52 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

メフィスト5月号とStorySeller2008spring

鏡家サーガ新作&読みきり発表ときいて早速買ってきました!

で、ファミレスで勉強に行き詰り
そのままずるずるメフィスト読んでしまいました…
(ストーリー・セラーのほうはまだ未読。)

まってましたの鏡家サーガ新作のタイトルは『鏡姉妹の動物会議<鏡家サーガ>本格編』。
連載第1回目のサブタイトルは「自信っこ侍臣」となってますっ

純文学系の雑誌に発表することが多かった近年だったので
もうミステリかかないのかなっと心配だったんですが、ついに帰ってきましたよ~

いやぁ、連載っていいですねっ
次の展開にwktkできて、何回も読み返してしまって
好きなところがたくさんできていきます。

・タイトルにもあるように鏡姉妹(佐奈と稜子姉さん)が活躍しそうな予感。
それに祁答院浩之・結香の現実離れした双子が絡むみたい。

・本格編の名のとおり、舞台がまるで横溝正史のミステリーですよ。
もちろん北海道ですが。雪に埋もれた前時代的・閉鎖的な村での猟奇殺人っ
ゆやたんの作品のなかで一番ミステリっぽいせっていかも笑

・事実、羞恥が蓄積するだけの設定なので軽く流すが…とか、緊張のせいで脱字をしてしまった、とか、相変わらず「違和感」を埋め込んできてます。あと引用とか。

・稜子姉さんは「アニスパ!」をチェックしてることが発覚笑。
ちなみに2006年のお正月の出来事であります。

これから楽しみなんだけど、あと十一回!?
単行本はいつになるんだろう…

あと。
奥さんと一緒の写真が文藝に載ってるらしいねぇ
うちの近くでは売ってないです…
大学図書館いってくるかなぁ

[ 2008/04/17 05:47 ] 佐藤友哉 | TB(0) | CM(0)

さよなら絶望先生 第135話 感想

第135話『チャパーエフと消去』

読みましたっ
サブタイトル、またなんてマイナーなとこからひっぱってきてるんだ…
(私は元ネタぜんぜん知りませんでした)
久米田先生の博識ぶりには頭がさがります、ほんと…
そして元ネタwikiさんの存在に感謝。

最初の
「立候補はいませんか」
「はい」「私は嫌です」
でいきなりニヤニヤですよ

すばらしく絶望先生らしいセリフだと思いますっ

というわけで今週のテーマは消去法…
私のリアル友人に「私の人生消去法」がキャッチコピーの女の子がいますが笑、
案外そんなひと多いんだと思います。

・人物の絵柄は凄くシンプルなのに小物や服のディテールが異常に細かいのもいつもどおり。
冒頭のあびるちゃんの机やらかばんから出てるしっぽやら。

・今週からまたスカーフの柄かわってますね笑。ぜひカラーで見てみたいっす

・臼井君とかかなりアニメの影響うけてるよなぁ。すてきっ

・なんか今週、南国でよく使ってた段々コマを小さくしてネタ羅列ってパターンが多い印象。

・新東京タワー、妙にストレートだなぁ、あと福田さん似すぎ笑。

・自分の消去法を消去法で決めるだなんてイキですね!
やっぱり久米田先生のセンスですねぇ笑

・三期…

・竹田哲也さん、いつもながら空気よみすぎですっ笑

あ、オリラジのあっちゃんが絶望先生おもしろいだってさ。
よかたね久米田先生っ
[ 2008/04/17 04:07 ] さよなら絶望先生感想 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイ 第2話感想

FLAG.2 あくまでも妹です

読みましたっ
サブタイトル、地味に駄洒落ですか笑

若木先生のキャッチコピー:無限の萌えを持つ男

編集さん、わかってますねぇ笑
お約束をこなしつつ現実世界にギャルゲ要素取り込んでいくっていう
このマンガの特性、痛面白い部分を一言で表していると思いますっ

さて本編。
内容的にはエルシィの妹としての「設定」を埋めていくって感じで
新しい攻略に行かなかったのが、このマンガらしいなぁと。

桂馬の「お前は、妹として設定が甘い!!」以降、テンポ良く楽しく読ませつつも
やってることは桂馬が考える「厳密なる妹の設定」をクリアするってことなんですよね。

凄く理路整然としてる話の流れなんだけれどぜんぜんそう思わせないのがすご過ぎます。

・「妹の設定」の説明はBMW。
なんだこの面白さ…

・「同じ血が流れていない!」→桂馬の血を吸う
あ…あざとい!なのになのにきちんと理にかなってるんですよ。すげぇ。

・一緒にお風呂→「とってつけたような妹イベント繰り出して来やがって!」
これもまたあざとすぎる笑、のに桂馬の今までの回想とあいまって、「妹の設定」っていう
パズルのピースのひとつって納得できちゃう…

で、極めつけは

「とってつけてないですよ。私、本当の妹です。」
このマンガで重要なのはあくまで「設定」なんだっていうのが端的に表れてますなぁ
このかえし、うまい、うますぎる…

若木先生、ほんとにお話作るのうますぎですよっ

その他気になったところ~
①なんだかんだで日本男児な桂馬くん
・毛筆で「2D」www
・「ゲーマー。オタメガネ。」(江戸の町人風の人人)
・「妹の 品質示す エンブレム  BMW。」(着物に袴に脇差な桂馬くん)
先週の「なんのこっ茶」といい、なぜか和風。そして妙に笑えるっ
桂馬くんは貴族っぽい制服も和服も似合うのね…

②小さい小ネタ、パロディのさりげなさ。
・スヌーピー笑い
こういうデフォルメの絵と普通の絵の使い分けがいいっ
使いすぎると煩すぎるんだけど、絶妙なバランス。
すごくスタイリッシュだ…

・祖父まっぷ→叔父まっぷ
テーマがテーマなんでオタク文化のパロディとか持ってきやすいと思うんだけど
あえてやらないのがすてきっ
1話でもギャルゲの名前でてきたけど、「元ネタ」として何かを使うってことはしてなかったもんなぁ
(あえていえば「うぐぅ」くらい?)
まぁ、サンデーには『かってに改蔵』っていうオタネタマンガの先駆者があったし
今じゃそれをさらに濃くしたような『ハヤテのごとく!』があるわけなので当然なのかもだけど。

…あ、いま読み返してたら「いもうと十字軍」に「れこんきすた」の文字がっ
コットンソフトの奴?
あんまエロゲ詳しくないからわかんないや

③似たもの親子?
お母さんも桂馬くんも、メガネを取ったときとメガネをかけてるときの顔が違いますねぇ

桂馬くんは
メガネ装着時:キツイ目
メガネ無し:優しい目

お母さんは
メガネ装着時:優しい目
メガネ無し:キツイ目

になってます。
もしかしたら性格も変わるのかも…
1話の告白時の桂馬くんもそこはかとなく穏やかだったし(演技とも取れるけどね)

個人的にはメガネな桂馬くんが断然好みだけど笑

④個人的素敵☆ポイント
・WONIICHANNMOE!!
・すべて限定版・通常版2枚買い
・神にーさま!
・悪魔としてキャラ弱いくせに、結果としては常にベルゼバブ級だ!!
・「お前を、ボクの妹として認める」のときの桂馬くんの表情っ

「駆け魂を捕まえまくって契約を終わらせる!!」
「そのためにボクらはずっと一緒にいるんだ!!」

「触るな!!ボクにとって最上な手なだけだ。」
「ついでにおまえもいい成績あげて、ねえちゃんにほめられたらいいさ。」

…陥落。

さよなら絶望放送第33回 「存在の耐えられない薄さ」の感想 

ききましたっ
上田さんがすてきすぎる…
確かに声幅広すぎて逆に印象にのこらないんだろうなぁ
真面目だけど面白い方で、来週も楽しみです。

でも私はアニメの上田さんの演技のおかげで臼井くんが大好きになりましたよっ
あと絶望ファイトのナレーションは衝撃的でした。

その他気になった点いくつか。

・改名されたんですね。上田陽司→上田燿司になった模様。
・アニメメイトTVのHPの紹介文を反転すると…
・みんなの絶望ネームが投稿文より印象的だ。
・上田さんはもしや某所のSZBHの掲示板を見たのか?笑

さて今から私はケーキを売る仕事に戻ります…
帰ってきたらもう一回ききたいなぁ
[ 2008/04/15 16:10 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

『神のみぞ知るセカイ』一回目の感想の続き。

ひとつ前の記事の続き。

主人公の桂木桂馬くん。
彼は弱冠17歳にしてギャルゲ女子1000人攻略の偉業をなしとげ、その筋では「落とし神」と呼ばれている超・オタク。授業中もギャルゲに専念。とってもすがすがしいですねっ笑。

こう書くと他のオタクマンガの夢ラブコメとなんら変わりないじゃん、と思うかもしれませんが、特筆すべきは彼が「現実からの逃避としてギャルゲを選んでいるのではない」ということ。(個人的にはここらへんの描写がおしつけがましくなくてめっちゃ好きです。)

つまり彼は「完璧に理論的で美しい存在」としての2次元女子を愛し、今までの攻略を全てデータとして頭の中に入れている、突き抜けたオタク=天才(変態ともいう)なわけです。

『さよなら絶望先生』の万世橋くんの言葉を借りるなら「より二次元に積極的なだけだ!」

だから3次元女子相手にもおどおどしない。自信もたっぷりある。
更に勉強もパーフェクト、スタイルもいいし(174cm53kg)、あだ名は「オタメガ(ネ)」だけどイケメンだし、ギャルゲ以外興味ないように見えて実はかなりのお人よし。


…なんという高スペック…

このキャラ設定の時点で、読者の大多数と思われる「3次元の女の子に積極的になれない男子」や「自分に自信が持てない男子」が共感して(又は自分を重ねて)読むことはできないでしょう
かといってあまりの突き抜け具合(変態っぷり)に、彼を憧れの対象としてみることも難しいと思われます。

読者はこの話がフィクションであり、自分たちはその外にいることを強く意識せざるを得ないってわけです。

だけどもマンガの中では「現実にフィクションの方法論を持ち込んでしまう」ってことが行われてるわけで…。

この距離感。
なんだかわくわくしてしまうっっ

この設定を持ってきた若木先生はすごいと思います、ほんと

……久米田先生に「ん、まあ…」っていわれそうな文章になってしまった。
とにかく、わたしはこの「距離感」があるかぎりこのマンガがすきでいられる気がするのです。

…うーん、でもぶっちゃけ桂馬くんが私の好みど真ん中ストライクっつーのが一番の理由な気がしてきた笑。

変態系天才メガネ男子万歳っ!これでもっとオジサンだったらよりよかったんだけど笑。
とりあえずこれからも感想等かきたいにゃー

若木民喜先生の新連載『神のみぞ知るセカイ』がおもしろいっ!

藤田和日朗先生新連載『月光条例』開始の報をきいて『かってに改蔵』終了以来
約4年ぶりにサンデー購読再開を決意したわけなのですが…

ここで思わぬ伏兵がっ
若木民喜先生の新連載『神のみぞ知るセカイ』がすてきすぎる!

久々に大ハマリしそうな予感。

若木先生自身に関しても、
・デビュー以来10年以上連載無し(新コミ出身なのに…)
・京大出身(あくまで推測だけど学歴はかなり高いっぽい。)
訂正:京大出身で確定。公式で出ました。
コミックえもん!「神のみぞ知るセカイ」
>>若木民喜(わかき たみき)
1972年5月9日生まれ。大阪府出身。京大出身の高IQまんが家。趣味はゲーム、アニメ、音楽、スイーツ、サッカー等多彩。

・スイーツ狂(若木先生のブログ参照。)
・元ECD管理人
……完璧だ笑。

『神のみぞ知るセカイ』は端的に言うと「ギャルゲを極めたオタク高校生が現実世界の女の子を攻略しまくる」という話で、ぱっとみはオタクの夢全開の超ご都合主義ラブコメって感じ。

だけど。
何かが違う!!
無意識のうちに10回は繰り返し読んだね…
ここ数年週刊誌って絶望先生以外は流し読みだったのだけど
(というか若木先生の存在もこの連載のこともニュー速でスレがたって初めて認識したのです…)
何で私はこんなに『神しる』(と勝手に略すことにする。正式な略称ってないのかしらん?)にひきつけられるんだろう…

というわけで色々考えてみました。
私的に細かい素敵☆ポイントはたくさんあるのだけれど、一番の魅力は
「徹底的に読者に夢を見させて甘やかすストーリー展開のはずなのに、読んでいると自分が物語の外にいる(≒物語の解釈者である)感覚になる」というところでしょうっ!

基本的にマンガは(とりわけサンデーとかの少年向けは)「ストーリーや登場人物への感情移入(共感や憧れ)=面白さ」なものが多いように感じるんだけど、『神しる』はちょっと違う。

主人公の桂木桂馬くんのキャラ設定をみるだけでも、「感情移入」以外の面白さもねらっているのが良くわかると思います。

なんだか長くなりそうなので桂馬くんのキャラについてはまた次にっ…


追記
私は完全にメタレベルの話って思って『神しる』を読んでるわけじゃないです。
いわゆる「キャラ萌え」な要素と、外から見る(解釈する)感覚がマンガ作品内で融合してるっていうところが好きすぎるのですよ…自分の文章力のなさが恨めしい。

☆続きはこちら。
『神のみぞ知るセカイ』一回目の感想の続き。
☆コレ以降、妄想に近い考察をしながら読み続けてます…
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ

書きたいことを書いてみる

mixiにはなんか書きにくいし…
ブログも実は1個あるけど普通に友達もみてるから書けないことが多い。

というわけでひっそりブログ開設してみました。
自分が好きな物の感想が中心になると思います。
いつまで続くんだろう…

好きなもの(敬称略)。

久米田康治(出会いは小4の時。10年以上ファンやっています。うざい女ファン。)

維新派(卒論のテーマにしたくらいすき)

たま(解散直前にファンになって涙目)

東浩紀(動ポモ読んで衝撃受けたです)

大塚英志(佐藤友哉と動ポモからポロロッカした)

佐藤友哉(メガネ男子万歳!じゃなくてフリッカー式は高校時代私の心の支えだった)

ef(アニメが良すぎた。原作はまだ手を出してないです…)

……キリがないことがよく分かった、うん。
好きなものが多すぎるのも問題ですね。

とりあえずは絶望先生の感想と若木民喜先生の新連載の感想は毎週書きたいです。
[ 2008/04/15 01:28 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。