スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

おおばやしみゆき先生の『さくら前線』を読んでみました。

小学生の頃。
私はちゃおっ娘だったのでしたっ

当時のちゃおは他の少女誌と比べて大人っぽい&カオスな作品が多くて
(ウテナの漫画版とかぶーりんとか…)
マイナーな感じにあふれていました。今じゃ少女誌人気No.1で雰囲気がらりと変わったけど…

教室では圧倒的にりぼん、なかよしが話題の中心でオトナっぽい子で少コミ、といった感じで
私は肩身狭かったです…
ちゃお作品以外で読んでいたのはボンボンとサンデー…


CCさくらもジャンヌもセーラームーンですら読んだことが無いっ笑
(私のなかの最高変身ヒロインは『とんでぶーりん』の国分果林ちゃんで…)

で、そんな私の一番お気に入りのちゃおの作家さんがおおばやしみゆき先生でした。
好きな理由。
・コメディパートがうまいっ!
セリフの選び方とかテンポとかが好きで。

・感情描写がうまいっ!
基本的に恋愛ものが多いのですが…
恋以外の部分、友達とか家族とか学校生活とか
そういう細かい日常と恋愛感情の関わり方の描写が凄く丁寧で読ませてくれます。
感情の動きをさりげない会話で表現する。人間の嫌なところをきちんと書いてくれる。
ともすればシビアで説教臭くなりそうなテーマもさらっとやってのけます。

・絵と色使い、ファッションがすき。
ふわっとした絵柄おしゃれな画風なんだけれど、ファッション雑誌に載っているようないかにもな感じじゃなくて適当さ、雑さが出ていて。水彩っぽい色使いも好き。

・話をまとめるのがうまいっ
90年代の読みきりはほんとに名作多いですっ
悲しいかな打ち切り多いのだけれど、それぞれテーマがキチンと伝わってくる作品ばかり。

ちゃおの増刊に載った特別編や読みきりまでしっかりチェックしていた笑。
特別編は単行本未収録のものが多すぎて悲しい…
『泣いてもいいよ。』と『放課後チルドレン』の後日談すごくよかったのに。

しかし。
『放課後チルドレン』の連載が打ち切りっぽく急速に終わり…
(連載中何度も泣いた。そのぶん終わり方に全く納得いかなかったのでした。)
そのショックでちゃお購入を停止。
その後始まった『100万回きかせてよ』もチェックはしていたけれど????な感じで…

当時の????
・画風が連載中に激変。
種村先生のような感じ。目と横顔の書き方が明らかに子供っぽい感じに変わる。
徐々に変化という感じではなくホントにいきなり。
塗りも水彩からパソコンへ。

・ストーリーがストレート?になる。
例えばテーマが「恋愛もの」だと恋愛感情しか絡んでこない。
家族とのすれ違いとか、友達との関係とかとの絡みの上手さが醍醐味だったのに…
ギャグははさんでくるけれど今までのみたいに意味を持って感じられない。
設定やセリフもごくごく平凡なものに…

後々知ったことですが、ちゃおの雑誌としての路線変更とか連載作家としての危機感とか
様々な理由があったようで…

それ以後の作品も読んではみたけれどやっぱ受け入れられず。
作品をチェックすることもなくなっていきました。
今でも短編集とか『恋するタロット』『泣いてもいいよ。』『放課後チルドレン』は
よく読み返すんですけどね…


そんなおおばやし先生がちゃおを離れて連載する、と聞いて。
ちょっと期待しました。それが『さくら前線』で。
ちゅちゅはちゃおより対象年齢高めな感じらしいので、また前書いてたような
人間の嫌な部分、さらっと書いてくれるかなぁとwktk。

うーんでも、2巻まで読んだ限り、いまいち。
今流行の「かわいい悲劇の主人公」ものじゃないか。基本「恋」の部分だけだし…
おおばやし先生である必要性はあるのか??
なんて思ってしまって、最終巻が出るまで放置してしまっていたのでした。

で、今日6巻(最終巻)が出てるのを見て気まぐれによんでみた。
そしたら。
3巻から、「これぞおおばやし先生だっ」の連続っ
うれしいっ
こんなのだったら継続的に読んでおくんだった…

ストーリーはやっぱり誰かと誰かがくっつく、っていう恋愛漫画なんだけれど
その感情を整理していく過程とか
悩んで迷ってる、やさしい、かわいそうな主人公に対してムカつく、といえるキャラがいるとか
そういう人間関係が構築されているあたり、安心して読めました。
個人的にはやっぱり90年代の先生の作品のほうがすきだけどね…

『放課後チルドレン』でちらっと見えた親と子供の関係、
他人と自分の関係、
そういう部分(恋じゃなくて愛の部分)を掘り下げる作品をいつか書いてほしいなぁ
スポンサーサイト

さよなら絶望先生 第136話 感想(主に絶望少女たちの私服について♪)

第136話 「デモの意図」

読みましたっ

今回は私服だらけでうれしい限り。
ということで絶望少女たちの私服について感想詳しく書いてみます。
(元ネタとかはwikiがあるしねっ)

久米田先生は南国から順によんでみると絵柄だけじゃなく服の好みも変化しているのがわかりますっ
う~久米田先生作品とファッションの変遷も詳しく見て行きたいんだけどなぁ…
スキャナ無いから画像が載せれなくて今は断念してます。
来月のお給料でスキャナ買おうかしらん…

・サブタイトル
「デモの意図」
すーごーいっ
元ネタ(蜘蛛の糸)一発で分かる上にネタになってるっていう…
どうやったらこんなの思いつくんだろう。
なんというか、雑誌の読者投稿のネタを毎週濃度濃くしてやっている感じ。

・可符香ちゃんの横顔アップと全身4段ぶち抜き
最近、横顔のアップのとき、目にかぶさるようにまつげが。
より大正ロマン?昭和レトロ?な雰囲気が強くなっていますねぇ
アニメのレトロなセンスに影響されたのでしょうか?

今日のヘアピンは花。
マンガのキャラに頭ものつけると、記号っぽく、コスプレっぽくなりがちなんですが
ちゃんと可符香ちゃんの私物っていうのがわかる現実的なかわいさっ
顔、服、髪含めてバランスが凄くいいんだろうなと思います。

可符香ちゃんの服。
やっぱり全体的に「レトロ」な印象っ
これは服の柄とスクリーントーンを極力抑えた色使いにあるんだと思います。
改蔵の初期~中期の頃の女の子ぶち抜き絵と比べたらよく分かるっ
(改蔵ではスクリーントーン重ねまくり、フリル、レース、パッチワークを多用してて、90年代後半のラフォーレ原宿あたりの影響が色濃く見られますよっ)

このワンピの柄、音符の組み合わせでできているんですねっ
おそらく久米田先生オリジナルのテキスタイルっ
このプリント生地の服がシリーズで出たら私全買いしそうだ笑
どこかのブランドで久米田先生のデザインを起用してくれないだろうか笑
久米田先生のユニクロTシャツは出るのかしらん…

柄はレトロっぽいパターンなんですが、ボレロの形とかスカート丈が今っぽいです。
あとサンダルが凝ってるっ
今年いっぱい出てる踵の部分が付いてるやつですね。

レトロな雰囲気を保ちつつしっかり流行を取り入れている可符香ちゃんはかなりのおしゃれ上級者だっ

あと思ったんだけど、可符香って漢字かなりかわいい。

・「飛び石連休ですね」な可符香ちゃんに対抗して
「飛び石労働ですよ!」とネガティブ変換する絶望先生。
こういう言葉遊びにはやっぱりにやっとさせられますねっ

・労働者のデモ行進に遭遇する一行。
三段ぶち抜きで奈美ちゃん登場っ

うはぁ、かわいすぎるっ

先々週はミニワンピースにニーハイ、カチューシャで純乙女な良子ちゃんファッションで登場してたんですが、今週は一転してカジュアルなショートのサロペットに無地の半そで。
よく見ると胸の折り返し、後ろでばってんになっているであろう肩紐、大き目のボタンと凝ったつくり。
上がすっきり軽い分、足元はしっかりしたブーツを履いててバランスもばっちりです。
ここで足元にブーツを持ってくるあたりが『spring』『mini』読者っぽいかも。
完璧に着こなしてるなぁ…

・デモ行進にわくわくしてる?先生。
結構左翼系の活動に巻き込まれてますよね、絶望先生笑。
それにしてもk久米田先生は左翼教師にトラウマでもあるのかしらん笑

・「デモ行進」じゃ無くて「でも行進」
今週のテーマきました~
今回は言葉遊びが秀逸ですねぇ

テーマ自体が社会派っぽいのはめずらしいのだけれど
この言葉遊びがうまくて嫌味じゃない、と思えます。

改蔵のときはマニアックなオタネタ、絶望先生では時事ネタのインパクトが強くて忘れられがちですが、こういう「でも…」っていう消極的、優柔不断なこものっぷりを見事に表現してくれるのも久米田先生作品の醍醐味なわけで…

小心者日本人の「あるある」ネタとして割と素直に楽しめました。

・あびるちゃん登場。
三段ぶち抜き三人目っ
上の服の袖の形がかわいいっ
7分くらいで絞っててふわっとなっているタイプですね。
桂馬くんの舞浜学園の女子制服の上着袖と一緒です笑
スクエアになってる首のところからチラッとインナーが見えてるのがおしゃれですぅ

・反日デモ
反日ーっ!でも日本のアニメやマンガが大好きです とか笑
そうだよ、そうだよねぇ。
みんなみんなジクがぶれているのです
むしろぶれてないと人間っぽくない笑

・まといちゃん登場。
おおっ、最近優遇されてますねぇ
…と思ったらよこの電柱に「SZBH きをつかっている」とか「きものの真田」とか笑
反応早すぎです久米田先生。
さらに巻末コメントとあわせてよむとすごくさびしい気持ちになるとともに
アニメ絶望先生は本当に素晴らしい形で世に出たんだなあとしみじみします…

・ひとたび「でも行進」が起こると時として沿道の人人をも巻き込み…
やがては巨大な「でも行進」に!
某巨大掲示板では日常的に見られる光景ですね笑
どんどん話題がずれていく、論点がずれていくっていう…

・先生がデモを先導なすった!
一気に五輪ネタに笑
たしかにここまで大々的に政治がらみのネタつかったのはめずらしい。

・先生 社・会・派!!
予防線張らずとも笑
思想的主張はしてないし…
啓蒙的な意図もないし…
十分ギャグですよっ
というか「深夜のファミレスの話」をマンガにした感じっ

・マリアかわいいいいいっ
今回の落ち、いいなああああっ




[ 2008/04/24 02:21 ] さよなら絶望先生感想 | TB(0) | CM(0)










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。