スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイ第五話 感想

FLAG.5 パーティーはそのままに
最初からネタばれ全開で行きます
簡単な前回までのあらすじ、今回までのあらすじありです。


☆はじめに元ネタについて少し
読みましたっ
サブタイトルの元ネタはビートルズの『パーティーはそのままに(I Don't Want To Spoil The Party)』

ベイビー・ユー・アー・リッチガール→Baby You're a Rich Man(ジョン・レノン)
ドライブ・マイ・カー→Drive My Car(ポール・マッカートニー,ジョン・レノン)
パーティーはそのままに→I Don't Want To Spoil The Party(ジョン・レノン)

と、美生様攻略編のサブタイトルは全てビートルズ縛りでしたっ

このサブタイトルビートルズ縛りといい、戦闘メカザブングル
(FLAG.4の251ページ頭の三人娘。左からチル、エルチ・カーゴ、ラグ・ラウロかなぁ?
一番左の子に自信がありません…チルかなり等身低いしゴーグルだし…)といい
分からなくても流せるレベルで小ネタを入れ込んでくる若木先生。

今回(FLAG.5)も1ページ目2コマ目に
『機動戦士ガンダム』のガルマ・ザビとイセリナがいますよ~
今週はザブングルよりかはわかりやすかったです笑

1ページ目、擬音がドレミになってるのはいめあるのかしらん?

美生様の名前も何かひっかかるなぁと思って調べてみたところ
カクテル・ソフトの18禁ゲーム『きゃんきゃんバニーエクストラ』
青山美沙生っていう母子家庭わがままお嬢キャラがいるんですねぇ
これが元ネタなんじゃぁないでしょうか?

きゃんきゃんバニー=きゃる~ん☆
レベルの知識しかなかった私には全然わかりませんでしたっ汗
世の中って知らないことがたくさんあるなぁ…


☆前回までのあらすじ
わがままなお嬢様青山美生が2人目のターゲット。
先手必勝、初めの出会いで告白という作戦を実行した桂馬くんですが、失敗に終わります。
実は、美生様はお父様が亡くなって以来借金生活になってしまっていたのでした。
桂馬くんは次の作戦を実行。美生様に近づくため専属運転手として(但し自転車)お仕えし、
美生様の「お金持ちとしてのプライド」、「お金持ちとしての生活」を守る手伝いをします。

初めは桂馬くんに対しても「庶民」と「金持ち」の線引きをして、冷たく接していた
美生様ですが、二人でいるときは次第に笑顔を見せるようになってきました。
しかし、美生の心のスキマを完全に埋める(つまりキスする)までには何か足りない。
そこで桂馬くんは美生様をセレブパーティーへ連れて行くことに…


☆今回のあらすじ
美生様を強引にパーティーへ連れてきた桂馬くん(とエルシィ)。
裏庭で桂馬くんにダンスの手ほどきをしていた美生様。
案の定、他の参加者から馬鹿にされて怒り心頭な様子。
そこで桂馬くん

「…もうやめませんか?」
「お父様も…もう満足されてますよ」

そう、美生様が頑ななまでに「金持ち」としての振る舞いをやめなかったのは
死んだお父様を忘れないためだったのです。
パパの教えを守っている限り、パパは私のココロでいき続ける。
そう信じているからこそ、金持ちのフリを続けてきた美生様ですが…

「お前が…お前が来てから…」
「パ…パパがどんどん小さくなっちゃうよう…」


「それでも!!ボクは君の心に住みたい!!」

美生様に対して
「パパの教え」か「ボク」かどちらを選ぶか強気、熱烈に迫る桂馬くん。
美生様、パパがいなくなることに戸惑いながらも、ちょっと強引にキスされてしまいます。
緊張の糸が途切れたようになきじゃくる美生様。

エルシィも駆け魂勾留に成功!

エピローグ。記憶は消えてしまったけど、お父さんのことも吹っ切れた様子。


☆今回のポイント
「庶民」と「金持ち」の線引きをする美生様とそれを崩そうとする桂馬くんの攻防。
そして、死んだお父さんにお線香ひとつあげない「いけない娘」な美生様。
なぜ、美生様はそこまで頑なで、いけない娘なのか。
今回はその理由を桂馬くんが解き明かして美生様の心のスキマを埋めますっ

推理漫画の解決編にあたりますねっ

今回は
「桂馬くんの男らしさ、聡明さ」
が一番のポイントでしょう!

当然、嫉妬するエルシィやココロが桂馬くんでいっぱになっていくことに動揺する
美生様も文句なしにかわいいんだけど…

あゆみんの時のキザで余裕たっぷりな告白と違って
今回はあせっていて、熱烈で、ちょっと強引なキス。
最高じゃないかっっ!!
これから毎回いろんなパターンの女の子と桂馬くんが見られると思うと
うれしくて吐きそうです…


今回は全てのコマ、セリフ、テンポが良すぎて書ききれませんっ汗

不審者に間違えられる可能性が高いため、立ち読みはお勧めできませんっ笑
サンデー買ってアンケート出しましょう!ぜひ!!

出し続けるとプレゼント当たることもあるよ
昔GBAをもらったことがあります笑

来週はセンターカラーですよっ!








スポンサーサイト

第32回講談社漫画賞 受賞作決定!とかキムタクとかいろいろ。

☆講談社漫画賞決定!
去年、『さよなら絶望先生』が少年部門を受賞した講談社漫画賞。
受賞作が決定しましたよっ

講談社漫画賞 受賞一覧より抜粋

・児童部門  PEACH-PIT 『しゅごキャラ!』

・少年部門  田中 モトユキ 『最強! 都立あおい坂高校野球部』 (少年サンデー)

・少女部門  椎名 軽穂 『君に届け』

・一般部門  石川 雅之 『もやしもん』


小学館漫画賞で、サンデー&マガジンコラボの影響か『ダイヤのA』が受賞になったので
(少年マガジンの作品が小学館漫画賞受賞って例は今までありませんでした)
きっとサンデーの作品がくるだろうなとは思ってたんですが…
まさか「あお高」とはっ!

田中モトユキ先生の作品は、キャラの表情や絵の見せ方が魅力的で
多少強引な展開、ご都合主義な展開でも、読者を説得させるような勢いがあります。

かといって目立つ位置にいるわけでもなく。
地味な中堅どころ、といったサンデーらしい笑、立ち居地の作品なので
正直漫画賞受賞になるとは思っていませんでした…

アニメ的にも考えて『ハヤテ』か『絶チル』だろうと思ったんだけどなぁ
二人とも久米田先生と縁が深いくてネタになるし笑

児童部門のPEACH-PIT さんは久米田先生ファンって公言してたなぁそういえば。

☆『神聖モテモテ王国』幻の7巻発売?
コミックパークでオンデマンド方式らしいよー!

コミックパークといえば、ボンボンの過去作品をいくつも再販してて個人的にお世話になっています。
山中あきら先生の『おきらく忍伝ハンゾー』なんかは新規書下ろしも…

あと、注目すべきはじゅきあきら先生の『海の大陸NOA』!
じゅき先生の病気、という理由で一時休載の通知、
そしてそのまま音沙汰なし…

だったのが、単行本未収録分含めてコミックパークで復活!
それが思いのほか売れたため、じゅき先生はボンボンに呼び戻され
なんと8年ぶりに連載再開っ!
という奇跡があったわけですよ。
(ボンボン廃刊の今はMiChao!でWeb連載中。大体月1更新です。)

キムタクも期待せずにはいられないっ!!

☆追記しました。
とても個人的な久米田康治先生関連のメモ1
『神聖モテモテ王国』あたりの元ネタ追記。

「神のみぞ知るセカイ」はなんで面白いんだろう?と考えるためのヒント集
リンク1つ追加させていただきました。
















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。