スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「神のみぞ知るセカイ」単行本が読売新聞夕刊で紹介されました

若木先生のブログでも言及されてましたが、読売新聞の夕刊で(しかもカラー)「神のみ」が紹介されてたみたいです。私は実物買えなかったのですけど涙、画像アップしてくれた方がいらっしゃったので紹介しますっ
漫画以外の雑誌や新聞で紹介されるのはコレで2回目(1回目は7/22発売のSPA!)かな?

http://gedo.newsplus.jp/bbs/moepic/img/1215523428/502.jpgより
yomiuri

【若木民喜】神のみぞ知るセカイFLAG26【サンデー】より
978 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [age] 投稿日: 2008/10/29(水) 20:17:45 ID:4Pe0fedg0

読売新聞 2008年10月29日(水)夕刊
(本よみうり堂 コミック館)新刊

『神のみぞ知るセカイ』①②  若木民喜著
 地獄から抜け出した悪人の霊魂を捕まえるため人間界にやってきた悪魔エリュシア。
女性の心に隠れるこの「駆け魂」を追い出すには恋をさせるのが一番。
協力者に選んだ高校生・桂馬は、恋愛シミュレーションゲームの達人で………
ゲームの攻略法で現実の女性を口説こうとするドタパタ劇に爆笑。
二次元の美少女にしか興味がない桂馬のこだわりも徹底している。
(小学館、各400円)

http://gedo.newsplus.jp/bbs/moepic/img/1215523428/502.jpg
http://gedo.newsplus.jp/bbs/moepic/img/1215523428/501.jpg
読売新聞 2008年10月29日(水)夕刊
(本よみうり堂 コミック館)新刊

内容的にはSPA!のレビューのほうが濃いですけど、やっぱり新聞に載るってのは衝撃的ですね…
職業柄、読売の記者さんとも付き合いあるんですけど、夕刊は管轄外らしくて確保できませんでした涙。
スポンサーサイト

神のみぞ知るセカイFLAG27 感想とか元ネタとか

FLAG27「3人でお茶を。」
よみましたっ
一応神のみぞ知るセカイFLAG27 感想速報版の完成版となっております。

今週はハクア編エピローグ。今までは攻略した女の子が記憶失っちゃうためにエピローグっぽいものは皆無だったわけですが(歩美編は「記憶失う」設定説明のためにあったけど)、今回は1話使ってたぷりと。先週はエルシィの本領発揮でしたが、今週はハクアの魅力がたっぷりと詰め込まれております。

「女子的プライド」のわだかまりが解けたハクアは、普通に素直でカワイイっ!!エルシィとの親友っぷりも見せ付けてくれますが、なんといっても桂馬への好意まるだしなところがいいです。

というわけで、今週の見所は「本来の素直なハクアのかわいさ」に違いないのですが、気になるのは「桂馬の鈍感さ」。鈍感主人公は90年代ラブコメのテンプレだよっていわれたらそれまでなんですけど笑、なんせ若木先生の作ってるセカイですから。駆け魂狩りではエスパーみたいに女の子の気持ち理解してるのに、攻略外でここまで鈍感なのは背景があるはず。私なりに「桂馬の鈍感さ」について考察してみます。
それにプラスして、今回のドタバタコメディ展開の上手さとかも見ていけたらなと。

☆サブタイトル
「3人でお茶を。」
元ネタは「Tea For Two」(2人でお茶を。)ですね。元はアメリカのミュージカルですが、映画版が非常に有名です。甘甘なラブコメディ作品。
「Tea For Two」というのは劇中で歌われるデュエット曲の曲名から取られました。

Just tea for two and two for tea
Just me for you and you for me alone
「二人っきりでお茶を飲むんだ
僕には君だけ、君には僕だけで誰もいない
そこでわれわれの家庭を育て上げよう」


このサビはあまりにも有名。オールディーズのコンピアルバムなんかには必ず入ってる定番中の定番です。知らない人は映画でも見てみましょうっ。

☆ポイント1:ハクアの可愛さはハクアの素直さ
「フン、こないだ私にさんざんエラそうにした罰よ。」
ハクアはいわゆる「ツンデレ」ではくくれないですね。言動も「好きだけどつい悪口いっちゃう」系じゃなくて、純粋に「気になる男の子をいじめるのが楽しい」感じ。言葉でははっきり言わないけど、行動としてはエルシィがすぐ気付くくらい素直に動いてますっ笑
「始末書なんて1人でもつくれる」けど、来たのは桂馬に会いたかったから。
桂馬との距離もめちゃくちゃ近いし笑。
本編でははっきりここれてないですけど、例のモザイクシーンの誤解もしっかり解いたみたいだし。
先週まで、プライドが先行しすぎてちょっと高圧的な雰囲気があったハクアですけど本来はこんなに素直で元気な子だったんですねっ。

☆ポイント2:桂馬の鈍感さの背景にあるものは、絶対的価値観
こんなふうに、桂馬への好意まるだしのハクアですが、桂馬はまったく気付いてない…
エルシィはハクアとの付き合い長いとはいえ、すぐ気付いたのに。女の子攻略時とはえらいちがいですな。

ここで思い出されるのは、楠編。主将は桂馬の「かわいい顔」にときめいていたにも関わらず、桂馬は「軟弱なもの」に惹かれている、と解釈してたこと。誤認識、どうやって改めるんだろう…と思ってたら、そのまま楠主将攻略しちゃって、あれ?とひっかかってたんですが…
どうやら桂馬は1話の価値観を貫いている、つまり「オタメガネ」として3D世界で自分のスタンスを通してるようです。
「そして…現実(リアル)もそれを望んではいない!!」(注:それ…恋すること)
は未だに桂馬の絶対的価値観なのね。ハクアは攻略の理論抜きに桂馬に好意を抱いてるのに、桂馬にはまったくそういう価値観がないので、理解できなかったわけです笑。ハクアといい、楠といい、攻略抜きに桂馬が気になるって女の子ってこれからどんどん出てくるんじゃないかなぁ?それに桂馬が気付くか、否か。この過程で攻略済みの女の子(あゆみんとかあゆみんとか!!)出てきてくれたらうれしいんですけど。

☆ポイント3:エルシィは「あくまで妹」でありつづけるのか?「高原歩美は桂馬の嫁」派としての危機感
ワタクシ、「あゆみんは桂馬の嫁」派として非常に危機感を抱いております。桂馬の「そして…現実(リアル)もそれを望んではいない!!」な価値観を唯一崩しにかかってると思われるのがエルシィ。なんたってエルシィは桂馬に「無意識のうちに、攻略ルートを考えさせている」んですから…FLAG27読んで、ますますこの事実が重くなってきたよー。いやいや、でも伝説のBMW(ブラッド、メモリー、ヲ兄ちゃん萌え)がある限り、桂馬にとってエルシィは「あくまで妹」なはずなのだっ!と自分をごまかしてはいますが…。妹的存在が恋人になるって展開は鳴沢唯を例に出すまでもなく正統派なストーリー。最近では妹がそのポジションに甘んじてライバルに負けてしまうefの新藤景みたいなのもあるけどさぁ…。うー不安定になってきたよっ。

☆ポイント4:ドタバタコメディとしてのつくりの上手さと、神のみに潜む批評っぽい視点
「なんだ、この90年代ギャルゲーレベルの会話は!!つきあいきれん」
キャラ同士の掛け合いの面白さ、そして着実に伏線張りつつ話をまとめる計算高さ。この2つの相乗効果でコメディの質を高める。スタンダードですけど、00年代の今コレをやると昔の人気作の焼き直し、「ご都合主義」なコメディになってしまってどうにもならんことが多いんですが、「神のみ」はこのスタンダードを見事にやりきっています。90年代のコメディの名手(漫画だと高橋留美子先生とか、ゲームだと蛭田昌人氏とか)の影響は見られるけど、確信的に使っているっぽいですよね。

プロになって、あだち先生や高橋先生と同じ雑誌に載るということは、「これに関しては、あだち充先生と論争できるぞ」「これに関しては、高橋留美子先生に教授できるぞ」と、言えるだけの自信と背景が必要なんです。 しかも、そのネタが、留美子先生も耳を傾けてしまうほど面白いということも大事な要素なんですが(笑)。 そして、「これに関しては、オレはこんなに素晴らしい」と「説得」できることが必須です。 素晴らしい価値観があって、それを説得する能力も必要というわけです。
(中略)
だから、とにかく全コマに自分の好きな物を描けば、それがさすがに伝わるんじゃないかと思うんです。 価値観さえハッキリしていれば、テクニックとか、ページ数とかはどうとでもなります。 価値観っていうのは、どれだけ薄まっても、1個のセリフ、1個のコマで凝縮できると思います。

プロが語るまんが秘伝!!《若木民喜先生編・4》より

若木先生がインタビューで語ってるとおり、若木先生には確固とした価値判断基準があるんですね。だから他人が読んでおもしろい、書き手の主張が伝わる批評が書けるんだなぁと納得。自分の価値観を全て漫画にこめている故に、先生が描くコメディは過去の作品(及びキャラクターや属性)の批評としても読めてしまいます。だから私は毎週毎週こんなにじっくりよんでしまうんですよぉおおお…

☆小ネタの元ネタとか
長くなったので別記事にします…
☆今回の煽り
扉真ん中
―新たな関係組み立てます。―

扉下
☆単行本(コミックス)2巻絶賛発売中。サンデー読者の方は必ず手に入れましょう☆
☆は本誌ではハートです。

1ページ目柱
■長かったハクア編も終わり平和な日常が…アレ?

18ページ目柱
■いろいろな波紋を残しつつも、とりあえずハクア編は終了です!!次号より新シリーズ開始だよ☆
☆は本誌ではハートです。

☆巻末コメント
Q.自分の中で、世界最強だと信じる人を教えてください。
A.あの頃の俺。

…若木先生笑。どんなに「最強」だったかは上で引用したまんカレ通信のまんが秘伝インタビューを読んだら分かるかと思います。
プロが語るまんが秘伝 part118●若木民喜先生 PART1
プロが語るまんが秘伝 part119●若木民喜先生 PART2
プロが語るまんが秘伝 part120●若木民喜先生 PART3

神のみぞ知るセカイFLAG27 感想速報版

FLAG27「3人でお茶を。」
☆前回の感想はこちら。
神のみぞ知るセカイFLAG26 感想とか元ネタとか
そうか、ハクア編サブタイトルの元ネタは名劇のアンだったのね…。私もまだまだ読みが甘いです。
☆巻頭カラーについてはこれもおもしろかったのでよかったら。
「神のみぞ知るセカイ」FLAG26の表紙&巻頭カラー製作過程について
☆それ以前の感想や神のみ情報はこちらからどうぞ。
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
☆画像付き完成版は木~金にになります。

よみましたっ
ハクア、前回の駆け魂騒動ですっかりくったくなくなって…笑。やることいちいち「女の子」で、んもーーー(はぁと)頭なでなでしたくなりましたわっ。

☆今回の見所
キャラの表情や行動で感情を描くのがうますぎー!!前回はエルシィ、今回はハクアの魅力を存分に見せ付けてくれました。ハクアの気の強いところ、賢いところ、だけどちょっと抜けてるところ、友達想いなところ、すべてを説明的なセリフやモノローグなしで描ききる。全てのコマとセリフがいとおしい。

駆け魂狩りには「恋愛」以外の方法もあること(むしろ恋愛は亜流っぽい)、駆け魂は6万匹いること、駆け魂隊の人数もそれなりに多いこと、など新設定も語られてます。

☆やっぱり良質なドタバタが好きっ
桂馬も指摘してたけど笑、台詞回しとかいかにも90年代ギャルゲ…っていうよりも蛭田昌人っぽい雰囲気ですにゃー。(まさかのモザイクシーンが入ったからそんな風に思ったのかもしれませんがっ笑)
こういう、セリフとテンポの上手さでみせるドタバタってスタンダードですけど00年代に入って少なくなってきた印象。(今やっちゃうと、よっぽど上手くない限りただの焼き直しにしかならないから。)
やっぱり神のみは貴重やっ。

☆個人的な思い出まで触発された渋いサブタイトル
サブタイトル、また渋いなー。「Tea For Two」(2人でお茶を)が元ネタですな。50年代アメリカミュージカルラブコメディの名曲です。映画のほうが有名ですね。
スイーツみたくあまーい歌詞の曲で、こっちが赤面しちゃいますな。サビのこの歌詞はあまりにも有名。

Just tea for two and two for tea
Just me for you and you for me alone

「二人っきりでお茶を飲むんだ
僕には君だけ、君には僕だけで誰もいない
そこでわれわれの家庭を育て上げよう」


…個人的にこの曲、結構思い入れありまして恥ずかしさ倍増。当時大好きだった指揮者の先輩が合唱編曲して、私も歌ってたんですな。先輩に褒められようと必至に練習してたなぁ。(今でも暗譜してるよ…笑)先輩に彼女ができたときは大泣きしたよ、悔しくて悔しくて。…なぜにあんなに好きだったのか今になっては全く分かりませんが笑、まぁ若気の至りということで、1つ。

☆鈍感な主人公はラブコメの基本です
「始末書なんて1人でも作れるわ!!バーカ。」
ハクアは直接言葉に出さないけど、行動の上ではけっこう素直ね。エルシィですらハクアの気持ち丸分かりというのに、桂馬はお決まりの鈍感っぷりですよっ。攻略中、女の子の気持ちを読みまくるあんたはどこに行ったんだ、どこに笑。

☆バーチャルPFP…
若木先生、レアゲーム機好きねぇ。バーチャルボーイ、絶望放送でも話題になってましたが笑、PC-FX以上にあっという間に消えた気がする。私は「飛び出せ!ぱにぼん」(だっけ?)やって酔って以来このゲーム機にはふれておりませぬ。

☆最後に蛇足。
・まーたサンデーの懸賞当たった…マガジンも含めると、1ヶ月に1、2個のペースで当たってるような。これはデコレーションハガキの力なんだろうか。しかしこんなのもらっても使い道ないんだけどなぁ…(100名に当たるというウォールポケット)PSP当たらないかなぁと思って毎週ゲーム機か音楽再生機希望してるのに、当たるのは特に希望していないもの。
・マガジンの小林まこと先生の青春少年マガジンが…心に重くのしかかってきて何度も読み返してる。無駄な泣き演出がないのが余計につらい…。

藤木俊先生「あかね☆スターダム~御川高校超新聞部 密着取材記~ 感想とか

サンデー超読み切り 「あかね☆スターダム」
あかね①
☆藤木先生のブログで今回の読みきりについて裏話が。
藤木屋:あか☆すた発売

☆いつもお世話になってる(というか私が一方的にコメント残しまくってる…笑)DC2さんのブログでも紹介されております。私のよりよっぽど簡潔で読みやすい紹介だと思うのでぜひっ。
凡人には知りえないセカイ:あかすたおもしれぇ

よみましたっ
ああもうっ、やっぱり藤木先生の漫画大好きですよぉおお!!
最近ずっと「神のみ」ばっかりでしたけど、今回は藤木俊先生の魅力をしつこく語ろうと思いますっ笑。

☆ネタよりもストーリーよりも、「舞台」のリアリティ
学園コメディパートも、バトルパートもテンポよく読める。藤木先生の作品はそういう評価受けることが多いんですけど、その根幹って作品の舞台のリアリティにあるのだと思うのですよ。今回も舞台となってる高校の校風や生徒の雰囲気、授業の様子が重さをもって感じられるのです。直接誌面に書かれている訳じゃない、言葉で語られているわけじゃない、それなのに「伝わってくる」ものがあるのですっ。
超新聞部、なんてものすごく突飛な設定ですが笑、それを受け入れてしまう「舞台」がきちんと用意されてる。特に「御川高校」は藤木先生の連載作「こわしや我聞」の舞台にもなっていたこともあって、先生の学校への愛情が感じられます。
コメディには「ネタ」も「ストーリー」も勿論大事。だけど私はそれらが展開される「舞台」に愛情が注がれている作品こそ、大切に読むべき価値があると思ってます。

☆今回は「ヒロイン」追っかけコメディ。藤木先生流「お色気」を堪能してみる。
抜群にカワイイ女の子と、島本先生ばりの暑苦しい「漢」を同じ漫画内で描いてしまえるのも藤木先生のすごいとこですが笑、「あかね☆スターダム」はそこを前面に出してる感じ。

御川高校の超新聞部は、自分たちで新聞の1面を飾るスターを作りあげてしまうという、めちゃくちゃ強引な新聞部。部員3人もホント濃いい漢たちです笑。
そんな彼らの今回のターゲットは、ちびっ子で柔道部1年生の八倉あかね。引っ込み思案であがり症の彼女を柔道の試合で勝たせるため、超新聞部のセクハラ三昧の特訓が始まる…

てなストーリー。ちなみにあかねちゃん、Dカップだそうで、とにかく「おっぱい!おっぱい!」が強調されております笑。こういうお色気路線って藤木先生にしては珍しい。だって裸までかいてるんだもんねぇ…。それでも、超新聞部という熱血野郎の存在によっていやらしさが吹っ飛んでおりますっ。このバランスはさすがとしか言いようがないですっ。

「強いやつ、才能あるやつが勝つのは当たり前だ!!どこがおもしろい!!」
「弱いやつが強くなる!この逆転劇がおもしろいんだろーが!!」
「オレ達が書きたいのはそういうおもしろい記事だ!!お前が目指すものもそうじゃないのか!?」
「違うか!?」
「違うか、八倉あかね!!」

どーですかっ!!どーですかこの熱さっ!!
…しかしコレが語られるのがあかねちゃんの入浴中というのがナンとも…笑。


☆お色気シーン満載でも、やはり「頑張る少女」の成長劇なのだ。
もうひとつ、おもしろいなぁと思ったのが「超新聞部」の存在によってあかねちゃんの可愛さが客観的に表現されてるということ。そりゃ彼らは「あかねちゃんの可愛さを伝える」のが目的なわけですから当然ですな。

「あがり性とか!!涙目でうーとか言われたらも――!!」
「く――!!今の顔撮りたかった――!!」
「メモっとこう!かわええのう――!!」


などなど。あかねちゃんの「可愛さ」が描写されるたびにそれに対する彼らの評価が入るので、読者が恥ずかしくなりません笑。むしろ笑いになってますっ!!
なんというか、某オニデレとか恥ずかしくてマトモに読めない(あれのキャラの可愛さは凄いんですけどねっ)私のような小心者としては、ほんとうに心地よいバランスなんですよ、女の子の可愛さと無駄な熱血さが。

そして、お決まりなんだけどクライマックスのあかねの逆転劇は必見です。やっぱり藤木先生は「帯ぎゅ」の血を引いてるなぁと実感しました笑。


☆「こわしや我聞」ファンにとっては懐かしい人物もちらほらと…
ちびっ子三つ編みメガネな御川高校のリン会長がなにげに出演してたことでもうめちゃくちゃうれしいっ
ということは、時系列的には我聞たちが在学中の話ってことになるんでしょうね。

☆最後に
藤木先生が「こわしや我聞」最終巻のあとがきにこう書かれていました。

「我聞たちのお話はこれで終わりですが、彼らの人生はまだまだ続き、きっと家族も増えていくことでしょう。そんな我聞達の人生の“親父が帰ってくるまでの間”をきりとった、それだけの小さなお話がこの作品です。」

この言葉通り、藤木先生が描く作品世界にはもっと先がある、もっと別の視点があるって思わせてくれるだけの力があります。先生が描き出す世界をもっとみてみたい、もっと堪能したい、今回の読みきり読んでますますそう思いました。

若きあゆみんの悩み①

エロパロスレに投下したにも関わらず、エロ無しの桂馬とあゆみんSS。
トップにおいとくのは…なのでこっそりと。
つっかえつっかえな文章ですがよろしければどーぞ。


若きあゆみんの悩み①
私は、独りで泣いていた。
わけもわからず、ただひたすらに。
ココロに闇がじわじわ広がっていくのが分かったけれど、独りじゃ、何にもできないにきまってるよ。

…独り?
いや、ちがった。すぐそばに、人の気配。
すがるように手を伸ばした瞬間、頬に何かが触れた。やさしくて、やわらかくて、あたたかい感触。キス、されている。キスで、涙をぬぐわれている。

おそるおそる顔をあげる。やさしく微笑んだ目が私を見つめていた。
冷え切っていたココロの温度が一気に上昇。トク、トク、トク…
心臓の音、早くて、大きい。彼に聞こえてるんじゃないかってくらい。

「歩美。」
また、不意打ちだ。名前、呼ぶなんて。
これ以上私をドキドキさせて、どうする気なんだろ…?
きっと耳まで赤くなってる。恥ずかしいな。苦しいな。嬉しいな。

お返し、じゃないけれど。
私も彼をじっと見つめてみる。
すらっと伸びた肢体。さらさらの髪の毛。透き通るような白い肌。私にキスした、唇。
まるで…王子様だ。

眼鏡もかけてないけど。こんな優しい顔なんてみたことないけど。
ましてやキス、だなんてっ!!
でも、認めるしかない。王子様は、オタメガ―桂木桂馬―その人に間違いなかった。

「ね、よかったらさ、もう一回…私の名前、呼んでくれる?」
あくまで平然を装って聞いてみる。
微笑んだまま、私を見つめたまま、彼の口は再びひらかれた…。


続く→若きあゆみんの悩み②
[ 2008/10/27 20:37 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(0)

「神のみぞ知るセカイ」FLAG26の表紙&巻頭カラー製作過程について

神のみぞ知るセカイFLAG26 感想とか元ネタとかに書くつもりでしたが長くなりそうなので分けました。

今回のカラー、若木先生のブログで製作過程が少しずつUPされてました。こういうの、なんだかワクワクしますねぇ。

まず、表紙の悪魔の羽つきエルシィの影付け。
9/20:コミスタは頼もしい。
>>今回から影付けまでをコミスタでやってから、フォトショに移行することにした
とのこと。
表紙は最終的にこうなっていました。
FLAG26⑦

そしてカラー1ページ目の一人ぼっちエルシィ。
9/27:仮眠から帰還
まさかコレが巻頭カラーだったとは笑。
FLAG26⑤

若きあゆみんの悩み②

若きあゆみんの悩み②
「おい、高原。」
…へっ??
さっきは、「歩美」って言ってたよね??
しかもすごくぶっきらぼうな言い方だし。さっきの甘さはどこに行ったのさ。
あれ?よく見たらメガネしてる…。ゴシゴシ目を擦って、もう一度見てみたけど、やっぱりメガネだ。
「あ、あのさ…今日、メガネかけてたっけ?それに何でいきなり名字?」
「何、ねぼけてるんだよ。2時間目もう終ってるぞ。」

…へっ???
に、2時間目????
思い出せ、思い出せ!!えーと、2時間目の最初に英語のテスト返ってきて、案の定最悪の点数で、落ち込んで、机に突っ伏して…そのまま、寝ちゃってた…。

ってことは、さっきの全部、夢ってことぉ?!なんて夢見てんだ、私っ!!
みるみるうちに顔が赤くなって暴れだした私を、不思議そうな顔で見ながら言い放つ。
「授業中に消しゴム飛んできたんだ。おかげでゲームのボタン押し間違えそうになったんだぞ。いつまでたっても取りに来ないと思ったら…。」
…寝てるうちに飛ばしちゃったんだ。

消しゴムを私の机において、さっさと席に帰ろうとする。
こ、こいつ…!!人が真剣?に恥ずかしがってたと言うのにっ!!
怒りと恥ずかしさにまかせて左腕をつかんだ。また心拍数があがった気がするけど、きっと気のせい。
「何?ゲームで忙しいんだけど。」
「ゲームゲームってさ…確かに居眠りして消しゴム飛ばしちゃったのは悪かったけど、その言い方はないでしょーーー!?」

私の言い分なんか耳に入らないみたいで、机においてあった紙を拾い上げてぼそっと一言。
「授業中寝てるからこんな悲惨な点数になるんだろうな。」
「あ、あんただってゲームしかしてないじゃないのーー!!点数だってきっと…」
片手には100点満点の英語のテスト。勿論名前は桂木桂馬。
「ううぅぅぅ…もういい!!桂木のバカーーー!!!」
つかんでた腕を力任せに振り切った。勢いで桂木の体が机にあたったみたいだけど、知るもんか。
あんなやつ!!ドキドキして損した!!!

続き→若きあゆみんの悩み③
[ 2008/10/26 20:42 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(0)

今週書いた記事まとめ(10/20~10/26)

今週書いた記事のまとめ
おおっと、まだ「神のみ」2巻の加筆修正が完成してないぞ…汗

☆お知らせ
・FLAG26完成版更新しました…が、まだ途中です。カラーページに関しては分けようかしら。
・藤木俊先生の「あかね☆スターダム」略してあか☆すた笑、期待を裏切らない素晴らしい作品でしたよっ!!「神のみ」カレンダーついてますし、是非かって読んでアンケートをっ!感想記事作成中です。
・全国合唱コンクール、このブログによく来てくださる方の大半は興味ないと思いますが笑、いってきました。高校生が舞台で歌うってだけで無条件で良いね。

☆ひそかに人気(なのか?)な記事の紹介
最近アクセス数が増えているのも「神のみ」のおかげだと思うんですけど、なぜか拍手数多いのは「神のみ」関係ないこちらの記事。
後ろ向きにハイテンション…佐藤友哉と久米田康治と
久米田先生とユヤの共通点を語っております。
佐藤友哉、通称ユヤたん。メフィスト賞出身、「戦慄の19歳」というキャッチコピーでデビューした小説家さんで島本理生の嫁…もとい夫(離婚したりしてないよね…?)のヒネクレメガネ男子です。久米田先生好きな人は読んで損ないと思う。言葉のリズムが最高に良いです。

10月20日
☆桂馬の愛機、PFPのもと機種だと思われます。
こっちのセカイでは最早前時代の遺物ですが。
PC-FXという大昔のゲーム機があります。ギャルゲに特化したマニアックなゲーム機でして、90年代後半には姿を消しましたが…どうしても欲しくって買ってしまいましたよっええ。同級生2は面白いねぇ。「神のみ」ファンならやって損はないと思う。

10月22日
☆祝!神のみぞ知るセカイ表紙&巻頭カラー&ピンナップ
神のみぞ知るセカイFLAG26 速報版
定例の速報版。アンケートも神のみフィーバーだったので、項目全部載せております。

10月23日
☆桂馬の「孤高」な感じと、「ゲーム馬鹿」な部分、そのバランスが好きです。
「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~
果たして感想になってるのか笑。かのん編と栞編の完成度高すぎ。対照関係になってるのも面白いです。FLAG1の衝撃はすごかったけど、話としては栞編、かのん編が好きです。

10月24日
☆エルシィの魅力、そして3人の信頼関係がよくわかる良回でした。やはりただのラブコメでは終りませんな。
神のみぞ知るセカイFLAG26 感想とか元ネタとか
まだ追記中ですが、一応本編は全部かいてます。画像も入れました~

若きあゆみんの悩み③

若きあゆみんの悩み③
「おにーさまぁ、大丈夫ですか!?」
騒ぎを聞きつけて、エリーがやってきた。かわいいかわいい妹とラブラブしとけばいーんだ。ふんっ。私には関係ないもん。夢だって、単なる偶然よ偶然!!

ふと、机に置かれた消しゴムに目が留まった。そういえば、なんで桂木はコレが私の消しゴムだって分かったんだろう?名前書いてないし、私の席はあいつの斜め後ろだからどこから飛んできたか見えないだろうし。

「うーん、喧嘩するほど仲が良いってか。」
「何気に一発で歩美の持ち物だって見抜いてたしねー。」
いつのまにか現れた京といづみが好き勝手なこといってるっ!
「そもそもオタメガが他人に声かける事自体珍しいよね。」
「そうそう。エリーと歩美くらいだよ、オタメガとまともに話してるのは。」
「歩美だって最近掃除時間の前、生き生きした顔してるしねー。」

…けど当たってる。あいつと話してると、なんでかわかんないけど、楽しいんだ。だけど私の場合は掃除場所が一緒だから話す機会があるってだけで…。
なんて考えてたら、京がにっこり笑ってささやいた。
「歩美、うっかりしてるとエリーにオタメガとられちゃうぞ!とりあえず、消しゴムのお礼とお詫びくらい、きちんとしてきたら?このままじゃ気まずいでしょ。」
…エリーに取られちゃうってのはおいといて。
「うん、掃除の前に謝っとく…。」
そうだよね、わざわざ私の席まで消しゴムもって来てくれたんだから。お礼言う前に怒っちゃったのはまずかったな。

どうやって謝ろう、なんて思いながら斜め前をみたら、桂木と目が合ってしまった。
とっさに目をそらす、なのに、あっという間に顔が真っ赤。自分でも嫌になる。
一部始終を見ていた京といづみが、ニヤニヤしながら顔を近づけてきた。
あーあ、しばらくはこの話題ばっかりなんだろうな…。うんざりして、でも嬉しい気持ちもあって。
面白半分で茶化してるようで、実は結構真剣に相談に乗ってくれるんだよね。
私は、夢のこと、この二人にだったら話してもいいかな、なんて思い始めていた。
[ 2008/10/25 20:45 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(2)

神のみぞ知るセカイFLAG26 感想とか元ネタとか

FLAG26「地区長、誇りを取り戻す。」
10/28追記:☆若木先生によるFLAG26解説
10/28:FLAG26「地区長、誇りを取り戻す。」
・カラー絵は髪を結びなおすエルシィ。(かわええ…)「あわー、もう一度くくろーっと。」
・5話ともなるとたっぷり描ける反面、物語も大きくなってしまうので、体力が…。
・描線がちょっとキレイになった気がする
・一番のプレッシャーについて。
・若木先生のプレッシャーについて。(一番になったこともないどころか、誰かから少し褒められるだけで、次も褒められないと・・・というプレッシャーにつぶされて人生何度も逃亡…)
・そして2回もの巻頭カラーのプレッシャー(思わず黒丸氏に相談したそうな。)
・ハクアはドメスティック・アイドルから、ワールドクラスに飛躍できるのか?!
・プロフィールがないのは…来週のサンデーで。
・ココマはハクアが抑えてエルシィが拘留、のコマ。
・「なぜ、空を飛んでいるのに生徒たちを抑えるかというと、駆け魂の巻き添えに一緒に吸われないためです。」とのこと。
・「今回のシリーズのタイトルは「赤毛のアン」風でお送りいたしました。」とのこと。
(そうか、名劇だったのか…!!)

追記ここまで。

よみましたっ
一応神のみぞ知るセカイFLAG26 速報版の完成版となっております。

神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとかで書きましたが、ハクアとエルシィ、友達だけど、どこか通じあってなかったのね。それはお互いの「女子的プライド」ゆえ。エルシィは「ハクアは何でもできる」と思い込んでて、ハクアに弱点があるなんて考えたこともない。自分の弱さに甘えててハクアや桂馬に頼りっぱなし。そりゃ読者に邪魔者扱いされてもしょうがないっと笑。

今回はそんなエルシィの名誉挽回!!な話ですな。一気に読者の評価をひっくり返してしまった感があります笑。決して機転が利くわけじゃない。馬鹿でぽんこつ。それは事実だけども、身近な人を最後まで信頼できるまっすぐな強さがあるんです。

そんなわけで今回の一番の見所は「エルシィのまっすぐさ」なわけですが、見逃しちゃいけないのが「優等生ハクアの孤独と憂鬱」、そして「指導者としての桂馬の優秀さ」でしょう。以下、いつものように18ページ、堪能していきます笑。

☆ポイント1:優等生の真実~成績を通して外から見えているもの、内からしか見えないもの~
「ハクアは失敗なんかしないよ―――だってハクアは優等生だもん!!」
「…気安く言わないでよ。気安く言わないでよ!!」
「そのためにどれだけ勉強したと思ってるの!!努力してた!!努力してたのよ!!」
「でも…少しも役に立たない…学校の勉強がどれだけできたって…」

優等生ってことでみんなに信頼されて、ほめられて。じゃあ自分が優等生じゃなくなったら自分の価値ってどうなっちゃうの?そんな不安を抱えてる人ってきっと多いと思う。「優等生」のレッテルがはがれたとたん心が折れてしまって、何をやってもダメになる。私は高校、大学時代そして教師見習い時代に結構そういう人を見てきたけれど、その人たちだって「優等生」ってレッテルだけで評価されてたわけじゃない。そりゃ表面的な評価しかできない人もいっぱいるけど、本質をみて評価してくれてる人だっているはずなんです。「私…なんか…なんにもできや…しない…」と思ったときこそ、周りをみることが大切。自分の存在価値に疑問を抱いてる、そんな人のエルシィ的存在は身近にいるはずです、きっと。

☆ポイント2:エルシィの本当の魅力
「だから、ハクアに何があっても…ハクアがすごいってこと…私、死ぬまで信じてる!!」
エルシィの凄いところは、ハクアをここまでまっすぐ信頼できるってこと、そしてそれ以上に本人を目の前にしてそれを言葉にできることでしょう。
心で常に不安を抱える優等生にとって、これ以上の言葉はないはず!!FLAG1、外から見えない不安を抱えていた歩美に「君はとっくに一番とってるよ。ボクの中で。」と、無条件の信頼を寄せた桂馬と似ています。ただし、桂馬の場合はある程度の打算があったと思われますが、エルシィの場合は紛れもない本心。ついさっきハクアと出会ったばかりの桂馬とは説得力が違う。エルシィのまっすぐさを分かっていたからこそ、今回桂馬はエルシィに任せたのかもしれません。

☆ポイント3:今回の桂馬の役割
「エルシィ…少しは考えろ。今、お前が相手しなきゃいけないのは、たった1人だ。」
「ハクアは今悩んでいる。その気持ちを駆け魂に使われているんだ。」
「ハクアの心のスキマを、埋めるんだ!!」

桂馬は力技で女の子を恋に落としてたわけじゃなくて、「心のスキマ」を埋めることを第一に考えて駆け魂狩りをしてきたわけです。だから今回、桂馬自身がハクアを恋に落とすという方向じゃなく、エルシィとハクアをきちんと向き合わせるという方向に持っていったのは当然でしょう。こういうとこ、現実の恋愛にとらわれない桂馬らしいなぁと思う。エルシィはハクアに無条件の信頼をよせていたけど、ハクアに心のスキマがあることなんか知らなかったわけで、桂馬に助言がなければどうなってたか分からない。親友のはずの2人の微妙なすれ違いを意識して、それをあるべき友情の姿に着地させたのは見事というしかない。とりあえずのハッピーエンドじゃなく、トゥルーエンドに導く。現実世界を客観的にみる「神」の視点がなせる業ですねっ。

☆ポイント4:ハクア、エルシィ、桂馬の信頼関係~握手と、「ごめん」の一言~
エルシィの説得で正気を取り戻したハクアは、攻守交替してエルシィに拘留を任せることを提案します。
ここで特筆すべきは、操られてるときにすでに「自分が逃がした…賭け魂を捕まえることもできない…」と言っているのでエルシィにハクアの弱点は伝わってるはずなんですが、自分自身の言葉で「言ってなかったけど…私、一匹も駆け魂捕まえたことないのよ。」と言ったこと。
FLAG26①

これによって二人の信頼関係はより強固なものになったのでしょうねっ。ハクアの泣き顔も、エルシィの大人っぽい表情もよかったけど、やっぱりこのシーンが一番好き。

それじゃハクアと桂馬の関係は?
「おわびに、握手してあげてもいいわよ。」
「お前、案外いい奴ね。私が駆け魂捕まえてないことずっと言わなかったもの。」

FLAG26②

きっとハクアにとって握手は信頼の証。嫌そうにしながら握手に応じる桂馬もなんだかんだいってハクアを認めているみたいです。(初回では握手しようとしなかったし)
今のところ、ハクアにとって桂馬は「いい奴」っていう認識で止まってるんでしょうけど…桂馬のこと気に入ってるのは間違いなさそう笑。準レギュラー兼設定説明係確定かな?

そしてエルシィと桂馬。
「ごめん。今日はお前に助けられたよ。よく説得してくれた。」
FLAG26③

おー、桂馬の口からここまで素直に謝罪の言葉が出てきてるのは初めてですね。なんというか、コレを桂馬の「デレ」だといってる人多いみたいですけど…ごく普通にさらっと言ってるってことで、パートナーとしてのエルシィへの信頼が増したって風にしか読めないです、私は。いや、コレは「アクマで妹」でいて欲しいと願う「歩美は桂馬の嫁」派の思い込みなんかもしれんけど。


遅くなりました。以下随時更新します~すみません。
☆今週の表紙&ピンナップ
☆今週のカラーページ
☆今週の煽り
☆巻末コメント
☆今週の誤植

27ページの最後のコマ
「もともとスキマから出したのはハアクだもん。」
…ハアクってだれですかっ笑

「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~

「神のみぞ知るセカイ」第2巻
神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版
の続きとなってます。FLAG26感想考察完全版は明日になりそうです。


☆かのん編と栞編の対比からみえてくる神の孤独
単行本で続けて読むと、かのん編栞編ともに「平凡な人間より一段上の世界」いわば「神の領域」に行こうとした女の子の話というのが良く分かります。

しかし、桂馬と出会う段階では「神の領域」に踏み込むことにまだ迷いがあって、それが心のスキマになっていたんですな。その迷いに対して、既にゲーム世界で「神」になっている桂馬はどう2人を導くのか。

かのん編では、桂馬を支えにして「普通の女の子」としての安心感を得ようとしたかのんを突き放し、「完全なるスター」へ導きました。3次元世界の人間の憧れ…エルシィ曰く「まぶしくて見えない」ところにいる神になったわけです。2D世界では「神」の桂馬でも、3D世界ではタダの人間。結果的に桂馬とかのんの接点はなくなりました。

対してはどうか?ジャンルは違えど、本の世界=2D世界に生きたいと願った栞は、かなり桂馬と近いところにいたと言えるでしょう。いつも攻略対象の女の子に文句をつけていた桂馬が「なかなか良さそうなやつじゃないか」と発言したのも、栞にシンパシーを感じていたからではないでしょうか。そして栞も「なにか通じ合えた気がする」と思っている。2人は確実に通じ合っているのです。

しかし、栞には「人と話したい」という心のスキマがあった。実はコレを最初に指摘したのはエルシィ。
「実は人と話したかったりして」というエルシィに一瞬の間をおいていつものように切り替えしますが、桂馬はこの一瞬の間になにを思ったのでしょう?
栞①

「ずっと図書館で暮らしたい」という栞に「それはウソだね」という桂馬の残念複雑そうな表情。
栞②

そして栞の目をしっかりと見つめながら「ボクは、現実の世界なんてなんとも思ってない。」と宣言。
栞③

この2つの場面とあわせて考えると、「2D世界の神は自分しかいない」という孤独な事実に気付いたのではないでしょうか。

そう考えると、栞編の最後のコマ、エルシィを手伝うでもなく、栞を思うでもなくPFPに没頭する桂馬は誰にも理解できない「神の孤独」を独り紛らわしている…そんな風に見えてきました。

でも。栞は「何か通じ合えた」とおもっているのです。桂馬のおかげで3D世界を信じて生きることができるのです。桂馬だって2D世界では神でも3D世界では女の子と通じ合うことができる1人の人間なのです。そんな桂馬の人間の部分に土足で踏み込んでくるのがエルシィ。インターミッション回は桂馬の人間性を開発していくという役割も大きいのではないかと思います。

…だからこそ私はエルシィにあくまで妹でいて欲しいのかもしれない。兄妹というのは他人が踏み込めない領域が必ずあるもので、恋人という他人が知りえない表も裏も本音もたてまえも、語らずとも共有できる理論外の何かがあるのですから。

神のみぞ知るセカイFLAG26 速報版

FLAG26「地区長、誇りを取り戻す。」
よみましたっ
とりあえず速報版です。画像つき完全版は明日~明後日に。
今週、サンデーはけるの早くないですかっ!?神のみ効果かしらん?
仕事帰り、保存用にもう一個買おうかと思ってたのに無かったんですけど…

先週分の感想はこちら。
神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとか
ハクアとエルシィの「女子的プライド」。これがハクア編の鍵になってます。
「ハクアは自分と違って何でもできる」と思い込んでるエルシィ、「常に完璧に仕事をこなさなきゃならない」と思い込んでるハクア。2人の思い込み、即ち「女子的プライド」ゆえに2人はちぐはぐ、駆け魂狩りも上手くいかない。

そんで今週。
・エルシィはえらいっ!「ハクアは完璧で、いつも一番」っていうラベルがはがれても、ハクアのことを評価できるのです。どんなことがあろうと最後まで信じられること、そしてそれを本人を前にして言えること、これって本当に凄いっ!!
馬鹿だけど、すごくまっすぐ。それはエルシィの最大の能力かもしんない。だからこそ、ハクアもエルシィが好きだったんじゃないかなぁ。

・ハクア、エルシィという理解者がいなかったら転落人生を歩んでたかもしれない。ずっと1番できてた挫折知らずの優等生は、ちょっとのつまずきで崩れちゃう。1番じゃなければ、人に存在価値を認めてもらえないって感じてしまってるから。
引きこもってても息子の理解者であり続けた若木先生の両親を思い浮かべてしまいました。とても素晴らしい教育者。みんな子供には「普通に幸せ」になって欲しいと願ってしまうからねぇ。才能を信じきるってなかなかできないの。

・今回のカラー、ぺタっとしてる色塗りが好き。なんかシャフトっぽくて笑。

・やはり若木先生はキャラの表情で物語を語らせるのが上手すぎっ!エルシィの今までに無く大人っぽい表情、ハクアの泣き顔、桂馬のクールな表情…映画を見るような満足感があります。何回も読み返したくなる。

・桂馬、テレも無くさらっとエルシィを評価してますね。自然にエルシィの能力を認めているようでこのコマ大好きです。なんというか、エルシィにフラグたってるっていうよりも「あくまで妹」に近づいてる、信頼関係が築けてるっていう風に私は読んでしまうんですよねぇ。これは「あゆみんは桂馬も嫁」派ゆえの偏見なんだろうか。でもなぁ、やっぱりエルシィは妹でいて欲しいんだよ…

・今回のアンケは全部「神のみ」ですよっ!!昼休みにデコレーションして早速出してきました笑。アンケ項目置いておきます。
■「神のみぞ知るセカイ」についておききします。
B あなたは「神のみぞ知るセカイ」を読んでいますか。以下の中から選んでお答えください。
①毎週読んでいる ②ときどき読んでいる ③単行本で読んでいる ④読んでいない

C Bの質問で④以外を選んだ人におききします。あなたが「神のみぞ知るセカイ」で一番好きな展開はどれですか?
①通常の女の子を攻略する展開 ②マニア知識満載のインターミッションの回 ③桂馬とエルシィのラブコメ展開 ④ハクア編のような、長編ストーリー ⑤その他(具体的に)

D あなたは「神のみぞ知るセカイ」の単行本を持ってますか。以下の中から選んでお答えください。
①持っていて今後も続きを集める予定 ②持っているが、続きを集める予定はない ③持っていないが、今後は購入する予定 ④今後も購入する予定はない ⑤その他(具体的に)

E 今号のピンナップ(P.3)を見て、あなたが好きな女の子を選んでください。
①高原歩美 ②中川かのん ③青山美生 ④汐宮栞 ⑤春日楠

こっちのセカイでは最早前時代の遺物ですが。

☆記事修正中です…
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①中川かのん編
見落としありすぎですねっ。普通にコマ差し替えとかあるし…
画像つきで修正中ですのでしばしお待ちを。コレ、2巻全部修正みるのだいぶ時間かかりそうだな…

☆もし、PC-FXが天下を取ってたら…今頃巷ではアドベンチャー系ギャルゲがあふれてたかもしれません。PFPも実現してただろうなぁ。
桂馬が部屋でプレイしてた(多分)のを読んで無性にPC-FXが欲しくなって…

PC-FX
買ってしまいましたっ…
説明書も箱もないジャンクでしたが動きますよ、ちゃんと。
「同級生2」プレイ中であります。時間ないし難しいからなかなか進みませんが…
ところどころ「神のみ」へ影響与えただろう所が出てきてニヤニヤします。
セリフ回しとか文章がめっちゃおもしろいです。全くあきません。んで、主人公が破天荒で素敵。
今結構でてるモノローグ主体、普通の主人公のエロゲとは全く別物。

「同級生2」と「神のみ」の関わりについてもうちょっと知りたいという方はこちら。
神のみぞ知るセカイFLAG.23元ネタ補足記事(「同級生2」と「神のみ」の関係)


しかしウチにある唯一のゲームハードがPC-FXってどうなのよ…
最近の若者(一応)として間違ってる気がする。
[ 2008/10/20 22:26 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(2)

今週書いた記事のまとめ(10/10~10/18)

久々復活、記事のまとめ。
今週書いた記事まとめです。「神のみ」2巻発売フィーバーで「神のみ」関連ばかりとなっております。
なんか、アキバblogさんにリンクいただいてかユニークアクセス5倍くらいになってるんですがっ汗
申し訳ない気持ちになってきた…

☆お知らせ
うちの記事の性格上、結構「神のみ」本スレを見直すことが多いので便宜上過去ログ置き場を作ってみました。まだ製作途中ですが、必要あれば使ってやってください。いまのとこ1~5まで入れてます。
「神のみ」本スレ過去ログ暫定置き場

10月10日
☆駆け魂と地獄についての設定が少し明らかに。
神のみぞ知るセカイFLAG.24 感想とか元ネタとか
FLAG24「地区長、地獄を語る」の通常版感想記事。若木先生による解説記事にリンク張ってます。
画像あり。長いです。

10月12日
☆「恋愛神」と「地獄との契約」、そして人間の感情の変化。
神のみぞ知るセカイFLAG.24更新完了+神のみに似てる漫画を考えてみる
山田玲司先生の「NG」と夏目義徳先生の「トガリ」について語ってます。

10月13日
☆中川かのんの謎。
神のみぞ知るセカイ第2巻見開き2ページ広告の「中川」かのんについて+更新お知らせ
西原かのん→中川かのん、名前の改変の解説記事。画像と若木先生のブログへのリンクあり。

10月15日
☆簡易版感想と、若木先生のまんが秘伝の感想とか。
神のみぞ知るセカイFLAG.25感想速報版+α
FLAG25「地区長、捕りモノをする」の簡易版感想記事。

☆今回は4つ特典ペーパー。
神のみぞ知るセカイ第2巻 店別特典まとめ
各店の特典をまとめてみました。画像あり。

10月16日
☆2次創作にこんな可能性があるとは。
勝手に「神のみぞ知るporn」を紹介してみる
某所のSSの紹介。

10月17日
☆「女子的プライド」にとらわれてるハクアとエルシィ。
神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとか
FLAG25 「地区長、捕りモノをする。」の感想通常版。「女子的プライド」について語っています。長いです。画像アリ。

☆愛は伝えることが大切なのです。
神のみぞ知るセカイ2巻…はまだ読めないので。
漫画、ひいてはマンガ家さんの応援姿勢について。アンケートハガキとか。

10月18日
☆ちょっと真実味を帯びてきた、北野モデル説。
「神のみぞ知るセカイ」舞島学園高校のモデルはもしかして。
舞校のモデルは若木先生の母校、大阪府立北野高等学校ではないか…という話。あと「同級生2」との関係とか。とても「追っかけ」らしい記事です…。コメント欄に結構貴重な情報いただきました。

10月19日
☆やっぱり、情報格差が…。
神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版
高松アニメイトと秋葉原の温度差とか、2巻の簡易版感想。

☆今回の修正は、1巻の比じゃなさそう。特にセリフの改変多し。
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①中川かのん編
加筆修正をつぶさに見つけます。とりあえずかのん編のみ。

神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①中川かのん編

神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①
☆神のみぞ知るセカイの過去回の感想読みに来た方はこちらへ。無駄に長いですが。
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
☆神のみぞ知るセカイ第2巻感想簡易版はこちら。これは短め。
神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版


読みましたっ
本誌ver.との違いをつぶさに記録、のつもりですが見落としあるかもです。
ご指摘よろしくお願いしますっ。
とりあえずかのん編まで。

☆表紙カバー
1巻同様ピンの桂馬。阿修羅のように手が6本も…。所謂落とし神モード?

1巻の表紙がダンテの叙情詩「神曲」ロダンの「考える人」といったほうが分かりやすいでしょうか。「神曲」地獄篇に登場する「地獄の門」をブロンズ像で作ろうとしたものの未完で終ってしまったわけですが、「地獄の門」を構成するブロンズ像の1つとして「考える人」はつくられたようです。)、2巻の表紙が阿修羅だとすると…。これからも美術界の「神」モチーフで行くのかもしれません。

桂馬の後ろは円と四角形を組み合わせた幾何学模様、そして16進数が配置されてます。
なんていうか…ここまでアカデミックな雰囲気をかもし出してるラブコメの表紙って今までにあっただろうか笑。楽しい雰囲気の表紙が多いサンデーコミックスの中で、一際異彩を放っております。

☆中表紙
表紙の桂馬がシルエットになって真ん中に来てます。手が6本なのが分かりやすい。

以下本編。毎週1ページ目バックに入ってる六角形も模様は全て単行本では無くなっているので省略します。
☆FLAG.7「IDOL BOMB!!」
・1ページ目(p5)
エルシィの目がトーン→ベタに。というかこれはエルシィの顔全体書き直してるのかも…

・2ページ目(p6)
1コマ目…「桂馬の家」の写植抜け直し。
2コマ目…西原かのん→中川かのん。これは先生がミスしたみたいです。巻末4コマと下の記事参照。
神のみぞ知るセカイ第2巻見開き2ページ広告の「中川」かのんについて+更新お知らせ
1話冒頭でおもいっきり間違えたので、本誌連載中は「西原」で通したみたいですね。でも「まんなかのん」設定には「中川」が適切、と。
(以下、本編中の名前直しは省略します。)

・3ページ目(p7)
5コマ目…「かのんちゃんのマネ―っ!」→「かのんちゃんのマネーっ?」

・6ページ目(p10)
1コマ目…船長桂馬のセリフ「はいはいー船がでるよー!!新しい世界行きの船がー!!」のふきだしの上に「キーンキーン」という拡声器が鳴る効果音追加。

・7ページ目(p11)
5コマ目…二か月ぶり→2か月ぶり

・13ページ目(p17)
3コマ目…エルシィの服が駆け魂隊ver.になってたのが制服に修正。ついでに髪にも修正が入ってます。
(情報提供:tenkさん)4コマ目…桂馬に「ブスブス」の効果音追加

・14ページ目(p18)
(情報提供:tenkさん) 2コマ目…エルシィに「テケテケー」の効果音追加
(情報提供:tenkさん) p18 4コマ目 エルシィのセリフ語尾「!!」から「!?」に
5コマ目…エルシィに「ぴょひー」の効果音が追加。

・16ページ目(p20)
1コマ目…スタンガンを持つかのんに「カタカタ」の効果音追加。

・18ページ目(p22)
1コマ目…「ドロドロ」の擬音のトーンがなくなった
4コマ目…かのんに「ツカツカ」の効果音追加

☆FLAG.8「UP TO BOY」
2ページ目(p24)
・3コマ目…エルシィの顔、微妙に修正。

3ページ目(p25)
・6コマ目…女のなか→女の中、普通のやつ→普通の奴

4ページ目(p26)
・3コマ目上…四角のトーン修正。

5ページ目(p27)(情報提供:tenkさん)
・4コマ目…「ポロ」の擬音の位置変更

8ページ目(p30)(情報提供:tenkさん)
最下部コマ 「ブオォン」の効果音追加

9ページ目(p31)(情報提供:tenkさん)
・4コマ目…画面に音符追加

10ページ目(p32)(情報提供:tenkさん)
・1コマ目…かのんの顔に汗追加?
・4コマ目…南極?の背景に「ビョオオオオ」の効果音追加。

14ページ目(p36)(情報提供:tenkさん)
・最下部コマ 「翌日・南校舎屋上」の枠が拡大

15ページ目(p37)
・3コマ目…「今日もスルー」→「今日もする~」

16ページ目(p38)
・3コマ目…「ズッジャーン」の効果音が白抜きから黒字へ

17ページ目(p39)
・1コマ目…寝てるフリする桂馬に「ム…ム…ムシ!!」の手書きふきだし追加。
(情報提供:tenkさん)「ぐううぅ」のトーンがなくなった。
・2コマ目…「む、無視続けるのは胃が痛い…」→「い、胃が痛い…」

若木先生のセリフテンポのこだわりが感じられますねぇ。


☆FLAG.9「ワタシ平凡?」
1ページ目(p41)
・1コマ目…「かのんちゃんが消えちゃいましたよ!!」→「かのんちゃんが消えちゃいましたよ―――」

6ページ目(p46)
・3コマ目…「悩みを知りたかったんですか?」→「悩みを知る必要あるんですかぁー!!」
・4コマ目…「ドドーン」の効果音追加。

8ページ目(p48)
・4コマ目…「というよりリアルに透けてる!?駆け魂の影響なのか!?」→「ほ、本当に透けてるのか?駆け魂と関係あるんだろうか…?」
・5コマ目…「このメルアドってやっぱり桂馬くんの…こっそり私のコートに入れたんだ…」→「このメルアドってやっぱり桂馬くんのだったんだ…CD、私のコートに返してあった…」

11ページ目(p51)
・1コマ目…「あれがちょっと?」→「あれがちょっと…?」

13ページ目(p53)
・1,2コマ目…「かのんからの呼び出しは、」から「1日に36回に及んだ。」で少し四角が大きくなっていたが、単行本ではどちらも均等。

14ページ目(p54)
・3コマ目…「わざわざ …アリガト。」→「わざわざ……アリガト。」

17ページ目(p57)(情報提供:tenkさん)
・6コマ目…桂馬のモノローグ「…いや、あと一つ何か……」が削除。
桂馬がなんかミステリアスに見えるようになりました。

☆FLAG.10「Shining Star」2ページ目(p60)
・サブタイトル…「Single Star」→「Shining Star」
ということは、元ネタは「明星」ですね。

・満員の観客&横断幕追加。「祝!!なるりん制圧」「真ん中指定席中川かのん」「後方はまかせろ!なるさわ砲撃隊」などなど。…やばいこのコマ見るだけで鳥肌が…

8ページ目(p66)
・1コマ目…「何でもわかってる」→「なんでもわかってる」

12ページ目(p70)
・2コマ目…「君の光に引かれて」→「君の光に惹かれて」

13ページ目(p71)
5コマ目…「私…ひとりのためにずっと歌っても…よかったな…」→「私…ひとりのためにずっと歌っても…よかったんだよ…」全体的にかのんのセリフ、独り言っぽかったのが「呼びかけ」系に修正されてます。ヤンデレのイメージを払拭するように。

14ページ目(p72) (情報提供:tenkさん)
2コマ目…背景の丸がすべて削除

神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版

☆神のみぞ知るセカイの過去回の感想読みに来た方はこちらへ。無駄に長いですが。
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ


アニメイト行って「神のみ」2巻買ってきました。
絶望先生もアニメイトで買おうと思ってたのに限定版通常版ともに売り切れという異常事態。
(昨日入荷済みだった、ってのもあるみたいですが。)
ええええ、こんな人気漫画でしたっけ?いつの間にか遠くに行ってしまったのね、久米田先生…
しかたなく絶望先生は宮脇書店本店で。こっちもだいぶはけてた様子。限定版は明日アマゾンから来るはず…こんなんだったら普通に書店で買えばよかった。

話し戻して、「神のみぞ知るセカイ」第2巻。高松アニメイトは2列に積まれてただけ。おまけに結構のこってました。
対してアキバblogさんによると、秋葉原のメロンブックスでは「神のみ」タワーができてたみたいです…
神のみぞ知るセカイ2巻 「信者激増の2Dネ申崇拝コミック!」
まるで東京の武道館では満員でも地方のライブじゃガラガラだった筋肉少女帯全盛期みたい…。油断せず布教にいそしむ決意っ!!
神のみ2巻

おおお、奥にあゆみんが、あゆみんがいるぞっ。アニメイトがこのメッセージペーパーでホントよかった。うちにはアイメイトしかないもの。

詳しい感想と修正点は後で書きますけど、4話一気に読むと、連載時とはまた違う感情がふつふつと。読んだ後、今までの自分の生き方を思わず振り返ってしまった。そんで、ちょっとむなしくなる。

「神のみ」は今時萌えラブコメの急先鋒みたいに言われてますけど、泣きゲー系の涙を誘う急展開は完璧に排除されてる。あだち充先生から連なる人物の感情の揺れ動きに重きを置く、サンデーの昔ながらの地味ラブコメなんだと再認識。コレは読者がこの「セカイ」が確実に存在してるって実感できないと面白くならないストーリー構成ですよ。とことん「神のみ」のセカイにほれ込んでしまってる私です。

セリフや絵の修正も半端なくありそうです。1巻も凄かったですけど…
神のみぞ知るセカイ 1巻 加筆修正とか感想とか

あー、でも読んでたらますますエルシィが可愛くなってきた。他の特典メッセージペーパーもほしいなぁ…。「神のみ」愛ここに極まれり。

「神のみぞ知るセカイ」舞島学園高校のモデルはもしかして。

神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとか画像追加しました。

私の大学時代の知人に大阪の北野高校出身という珍しい人(わざわざ広島に来るなんて…)がいるんですが。彼曰く「舞島学園高校の概観はウチの新校舎に似とる」。

えー、あんな未来っぽい校舎なんて実在するかいっ
ま、自分の目で確かめんことには分からんな、と北野高校のHPいってみたら…
大阪府立北野高等学校
※トップにいきなり校舎の写真があります。

うーん、本当に似てる気が…
舞校も最近新校舎になったぽい発言もあったし(FLAG24)。
いやいや、でも若木先生の母校だからって先入観がはいってるからそう見えるのかも。

ついでに学校名のほうも考えてみる。
舞島って名前は「同級生2」にでてくる舞島可憐を踏まえてのことかなぁ?
舞島可憐は国民的アイドル。純・アイドルなかんじがかのんとダブります。

神のみぞ知るセカイ2巻…はまだ読めないので。

単行本告知

離島四国はつらいね。脱・四国を胸に誓う。来年こそは…
明日アニメイトに走ります。とらのあなもゲーマーズも有隣堂も勿論存在しません。
私の中川かのんについての推測(神のみぞ知るセカイ第2巻見開き2ページ広告の「中川」かのんについて+更新お知らせ)は当たってたのか知らん?

若木先生のブログ
10/16:前日告知。
によると、アンケートも好調なようでうれしい限り。アンケート、私は断然ハガキ派です。
もうコレは8年来の習慣なのでっ笑。更に信者らしく、編集さんに手にとって読んでもらえるよう、印象に残るようデコレーションを施す。こーすると、懸賞当たりやすいってメリットもあるけど、ハガキのあまりスペースに書いた感想とかも読んでもらいやすくなるんじゃないかなぁという、あざとい考え。

ちなみに今週出したハガキはコレ。
アンケ

…絵は下手でもいのー!とりあえず「神のみ」を熱烈応援してるってことが伝われば。
裏面あまりスペースは「神のみ」と他の漫画の感想を書いてます。今週は「月光条例」に涙したのでそのこととか。

私は改蔵末期も、トガリ末期も、クロザクロ末期も、こわしや我門末期も、こうやって頑張ったのですってば。…力及びませんでしたが泣。

単行本複数買うのも応援の1つでしょうけど、私はアンケートハガキとファンレターにこだわりたいんです。(特典全部そろえられない故の負け惜しみ)
[ 2008/10/17 21:21 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとか

FLAG25「地区長、捕りモノをする。」
☆10/21追記:若木先生によるFLAG25解説
10/20:FLAG25「地区長、捕りモノをする」
・イラストは消防車に乗って拗ねてるエルシィ。
・駆け魂のレベル分けの解説。
レベル1…地獄を逃げ出した直後で力がなく何もできない状態。(歩美、美生)
レベル2…少し悪魔の力を取り戻した状態。人間の力の方が強いので、駆け魂の力は隠れ場所に使われている人間の特異能力として現れる。(かのん、栞、楠)
レベル3…悪魔が自分で力を使えるようになってきた状態。実体化ができてないので、力はまだ限定的。(今回の駆け魂)大きいからなかなか隠れ場所がないため、小さいスキマから負のエネルギーをすいながら当面のエネルギーを得る。今回分かったように、新悪魔のスキマも吸える。

・ココマ…単行本宣伝ページの1コマ。ドラマの最後とかじゃよくあるから、あざとくはないそーです笑。
・ズレコマ…震えてるハクア。トーンずれてます。演出かと思った人多数…

追記ここまで。

よみましたっ
エルシィもハクアも自分のことだけ考えすぎ、正直ウザイ。
桂馬も助けに入らないなんてかっこ悪すぎだろ、とお考えの方もいらっしゃるでしょうが。
ワタクシ、「女子」として共感する部分がとても多かったのです。

その共感ポイントは「女子的プライド」。
これを理解できるかどうかで、ハクアとエルシィの身勝手とも思える行動や、いつになく消極的ともとれる桂馬の行動の受け取り方も違ってくるかと。
しかしシンプルな話作りのようにみえて、ここまでいろんな受け取り方できるってのは凄いわー、と信者らしい発言っ。
今回はいつにもまして妄言率が高いので、不快に思った人はごめんなさい。(前言いわけ)


☆ポイント1:ハクアとエルシィが持ってる「女子的プライド」

「女子的プライド」とはなんぞや?
とかく女子は、カワイイもの身に着けて、おいしいもの食べて、友達としゃべって、カッコイイ彼氏がいたらそれで満足なんだろ?と思われがち。そういうレッテルに対して心静かに燃やす思い、それが
「自分一人の力で、何かを成し遂げたい!!!」
っていうプライドなんですわ。コレを私は個人的に「女子的プライド」と呼んでいます。

つまり、今週のサンデーの「月光条例」シンデレラのセリフ

「なにも自分で決めないで、ただ年齢をとっていってなにが『幸せ』なのよっ!?」
「それを言えなきゃ、わたしはなにをしにこの世に生まれてきたか、わからないじゃない!」


ってヤツです。傍から見たら幸せそのものに見えても、実はそうじゃない。足跡を残したいの。自分の存在に明確な意味がほしいの。

ハクアは本来なら「エルシィ、桂馬と協力して駆け魂捕獲が最優先事項」って冷静に考えて行動できるくらい優秀なんだろうけど、「女子的プライド」が先行しすぎて自分が仕事を完遂することにこだわってしまってる。
DSCN0582_convert_20081018011536.jpg

エルシィはエルシィで「自分は何やってもだめ」って思い込んでるフシがある。だから自分で考えようとしてない。周りに頼りっぱなし。それでもFLAG2で桂馬に語ったように「駆け魂隊として、悪魔として立派になりたい」って「女子的プライド」だけはあるのね。

だから「ハクアは自分と違ってなんでもできる」って思って拗ねる。自分じゃなくてハクアと一緒にいた桂馬に怒る。
エルシィは気付いてないけど、エルシィは「拘留」には一回も失敗してない。ハクアは追い出すまで何とかなっても拘留に失敗してる。エルシィだって無能なわけじゃない。桂馬の協力も大きいけど、つかまえたのは紛れもなくエルシィ。自分の能力自覚してれば、ハクア追いかけずに拗ねてるだけ、なんてことにはならないはず。
FLAG25②

つまりお互いの「女子的プライド」が、一見すると身勝手な行動に見えるわけです。
このプライドを自覚できるほど2人とも大人じゃないみたいなので笑、先を示してくれる先生が必要なようです。それはやっぱり桂馬しかいないわけで…笑。


☆ポイント2:2人のプライドを譲歩させて駆け魂捕獲に持っていこうとする桂馬
前回、ハクアに「駆け魂を捕まえていないこと」を告白させた桂馬ですが、その目的は彼女に自分の不完全さを認めさせて、エルシィと協力することの重要さに目覚めさせることだったみたい。しかし、桂馬がおもってたよりハクアの「女子的プライド」は強力だったようですねぇ。

これは、エルシィがまず譲歩するしかないっ!ハクアだって完璧じゃないこと、自分にだってできることがあること、この二つを自覚できればハクアとの共闘は上手くいくはず。神の思惑どおり、ハクア&エルシィ友情エンドに落ち着くでしょう。予告煽りでも、エルシィの活躍が語られてますし笑。


☆ポイント3:駆け魂と地獄の設定がもう少し語られてる
何気に駆け魂と地獄の設定が少しずつ補完されてる…
・ハクアとエルシィは203期卒業。うーんでも学校が何年制か分からないからあまり重要な情報じゃないなぁ今のところは。

・魂度(レベル)。駆け魂はレベル分けされてるみたいです。今回のレベル3は授業でもやらないくらい成長しきってる、と。魂度はいくつまでなんだろ。

・本来バディは自分で探す?エルシィは室長の推薦で桂馬に決まったけど…ハクアは自分で探してて、しかもまだ見つかってないみたい。エルシィがあまりにも心配だったから優秀そうな協力者を無理やり付けさせたのか、ドクロウ室長は笑。


☆その他気になったところ
・だんだん駆け魂可愛くなってきた…笑。特に最後の単行本販促おまけページは可愛すぎ。

・本誌だけじゃなくてサンデー超のほうにもカラーカレンダーつくのー!?どんだけプッシュされてるんだよぉ。すっとスキマ産業してた久米田先生の追っかけだから、こんだけメイン扱いの作品応援するの気が引けてきたんですが…笑。いやいや、好きなものは全力で応援して行きますよ、どこまでも。

・「神のみ」カレンダー目当てでサンデー超買う人、アンケは藤木俊先生の「あかね☆スターダム」で是非っ笑。藤木先生が描く女の子は可愛すぎるんですってば!!あと、バトルパートとコメディパートのバランスが素晴らしいっ。

・来週ピンナップ付きってっ!!すげー!!あゆみんがみたい、みたいよーっ!!
あゆみん


・あ、今週のアンケート要チェックです。「アニメ化してほしい作品」欄がありますぜ。


☆今週の煽り
1ページ目柱
■舞島学園の危機に神&悪魔ペアが駆けつけました!!

2ページ目真ん中(でっかく)
単行本(コミックス)第2巻、いよいよ発売迫る!!
10月17日ごろ発売。売り切れ必至、要予約。


3ページ目作者名上
一応、三次元の存在です。
2ch本スレで(勿論冗談で)たみー幼女マンガ家説、妖精マンガ家説(新説)がでてたり「30とっくに過ぎた男が描いてるとは思えない」と言われてることに対するレスポンスのようだ笑。

18ページ目下
今号はここまで。でも次のページに何かがあります。

19ページ目柱
■あざとくないよ。普通だよ。次号、表紙&巻頭カラーで駄目押しするよ。
ここまで露骨にプッシュしてるよーっていってる漫画があっただろうか笑。
読解力ないニヒリスト気取りのヤツをどんどんぶっ飛ばしてくれ、ブリッジストーン石橋担当編集さん笑。

そしてこの言い回し…笑。どこのマルチですかっ!マーク・パンサーですかぁっ!!
このコピぺ改変思い出すじゃないかよ、おいっ!

305 名前:名無しさんの次レスにご期待下さい 投稿日:2008/08/11(月) 11:42:50 t/tKajX70
Q.たみーってエロゲカウントダウンの管理人だったんでしょ?
A.違うよ。全然違うよ。

Q.じゃあPEROさんとは別人なの?
A.もちろん別人だよ。

Q.でも、エロゲー題材にした漫画描いてるんでしょ?
A.全然違うよ。全く関係ないよ。

Q.エロゲーって少年誌だと危ないんじゃないの?
A.なんで?ギャルゲーだから危なくないよ。



☆次号予告
はい、2ページぜーんぶ「神のみ」ですっ!!

神の一手は悪魔も救う!?
学校では超エリート、でも実際社会にでてみたら…?
…とそんな心のスキマを利用され駆け魂に操られてしまったハクア!!
彼女の心のスキマを埋めるのは、神様…だけでなくエルシィの力も必要!!
そうだ!エルシィ!たまには役に立ってくれっ!!
ハクア編、ついにクライマックス!!!


単行本②巻発売&超絶人気御礼!
表紙&巻頭カラー!!

▼キュート!スイート!スペシャルふろく!!▼
舞校ガールズスペシャルピンナップ
高原歩美、青山美生、西原かのん、汐宮栞、春日楠。
私立舞島学園高校に通う5人の美少女がスペシャルピンナップに!
さらにこのピンナップを図書カードにしたプレゼント企画もあり!!


…あれー??また「西原」に戻ってるよ。早く単行本で確かめたい…。個人的には「中川」でFAだとおもってるんだけど。


☆巻末コメント
Q.もし店を開くとしたら、どんな店にしますか?
A.「きまぐれオレンジ☆ロード」のABCB(あばかぶ)みたいな店。


先生…。また読者層無視のレトロネタを…笑。

勝手に「神のみぞ知るporn」を紹介してみる

以前リクエストがあった「神のみぞ知るporn」感想を、恐れ多くも書かせていただきます…
ええとですね、今回は18禁な話題なわけですよ。この記事自体が18禁てわけじゃないですけど…。
本来なら私が書く本編感想並にねちっこく書きたいところですけど笑、公式作品じゃないので、ネタバレや引用はなしです。


思い切って告白っ(?)
「神のみぞ知るporn」感動して泣きましたよ、ええっ!!
泣いたって言っても、決してあざとい泣き要素(死ぬとか、急展開とか)はないんですよ。記憶消去に起因する切なさ、想いが伝わる幸福感、未来を予感させるラストシーン、謎解き要素、ドタバタコメディ要素、随所にちりばめられた小ネタの数々…全ての完成度が高すぎて、もう鳥肌。2次創作に興味なし、原作至上主義者…だったはずの私が完全ノックアウトですよっ!!!
文体、構成、演出、キャラ描写、どれをとっても賞賛コメントしか浮かびませんっ!

知らない人のために。
「神のみぞ知るporn」は2chエロパロ板にある若木先生作品スレ57~59、70~74、85~91、109~120に投下された「神のみぞ知るセカイ」のパロディ小説で、高原歩美攻略後のお話。

自分は桂馬のこと好きなんだ、と気付いたあゆみんが桂馬を攻略しちゃうお話なんですが、全く原作の世界観を壊してないところがすごい。「神のみ」の世界観とキャラでないと成立しない話になってるんですな。あゆみんと桂馬がメインだけど、ちゃんと悪魔で妹でぽんこつなエルシィがエルシィとして機能してるし笑。ココが他の二次創作と違うところで、大抵の2次創作の場合、登場人物入れ替えたら他の作品のエロパロとして成立するじゃん…という薄いストーリーの場合が多い。そりゃそうです、「エロ」がメインなわけですから。

その「エロ」においても、泣きゲーなんかにありがちなアクロバティックな展開じゃない。桂馬とあゆみんのHシーンはもちろん、すっごく印象に残ったのはあゆみんの1人Hシーン。関わった女の子を放っておけない優しい桂馬と、現実女を否定する冷徹な桂馬、2人の桂馬が彼女の中に存在してるって描写をするのに、あれ以上の演出はないでしょう。コレを連載開始直後、5月に書かれてるんだから…。

とにかく、おもしろいです。まだ読んでないって人(勿論18歳未満の人はだめよ)は読んできてみて。
2次創作に偏見ある人もきっと楽しく読めると思います。

作者さん、porn以外もいくつか非常に完成度の高いSSをお書きになってます。(エルシィ、美生。美生のほうはまだ完結してないですが。)名無し投稿の方ですけど、文体と構成で一発で分かるはず笑。最近新作の投下ないですけど、いつでもいいです。読めるだけで私は幸せなので笑。

一応、エロパロ板にあるスレッドのアドレスはっておきます。(18歳未満は立ち入り禁止)
【神のみぞ】若木民喜作品総合【アルバ】


追記:スレも落ちたし、pornの作者様が自作SSの保管庫を作られたので紹介しておきます。
DLSwSSLibrary
スレでは未発表の非18禁のSSも神がかってますよっ。テキストもストーリーも構成も大好きです。
「神のみぞ知るporn」の検索で、この記事にたどり着くかたが多くて申し訳ない。

蛇足
私が衝動的に書いたSSもコレに影響受けたのは言うまでもないです笑。おまけに最初は桂馬視点で書いてたのにあまりにもpornが素晴らしすぎて、急遽少女小説文体にしたという経緯があります…。
[ 2008/10/16 20:54 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイ第2巻 店別特典まとめ

とりあえず、今出てる情報ではとらのあなとアニメイトですね。ゲーマーズ、マグマニも付きそうやけど。
☆10/16追記:有隣堂特典追加しました~
☆10/17追記:ゲーマーズ特典追加しました~

☆10/17追記:若木先生のブログでも単行本&特典が紹介されてます。
*/*:しつこくない告知
ついでに、単行本販促用ポップとポスターのエントリも。
販促ポスター(ハクア):10/15:神のみぞ知るウィーク
販促ポップと表紙:10/10:アシュラマン

☆アニメイトは白黒、ぶるまぁエルシィ。
バレーしてるみたい。もしかして、後ろはあゆみん!?
アニメイト公式で見れます。
神のみ2巻②

☆とらのあな、カラーで豪華です。
とらのあな公式で見れます。
神のみ2巻①

☆有隣堂、悪魔パティシエえるしぃ
有隣堂公式で見れます。
神のみ2巻③
てか、有隣堂って…なんという地方民殺し。どーしろゆうんや。

☆ゲーマーズ、公式じゃ画像無し。栞とかのん。
http://www.vipper.org/vip958335.jpg.htmlより
神のみ2巻④

単行本の営業じゃ大活躍じゃないですか、エルシィ笑。
[ 2008/10/15 22:30 ] 神のみ単行本特典情報 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG.25感想速報版+α

神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
今までに書いた無駄に長い「神のみ」感想考察はこちらにまとめてます。


とりあえず今週の感想を少し。
FLAG.25「地区長、捕りモノをする。」
・ハクア&エルシィ友情エンドに持っていくつもりなのね、桂馬。彼が思ってるより、二人はまだまだ「子供」みたいですが…笑。二人だけで解決させようとするのは無理みたいです。おせっかいしない桂馬は桂馬じゃないしね、最早。

・何気に駆け魂と地獄の設定が少しずつ補完されてる。203期卒業、魂度(レベル)、本来バディは自分で探す?、その他もろもろ。前回までと含めて設定まとめておきたいにゃー。

・「追い出す」のは桂馬、「拘留」はエルシィ。ハクアが一度も成功してない「拘留」をエルシィは100パーセント成功してるわけで。ちゃんと冷静に自分の能力分析して共闘すればいいんだよー。それができない(自分の能力を把握し切れてない)2人はやっぱり子供。教えてくれる桂馬が必要ね。エルシィだって決して無能なだけじゃないはず。

・どんだけ頑張ってもできない、どんくさいヤツというのは確実に存在します。優等生はそういう子の気持ち考えたことあるのかしら?決して努力してないわけじゃないのです。ちょっと視点を変えてみるのです。

・だんだん駆け魂可愛くなってきた…笑

・たみー先生のバトル描写の特徴とか。割とあっさりよね。分かりやすいけど。

・今回も煽りが秀逸すぎっ笑。「一応、三次元の存在です。」「あざとくないよ、普通だよ。」なんなのさ石橋さんよー笑。

・まんが秘伝の先生、10年もふらふら状態の息子を許してくれる親が素晴らしすぎる。普通は就職しろとかゆうさ。んでマンガ家あきらめる人多いのに。先生の才能信じてたんだろうね。教育者の鏡だわ。しかし初めて書いた漫画が新コミ入選とかどんだけエリートなんですか。(久米田先生もこのパターン。時代もあって連載まで最速だった。)ホントに大学卒まで挫折なしのエリートなんだなぁ。なんでもやったらできてしまう、ってのも問題なのかもしんない。すぐ心が折れてたのもうなずける。けなされるのなれてなかったんだろうと。そこからあきらめなかったのが凄い…。

・来週ピンナップ付きってっ!!すげー!!これでもかって感じでプッシュですな。
あ、今週のアンケート要チェックです。「アニメ化してほしい作品」欄がありますぜ。

☆その他お知らせ
・もうすぐ2巻発売ですね。特典まとめ作ります。私はたぶんアニメイトでしか買えないけど。
・porn紹介日付変わるころあげます。
・井上和郎先生の「アンデッド」の影響で「レティクル座妄想」と「ステーシーの美術」聴きなおしてますよ。しかし筋少オマージュ(しかも再殺)であそこまで爽やかな作品は今までにないと思うぞ笑。
・絶望少女達のアルバムは「レティクル~」の続編ぽく作るとのことなのでめっちゃ楽しみ。「レティクル座妄想」は後期筋少で一番好き。

神のみぞ知るセカイ第2巻見開き2ページ広告の「中川」かのんについて+更新お知らせ

神のみぞ知るセカイFLAG.24 感想とか元ネタとか
画像と先生の解説追記しました。


神のみぞ知るセカイFLAG.23 感想とか元ネタとか
画像と先生の解説追記しました。


☆神のみぞ知るセカイ第2巻見開き2ページ広告について
若木先生のブログで「神のみ」2巻の画像&ポップが公開されてますねっ。
10/10:アシュラマン
やっぱり表紙は超絶美少年おたく桂馬、と笑。やっぱり絶望先生の単行本と並べておきたいにゃー。
よく見ると、手が何本も…。落とし神モードですか?
今回が「阿修羅」ってことは表紙の桂馬は神モチーフなのかな?
だとすると1巻は…ダンテとか?うーんはっきりしませんが。

それでですね、今週号(FLAG24)には、なんと見開きで単行本広告付きです。
クライマックスのキスシーンまで公開してて気合十分ですよっ
サンデー編集はあざとすぎますっ!!

…んー?
しかしなんか違和感…
FLAG23広告2

かのんの名前が「中川」かのんになってます。
本誌のほうでは
FLAG24広告
「西原」かのん。

どっちが正しいのよ、と思ったんですが、若木先生によるFLAG.7解説を読むと…
5/31:FLAG7「IDOL BOMB!」

>今回「いきなりのミスがある」と書きましたが、これは本当に皆さんにはわからないことなんですよ。これは単行本になったらわかること・・・もしくは、次の次の回をつぶさに眺めるとわかるかも知れませんが。

との記述が。「桂木家」の写植抜けかと思った人が大半だったんですが

>メールで知らせてもらったんですけど、本当にいきなり1コマ目に写植抜けがあるんだもん。これじゃあ、ないんですよ!

ということなので、名字は「中川」が正解なんでしょう。「まんなーかのん」コールといい「中川」のほうがつじつま合いますね。


☆その他お知らせ&独り言
・若木先生の解説リンクページを作るかも…。先生のブログの方じゃ過去記事読むのがちょっと手間かかるので。
・藤木先生の予告カットが載ったのでその記事も…
・porn紹介ちょっとまってください…
・本スレでの例のひよりちゃん。愛にあふれてるなぁ…あのスレには職人&濃いファン多すぎ。

神のみぞ知るセカイFLAG.24更新完了+神のみに似てる漫画を考えてみる

神のみぞ知るセカイFLAG.24 感想とか元ネタとか
だいーぶ遅くなりました…一応更新完了ですっ。あとで画像入れるかもですが。

☆神のみぞ知るセカイに似てる作品ってあるかしらん?
恋愛攻略コメディーという点では山田玲司先生の「NG」(ヤングサンデー2000~2001)や「Bバージン」(ヤングサンデー1991~1997)が近いかなぁ。
桂馬のお父さんがジゴロ(たぶん)って点や、独自の恋愛攻略理論を持ってるって点では「NG」と被る部分多いです。「Bバージン」は後半の展開は恋愛攻略とはいえないしね…

「NG」、ヤンサンでも結構マイナーなんで簡単に内容を。
スーパージゴロを父に持つパソコン及びアイドルおたくのモテナイ童貞高校生魂輝くん。父は魂輝に恋愛攻略の聖典を託して他界。魂輝はそれを使うことをかたくなに拒否してましたが、どうしても好きなアイドルの女の子を落としたくて聖典を解禁。
父の弟子だったという男の入知恵で、恋愛相談サイトを開設。あっというまに人気サイトとなり「恋愛の神様」としてあがめられるようになる。そしてついにお目当てのアイドルから相談が…

という話。久しぶりに1巻をぱらぱらめくってみたけど…山田先生どんどん自己主張が強くなっていくね…。今スピリッツでやってるのなんかただの環境問題啓発漫画のような。NG、アガペイズあたりはまだましだけども、言いたいこと、伝えたいことをストレートに文字で書きすぎてるきがする。そうなってくるともう「漫画」ではなくなってくると私は思うんですけどね。

もう1つ、地獄と契約して魂を狩るって点では夏目義徳先生の「トガリ」(サンデー2000~2002)が似てる。江戸時代の極悪人統兵衛が地獄から地表へ。「トガリ」という武器を使い、人間の罪を108日間で108個の罪を集めきったら地獄から開放されるという契約を結ぶ。現世の人間と関わっていくことで統兵衛が変化してく様子、統兵衛と関わることで現世の人間が変化していく様子が丁寧に描かれていて素晴らしい作品。最後駆け足でこれからってとこで終ってるのが残念ですが…

どちらもサンデー系の作家さんなのは私がサンデー系とちゃおしか読んでこなかったからです笑。
他にも似てるよって作品あったら教えてください…

神のみぞ知るセカイFLAG.24 感想とか元ネタとか

FLAG.24「地区長、地獄を語る。」
10/13追記
☆若木先生によるFLAG24解説
10/13:FLAG24「地区長、地獄を語る。」
・イラストはハクア
・地獄の設定の補足
→地獄というのは、死んだ人間の魂が行き着く場所でしかない(冥界)
→悪魔的な概念は後から発生。
→地獄が悪魔的なものになったのは冒頭のナレーションであったように人間の「悪のエネルギー」を利用するため。
→新悪魔に代替わりして、エネルギーはクリーンなものになったと思われる。
→地獄全体のシステムの詳細については、物語上必要でなかったので、省略。
→アルバの時の反省もあり、この物語の設定や伏線は極めてひっそりと配置されています。ハクアが何か話すたびに、少しずつ地獄のシステムについてわかっていきますが、難しいこと知らなくても、支障ないです。気にする人だけひっそりと楽しんでください。
とのこと。

・ココマは消防車に夢中なエルシィ。
・ココマ2は例の「タッチ」パロディ。
→パロディは書いている作家に一応話を通す。
→読み切りでまじっく快斗の単行本を出した時、ネタを使った訳でなく単なる単行本の表紙なのに、一応青山先生に話をしてオッケーをもらった。
→細部でも自分の好きなもので固めていきたい。
とのこと。

…久米田先生とか20代前半の頃から他のサンデー作品パロディしまくってたけど、あれも全部許可とってたんだろうか笑。留美子先生、あだち先生には可愛がってもらってるみたいなので関係は良好なんでしょうけど笑。
追記ここまで

よみましたっ
一応駆け魂設定説明の回ですけれど、まだまだ謎な部分が多すぎますっ
それを想像するのも楽しみの一つですけどねー。

今回は
①駆け魂&地獄の設定説明しながら学校探索~ハクアと桂馬の知的コンビの利点~
②桂馬のハクアへの対応~劇場での桂馬の行動の意図は?~
③桂馬の「触られるの苦手」設定の意味は?
④駆け魂や地獄の設定の謎

に注目して読みました。

☆ポイント1:駆け魂&地獄の設定説明しながら学校探索~ハクアと桂馬の知的コンビの利点~
設定説明って、難しいと若木先生もブログで書いていらっしゃいましたが。
イベントと話の断片から「考える」ことができる桂馬と、確実な情報をもたらしてくれるハクアというコンビは設定説明にうってつけですねっ。
ハクアと桂馬、お互いが持っている情報を総合して駆け魂が隠れているだろう場所を絞っていきます。

桂馬の「ゲームバカ」な一面のおかげで、硬いやり取り、シリアスになり過ぎないのもコメディとしてポイント高い。2Dキャラの桂馬&PCゲームの特典とおぼしきシーツカバーでの分かりやすい説明が神のみらしいです。

しかし、計画性なく学校をさまよってた(消防車に夢中になっていただけ)のエルシィが一番に駆け魂見つけてしまったのもなんだか意味深…。桂馬がバディになったことといい、今の彼女には「運」という最大の武器があるようです。


☆ポイント2:桂馬のハクアへの対応~劇場での桂馬の行動の意図は?~
負のエネルギーがあるところ、というわけでお化けの噂がある劇場へ向かう桂馬とハクア。
ちょっと恐怖心を抱いてるハクアを桂馬は突き放します。
ハクアがびびってることを見抜くなんて桂馬には朝飯前でしょうから、ハクア独りを劇場内に行かせようとしたのは、ハクアに「駆け魂を捕まえていないこと」を告白させるという意図があったと考えて間違いないでしょう。(現に入り口までは一緒についてきてるわけだし、単に嫌なだけなら「ボクは行かない」と宣言する必要はない。)

92ページの
「お前はもう、10匹も駆け魂捕まえてるんだろ?」
の後の桂馬の表情、ハクアの告白のあとの表情を見ても、ハクアが「駆け魂を捕まえたことがない」ことを分かってたみたいです。
FLAG24②

ハクアの弱点(コレは心のスキマといっていいかも)、つまり「駆け魂を捕まえていないこと」を吐き出させた桂馬。桂馬のことだからこれも駆け魂捕獲に重要なことだったんだろうけど、来週のお話にどう絡んでくるのでしょう。なぜ彼女が駆け魂を捕まえられないのか、を説いてハクアに駆け魂を捕獲成功させるのが妥当なとこかな?「神のみ」的展開、と考えるとハクアに駆け魂はいっちゃうほうが面白くなりそうですが…どうでしょう。


☆ポイント3:桂馬の「触られるの苦手」設定の意味は?
劇場で突然の物音に驚いたハクアは桂馬に思わず抱きつきます。
桂馬はさっきまでの冷静な言動と打って変わって
「わ!?わ―――離れろ―――!!」
と大動揺。

初回から読み直してみると、桂馬が触られることをかたくなに拒否したり、不意に触られて動揺したり…というシーンが頻繁に出てきます。美生編でははっきりと「触られるの苦手だ」といってますしね。

読み切り版「恋神」の3D女に苦手意識持ってる桂馬ならいざしらず、「神のみ」の桂馬は3D女なんてなんとも思っていない。2D神としての自分に絶対の自信を持っています。桂馬を「神」としてキャラ立てるなら「触られるの苦手」な設定は余分に感じられるかもしれません。桂馬っぽくいうと「神として設定が甘い!」わけです。

ですがその「甘さ」あってこそ、少年漫画のラブコメとして成り立っているのではないかと。最初から完璧な「神」だったら、キャラの成長や変化が見られないわけです。これから3D女に対しての扱いがどう変化していくかって部分、(どうデレていくかともいう)これこそ「神のみ」の醍醐味ではないかと私は考えてますっ。勿論女の子たちの成長をみるのも楽しいんですけどね。
にしてもエルシィに関しては、ポンコツなままですねぇ…。彼女の成長エピソードはどこかでかかれるのでしょうか。


☆ポイント4:駆け魂や地獄の設定の謎
最早ラブコメとは思えない語りから始まった今回。どうやら地獄には2種類の悪魔がいるようです。
つまり

「古い悪魔」…人の悪を育て、その邪な魂を糧とする悪魔。
「新しい悪魔」…エルシィやハクアたち。


「新しい悪魔」は理性と秩序を保つため、古い悪魔を封印追放。
革命おこして新しい地獄をつくったわけですな。

この構図は『聖結晶アルバトロス』の(連載中にははっきりしてなかった)真の設定に似てます。

アルバの世界の場合、読者が「正義」とおもって読んでいた主人公側が、地獄でいう「古い悪魔」側であって一概にどっちが悪か正義か、なんていえない世界観だったわけですが…。
若木先生のこと、まだまだ地獄の歴史にも裏がありそうです笑。

桂馬はハクアが語った地獄の歴史から駆け魂の設定も看破しちゃいます。
駆け魂は「古い悪魔」の魂。封印から抜けだした魂は、心のスキマの負のエネルギーを喰らい、力を取り戻す。やがて宿主の子供として肉体を得て完全復活を遂げるようです。

駆け魂つきの女の子が異常な能力持ってしまうのは、女の子が駆け魂の力を引き出しているから。まだ駆け魂の力が弱いレベル、とはハクアの談。

これで駆け魂に関する謎はちょっと解明されたわけですけど、肝心なところは全くですねぇ笑。
思いついた疑問をいくつか書いておきます。

①革命は何時おこり、いつ駆け魂狩りが始まったのか。
「あれから…もう300年以上経つのよ…」
「古い悪魔はもう過去のもの!!」


とのセリフから地獄で革命が行われたのが約300年前ってことは分かりますが。駆け魂狩りが始まったのは何時の頃なのでしょう?

・駆け魂の捕獲率は低い。
・落ちこぼれだったエルシィが悪魔の重要任務、駆け魂隊に入ることができた
ってことから考えると、駆け魂狩りが忙しくなったのはごく最近?

②ハクアとエルシィが学校に行っていたのは何時ごろ?
学校で駆け魂捕獲について学習してたとしたらここ300年以内ということになるんですが…
エルシィは300年掃除係をやってきたっていってるんですね。仕事しながら学校行ってたていうのならつじつまあうけど…

③エルシィとハクアで駆け魂の設定説明が違う…
エルシィも1話で駆け魂とはなにか?っていう説明をしてるのですが…

「駆け魂は地獄から抜け出した悪人の魂」
「死んでも悪人は悪人」
「奴らは再び地表で悪事を働くべく」


と、どう考えても「駆け魂=人間の悪人の魂」という説明をしてるのです。
1.単にエルシィが勘違いしてただけ。
2.バディに分かりやすいように用意された建前の説明だった。
3.エルシィだけウソの設定を教えられていた。
4.単に1話のお話を円滑にするため設定を簡潔にした。
あたりが考え付きますが、はたして。

4.ですが、サンデーのバトル漫画系ではよく使われる手法な気がする。有名どころでは『からくりサーカス』や『烈火の炎』で序盤のお話を盛り上げるために「仮の設定」がありました。


④古い悪魔の封印方法は?
もともとは肉体だって持っていたんですよね、彼らも…。


☆その他小ネタや伏線
・桂馬がハクアに駆け魂設定を説明するシーン。駆け魂が任天堂のマリオシリーズのテレサっぽいです笑。
FLAG24①

・舞校野球部の現実逃避はあだち充先生の「タッチ」と島本和彦先生の「逆境ナイン」の融合。
どっちもサンデー大好き若木先生らしい選択ですな笑。

セリフは明らかにタッチやけど、野球部の面々がかけるメガネみたいなヤツが「逆境ナイン」の不屈闘志がしてたやつと一緒。あとスコアボードが「逆境ナイン」の作中にでできたヤツと同じっぽいです。(ちゃんと確認できてませんが。)「日の出」って高校の名前がみえるしねっ。

・ハクアの「握手」へのこだわり。ラストは桂馬と握手フラグかな?


☆今週の煽り
1ページ目
■この漫画は恋愛攻略コメディーです。あしからず…
字体も変えてます笑

2ページ目扉ロゴ上
詳しい悪魔の設定初公開!興味ある……よね?

ロゴ下
■単行本(コミックス)第2巻10月17日(金)ごろ発売!!■

18ページ目下
で・か・い!!
こ・わ・い!!
※中央の顔を見つめすぎると不安な気持ちになりますのでご注意ください。


これにプラスして今回は単行本広告見開き2ページ(!!)もありますがコレは別記事にします~
神のみぞ知るセカイ第2巻見開き2ページ広告の「中川」かのんについて+更新お知らせ

☆巻末コメント
Q.宝くじが当たったらなにをしますか?
A.ゲーム作る。


さすが漫画界一のゲーマーを自認するだけはあります、先生っ!!!

神のみぞ知るセカイFLAG.24速報+α

過去の「神のみ」感想考察(無駄に長い)読みに来た人はこちらへ。
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
ひとまとめにしてみました。今週号は今からです…日付変わってから、かな?

☆若木民喜先生のインタビュー
トップにも書きましたけど…すっかり登録したつもりになってたよ!!馬鹿としか言いようがないっ!!
追っかけとして失格ですな…最近選挙関連で仕事忙しいし、車校もいってるから疲れ果てて気がぬけてって…いいわけはダメねっ!!おとなしく来週待ちますよ…


☆今週の感想ちょこっと。
・ま、桂馬がホンキで現実女のことどーでもいいって思ってる、と読み取るひともいるでしょうが。
美生編の「触られるの苦手」設定を覚えておけばそうはならんだろう。
3次元に関わりすぎてる、気を許しすぎてる自分を元に引き戻そうとしてる感はありますが。

・桂馬はハクアが10匹も捕まえてなかったことは理解した上でのあの行動、言動でしょうね。
ハクアがウソを告白したときの表情も分かってましたって感じ。あゆみんがハードルわざとこけたときとんなじかんじだ。

・逆境ナイン+タッチって…笑。ネタがいい感じに古いです。

・設定説明回では、桂馬ほど映えるキャラはいないと思う。話の断片から設定を全て言い当ててしまうってのは桂馬しかできないでしょう。あれをバトル漫画でやっちゃうと興ざめしそうね。
最近天才頭脳系の主人公が巷にあふれてるのも、複雑になってる設定の説明をしやすいからって面もあるのかもしんない、なんて。

・悪魔の種族間抗争だったのか!なんかアルバっぽいね。

・不安定になる、不安定になるうううう――――!!と普通ちゃん風に。



神のみ関連拍手コメントお返事&お知らせ

ありゃー、結局絶望先生の記事まとめ切れんかった…。最近神のみでいっぱいいっぱいです。

☆拍手コメントお返事
>>(名前無し)さん
10/2にコメントくれた方です。何でもいいから名前入れてくださるとありがたいです。
エロパロ版住民の方ですかっ!神のみぞ知るporn私も大好きです。あゆみんは桂馬の嫁派には欠かせないSS。紹介と感想の記事、火曜くらいに書きますね。とりあえずpornの魅力を端的にいうと、桂馬の2面性がきちんと書かれていること(5月に書かれたSSなのに…)、なぜHするのかって過程がキチンと書かれていること、想像の余地を残す簡潔な文体、といったところでしょうか。

>>めぎゅっちさん
私も記事書くために読み直してて初めて気付きました笑。担当さんの煽りも毎回楽しみな私です。ペーパーも気合入ってそうです。


☆お知らせ
どうやら神のみ感想を目当てに来てる方が多そうなので、神のみ感想の記事のまとめを作ろうかと思っています。ちょっとお持ちくださいませ~。
あ、FLAG23の画像ですがカメラが出張中なので明日になります…


[ 2008/10/05 22:52 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

ごく個人的な久米田先生メモ:2人の竹田哲也

☆サンデーの竹田哲也さんのお仕事
「さよなら絶望先生」の初代担当さんは言わずと知れた竹田哲也さん。
紙ブログでサンデーで同姓同名の編集者がいることを書いてましたが、マリンハンターの大塚志朗先生の担当さんだったんですねー。なんとなく単行本見てて気付きました。なんで今まで気付かなかったんだ…
コミックえもんのマリンハンター紹介記事にもお名前が載ってます。→http://emon.webshogakukan.com/showup/marine02.html


☆個人的な蛇足
「創」の編集後記読む限り、マガジンの竹田さんは私の出身高校の先輩かもしれん…。香川から東京でて講談社に就職っていったらかなり絞られる。おそらく2分の1の確率で先輩だ。

そこで裏技。
職場の知り合いの方が同じ高校の先輩で竹田さんと同い年(たぶん。私より10歳上ね。)なんである。

もう「Nさん、卒業アルバムまだ持ってます?」
Nさん「うん、あるよー」
もう「竹田哲也って人いたか調べてもらえませんか?」
Nさん「いいけど何につかうん?」
もう「いやぁ、ちょっと興味があって…汗」

…ただいま結果待ちです。私はなにやってるんだ…

[ 2008/10/05 02:16 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

とても個人的な若木民喜先生メモ1

時間があったら記事にするかもっていうものの断片

・http://www.tk1.speed.co.jp/tamiki/top.htm
ああ…なるほど!!謎の文字列じゃなかったのね。グーグル2001様様。10年目の真実。
確かにtamikiだけじゃ名前とはわかんないわ。あえて言えば原爆作家の原民喜とか。

・ランちゃんが元イメージがぁ。それでラン科ヘルミニウム(植物名)と…。それだとハクアは2重人格だったのかしら。にしてもマニアックで分かりにくいところからネタをもってくるなぁ。~ニウムのネーミングはアルバも意識してのことだろうけど。

・たみー先生はローディストだったのかっ!!世代的には、ながい閣下と同じくらいかしらん?今のファンロードよりもっとマニアックなイメージがある、80~90年代前半。
もうちょっと世代上になるとアウシタンになるのかな。ゆうきまさみ先生とか。当時のサブカルチャーには強烈な憧れがある。私はもう15年早く生まれてたらナゴムギャルになってたかもしれない…。PEROさんの筋少レビュー読んでみたかった。グーグルでも見つからず。そもそも書いてないのか?

・若木先生じゃないけど久米田先生。このHPよく行ってたー!!懐かしい。ここで初めて葉鍵とかの所謂泣きゲーの存在を知った気がする。引越しのとき、このサイトをプリントアウトしたものが大量にでてきて笑ってしまった。(当時はISDNで定額制じゃなかったし自分のパソコンなかったからなぁ)
http://web.archive.org/web/20011123233111/www07.u-page.so-net.ne.jp/pg7/piranha/wakimo/kaizou.htm

神のみぞ知るセカイFLAG.23 感想とか元ネタとか

FLAG.23「地区長、脅迫される。」
10/13追記
☆若木先生によるFLAG23解説
10/06:FLAG23:「地区長、脅迫される。」
・イラストは没コマハクア色つきver.
・設定話の良し悪し。
→世界観を深められる良い部分。話のスピード感が著しく失われるという大きな欠点。
→設定をどういうタイミングで、いかに効率よく話すか、というのが人気と内容の両立を求められる少年マンガの重要タスク。
→「ただ立ち話だけをしている状況」というのをどうやって避けるかを工夫してる。
とのこと。

・ハクアの名前について。
→ヘルミニウムはうる星のランちゃん→ラン科ヘルミニウム→ヘルミニウム
→「高飛車な女の名前は、ア段の文字で終わる」→「ジュラ」→白亜
→だから、ハクアは最初のキャラ表では銀髪だった。
とのこと。

・ココマ
エスパー魔美。
追記ここまで。

よみましたっ(あれ、今何曜日だっけ…??)
密度の濃い回でしたねー。ハクアの不器用な優しさ、駆け魂の設定説明っていう破壊力抜群なファクターに加えて、桂馬の2面性が前面にでてました。それにしても桂馬かっこよすぎ。桂馬のイケメン度が回を重ねるごとに上昇してるのも単なる偶然ではない、と思う。

☆サブタイトル
明確な元ネタってあるんですかね?「○○、○○○。」形式のサブタイトルって小説やらアニメやら漫画やらで多用されてるパターンなので特に元ネタはないんじゃないかにゃーというのが私の見解。


☆扉の煽りが…「同級生2」と「神のみ」の関係。
同級生2人の現在は?」
こ、ここで「同級生2」ネタですか笑。センスがすごすぎる…!!「同級生2」と「神のみ」の関係については別記事にしましたー。→神のみぞ知るセカイFLAG.23元ネタ補足記事(「同級生2」と「神のみ」の関係)
単行本で煽りが消えるの惜しいくらいですね…。
FLAG23①


☆ポイント1:今回は早々にエルシィ離脱。
さて、本編。捕獲に失敗した駆け魂が逃げ出して、強力になってるみたい。それを捕まえろ、とドクロウ室長から指令が。早速追いかけようとするハクア。一緒に行こうというエルシィに対して…

「ヒラの悪魔の力なんか必要ないわ。」

と一刀両断。桂馬に助けを請うも、再びネットにつなぐイベントで必至なご様子で聞く耳持たず。

「うーっ今日の神様キラい――!!」

独りで探しに行きます。出番が少なくてもキュートなやつだなぁ、エルシィ。


☆ポイント2:ハクアの桂馬に対する印象の変化
一方ハクアは、ひろーい校内で迷子。

「こんなはずじゃ…なかったのに…」
「手伝ってやろうか?」

独り落ち込むハクア、そして桂馬登場の演出が素晴らしいですっ!漫画特有の「メクリ」効果を最大限に発揮しています。昔からある演出ではあるけれど、やっぱり使い所がうまい。

やっぱり、登場時はバカなポーズしてるわけですよ笑。ギャルゲが全て。ここまでは、前回ハクアが見た「バカ」モードの桂馬なわけです。
FLAG23②

だけど即座に鋭い意見と表情。コマに挟んだハクアの表情が印象的。

「あはは。人間に何ができるって言うのよ!!」
「誰に向かって言ってるの!?私、上級悪魔よ!?エルシィの所に帰りなさい!!」


ここでハクアに痛恨の一撃。

「安心しろ。駆け魂を逃がしたのがお前だってことは、エルシィには言わない。」

ま、読者は先週、ハクアの言動や表情を読み取ってきたわけだから大体予想できただろうけど、桂馬を「バカ」と認識していたハクアにとっては衝撃的でしょう。

いいわけしようとするハクアに桂馬の観察眼&完璧な推察が炸裂。
ハクアが逃がした駆け魂を追ってここまできたこと、それを誰にも知られたくないことをハクアの言動、行動から看破します。久々に「攻め」モードの桂馬ですねぇ。

「な…なんなの!!」
「何者なのこいつは!!」「最初会った時と全然違う…!!!」

FLAG23③

どうやら、ハクアは最初のゲームバカの印象を改めざるを得なくなったようです。

わ、私も桂馬に問い詰められ(以下略


☆ポイント3:桂馬の2面性(「バカ」と「インテリ」のバランス)
インテリっていったら誤解ありそうだけど、この場合観察眼とか論理的な思考とかもろもろ含んだ頭の良さ、として「インテリ」って書いてます。

ハクアとのやり取りの中ではっきり見えたように、ゲームに必至の「バカ」っぽいキャラとカリスマ的「インテリ」キャラがバランスよく同居してるっていうのが、桂馬なんだと思います。さらに言うと「インテリ」キャラの中でも攻め鬼畜系と受け王子系に分かれてたり。2chの本スレとか見てると、どんどん攻めていく「インテリ」キャラの時のほうが評判宜しいみたいですけど、どっちもあってこその落とし神。今まで現実世界の人々に対して「バカ」の面しか見せてなかった桂馬が、エルシィ登場によって「インテリ」面を見せさせるを得なくなるってのが「神のみ」の醍醐味っ!攻略以外で、桂馬の「インテリ」面に気付いて好きになる女の子が出てくるんじゃないかって、以前書きましたが(神のみぞ知るセカイFLAG.19 感想とか元ネタとか)その第一号がハクアになるのかな、これは。


☆ポイント4:ハクアの不器用なやさしさ
桂馬が格好良く決めたところに、ハクアを探してエルシィ降臨、桂馬轟沈。エルシィと一緒に居ると桂馬は振り回されっぱなしですねぇ笑。だからこそ「ドタバタギャグ」として読めるのだろうけれど。

エルシィを追っ払おうとするも、耐え切れず着地の下手さを指摘するハクア。何気に羽衣の設定も説明されてます。設定説明が自然なのが素敵っ。

「あと羽衣の目隠しONにしてる?」
「昼に飛ぶ時は目隠ししないと人の記憶に残るでしょ!管理局の人の手間が増えるじゃない。出世にヒビくわよ!!」


昔っからエルシィの世話を焼いてたのが良く分かりますね笑。いいヤツだわ。

ハクアを尊敬のまなざしで見るエルシィに桂馬がネタバレをしようと…

「優等生の衝撃の事実!!」
「そのハクアについて耳よりな情報を湾クリックでご提供しましょう。」


どこのアヤシイネット広告ですか笑。
すかさず桂馬をふっとばして黙らせ、エルシィを別の校舎へ行かせる。
にしても桂馬タフだなぁ笑。ファー様並に不死身だよ。そしてハクアの鎌?の威力もすごい…。


☆ポイント5:ゲームから抜け出すために…!悪魔を脅す桂馬
桂馬はエルシィに事実をばらさない代わりに、ハクアから駆け魂と地獄に関して情報を得ようとします。

「お前が来るまで地獄の設定すら怪しんでいた。」
「エルシィからの情報はどうも信用できない。」
「エルシィは…エルシィは…バカだからな…」
「地獄を代表してゴメン。」


もう、このシーン最高に好きなんですっ笑。「エルシィは…」のタメがいいっ!
エルシィに対する諦めと憎めなさがにじみ出てます。得なキャラですよ、エルシィは。

楠主将を割とあっさり攻略してしまって、駆け魂狩りの生活にすっかりなじんでたかのようにも見えましたが、ここで彼の駆け魂狩りに対する姿勢を再提示。

「ボクはただ…一刻も早くこのゲームから解放されたい。」
「それには情報が必要なんだ!!エンディングに辿りつくために!!」

ハクア、完璧に押されてます。自分に自信をもってる、そしてしっかりと先を見据えて結果を残していく。そんな桂馬は、ハクア自身の理想像と重なるところがあるのかもしれません。


☆ポイント6:桂馬とハクアの掛け合い
桂馬の情報と、ハクアの技術で校内を探し回る二人。ハクア、技術的にはとっても優秀なんですね。結果につながらないのは、プライドが邪魔してる部分があるのかなぁ。

「それにしても、悪魔を脅迫するなんて…なんて人間なの!?」
「人間に脅迫されるなんて…なんて悪魔だ…」
「うるさーい!!」


の掛け合いとか、学校内を桂馬が説明しながら移動してる描写がさりげないけど心に残ります。オムそばパン再登場してるしっ。
桂馬の芝居がかったセリフもいいけど、こういう描写や掛け合いの「さりげなさ」も神のみの良さだとおもいます。こういうのって、80年~90年代サンデーには多かったんだけどなぁ。ここ数年はどうもストーリー先行なのが増えましたねぇ。

駆け魂を見つけたら殺してやる!と鎌を向けられるも、冷静にハクアの性格を見抜いて脅しにも動じない桂馬。

「ボクが死ぬとエルシィも死ぬらしいから。」
「お前は親友を殺すようなや奴じゃない。」

「あ、あんなの別に親友じゃないよ!!」
「ほ―――」
「親しくない奴に減速のコツを何度も教えるのか。」
「わ、私…お前キライ!!お前とは握手してあげないわ!!」
「いらん…」


痛いとこつかれて微妙に友達言葉になってるハクア可愛い笑。
これはなんのフラグですかっ!「握手」はハクアにとってどんな意味を持ってるのでしょう。
しかしハクアに対してはとことん攻めの姿勢だなぁ神様。


☆ポイント7:羽衣の新たな技&駆け魂の秘密ハクアはエルシィの使えない技も使えます。羽衣を使って過去の映像を映し出す高度テクニック。
心のスキマに逃げ込んでるんじゃないかという桂馬を否定。というのも、駆け魂が大きくなりすぎて体に合わないから。更に、衝撃の事実(今回は本当)。

「そう駆け魂は…『悪魔にとっての悪人』…」
「悪魔の、魂なの。」
「私たちとは違う…本物の『悪魔』…」


およよ、本物の『悪魔』っていったいなんなのかしらん?これから若木先生お得意の綿密でワクワクする設定が顔を見せていきそうです。


☆今週のあおり
扉まんなか
同級生2人の運命は?

扉ロゴ下
■単行本第2巻10月17日(金)ごろ発売!!■
みんな、アニメイトに走れっ!今回も特典つきっぽいです。

1ページ目右
■第2の悪魔っ娘と逃げた駆け魂とで大変です。

18ページ目右
■ついに明らかになる秘密…次号も超必見!!

142ページに2巻の紹介文が載ってたので。
あなたは神を信じますか?我らが2D神による恋愛聖書(バイブル)第2巻!!
もはや落とし神教ですな。


☆巻末コメント













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。