スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

PCさんが退院しました&ありがとうございます

打鍵の感覚が心地よい。
わーいついにもどってきたよっ
PCちゃんと涙涙の対面。5年近く使ってると愛着わきますな。
ヤマダデンキの5年間保障はえらいね。マザーボード取り替えても無料だもの。

ピアノもパソコンも一緒でやっぱり一番長く付き合ってる奴の打鍵の感覚というのは気持ちいいものです。客観的にみると、もっといいものはいっぱいでてるんだけどねー。

思うが侭にパソコンに保存してた画像データやらフリーソフト、PCゲーム等々はすべて消えてましたが涙。もちろん2ch過去ログもパソコンにそのまま突っ込んでただけなんで全部消えてる。粗造りだけど過去ログ置き場はつくっててよかったー。そういえば絶望放送も3週間聴けてないぞ。ブログ始めた当初は全部感想書くつもりだったのに、結局神のみばかりになってますねぇ。

というわけで、明日からこれまで放置してた記事を補完する作業に移ります。やっほい。もちろん神のみ過去ログ置き場も更新予定。(ログはあいかわらず人頼みですが笑)

PC入院中、放置記事ばかりにもかかわらず読みにきてくださった方、ありがとうございました。
そうそう、いつのまにかユニークアクセス10000超えててびっくりです。1年で1万が目標だったんだけど、予想外に早かった。(アキバblogさんのおかげっぽいですが笑)2巻発売&過去ログ置き場作成あたりからちょっとずつお客様が増えてるようでうれしい限りです。これからもおっかけ魂全開で時に気持ち悪い記事を書くかもしれませんが、そういう時は全力で突っ込みいただけると超喜びます笑。

その他お知らせとか。
放課後チルドレンについてsakuさんからコメントもらい、私の中でおおばやしみゆき先生の初期作品への熱が再沸騰してます。感想書くぞー。おばやし先生の初期作品のテーマって、神のみの今シリーズのテーマと似てるきがします。少女マンガをあなどるなかれ。
・森田滋先生の漫画レビュー、書きかけだったのに消滅…またがんばります。ってか森田先生23歳ってウチとおんなじやないの!!正確に言うと私のほうが1ヶ月年上なんか。すごいなぁ…私もがんばんないとなぁ…若いんだよなぁ…若いんだよねぇ…忘れかけてたけど。
スポンサーサイト
[ 2008/11/29 22:14 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(2)

赤い季節~エルシィの赤フェチの理由は何だろう?~

11月も終わり、既に巷はクリスマスモードですねぇ。
クリスマスの予定は…せいぜい書きかけの記事を埋めることくらいで寂しい限りですが笑、やはりこの季節は楽しい!

だって街中に赤があふれるんやでっ!!
興奮せずにいらいでかっ!!

ワタクシ、「神のみぞ知るセカイ」のエルシィばりの赤フェチでありまして、カーテン、ベッド、机、コタツと全て赤色。他の家具は白で赤白ルームとなっております。

当然着る物も赤色が多く、赤色ベレー帽に赤色のタータンチェックコート、赤色のスカートで平気で外出する。一歩間違えばき○がいだにゃー。

車校で先生に会うなり「なんかプレゼントくれるんか」と言われる始末。どうみてもサンタクロースです。

大学は広島だったので、赤色に染まる広島市民球場に大興奮し、カープ目当てでよく野球観戦にいっておりました。「それいけカープ」をフルコーラスで歌えるため、コアなファンの方に妙に気に入られたりしました笑。

女の子の色と言えばピンクですが、「弱い」「かわいい」イメージがあるんですよね。
私はもっと強さと格好良さ、熱さが欲しいっ!ピンクは軟弱過ぎるんだ!と赤色を熱烈に愛しております。自分に無いもの、足りないものを色で足そうとしてるのかもしれません。エルシィの赤好きはどこからきてるんでしょうね?

と、神のみネタに繋げたところで神のみ記事に関するメモ。
・やっぱり若木先生哲学専攻やったんや…
・某所で始皇帝扱いになってる笑。(「愛ってすなわち価値評価の基準」の関連)やはりecdでやってたことは批評の本来あるべき形なんだなぁ。
・とりあえずはエロゲ批評の究極としてecdを扱おう…正直どう扱っても地雷踏みそうで先行き不安なんやけど(神のみをより楽しむためのギャルゲエロゲ記事関連)
・新スレ立って過去ログの話題でる度に心ぐるしい。ごめんよ~必ず復活するから!
・クオカ外れた…アンケートはよくあたるのに!!
[ 2008/11/29 09:14 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(5)

神のみぞ知るセカイFLAG31 感想速報版

FLAG31「10%の雨予報」
読みましたっ
…桂馬とちひろの、気持ちが痛い。
切ない、切なすぎるよう…


まさかのモブキャラ攻略の驚き、あゆみん再登場の女神っぷり、そして先週の密着ニヤニヤ展開から一転して、今週は切なさ一直線。
この2転3転のストーリー展開が神がかってるのは勿論なんだけど…
それ以上に今週の演出は扉絵、煽り文含めて完全度高過ぎ。コレ、本誌で読まないとほんと勿体無いと思う。神のみスレにも書いたけど、大林宣彦監督の映画並みに青春ノスタルジックだわ。

桂馬、ちひろの表情と細かい動きで青春ノスタルジーな気持ちを表現する。セリフ、モノローグに依存しないシークエンスでの心情描写。まるで映画じゃないか!
特にちひろの描き方が巧すぎるっ!
はっきりしないちひろの態度、イライラするくらいコロコロかわる発言、だけど今回はその態度や発言の裏にある気持ちがちょっと見えるように描かれてる。

真剣になりたくてもなれない、失敗が怖い、だからいつも途中で逃げてばっかり言い訳ばっかりなの。だからこそ、真剣な人に憧れと妬みを同時に持つんだよ。(私のことだよこんちくしょう)

ゲームではこうは行かないからなぁ。minoriとか映画っぽい演出がんばってるけど…立ち絵の表情差分とイベントシーンが基本のノベルゲームじゃいくら映画っぽくしたって太刀打ちできない。特にefはアニメの心理描写が素晴らしすぎて、皮肉にも1本道サウンドノベルの限界を示してしまったわね。

と、話がそれました。まさに「10%の雨予報」な空、それを見上げる桂馬、ちひろから桂馬への眼差し、イベントが起こって初めて、ちひろ自身を見ていなかったことに気づく桂馬…それぞれのシークエンスの美しさとその解釈をねちっこく語りたいところですが、それは完全版に譲ります笑。いつになるかわからんけど…涙。

で、今回のポイントは、2人の気持ちのすれ違いっぷり!ああ青春。
コロコロ変わるちひろの態度と、その態度の原因(ユータ君より桂馬といるほうが楽しい)を見抜けない桂馬の鈍感っぷり、そしてちひろが傷ついて初めてちひろの本質を理解する桂馬…うう、切ないなぁ。

いつもの攻略なら、桂馬が女の子の気持ちに気づかないってのが有り得ない。だから、今回のような青春すれ違い恋愛ストーリーは桂馬には無縁のように思われました。

だけどハクア編及び楠編で示された通り、桂馬は3D世界の人間としての自分の長所(真剣さとか顔の可愛さとか)が、女の子にとって魅力的に映ってることに無自覚なんです。女の子が自分を好きになるのは、ゲーム理論があってこそ。リアルの女子はリアルの桂馬との恋愛を望んでいない。そのスタンスを貫いてる。だから攻略以外のところでは、女の子の気持ちが自分に向いていたとしても気付かない。
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想とか元ネタとか「ポイント2:桂馬の鈍感さの背景にあるものは、絶対的価値観」参照)

今シリーズではそんな桂馬の無自覚な鈍感さを逆手にとって、青春すれ違いの切なさを演出してしまったのですっ!若木先生、あなたはどこまですごいんだ…

桂馬が「ちひろを攻略する」んじゃなく、「ちひろに攻略させる」という意識だったからこそ、自分に惚れさせるという意図がなく(素の人間として)、ちひろと接してきた桂馬。ちひろは地獄関係以外で、唯一素で接することができる存在なのかもしれません。

ちひろを本当に傷つけてしまったことで、彼女の気持ちがユータ君より自分に向いていたことには気づいたでしょう。

だからこそ、ちひろ「攻略」を決意したのだろうけど…決意までの間、「10%の雨予報」な曇り空を見上げ、桂馬は何を思ったんだろう。攻略したら、もちろんちひろの記憶は消えてしまう。だけど桂馬と一緒に攻略計画立てたこと、一緒に中華まん食べたこと、この事実は消えない。

二次元の神じゃない、リアルの自分の存在意義。
リアルの女子の気持ち。
そして、駆け魂狩りの意味。


二次元だけに生きてきた桂馬、三次元のことも意識しはじめてる…女の子だけじゃなく、桂馬のセカイも変化していくようです。

来週、少しグレードアップした神様が見れるんじゃないでしょうか。今週の切なさを抱えたまま、しっかりちひろと向き合って欲しいです。

放置記事多くてすみません…年末の連休でまとめてやります!

愛ってすなわち価値評価の基準

☆愛、悟っちゃいました…?
「お茶にごす。」の3巻を読んで、私に愛を教えてくれ、部長さんっ!と叫び。
「阿修羅ガール」の第一部、全世界的な愛と自己愛の葛藤に心打たれ「愛が足りねーんだよ、愛が!!」とノートに書きなぐり。
説教くさい、あんた何様?と一部読者の失笑をかいつつも、ニュートラルな愛を表現し続ける新井理恵様の言葉の数々を再発掘して感慨にふける。

…そんなことばかりしてたら3連休が終わってしまった。舞城王太郎、いままで何作か読んだもののピンとこなかったのだけど、「阿修羅ガール」めっちゃいいやんっ!!舞城王太郎と佐藤友哉(ポスト舞城とか言われてる)やったら断然ユヤのが好みやなーと思ってたけども「減るもんじゃねーだろとかいわれたのでとりあえずやってみたらちゃんと減った。私の自尊心。返せ。」っていう最初の一文でよい予感が走ったのですよ。愛やら恋やら言ってても、結局は自分のことしか考えてないやろー。この偽善者が。なんて一瞬でも思ったことある方には読んでほしい作品かも。

で、じゃあ愛って具体的にはどういうことなん?と自問自答するもそんなの答えなんか出るはずもなく笑、「阿修羅ガール」でアイ子が○射されそうになるシーン読み返してたら、○液の描写にこだわりぬいて1つのジャンルを作り上げてしまった偉大な評論家を連想してしまった。(もうこの思考回路が完璧な信者脳やね。これくらいやないと作者のおっかけなんかできませんわ、ということでっ笑)

で、何気なく彼の残した評論を聖典とする某フェチスレを読んでたんだけど…なんだあのクオリティの高さは!あそこまで評価基準がはっきりしてて読み応えがあるスレッドってなかなかないぞっ!!
断っておくと、私は別に○液フェチじゃないですよ。エロゲだって片岡ともの純愛系のテキストが好きで興味もったわけで、いわゆる抜きゲは未体験ゾーン。そんな私でも、明確な価値判断の基準にそってゲームにおける○液描写を語る彼らの書き込みはとてつもなく面白く感じられたのですよっ。

ここまで「傍から読んでても面白い」スレッドになってるのは、聖典を書き、だれにでも理解できる価値判断基準を作り上げた彼の功績が大きいでしょう。誰一人として先駆者がいない中、「こういうゲームが良いゲームである」と、並々ならぬ説得力をもってプレイヤーのみならず製作者側にもアティチュードを示したのはとても画期的。もはやただの変態とはいえません、私は笑。特殊なフェチはとかくノーマルな人々から避けられる傾向にありますけど、自分の好きという感覚に客観的な視点を持ちこんで判断基準を見極め、人にそれを伝えることができる…これを愛といわずなんといおうかっ!!
「好き」というあいまいな感情、これをだれにでもわかるように判断基準を示して、「好き」をかたる。これこそ私が求めてた「愛」なんじゃなかろーか。ちょっとわかっちゃったぞ、私っ笑。

ニッチなセカイではあるけれど、聖典と聖地を残した彼は、そのセカイでは紛れもなく「神」だったんじゃなかろうか。そこに「神のみぞ知る」セカイがあったかどうかは、今の私にはわからないけれど。
そう考えると、桂馬が「神」であるセカイ=ギャルゲーってものすごく広いなぁ…


…と、勢いでエロゲ評論から「愛」を悟った体験を書いてしまいましたが、いざ読み返すと○射とか○液とか普通にかいてて思わず赤面してしまったので伏字。(論戦中に勢いで「そんなの演奏者側のオナニーじゃないですかっ!!」と叫んでしまい空気が凍りついたことがいまだにトラウマなんである)
まだまだ「愛」の領域には遠いなぁ…
神のみぞ知るセカイおよび若木先生への「好き」をなんとか形にすべく、毎回文章をつづっております。いつか「好き」が「愛」になれる日を目指して、日々精進。読みに来てくださってる方、しばしお付き合いくださいませ。

[ 2008/11/25 19:55 ] ギャルゲ(エロゲ)とか | TB(0) | CM(2)

テレキャスロック小僧

20081123153847
20081123153844
神のみぞ知るセカイ、というか若木先生の話題。
若木先生のブログにギターが載っとる。80年代後半から90年くらいってことでフェンダーのストラトキャスターかしらん?エレキはやったことないからあんま自信ないや。
というわけで、90年頃の音楽雑誌を漁ってみた。(古い音楽雑誌を集めるのが趣味だったのです、大学時代。)
お、色は違えど形はコレっぽいです。
1990年宝島4/9号VOWのストーンズ来日記念プレゼントのフェンダージャパン製ストラトキャスター。(ストーンズメンバーのサインが入ってるみたい。)年代的にもだいたいあってる…のかな?

にしても…高1でフェンダーはなかなか手が出ないんじゃないかにゃー(値段的に)、と思ってたら日本でフェンダーのコピー楽器作ってたフェルナンデスのギターでは、という指摘をいただいた。
そうか、フェルナンデスか。
ZO-3(ぞうさん。アンプ内蔵型のギター)のピンク色かわいいなーくらいしか思ってなかったのでノーマークだったわ汗。もうちょっと調べてみます。

ちなみにこの号の表紙はZIGGYのボーカル森重樹一。いかにもバンドブームなスタイリングですねぇ。

話変わって、この時期の宝島、やっぱり面白いです。如何にも東京トレンディ笑、な軽い文章は今読むと失笑ものだったりするけど…

なんせ内容がカオス過ぎる!ファッションブランドの特集して購買意欲煽ってる中で、「Bバージン」ブレイク前の山田玲司先生が、ヘルメット着用ゲバ棒持って暴れる反体制パンク小僧の漫画を描いてたり(タイトルはゲバゲバ90年代「イデオロキッズ」。結構好きです。単行本化はされてないの?)。なんでもアリなんですよ。他の漫画だと無名時代の西原理恵子先生がグロいギャグ描いてたりもしてるし。
小劇場の演劇レポートやライブレポ、CDの広告、ミュージシャンへのインタビューなんかは当時の音楽シーンを全く知らない私にとって好奇心をくすぐられるし、みうらじゅんや中島らもの読者を巻き込んだ連載は今よんでも笑えるし。
そんな訳で古本屋でバックナンバー見つける度に買って読んでたら無駄に知識だけがついていく笑。まともに音源聞いたことないのに名前やアルバム名は知ってるバンドがたくさん…。
あー、90年くらいに高校生だったらどんなにか幸せだっただろう、とよく思う。勝手に理想化してるだけかもしれんけど。

神のみぞ知るセカイについて知りたいっ!①~ギャルゲとエロゲって何?~

☆そもそもギャルゲとかエロゲってなんなのさ
神のみぞ知るセカイは言うまでもなく、桂馬のゲーム理論が重要な要素になってます。
ゲーム、それもギャルゲー。
私は数はこなしてませんけど、ギャルゲ(エロゲ)と呼ばれるゲームに多少触れていますし、それらに明るい評論家東浩紀氏のファンってこともあって黎明期~現在までのギャルゲ(エロゲ)の特徴もある程度は把握してるつもり。

ですが、ギャルゲ(エロゲ)を全くやったことないっていう神のみ読者も多いはず。(特に意外に多いと思われる女性読者は…私も性別的にはそのはずなんだけどねー。)勿論神のみぞ知るセカイを読む時、ギャルゲー=2次元美少女との恋愛を楽しむゲーム、くらいの認識で何の支障もないんですけど、桂馬がどんなゲームをやってるのか、さまざまなギャルゲ(エロゲ)の構造だけでも知っておくと楽しみも広がるんではないかと思うわけです。
エロゲをやったことあるっていっても、選択肢が少ない、1本道の紙芝居系ADVしか知らないって人も最近は多いんじゃないかしらん?そういう人には「女の子の居場所にはアイコンがある」といわれてもピンとこないんじゃないかなぁ、とおもってこんな記事を企画してみました。

…といっても、私が実際にプレイしたことがあるのは約12本のみ。(完全クリアとなるともっと少ない)基本的に書いてることは東浩紀氏やらECDやらその他サブカルチャー系評論(及び2ch…)の受け売りと思っていてください。なるべく出典は明記します。

☆ギャルゲーとエロゲーの違いって?
そもそもギャルゲーの定義も大きく分けて2つある。
1つは、18禁でない、2D美少女が登場し、恋愛要素が絡むゲームをギャルゲーとする場合。
もう1つは、18禁のものも含めて、2D美少女ゲーム全てをギャルゲーとする場合。


一般的には1つめの定義で使われることが多い印象。2つめは東浩紀氏をはじめとしてサブカル系の評論なんかでよく使われます。

桂馬が言ってる「ギャルゲー」がどちらに属するのか、は定かではありませんが、まぁ少年誌的に考えて1つ目の解釈ってことなんじゃないでしょうか。
しかし、現実(この場合桂馬にとっての3D世界じゃなく、私たち読者の3D世界の意)では純粋なる「ギャルゲ」はほとんど出てません。18禁でない美少女ゲームのほとんどは、PCエロゲがコンシューマーver.として家庭用ゲーム機でリメイク(18禁のシーンが削られる)されたものです。
もちろん、最初から18禁抜きで作られた「ギャルゲー」もありますけど、発売数はエロゲに比べると圧倒的に少ないっ!
以下、時間あるときに追記します…

☆次回予告:神のみぞ知るセカイについて知りたいっ!②では…
まだ①もできてないのに次回予告。
FLAG6で「ギャルゲーにゲーム性なぞいらん」と言ってましたが、じゃあギャルゲーにおけるゲーム性ってなんなのよ、って話をしようと思います。これもいろんな解釈があるだろうけど、わかりやすく示されたECD基準にのっとろうかと…。
[ 2008/11/22 23:32 ] ギャルゲ(エロゲ)とか | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG30 感想速報版

FLAG30「雨がやんだら」
よみましたっ
あゆみんの登場と食料補給ですっかりいつもの調子を取り戻す桂馬。
いやー、やっぱり歩美と桂馬の掛け合いは良いなぁ…お互いに不器用なとこがあるのが最高っ!
歩美、と呼ばれて動揺するあゆみん。そして桂馬へ蹴り一発。
「ちひろからあんたの悪口聞くと、な、なんか気分悪いのよ。」といいつつその原因がわからなくて赤面
するあゆみん。また桂馬へ蹴り一発。(すぐ手足がでるとこは変わってません笑)
記憶は残ってなくても想いは消えない。残っている想いからの行動(桂馬を元気付ける)は素直だけど、その「想い」には気づいてない不器用さ。

そして、決して口に出してはいわないけど、あゆみんに「想い」が残っていて、自分の努力がすべてリセットされたわけじゃないことを実感する桂馬。「ま…前と同じだよ。」「リアルがそんな簡単に変わるか!!」なんていってますけど、高原歩美が変わったことを誰よりも知ってるのは桂馬くん、君でしょう笑。ここらのけいまの表情の変化にしっかり現れてます。なんかね、桂馬があゆみんの不器用さにきちんと気づいてあげてるのがいいよね。それこそ口には出ないけど「な…ならいいけど」の赤面(このコマ好きだー!)から容易に想像がつきますね笑。
現実でがんばったって何もいいことない!といっていた桂馬への説得力をもった反論となったでしょう。
あゆみんがはっきりと「想い」を自覚するときは来るのかな…

そんで不器用ながらの2人のラブラブにもっていくのかと思いきや、あゆみん智将モード発動!で、いっきにちひろ攻略にもっていってます。きちんとあゆみんはサポートキャラに収まる!いやはやこのバランスがすばらしい。

それでも、あゆみん再登場の女神様っぷりがすばらしかったので、ある程度インパクトないとちひろに意識もっていくの難しいぞーとおもってたら。
二人の密着っぷり(桂馬は直近で女子と話すのは平気なくせに、触られるのは苦手なんだよなー。この「触られるの苦手」設定については前に少し語りましたけど、この原因についてはいつか説明がなされるのかなぁ)と、前回からの桂馬の変化…つまり、「現実の恋愛なん」かしたことないくせに!」にきちんと反論できる(ゲーム理論でリアルでキスやデートしたことがある)…によって一気にヒロインの座についてしまいました。果たして桂馬は「本当の恋愛」をどうちひろに教えるのか。わくわく。

にしても、桂馬以外の「かっこいい」男は顔すら描かれないなぁこのまんがは笑。
連載前に若木先生が「女以外かかない」と宣言していたような記憶がありますが笑、それを徹底されてるのかはたまた「本当の恋」ではないことの暗示なのか。

サブタイトルの元ネタは…朝丘雪路の「雨がやんだら」。
またまた古い。でもなんとなくたみー先生筒美京平とかの、いわゆるメロディメイカーって呼ばれてるような作曲家好きそうだ。


完成版では、桂馬の前回からの変化をもうちょっとしっかりみていきたいなぁと。桂馬の言葉をそのまま言い返すって喧嘩の構造は前回と一緒なのね。なのになぜ前回の繰り返しにならなかったのか。それはもちろんあゆみんの再登場によって桂馬が2Dの世界じゃない「現実」の自分の行動に自信がもてたからってことなんだろうけど、彼はそれを言葉ではぜったい語らないから笑。その微妙な変化を見ていきたいと思います。


最後にお知らせを少し。
☆まだまだ入院中です…
あ、字の色変わってるからパソコン復活!?と思ったかたもおられるかもしれませんが、まだ状況は好転しておりません。亡くなった私のパソコン、一縷の望みをかけて修理に出しましたが、まだ入院が長引いております…恒例の完成版は今週中になんとかしたいんだけど。元ネタだけ別記事にする予定の回(FLAG28とか)の記事も過去さかのぼっていくと沢山あるんだよなぁ。なんとかします。
☆感想まとめ更新しました
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
FLAG30までまとめました。遅くなって申し訳ないです。
☆過去ログ置き場更新しばらく停止します。
2chの過去ログは…ごめんなさい、しばらく更新停止します。アクセス解析見たら、毎日結構な数の人が利用して下さっているようで。読みにくくて申し訳ないです。絶望先生の過去ログ置き場(更新停止してるけど)が見やすくて好きなんだけど、どうやったらあんなふうにできるんだろ…

チーズはお菓子なんだろうか

20081117130055
結局週末更新できず…水木と休暇とれたのでその時に神のみFLAG30と合わせて更新するかも。あと新パソコンも物色しに行きます笑。
私のあゆみん妄想も先週の再登場以降加速し続けておりまして、ss書きたい衝動にかられております。パソコン復帰したら書く!絶対!

宮崎出張帰りの上司から大量のお土産をもらう。ここに写ってるのはほんの一部。1人でこんだけ食べろってゆーのかっ!(全てお菓子)これ以上私を太らせてどーするつもりよ…
でも目の前にあると条件反射的に食べてしまう…(おかげてケーキ屋バイトしてた学生時代○キロ太った)特にチーズ饅頭が美味しかった!しっとりバター多めの皮の中にサイコロ状のカマンベールチーズ。濃厚です。結構お腹ふくれる。人気商品だそうで、予約しないとなかなか手に入らないとか。

チーズ系のお菓子苦手な人(若木先生とか)はダメでしょうけど、チーズケーキ好きな人にはオススメです。
[ 2008/11/17 13:00 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイについての断片たち

パソコン復帰したらちゃんとした記事にする予定の話題を少し。

何気なくサンデー超の夏号読んでたら(買ったもののハイクロと阿鬼羅しか読んでなかった)若木先生のアシスタントさん2人の作品が載ってました。後日紹介かねて感想書きます。
作中やブログでよく名前がでてくる森田滋先生の柔らかい絵柄とファンタジーな世界観が印象的。こういうの書く人だったんだー。

もひとつ、既に話題になってますが今月のコンプティークのらき☆すたに神のみネタが…
こなた曰わく
「桂馬くんスキルが欲しいー」
若木先生、作中にらきすたの名前出してましたけどアニメも漫画も見てないっぽいので(ブログ参照)気づいてないでしょうが笑、ついに角川に(ネタとはいえど)進出です!
あ、でも報告メール送った人はいそうだな。

ハヤテと絶チルの神のみパロディと合わせて紹介記事を書きたいと思います。

全然関係ないですけど、低血圧ましにする方法ってないですかね?
朝ご飯は食べてるんだが頭痛と立ちくらみが酷い。こんなんじゃ仕事にならん!仕事終わってから車校に行くようになってますます酷くなってしまった。リポDでごまかしてたけど最早効かなくなってきたし…。

神のみぞ知るセカイFLAG29 感想速報版

FLAG29「たどりついたらいつも雨降り」

よみましたっ
過去記事読めば分かるとおり、今週は速報版のみになりそうです涙。ただでさえ今週書きたいこと多すぎなのに…なぜこんな時に…

携帯からなんで読みにくいと思いますがよろしければどうぞ。

あ、あ、あゆみんだー!!
今まで神は桂馬か若木先生だと信じてた私ですが…間違いでしたっ!高原歩美こそ、女神様に違いないっ!後光が見えるぞっ!

桂馬に辛い現実のなかで一生懸命に生きる強さをもらったあゆみんが、現実では所詮「最下層から見下す男」(by若木先生)でしかない桂馬に手をさしのべる!素晴らしいとしかいいようがないじゃないか!
見える、見えるぞ!私には筋肉少女帯の「蜘蛛の糸」ハッピーエンドver.が見えるっ!!
(蜘蛛の糸とは…教室で避けられ貝のように黙って過ごす男子生徒が、心の中で「蜘蛛の糸を登っていつの日か見下ろしてやる!くだらない現実なんか焼き尽くしてやる!」と黒い欲望を持っているという曲。男子生徒はくだらない人たちの中で笑う1人の女の子に、密かに心よせていますが結果的には狂気に走ってしまう蜘蛛の糸第二章と合わせて、原曲はバッドエンドなんですな。)

桂馬=現実で何があっても動じない神という印象を読者がもっているだろう中で、
「頭の中はイケメンのことばかり、現実のことに一生懸命でなく、他人には暴言」
というちひろに言った言葉がそのまま「現実」の桂馬に返ってくる、この展開は桂馬にも予想外、読者にも予想外で、「2D神も3D世界では最底辺」という事実が、読者にも桂馬にも痛烈に響きます。
若木先生ほんまにすごい…

漫画的には、桂馬が躓くことなく女の子を攻略するだけで読者は十分なカタルシスを得ることができるわけで、「現実で何言われても傷付かない」で通してもおかしくない。
そこをあえて現実と戦わせる若木先生、桂馬という「人間」への愛が感じられるにゃー。「ゲームの影響よりも現実は強い」という先生の実感が込められているってのも大きいかも。

そしてちひろ。すぐ次ぎ、はある程度空元気なとこはあると思うけど、常に誰かを想ってないと生きていけない「恋愛体質」な子なのは確かでしょうね。現実世界では幅をきかせている恋愛体質女子ですが、ゲームの世界ではまず有り得ない笑。
現実世界では恋愛体質女子って自分の存在意義を他人に求めるが故に、恋愛にたよってる傾向がある気がする。
ちひろもそうだとしたら、今回は恋愛以外の手段で行くのかも。

サブタイトルはGS(グループサウンズ)の人気バンド、モップスのヒット曲そのまま。どうやら雨縛りのようです。曲の内容と今シリーズの内容が重なりますねぇ。

GS、60年代が全盛だから若木先生も世代外だろうに笑。
ジュリー好きならGSは一度は通る道、か。ちなみに私はザ・ファントムギフトという80年代後半にGSをリバイバルしたバンドからGSにハマりました。(80年代~90年代前半のサブカル好きなんです。)誰かファントムギフトの音源下さい…。

あまりにハマり過ぎて、大学時代、劇中歌の作曲依頼があったときGSパロディのばかり5曲作ったことがあります…。誰もGS知らなかったのが悲しい。そのうち1曲の元ネタは「たどりついたらいつも雨降り」だったり。

音楽ついでにもう1つ。また筋肉少女帯ネタで申し訳ないんですが、私の中で今シリーズは「神奈、頭を良くしてあげよう」って曲へのアンサーなイメージになってきた。

「神奈~」は、「恋にはいつか終わりが来るから、君(神奈)が1人で生きていけるように、たくさんのことを教えてあげよう」って曲なんですね。私、この曲あまり好きじゃなくて、というのもあまりに女の子が受け身過ぎるから!女の子は守られるだけの存在かよ!と。
生きていく力を貰った女の子が、その後どう行動するか。私が見たかったのはそこなんです。
今回のあゆみんの立ち位置なんてまさにそれでしょう?もう楽しみで楽しみで仕方ないです!

完成版、時間あれば週末ネカフェでも行って更新します。無理だったら1ヶ月後かな…

うどん県の仕事とは。

20081110181306
たまには普通の日常記録でも。

今日は記者会見で「うどんネクタイ新色発売」という明るい?話題があったため、会見場も和やかながら活気がありほっとしました。
最近ピリピリした声が飛び交ってるか、シーンとしてるかのどっちかだったので余計嬉しい。

よーく見なければ分かりませんが、ネクタイの柄がうどんになってます。
ウケ狙いっぽいですが、これは色的、デザイン的にもなかなかよろしくて評判いいみたい。
特にピンク系の二色が個人的にお気に入りです。
買うにしてもあげる人なんて父親しかいないからなぁ。23歳の女がこんなんでどうするよ…。

もうしおくれましたが、私の職場は某記者室。テレビや新聞の記者さんが常駐してる場所で、私の仕事ってのは記者さんたちに情報提供の資料を配ったり、それをデータ入力したりすることなんですな。要するに雑用係りです笑。
[ 2008/11/10 18:13 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

パソコンがお亡くなりになりました

うぃぃーん、ぷつ。うぃぃーん、ぷつ。…以後繰り返し。

さーて神のみの記事の更新するかっと電源入れたらこの様ですよ…涙。
半年前からCPUのファンが動かなくなってるのを騙し騙し使ってたから、当然の結果かも知れぬ。

というわけで修理に出します。いつも通りのFLAG29の更新は無理です。すみません…
まだ28の更新も完了してないのにぃ。これでパソコンに保存してた書きかけの文章や画像が消えてたら、と思うと恐ろしい…

水曜日に速報版のみ携帯から更新します。文字色も大きさも変えられないので読みにくいとは思いますが…

通常のコメントや拍手コメントは携帯からも返信できるのでお気軽にどうぞー。桂馬並みに憂鬱になってるので、声かけていただいたらいつもの何倍もうれしい、はず笑。

そして2chの過去ログ置き場!パソコンが戻ってくるまでは更新ができません。携帯にも専ブラ入れてるけどログの保存はできないので29以降の更新は滞ります。パソコン復旧したらログ恵んでください…
[ 2008/11/09 11:04 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(6)

更新お知らせと予告、舞校のエンブレム

☆FLAG28完成版本文完成しました。
神のみぞ知るセカイFLAG28 感想とか元ネタとか
やっと本文アップできましたー。画像は数時間後にFLAG27とあわせてアップします。
今回小ネタ多かったのでそれは別記事に。これは日曜になるかも。

☆過去ログ置き場更新。
FLAG28の過去ログ追加しました。進み早いのはいいけど新スレ立ててから埋めようよー。

☆記事まとめ更新しました。
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
FLAG27あたりから追加するの忘れてたので…。申し訳ない。

☆蛇足
11/8:仕事あがりのおやつはきなこの雪見だいふく舞校のエンブレムが公開されとるー。あと制服の色の詳細も。やはり元女子高なのねー。舞校についての考察は「神のみぞ知るセカイ」舞島学園高校のモデルはもしかして。でちょこちょこやってます。むしろコメント欄のほうが重要かも。

カーペンターズ聞きながら記事更新しました笑。アメリカンポップで気持ちなごやかー。カレンの声がとても好き。あんな声で歌えたらどんなにいいことか。そういえば、カーペンターズは兄妹のデュオですねぇ。桂馬とエルシィのデュオ聴いてみたい気もする笑。

神のみぞ知るセカイFLAG28 感想とか元ネタとか

FLAG28「雨の日と月曜日は」
神のみぞ知るセカイFLAG28 感想速報版の完成版となっております。宣言どおり週末までもつれ込んでしまった…汗。速報版については不用意な発言多くて申し訳ないです。

このブログで書いてるのは、あくまで私の「神のみ」解釈です。神のみに何を期待するかは人それぞれ。どう読み取るかも人それぞれ。私はいろんな「読み方」を知りたくて他所のブログを読んだり2ch本スレの住人やってるのです。なので反論、同意、突っ込み、批判等々ありましたら気軽にコメント下さい。非公開コメントやメールでも大歓迎ですっ!拍手コメントもね。

さて、新シリーズ1話目。
エルシィの話相手として、そして背景キャラとして何度も登場してきた小阪ちひろが相手ってことで、「2D神桂馬はモブキャラをも攻略できるのか」というチャレンジャーなテーマが見えてきます。ストーリーの本筋に直接絡んでこない脇キャラ、モブキャラの日常生活を妄想してみたり、攻略対象にならないかなぁ、などと夢見たことのある、マイノリティ?な貴方。神が夢をかなえてくれるかも知れませんよっ。

不可能なはずのモブキャラ攻略がテーマ、と書きましたが。私が注目してるポイントはそういった攻略テクニック的なところに加えて、桂馬やちひろの気持ちがどう変化するかって所です。1回目ということもあってテクニカルな面はあまりでてきてませんので、今回は「桂馬とちひろの関係」「桂馬の駆け魂に対する姿勢」に注目してみました。

☆桂馬とちひろの関係
なぜわざわざピックアップするかっていうと、今までのちひろの偏った態度&言動に今後の展開のヒントがあるんじゃないかと思ったから。

まず、「小坂ちひろ」の名前の初出はここ。
6/26:FLAG11「エリー SO SWEET」
>>今週のココマ
2話目に出てきたエルシィの前となりの女の子がまた出てきました。7話にも出てきましたので、今回で3回目の登場?ボクは女の子を組にさせるのが好きなんですけど、エルシィとセットになり始めているんでしょうか?ちなみに名前は小阪ちひろさんです。詳細は謎です。担当さんが、何だかこの娘がお気に入りみたいです。どうぞよろしく。

レギュラー脇キャラとして位置づけられてるのが分かります。突っ込みれると、「2話にでてきた」はおそらく「3話にでてきた」の間違い。

雑誌をよくチェックしてて、流行モノとおいしいものが好きな典型的女子って感じ。しゃべり方やエルシィへの態度はサバサバしてて「女の子らしい」子ではありませんが男勝りって訳でもない。うーんホント普通の子だ笑。日塔奈美ちゃんみたいに「普通」が個性になってるわけでもなく。

そんな彼女の言動と行動をひろってみると…
・エルシィが桂馬に回した手紙を勝手に読み上げる。(FLAG3:初登場。お風呂って何?)
・「あんな底辺兄貴の言うことなんか気にしなくていーじゃん。」(FLAG11)
・「女ひでりのオタメガなんてイチコロよん!!」(FLAG11)
・「やなこったー♪オタメガ元気付けて何の得があるのさ。」(FLAG28)
・「接触してオタメガうつっても困るしー 気持ち悪~~い。」(FLAG28)
桂馬を見下す発言や行動が強調させれてるのが分かります。
これから起こるであろろう、桂馬への態度の変化を分かりやすくするために若木先生が意図的に強調してるんでしょうが…ここまで「オタメガ」にこだわるのには何か背景があるのかもしれません。現実女中の現実女にだって、なにかしらの事情がある、と。

じゃ、桂馬は今までちひろにどういう風に接してきたか。手紙を勝手に読み上げられたときも(FLAG3)、「底辺兄貴」といわれたときも(FLAG12)、あまつさえ「気持ち悪~~い。」といわれた今回も(FLAG28)、イライラしつつも全く反論してません。攻略外で人と話をするのはエルシィのみです。「リアルなんかほっとけ!」をずっと貫いてるんですな。桂馬にとっては2D世界が全て。「ぬるい現実との間に接点はない!!」のです。

2人はお互いに「オタメガ」「現実女」という固定観念でしか相手を見てない、のかもしれません。
本当に桂馬は「オタメガ」なのか?
本当にちひろは個性無しの「現実女」なのか?
ってことを考えて初めてココロのスキマを埋めることができるのかも。
うーんでも。桂馬を見下してた人が認識を改めるってのはハクア編で思いっきりやったばかりだからなぁ。どちらかというと桂馬→ちひろの印象の変化がメインになるんじゃなかな?既に桂馬は雨の中涙を流すちひろに思うところあるみたいだし。

☆桂馬の駆け魂狩りに対する姿勢
桂馬は「契約を早く終らせて駆け魂狩りから開放されるため」に今まで駆け魂狩りをやってたわけで、駆け魂の数が6万匹、と聞いた今モチベーションは下がって当然。命がかかってる、といってもハクアの件で1度の失敗で首が飛ぶことはないだろうと予測が付く。さらに今回は自分のことをけなしまくる、「攻略ルートがあったとしても、あいつだけはやだ!!」なちひろが相手。今回はスルーしても当然な感じはしますが…

「ちひろさんが…駆け魂にのっとられてもいーんですか?」
で言葉に窮す桂馬。言葉や態度ではっきり表すことはないですが「3D女子が駆け魂に巣食われるのを放っておけない」という気持ちが芽生えているのは間違いないと思います。

まぁ、コレで「ボクが救ってみせる!!」的発言を(攻略の外で)素でしてたら、それこそ王道バトル漫画になりそうですが、桂馬が2D世界で自分自身の能力を磨いてきたって背景がある以上、そうはならないでしょうね。速報で「ココロの揺れ」だとか「3次元へ傾く」とか紛らわしいこと書いてしまいましたが、自他共に認める「神」である桂馬の2D至上主義は揺らぎないものであり続けるでしょう。断言しても良いくらい。桂馬の2D世界を極めることによって得た価値観の絶対性は若木先生のまんカレインタビュープロが語るまんが秘伝のパート4を読んでいただけたら良く分かるのではないかと思います。

>>自分にしか描くことのできない本物の価値観を持ってなければ、それこそ連載なんて夢のまた夢。すぐにネタ切れしてしまうのは必至なわけです。

>>あだち先生や高橋先生と同じ雑誌に載るということは、「これに関しては、あだち充先生と論争できるぞ」「これに関しては、高橋留美子先生に教授できるぞ」と、言えるだけの自信と背景が必要なんです。しかも、そのネタが、留美子先生も耳を傾けてしまうほど面白いということも大事な要素なんですが(笑)。そして、「これに関しては、オレはこんなに素晴らしい」と「説得」できることが必須です。
素晴らしい価値観があって、それを説得する能力も必要というわけです。

>>人にはマネできない人生の中での体験が、まんがの中に余すところなく詰め込まれていれば、それはもう誰にも描くことのできない唯一無二のネタなんですよ。ボクは、今まさに実践しているところですけどね(笑)。そういうものを何か1個でも持っていたら、それは宝物なんじゃないでしょうか。


こういうスタンスで若木先生が神のみをつくっている以上、桂馬にもそれはしっかり反映されているはずです。
2Dの神となる過程で得た能力(観察眼、判断力、推理力、そして相手のために一生懸命になれること等等…)が3D世界で発揮されることで「神のみぞ知るセカイ」は成立しています。2Dで得た能力を使っていても、桂馬もまた3Dで生きる1人の男の子である以上、リアルの女の子たち
の影響を受けないわけがありません。若木先生が7/3:FLAG12「Coupling/With」でおっしゃっていましたが「親や学校の影響は、ゲームなんか足下に及ばないぐらい強力です!これを忘れちゃいけない。ほんに、現実は強い。」桂馬はこれから「神」として2D世界を至上としつつも、3D世界への認識を変えていくのではないではないでしょうか。
…ってことを言いたくて「ココロの揺れ」とか「3次元へ傾く」って書いてしまったのですね。曖昧な表現はだめですなぁ。にしてもコレだけのことを言うためにこんなに膨大な文章を書かなければならないってどうなのよ涙。自分の文章力のなさにはホトホトあきれるわ。

☆ココロのスキマと雨
突然の雨。そして雨の中なく女。おードラマチックだ。
「月曜日で雨なんて最悪!!」という発言や、告白後突然、というタイミングから考えると、ちひろの心象風景が駆け魂によって天気に反映されているのかも。映画や小説の場面演出のように天気でちひろのココロを表現してるだけ、というのもありえますが。涙(喪失)→雨はよくあるスタンダードな演出ですしね。

☆サブタイトル
速報にも書きましたが、カーペンターズのRainy days and Mondays(「雨の日と月曜日は」)が元ネタ。
またまたレトロな曲をもってくるなぁ。聞いたことないって人はきいてみて。
youtube:雨の日と月曜日は(訳詞付)-Carpenters
今回はカーペンターズ縛り?それとも雨の歌縛りかしらん?カーペンターズなら「レインボーコネクション」、雨の歌なら「雨に歌えば」「日曜日に雨」を希望っ!!

☆小ネタの元ネタとか
長くなったので、巻末コメント、煽り文とあわせて別記事であっぷしますー。
なんでいっつもこんなにながくなんの…
画像は夜中か朝方に。

神のみぞ知るセカイFLAG28 感想速報版

FLAG28「雨の日と月曜日は」
とりあえずの簡易版です。これを元に画像つき完成版を木~金に。ただし今週忙しそうな予感がひしひしと…。なんで週末までもつれ込むかもしれません。

・おー、本当の意味での「現実女」の攻略きましたよー。今までなんだかんだ言って特徴あるカワイイ女の子ばっかりでしたからねっ。小坂ちひろは見た目もジョブもコレといった特徴なくって桂馬的にいうと「モブキャラ」なわけです。でも、大きな特徴が1つ。「桂馬への好感度がメチャクチャ低い」!!

・気付いてる人は気付いてると思いますが、ちひろは2話からでてる、結構な古参キャラ。今までの発言も多いですが、とにかく桂馬を貶める発言ばかり笑。
ちひろ→桂馬の評価の変化がとっても分かりやすいはず。

彼女の桂馬への評価がどうかわるか、そして桂馬の「モブキャラ」への認識がどう変わるか。
攻略する、しないどっちにしてもコレは避けられないポイントでしょう。
「セカイを変える」(≒価値観を変える)は、この漫画の密かな(だけど重要な)テーマのひとつだと思うんですけど、今回はそれが前面に出てきそうでたーのしみですっ!

・桂馬が3次元に揺らがない2次元の神じゃないとやだ!という読者は多数いると思うんですが、
(「小さな揺れ」ならたくさんあるんですけどねー。栞編で一旦神の孤独を自覚してたけど。今回だって「ちひろさんが…駆け魂にのっとられてもいーんですか?」の後のコマ、考え込んでるやんかー。ちひろに貶されてイラっとしてるし。)若木先生がブログでおっしゃていたとおり「現実(リアル)の影響力は2次元のそれと比べ物にならない」わけで、3次元の影響に耐えて、あえて2次元の神であろうとする桂馬のココロの揺れがこの漫画の本筋な訳だと思うんですよ。桂馬が3次元にココロ傾いたとして、それでこの漫画がクソになった…なんて思う人がたら、読まないほーがいーんじゃない?なんていいたくなりますよ、私は。(めずらしくケンカうってる…)
追記:えっとですね、下コメ読んでもらうと分かると思うんですが、そういう読者を完全否定してるんじゃないです。桂馬だって3次元な人間な訳で、3次元から桂馬が影響を受けることを否定するのはおかしい、ということが言いたかっただけです。にしても、読まないほーがいーんじゃない?は暴言すぎましたね…ここでお詫びさせてください。ごめんなさい…

・たとえ桂馬が3次元方向に傾いて、それを良しとしない読者がいたとしても若木先生なら全ての読者を説得力もって言いくるめそうだなぁとおもいますが笑。先生の持ってる価値観はかなり強力ですから。若木先生の力の見せ所だー!!
追記:これもですね、桂馬が3次元万歳になって2次元捨てちゃうって展開を私が予想してるってことじゃないです。単に若木先生が絶対的な価値観もって漫画描いてるってこと言いたかったのです。

・更に言うと、「モブキャラ」のちひろを、いかに可愛く見せるかっていうのも、若木先生の本領発揮な部分でしょうねー。漫画だと「普通」属性のキャラだとしても読者からみたら十分かわいいことがほとんど。漫画ではコレが許される。だけど若木先生はあえて本当に普通の女の子を持ってきてる。「正直今回のキャラは…」なんて思ってる読者の価値観を変えることができるのかっ!若木先生勝負してるなぁ。かっこえええ…

・サブタイトルはカーペンターズの名曲、「雨の日と月曜日は」ですねー。前回のTeaForTwoといい、レトロなネタが…。ベタだけどレインボーコネクションは使ってほしいなぁ。カーペンターズは学生時代の思い出つまってて、ますます私のノスタルジーが刺激されるぅううう…

・エルシィが桂馬に駆け魂宣告してるときのエコーと背景はR.シュトラウスの「ツァラストラはかく語りき」と「2001年宇宙の旅」が元ネタかね?私はコレしか浮かばなかったんだけど…自信はありません笑。その他ミッフィー、ピーナッツ、ハットリ君とレトロネタ詰め込みだわー。

・雨の演出が素敵ー!悪天候はちひろの心象風景なのかしらん?としたら彼女の気持ちが天気に反映されてるとか…?そうだとすると、やっぱり最後は「レインボーコネクション」で確定やなっ!
余談ですが、元たまの柳原陽一郎の「レインボーコネクション」の日本語訳詩と曲アレンジはすごいです。なぜに廃盤になってるのか…。たまといえば、元たまの滝本晃司の雨モチーフの曲は名曲多いです。「レインコート」「日曜日に雨」は雨の日必ず聞いてるなぁ…。

なんだかいろいろ言い訳してますが、これはあくまで速報版。
もっと整理して完成版を週末までにあげますので…
読んで不快になられた方、すみませんでした…


☆先週のFLAG27の感想はこちら
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想とか元ネタとか
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想速報版
☆今までの感想まとめてます
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
☆神のみぞ知るセカイ2ch過去ログ更新しました
FLAG27を追加しました。相変らずFLAG3、4の最後の方が不完全…
http://tukigamiteta.web.fc2.com/

神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ③汐宮栞編

神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ③汐宮栞編
☆本誌掲載時に書いた感想とか元ネタはこちらからどうぞ
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
☆2巻の感想はこちら
神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版
「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~
☆その他2巻加筆修正はこちら
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①中川かのん編
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ②インタミ編

修正の嵐の栞編。本誌ver.との違いをつぶさに記録、のつもりですが見落としあるかもです。
ご指摘よろしくお願いしますっ。
絵の直しも多いですが、セリフの修正がたくさん。先生のブログによると「栞編は分かりにくかった」という意見があったようなので、ストーリーを分かりやすくするための変更なのかも。しかしコマ差し替えはちょっと残念。栞の髷物好き(まげもの。時代劇のこと。)設定のおもしろさがでてたのにぃ。
誤植、ポカミス以外の修正だと思われるセリフの変更青字にしています。

☆FLAG13「大きな壁の中と外」
・8ページ目(p120)
1コマ目…あったー→あったー。
4,5,6コマ目…栞の図書委員名札追加。
7コマ目…エルシィの髪ベタ修正。

・9ページ目(p121)
1,2コマ目…栞の図書委員名札追加。
3コマ目…な…なにか…→な…何か…
6コマ目…なにかご用でしょうか…

・10ページ目(p122)
2コマ目…栞とエルシィの髪ベタ修正。

・12ページ目(p124)
3コマ目…7月11日ごろ発売!!→ぐんぐん発売中!!
6コマ目…図書委員の子→図書委員の娘

・13ページ目(p125)
3コマ目…※Sigh※→*Sigh*

・14ページ目(p126)
3コマ目…栞の図書委員名札追加。

・15ページ目(p127)(情報提供:tenkさん)
3コマ目…桂馬の目の方向が、下(本の方向)→前(栞の方向)
単行本の桂馬の目をよく見ると、黒目の線の上の方が途中でブレています。
たぶん修正によるもの。

・18ページ目(p130)
3コマ目…栞の図書委員名札追加。

☆FLAG14「あたしの中の…」
・3ページ目(p133)
1コマ目…桂馬の髪ベタ修正
5コマ目…ココロの声…なんて→ココロの声なんて…

・4ページ目(p134)
4コマ目…昼休み 図書館→昼休み・図書館

・5ページ目(p135)
5コマ目…栞の図書委員名札追加。
6コマ目…書架に分類番号(300)追加。

・9ページ目(p139)
3コマ目…また本の題名が→本の内容が

・10ページ目(p140)
1,2コマ目…桂馬と栞の髪ベタ修正。

・11ページ目(p141)
1,3,5コマ目…桂馬と栞の髪ベタ修正。

・12ページ目(p142)
3コマ目…「バ…バカ――」→「ば…ばかぁ――」

・13ページ目(p143)
全てのコマ…髪ベタ修正。

・14ページ目(p144)
1コマ目…桂馬の左目に光追加。

・15ページ目(p145)
1コマ目…これはですねー→これはですねー、
3コマ目…頼りにならなそう→頼りにならなさそう
5コマ目…バカは…→ばかは…
6コマ目…図書委員名札の文字削除

・16ページ目(p146)
全体的に髪ベタ修正

☆FLAG.@「変わるセカイ」
※単行本ではカバー下、本誌ではFLAG14の後に掲載。
フォントが丸文字っぽいフォント(なんて言うんだろう)からゴシックに変更。

☆FLAG15「扉を開けて」
・2ページ目(p150)
3コマ目…栞の髪ベタ修正。
5コマ目…左から2人目の男子の髪ベタ修正。

・3ページ目(p151)
1コマ目…背景の丸いトーンの柄変更、栞の髪ベタ修正、図書委員名札と書記名札追加。

・4ページ目(p152)(情報提供:tenkさん)
1コマ目…図書プレート・書記(ハート)のリボンの追加
3コマ目…話した方がいいのでは?→話したほうがいいのでは?

・6ページ目(p154)
1,4,5コマ目…栞と桂馬の髪ベタ修正。

・7ページ目(p155)(情報提供:tenkさん)
エルシィ上部になんか追加(驚き喋ることを表す効果線?呼び名が分かりません…)

・8ページ目(p156)
全体的に髪ベタ修正。

・9ページ目(p157)
1コマ目…「ボボン」の効果音追加。
3.4コマ目…桂馬の髪ベタ修正。

・10ページ目(p158)
全体的に髪ベタ修正。

・11ページ目(p159)
(情報提供:tenkさん)3コマ目… あなたみたいな人ばっかりが…
→あなたみたいな人ばっかり来て私の図書館が…
2,3コマ目…桂馬と栞の髪ベタ修正。

・13ページ目(p161)
2.4コマ目…桂馬の髪ベタ修正。

・14ページ目(p162)
1コマ目…図書委員名札追加。

・15ページ目(p163)
5コマ目…図書委員名札追加、髪ベタ修正。

・16ページ目(p164)
3コマ目…「スキマは…まだここにはない…」→「人嫌い…視聴覚ブース…本が好き…心の声…スキマはどこにある…」

・17ページ目(p165)
3コマ目…桂馬の髪ベタ修正。
4コマ目…「なんだ?しおり…」→「なんだ?栞の奴…」

・18ページ目(p166)
2コマ目…桂馬の髪ベタ修正。

☆FLAG16「おしまいの日」
・3ページ目(p169)
2コマ目…エルシィと桂馬の髪ベタ修正。

・4ページ目(p170)
5コマ目…まるまる差し替え。
「断固闘うぞっ!」「強気になれそうな本も用意したからね!!」「時代劇さえあれば!!」
→「私の大切な図書館を…守らなきゃ!視聴覚ブース、断固阻止!」


・5ページ目(p171)
全体的に栞の髪ベタ修正。

・6ページ目(p172)
3コマ目…残っている方が→残っているほうが、桂馬の髪ベタ修正。

・7ページ目(p173)
3コマ目…「この人は何?」→「この人は誰…?」
4コマ目…桂馬の髪ベタ修正

・9ページ目(p175)
2,3,4コマ目…栞と桂馬の髪ベタ修正。
4コマ目…「ザザドザ」の効果音トーン変更。

・10ページ目(p176)
3コマ目…「そうよ…外の世界はいつも私を脅かす…」→「そう…現実なんて怖いだけ…人づきあいも面倒…」
4コマ目…「私もずっと…静かに図書館(ココ)で暮らしたいの…」→「私もずっと…静かに図書館(ここ)で暮らしたいだけなの…」

・11ページ目(p177)
1コマ目…「グァン」の効果音がトーンからベタ塗りに変更。
3コマ目…「だから不安になる…」→「でも、不安なんだ…」

・12ページ目(p178)
4コマ目…「それとも逃げ場所を守りたいのか?」→「外の世界からの逃げ場所を守りたいのか?」

神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ②インタミ編

神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ②インタミ編
☆本誌掲載時に書いた感想とか元ネタはこちらからどうぞ
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
☆2巻の感想はこちら
神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版
「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~
☆かのん編の加筆修正はこちら
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①中川かのん編

インターミッション回の加筆修正を。中川かのん編、汐宮栞編と比べるとだいぶ少ないです笑。
本誌ver.との違いをつぶさに記録、のつもりですが見落としあるかもです。
ご指摘よろしくお願いしますっ。
ポカミス以外のセリフ修正を青字にしてあります。

☆FLAG11「エリー SO SWEET」
・2ページ目(p78)
1コマ目…桂木家→朝・桂木家

・3ページ目(p79)
4,5コマ目…桂馬の髪のベタに修正があります。

・8ページ目(p84)
1コマ目…時間経過を表す四角形にトーン追加。

☆FLAG12「Coupling/with」
・2ページ目(p96)
1コマ目…桂木家→朝・桂木家

・6ページ目(p100)
1,2,4コマ目…髪のベタに修正があります。

・7ページ目(p101)
2コマ目…「おわーー」→「おわー!!おわー!!おわー!!」

・8ページ目(p102)
4コマ目…私の真の姿を→私の真の力を
5コマ目…桂馬の髪ベタ修正。

・10ページ目(p104)
2コマ目…桂木く~~~ん んふふ…→桂木く~んゲームばかりではいけませんねぇ~
3コマ目…ぼ…ぼくに挑戦しても…→ボ…ボクに挑戦しても…

・18ページ目(p112)
2コマ目…いつになったら断ち切れるんだ、現実と!!→いつになったら縁が切れるんだ、現実と!!

神のみぞ知るセカイ2ch過去ログ置き場を作りました

☆神のみぞ知るセカイ2ch過去ログ置き場について
以前作りかけてて放置してたのを補完しました。
本スレ過去ログ置き場暫定版
ただFLAG3、4、7、14のログが完全じゃないので(すみません…)、保存してる方いらっしゃったらぜひ連絡ください。メールはtukigamiteta@hotmail.co.jpまで。
追記:FLAG14は私の勘違いでした…。FLAG7のログ、DC2さんからいただいて補完しました!ありがとうございます。FLAG3,4は991,999まであるのでほとんど問題ないと思われますが、引き続き募集中です。

HP作るの自体初めてなのでっ汗、とりあえずURL形式で保存したのそのままのっける事しかできず非常に見難いですがそのうち勉強して見やすくするつもり。とりあえずの間に合わせです。このブログ作った時に取得したドメインなんでアドレスがこのブログとおんなじかんじになってるのが非常に心ぐるしい。ネタバレスレや各種神のみスレッドも補完予定です。

今のところ過去ログ置き場はうちのブログのリンクと神のみぞ知るセカイwikiからいけるようになってます。(wikiにリンクしてくれた人ありがとうございますっ!)

wikiみてて気付いたんですが、毎週の巻末コメントと煽り補完されてるんですねー。無駄に長くなるだけだから今度の感想記事から外そうかしらん…。

あ、明日中に2巻加筆修正更新しますっ!
[ 2008/11/02 17:50 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(0)

「神のみぞ知るセカイ」栞編と「猿の左手 象牙の塔」

☆遅くなりました~FLAG27完成版更新。画像は明日に…
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想とか元ネタとか
小ネタに関して、後で別記事にします…今回またまた長いので。

☆神のみぞ知るセカイ2ch本スレ過去ログ置き場について
リンクにひっそりつくってますが笑、月曜日にも完成させます~。需要があったらどうぞ。
しかしドメインがこのブログと一緒なんだな…コレって変えれんの?本スレにアド貼るの気が引けるよ…

☆若木先生のまんが秘伝が凄すぎる。
やっぱり確実な価値観がないと、いいものは作れないのだなぁと…音楽も漫画も演劇もいっしょや。
そしてその価値観を言葉にすることができる若木先生はホント凄い。批評家としても教育者としてもやっていけると思う。
パート3まではサンデー公式で見れます。
プロが語るまんが秘伝 若木民喜先生

まだネットには載ってませんが、パート4は絶対的な価値観を持つことの大切さが語られています。

プロになって、あだち先生や高橋先生と同じ雑誌に載るということは、「これに関しては、あだち充先生と論争できるぞ」「これに関しては、高橋留美子先生に教授できるぞ」と、言えるだけの自信と背景が必要なんです。 しかも、そのネタが、留美子先生も耳を傾けてしまうほど面白いということも大事な要素なんですが(笑)。 そして、「これに関しては、オレはこんなに素晴らしい」と「説得」できることが必須です。 素晴らしい価値観があって、それを説得する能力も必要というわけです。
(中略)
だから、とにかく全コマに自分の好きな物を描けば、それがさすがに伝わるんじゃないかと思うんです。 価値観さえハッキリしていれば、テクニックとか、ページ数とかはどうとでもなります。 価値観っていうのは、どれだけ薄まっても、1個のセリフ、1個のコマで凝縮できると思います。
プロが語るまんが秘伝!!《若木民喜先生編・4》より


だから他人が読んでおもしろい、書き手の主張が伝わる批評が書けるんだなぁと納得。自分の価値観を全て漫画にこめている故に、先生が描くコメディは過去の作品(及びキャラクターや属性)の批評としても読めてしまいます。だから私は毎週毎週こんなにじっくりよんでしまうんですよぉおおお…

☆栞編が気になってしょうがない。
どのエピソードが好き?と聞かれたら、迷いなく「高原歩美編!」と答える私ですが、どうも引っかかるのは栞編。妙に私の心をついてくるんですよね…原因はある曲の一節。

「大好きな本に囲まれて生きるんだ それはきっと素敵なことなんだろう」

「君が言いかけたその言葉の中から
本当のことだけを消して言ったら
何が残る?何も残らないだろう
残らないだろう そんな言葉は」


筋肉少女帯初期の名作、「猿の左手 象牙の塔」の一節。
どうもこれが栞編が被って見えるんですよねぇ。
筋少活動再開や「赤ちゃん人間」「軸ぶれ」「ルンバ」あたりのヒットとあいまって最近オーケンファンが漫画・アニメ周辺でファン増えてるのかも、と考えてたところでもあったので、この機会に「猿の左手~」と栞編について、さらに筋少(オーケン)に影響を受けてる作品を見てみたいなぁと思ってます。そのうち記事にする予定…(最近じゃあ絶望先生ODAのOPは筋少パロディがいっぱいでしたねっ。サンデーだとミクシム11の$ラッキーとか…スピリッツではアンデッドの再殺少女とか…武装錬金のパピヨンは「蜘蛛の糸」無しには生まれなかったでしょう)

☆憧れの80年代
80年代~90年代前半のサブカルチャーに強烈な憧れを抱いていた00年代の女子高生だった私にとって「ナゴムレコード」は神様みたいな存在でした。(分かる人にはわかるかもしれんが、このブログのアドレスもナゴム関連からとってるし、HNもそうだったり。)
特に新井理恵先生経由で知った筋肉少女帯には私のお粗末な音楽観をすべて覆されて大興奮したものです。絶望少女とオーケンの新作アルバムもどうなるかドキドキです。7188のノマアキコが参加ですって?7188こないだライブいったら思いのほかよかったのでちょっと楽しみ。女性ですけどかなり力強いパフォーマンスする人で好感持ちました。全体的には特撮テイストになるのかなぁ…エディのピアノはぜひとも欲しいところ。

神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ(1~2巻収録分)

記事が増えてきた上に、文章量多すぎて見難いので…とりあえずリンク作ってみました。
過去の感想読んでみたという奇特な方はここからだと分かりやすいはず。

第1巻収録分
☆あゆみん編
FLAG.1『世界はアイで動いてる』
若木民喜先生の新連載『神のみぞ知るセカイ』がおもしろいっ!
『神のみぞ知るセカイ』一回目の感想の続き。

☆インタミ回①
FLAG.2『あくまでも妹です』
神のみぞ知るセカイ 第2話感想

☆美生編
FLAG.3『ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール』
FLAG.3 ベイビー・ユー・アー・ア・リッチ・ガール
FLAG.4『ドライブ・マイ・カー』
神のみぞ知るセカイ第四話 感想
FLAG.5『パーティーはそのままに』
神のみぞ知るセカイ第五話 感想

☆インタミ回②
FLAG.6『神以上、人間未満』
神のみぞ知るセカイ第六話(FLAG.6) 感想とあらすじ
『神のみぞ知るセカイ』FLAG.6のカラー扉絵について

第2巻収録分
☆かのん編
FLAG.7『FLAG.7 IDOL BOME!!』
神のみぞ知るセカイ第7話(FLAG.7) 感想とあらすじ
FLAG.8『UP TO BOY 』
まだ書いてないです…
FLAG.9『ワタシ平凡?』
まだ書いてないです…
FLAG.10『Single Star』
神のみぞ知るセカイFLAG.10 感想とか元ネタとか
ここら辺からいまの形式に近づいてます。

☆インタミ回③-1
FLAG.11『エリー SO SWEET』
神のみぞ知るセカイFLAG.11 感想とか元ネタとか

☆インタミ回③-2
FLAG.12『Coupling/with』
神のみぞ知るセカイ FLAG.12 感想とか元ネタとか

☆栞編
FLAG.13『大きな壁の中と外』
神のみぞ知るセカイFLAG.13 感想とか元ネタとか
FLAG.14『あたしの中の…』
神のみぞ知るセカイFLAG.14 感想とか元ネタとか
FLAG.15『扉を開けて』
FLAG.15「扉を開けて」
FLAG.16『おしまいの日』
神のみぞ知るセカイFLAG.16 感想とか元ネタとか

☆単行本修正まとめ
神のみぞ知るセカイ 1巻 加筆修正とか感想とか
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ①中川かのん編
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ②インタミ編
神のみぞ知るセカイ第2巻 加筆修正&単行本おまけまとめ③汐宮栞編

☆単行本感想
神のみぞ知るセカイ第2巻 感想速報版
「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~

☆その他参考
・第2巻のカバー下に載っていたFLAG@は、本誌ではFLAG14の後に掲載されていました。

☆若木先生関連その他
神のみぞ知るセカイの書店員向け説明でひっそりと京大卒が明かされてる…
「神のみぞ知るセカイ」はなんで面白いんだろう?と考えるためのヒント集











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。