スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さよなら絶望先生第百六十八話 構成チェック&感想

第百六十八話『削られた恋占い』
週刊少年マガジン2009年9号
掲載順:14/25


よみましたっ
今回は女子キャラが紙面に全くでない、という実験回。南国から数えても、ここまで徹底して女子キャラが出ない話は珍しい…!
女子キャラなしなんで、今回はファッションチェックはなしということで…

☆今回のテーマ
「そこ削っちゃダメだろ!」
コスト削減の名の下、物事の肝の部分を削ってしまう…そんな世の中。


☆今回の構成
女子はでないものの、構成としてはオーソドックス。
①行事でテーマ提示
・2月3日の節分の日で、豆まきの豆削減→「そこ削っちゃダメだろ!」
・交と絶望先生のみ。
②場所移動で例示(社会見学のため工場へ)
・ドラえもん
・ハイブリットカー
・18禁美少女ゲーム
③キャラ例示(街に移動)
・久藤くん(ペットショップ)
④一般例示
・パチンコ、給食費、少女漫画…
・羅列ネタ
⑤テーマの再解釈
・可符香の手紙(そんな事ありませんよ肝の部分を削っても成功例はありますよ!!)
→逆ジャパネット
・絵の線数の削減
⑥影郎オチ


シンプルなドラえもんとシンプルな糸色先生で吹き出してしまいました笑。
ローテンションな笑いは相変わらずです。

☆久米田先生のおっかけ視点で気になること
ギャグマンガ内少女漫画が気になる。
・「なかよき」の編集部の少女漫画シーン、描いたのはアシスタントさんでしょうかね?
でも、絵柄の真似は久米田先生のお家芸でもあるので(かってに改蔵単行本のカバー折り返し部分参照)久米田先生が自ら執筆もありえるとは思います。
・かっこいい男+恋愛+チューで北崎くんなんて言われたら、北崎拓先生しか思い浮かばないのですが笑。「なぎさMe公認」まではしつこいくらいネタにしてたのに、「なんてっ探偵アイドル」以降あまり絡んでなかったので新鮮です。去年のインタビューで、仲がいいマンガ家さんとして北崎先生の名前をあげていましたね。

少年サンデー9号の「ハヤテのごとく!」にMAEDAXが出演
・アニメイトでMAEDAXトークショー…小ネタとかいうレベルじゃない笑。
・そして本編絶望先生で、ものすごーく小さく宣伝されています。302ページの3コマ目左端に「ハヤテ 209 出 MAED」。3回目でやっと気づきました笑。

ドラえもん工場の細かさ
片倉設定、OILうわずみなど、マニアックなドラえもんネタが。愛を感じます。
詳しくは久米田ワールドwikiを見ていただければ。

18禁ゲームの「そこ削っちゃダメだろ」
ですよねー。
さすが元ギャルゲー師匠…!

☆巻末コメント
最近起きると泣いている。夢でどんなひどい目にあったか覚えていない。
…久米田先生なら大丈夫なきがする。たぶん。

あとで少し追記します~
スポンサーサイト
[ 2009/01/31 21:15 ] さよなら絶望先生感想 | TB(0) | CM(0)

かってに「神のみぞ知るセカイ」動画紹介part2

神のみぞ知るセカイFLAG38感想速報版
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ

以前、「神のみぞ知るセカイ」関連の素敵な動画の紹介という記事書いたのですが、あれから数ヶ月たって神のみ動画作っている方も増えてきました。これは紹介しないと!!


絶望先生×神のみですよ!!うちのブログ的にはホンマに神動画なんですが笑。
現在恋路ロマネスクで神のみ作ってらっしゃいます。楽しみ!!

そして同じ作者様による作品。

例のイタ回をBGMつきで再現されてます。逆シャア。
以上二つは凡人には知りえないセカイのDC2さんの作品。DC2さんは神のみ感想及び今週のココマならぬ今週のココラが素敵すぎます笑。

あと二つ。

可愛い!これぞ二次創作ですなぁ…

そして同じ作者様。

これ、作者さんのブログかしら…
仮住まい(仮)

これからも動画製作者さまを応援していきます…私には作るスキルがないので笑。

☆ちょっとしたお知らせ
半年以上放置だったんですけど…数年前からmixiにいます。
とりあえず神のみコミュでも見てみるかね…でも向こうでは漫画のことはあんま書かないと思います。
それでもいい人はかまってください~かまってちゃんですな私は笑。
[ 2009/01/30 00:50 ] 神のみ応援企画 | TB(0) | CM(0)

はじめてのあく第4話 感想

第4話◆危険分子は排除!
とくとご覧あれ!奥ゆかしき一方通行の愛!!(むさくてすみません…)
☆藤木先生によるはじあく4話解説
はじあく4話
そうか、藤木先生の美形は会長なのか。いや男前です笑。

よみましたっ
ジローの転入、アキユキの本名公開…
そして来たぜ男祭り!!
藤木先生の描く熱くむさ苦しい男どもが大好きです笑。
彼らのいいところは、読者目線で且つ違和感なくヒロインの魅力を的確に語ってくれるところなんですよね。渡ファンクラブの語るキョーコの魅力に共感しまくりです笑。

主人公とヒロインのニヤニヤ展開をだけだと妙に恥ずかしくなってしまう私にとっては、藤木先生のnot美形キャラ男子はなくてはならない存在なんですよー。
んで、今作の渡ファンクラブの面々は超新聞部のノリで体張りまくる!!これからも全力でジローに叩かれてくださいお願いします笑。

キョーコの魅力を語る男たち、純粋だけどズレてる積極的なジロー、好奇心の塊アキユキ、策士なエーコさん…そしてそんな濃いキャラに振り回されながらも果敢に戦う、男勝りなようで実は乙女なキョーコ。学校生活も賑やかになってきそうで楽しみです。もうこの漫画に関しては、彼らの日常を余すことなく見せてくれればそれで満足です。設定云々ではなく世界が、生活が感じられるのが大好き。といいつつ、キルゼムオールという要素がある限り正義の組織やジローの兄弟のイベントも大いに期待している訳ですが笑。

☆巻末コメント
Q.心に残るアニメのワンシーンを教えてください。
A.「パズー!」「シータ!!」→かっさらう

ラピュタ…何回見たことか!
余談ですが、その昔、ぶうち優先生の「KAREN」(ちゃお掲載)という、19世紀イギリス&日本が舞台のSFファンタジーがあったんですが(メイド服が可愛かった…)、結構ラピュタと似た設定があって、ラピュタとKARENを見比べては共通点をさがしておりました笑。「イシノワニヒイズルトキセイナル…(以下略)」という、ストーンヘンジにちなんだ呪文が物語の鍵になっているんですが、この呪文に二重三重の意味を重ねていくのに当時は相当感動したものです。今でも呪文覚えてるよ…ラピュタとあわせてまた読み直したいなぁ。

にしても、巻末コメント銀河鉄道999多い!!それ以外もことごとくレトロだ笑。
若木先生は劇場版うる星のビューティフルドリーマーでまだ新しい方か?ちひろ編でもビューティフルドリーマーを扉絵の元ネタにしてたなぁ。オシイストかつ留美子先生ファンにはたまらん作品でしょう。ああ終わらない文化祭っ!!

蛇足
誰だよ、キョーコが百舌鳥さんだって言ったやつ!!
もうD-LIVE!がまともに読めんじゃないかぁああああ!!
[ 2009/01/29 07:48 ] 『はじめてのあく』感想 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG38感想速報版

FLAG38「スクール☆ウォーズ」
☆今までの神のみぞ知るセカイ感想は神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめにまとめてます。
☆前回の感想は神のみぞ知るセカイFLAG37 感想速報版および神のみぞ知るセカイFLAG37感想とか元ネタとかから。


よみましたっ
精神的体育会系の長瀬純先生にぴったりのサブタイトルですね笑。ですがその一本気で真面目な性格が、現在でも過去でも周囲との摩擦を生み出しているようです。そういう真面目さは、現実では「うざい」要素であっても、漫画の中だと長所として描かれ周りから許容されている場合が多い。はたまたその真面目なうざさをギャグに転換させてしまうか。

ですが「神のみ」ではそんな「漫画だから許せる」表現に逃げていません。桂馬を現実からの逃避としてゲームを選んでいると決めつけている純に対し、主人公桂馬は本心からの怒りをぶつけます。(よく言ってくれた!とすっきりした気分の読者も多いでしょうね。)

今回一番のポイントは、桂馬が算段無しの怒りを純にぶつけたというところでしょう。前回の「現実よりも理想」という言葉に思わず反応する桂馬、という場面がこの「怒り」の伏線になっている訳です。ゲーム理論だけでなく、自分の感情が攻略に影響するようになっているということ、そしてそれは桂馬の現実への本気の現れでもあるということはこのブログでしつこく書いていますが、今回はそれがはっきり分かる感じ。桂馬の「怒り」については完成版の方でもう少し詳しくみたいと思います。

この怒りは純の心のスキマにかなり効いたみたいですが、来週以降どう影響してくるのでしょうか。桂馬の想定外な要素が増えてますます苦労しそうな予感…

で、今シリーズの面白いところは若木先生もブログで仰っていたとおり(FLAG37:「2年B組長瀬先生」)、桂馬だけでなく、攻略対象である純の思考が読者から見えているというところ。だから読者から見ると、桂馬が純に攻略されているようにも読めます。好きと嫌いは変換可能、頭の中を怒りで埋めて一気に恋に変換させる…なんて理論がモロに桂馬に跳ね返ってきているんですにゃー。面白い!

純の悩み、元教師の卵の私はすごく共感してしまいます。確固とした信念がなければ教育なんてやっていけないけど、それは同時に価値観の押し付けになってしまう時もある。桂馬みたいに価値観がしっかりしてる場合はいいんです、お互いの価値観を戦わせれば、有意義な時間になるから。だけど実際問題、桂馬のように価値観がはっきりしてる生徒はほとんどいません。極端に言えば教師の価値観が生徒の価値観になってしまう場合もあるわけで。教師は責任重大です。すごく怖い…

神のみのテーマとして、自分だけの価値観をもつことの大切さ、そしてそれを極めようとすることの難しさ、というのがあると思うんです。教師という職業はそのテーマがダイレクトに反映されているとも言えます。
純は「理想を貫く」ことと、どう折り合いをつけていくのかな。ちょっと、自分のモヤモヤと重ねながら読んでます。

先生のブログからちょっとメモ。
・登場人物の名前は近鉄線の駅名からかぁ。法則性あるネーミングは大好きです。久米田先生なんて徹底してますね。
参考までに、神のみぞ知るセカイ本スレFLAG38から引用させていただきます。ありがたや。

691 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2009/01/28(水) 00:01:02 ID:czXLgfAcP
高原   京都線 高の原
青山   大阪線 青山町、西青山、東青山
中川   山田線 伊勢中川
汐宮   長野線 汐ノ宮
楠    名古屋線 楠
小阪   奈良線 河内小阪
長瀬   大阪線 長瀬

ゲストキャラ
桜井    大阪線 桜井
二階堂  天理線 二階堂
飛鳥   吉野線 飛鳥

http://www.kintetsu.co.jp/railway/rosen/A50001.html

・葉鍵はたしなむ程度…先生正直ですねぇ。勘違いしてる人多いみたいですけどkeyの作品プレイ経験があれば若木先生の作品世界はむしろその真逆…とまではいかないけど方向性が全然違うのが分かるかと思うんですが。逆に久米田先生はkey好きそう笑。エロゲシナリオで言うと麻田准訂正:麻枝准(コメントっで指摘いただきました。ありがとうございます。単なる誤字です…人の名前を間違えると申し訳ない気持ちになりますね…)でも田中ロミオでもなく蛭田昌人とか丸谷秀人…みたいな感じ。

ミソラ事件のこと+とりあえずの拍手コメントお返し

☆ミソラ事件
1/26:ほんのささいなとるにならないしっぱいのほうこくしょ
「ハアク」の誤植の秘密が…!ミソラの意味が分からない人は「ミソラ事件」で検索してみると詳細が分かるかと思います。とりあえずwikipediaから引用。
生方恵一の項から。
>1984年12月31日、「第35回NHK紅白歌合戦」で総合司会を担当。この紅白でラストステージを公言していた都はるみが、涙のアンコールを終えた直後、得点集計に移ろうとした生方は、「もっともっと、たくさんの拍手を、ミソラ…(首を振りながら絶句、一瞬固まる)、ミヤコさんに、お送りしたいところですが…(後略)」と、都の名前を美空(ひばり)と言い間違えてしまうという失態を演じた。この映像はNHKの公開ライブラリーで視聴することができる。
あいかわらずネタがレトロっす若木先生!
3巻の加筆修正まだチェック中です…明日あげられればいいけど。

☆拍手コメントお返し。
>めぎゅっちさん
お騒がせしました~。また遊びに行きます!

>はしょらさん
はじめまして~またコメントいただけたらうれしいです。
新井先生が久米田先生の元アシ、という話ですが、以前久米田康治先生の過去のアシスタントさんについてという記事のコメント(非公開コメントです)に某サンデー作家のアシスタントという方から「確かな情報」としていただいた情報です。新井先生はあっという間に才能を見抜かれすぐにいなくなってしまったようですが…。

次世代WHFで「神のみぞ知るセカイ」のグッズが発売されています。

☆残すは名古屋と福岡のみですが。
次世代WHFで神のみグッズが発売されています。
サンデーブースでクリアファイルとテレフォンカード、ムービックブースでポーチ、Tシャツ、マウスパッドというラインナップ。他にもあるのかも知れませんが…

☆クリアファイル
次世代WHFの公式ページで詳細が見れます。
絵柄は2巻の表紙の桂馬と、春日楠主将までの全攻略ヒロインのイラスト(サンデーに付いてたピンナップと同じ)。価格は300円。

☆テレカ
2枚組み2500円だそうで、サンデーの公式には3巻表紙のイラストのが紹介されてますけど、もう1枚は何?

☆ムービックのポーチ、Tシャツ、マウスパッド
サンデーの公式に写真が載ってます。他のはともかくマウスパッド欲しいなー。
神のみぞ知るセカイFLAG37感想とか元ネタとかでも書きましたけど、今週号のサンデー(8号)の情報スタジアムの懸賞の商品にもなっていました。

☆エルシィのビックリマン風シール
会場でサンデーコミック買うと、例のシールがもらえるみたいです。3巻発売時に貰いそこねた人は手に入れるチャンスかも…
シールについてはインクルblogさんで詳しく解説されています。

ついでに?次世代WHFのサンデー関連をレポートしてる方を紹介させていただきます。
GRANDHOTEL
サンデー作家の寄せ書きサイン(若木先生のもあります)の写真、畑先生のサイン会レポートもあります。

うーん、書いてると行きたくなってきますねぇ。私はいまのところ01年久米田先生のサイン会の時行ったのが最初で最後です。2/1が名古屋、2/8が福岡。名古屋は『ダレン・シャン』の新井隆広先生(久米田先生の元アシらしいですよ)、福岡は『オニデレ』のクリスタルな洋介先生のサイン会つき。お近くの方は行ってみてはどうでしょうか。
[ 2009/01/26 20:09 ] 神のみグッズ関連情報 | TB(0) | CM(2)

今週書いた記事のまとめ 1/19~1/25

これも今週から復活できればと…

1/19
神のみぞ知るセカイ第3巻感想~女子的プライドの強さと弱さ~
第3巻の感想です。女子的観点から書いてみました。

1/20
はじめてのあく 第二話感想
はじあくも感想かくことにしました。でも普通の感想です。

神のみぞ知るセカイFLAG36 感想とか元ネタとか
…長いです。

1/21
神のみぞ知るセカイFLAG37 感想速報版
これを書いたのは腹痛が来る前でした。

学級閉鎖が相次いでいますが
ノロウイルスにやられたから更新休むよというただの報告…

1/24
復活お知らせ+更新お知らせ
復活したよというただの報告…

1/25
はじめてのあく第3話感想
ニヤニヤとしかいいようがない笑。

神のみぞ知るセカイFLAG37感想とか元ネタとか
これまた長いなー。FLAG37の構成のうまさを最初から順に追ってみたんですけど、やっぱりポイントをしぼった方が読みやすい。とりあえず純は理想からみた自分をみろと、桂馬は現実から観た自分を見ろという話。

さよなら絶望先生第百六十七話 構成チェック&ファッションチェック
数ヶ月ぶりに復活させました!元ネタ解説は全くやってません!
構成とファッションと久米田先生ウォッチングだけです笑。

さよなら絶望先生第百六十七話 構成チェック&ファッションチェック

第百六十七話『ハルピンの一矢』
週刊少年マガジン2009年8号
掲載順:2


とりあえず数ヶ月ぶりに再開します!神のみ並みに緻密に見ていくことはムリそうなので、毎回の構成とファッションチェックに重点を置くことにします。元ネタとかの解析はいろんなサイトさんがやってるしね!マガジンじゃあんまり意味ないですが掲載順も書いとくことにしました。今回あまりに掲載順高くてびっくりしたので記念に笑。

☆テーマ
・テーマ
「せめて一矢報いてはどうだ!!」
久々の絶景先生。

☆構成
今回は言葉遊びのパターンですね。

①テーマ提示
冬の雪合戦一人負け→せめて一矢報いてはどうだ
②例示
絶景先生「報告せよ!!」
③キャラ例示、羅列例示
奈美、久藤(&木野)、まとい
④テーマ飛躍(可符香)
入院、亡霊の怨念、アメリカ
⑤オチ
千里への暴言、孫の望です

キャラのエピソードの使い方が絶妙でしたねー。マ太郎の同窓会妄想、アメリカ人に日本語で暴言とか。特に先生とみんなが雪合戦初めてページめくった途端潰れてるのは久米田先生ならではのテンポだなぁと笑。

☆ファッションチェック
今回は私服多くて3段ぶち抜き多用してます。
・1ページ目
絶望先生0801
そのままイラストにできそうな感じ。
背景の雪の街が細かい。すごく雰囲気でています。

・2ページ目
絶景先生の甲冑が本格的過ぎる!
絶望先生0802

・5ページ目
奈美の私服チェック。
絶望先生0806
六角形を4つ組み合わせたパターンのマフラーにスタジャン、アーガイルの二段フリルのミニスカート、タイツに、履き口広めのブーツというコーディネイト。
ボリュームあるスカートにコンパクトな上着は定石。一般的ながら凄くうまくまとまってます。
注目すべきは足元のバランス!!ココに履き口が広めの重めなブーツを持ってくるセンスがすばらしいです。更に良く見ると、ブーツの足首の辺りが細くなってて女の子っぽさが出ています。
奈美のミニスカ着用率が高いのは新谷さんを意識してのことでしょうか笑。

・6ページ目
久藤くんの私服チェック。
絶望先生0805
メルトンPコートに太めのベルト、チェックのストレートなズボン、ハイカットのスニーカー、リュック。
コートの袖から下に着てる服が見えてる所、ハイカットの部分がしっかり見えるよう計算されたズボンの丈等、男性陣のファッションもしっかりつくってる印象です。改蔵の時は女性陣に比べてシンプルだったんですけど、久藤くんといい木野くんといい笑、絶望先生は男性のファッションのコンセプトもしっかりしてる感じ。

・7ページ目
まといの和服チェック。
絶望先生0804
いつもの着物+袴の女学生スタイルにマントとマフラー、ブーツで冬仕様。
マントとマフラーで隠れてても、着物の柄をしっかり描いてます。昭和レトロなデフォルメされた大きめの花柄。マントにも柄があるので、柄×柄のコーディネイトになっているわけですが喧嘩せずに和風なおしゃれにまとまっています。さすが久米田先生。ブーツはしっかりヒールがある細身の物で、上にボリュームがある着物の着こなしを引き締めています。

・9ページ目
可符香の私服チェック。
絶望先生0803
上にボンボンが付いたニット帽、V型の模様を組み合わせたマフラー、ファー付きのショートコート、膝丈のハーフパンツにエンジニアブーツ。
パンツのお尻のポケットがチェックになってるのが細かい&可愛い!!ファーやマフラーの質感がしっかり描かれてるのも凄い。奈美のマフラーと可符香のマフラー、質感が違うの分かりますか?
雪合戦のためかブーツもエンジニアブーツで機動性アップな感じですが、ファーやボンボンのふわふわ感で女の子らしさをしっかり出してます。けっしてボーイッシュだけじゃ終わりません!!

・全体的に見て、改蔵の時は凝ったパターン(模様)の服が多かったのですが、絶望先生になってからはオーソドックスかつレトロな柄が多いです。

☆今週の久米田先生
「同期の漫画家の作品が劇場映画作品になったんですよ」
「しかもこともあろうに蒼井優ちゃんが声をあてていて悔しいですけど観るしかないじゃないですか」
「せめて一矢報いるために一日(映画の日)」
「1000円で観てやりましたよ!」

最近よく蒼井優好きを主張してますね久米田先生笑。
映画は鉄コン筋クリートでしょうか?松本大洋先生は大学の同期だそうなので。
被ってる新聞かぶとに「漫画界が平和でありますように」と獄の宣伝が書いてるのが素敵。

☆巻末コメント
内需拡大のため最近いろんな電気製品が壊れます。
[ 2009/01/25 18:57 ] さよなら絶望先生感想 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG37感想とか元ネタとか

FLAG37「2年B組長瀬先生」
☆今までの感想・考察・元ネタは神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめからどうぞ。
☆初見の感想は神のみぞ知るセカイFLAG37 感想速報版


サンデー2009年第8号
勝ち名乗りをあげるのは?
よみましたっ(またまた週末更新。そろそろ通常に戻りたい…)
速報版では、純が桂馬と「生き方の沸点をあわせる」ことで接点を持ったこと、それによって最短攻略ルートを外してしまった桂馬は「他人から自分はどう見えているか」を考えて立て直さなければならないんじゃないか、という話を書きました。
今回は、この話の構成のうまさをもうちょっと詳しくみていこうかと思います。

☆他の男子と桂馬の違いをはっきり見せる!
「実習生…いいよなー」
「オレはやりますよ!!!」
「2週間で仲良くなっちゃいますよ!!!」

「フン!あんな半端なパラメータのどこがいいのやら…」
「その他大勢」と「桂馬」の違いがはっきりと描写されてます。美人の実習生に大騒ぎする男子生徒と、その輪に加わらず冷ややかな意見を述べる桂馬。コレだけ見ると、桂馬がただ現実に対して冷めてるだけに見えますが、それは違う。ただ価値観が違うだけなのです。魅力を感じる観点がその他大勢の男子と違うだけなのです。桂馬は誰よりも真剣で熱いのですよ。

☆桂馬の価値観=この作品の価値観での「教師」の特性
「教師ですらやたら攻略が面倒なわりに実りの少ないジャンルだと言うのに!!」
「『弱教師』みたいな肩書きになんの魅力があるってんだ!!どーかしてる!!」
「『教育実習』が成立するのはプレイヤーキャラのみだよ!!エルシィ君!!」

そんな桂馬の熱さとその他の男子の熱さの違いを見せつつ、この作品における「教師」の位置を説明してしまってます。桂馬の手にかかれば、説明的なセリフも熱いセリフになってしまうんですにゃー。サンデーの作家さんってこういうセリフのセンスがいい人多いー。

☆いつも万能だった桂馬の格言が、今回は早々に通用しなくなるという変化球
「ティーチャーの 愛は時には ノーフューチャー。」
「教師ってのは、生徒と仲良くするのが仕事だからだ!!」
「単に仲良くなるだけなら教師ほど簡単なものはない。だが、そこから先にはなかなか進めない。」
「どこかで立場を台頭にしないと先に進めない!!」

エルシィの意見に異を唱え、攻略方針をキャッチーな格言とともに披露する。
いつもならこの方針が順調に進んでいくわけですが、今回は純の方から積極的にかかわってきたため早々に計画倒れという新しいパターンです。
さらに今回は冒頭で桂馬が話した「教師ですらやたら攻略が面倒なわりに実りの少ないジャンル」の論理的で分かりやすい説明にもなっています。この「論理的」な部分は神のみの魅力の一つですね。

☆モノローグによって読者だけが分かる!桂馬と純の攻防
「なんでボクを狙い撃ちなんだ…?」
「ボクなんかしたか?」

「ムリもないわね…」
「急に話せって言ってもね…」

すでに純が桂馬にロックオンしてることは読者はみんな知ってるわけですが笑。
桂馬は他人から見た自分…つまり自分のパラメータが見えてない。だから純がなぜ近づいてきたか、自分をどうみているか分からない。純は「いい先生」としての基準で桂馬の行動を考えるから、桂馬の行動を単なる逃避としか考えられてない。そんなねじれが読者からは透けて見えてきます。この捩れに最初に気づくのは、さてどちらか…。

ちょっと注目しておきたいのは純。
「この子たちの…期待を裏切っちゃいけない!!」
「私…いい先生にならなきゃ!!」

ここでエルシィの駆け魂センサーが反応するわけですが。
どうにも純は「理想を目指す」といいつつも、その理想が他人=現実に左右されてるような気もします。

☆プロレスが求める「現実の強さよりも理想の強さ」が桂馬に重なる!
単に昔のプロレスが好きだから、という理由だけで、プロレス好きの女子大生を出してきたわけじゃないことがよく分かります。桂馬も現実より2次元という理想を追っている探究者なのです。

そして、桂馬がこの一言で純に心を許しかけたのも事実。だけど、それは偶然で純は桂馬を誤解しているまま、と…。うーんすれ違い。「神のみ」は桂馬の完璧な理論がありつつも、現実ならではの「すれ違い」がたくさん生まれてます。それ解消するべく、毎回桂馬は奮闘するのですが…今シリーズでは、純が、なぜ桂馬が「現実より理想」に反応したのか理解して桂馬が現実からの逃避でゲームをやっているという誤解をとくことも必要でしょうね。桂馬は「現実」からみた自分、純は「理想」からみた自分、それぞれを得るように成長しなくちゃならないみたいです。

☆ムービックの神のみグッズ情報
いまさらですが、後で別記事にしようと思います。
が、サンデー368ページの「サンデー情報スタジアム」に注目!!
次世代WHFで販売される(東京では今日開催中ですね)ムービックの神のみグッズの情報がのってます。ついでに懸賞も。Tシャツ、マウスパッド、ポーチの3商品。
ウェブサンデーの公式ページでカラーで見れます。が、やっぱりこういうキャラ物グッズってよっぽどデザインが良くない限り(もしくは原作者がデザインに直接かかわってるか)じゃないと買う気がしないのは私だけじゃないはず…。ポストカードとかポスターとか絵そのものを楽しむのは別にいいんだけど。せめてバンドのTシャツくらいのデザイン性がほしいぜ。いやこういうのって実用というよりコレクション用なのは分かってるんだけどさ。あ、でもマウスパッドはちょっと欲しいなーあゆみんいるし。

☆サンデー50周年企画⑧!!歴代ヒロイン特集!!にエルシィ
ページの端のコラムです。絶チルの3ページ目のとこ。
【エルシィ】「神のみぞ知るセカイ」のエルシィは、地獄から逃げた駆け魂を狩りに地上に現れた「駆け魂隊」の一人。見かけは女の子だけど年齢は300歳オーバー!
ちなみに國生さんもいます。金剛番長の267ページ。工具楽屋が家具楽屋になってるけど笑。

☆今週の煽り
1ページ目扉
・真ん中
勝ち名乗りをあげるのは?

・ロゴ下
神様が囚われの少女“空”を救うためにアレコレする単行本第3巻発売中。

2ページ目柱
■美人実習生によりKOされる男子続出中。

18ページ目柱
■どこからどうみたって問題児ですよ神様。さてさて攻略しょっぱなからつまづいた桂馬の次なる手は!?

☆巻末コメント
Q.22世紀までには、なくなって欲しいというものはなんですか?
A.WAR。

戦争根絶。80~90年前半のロック少年らしい答えですね。その最たるものが山田玲司先生だと思うけど、若木先生も良く環境問題の話ブログでしてるしね。


はじめてのあく第3話感想

第3話「見事なカラダ」
はじめてのあく感想一覧
悪の華、咲かせてみせようぞ!やりたい放題の“悪コメディー”
よみましたっ
ジローの真っ直ぐさ、純粋さに脱帽!!単なる鈍感主人公、ツンデレ主人公で終わらないぜ、こいつはっ!!落とし神も真っ青なセリフ連発ですよっ!!全国の少年少女、彼の真っ直ぐな気持ちと行動にニヤニヤし、そして爆笑せよっ!!これぞコメディーではないかっ!

いやなにね、「体」に惚れたって異様にリアルじゃないですか笑。ズレた鈍感主人公に見えて実は全開でアタックしちゃってるところが最高ですね!これも女子読者増えるんじゃないかい?というか、男子の書き方変えたら「ちゃお」でも通用しそうだぞコレ笑。

そんなニヤニヤ成分大増量なんですけどね、25~27ページの怒涛の展開には本気で笑ってしまいましたよー。素晴らしいセリフとテンポっ!ジローの攻めまくりな行動と、押され気味なキョーコ、そして2人の関係にときめくアキユキの配置が絶妙っす。ちゃんとキョーコの攻撃力が高そうに見えるのも素晴らしいよっ。

キョーコを自分のモノにしようとするジローにかき回される一方。今回キョーコは押されっぱなしか、と思いましたが救世主エーコおねえちゃんの「要求も呑んだフリをして問題を先送りする」作戦で懐柔成功。

といいつつ、エーコの真の目的はキョーコとジローをクラス(いや学校?)公認カップルに仕立て上げることだったようで、
「あんたがあたしの言うこと聞いてちゃんと社会にとけこめたら!」
「それができたらあたしを好きにしていいから!」
「簡単だな!!これでキョーコはオレのものよー」

なんていうセリフのやり取りは、エロエロな方向の解釈で固まってしまったようです笑。
あえて私からもこのセリフを送らせていただきましょうか。
「キョーコちゃんってばダ・イ・タ・ン(はぁと」

そうそう、さりげに伏線はられてますねー。
「あいつあたしらの兄弟の中でも一番クソまじめだったからねー。仕事ばっかで同世代の友達もいなかったのよ。」
これは、「進め!ギガグリーン」の阿久野フミが出てくるってことですかい!?
いつかギガグリーンとの絡みを期待して。

はてさて、クラスメイトに妄想爆発させる威力をみせつけたお2人ですが、次回はどう動く?
とおもったら、次号予告に軽くネタバレのってますぜ。
「ちゃんと社会にとけこめたら、あたしを好きにしていい」キョーコの大胆発言で校内は大波瀾!!!晴れて生徒として迎えられたジローと、男子生徒たちの聖戦が勃発!!?
ついに正式に転校、そして男子キャラが増えるのか!!藤木先生は女キャラのみならず熱い男キャラも素敵なんで期待しときますよっ

☆巻末コメント
Q.22世紀までには、なくなって欲しいというものはなんですか?
A.ストレス。

先週といい、どーしても数年前の夏目先生とだぶってしまうのは私だけでしょうか笑。
[ 2009/01/25 00:16 ] 『はじめてのあく』感想 | TB(0) | CM(0)

復活お知らせ+更新お知らせ

☆復活しました。
約4日間寝込んでおりました。こんなにブログ放置してたのはじめてだよ…
どうやらノロウイルスに感染してたみたいです。みなさんも気をつけてください、丸3日何も食べれませんでしたよ…コメントや拍手コメントもいくつかいただいて、申し訳ないです。心配おかけしました~。体調管理しっかりしないとダメですね。

☆更新お知らせ
・2ch神のみぞ知るセカイ本スレFLAG38更新しました。
http://tukigamiteta.web.fc2.com/
遅くなりました。まだまだ本スレの進行が本編のFLAG数を追い越してますよー

・「神のみぞ知るセカイFLAG36感想とか元ネタとか」完成しました。
神のみぞ知るセカイFLAG36 感想とか元ネタとか
若木先生の解説とジャンボ鶴田関連の追記、巻末コメント、煽り文追加。

・FLAG35、FLAG34の若木先生の解説も追加しておきました。

☆更新予告
はじあくの3話、絶望先生の最新話(感想書くの再開します)は1/25に。神のみFLAG37完成版も何とか1/27までには完成させる予定。神のみ3巻の加筆修正も今から作業取り掛かりますので1/27までにはとりあえずのアップができるかと思います。見落とし見つけたらご指摘お願いします~
[ 2009/01/24 23:03 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(2)

学級閉鎖が相次いでいますが

私まで風邪ひいてしまいました…
腹痛と嘔吐の繰り返し。昼休みに神のみの感想書いた時までは平気だったんですがね…明日病院に行きます。
というわけで、メールやコメントの返信、神のみ過去ログ置き場の更新できなさそうです。しばしお待ちを~
[ 2009/01/21 19:34 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(4)

神のみぞ知るセカイFLAG37 感想速報版

FLAG37「2年B組長瀬先生」
よみましたっ
純先生、美人でクラスの男子は大盛り上がり。男子の熱狂に水をさす女子もなんだか楽しそう。
ですが、我らが神様・桂馬はクラスの輪に入ることなく、攻略対象としての教育実習生の中途半端なパラメーターを批判します。熱いんだか冷めてるんだか笑。

そして純に駆け魂がついていることがわかり、いつものごとくゲーム理論による格言を披露する桂馬。ですが今回はその格言が効力を発揮するまでもなく、純に先を越されてしまう訳です。彼女は全くつれない桂馬に対して、現実よりも理想を追い求める、という信念を披露し、一瞬ではあるものの桂馬の気を引くことに成功しました。桂馬が言っていた「生き方の沸点を合わせる」を実践した訳ですね。

余談ですが、やっかい者な生徒に積極的に関わろうとする美人教師と、そんな教師の行動が理解できなくて困惑する生徒…という関係は新井理恵先生のストーリー物によく出てきます。今連載中のM(エム)もそのパターンですね。新井様の作品の場合、こういう関係の先生と生徒は必ず恋人関係になっているので笑、桂馬と純先生にも期待しておきましょうか。

んでもね、非常に現実的な話をしますと教育系の大学では、実習前に「実習中に特定個人の生徒と仲良くなろうとするな」と釘をさされます。私が実習に行ったある学校なんかは更に厳しく、「自分の受け持ちの授業以外はなるべく生徒に声をかけるな」とさえ言われていたり…
どうも実習生が生徒と仲良くなりすぎて休みの日にゴニョゴニョ…ってことがあったらしく、最近は生徒との触れ合いも一苦労なんです。

で、本編のほうに話戻すと。
桂馬は「純は自分のことをどんな生徒だと思っているか」を理解しなくちゃ前に進めないでしょう。
他人から自分への評価は全て「オタメガ」で固定されていると思い込んでいるフシがある桂馬。あゆみんの自分に対する態度の変化に気づいたことで、ちょっとは意識してるのかもしれませんが、楠主将やハクアに対する鈍感さ、さらに今回自分が問題児だということに全く気づいていなかったことを考慮すると、矯正はなかなか難しいかもしれませんねぇ…

「他人から自分がどうみえているか」、桂馬がこの視点を得ることを願って、次週ということで。

以下、ちょっと思ったこと。
・純のズレた真面目っぷりはいいなぁ。一緒に徹夜で指導案作りたいです笑。教育論にも花が咲きそうだ。私は外見も中身も非常に子供っぽいので、純みたいな大人っぽい子と組むと生徒にもなめられずに指導できそう笑、なんて授業を夢想したりしてしまいます。

・無駄にテンション高い英語の授業が素敵です。エルシィの「ひどい目にミートしてしまいました」はじわじわきますね笑。

神のみぞ知るセカイFLAG36 感想とか元ネタとか

FLAG36「24ビットの瞳」
☆「神のみぞ知るセカイ」過去分の感想は神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
神のみぞ知るセカイFLAG36 感想速報版の続きです。
☆最新刊は神のみぞ知るセカイ第3巻感想~女子的プライドの強さと弱さ~


よみましたっ
火曜日にギリギリ更新ということで…すみません!

桂馬を、現実になにも期待していない→孤独な少年と想定し、なんとか現実に適応させようと決意する教師の卵・長瀬純。純は舞島学園高校の外からやってきたわけで、桂馬に対してある種の「あきらめ」を持っている教師や生徒とは全く違う立場です。現実vs桂馬をお膳立てするには、うってつけのキャラなんですな。桂馬は、果たしてこの構図に気づけるんでしょうか。

ちひろ編を通して、現実でも二次元でも、他人に左右なんかされない、自分は自分であるという答えを出した桂馬。それと同時に、女子攻略に際して、戦略・演技だけでなく桂馬自身の本音がぶつけられつつあるのがわかってきました。
自分は現実にどう向き合えばいいのか、そして他人はどのように現実と向き合っているのか。そういう思考が桂馬の中に芽生えているのは間違いないと思います。
しかし、「他人から自分はどう見えているのか」という認識は、今の時点では欠落しているようです。それは楠編、ハクア編エピローグにおける桂馬の不自然な「鈍感さ」を見ればわかると思います。

というわけで、本格的に桂馬vs現実の第二ラウンドが始まる前に、桂馬と現実との関係をまとめておこうと思います。桂馬は現実から逃げている訳じゃありません。だからこそ、面倒なことがたくさんある、ということで…

☆1/24追記:若木先生によるFLAG37解説
1/20:FLAG36「24ビットの瞳」
>今回は実は前回の読み切りシリーズの流れも引き継いでおりまして、「桂馬のいる日常~第4話・学校編~」+「攻略長瀬編・第0話」というハイブリッド回になっております。そのおかげで、駆け魂が入る瞬間というレアなシーンも挿入することができました。普段の攻略だったら、こんなもん入れるページ数ないですから~。
相変わらず緻密な構成っす。

>いやはや、懐かしい!やっぱ全日!この話を見る人は、予備知識として、鶴田×三沢のシングルマッチの映像を見ておいた方がいいですよ。長瀬先生がなぜこの頃のプロレスが好きなのか、よくわかる名勝負っす!
その名勝負はhttp://jp.youtube.com/watch?v=BdRtqgW-wWs で。
全日と新日、そして当時のプロレスの熱狂についてはこの記事の@さんのコメント読めばよく分かるのではないかと思います~(ありがとうございます!)
追記終わり。

☆桂馬と現実の闘いの歴史をたどってみる
現実世界を無視し、2D世界の神として君臨していた桂馬。現実とはまったく接点がなかった桂馬の生活は、エルシィの登場によって一変し、嫌々ながら現実と接点ができてしまうわけです。
初期の神のみは、ゲームの方法がそのままリアル女子攻略に通じてしまう、というカタルシスを見事に表現しています。間違うことなくルートを進めていく桂馬は読者にとっても神。

ですが、かのん編あたりから、ゲーム理論だけじゃなく、桂馬が現実で体験した要素が少しずつ出てきました。例えば、「キミ」と言いかけて、目を逸らしつつ「お前」の歌よかったぞって言い換えた部分では、桂馬の本心が率直に出ているように思えます。ただゲームのルートや台詞をトレースするだけじゃない。2D神としての能力が3D世界で発揮されることで「神のみぞ知るセカイ」が成立しているのはもちろんですが、2Dで得た能力を使っていても、桂馬もまた3Dで生きる1人の男の子である以上、リアルの女の子たちの影響を受けないわけがありません。若木先生が7/3:FLAG12「Coupling/With」でおっしゃっていましたが「親や学校の影響は、ゲームなんか足下に及ばないぐらい強力です!これを忘れちゃいけない。ほんに、現実は強い。」わけです。

そんな「現実からの影響」が顕著に現れたのが、小阪ちひろ編。
読者から見た桂馬「現実から何をされようが、何を言われようが気にしない」2D神です。
しかし、現実からみた桂馬は神じゃない。ただの「底辺ゴキブリ男」です。それを目の前に突きつけられた桂馬は深く傷ついてしまいます。

この桂馬の傷つきっぷりを意外に思ったり、失望したりした読者もいるかもしれません。ですが、「何故、桂馬は傷ついたのか?」を考えると、桂馬の「現実」に対するスタンスが見えてきます。

桂馬は完璧に現実を否定していたわけじゃなく、現実へバリアを張り、2D神としての自分を隔離していたのです。現実へのバリアってのは何か?それは「ゲーム理論で現実の女子を攻略する」という前提、そして「攻略した女子の記憶は消えてしまう」という虚しい事実。だからこそ、桂馬は攻略や告白の時に桂馬主導の過剰な演出を行ってきたし、呼び名は「キミ」限定だった。ギャルゲーの台詞をそのままトレースしてることを強調するように、女子の名前を呼ぶことはない。そして何より2人の未来の関係を指す言葉をかけることはなかった。(歩美にだって、「これからずっと」じゃなくて「明日」の応援を約束しただけなんです…涙)
でも、ちひろ編ラストでは「ちひろ」と名前をはっきり呼んでる!そして「いつでも救ってやる」と、未来を約束してる!この変化は重要です。2次元>3次元だけど、そこでもがいている女の子は神が必ず救うという桂馬のあらたな決意なわけです。

「ボクは…確かに現実(リアル)に絶望してる。」
「だけど、自分には絶望していない!!」
「今がつまらないか…楽しいのか…平凡なのか…決めてるのは現実(リアル)じゃない。」
「決めるのはボクだ!!ボクが望めば不可能はない!!」


この言葉は現実との戦い、つまり「底辺ゴキブリ男」事件からの立ち直り、そして気まぐれで理不尽な現実に惑わされてちひろを傷つけてしまったことがあってこそ出てきた言葉でしょう。

現実でがんばってもいいことなどない、と現実から完全逃避しようとした桂馬の前に現れた女神、あゆみん。記憶は消えていても、現実との接点は消えていないことを示してくれた。オタメガ→桂木の変化はもちろん、掃除へ来るように桂馬を誘うときだって、攻略前は「代りに掃除やっておいて」だったのが「私とあんただから、忘れずにきてよ!」(最高の笑顔つき)になってる。はっきり言葉にはされてないけど、記憶は消えても、桂馬が歩美を助けたこと、歩美が桂馬を好きになったことは消えていない。

それでも現実の理不尽さに惑わされ、ちひろに「現実女」というレッテルを貼って心を見ようともせず、ちひろを傷つけてしまう。そして気づくのは、ちひろを救えるのは、一度は完膚なきまでにちひろに打ちのめされた自分だけだということ。

この二つの出来事を通して、桂馬が現実に対して出した答えは、信じるのは二次元でも現実でもなく、自分自身だということ。二次元世界でも、現実でも、桂馬が全力で取り組んだ経験は必ず糧になっている。桂馬が全力で取り組むなら、2次元でも現実でも不可能はない。桂馬が築いてきた絶対的価値観はどこでも通用する!という最強の自信なのです。

最強の自信と絶対的な価値観を持った桂馬には、もはや「現実へのバリア」は必要ありません。桂馬が望めば、何だってできるのです。

☆そんな桂馬の「現実に対する穴」とは何か?
2D神、という枠を超えて神に近づきつつある桂馬。上にも書きましが、そんな桂馬に欠けているのは「他人から自分はどう見えているのか」という認識です。
まず、注目したいのは春日楠編。主将は桂馬の「かわいい顔」にときめいていたにも関わらず、桂馬は「軟弱なもの」に惹かれている、と解釈したまま主将を攻略してしまいました。あれ?とひっかかってたんですが…桂馬は1話の価値観を貫いている、つまり「オタメガネ」として3D世界で自分のスタンスを通してるようです。
「そして…現実(リアル)もそれを望んではいない!!」(注:それ…恋すること)
は未だに桂馬の絶対的価値観のようです。

これがよりはっきり分かるのが、ハクア編エピローグ。ハクアは攻略の理論抜きに桂馬に好意を抱いてるのに、桂馬にはまったくそういう価値観がないので、理解できません。エルシィはすぐ気づいたのに。あまりにも不自然な鈍感は、こういう背景があるからだと思われます。

☆今シリーズで、どう変化するか?
桂馬が純の賭け魂を回収するには「今、純が自分のことをどうおもっているか」をしっかり理解すること…つまり「他人から自分がどう見えているか」を考えることが大切になるでしょうね。コレは桂馬がままでやってなかったことだから苦労しそう…おそらく、彼女は過去の孤独な自分と桂馬を重ねてみてしまっているので、「純が自分をどうみているか」を認識することは直接ココロのスキマを埋めることにつながっていくはずなんですけど。

以下、サブタイトルやら小ネタやらの元ネタ解説と巻末コメント、煽り。
☆サブタイトル
「24ビットの瞳」、壺井栄の小説「二十四の瞳」ですね。またレトロな…。自転車にまたがり元気に生徒を指導する、小豆島の大石先生が主人公の教師物のストーリーです。今シリーズのサブタイトルは教師物の作品で行くのかな?

ジャンボ鶴田ジャンボ鶴馬って笑
「田」が「馬」になってる以外は、「人生はチャレンジだ!」も含めてそのまんまジャンボ鶴田です笑。
今wikipedia見てみると、全盛期は天龍とかと一緒なんですね。天龍とかは私が高校生の時(00年代前半)も現役バリバリだった印象なので、そう考えるとジャンボ鶴田って亡くなるの早かったんだなぁ…。ジャンボ鶴田について詳しく知りたい人はwikipediaの記事ジャンボ鶴田の公式ページが参考になるんじゃないでしょうか。

いやぁ、高校生男子でプロレスに嵌るヤツは多いですけど(それにしてもジャンボ鶴田なんてレトロなのはなかなか話題にあがらん!せいぜい蝶野とかでしょうよ笑)、女子はとんとみませんなぁ…
ということで、ジャンボ鶴田関連の元ネタを。

・お前の「お」が「オー」になるのは鶴馬好きだから?
「オー!」と叫び右腕をあげるジャンボ鶴田の決めポーズ。客のコールももちろん「オー!」。

・純が見ている鶴馬の動画
明確な元ネタってあるんでしょうか。とりあえず若木先生が見ておいたほうがいいという鶴田vs三沢(三沢光晴はジャンボ鶴田の弟子です)の試合を紹介しておきます。
http://jp.youtube.com/watch?v=BdRtqgW-wWs

・「つ・る・ま・オー」
ジャンボ鶴田リング入場時のコール「ツルタ、オー!」。

・「人生は、チャレンジだ。 ジャンボ鶴馬」
ジャンボ鶴田の座右の銘「人生はチャレンジだ、チャンスは掴め」。師匠のジャンボ馬場から継承したとのこと。

☆今週の煽り
1ページ目扉(全体的に煽りがテープ状になってます。相変わらず細かい!)
・若木民喜の横
~今年もあなたのために~
・中央
ハクア編&楠編&空編の単行本第3巻、1月16日ごろ発売ですよ☆
孤独?孤高?色々とがんじがらめな少年・桂馬の心を変えるかもしれない新シリーズ開始!!

2ページ目柱
■私立舞島学園高校のさわやかすぎる朝。

18ページ目柱
新シリーズ開始。
「駆け魂が出ないとゲームがはかどっていいな!!」
「このままずっと一話完結で行こう!!」

…でこの煽り。素晴らしいねっ。

☆巻末コメント
Q.思い出せるかぎり、最も古い記憶はなんですか?
A.保育園で飲んだマミー。


はじめてのあく 第二話感想

第2話「ジハクシール」
☆はじあくのカテゴリー作りました。まとめページも作る予定~
☆藤木先生による第2話解説
はじあく二話
裏話つき。「はじあく」企画は7月に通ってたとのこと。通らなかったら月刊誌で劇団SAKURAの連載化を考えてたみたい。おおー、SAKURAも続きがきになるー。超の方でちょろっと書いてくれたり…無理か。

よみましたっ
水曜日までに駆け込み更新ということで…。

第一話では、レギュラーとなりそうな人々の顔見せと、キョーコとジローの弄り弄られのドタバタをたっぷり見せてくれました。

第二話でもジローにに振り回されるキョーコ、という図式は健在。キョーコにFでZな状態(って、絶望放送リスナーしか分からないネタですな。大宙さんを思い浮かべたのは私だけじゃないはず)を見せつけ、ジハクシールやら天元突破ドリル(グレンラガンはモロに藤木先生のイメージ笑)やらの超現代的技術で、キョーコを陥れようと画策。

そんな意地悪な天才科学者っぷりをみせつつも、やってることは女の子の部屋の覗きという小物っぷりが、彼に無限大の可能性を感じてしまいます。コメディ的に笑。
そんな馬鹿と天才は紙一重な奴に、手作りのコロッケを作ってあげるキョーコの可愛さよっ!如何にも手作りといった感じの俵型なのが良すぎ。キョーコの私服、制服、そしてブルマといい…藤木先生、キャラにぴったりなアイテムもってくるの巧すぎ!

でも個人的に一番ツボだったのは、ジローが放った「ストライプ好きなので。」の一言。いや、ジハクシールなんてアイテムが出てきた時点でオチは読めてたんですけど、この一言があるだけでなんでこんなに笑えるんだろう…(ファッション的にいうと、パンツの柄はボーダーが正解なんでしょうけど)

ジハクシールつきのポチも、えらくキャラが濃かったですね。彼のこれからの師匠っぷりにも期待です。さて、第三話ではどう話が動くんでしょうか。ジローのへっぽこ活躍ぶりが広がることを願って、終わり。

☆巻末コメント
Q.思い出せる限り、最も古い記憶はなんですか?
A.以前、このサンデーで連載してたようないないような記憶。

…藤木先生が数年前の夏目先生のようなポジションにっ汗。
[ 2009/01/20 08:51 ] 『はじめてのあく』感想 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイ第3巻感想~女子的プライドの強さと弱さ~

神のみぞ知るセカイ第3巻発売日!収録話と購入特典まとめ
☆神のみぞ知るセカイ各話の感想・元ネタ・考察は神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめから。


☆「神のみぞ知るセカイ」のますますの発展を願って。
「神のみぞ知るセカイ」第3巻、よみましたっ
今回、訳あって広島で買ったんですが、いやはや、もうすっかり人気漫画ですねぇ。
ポップもついてるし、5列にわたって平積みされてるしで感動しましたよっ。1巻のときは入荷も少なそうだったからねぇ…

アキバblogさんの記事神のみぞ知るセカイ3巻 発売→山盛り 「最萌えキャラ 武士っ娘登場!」なんかみると、秋葉原のメロンブックスではあの「ハヤテのごとく!」よりも高い「神のみ」タワーができていたとか。やはり都会は進んでおります笑。

☆春日楠とハクアの「女子的プライドの強さと弱さ」
そうそう、私以外にも「神のみ」を手にとって店内をうろうろしてる女性をちらほら見かけました。
女性にも人気って本当かよ、と半信半疑な方もいるでしょうが。
「神のみ」にでてくる女子は、漫画的なキャラでありつつも、リアルの女子が抱えてる悩みと同じような悩みを抱えています。漫画的な属性や記号の裏づけとして、リアルな「悩み」があるわけです。ヒロイン達の悩みに共感できること、そしてなにより悩みに答えをくれる神様の存在は強力です。自分が漠然と抱えている、もやもやとした感情を漫画的なキャラを通して再発見する。そんな読み方をしてる女性も多いんじゃないでしょうか。

特に3巻に収録されている2大ヒロイン、武士っ娘「春日楠」と悪魔っ娘「ハクア・ド・ロット・ヘルミニウム」は、1,2巻のヒロインと比べて漫画的キャラとしての要素が強くなっています。

ですが、ストーリーの中で描かれている彼女たちの悩みは「強くなりたい、信頼されたい、だけど優しくありたい、かわいくありたい」という葛藤(楠主将)、「私一人の力で、なにかをなしとげたい!」という頑固さ(ハクア、そしてエルシィ)という、女子特有のプライドが悩みの元となっています。

このプライドは、女子の強さでもあり、弱さでもあります。
楠主将は、葛藤のあまり「かわいい」自分を抹消しようとしてしまう。
ハクアは優等生として「自分一人で仕事を完遂させる」ことにこだわってしまっている。
エルシィは「自分は何やってもだめ」って思い込んで、自分で考えようとしてない。周りに頼りっぱなし。それでも「駆け魂隊として、悪魔として立派になりたい」って思いだけが空回りする。

そんな女子的なプライド故の「弱さ」を冷静にみつめ、「強さ」に転換させようとするのが桂馬なのです。だから3巻収録のエピソードは、桂馬がヒロイン達を攻略するというよりも、女性が持つ強さを引き出してあげている、という感覚かな。桂馬は現実でもがいてる女子達の指導者なのかもしれません。

以下、第3巻感想の参考記事です。
神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとか
「女子的プライド」とは何か、について語ってます。

神のみぞ知るセカイFLAG.19 感想とか元ネタとかで、桂馬が自分の顔が「かわいい」と認識されていることに気付いているのか?って書いたんですが、結局攻略の最後まで、そういう自覚はみられませんでした。「軟弱なものが嫌いなのは、軟弱なものに惹かれているから」という認識にとどまってる。「軟弱=かわいい」につながってないんですね。「リアルの人間から、自分はどう思われているのか」という認識に欠けているんです。だから、ハクア編エピローグ(4巻収録予定)でも、ハクアが桂馬に好意を抱いていることにも全く気づかなかったわけです。桂馬のこの認識不足は、現在連載中のシリーズの中で大々的に取り上げられそうな予感。桂馬vs現実の第2ラウンドに要注目です。

「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~
2巻では、桂馬と女の子の対比を考察してみました。

☆その他単行本のおまけページについて
・ハクアの4コマとプロフィールは4巻に持ち越し。3巻は春日楠主将のプロフィールと道場での楠主将の生活4コマです。
・ハクア編1話の巻頭カラーは、カバーの折り返しのところになっています。
・カバー裏はPFPのコマーシャルと詳細すぎるスペック説明が。PFPの元ネタとなったPC-FXはこんなのです笑。私の家で常時稼働中。

☆更新予定
…3巻の加筆修正一覧もあとであげたいと思います。「ハアク」の誤字は直ってませんでしたねー。

神のみぞ知るセカイ第3巻買ったよin広島大手町

20090117160621
20090117160618
昨日かいたとおり定期演奏会のため広島に来てます。
せっかくなので香川にはないとらのあなで買ってきました。…アニメイトでも買ったんだけどね。

大手町の特典状況は以下のとおりー

とらのあな…エルシィのカード。厚紙です。既刊のみシールがついてます。あざとい!

アニメイト…ハクアのカード。コピーしたペラペラの紙。告知はされてませんが先着順でシールもらえます!まだ余ってるみたいですよ。広島人急げ!

メロンブックスは特になし。

帰ったら神のみ3巻感想かきます!
[ 2009/01/17 16:06 ] 神のみ単行本特典情報 | TB(0) | CM(0)

いざ広島!+更新お知らせ+拍手コメントお返し

明日から広島行ってきます。
私が所属してた大学サークルの定期演奏会見に行くのが第一目的なんですがね。思い出ぼろぼろです。

たまーに、広大のプロバイダからアクセスあったりするので(しかも名指しで)、広大生でここ見てる人いるのかな…一応宣伝。17日18:00開演、アステールプラザ大ホールですよー。お暇な広島人、どうぞよろしく。

というわけで、週末から予定が立て込んでて更新が滞ります…
神のみFLAG36完成版も週明けになるやもしれませんっ汗
せっかく広島いくので、「とらのあな」で神のみぞ知るセカイ3巻ゲットしてこようかしらと検討中。

そうそう、神のみ特典、今回ビックリマンシールのパクリみたいな特典シールがお店によっては付いてるみたいですね。後で神のみぞ知るセカイ第3巻発売日!収録話と購入特典まとめの記事を更新します。

追記:更新しました!
神のみぞ知るセカイ第3巻発売日!収録話と購入特典まとめ
本スレの住人に感謝をこめて。

ついでに神のみぞ知るセカイ本スレ置き場もFLAG37を更新。
過去ログ置き場(ホントに置いてるだけ)

☆拍手コメントお返し
拍手コメント、10月以降なかったんですけど笑。その代わりにコメント欄が(アクセス数の割には)活発ですねぇ。もらったコメントは拍手コメントでもコメント欄でも全力でお返ししますので。

>若木先生のブログ、筋少登場でもうさん歓喜、を想像しちゃいましたよ!
筋少&空バカの記事を書く前にこのコメントをもらっていたのに、気づかず。すみませーん。
すっかり私の思考が読まれていますね笑。MAD制作がんばってくださいー!
紹介記事も週明けにでも。ちょっとでもお力になればと。

>も~ちゃんのブログ見ておもしろそーなんで、神のみ1巻最近買った。想像以上におもしろかった。
あ…あなたはっ!久しぶりすぎっ!!本気でびっくりした!!なんて目ざといんだーっ。よもや初代のブログから飛んできた(だよね?)ひとがいるとは思わないよ…とにかく明日ねっ!!
「神のみ」、多分みんなが引くくらい嵌ってるよ私…笑。

というプライベートな会話を残しつつ、追記おわり。
[ 2009/01/16 22:40 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイ第3巻発売日!収録話と購入特典まとめ

☆神のみぞ知るセカイ3巻購入特典まとめ
私が読めるのは明日なんですが。
今回特典が付くお店が5つに増えてる模様。

文教堂が桂馬
とらのあながエルシィ
アニメイトがハクア
有隣堂が楠主将
ゲーマーズが飛鳥空
ホログラムシールが付いてるとこもあるみたいよ。

以下本スレから引用させていただきます。ありがたや。
245 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2009/01/15(木) 19:48:08 ID:uBmAz0cu0
今回確定が
とらのあな
http://www.toranoana.jp/info/comic/090116_kami/
アニメイト
http://www.animate-shop.jp/ws/commodity_param/ctc/book/shc/0/cmc/4101976
有隣堂
http://www.yurindo.co.jp/info/0901kaminomizo3_paper.html
ゲーマーズ
特典画像未公開
ゲーマーズの特典絵柄は
http://www.vipper.org/vip1069098.jpg.html
vip1069098_convert_20090117003320.jpg

あと1つはどこだろ?
マグマニはたみーのブログに載らなかったから、
今回あったとしてもカウントされないんじゃない?


248 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2009/01/15(木) 20:22:16 ID:uBmAz0cu0
たびたび特典話で申し訳ないが、
残り1つはここだったか

JBOOK
http://http://www.jbook.co.jp/p/p.aspx/3686564/s
文教堂でも売ってるのかな?
文教堂でペーパーもらったことある人いる?



追記:ビックリマンシールのパロディみたいなホログラムシールがお店によってはあるようです。
またまた本スレFLAG38から引用させていただきます。感謝感謝。
357 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2009/01/16(金) 13:49:51 ID:Q56+HPKN0
で、
芳林堂まで行って買ってきた
http://www3.vipper.org/vip1069178.jpg.html
特典シール

後ろのテキストは

地獄から来た悪魔な女の子。”駆け魂狩り”を任務として地上に降り立つ。
お掃除が得意で、料理が大好き。”駆け魂狩り”に精を出すが…!?

悪魔シールで駆け魂シールに反撃ダ!
神様シールでとどめをさそう!!


400 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2009/01/16(金) 18:55:02 ID:Z0NAP6Zv0
結局

文教堂=神にーさま

アキバ
とら=エルシィ
アニメート=ハクア
有隣堂=楠
ゲマズ=空

どこもシール封入なし。

池袋方林堂のみシール

一般?書店だけシール?
正確にはエルがハクアを落とすときの1P目のひとりのシーンだったわ。
シールはハートマークのホログラム仕様。
これが一番ゴージャスなんじゃねーか?

ttp://www.vipper.org/vip1069449.jpg.html

vip1069449_convert_20090117002001.jpg



☆神のみぞ知るセカイ第3巻収録話まとめ
収録話のおさらい。ヒロインは飛鳥空、楠主将、ハクアの3人です。

☆インタミ回④
FLAG.17『今そこにある聖戦』
神のみぞ知るセカイFLAG.17 感想とか元ネタとか
神のみぞ知るセカイFLAG.17 ゲーム関係の元ネタ


☆楠編
FLAG.18『一花繚乱』
神のみぞ知るセカイFLAG.18 感想とか元ネタとか

FLAG.19『以心分心』
神のみぞ知るセカイFLAG.19 感想とか元ネタとか

FLAG.20『優勝烈敗』
神のみぞ知るセカイFLAG20 感想とか元ネタとか

FLAG.21『一拳落着』
神のみぞ知るセカイFLAG21 感想とか元ネタとか

☆ひより編?
・おまけ:巻頭恋企画!!キミが「落とし神」となってオリキャラを攻略だ!!神のみぞ知るセカイ~ひと夏の体験~


☆ハクア編
FLAG.22『地区長、来たる。』
神のみぞ知るセカイFLAG.22 感想とか元ネタとか

FLAG.23『地区長、脅迫される。』
神のみぞ知るセカイFLAG.23 感想とか元ネタとか
神のみぞ知るセカイFLAG.23元ネタ補足記事(「同級生2」と「神のみ」の関係)

FLAG.24『地区長、地獄を語る。』
神のみぞ知るセカイFLAG.24 感想とか元ネタとか

FLAG.25『地区長、捕りモノをする。』
神のみぞ知るセカイFLAG.25感想速報版+α
神のみぞ知るセカイFLAG25 感想とか元ネタとか

FLAG.26『地区長、誇りを取り戻す。』
神のみぞ知るセカイFLAG26 速報版
神のみぞ知るセカイFLAG26 感想とか元ネタとか
「神のみぞ知るセカイ」FLAG26の表紙&巻頭カラー製作過程について

[ 2009/01/16 06:43 ] 神のみ単行本特典情報 | TB(0) | CM(0)

若木先生のブログに空手バカボンと筋肉少女帯っ!!

1/15:空手バカボ~ンこんにち~は~。

神のみぞ知るセカイ3巻発売直前なので、収録内容の紹介と特典が付くお店の紹介をしようと思ったんですが、その前に。

なああああ!ナゴムレコードじゃないですかっ!!
私も高校生の時ナゴムに狂ってましてねぇ…
といっても私が高校生だったのは2001年~2003年なんで、周りは誰一人として聞いてなかったわけですが。時代遅れにもほどがあるよっ。気持ちは30代です、はい。
カラオケで有頂天とか筋肉少女帯とかたまとか歌っちゃうよっ!!

若木先生がブログに載せてる2つのCDは、2006年から(だったかな?後で確かめます。)発売されてるナゴムコレクションというシリーズCDで、懐かしのナゴムレーベルの音源をCDで再販するというもの。筋少も空バカも、いまじゃこんな曲うれんやろなぁという笑、なかなかの傑作でありやす。
オーケンの詩のセンスがすごいんだよなぁ。高校生が持ってる『何者かになりたい』モヤモヤをぼやき続けてます。そんな歌詞と、プログレでアングラでレトロジャパニーズ歌謡曲な音楽を合わせられたら、高校生ならノックアウト確実でしょ!!

メジャーデビュー以降はエディが脱退してピアノ要素が皆無になり、橘高さん加入後はへビメタポップ路線&歌詞と曲との乖離が進行したので、ナゴム時代のような「レトロジャパニーズ」な雰囲気はすっかり抜けてしまいました。「レトロジャパニーズ」な筋少が聞けるのはナゴム時代だけ!!

ヘビメタポップ路線になってからのほうが、サブカルチャーに与えた影響は大きかったみたいですけど。例えばエロゲだと「痕」。アニメだと「エヴァンゲリオン」。小説だと「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」。サンデーだと藤田和日朗先生、安西信行先生、井上和郎先生の作品。ジャンプだと和月伸宏先生、鈴木信也先生。思いつくだけでも凄い数になるなぁ…

それでも!!「レトロジャパニーズ」なナゴム筋少も忘れちゃいけないと思うのですよ。

以前、栞ちゃんと「猿の左手 象牙の塔」という曲がシンクロする、という思いつきを書きましたが、
(参照記事:「神のみぞ知るセカイ」栞編と「猿の左手 象牙の塔」
「猿の左手 象牙の塔」もナゴムレコード時代の曲。あんまり気にしてなかったんだけど、若木先生もこの曲を聴いてたんだとしたら…。と考えると面白くなってきた。ナゴム時代の筋少を広めるためにも栞編に絡めたレビューを書きたいっ、けど一体いつになるんだろう笑。

にしても、若木先生が高校生の時ってすでに「月光蟲」とか出てる時期なはずだよね?
みんなナゴムまでさかのぼって聞いてたのだとしたら、なかなかマニアックですな。
若木先生の筋少レビューが読んでみたいです。

こんなこと書くとものすごい筋少ファンみたいですが、一番嵌ってる(現在進行形)のは「たま」ですよ。
今でもライブにちょくちょく行ってます。「さよなら人類」しか知らない人はもったいないですよ、ホント。

神のみぞ知るセカイFLAG36 感想速報版

FLAG36「24ビットの瞳」

よみましたっ
新シリーズ、教師の卵、教育実習生の長瀬純(長沢?どっち?)初登場ですね。ちひろが既出キャラだったので、新しい女キャラはホント久々です。しかしジャンボ鶴田って笑。相変わらずレトロなネタ全開やなー。大好き!プロレスネタも地味に2回目です。「24の瞳」の大石先生はなかなかの素敵キャラやと思う。因みにこの小説の舞台は香川県が舞台なんだよーと宣伝しておきます笑。

さて、長瀬純は一見すると、元気!熱血!学校大好き!な教育学部に良くいるタイプの学生。(少なくとも私の母校はそうだった)
ですが、その明るさの裏には心のスキマがある…という感じ。過去に教室の中の透明人間だったことがあるんじゃないかな。もしくは、透明人間を救おうとして救えなかった過去があるか。どちらにしても桂馬と自分の過去を重ねて見てそうです。

純は桂馬を孤独から救おうと考えてるようですが、桂馬は二次元世界の神なわけで、現実に対して孤独を感じる余地はないんです。現実の自分に対して、友達とか孤独とか概念すら持ってなさそう。

駆け魂狩りによって強制的に現実と向き合わされる中で、少しずつ「現実」の桂馬と「二次元」の桂馬の乖離はなくなってきてる印象はあったんですけど…
それはあくまで桂馬の内面での変化にとどまっていました。今シリーズで外面の変化=他人の桂馬に対する評価がちょっと変わるのかも。
だとすると攻略済みの女の子の再登場も可能性ありそうですね。教室のモブにちひろとあゆみんいたしねっ。

ついに現実vs桂馬の第二ラウンド開始の予感。さーどう展開するかな…

それはともかく、元教師の卵な私は純を見てて非常に懐かしい気持ち。自分の気合いの空回りと、挫折を思い出してうあああー…
特に高校生なんて自分と年齢的にも変わらないし、舐められてる感ありあり。音楽の授業だからって寝るな!参考書広げるな!と言いたいところですが、自分の高校時代考えるとそういうこと言えない私でした。

「神のみぞ知るセカイ」若木民喜先生の真の初連載?「プラントハンターTAMI&KATO」について

武村勇治先生の単行本巻末は若木民喜先生祭り
武村勇治先生の単行本巻末は若木民喜先生祭り2
あたりの続きです。
若木先生の初連載作は「聖結晶アルバトロス」。そして実質的なデビューは2000年のサンデーRに載った「ファーストタッチ」という読みきり。なんですが、それ以前に発表された作品があったりします。

☆プラントハンターTAMI&KATOとは
若木先生1

週刊少年サンデーで、1999年~2000年まで連載された、武村勇治先生のボクシング漫画「マーベラス」。この単行本の巻末では、武村先生のアシスタントさん3人が一人一ページずつおまけ漫画を書いています。

当時、若木先生は武村先生の元でアシスタントとして活躍しておられました。当然、若木先生もおまけ漫画を執筆。「プラントハンターTAMI&KATO」と銘打って全5回、きっちり連載しておられました。ちゃんとオチもついてますよ!4巻の時点で、次で最終巻ってばらしちゃってますけど笑。

題名からして「プラントハンター蘭」のパロディ(でいいの?)。作中でも、勢いあるパロディ、つめこみ気味のコマ、そして妙に深いセリフ。おお、若木先生だ!という感じです。
単なる軽いパロディで終わらないんですね。「プラントハンターTAMI&KATO」という題名自体、「面白い漫画には華が必要なんだ!!漫画の華を捜しにいくぞ!!」というテーマが込められています。

因みに加藤というのはほとんど1巻にしか出てこない、走るしか能がない弱ボクサーです笑。
そんな「華」がない地味キャラ加藤と、サンデー命!ガンバ大好き!なアシスタント若木民喜が、自分たちに足りない「華」を求めて旅に出る!みたいなテーマが根本にあります。といっても基本的にはパロディギャグですけどね!!!

週末くらいに全5回全てのレポートをあげたいと思います。予定遅くなってすみませんー!

余談
若木先生のホントのデビュー作、第33回小学館新人コミック大賞入選(実質的な1位)作品「光陽高校合戦絵巻」(1993)。新コミとまんカレの1位は絶対掲載なんで、1993年の増刊か本誌に載ったはずなんですけど…なんせ古いので全然見つからないorz。欲をいうと、第33回の講評も読んでみたいなー、と。オクで出てる93年のサンデーを買いあさるしかないのか!情報持ってる人いたら教えてください。若木先生の師匠武村先生のデビュー作は1994年の増刊に載ってるのが分かったんですけどねぇ。

神のみぞ知るセカイFLAG35 ゲーム関係の元ネタについて

FLAG35「なにかの☆よあけ」 
☆今までの感想・元ネタ・考察は神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめからどうぞ。
☆ゲーム関係以外の感想・元ネタは神のみぞ知るセカイFLAG35 感想とか元ネタとかからどうぞ。

ゲームタイトルの元ネタかなーという感じのものを羅列してみます。
ですが、1つのタイトルに2つ3つ元ネタがありそうなもの、複数の解釈ができるもの、いろいろあるんであくまで私の見解ということで…他の意見もぜひ聞きたいところ笑。若輩者の私に知恵をおかしくだせぇ。

☆138ページ(2ページ目)ゲームショップのランキング表
・1位「クラスメイト」
elfの同級生かな。「神のみ」に出てくる土地名(鳴沢、舞島)は「同級生2」の攻略ヒロインの苗字(鳴沢唯、舞島可憐)から取られているものと思われます。美人で喫茶店経営してる母親って設定も同級生2ですね。
SDSってなんの略だろう…

・2位「Devil’s Doll Exhaust」
個人的にはフォレスターの「DOLL」かと思ってるんですが、どうでしょう?
いや、単に悪魔、人形ってキーワードから連想しただけなんですけどね。
全米制覇するような作品じゃないと思うし笑。
「ローデビル!」「クローンドール」あたりもはいってるんじゃねーのという話もききますな。
PFPはPC-FXポータブル、もといPLAY FIFLD ポータブルみたいです。

・3位「Dragon Blame」
RPGらしいのでスルー。元ネタなんでしょう?
PF3=プレイフィールド3、ですね。

・4位「アフタヌーンキューピッド3」
学園恋愛ADVの元祖「天使たちの午後」。「天使たちの午後3 番外編」は無修正で発禁になったそうですね。正統派エロゲとして今だに評価高いみたいです。エロゲ板の名無しの元ネタにもなってます。

・5位「ルームオブルームス」
ACT=アクションゲーム、ね。元ネタわかりませんなー。

・6位「THE FORTRESS CITY」
要塞都市…?要塞都市が舞台のSLGなんかなー。

ゲーム知識のなさを露呈しております…わからんだらけだ。

☆143ページ(7ページ目)のゲーム
左の列から縦に
・あっ!お姉さまっ
ゲームじゃないですけど、アフタヌーンでやってる「ああっ女神さまっ」かな。

TVアニメ1期のOPは若木先生お気に入りのアニソン歌手石田耀子さんが歌ってます。
エロゲではすみっこソフトの「ああっお嬢様っ」(2007)ってのもありますが。

・????ロ・マニアックス
ageのファンディスク的ゲーム「アージュマニアックス」(2002)でしょうか。
もしくは同じくage「君が望む永遠」のファンディスク「アカネマニアックス」か。

・????に夢中

・?イ??★アイランド
ソニアの「VIPER アイランド 」シリーズ(1996~)かなぁと思ってしまうのはECDの読みすぎでしょうか笑。普通に考えるとアリスソフトのRPGGALZOOアイランドあたり?。

・???&セーフ
・????この世界
・???教師。
・???のシラフ
・??警察


・あかねカラー!
fengの「あかね色に染まる坂」(2007)かなぁ?他のも混じってそうですが。これまた学園物ADV。PC→PS2→アニメというお決まりのパターンですねぇ。学園物ADV出すぎ。

・秋恋歌
パープルソフトウェアの「秋色恋華」(2005)。学園物ADV。

・あかね色繁華街
ブルームハンドルの「秋のうららの~あかね色商店街~」(2007)?

・アッパー系少女
G.J?の「アキバ系彼女」(2003)…?強引過ぎですか?

・アクセス
SCOOPの「サクセス!」(2000)?

・朝顔ノート
Fizzの「朝凪のアクアノーツ」

・明日の君はどっちだ?
パープルソフトウェアの「明日の君に会うために」?横道坊主というバンドの曲で「明日はどっちだ!!」ってのもあったなー。関係なさそうだけど笑。

・あいでい

・海賊王女
シリウスでやってる漫画「怪物王女」、ソフトハウスキャラ「海賊王冠」(2001)。

・買ったれ!
FlyingShineの「かいわれっ!」

・帰り道

・カオス
SCOOPの「カオスQEEN遼子」シリーズ(1997~1999)とか、その続編「ChaosBaby義美」(2000)とか、最近だとニトロプラスの「CHAOS;HEAD」(2008)とか…

学園怪傑ぐるーみんぐ
Troyの「学園怪傑くるり!」(2005)?

・学園赤報隊!
メイビーソフトの『学園新選組!』 ~乙女ゴコロと局中法度~(2008)?妙にパロディが多かった記憶が。

・学園トロピカル

・学園ハンティング

・がっくん

・神楽坂でございます!

・かけほし。
最後に。がつくゲームタイトル…「しまいま。」とか?すみませんこじつけです。

・かげろう

・霧の中で

・ガジェット・アーム

・果実
すたじお緑茶の「夏日 -kajitu-」が順当?
「狂った果実」(1992)とか「愛姉妹 二人の果実」(1994)なんかもあるけど古典過ぎるかしらん。

・風と大地のペンダント
ザウス(本醸造)の「風と大地のページェント」(2001)
カクテルソフトの「With you~見つめていたい~」(1999)のPS版「絆と言う名のペンダント」

・風邪っぽいど
ボーカロイドのがくっぽいど?

・片思い
すたじお緑茶の「片恋いの月」(2007)?

・カタクリコ
タルトの「カタハネ」?もはやこじつけ。Innocent Greyの「カルタグラ~ツキ狂イノ病~」をあげてる人もいましたが。

・さーもん★ちゃれんじ
rougeの「このはちゃれんじ!」(2001)?女の子主人公でひたすら自家発電…だと!こんなの面白いのかい?

・最終恋愛試験
CIRCUSの「最終試験くじら」またはアトリエかぐやの「最終痴漢電車」

・最果てまで連れてって
ホイチョイ・プロダクションの映画「私をスキーに連れてって」(1987)
フェアリーテールの「私をゴルフに連れてって」(1991)
ザウス(純米)の「最果てのイマ」
あたり?

・さかあがりタイフーン
戯画の「さかあがりハリケーン」(2008)
オービットカクタスの「やどかりタイフーン」(2002)

・相楽家の日常
ZyXの「相楽さん家の悦楽ライフ ♪」(2003)?

・咲きまわり
フェアリーテールの「ひまわりの咲くまち」(2002)

・さくら舞う
Black Cycの「MinDeaD BlooD ~支配者の為の狂死曲~」(2006)主題歌(でいいのかな?)
電気式華憐音楽集団「櫻舞う」
CUFFSの「さくらむすび」(2005)
BasiLの「それは舞い散る桜のように」(2002)
とか。

・さっきゅんラブ
うーん…天津堂の「あゆみちゃんLABO」(2003)とか。またもやこじつけ。

・SUN!SUN!SUN!
東亜プランの「鮫!鮫!鮫!」(1989)というアーケードシューティングゲームがあった模様。

・囁きの王
LOST SCRIPTの「蠅声の王」(2006)?。ゲームブックをデジタル化、みたいな作品らしい。

・サフィズムの宴
ライアーソフトの「サフィズムの舷窓」(2001)

・彷徨う私に祝福を
Disabelの「彷徨う魂に安らぎの刻を」(2008)?

・サムライドールズ
スクールゾーンの「サムライガール」(2008)
スペースプロジェクトの「クローンドール」(1995)
とか…?

・サラの唄
ニトロプラスの「沙耶の唄」(2003)。

・さよなら愛しい人
フォスターの「さよならの向こう側」(1997)
クラフトワークの「さよならを教えて comment te dire adieu」(2001)
あたり?

・サラダ☆パーティ
Leafの「こみっくパーティー」(1999)しか思いつかない…

・ZANPAN!

・残機は無限
ゲーム関係の批評やコラムを書いてる多根清史さんが「コミックアンリアル」で連載してる「人生は残機ゼロ!」が元ネタ…なのか?因みに多根清史さんも京大出身だったりする。

・サムデイ
オーバーフローの「Summer Days」(2006)
Lump of Sugarの「いつか、届く、あの空に。」(2007)
完璧こじつけですが笑。

・サトウ君の最も長い祝日

・最愛の君へ

こ、これで限界!
あとで追記します~

更新お知らせ+更新予告(プラントハンターTAMI&KATOとかいろいろ)

☆神のみぞ知るセカイFLAG35アップしました。
神のみぞ知るセカイFLAG35 感想とか元ネタとか
後で「ガイアの夜明け」関連のURL追加するかも。ゲーム関連の元ネタ記事は12日までに別記事でアップします。

☆過去ログ置き場補完しました
神のみぞ知るセカイ本スレ過去ログ。
FLAG36まで補完しました。(といってもだいぶ前ですが…)

☆プラントハンターTAMI&KATOについて
すみません、FLAG37でこの名前だしたの私です…なんか検索で来る人に申し訳ない。
この頃(2000年)から若木先生の哲学+パロディギャグは健在です笑。
武村勇治先生のボクシング漫画「マーベラス」全5巻、手に入ったので、巻末アシスタント連載の「プラントハンターTAMI&KATO」のレポートを12日までにあげたいとおもいます。

そうそう、若木先生「マーベラス」本編にも何度が名前でてましたよっ。
2巻に出てきた高校生プロボクサーなんてまんま「タミくん」です。(当然 ビジュアルは違いますが笑)

☆サンデー超のレポートも…
やっと最新号読んでて、大和屋エコって方が書いた漫画よんで、なんとなく既視感…
大和屋エコ…やまとやえこ…大和八重子!!
ああっ、昔「タケル道」って柔道漫画やビーチバレーボールの読みきり載せてた漫画家さんじゃないですか!!にしても、サンデーに戻ってくるのは5年以上ぶりな気がする…
2000年~2004年くらいってサンデーの女性の新人作家さんに勢いあって、小山愛子先生とか好きだったんですけど、いま何やってるんでしょう…昔サイトやってらした記憶があるんですが、今はないみたいですねぇ。小山先生も戻ってこないかな。

と、やっぱり本誌読みきりまで行ってる方の作品は面白くて、楽しく読みました。また感想記事をあげる予定。森田滋先生(若木先生のアシスタントさん)の漫画のレビューもかくかくいって書いてない…

そして朗報!!
サンデー超、月刊にもどるみたいです!!同時に連載も復活っ!!楽しみだなー。コレで購読雑誌が一つ増える笑。そもそも月刊で読みきりだけ載ってる漫画雑誌なんてだれが買うんだ…って感じでしたから、やっとかって感じですけど。大和屋エコ=大和八重子先生は連載確定みたいですけど、あとは誰がくるのかなー。新人作家さんの連載も楽しみですけど、ちょっと意外な感じの中堅~ベテラン作家さんとかきたら面白そう。夏目先生、今度のスーパージャンプに読みきりのるみたいですけど…せめてサンデー超にカムバックを期待したいっ。

[ 2009/01/11 02:15 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(4)

神のみぞ知るセカイFLAG35 感想とか元ネタとか

FLAG35「なにかの☆よあけ」
☆今までの感想・考察・元ネタは神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめからどうぞ。
神のみぞ知るセカイFLAG35 感想速報版の完成版です。


よみましたっ
最近金曜までにあげられたためしがないですね…すみません。
イタ回三連続、しかも今回は桂馬含めレギュラーキャラがほとんどでてこないってことで、否定的な意見もちらほら見られますが。
私はパロディギャグで自身の思索の一部を垣間見させる若木先生のチラリズムに悩殺されました笑。たまにはこんなのもいーじゃないですかっ。むしろ先生の得意分野な気がする笑。

1/20追記:☆若木先生によるFLAG35解説
1/13:FLAG35「なにかの☆よあけ」
・イラストは桂馬のPFPに謎の文字列(単行本3巻の発売日です。)
・イタ回3連続になったのは、単行本になった時に女の子のストーリーが話のど真ん中で切れないように、ということで、1回分増やした。
・この3回には「神様という現象と暮らす人々」というテーマがあった。1回目がエルシイ。2回目がママ。3回目が一気にぶっとんで「神様meets世界」という構図。

若木先生の漫画の構成の面白さは半端ないっす。
・最初のネームでは、最初から最後まで全部、ガイアの夜明けそのまんまで始まって終わって、桂馬もエルシイも全く出てこないという「単に僕が好きな番組をマンガで再現したい~☆」というだけの話だった。
見たいです笑。…ですがあまりにも受ける範囲が狭すぎるんだろうなー。「ネタが狭ければ狭いほど、分かるやつにはおもしろい」といったのは久米田先生でしたか。

・「果たして・・・・企画は通ったのでしょうか・・・」→(CM)→新人くんがやってくる→「・・・・通りました!」エンディングの音楽in・・・ナビゲーター登場という王道パターンをオミットしてしまったのは辛い。
・神のみの世界では、「ギャルゲーがゲームの中心ジャンルである」ということを紹介するための話でもある。
・こういう世界になるためには、ギャルゲはどうあるべきなのか・・・そこから、桂馬のギャルゲーに対する考え方の一端、というものも少し垣間見えたと思います。桂馬がやってるギャルゲーは、今僕らが目にするギャルゲーとは似て非なるモノかも。とにかく、僕自身というものが濃厚に出ている話。

やっぱり、理想のセカイなわけですね。
・個人サイトでも、何かやろうと思えばできるんだけどね。うんうん。
…とにかく、あのサイトはすごかった、としか言えないです。今のブログ飽和状態からみるとホントに。
・ココマは、ギャルゲー開発者(ブライトさん風の人)の若かりし頃の一コマ。きっちりノーパソが古い形。
若木先生の小ネタは久米田先生なみに詰め込み&細かい…
・PSPのアイマス全部予約したそうです笑。
追記おわり。

☆サブタイトルの元ネタ
「なにかの☆よあけ」
テレビ東京でやってる経済ドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」が元ネタですね。
「ガイアの夜明け」については「クロノスの目覚め」の元ネタのところで詳しく書きます~

☆桂馬の2D美少女への「愛」。伝わらなきゃ意味ないのです。
速報版の方では批評がどうのこうのと言ってますけど…「批評」なんかの小難しい言葉のアヤじゃなくて、全て2D美少女への「愛」で変えてしまう、宗教的というか、神様的なところがギャグとして成立してる所以かと。

でも、忘れちゃいけないことが1つ。漫画内じゃ詳しく書かれてませんけど、ただ桂馬が「愛」を持っていたからゲーム業界が変わったわけじゃなくて、その「愛」を文章としてゲームの制作者側につたえることが出来たからこそ、ゲーム業界は変わったんです。

サイトの内容に関しては
「まぁ、ゲームん攻略サイトではあるんですよ。」
「でも、ゲームに対する考えが非常に独特で…なんというか…」
「見たら人生変わりますよ。」

という言葉のみで、はっきり書かれてないので分かりにくい…とお思いの方もいらっしゃるでしょうが、具体的な内容かいちゃったら若木先生=桂馬になっちゃうので違うニュアンスになってくると思うのです。

若木先生のインタビューや文章、そして今までの漫画を読むと、その「愛」を誰かにに伝えることが出来てこそ本物だという理念をお持ちのようです。まだ読んでない人はまんカレのインタビュー読むべし!「愛」を伝えることが出来て、その「愛」でゲーム業界に新しい風を吹き込むきっかけになった桂馬は、ある意味若木先生の理想系なんじゃないでしょうか。

一個人のレビューサイトがここまで影響力を持つことは、ネットの海が膨大に膨れ上がってしまった今は不可能に近いでしょう。制作者もユーザーも思考停止、低空飛行のままゲームが量産されている。
以前、PEROさんのゲーム批評が与えた影響について記事を書いたことがありますが、彼がサイト閉鎖後にひっそりと残した言葉。

しかし、このままエロゲができなくても、もう未練ない。結局、今から思うと、商業エロゲは21世紀到来とともに終わってたな。もうこれから先は過去の繰り返し以上のことは起こらないような気がする。 ツンデレや何やで何でも名前を付けて高速消費する流れに、作り手も乗っかって作ってる。作り手も消費者になってるんじゃあ、市場はやせ細っていくばっかり。収入がないのに、支出ばっかりガンガン増えていってるようなもんだ。
(中略)
まあ、それでも人間がこの世に存在している限りエロゲは存在するとは思うので、商業エロゲもきっと滅亡はしないだろう。5年後はどんなエロゲがメインストリームを張っているんだろうね。何も変わらず、Fateのところ(名前知らん)のゲームだけバカ売れで、後のエロゲは全部売り上げ1000本。でも相変わらず新作ゲーム本数が月数十本、みたいな状況なんだろうか。それならもう壊滅した方がマシというものだが。そんな時代を生きるユーザー達が気の毒だ。とりあえず、俺はもう抜けるよ。今までお世話になりました。


あきらめのようにも取れるこの言葉。彼の批評がメーカーに、ユーザーに影響を与えたことは事実ですが、それも局地的、一時的なものだったのかもしれません。根本から変えるってことは難しいんですね。彼がエロゲに復帰する時はくるのかな…

☆「たかがサイト一つで現実が変わるわけないだろ。」の真意
んー、桂馬の知らぬが仏っぷり、個人的にはすごくひっかかってるんですよね。割と言葉どおりに受け取ってる人多いみたいですが。
というのも、桂馬は万人が見ることができるサイトをやってるんですよ。しかもサイト名が「落とし神」。面白いギャルゲーがやりたい、こういうギャルゲーを作って欲しい、自分はそれを伝えて「現実」をかえなきゃならないってのがサイト更新の動機にあるんじゃないかなぁ。
その動機に対して無自覚なのかもしれないけど、それは頑なな「現実」否定から来るもので、エルシィ登場以降、強制的に「現実」に向きあわされ、「現実」への見方を変えはじめた今の桂馬は、自分の「現実」への影響力ってものを多少は意識してるんじゃないか、と思うわけです。口ではこんな風にいってるけど笑。

☆表のストーリーの裏では…
こんなこと考えてたら、ますます桂馬=新しい貴種流離譚への再挑戦なんじゃないかと思えてきた…。新しい設定が出てくるたびに新しい想像がわいてくるー。うれしいいたちごっこです笑。聖結晶アルバトロスは設定説明のタイミングをまずったのかなーとう印象が強かったので、今回はそこら辺気をつけてるんでしょうね。前回の桂馬がいつから現実否定なのか思い出せない麻里さん、そしてサイト開設理由の謎とのダブルコンボで、わたしゃ「からくりサーカス」並のワクワク感をあじわってるんですが笑。言い過ぎ?


以下は元ネタ解説と煽り文、巻末コメントです~
☆ドキュメンタリー番組「クロノスの目覚め」の元ネタ
テレビ東京系列で現在も放送されてるドキュメンタリー番組「ガイアの夜明け」が元ネタ。
クロノスはギリシャ神話に出てくる神様で、ガイア(大地の女神)の息子にあたります。

「ガイアの夜明け」では、本編のドキュメンタリーが始まる前に、役所広司が一人数役で本編の内容に沿った寸劇やってるんですけど、「クロノスの目覚め」はそれを見事に再現してます笑。この前の「カノッサの屈辱」よりかはリアルタイムで見てる人多いんじゃなかろうか笑。

☆ブ…ブライト艦長っっ!!
14ページ目(151ページ)の
「やりかたを改めないと…全滅する!?」

急に「機動戦士ガンダム」のブライト艦長になってますよ笑。若木先生のガンダムネタは徹底してファーストのみですね。プラントハンターTAMI&KATOでも細かい所にファーストガンダムネタ仕込んでて笑いました笑。今回のお話、ノリがプラントハンターTAMI&KATOに似てる気がします。

☆ゲーム関連の元ネタは別記事にします~少々お待ちください。

☆煽り文
1ページ目柱
■今週は、某ドキュメント番組形式でお送りします。

3ページ目ロゴ上
新年最初のお楽しみ。単行本第3巻、1月16日ごろ発売です。

3ページ目真ん中
今、世界に何かが起きている!

18ページ目柱
■知らぬが仏…というより「神」かも。次号、ついに新シリーズ開始。熱血教師編スタート……かも!?

☆単行本告知
柱に3巻の宣伝が登場しています。
可愛いだけのはずがない!?第2の悪魔っ娘、ハクア登場な第3巻。

☆巻末コメント
Q.自分だけの気持ちいい瞬間あれば教えて下さい。
A.編集部に行くときに、都営新宿線の乗り換えが、スムーズな時。

藤木俊先生「はじめてのあく」第1話感想

よみましたっ
三年ぶりに本誌登場の藤木俊先生ですよっおつとめご苦労様m(_ _)mとかぽっちゃりコメディーキングとか…編集さん(有井さんかな?)悪のりしすぎです笑。我聞からのファンじゃないと意味わかりません笑。

我聞終了後サンデー超に載った読み切りはどれも好評&こわしや我聞も根強い人気があるにもかかわらず、何故!!連載が決まらない!!!とヤキモキしてた人は多いはず。私もその一人で、「サンデーらしいコメディ」への欲求不満は「お茶にごす。」「神のみぞ知るセカイ」の登場でだいぶ解消されてはいたものの…やはり藤木先生の作品は藤木先生しか描けないのだ!…という待望の新連載な訳です。

藤木先生の作品の魅力は、日常を描く「古き良きサンデーコメディ」を継承しつつ、島本先生バリの「熱さ」をそこに同居させてしまうところでしょう。それでいて、全く違和感がないの!それはしっかり作り込まれた土地(場所)と人物(キャラ)が生み出す「歴史」があるからだ!というのが私の持論なんですが笑、それは冬のサンデー超に載った「あかね☆スターダム」(あか☆すた)の感想→藤木俊先生「あかね☆スターダム~御川高校超新聞部 密着取材記~ 感想とかに書いたのでおいといて。

新連載の「はじめてのあく」。もうね、コレ、全部のキャラが良すぎてひっくり返りました。一発KOの破壊力じゃなくて、じわじわ効いてくるような感じ。

バトル×コメディな、藤木先生の魅力が大いに発揮できそうな舞台設定も勿論素晴らしいんですけど、とにかくキャラが素敵すぎる…!!すげーよ藤木先生!!
読む前は正直、劇団SAKURAでもギガグリーンでも新聞部でもないのかぁ…と寂しい思いがあったんですけど。そんなの思考の底無し沼に沈みましたねっ!

とにかく主人公のキョーコが…ボサボサショートヘアーなのに…メガネなのに…おしゃれっ気もないのに…なぜにこんなに可愛いんだ!!
いやね、もともとすぐ手足がでるタイプのキャラ(神のみの歩美とかあさりちゃんのタタミとか笑)が大好きなんで、好きになる土壌はあったと思うんですけど…ショート×メガネがここまで似合うキャラを私は知らないですよっ。メガネ外したら可愛い、なんてキャラは山ほどいるでしょうけど、キョーコはメガネが似合う!
一見地味、ともすれば脇役になりそうな造形なのに、「可愛い」。制服の着くずしかたの絶妙なバランス(本物の女子高生みたいだ)、「痛い」と「面白い」のギリギリラインにある妄想趣味、暴走男ジローを冷静に扱える聡明さ…一話だけで彼女の魅力がいろいろ見えてきて、もっとキョーコのことが知りたい!!という気分です。ああ、2話が待ち遠しい!!

キョーコだけじゃなく、キョーコの友達2人も制服の着方だけで既にキャラが見えてくるかんじ。プリーツスカートにジャージとか!服だけで妄想が膨らむんですけど笑。

んで、悪の組織の博士ジローくん。へっぽこぶりと「業界で10本の指に入る」みたいな言い回しに某若様を思い出します笑。キョーコを振り回すだけでなく、キョーコに振り回される予感がするのもポイント高し。

にしても、あの鞄のギミック…エロすぎ&マニアックすぎだぞジローくん!サンデーで緊縛なんて、できるのは久米田先生くらいでしょうに笑。これからのジローくん作のギミックに期待ですな。

毎週…感想書けたらいいなぁと思ってます。でっきるっかなー…


☆お知らせ
・神のみFLAG35完全版は明日になりそうです…
・マーベラス全巻入手。若木先生の真の初連載「プラントハンターTAMI&KATO」の全貌が明らかに…後で記事にします。
詳しくは
マーベラスの巻末にて若木先生発見っ!
武村勇治先生の単行本巻末は若木民喜先生祭り
武村勇治先生の単行本巻末は若木民喜先生祭り2
の記事参照~
[ 2009/01/09 16:42 ] 『はじめてのあく』感想 | TB(0) | CM(2)

神のみぞ知るセカイFLAG35 感想速報版

FLAG35「なにかの☆よあけ」
☆今までの感想は神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめにまとめてます。

よみましたっ
イタ回3回目。桂馬は風前の灯火だったギャルゲというジャンルを救った神である、というお話。連載当初からギャルゲーに関する数字(攻略ヒロイン数とか発売本数とか)がリアリティない、と言われてましたがこれで私たちの現実のゲーム業界とは全く違うということがはっきりしました。
それだけでなく、現在のギャルゲ(もはやエロゲになってますが)に対する痛烈な批判と、本来目指すべきギャルゲの姿が批評的な視点で示されています。

ガイアの夜明けパロディでゲーム批評をやってしまうとは笑
「神のみ」最強としか言いようがありませんよっ
しかも批評をしつつギャグ・コメディとしてちゃんと成立してる。キャラ立ててるしね。
(知らぬが仏…を装ってはいますが、桂馬はある程度は自分が業界に影響与えることは自覚してるんじゃないでしょうか。あの顔からして笑。)

軽いノリのバカコメディで終わらせてもいいだろうに、ことゲームとなると熱い熱い。勿論誇張された、現実では有り得ないギャグとしても読めるんですけど…。90年半ばから後半のチャレンジ精神とエンタメ精神に溢れたギャルゲ(例えば同級生シリーズとか)が、廃れずに「愛」ある方向に進化していたら…と夢想せざるをえません。

シナリオ、音楽、絵。安価で手軽に取り入れることが可能な要素が1つヒットすれば、その劣化コピーゲームが大量に発売され、ユーザーの足元を見るような商売が横行する。数だけは出ても、生まれるのは閉塞感のみでジャンルとしての発展は無いに等しい。
そんな時は原点に帰って、二次元少女への愛をありったけ込めて作品を作れと。なぜギャルゲが作りたいのか、なぜ二次元少女が好きなのか、その思いを全て作品にぶつければ、面白いギャルゲは必ずできると。そういうわけですね。

最近過去のギャルゲ(エロゲ)にポロロッカしてる私ですが、10年くらい前のゲームの新しさ、面白さに驚いてばかりです。「神のみ」が、私たちの現実のゲーム界にとっての「落とし神」的存在になればいいな、と大層なことを考えてしまいます。最近ので興味あるのってねこねこソフトの新作くらいだよ…(これもともさんのシナリオじゃなきゃ買わんだろうし)

元ネタ解説の方からみても、今回やりがいありそうです笑。天使たちの午後とか同級生っぽいソフトがランキング上位なあたり、若木先生が黎明期のゲームを愛してやまないのがよく分かりますね笑っ


以下、完全版に向けてのメモを。
PEROさんは桂馬がやったことを(かなりニッチなジャンルではありますが)実際にやったんだなぁと思うとやっぱり凄い。「ECDの批評には、教育欲が詰まってる」の記事参照。

・とは言っても、落とし神のサイトのシンプルさはエロゲレビューサイトの超老舗「せぐしやたす」さんに近いかも。エロゲカウントダウンはエロゲ以外のコンテンツたくさんあったので笑。そういえば、「せぐしやたす」の管理人さんは若木先生とお知り合いのようですね。毎週ブログで神のみレビュー書いていらっしゃるようです。

・ゲーム関係のネタぱっとみただけでも天午後、同級生はもちろん最終痴漢電車、沙耶の唄、最果てのイマ、それは舞い散る桜のように、狂った果実…濃いなぁ…全部わかるだろうか…

今更年賀状

20090105221700
20090105221658
悪魔の手鞠歌見ながら描いてます
しかも手書きですよ!絵心はないですが、こんな風に直感でいーかげんに描くのは好きなんですな。
アニソン三昧レポートはちょっと遅れそうです…
[ 2009/01/05 22:17 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

今日は1日アニソン三昧finalレポート②~午前中編~

今日は1日アニソン三昧finalの感想をライブレポ風にお届け~
セットリストは今日は1日アニソン三昧レポート①~曲目について~に書いてます。

パーソナリティはWアニキと藤崎アナ。藤崎アナは、なんとNHK福井からの出張出演。去年のガンダムライブに飛び入り参加した縁での大抜擢でした。藤崎アナは大のマクロスファンであることが後に明かされます…

☆注目すべき最初の一曲は?
前回(2007年)は時報が入ったとたん「去年リクエストが多かった曲から」と、いきなり「鳥の詩」(AIR)!!
更に「踊る赤ちゃん人間」(N・H・Kにようこそ!)という度肝を抜かれる選曲で、今年の1曲目も注目を集めてたわけですが(主にネットで)…

今回は石田燿子さんの「STRIKE WITCHES~わたしにできること~」(ストライクウィッチーズ)が1曲目にっ。ラジオネームが「恥かしくないもん♪」。水木アニキがかわいらしく読んでいた。「2008通目に来たメール」ってことで決まったこの曲。若木民喜先生ファンブログのうちとしてはかなり幸先いいスタートだ。(若木先生は00年代初めまではかなりのアニソンマニアだったらしく、石田耀子はお気に入りの歌手だったらしい。)

石田耀子の透き通った声と、売れっ子只野菜摘による王道アニソンな歌詞、とにかくアッパーなメロディ。朝のOPにはぴったりだったんじゃないだろうか。ストパン好きの弟は狂喜乱舞しておった。
作曲は宅見将典。知らんなー。アンダーグラフのピアノサポートとかやってるみたい。
一直線アッパーなメロディ+アッパーな声だとぎらぎらしすぎな感がありますが、石田さんの蒸留水のような声(byPERO氏)との組み合わせは、アニソンならではだと思いますな。

因みに2曲目は「12月31日」で1231通目にきたメールのリクエストで「INVOKE -インヴォーク-」 T.M.Revolution(機動戦士ガンダムSEED)でした。

緒方さんと藤崎アナがネットの実況を意識したコメントをときどきするのが笑えます。

☆特集別アニソン
今年は特集を組み、それにそった曲をながすという試み。
午前中発表されたのは
「往くアニソン来るアニソン」
これは去年もやってましたね。今年の干支と来年の干支に関連ある曲を流します。
「巨匠特集」
アニメ関連の巨匠の特集です。

☆往くアニソン
「マウスchuマウス」 UNDER17 [MOUSE]
「緑の陽だまり」 ミッチーとチャタラーズ [山ねずみロッキーチャック]
「夢見るトッポ・ジージョ」 山野さと子、コーラス:こおろぎ’73 [トッポ・ジージョ]
「ガンバのうた」 河原裕昌 [ガンバの冒険]
「トムとジェリー」 梅木マリ、フォーコインズ [トムとジェリー]

ハム太郎はないんだ。

☆リリカルなのわ…
往くアニソンが終わった後、リクエスト曲。

「童話迷宮」 田村ゆかり [おとぎ銃士 赤ずきん]
「Crystal Energy」 栗林みな実 [舞-乙HiME]
「innocent starter」 水樹奈々 [魔法少女リリカルなのは]

水樹奈々からボイスメッセージあり!「七と一だ」とアニキがギャグ飛ばしてた。(まだまだ元気)
曲紹介の時、藤崎アナが「魔法少女リリカルなのわ」といい間違え、実況で突込みが入りまくる笑。
(曲のあと、ちゃんと訂正してましたよ)
何気に「童話迷宮」は去年に続き2度目。

☆巨匠特集第一弾:手塚治特集
「海のトリトン」 須藤リカ、かぐや姫 [海のトリトン]
「?のブーメラン」 徳垣とも子 [三つ目がとおる]
「月光花」 Janne Da Arc [ブラック・ジャック]
「どろろの歌」 藤田淑子 [どろろ]
「リボンの騎士」 前川陽子 [リボンの騎士]
「鉄腕アトム」 上高田少年合唱団 [鉄腕アトム アニメ第1作]
「サバンナを越えて」 水木一郎 [ジャングル大帝]
「ジャングル大帝のテーマ」 平野忠彦 [ジャングル大帝]

てか、「DANZEN!ふたりはプリキュア」ってホントに「?のブーメラン」そのまんまなんですね!
アニメ特撮青春歌年鑑で読んでから気になってたんですけど、やっと理解できましたよ笑。

すみません~のこりは明日に追記します!
[ 2009/01/03 22:38 ] 音楽 | TB(0) | CM(0)

今日は1日アニソン三昧レポート①~曲目について~

2008年12月31日9:15~翌日0:30までNHK-FMで放送された「今日は1日アニソン三昧final」のレポートでも。
まずはセットリスト…じゃなかった、曲目をあげておきます。
印象的なハプニングやサプライズ、印象に残った曲の紹介なんぞを別記事でする予定。

パーソナリティは去年に引き続き水木一郎&緒方恵美のWアニキ。更にマクロスファンの藤崎アナウンサーを加えた強力な布陣でした。

FAXやメール、電話も含めてゲストもたくさん!まさかの本人登場だったLia、「んねっ☆」で全国のリスナーを悩殺した大橋のぞみちゃん、電話出演で後藤邑子、更にはELISA、サイキックラバー、メグロック、アンジェラ…といった今時な人から、去年のライブで登場した森口博子、米倉千尋、おまけにダ・カーポ、Mojo等々大御所の方まで。
ミッチー&水木一郎のライブも強力。

☆曲目
NHK-FMの番組表から。

175:「だんご大家族」 茶太、コーラス:真理絵、くない瓜、Rio、Morrigan、藤枝あかね、茶太、たくまる [CLANNAD]

174:「誰がために」 成田賢、こおろぎ’73 [サイボーグ009]

173:「人として軸がぶれている」 大槻ケンヂと絶望少女達(風浦可符香、木津千里、木村カエレ、関内・マリア・太郎、日塔奈美) [さよなら絶望先生]

172:「残酷な天使のテーゼ」 高橋洋子 [新世紀エヴァンゲリオン]

171:「LIVE:心のうた」 堀江美都子 [さすらいの太陽]

170:「LIVE:風の少女」 堀江美都子 [風の少女エミリー]

169:「LIVE:ムーヘ飛べ~グランド・アニキ・スタイル シンフォニック オーケストラヴァージョン」 水木一郎 [ムーの白鯨]

168:「LIVE:キャプテンハーロック」 水木一郎 [キャプテンハーロック]

167:「LIVE:マジンガーZ」 水木一郎 [マジンガーZ]

166:「聖少女領域」 ALI PROJECT [ローゼンメイデン・トロイメント]

165:「最強○×計画」 MOSAIC.WAV [すもももももも ~地上最強のヨメ~]

164:「キミヘ ムカウ ヒカリ」 新居昭乃 [ゼーガペイン]

163:「JOINT」 川田まみ [灼眼のシャナII]

162:「ケメコデラックス!」 ケメコとデラックス(斎藤千和×戸松遥×高橋美佳子×釘宮理恵×白石涼子×川澄綾子×後藤麻衣) [ケメコデラックス!]

161:「いちごコンプリート」 千佳(千葉紗子)、美羽(折笠富美子)、茉莉(川澄綾子)、アナ(能登麻美子) [苺ましまろ]

160:「経験値上昇中☆」 みなみけ3姉妹(佐藤利奈、井上麻里奈、茅原実里) [みなみけ]

159:「もってけ!セーラーふく」 泉こなた(平野綾),柊かがみ(加藤英美里),柊つかさ(福原香織),高良みゆき(遠藤綾) [らき☆すた]

158:「セクシーコマンドー部 主だい歌(ブルース)」 上田祐司、井上和彦、一条和矢 [セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん]

157:「国会議員ラップ」 石井康嗣 [浦安鉄筋家族]

156:「Believe」 Folder5 [ワンピース]

155:「消せない罪」 北出菜奈 [鋼の錬金術師]

154:「Beautiful fighter」 angera [屍姫 赫]

153:「毎日、ノープロブレム」 小町&奈緒子(三浦理恵子、三橋加奈子) [こちら葛飾区亀有公園前派出所]

152:「黒毛和牛上塩タン焼680円」 大塚愛 [ブラック・ジャック]

151:「銀河旋風ブライガー」 たいらいさお [銀河旋風ブライガー]

150:「約束の場所へ」 米倉千尋 [カレイドスター]

149:「バン・ボ・ボン」 伊集加代子 [アタックNo.1]

148:「少年忍者 風のフジ丸」 鹿内たかし、西六郷少年合唱団 [少年忍者風のフジ丸]

147:「星の炎に」 みすず児童合唱団 [宇宙エース]

146:「海賊王子」 友竹正則、上高田少年合唱団 [海賊王子]

145:「みなし児のバラード」 新田洋、スクールメイツ [タイガーマスク]

144:「花のささやき」 下成佐登子 [小公女セーラ]

143:「草原のマルコ」 大杉久美子 [母をたずねて三千里]

142:「よあけのみち」 大杉久美子、アントワープ・チルドレン・コーラス [フランダースの犬]

141:「Catch You Catch Me」 グミ [カードキャプターさくら]

140:「空色デイズ」 中川翔子 [天元突破グレンラガン]

139:「1月2日」 川本真琴 [るろうに剣心]

138:「さぁ」 SURFACE [まもって守護月天!]

137:「Clover」 meg rock [Solty Rei]

136:「HEATS」 影山ヒロノブ [真ゲッターロボ]

135:「ムーンライト伝説」 DALI [美少女戦士セーラームーン]

134:「ビデオ戦士レザリオン」 宮内タカユキ [ビデオ戦士レザリオン]

133:「キン肉マン GO FIGHT!」 串田アキラ [キン肉マン]

132:「妖龍離水」 真田幸村(緒方恵美) [SAMURAI DEEPER KYO]

131:「ブックマーク ア・ヘッド」 サーニャ・V・リトヴャク(門脇舞以) & エイラ・イルマタル・ユーティライネン(仲井絵里香) [ストライクウィッチーズ]

130:「見つけてHappy Life」 朝比奈みくる(後藤邑子) [涼宮ハルヒの憂鬱]

129:「時を刻む唄」 Lia [CLANNAD ~AFTER STORY~]

128:「鳥の詩」 Lia [AIR]

127:「アクビ娘」 堀江美都子 [ハクション大魔王]

126:「キャンディ キャンディ」 堀江美都子 [キャンディ キャンディ]

125:「流星ミラクル」 いきものがかり [天保異聞 妖奇士 あやかしあやし]

124:「夢を信じて」 徳永英明 [ドラゴンクエスト]

123:「風といっしょに」 小林幸子 [劇場版ポケットモンスター]

122:「年年歳歳」 一青窈 [愛してるぜベイベ★]

121:「笑顔のゲンキ」 SMAP [姫ちゃんのリボン]

120:「大ちゃん数え唄」 天童よしみ [いなかっぺ大将]

119:「詠人」 北島三郎 [おじゃる丸]

118:「創聖のアクエリオン」 AKINO [創聖のアクエリオン]

117:「真赤な誓い」 福山芳樹 [武装錬金]

116:「リフレクティア」 riya [true tears]

115:「ebullient future」 ELISA [ef - a tale of melodies.]

114:「デリケートに好きして」 太田貴子 [魔法の天使クリィミーマミ]

113:「魔女っ子メグちゃん」 前川陽子 [魔女っ子メグちゃん]

112:「魔法使いサリーのうた」 スリー・グレイセス [魔法使いサリーのうた]

111:「スーパースリー」 関敬六、石川進、愛川欽也

110:「宇宙怪人ゴースト」 音羽ゆりかご会 [宇宙怪人ゴースト]

109:「ドボチョン一家の幽霊旅行」 ザ・ラニアルズ [ドボチョン一家の幽霊旅行]

108:「マイティハーキュリー」 ひばり児童合唱団 [マイティハーキュリー]

107:「スカイキッドブラック魔王」 大塚周夫 [スカイキッドブラック魔王]

106:「001/7親指トム」 フォー・シンガーズ [キングコング・親指トム]

105:「チキチキマシン猛レース」 ケーシー浅沼 [チキチキマシン猛レース]

104:「少年シンドバット」 フォア・ジェッツ [少年シンドバット]

103:「ペガサス幻想(ファンタジー)」 MAKE-UP [聖闘士星矢]

102:「ホウキ雲」 RYTHEM [焼きたて!!ジャぱん]

101:「PLAY THE GAME」 ロードオブメジャー [メジャー]

100:「ライオン」 May’n、中島愛(シェリル&ランカ) [マクロスfrontier]

099:「星間飛行」 中島愛(ランカ・リー) [マクロスfrontier]

098:「ダイアモンド クレバス」 シェリル・ノーム starring May’n [マクロスfrontier]

097:「TRY AGAIN」 ファイヤーボンバー [マクロス7]

096:「突撃ラブハート」 ファイヤーボンバー [マクロス7]

095:「私の彼はパイロット」 飯島真理 [マクロスfrontier]

094:「愛・おぼえていますか」 中島愛(ランカ・リー) [マクロスfrontier]

093:「愛・おぼえていますか」 飯島真理(リン・ミンメイ) [超時空要塞マクロス]

092:「DANZEN!ふたりはプリキュア」 五條真由美 [ふたりはプリキュア]

091:「オトメロディー」 高橋美佳子 [おねがいマイメロディ]

090:「祝!(ハピ☆ラキ)ビックリマン」 高取ヒデアキ [祝!(ハピ☆ラキ)ビックリマン]

089:「若き旅人」 MoJo [釣りキチ三平]

088:「ひかりのまち」 TOKIO [スカルマン]

087:「好きにしてチックン」 平野文 [チックンタックン]

086:「星の子チョビン」 藍美代子 [星の子チョビン]

085:「サイボーグ009の歌」 [東京マイスタージンガー]

084:「ランのうた」 堀江美都子 [原始少年リュウ]

083:「原始少年リュウが行く」 水木一郎 [原始少年リュウ]

082:「アンインストール」 石川智晶 [ぼくらの]

081:「Paradise Lost」 茅原実里 [喰霊 -零-]

080:「魂のルフラン」 高橋洋子 [新世紀エヴァンゲリオン]

079:「想い出がいっぱい」 H2O [みゆき]

078:「ヤマトより愛をこめて」 沢田研二 [さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち]

077:「ザ・ウルトラマン」 ささきいさお、コロムビアゆりかご会 [ザ☆ウルトラマン]

076:「ミクロイドS」 ヤング・スターズ [ミクロイドS]

075:「スターダストボーイズ」 影山ヒロノブ [宇宙船サジタリウス]

074:「星から来た二人」 ヤングフレッシュ [ピンクレディー物語 栄光の天使たち]

073:「デビルマンのうた」 十田敬三、ボーカルショップ [デビルマン]

072:「宇宙戦艦ヤマト」 ささきいさお、ミュージカル・アカデミー [宇宙戦艦ヤマト]

071:「もーれつア太郎」 桂京子 [もーれつア太郎]

070:「ひみつのアッコちゃん」 岡田恭子 [ひみつのアッコちゃん]

069:「タリラリラーンロックンロール」 嘉門達夫 [平成天才バカボン]

068:「タリラリランのコニャニャチワ」 コロムビアゆりかご会、グリンピース [元祖天才バカボン]

067:「天才バカボン」 アイドルフォー [天才バカボン]

066:「とんがり帽子のメモル」 山野さと子 [とんがり帽子のメモル]

065:「?でわっしょい」 ゆの(阿澄佳奈)、宮子(水橋かおり)、ヒロ(後藤邑子)、沙英(新谷良子) [ひだまりスケッチ×365]

064:「ガッチャマンの歌」 子門真人、コロムビアゆりかご会 [科学忍者隊ガッチャマン]

063:「鉄人28号」 デューク・エイセス [鉄人28号]

062:「空からこぼれたSTORY」 ダ・カーポ [名探偵ホームズ]

061:「哀戦士」 井上大輔 [機動戦士ガンダムII ~哀戦士編~]

060:「Life Goes On」 有坂美香 [機動戦士ガンダムSEED DESTINY]

059:「暁の車」 FictionJunction YUUKA [機動戦士ガンダムSEED]

058:「あんなに一緒だったのに」 See-Saw [機動戦士ガンダムSEED]

057:「ターンAターン」 西城秀樹 [∀ガンダム]

056:「RHYTHM EMOTION」 TWO-MIX [新機動戦記ガンダムW]

055:「アニメじゃない~夢を忘れた古い地球人よ~」 新井正人 [機動戦士ZZガンダム]

054:「水の星へ愛をこめて」 森口博子 [機動戦士Zガンダム]

053:「Z-刻を越えて」 鮎川麻弥 [機動戦士Zガンダム]

052:「翔べ!ガンダム」 "池田鴻 [ フィーリングフリーミュージッククリエイション"]

051:「LOST IN SPACE」 サイキックラバー [TYTANIA-タイタニア-]

050:「STORM BRINGER」 JAM Project(水木一郎、影山ヒロノブ、松本梨香、きただにひろし、奥井雅美、福山芳樹、ヒカルド・クルーズ) [鋼鉄神ジーグ]

049:「ドロロンえん魔くん」 中山千夏 [ドロロンえん魔くん]

048:「キューティーハニー」 前川陽子 [キューティーハニー]

047:「ゲッターロボ」 ささきいさお [ゲッターロボ]

046:「おれはグレートマジンガー」 水木一郎、コロムビアゆりかご会 [グレートマジンガー]

045:「マジンガーZ」 水木一郎 [マジンガーZ]

044:「いつも何度でも」 木村弓 [千と千尋の神隠し]

043:「ルージュの伝言」 荒井由実 [魔女の宅急便]

042:「となりのトトロ」 井上あずみ [となりのトトロ]

041:「君をのせて」 井上あずみ [天空の城ラピュタ]

040:「王蟲との交流」 [風の谷のナウシカ]

039:「炎のたからもの」 ボビー [ルパン三世カリオストロの城]

038:「いま、地球が目覚める」 鎌田直純、山路ゆう子 [未来少年コナン]

037:「崖の上のポニョ」 藤岡藤巻と大橋のぞみ [崖の上のポニョ]

036:「ラムのラブソング」 松谷祐子 [うる星やつら]

035:「エースをねらえ!」 大杉久美子 [エースをねらえ!]

034:「空耳ケーキ」 Oranges & Lemons [あずまんが大王]

033:「輪舞 revolution」 奥井雅美 [少女革命ウテナ]

032:「Butter-Fly」 八神太一(藤田淑子)ほか [デジモンアドベンチャー]

031:「おーい!車屋さん」 忍者 [21エモン]

030:「ウメ星デンカがこんにちは」 石川進、杉山佳寿子 [ウメ星デンカ]

029:「ぼくらのパーマン」 三輪勝恵、石川進 [パーマン]

028:「お嫁さんになってあげないゾ」 守谷香 [キテレツ大百科]

027:「ドラえもんのうた」 大杉久美子 [ドラえもん]

026:「夢を勝ちとろう」 水木一郎、セリフ:頓宮恭子

025:「おれは怪物くんだ」 白石冬美、大竹宏、兼本新吾、今西正男 [怪物くん]

024:「忍者ハットリくん」 堀絢子、コロムビアゆりかご会 [忍者ハットリくん]

023:「オバケのQ太郎」 石川進 [オバケのQ太郎]

022:「ふしぎなメルモ」 出原千花子、ヤングフレッシュ [ふしぎなメルモ]

021:「海のトリトン」 須藤リカ、かぐや姫 [海のトリトン]

020:「?のブーメラン」 徳垣とも子 [三つ目がとおる]

019:「月光花」 Janne Da Arc [ブラック・ジャック]

018:「どろろの歌」 藤田淑子 [どろろ]

017:「リボンの騎士」 前川陽子 [リボンの騎士]

016:「鉄腕アトム」 上高田少年合唱団 [鉄腕アトム アニメ第1作]

015:「サバンナを越えて」 水木一郎 [ジャングル大帝]

014:「ジャングル大帝のテーマ」 平野忠彦 [ジャングル大帝]

013:「童話迷宮」 田村ゆかり [おとぎ銃士 赤ずきん]

012:「Crystal Energy」 栗林みな実 [舞-乙HiME]

011:「innocent starter」 水樹奈々 [魔法少女リリカルなのは]

010:「マウスchuマウス」 UNDER17 [MOUSE]

009:「緑の陽だまり」 ミッチーとチャタラーズ [山ねずみロッキーチャック]

008:「夢見るトッポ・ジージョ」 山野さと子、コーラス:こおろぎ’73 [トッポ・ジージョ]

007:「ガンバのうた」 河原裕昌 [ガンバの冒険]

006:「トムとジェリー」 梅木マリ、フォーコインズ [トムとジェリー]

005:「オラはにんきもの」 のはらしんのすけ [クレヨンしんちゃん]

004:「ワイワイワールド」 水森 亜土、コーラス:こおろぎ’73 [Dr.スランプ アラレちゃん]

003:「おどるポンポコリン」 B.B.クイーンズ [ちびまる子ちゃん]

002:「INVOKE -インヴォーク-」 T.M.Revolution [機動戦士ガンダムSEED]

001:「STRIKE WITCHES~わたしにできること~」 石田燿子 [ストライクウィッチーズ]


メモ
・去年より時間も多いってことで、目標200曲でしたが、全175曲となりました。
(去年は目標の150曲達成。最後はWアニキのアコギライブで無理やりでしたが笑)
・1月2日って…2分の1ですってばっ!!

[ 2009/01/02 18:03 ] 音楽 | TB(1) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。