スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG69感想速報版~街中徘徊系ゲームと、マニア同士の出会いと~

FLAG69「胸さわぎチャーシュー」
神のみぞ知るセカイ感想系リンク集

よみましたっ
扉絵の中華風エルシィ似合ってて良いなぁ…神のみ随一の衣装の多さですね彼女は…
先生、あゆみんの私服がみたいですっ!!!

さて、今回から新シリーズ突入ということで、新しいヒロインの女の子が出てきます。ラーメン好きの大食い娘、中華風。髪型がDOAのかすみっぽいなぁと思うのは穿ったみかたでしょうか笑。あと同じくDOAのレイファンも入ってそう、中華風だし。あ、あとリュック背負ってる&ポニーテールなところは田中美紗とか…と言いだすとキリないですね。
090930_1309~01


ここ最近の攻略ヒロインは地味な感じが多かったですが、今回はすごくキャラを立てている感じですね。大食い、極度のラーメン好き(コーヒーでインスタントスタントラーメン作るのはインパクト大きすぎた笑)、そして、ラーメンを食べ歩いている目的。

桂馬のゲーム理論も入っていたし、久々に正統派な攻略なのかな、といった感じですが。
今回は街中を徘徊して出会いをつくる、という、ハクア&雪枝さん編で出てきたレトロギャルゲーのような感じで話が進むみたい。(同級生シリーズとかがそうですね。)街中での出会いから始まるのは、みなみ編もそうでしたが、今回はそれがもっと前面に出てる感じですね。
余談ですが、みなみ編の時のセンターカラーがポスターっぽく登場してる?
090930_1336~01


今回の娘は、お昼時に街中のラーメン屋に行けば必ず会えるキャラ、なんでしょうか。
そこから、彼女の背景(なぜラーメンが極度に好きなのか、ラーメン屋をはしごするのはなぜか…とか)を解き明かしていくのかなぁ。

で、もうひとつ面白いなぁとおもうのは、マニアvsマニアが見えそうなところ。
桂馬がゲーム理論解説のところで、
090930_1332~01
こんなこといってますけど笑、このラーメン娘も桂馬も世間の目を顧みない「見境のないマニア」なんですよね。二人のマニア性がどんなふうに描写されるのか、楽しみ。まぁ「マニア」な面がまったくでてこないというのもあるかもしれないけど、コーヒーでラーメンつくるまでやらせたんだから、何かしら突拍子もない側面が出てきてもいいじゃないかなぁと思っております。

あとは、いつもはイタ回で描かれるエルシィの桂馬べったりの妹っぷりが、攻略回にもかかわらずたっぷり。傍からみたらデートにしか見えないんでしょうが、エルシィにゲーム購入を頼む桂馬とか、それを無視するエルシィとか、ラーメン食べたさのエルシィの駄々っ子っぷりとか、それに折れる桂馬とか…兄妹、の関係にかなり近いんじゃないかなぁと。うふふ。

今週の桂馬の格言。
「ヒロインの六つの大罪」…怠惰、傲慢、暴食、浮気、憤怒、強欲。
「七つの大罪」の嫉妬はゲームでは除外なんだそうですよ笑。
大食いマニアな女の子って、確かにヒロインでは少ないかも。あれですよ、渡瀬先生の「ふしぎ遊戯」の主人公美朱くらいかな?

☆44号のアンケート懸賞
アンケート
本誌140ページを開いて是非アンケートを!!(勝手にアンケート推進活動)
神のみは8番ですよ♪

☆巻末コメント
Q.子供の頃に憧れていた怪獣はいますか?もしいるならば怪獣の名前を教えてください。
A.ウルトラマンタロウのタイラント。

さすが特撮レビューをやっていただけのことはある…?

時間ないのでとりあえずここまでー。

☆サンデーその他
はじあくうううううう。キョーコもジローもなにこれ可愛すぎるんですがぁあああ!!
しかしこの二人はもうできあがっちゃってるなぁ、と思ってたら、アンケートで「掘り下げてほしいサブキャラ」について質問がありました。そーですよねーこれからはもっとサブキャラにスポットあてた話が読みたい!!
090930_1454~01
…マキってだれですかぁああああ!!
アキちゃんでしょう、中津川秋穂!!
うう、一番好きなキャラなのにこの扱いですよ…
スポンサーサイト

すみません、更新遅れています…
とりあえず別館の方で絶望先生関連の記事はアップしてますのでー。
懺・さよなら絶望先生第13話。単行本未収録作品が大半というぶっとんだ状態になってる!!OADも期待してますっ。
今はSSと感想記事書いてます。
[ 2009/09/29 15:31 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

ラノベ初心者の私は「とある飛行士への追憶」でボロボロ泣いてしまいました。

ネタバレ要素たっぷりでお送りしております…
☆ホントは、これから漫画で読む人に向けて感想かこうとおもったのだけど、できませんでした。
51hv322CMOL__SL500_AA240_.jpg
とある飛空士への追憶 (ガガガ文庫 い) (文庫) (アマゾン)
・物語を貫いているのは「一緒にいたい」というまっすぐな気持ち。
・女の子が自分の殻を破る、という私好みのおはなし。
・切ない二人のやりとりと、空戦の緊張感。
・運命的な二人の出会いと再会が、歴史をつくっていくという素晴らしさ!
簡単に書くと、こんな感じです。
ですが、この感動は読まないと分からないと思う…


☆ちょっと長めの感想を。
表題のとおり。
ああ、もう思い返すだけで胸が締め付けられます。心の中に、鮮やかに痛みが再生されます。
そして、自分の中に、一つ新しい世界の歴史が刻まれたような、そんな気分になります。
ゲッサンでコミカライズが始まったのをきっかけに読んでみたんですが、正直ここまで好きになるとは思わなかった。

読み始めたときは、王道の「身分違いの恋」という悲恋モノで、それに「光芒五里に及ぶ」美少女ファナとの萌えなシチュエーションを重ねていくのかなぁ…という印象だったんですが。全然違いました。
(ラノベに偏見持ちまくりですね、許してください…)

障害が大きいほど、恋愛は盛り上がると良く言われるとおり、「身分違いの恋」には、身分を乗り越えて結ばれるための情熱がつきものです。しかし、「とある飛行士への追憶」は、情熱的な愛の対極にあるように思いました。抑え目、だけど確実に伝わってくる感情描写と情景描写。その「行動」を伴う感情の動きは、さながら世界名作劇場か、ジブリアニメか。神のみにも、そういう要素はありますね。

運命的な恋、決して結ばれないはずの恋、歴史を動かす恋でありながら、『ベルサイユのバラ』のような西洋的情熱にはならない。というのも、西洋的な情熱は、ファナの許婚である皇子が全て持っているんですね。(なにせ、ファナに対して毎日恋文を送ったり、ファナを敵地から救い出すために艦隊をくむくらいのひとですから!)それに対して、ファナは情熱どころか感情すら忘れようとしている、人形のような存在。いかなる情熱ものれんに腕押しなわけで。

そんなファナの感情を情熱を取り戻させたのは、身分差別に慣れきった孤児の傭兵であり、空の上で戦って生きてきたシャルルなのです。最初は「はい」「いいえ」しか言わなかったファナが、徐々に言葉を交わすようになり、本気でビンタするようになり、生まれ変わろうと決意するまで至ったのは、背中合わせで飛行機に乗ったのがシャルルだったから。ファナはシャルルと出会わなければ、生まれ変わることもなく、歴史に残るような活躍もしなかったのでしょう。

でもそれはシャルルとの別れが前提になっている歴史でした。そして、シャルルはその歴史を見越しているように、自分のファナへの想いを必死で抑えようとする。

「戦争なんて関係なく、ただ自由に空を飛びたい」と言う願望が、「後席にファナを乗せて、ただ自由に空を飛びたい」という願いへ変化したことは、シャルルは自覚していて。頭の中はファナ一色なんですよね。それを「ファナがつくる国が見てみたい」という思い、だから「皇子のもとへ連れて行く」という自分の使命を思い出すことで必死で抑えている。ファナが自分と同じことを考えていることも気づいていていても、はぐらかしつづける。

「ずっと一緒にいたい」という想いを二人が抱えているにも関わらず、二人ともその言葉を口に出せないまま、という状況なのに、読者が優柔不断さやイライラを感じないのは、シャルルの強い思い故でしょう。生まれ変わったファナの我侭を何でも聞き入れていたシャルルなのに、ファナとシャルルの距離を縮めるような要求には、けっして答えない。神様がくれたおまけの1日での、涙無しには読めない二人のやり取りは、その後の歴史を決定づけるもので。だからこそラストシーンの、地上では踊れなかったけど、空の上では自由に踊れるシャルルと、前へ進む決意をしたファナの凛とした表情がここまで心を打つんだと思う次第であります。最後まで読みきったあと、表紙を見るとさらに胸に来るものがありますね。

そして、なによりすごい!と思ったのは終章。
「私だけはずっとシャルルのことを覚えている」といったファナの言葉が体中に反響して、冒頭にも書いたけど、一つ新しい歴史が自分の中に刻まれた気分になって、涙が止まりませんでした。
幼いファナが、シャルルの母から天ツ上の歴史物語を聞いていたときもこんな気持ちになってたんじゃないかなぁと。そして、そんなファナだからこそ、シャルルと出会い、自分を変え、そして国さえかえることができたんじゃないだろうかと。

ファナとシャルルが一緒に逃げる、という結末を夢想しないでもないですが。
そうなると、「運命」が「歴史」につながっていく素晴らしさは、なかったのでしょうね。




でも、ずっとずっと後で、二人がこっそり再会するのを妄想するのは、許してもらえる…よね?



[ 2009/09/24 01:46 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(5)

さよなら絶望先生:ゴルカムさんの同人誌「ぜつぼう!」MAEDAXロングインタビュー見どころ紹介

もうすでに読まれている方も多いと思いますが、ゴルカムさんの夏コミの新刊「ぜつぼう!」の紹介をしようと思います。本の内容についてはサークルゴルカム さよなら絶望先生同人誌 「ぜつぼう!」アキバBlog)を読めばつかめるのではないかと。

というわけで、うちでは、MAEDAX関連のコンテンツから見どころを紹介しようと思います。

☆とにかく久米田先生大好き!!なMAEDAX
これはさよなら絶望放送67回・およびDJCD宙を聞いた方ならご存じでしょう笑。
前田くんは、もともと漫画を描いていたわけでもなく、(瀬口たかひろ先生のところでアシスタントした時に初めて付けペンを使った)プロの漫画家になりたいわけでもなく、じゃあなんでアシスタントをしているのかと言ったら「久米田先生のため」なんですよねー。これはホントすごい。ここまで身を捧げられる前田君もすごいんですけど、ここまで人を惹きつけてしまう久米田先生もすごい。

たとえば、「久米田先生に面白いねって言ってもらえるようなものを提供する」ために、出会い系に何万円もつぎ込んだり(有名?なかってに改蔵の「前田君のパケット代4万円」事件)。
で、読者の人が前田君を継続して面白がって読めるように、「漫画家になる気が無いだけ、僕のキャラがどんなに崩れても後々支障がない」と率先してネタキャラを引き受けてるわけです。

で、作中で扱われた前田君ネタの真偽について聞かれても、「久米田先生の場合はネタ優先になっちゃうんで、真実か嘘かどうかは、あまり関係なくなってしまう」と、やっぱりネタ優先。
自分のことより絶望先生にかけてる時間のほうが明らかに多い。他のアシスタントさんとはまた、違った立場なんですね。

☆前田くんから見た久米田先生。
箇条書きでいくつか。すごく良く見てるんだなぁと。龍輪さんと前田くんは、原作者より原作に思い入れがある、という趣旨のことを季刊エスの新房監督・久米田先生インタビューでおっしゃってました。
・(例えパースが狂っていても、良いよ、という久米田先生に対して)久米田先生は適当にいってるわけじゃなくて、確実にポイントがある。締切までに時間がなくても「これは絶対に直してね」と言われたり。
・久米田先生は嘘じゃなくて、嘘の真実みたいなのを作るんだと思う。本当のものを捻じ曲げて嘘をつくるけど、それが世に出たら本当になってしまう。だから、読者はみんな「久米田康治のいうことは、ホントかウソか分からない」と思いながら読む。
・たとえば、雷句先生の小学館提訴事件。新條まゆ先生や雷句先生だと本当だろうな、と思うけど、久米田康治だと、小学館とケンカ別れ、は信ぴょう性なくなる。あの事件の時、「担当と問題を起こした漫画家」の中に久米田先生が組み込まれたけど、ちょっとこれはないんじゃないかなと。もっと大らかに笑って欲しい。
・もちろんアシスタントが描いてる背景も多いけど、僕としては漫画家久米田先生が全部背景を描いていてほしい。  
・久米田先生はインタビューでネームは作らないと言っているけど、他の人がネームっていうレベルのものは作っている。
・デビューしてもう18年、中堅の上の方という立場でも、未だに自分で全部ペン入れして、自分で完成状態を把握したうえでアシスタントに回してくる久米田先生はやっぱり志がすごく高い。


☆さよなら絶望先生の背景や背景ネタ
・背景の指示は「そこは街中な感じ」くらいで、後はアシまかせ。久米田先生は羅列ネタとか考える時間が多いから。
・草なぎくんの裸ネタを描いたのは前田君。だけど「ビックリさせてごめんなさい。2009年4月23日 服が見えなくなります。」のアイデアは久米田先生。(参考:179話『われらライナス』
・久米田先生は羅列ネタをギリギリまで考えてる。50個くらい考えた中から、久米田先生が10個くらいに絞る。
・ネタ早過ぎ、と良く言われるけど、入稿終わってから、写植で直してもらえないかと久米田先生がこっそりメール送ったりしてる。(無理な時もあるけど)
・絶望放送は他の視聴者と同じく水曜2時に更新して聞いてる。事前に音源渡されてるわけじゃない。
・良いネタが浮かばないと背景が進まない。だから週5日は作業してる。
・背景ネタのこだわりと、その報われなさは「ぜつぼう!」読書ノート絶望先生サイト にょんたかねっと)が詳しいです。
・カエレのパンチラ義務の発案は久米田先生。
168話『削られた恋占い』での、いろいろ削られたドラえもんは、義務をいったんゼロにしてしまった申し訳なさから登場。その分こだわりがすごい。
・畑先生ネタを描いてるのは基本久米田先生。前田くんは遠慮しちゃうから作中にでてくる久米田先生も、同じ理由で久米田先生が作画。


☆作画等について。
・改蔵からは全部デジタル原稿だったけど、最初は原稿に線を入れてた。今は下書き鉛筆、そのあとはペン入れも全部パソコン。入稿も完全にデータ入稿になった。
・作画作業の時は基本セリフが入ってないので、なにが起こってるのか分からないことがままある。
・同じ職場にいても久米田先生の顔を見ない。先生は最近ネームを考える部屋みたいなところでひきこもってる。メールとスカイプで作業が進行していって寂しい。
・久米田先生は常に「仕事場に来れない理由」を考えている。
・自分たちアシスタントたちは寂しさが背景に現れてるのに、久米田先生は逆にのびのび描いてたりして悔しい。
・魔法少女リリキュアの見開き絵および設定・文章は前田くんの仕事。アニメになったのはすごくうれしい半面、追加された設定とかは悔しかったり。
・アヌメ-ジョの表紙は久米田先生。

☆久米田先生の外部メディアへの露出について。
・久米田先生のサイン会があったら絶対いく。他の人に嫌味いわれようが、絶対サインもらいにいく。
・トークショーとか出てほしい。
・僕がいうと白けちゃう言葉も、久米田先生がいうと面白い。
・一番最初のインタビューがどこだったか覚えていない(※おそらく「創」の荒川先生との対談がはじめですね。詳しくは上で紹介したにょんたかねっとさんの記事にあります。)が、そこからいろんな人がインタビューにくるようになった。
・久米田先生はインタビューでもあることないこと言ってる。本人もベールがあるほうが面白がってもらえるというのは自覚してる。
・久米田先生は本当に相手を気にして喋っている。
・先生は面白い話しか聞いてない。用件でも面白く言わないと聞いてない。
・逆に話のどうでもいいところを覚えてたり…(前田君の5年前の「部屋の真ん中から変な音が聞こえる」というネタが今になって使われた177話『男もすなる夢日記といふものを、女もしてみむとてするなり』 とか。)(※確か、このネタ改蔵後期でも使われていたような…部屋の真ん中から鳴き声が聞こえるってやつ。)
・久米田先生がアニメや絶望先生に出演したら、「余命半年」らしい笑。

☆久米田先生の擬音センスの素晴らしさ
・擬音は全部久米田先生。
・先生は昔から「にょんたか」という擬音が頭の中にあった…らしい。


☆久米田先生の秘蔵っ子、根津美子と丸内翔子
・この2人は初期から設定が決まっていた。
・大浦さんは大場可奈子から派生したキャラ。
・久米田先生が「新キャラいっぱい出てきたら打ち切りフラグ」というネタを描いた後に、マルチ商法組を登場させたのは、前田君のアイデアでもある。
・マルチ商法2人組は、久米田先生もかなり思い入れがあるんでは、と思っている。


☆久米田キャラについてのこだわり
・久米田先生のキャラは、淡泊すぎるみたいにいう人いるけど、かなり愛情がこもっている!
・表紙のキャラを絶望先生から交代させるのはすごく悩んだ。
・絶望少女たちは、羽美ちゃんが細分化したもので、絶望先生には地丹や改蔵の血が流れていて、でも可符香には部長の血だけ流れている。


☆キャスバル凄い。
・月平均30枚送ってきてる。しかも手抜きの絵がない。だんだんクオリティが上がっていって、毎日えを描くことの凄さを見せつけられた。
・宛名欄に近況が書いてある。原作の原稿アップ時間を書きこむネタを真似してきたり。本編のアンサー投稿をしてきたり。載らないと思っても全力で描いてくる。
・一番最初にキャスバルにつっこんだのは久米田先生。
・でもキャスバルばかりに注目がいって、古参の熱心なファンの人がかすむのは心が痛い。


☆久米田先生と前田君、畑先生の関係
・久米田先生の元でのアシスタントというのは、「アシストする」という意味が他の職場と違ってくる。畑先生なんて、最終日クタクタになってうとうとしていても、久米田先生が「ネタない?」といったらぱっとネタをいう。
・久米田先生は人を選んで、その人と最善の関係になる。久米田先生は畑先生のこと絶対に好き。
・久米田先生と畑先生の関係にあこがれる。
・畑先生のほうが前田君より3つくらい年上。


☆偽紙ブログ
・龍輪さんと仲良し。
なぜか前田くんの過去が暴露されてる件についても言及。
・表紙にいない芽留ちゃんの補足。これに関しては、DC2さんが素晴らしい合成をされてたので、芽留ちゃんがいるver.の表紙を見たい方は是非→塗ってみた


その他、前田君による久米田キャラのうろ覚え速記(山田さん、加賀愛、絶望先生、きよ彦、MAEDAX、久米田先生)、1ページ漫画、そして「けいおん!」ぱパロディの表紙。

[ 2009/09/21 15:58 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

今週の若木先生&今週書いた記事のまとめ(9/14~9/20)

…来週から頑張りますっ!!!
目標は毎日更新、ということで。

若木先生の9月15日の記事に、今までのサブタイトルの元ネタが軽く説明してあるので、興味ある方はどうぞー。「彼女の彼」の元ネタは初めて知りました。
☆今週の若木先生
9月14日
9/14:今から緊張。
また単行本作業が入る、ということは、12月にも単行本がでたりして…
おやつ?はエーグルドゥースのクレーム・ショコラ・オ・フリュイ。
健康診断な若木先生。食生活にかなり問題ありだとおもわれるのですが笑。

9月15日
9/15:FLAG67「RIDE MY SEE-SAW」
若木先生によるFLAG67解説と、今までのサブタイトル元ネタ解説。
イラストは愛梨と桂馬。
>「彼女の彼」は渡辺美里の曲
これだけ分かってなかったです。なるほどー。
今までのサブタイトルで、美少女ゲームが元ネタになったのはたぶん「彼女×彼女×彼」だけ。
作中に出てきた神社は石神井公園の氷川神社だそうです。
絶望先生とかでも出てきそう。石神井は、改蔵や絶望先生で頻出のイメージがある…。

9月16日
9/16:人間の尊厳
先生の次の標的はデュランデュラン?
検便ってしたことない気がする…
あさりちゃんが検便いやがって、犬のを持って行って大騒ぎになる話思い出しました笑。

9月17日
9/17:ミニコンポからの脱出
私もオーディオには若干興味がありつつも…音楽聞いてるのがほとんどFMラジオだからなぁ。
オーディオマニアの世界はホント深い…。
参考:【マジキチ】オーヲタ「CDは2度がけすると音質が向上する!3度がけはダメ!」

9月18日
9/18:半日ラマダン
健康診断のため、断食中の若木先生。

9月19日
9/19:僕スキャン
健康診断終了した若木先生。
若木先生がリンクはってた記事、おもしろかった。極論レトリックは、書いてる人がそれを意図して書いてる文章は好き。アンチも多いだろうけど。

9月20日
9/20:もう待てん!
なんでもギャルゲーにしてしまう若木先生!そんな若木先生が大好きです笑。
あやねはやはり若木先生の嫁なのだと。
「まじめがゆえにズレてる女」が好きっていうのは良く分かる。
神のみの攻略キャラって基本コレですねー。


☆今週書いた記事のまとめ
ら、来週こそ(ry
9月15日
神のみ関連?:十神真先生の初単行本「殿サマの七本槍」1巻にPEROさんが寄稿しています。
PEROさんの文章また読みたいけど、神のみがなくなっちゃこまるという葛藤笑。
エロゲ板の某スレッドでも話題になってましたねー。

9月16日
神のみ関連:若木先生…じゃなくてPEROさんが十神真先生「殿サマの七本槍」1巻に寄稿しています。
現物てにいれたので軽く紹介。
神のみぞ知るセカイFLAG68感想速報版~楽しいことを知っているからこそ、寂しい気持ちも知ることができる~
定例感想。桂馬が変化する、という道筋がだいぶ見えた印象。
あと、神のみって今のシナリオ重視エロゲと、例え同じテーマを扱っていても見せ方が全然違うよね。ということと、神のみの駆け魂や地獄に関する設定がいつどこで出てきたかっていう整理をしたほうがいいと思った。

9月20日
懺・さよなら絶望先生第12話感想とか。某国ミサイルネタをアニメでやるってことでも衝撃なのに、さらに限定OP作成とか…
懺・さよなら絶望先生第12話。「いけない!カエレ先生」の下ネタはやっぱり「行け!!南国アイスホッケー部」を思い出さざるを得ない。
カエレ先生すばらしい。あのミサイル回を完全にくってたw

更新とどこおっててスミマセン!!
書きたいことは溜まってるので、なんとかしたいんですが。
今週の目標は毎日更新で!!

懺・さよなら絶望先生12話の感想は書きました。
あとで原作の画像追加予定ですが。
懺・さよなら絶望先生第12話感想とか。某国ミサイルネタをアニメでやるってことでも衝撃なのに、さらに限定OP作成とか…
[ 2009/09/20 19:10 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

神のみ関連:若木先生…じゃなくてPEROさんが十神真先生「殿サマの七本槍」1巻に寄稿しています。

9/21追記:かーずSPさんから人が流れてきているようなので(ありがとうございます!)一応解説しておきますよー。PEROさんとは、かつてエロゲカウントダウンというエロゲレビューサイト(抜きゲー特化型)と、そのサイトから一般的なコンテンツを分離させた特劇アプリオリというアニメ、アニソン、漫画、特撮レビューサイトを運営されていた方です。とにかく読ませる文章&可愛いイラストをかく方で、シナリオ特化型エロゲに注目が集まる中でも、サイトの運営方針がぶれないECD(エロゲカウントダウン)は人気を集めていたようです。サイトは2005年に閉鎖され、今までPEROさんは姿を消していたのですが…。

☆PEROさんの復活!?
やっと買えたので報告しておきますよー。
090916_1704~01
十神先生の「殿サマの七本槍」1巻買いましたー。
神のみ関連?:十神真先生の初単行本「殿サマの七本槍」1巻にPEROさんが寄稿しています。
でお知らせした通り、若木先生…じゃなくてPEROさんの寄稿が!!

十神先生の経歴や若木先生との関係、他の作品については、上で紹介した記事に書いてるので参考にしてみてくださいー。

簡単に書くと、若木先生も十神先生も、武村先生の元アシなんです。
「マーベラス」の5巻には、若木先生も十神先生も武村先生のアシスタントとして寄稿されてます。
(十神先生は、当時は荻晴彦名義でしたが。)

090916_1131~01
PEROさーん!エロゲカウントダウンの墓場が見れなくなってますよーーー!
(と、遠くから叫んでみる)

090916_1705~01
メッセージも超絶面白いので(相変わらずの文章センス)、興味ある人は買ってみてください。
絵は…PEROさんだなぁという感じの絵でした笑。○○大好き。

漫画自体は、普通にエロ漫画(よーするに毎回セックス)です。
7人の女の子をえっちで攻略する話です笑。女の子がみんな可愛い。個人的には麻美が好きー。
栞も付いてきました。かわいいー。柄は表紙にいるくのいちもみぢちゃんと同じです。

神のみぞ知るセカイFLAG68感想速報版~楽しいことを知っているからこそ、寂しい気持ちも知ることができる~

FLAG68「Every Good Girl Deserves Favour」
よみましたっ
やばいです、涙が止まらないです…
梨枝子おばあちゃんの寂しさと幸福と、そして桂馬のこれからの未来を夢想して、昼間っから大泣きしてしまいました。こんなのちひろ編以来ですねぇ。私は、「普通」の寂しさとか不安とか孤独に弱いみたいです。

こういうふうに「泣く」とか「笑う」っていう、ほかの人の目からも見える形で感動した場合って、その感情が説明しにくくて…。今回の感想記事も分かりにくい部分があるかもしれません。

☆愛梨ちゃんと梨枝子おばあちゃん
自由気ままに、人の目を気にせず生きている愛梨ちゃんと、過去にいた友達と離れて独りになってしまったおばあちゃん。今回、心のスキマがあったのは、愛梨ちゃんではなく、常に「長く生きているが故の寂しさ」を抱えている梨枝子おばあちゃんの方でした。

おばあさんは子供産めないから駆け魂も入らなさそうですが、以前若木先生がブログに書いていたように、「勘違い」してスキマに入り込んでしまうこともあるんですね。ということは、「男」に間違ってつく、なんてこともありそう笑。

お墓で遊んでいた幽霊っぽい少女は、駆け魂(正確にいえば、おばあちゃんの「寂しい」「みんなと遊びたい」という気持ちを駆け魂が具現化させたもの。楠主将の分裂と同じような現象。)で、お盆で帰ってきていた友達の霊とともに遊び、そして帰って行きました。
(という解釈でいいんですよね…?)
お墓に集まってきた霊?たちは、やっぱり本物の霊なのかな。
となると、悪魔、天使以外で人外のものがでてきたのって初めてですね。

いつまでたっても、遊びに来ないはずだった友達たちは、お盆という時期、お墓という場所で初めて遊びにくることができた。素敵な演出でした。

☆楽しさを知っているからこそ、寂しさを感じる。1人に戻っていく寂しさ。
同じことを、efの火村さんが言ってましたね。
記憶障害の千尋が人と深く関わろうとしないのは何故か。深くかかわってしまった結果、千尋はどうなってしまったか。)

でも神のみはefの千尋エピソードと違って、もっと身近なものとしての寂しさ。
生きていると、誰もが経験するであろう心のスキマについて描いてありました。
それは、1人に戻っていく寂しさ。

今は1人でも、ずっと1人で生きてきたわけじゃない。
心のスキマが生まれても、寂しくても「良い人生だった」と言い切る梨枝子おばあちゃん。
人間はそのスキマを埋めるのではなく、受け入れて生きていかなくちゃならない。
思い出を大切にして、生きていくしかないのです。


☆現実って…何が楽しいんだ…?
090916_1525~01
ちひろ編以降、桂馬は「現実とは何か?」「なぜみんな現実で辛いことがあっても、生きようとしているのか?」ということを考えているようですね。

今回も、頭では「スキマを受け入れて生きている」人たちがいることを理解していても、自分の実感として「現実が楽しい」っていうのが薄いのでしょうね。桂馬は、まだ「現実の楽しさ」を知らない。

しかし、桂馬も「ずっと1人で生きてきたわけじゃない」し、エルシィが現れて以降、現実の中で「思い出」を積み重ねているわけで。きっと、桂馬も、現実の女の子や家族との思い出を大切に思う時期がくるんじゃないかな、現実で寂しさも楽しさも知ることがくるんじゃないかな、と思わせてくれる良回でした。


☆駆け魂狩りにともなう「記憶」の消去と「思い出」の消去は違うのかも。そして桂馬の変化について。
梨枝子さんは「思い出」があるから、心のスキマを抱えても生きていけると話してました。

桂馬は、駆け魂攻略を通して、何人もの女の子との「思い出」があります。
でも、女の子たちはその「思い出」を消去されてしまう。
「現実の女の子」と「神」のあいだには、ここで断裂が生まれてしまうわけです。

それは桂馬の「神の孤独」を深める一因になっていたんじゃないかと思うのですが、定期テスト&バンド結成回で、女の子たちの「思い出」が完璧に消去されていないんじゃないか?という疑問が、桂馬の中で生まれています。「気のせいだ」なんてごまかしてましたけど、「記憶」の消去と「思い出」の消去は違うんじゃないか、と私は思っています。

今回のエピソードでは、心のスキマは埋めず、スキマを抱えたまま生きていくという選択でしたが、これって今までに登場した女の子たち全般にも言えることだと思うんですよね。
たとえ心のスキマがもう一度生まれてしまっても、「思い出」があるから、スキマを抱えたまま生きていくことができる。

桂馬も、「思い出」についてちょっと考えているんじゃないかな、と思います。
スキマを受け入れて…生きているんだ…と呟く桂馬が見てるのはPFPじゃなくて、おじいちゃんがくれた器なんですよね。これは重要な変化なんじゃないかな。
090916_1531~01
090916_1526~01
というのも、以前の桂馬は攻略後ゲームにすぐ没頭することで「現実」と自分は違うという態度を明確にしていた気がするんです。(栞編はそれが顕著。)
090916_1658~01
以前書いた言葉でいうと「神の孤独」ですね。
(神の孤独、現実と桂馬の間にある断絶については孤独なる神、神の孤独――若木民喜『神のみぞ知るセカイ』(1)~(2)とか「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~あたりを参考にしていただければ。)
だけど今回は「現実が自分に向けている好意」、そして「現実と自分の間にある思い出」であるおじいちゃんの愛がつまった器をちゃんと見ているわけで…。桂馬にとっての「現実」が少しずつ動きだすのかもしれません。


☆梨枝子さん推定17歳かわえええええ!!!
ギョロからこんな美人に!!しかも私好みのブラウス+タイ+プリーツスカートというレトロないでたちですよっ。梨枝子さんの学生時代のお話とか、おじいさんとの馴れ初めとか笑、スピンオフでやってくれないかしら~と思うくらいヒットでした。
愛梨ちゃんもおばあちゃんの幼少期と同じ顔なんだから、きっと美人に成長することでしょう笑。

愛梨ちゃん、すっかり桂馬がお気に入りですね。そりゃあんだけままごとにつきあってくれたら懐くでしょう笑。桂馬は割りと教師っぽいんですよね。どっちかというと、物事を冷静に見て対処していく「プロ教師の会」的なスタンスですが。(教育学やってる人じゃないと分かりにくいネタ…)


☆サブタイトルの元ネタ
いうまでもなく英プログレの古参バンド、ムーディーブルースの曲ですが、いままでのような曲名そのままじゃなくて、原題の「Every Good Boy Deserves Favour」をもじってますね。BoyがGirlになってます。


☆エルシィ大活躍、そして駆け魂には言葉が通じるのか
今回は普通に活躍してます笑。
説得に応じたってことは、駆け魂と意思疎通できたりするのかしら…。


☆巻末コメント
Qケータイに加えて欲しい新機能はなんですか?
A.バッテリーが切れないようにする何か。


神のみ関連?:十神真先生の初単行本「殿サマの七本槍」1巻にPEROさんが寄稿しています。

週末まとめと懺絶望先生の感想書けてません…。今日の夜にはなんとか。

☆十神先生、初の単行本発売おめでとうございます!
殿サマの七本槍 1巻 (ヤングコミックコミックス) (コミック)

ご祝儀もかねて?、先生のブログ経由で「殿サマの七本槍」と「学園カゲキ!」両方アマゾンで注文していたのですが、手違いで一括発送になってたらしく…。うちにはまだとどいていないので未確認なのです。重複になるけど今日書店に買いに行こう…。

そんな決意をしたところ、十神先生のブログを見るとこんな記述が!!
明日〆
>しっかし何か俺が思ってたよりも単行本を買っていただけてるような気がしてます。
ありがとうございます。
これも寄稿してくださったPEROさんと再田さんのおかげ、色々と頭をひねって協力してくださってる編集さんのおかげ、そして何より読んでくださってる方々のおかげでしょう。
ホントにありがとうございます。

これはアマゾンの発送待ってられませんよ!!さっそく買わないと!!
追記:スレでの画像みるかぎり、「若木民喜」ではなく「PERO」としての寄稿のようですね。
内容が内容だし…

☆十神先生について。
知らない人もいそうなので、十神先生と若木先生の関係について以前まとめたものを再掲しておきます。
十神真先生(公式HP)
=荻晴彦先生。サンデー出身。武村先生、忍野先生の元アシ。
公式ブログは毎日、とはいきませんがかなりの頻度で更新されてます。
2009年8月現在、アシスタントなしで3つ、一時期は4つの連載を抱えているという、凄い量の仕事をこなしてる人。
(参考:死して屍拾うものなし。
9月30日(たぶん)に、去年モバMANで連載されていた学園カゲキ!の単行本が発売されます。
学園カゲキ!
漫画の単行本、という形では、十神先生にとって初の単行本。
ヤングコミックで連載中の「殿サマの七本槍」も単行本になるみたいです。

モバMANでは、現在ラブコメ?漫画「桃色兵姫スピン」を連載中です。1話前半は無料で読めます。
携帯電話から→http://csb.shogakukan.co.jp/へ。

荻晴彦名義で2000年~2002年にかけて作品を発表されてました。2002年サンデー超で連載されたバスケ漫画「LASTPEACE」(未単行本化)や、サンデー本誌に掲載された「入来兄弟物語」など。
詳しい作品履歴はHPの「ご案内」で見れます。

<みどころ>
・絵日記漫画がまん道。アシスタント時代の話を漫画に。
・過去日記。警備バイトしかなかった時代から、漫画の仕事が増えてくる様子がわかる。始まったころの日記を読むと、「暗黒期」のひどさも分かる…。
・荻晴彦時代のHP、BRANCH HAIR…のアーカイブ
PEROさんのHPと相互リンクしてたみたい。

また、
周辺漫画家さんが運営してた絵板
絵板の過去ログ(PEROさんの絵多数。十神先生の絵も「ヲギ」名義でありますね。)
も、十神先生のHPからリンクが。

拍手レスとか神のみ関連の情報とか近況とか。

GRGRさん、さよなら絶望放送投稿2回目にして初採用おめでとうございますっ!(あいさつ)


いろいろグダグダと書くことがたまってたので放出します。
☆ハヤテのごとく!の西沢さんのキャラソンで…
「現実なんてクソゲーだ」「この落し神が」ってセリフがあったというのはホントなんでしょうか。
まだ未確認です、うう。

追記:「次回予告」の部分でありましたねー!!アマゾンで視聴できました。
正しくは
タマ「リアルなんてクソゲーだ」
ハヤテ「どこの落とし神だ」
ですね。
「ハヤテのごとく!!」キャラクターCD 2nd series 05 で視聴できます。
小杉十郎太さんが「リアルなんてクソゲーだ」ですよー?
白石涼子さんが「どこの落とし神だ」ですよー?
なんかすごいな…

☆ブログのデザイン相変わらず安定してません。
自分でテンプレート改造したのをちょっと使ってたんですけど、ブラウザによっては字が読みにくかったりするみたいなので、以前のに戻してます。ウェブとかパソコンとか無知なので、下手に自分でいじるとおかしくなるみたいですねー。もうちょっと勉強してからデザイン変更します。

以前と変わったのは、月別アーカイブをカレンダーと合体させたこと、神のみ感想サイトリンクをサイドバーに入れたこと、サイトマップを追加したこと、くらいですね。

ゲームは9月18日発売の「そらいろ」を楽しみにしてて、待てずに旧作の「スカーレット」をもう一回やったりしてます笑。やっぱり片岡ともさんのお話はいい。
「ラブプラス」関連のブログ記事とかが面白くて、そっちにも興味津々だったり…。

☆久米田先生原作の「じょしらく」が面白かった
たぶんコマ割りとかも久米田先生がしてるんだろうな、という感じの構図&テンポでした。
言葉遊び、オチなし漫画で、雰囲気としては「特に負けても構わない戦いがそこにはある〜サレジオ落穂によろしく(仮題)〜」に近い。改蔵終了後の久米田先生は、絶望先生の原型だった学園ラブコメ連載と、こういう言葉遊び系の連載とを考えていたんじゃないかなぁと思いました。あとで「ぜつぼう!」の前田君インタビューとあわせて感想を書きます。

☆夏目先生のモチモチが面白い
巷では「トガリ」復活で盛り上がってますが、こっちも面白いんですってば!
完全に腐女子小馬鹿にする態勢にはいったような笑。
そして妙に鼻につくオタク・ネットネタといい、新井理恵先生みたいなネタ構成。
腐女子から見た少年漫画をさらにひっくりかえして漫画にしてみたって感じの印象です。
私の中では笑。
これも個別で感想記事書きます。


☆拍手レス
最後に拍手レスを~。遅くなってしまった方、申し訳ないです。
みなさまいつもたくさんの拍手ありがとうございます。

・まがりねぎさん
今シリーズは「家族」って結構重要なテーマっぽいですよね。攻略もどうなるか楽しみです。
桂馬は現実に対して一体何を思ってるのか、っていうのはいつも考えてしまいますね…。
見えてきそうで見えない、桂馬の本音がききたくてしょうがないです。

・シクスティさん
初コメありがとうございますー。
>今回はラストで駆け魂を捕まえに行くことに対して積極的な桂馬をみて「エルシィが駆け魂発見→桂馬出動」といった従来の「狩り方」からの変化が見えて大変興味深い回でした。
確かに!!あまりにも自然すぎて気付きませんでした。桂馬にもいろいろ変化が起きているのが分かります。
[ 2009/09/12 23:48 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG66、67感想とか元ネタ補足~神のみ感想巡回メモから~

9/13:パノラマ島奇譚とFLG67について、言葉が足りてなかったので追記しました。スミマセン。
せっかく感想リンク先の巡回しているので、それに伴う気づきをメモしておくことにしました。ついったーで書いたことをまとめた感じ。

サブタイトルの元ネタ
今シリーズのサブタイトルは、以前書いたとおり、イギリスの老舗プログレバンドムーディーブルースの曲しばり。ほとんどの読者は知らない気がする笑。

FLAG66
☆センターカラーについて
若木先生による解説桂馬とエルシィ二人のバージョンもあったそうですが、最終的に採用されたのはエルシィだけのもの。いつか二人バージョンも見てみたいですね。

☆ぼくなつ4の影響
田舎への帰省、親戚囲んでの食事、という話は「ぼくなつ4」の影響だそうで。
感想をざっと見たところ、ギャルゲの田舎モノ、夏の少女モノを連想した人が多い感じでしたが、(かくいう私もそうですね)、まがりねぎさんは「ぼくなつ」の影響を指摘されてましたねー。さすが。

☆舞台は岡山。そして神のみの源流にある(かもしれない)金田一シリーズ。
で、舞台は岡山県。若木先生のご先祖様のお墓が津山にあるのですね。ふむふむ。津山、金田一耕助、八つ墓村といえば、「津山三十人殺し」。興味がある人はぜひぐぐってみてください。「八つ墓村」を読むのもいいと思います。

ただ、FLAG66の感想で書いたとおり、桂馬のこのセリフ
090902_1420~01
は、完全に金田一耕助シリーズの「獄門島」だと思ったんだけど…。
もっかい読んでみようなかな。
あと、愛梨ちゃんが歌ってるわらべ歌は「悪魔の手毬唄」みたいで不気味です。

「八つ墓村」も「獄門島」も「悪魔の手毬唄」も、岡山県が舞台になっている「岡山編」と呼ばれているシリーズなので、読んでみるのも一興かもしれません。
(私は横溝正史の金田一シリーズはほとんど読んでる&市川崑監督の映画版は見てますが、読みっぱなしなので記憶間違いがあるかもです…)

若木先生は、
>八つ墓村はものすごく好きで、舞島学園下の地下洞窟なんてものも思いっきりオマージュ
と書いてます。確かにあのワクワク感は八つ墓村だ。横溝正史のミステリは、こういう奇抜な冒険譚が多いので、漫画好きな方は結構ハマると思います。(私がいい例)

横溝作品つながりでのお勧めは「パノラマ島奇譚」かな。あの毒々しさが好き。
作者は江戸川乱歩ですけど、横溝正史が長編の執筆を乱歩に強く勧めて実現したという作品で、ある意味横溝正史がいなかったらうまれていなかった作品ですね。

>そもそもギャルゲーというものの大きな源流が、全てあの世界観にあると言ってもいいというぐらい超エポックメイキングな作品なんで、エヴァンゲリオンと八つ墓村なしで全盛期ギャルゲーは語れないっすね。ちなみに、突然出てくる目玉は弟切草ちっくなんですけど、これもギャルゲーにとっては大きな作品だったなあ、なんて、急に思いついて入れちゃいましたよ。
ということは、八つ墓村とエヴァと弟切草は神のみファン必見なのかもしれない笑。
八つ墓村も読んでるし弟切草もやってるのに、エヴァだけちゃんと見たことないってどうなの私…

☆伝馬と麻里さんの関係
あとは、伝馬と麻里さんの関係についての考察をいろんな方がしていて面白かったです。
伝馬と麻里さんはいがみあっているように見えて、伝馬は麻里さんに自作の(かなり価値が高い)器を使うのを許しているし、麻里さんも、本当に伝馬が嫌いならその器をお客さんに出したりしないだろうし。喫茶店の「カフェ・グランパ」なんて名前もしかり。
また、使わなければ意味がない、という現実的な思考の麻里さんと、とことん突き詰めてこだわる伝馬の対比も同じやりとりの中で見ることができます。桂馬はおじいさん譲りの性格ですね。コメント欄で指摘されてた方がいましたが、桂馬の名付け親は伝馬っぽい笑。

☆蔵にある等身大ポップは…
これも複数人の方が指摘されてたんですけど、私は気付いてませんでした笑。不覚っ。
蔵の中に、麻里さんの誕生日回に出てきた等身大POPがそのまま登場しています。
細かいっ。

☆ひまわりは太陽の方に向いて咲くわけですが。
エルシィの影を考慮すると、ひまわりの咲いてる方向がちょっとおかしい、という話をこいんさんがしていました。いわれてみれば確かに…

☆その他オマージュとか
・お墓参りのシーンは、意図せず「めぞん一刻」そのままの構図になってしまったとか。
血肉にしみ込んでるんですねぇ。
・もういっこは映画「瀬戸内少年探偵団」のオマージュ。この映画見たことないです…こんど借りてみようかな。阿久悠原作なのかー。
・麻里さんの愛車はシティ!しかもマンハッタンルーフ。さすがかっこいいです。
ノーラの取り巻きのカムリとクレスタとか、2000GTとか、BMWとか…。若木先生なかなかの車好き。
私、車良く知らないんで(最近やっとバックで駐車ができるようになった。)、車ネタがあったら詳しい方、教えていただけると助かりますー。

FLAG67
☆愛梨の正体について
今週はこの予想が多かったような。
私は投げっぱなしで予想してません、スミマセン笑。

おばあさんと愛梨は実在していない、っていう意見が一番多くみられたかな。
いわゆる幽霊的な存在っていう推測。

もうひとつ、いいなと思った、かつ神のみっぽいなと思った意見。
おばあさんに憑いてる駆け魂が、お墓に出現した幽霊のような愛梨の正体で、友達がみんな亡くなってしまったおばあさんの代わりに、お盆に帰ってきた友達の霊と駆け魂がお墓で遊んでいるのでは、というのはdlswさんの言ですけども、私はこれが一番しっくりくるんじゃないかなぁと思います。まがりねぎさんもおばあさんに駆け魂がついてる派。
(追記:ちょっと言葉が足りなかったんですが、愛梨もおばあさんも現実に存在していて、お墓にあらわれた幽霊っぽいのが駆け魂ってことです。)

GRGRさんはおばあさんの「一か月も前から作ってたよ」とか「年寄りはもう孫くらいしか楽しみないからね」を深読みポイントとしてあげてました。確かに、いくらでも深読みできるかも…。

☆ラムネ瓶の構造が実はおかしい件
これもGRGRさんに言われるまで気づかなかったんですけど、表紙のラムネのビー玉がおかしな位置にあるんですね。私があげた画像だと暗くて全然わかんないですが笑。

☆「離婚調停かな」大人気
各感想サイトではかなりの確率でこのセリフが取り上げられてました笑。
こういうセリフのセンスいいですよね、桂馬、というか若木先生。
あとはやっぱりエルシィの怖がりとか、布団かたつむりとかが話題になってました。
エルシィはますます可愛くなっていくなぁ。

と、こんな感じで二週間分まとめてみました。
これからもちょくちょくやると思いますー。

神のみぞ知るセカイFLAG67感想速報版~桂馬と家族の関係が見える、というお話~

FLAG67「Ride My See-Saw」
神のみぞ知るセカイ感想系サイトリンク集

よみましたっ
☆ノスタルジー刺激されて困る
今回も扉絵がノスタルジックでええのう…。
090910_0021~01
小学生時代を思い出します。山の中で遊びまくり、神社をかってにお化けスポットに仕立て上げ、急斜面にある滝へのピクニックを「冒険」と称し悦に入り、ホトケノザを大量につんで、その蜜をおやつにする…。そしてラムネ瓶は夏の必須アイテムでした。スーパーもコンビニもないような田舎だけど、子供がお菓子を買えるような駄菓子屋さんはあって、毎日のように通っておりました。経験があるからこそ、またノスタルジーも強くなるんでしょうか。

☆サブタイトルは、またまたムーディーブルース
そして、サブタイトル!!
まさかのムーディーブルース縛りでした笑。
読者の大半は知らないのでは…
やっぱりイギリスのプログレはいいのう。
The Moody Blues-Ride my see-saw(ようつべ)

☆桂馬と家族の関係
桂馬溺愛の伝馬は、桂馬に隣の席をすすめる。そして桂馬もそれに逆らうことはせず。
伝馬の作った「オソロしく始末に困る販促グッズ」に対しても、決して無碍な扱いはしない。
愛梨が壊そうとしたら、必死で止めてる桂馬が可愛い笑。

布団の中までゲームしつつも、朝ごはんは家族そろってとる。
桂馬は二次元ひきこもり、ではなく、現実でもそれなりに気をつかっている。
にもかかわらず、桂馬のなかで二次元と三次元には断絶があるんですよね。

☆桂馬と他人の関係
みんなから怖がられて友達ができない、悪魔のエルシィさえ、お化けとして怖がる愛梨ちゃん。
でも桂馬は、「楽しいわけないだろ」と本音をしっかりいいつつ、「フツーの子供」として愛梨ちゃんを扱う。桂馬は現実における一般的な感覚から乖離してる、けれどその分まっすぐに冷静に見れる部分があるのかも。

桂馬の中で二次元と三次元に断絶があって、桂馬は二次元セカイの中の神なわけで。
私たちが物語を見る時に、その物語の外から登場人物を眺めてあれこれ考えるように、桂馬も現実の中に生きる人を、2次元の世界から眺めているのだろうか。3次元の人に触れられるのを嫌がるってことは、自分が3次元の世界に取り込まれることを恐れているのだろうか。

桂馬は、現実世界でいうエロゲオタだけど、作品世界を外から眺めて批評するようなオタじゃなくて(そういう人ってエロゲ批評を通して現実世界でのコミュ二ティを作るのが目的な気がする)、まさにその作品世界の登場人物として自分を位置付けているのだと思う。


桂馬がレビューサイトをやってる目的は、ゲームを解読するためじゃなく、「本当に楽しいギャルゲー世界」を作るため、なんだ。まぁそのへんは、こことかここに書いたので略。

なんてことを本編から離れて考えてしまいました。


☆桂馬に対して向けられる好意に、桂馬はどう答えるのか。
じいじいの桂馬へ注がれる愛を前にして。
そしてそれを他人から指摘されて、あらためてその愛に直面して。
じいじいの力作の器を前に考え込む桂馬は、なにをおもうんだろう。
「どうしてみんなクソゲーな現実を必死で生きようとしているのか」という、ちひろ編ラストで珍しくでてきた桂馬のモノローグに通じるのかしら。


☆今回の駆け魂は、いつもの攻略と違うっぽい
桂馬の推理では、夜に出没する愛梨ちゃん似のお化けはやはり駆け魂で、センサーに反応がなかったのは、愛梨ちゃん本体から離れていたからではないかと。
「遊んでほしい」という愛梨ちゃんの気持ち、仏壇に置かれている愛梨ちゃんにそっくりな着物姿の少女の古そうな写真、おばあちゃんの友人たち。ここらへんがキーになってくるのかな。
090910_0023~01
090910_0023~02
恋愛はないんだろうな、と思うんですが、愛梨ちゃん既に桂馬を気に入ってるっぽいですよね。
だれも怖がって遊んでくれなかったのに、桂馬だけは普通の人間扱いしてくれるわけですから。


☆その他気になったところ
・エルシィ…なんという妹キャラ…戦慄すら覚えるぜ!!!可愛すぎるよちくしょう。
090902_1420~01
・冷たい!!わかったわ!!あなたまたあの後家のイタコと浮気してたのね。…すごすぎる設定だわ笑、後家のイタコってなんぞ。
・「あなた…これから何しましょうか?」「離婚調停かな。」でめっちゃ笑いました。


☆アンケート
作品を応援するには一番ってことで、今回からサンデーのアンケートへのリンクを張ろうと思います。
41号アンケート懸賞
ちなみに、神のみぞ知るセカイの番号は17。
本誌136ページを開いてぜひアンケートの記入を。

神のみぞ知るセカイ:6巻発売は10月16日他関連ニュースなど。

いまさらって感じですが、一応記事にしておきますー。

☆6巻が10月16日に発売
小学館のコミックス発売予定表でお確かめくださいー。若木先生も単行本作業でヘトヘトのようです…
(参考:9/6:白昼夢下の漫画作業

6巻の収録内容は
・ハクア&ハクアのバディ雪枝さんが活躍するFLAG47~49
・初めての後輩女子攻略、みなみ編FLAG50~53
・歩美、ちひろ、かのんが再び桂馬と接触する期末テスト&バンド編FLAG54~55
・エルシィ&ハクアが里帰りするFLAG56

…のはず。

あだち先生の空気感へのオマージュとして描かれたみなみ編は、私みたいなロマンチシズム+ノスタルジー好きにはたまらない作品。ハクアの出番も多い、地区長頑張れ!
あとはなんといっても、あゆみん、ちひろ、かのんの再登場でしょうっ!萌え死ぬかと思った、ホントに…。文化祭も楽しみです。


☆神のみぞ知るセカイFLAG1「世界はアイで動いてる」がクラブサンデーで読めます


神のみぞ知るセカイ


神のみぞ知るセカイ


若木民喜
(C)Tamiki Wakaki/Shogakukan 2009


恋愛シミュレーションゲームの天才・桂木桂馬が現実の女性の攻略に挑戦! リアル恋愛攻略奮闘記!


posted with EmbedSunday on 2009-09-07





当時の巻頭カラー6ページが再現されているので、本誌で読んでいないという人は必見!ですよ!高原歩美、(勝手に)通称あゆみんの可愛さは異常。
単行本で修正された誤字はそのまんま残ってますね。


☆ついでにFLAG66も
最新話のFLAG66もクラサンで読めるようになってます。巻頭カラーだし、新しいシリーズの第1話なので、単行本派の人も楽しめるんでないかと。


今週のサンデー


今週のサンデー


少年サンデー編集部
(C)Shogakukan 2009


40号のサンデーは、巻頭カラーに『神のみぞ知るセカイ』が登場! 桂木家は、田舎の実家にお墓参りに。おじいちゃんも登場で楽しい帰省となるはずが、お墓参りの途中で、見えちゃいけないものが見えちゃって…!? 表紙&巻頭グラビアには、新垣結衣ちゃんが待望の登場! ちょっと秘密のプライベート撮を見逃すな! さらに、センターカラーで登場するのは、大人気アジアンアドベンチャー『マギ』。迷宮攻略、クライマックス! アラジンの真の姿が明らかに!?


posted with EmbedSunday on 2009-09-07







☆菅野孝典先生のブログがあつい。
若木先生のアシスタントさん、菅野先生。鮮血夢想でサンデー本誌に読みきり掲載まで行ってるんですが、それ以降が大変そうです。でも、そこであきらめずに自分で具体的な答えを見つけて、先へ進もうとしてる先生は、ホントにすごい、の一言。
先生のぶろぐから。
軌道修正
アジって何だ?
菅野先生の新作を楽しみにしてます。
MADも好きだけど、やっぱり漫画で!そしてサンデーで!

今週の若木先生+今週書いた記事のまとめ(8/31~9/6)

☆いいわけと近況
ほんっとうにスミマセン!この二週間、更新さぼりまくりなのは、まぎれもなくついったーのせいです…
ネットは時間泥棒だっていうのはずっと感じてたけど、ついったーは特にひどい。
特にコミュ能力皆無なくせに、寂しがりの私にとってはうってつけの場所なわけで…

現実生活でも、ちょっと忙しくなったってのはあるんですけど、それ以上にネットでなんとなくすごしてる時間が多すぎなんですよね。溜め込むだけじゃなく、もっといろんなものを外に出します、うん。

今週はなにより、夏目先生のトガリ続編確定が一番大きなニュースですね!私の中で。
フラッパーでトガリ、グッタフでモチモチ。以前モーニングに掲載されたP専嬢のダリアも携帯で配信されるし、夏目先生ワールドが大好きな自分としては、いい予感でいっぱいです。


☆今週の若木先生
今週は単行本作業が重なってるため、ブログからの疲労が伝わってきます…
(神のみぞ知るセカイ第6巻は10月16日発売です。後でお知らせ記事書こうかな一応…)

8月31日
8/31:もう8月も終わり。
単行本作業な先生。音楽はジェスロ・タル。またイギリスのプログレバンドか!!
今週の神のみのサブタイトルも、同じくイギリスの(一般的には)マイナーなプログレバンド、ムーディーブルースでしたね。私なんかは、それこそ筋肉少女帯やたまからプログレを聞き始めたやつなのですが、ここまで手広くは聞いてないので、いつも音楽の話題が出るたびに音源を聴いて感動しています。ブログにのってるCDは多分Aqualung ですね。

9月1日
9/1:長月
9月です。疲労困ぱいな若木先生…。
DVDはガンダム OP/ED COLLECTION Volume 1 -20th Century- ですかね。確かに製作会社しばりのOPED集はすごく面白そう。シャフトのとかでたら全力で買うよ私は!絶望先生の単行本限定版で、歴代のOPEDがすべて収録されたDVDがついてきましたが、あれもすごくよかったです。

9月2日
9/2:神のみは巻頭カラーです。
神のみ巻頭カラー告知。確かに、このページ数だったらマギ巻頭、神のみセンターのほうがしっくりきますね笑。でも巻頭っていうのはホント人気の証拠ですから…。
クラサンで1話のカラーが再現されてますね。誤字も当時のままになってるけど。

9月3日
9/3:こんにちはさようなら
ほんとに題名とおりの記事笑。
タイトルのセンスすげえ。

9月4日
9/4:谷から谷へ
やっと単行本作業が終わった若木先生。
先生の仕事場の写真。壁に先生の絵やその他もろもろが貼ってある。
50周年の時についてた、歴代サンデー作家さんのサインとかも見えますね!
こういう、乱雑にものが貼ってある壁大好き。私の部屋もこんな感じでごちゃこちゃしたものに…
もちろん若木先生の絵とかも無造作にはってあるわけで。
コレクター気質の人からしたら、そういうのが信じられないらしい。

9月5日
9/5:師匠
燃え尽き現象に苦しむ若木先生。
母親が上京していたとのことで、ジブリ美術館帰りのおみやげにオーブン・ミトンのケーキ。

>オーブン・ミトンと言えば、僕も使ってるレシピ本の大家・小嶋ルミさんの店。まさに聖地。
だそうで。
良いレシピだと、素人がつくっても結構おいしいものが作れますよね。
繊細な作業が必要とされるものはともかく…

9月6日
9/6:白昼夢下の漫画作業
若木先生の単行本作業中の窮状まとめ。
緊急にセリフ修正しなくちゃいけないところがあったそうで。編集さんからも修正の指示ってくるんだなぁ。

>こういう風に既に見えてる設定だけじゃなくって、これを描いてしまうと今までと整合性が出なくなるという隠れた縛りに至ってくると、全てをチェックするのは至難の業だ。スタッフの個人的趣味に基づく背景や、僕の単純な描き間違いにすら、「何か意味があるんじゃないか?」と思う読者の方もいるので、できるだけ整合性は保ちたいと思うんだけど、
神のみも、だんだん重箱の隅をつつきたがる読者が増えてきましたから…
私もその一味なのかもしれないですけど、あまりヘンな見方はしてないつもり…


☆今週書いた記事のまとめ
全然書けてませんね…

9月2日
神のみぞ知るセカイFLAG66感想~よかった…桂馬は人間なんだね…~
定例感想。後で補足記事を書こうとおもってたのですが、ずるずると。

9月4日
夏目義徳先生新連載!コミックフラッパーでトガリ完結編「咎狩 白」開始!
待ってました!!7年間待ってましたよ!!!
トガリのレビュー書きます、あらためて。
個人的に、トガリ終了後に掲載されたブカツも大好きなんで、それも。

9月6日
懺・さよなら絶望先生第10話感想とか。本編のネタよりもシャフトの窮状ネタの方が話題に。
定例の懺・さよなら絶望先生感想。原作との比較って楽しいですね。
来週はもっとやりたいなぁ。新EDが素晴らしかった。







夏目義徳先生新連載!コミックフラッパーでトガリ完結編「咎狩 白」開始!

※9/6さらに追記
今月のコミックフラッパー買ってきました。トガリの予告が1ページのってたので紹介しようと思ったのですが、すでにいけさんフロムFR・NEO RE 夏目義徳「トガリ」復活!「咎狩白(とがりしろ)」コミックフラッパーで連載開始!!で紹介されていたので、興味ある方「はぜひ。

※9/5追記しました。
☆白というのは、黒で始まった物語が白で終わるという意味by夏目先生
夏目義徳先生の公式HPに、トガリ完結編にいたるまでの経緯がアップされています。
これは、ぜひ読んでいただきたいので、引用はしません。

☆トガリについて。
2000年~2002年にサンデーで連載された「トガリ」。
300年前地獄に落ちた極悪人・統兵衛が、現世に降り立ち、咎狩という武器を使って、人間の罪を集める話。
108日間で108つの罪を集めることができれば、地獄から解放されるわけですが、現世で罪を犯したら、首がとんで死んでしまう、というリスクがあります。
統兵衛はいろんな人と関わりをもって、少しずつ変わっていきます。
極悪非道な人斬りから、人間としてのやさしさをもった人間へ。
しかし咎狩は、悪の意思がないと力が発揮できないわけで…。

と、こんなストーリーで、コアなファンが多かったものの(実際今でもサンデーの話になると良く話題に上ります)、中途半端なところで終了して続編を望む声も多々ありました。



☆トガリ続編の噂はちょこちょこありましたが、ついに。
コミックフラッパーの次号予告…の次号予告にこんな記述が。

月刊コミックフラッパー最新号
月刊コミックフラッパー11月号は2009年10月5日(月)発売!!

表紙&巻頭カラー
「BRAVE10」霜月かいり

センターカラー新連載2本!!
「咎狩 白」夏目義徳
「青春鉄道」青春


☆個人的な、トガリへの思い。
高校生のとき、自分と他人の違いとか、プライドとか、やさしさって何とか、偽善ってなにとか、そういう考えてもしょうがないことにがんじがらめになってた時期があって、そこに答えをくれる予感があった作品、それがトガリでした。
実は、連載当時このモヤモヤした気持ちを伝えたくて、何度も夏目先生にファンレターを書きかけたのだけど、どうもうまく書けなくて。
それが悔しくて、またトガリ読みなおして、みたいなことを繰り返してました。
今でも、思ってることの半分も書けていない気がしますが、当時よりは肩の力抜いてかけるんじゃないかな。高校生の時は、評価される文章を書こう!っていう見栄が先行していたように思います。だから言葉を選びすぎて書けなかった。
17歳の感覚と、23歳の感覚はまた違うのでしょうが。
そこらへんの差異も意識しつつ、感想を書きたいと思う次第。

ちょっとお知らせ

・現在ブログのデザインを考え中なので、しばらく安定しないと思います…スミマセン。
・ゴルカムさんの同人誌「ぜつぼう!」読みました。こりゃ久米田先生ファンは必見だわ。
[ 2009/09/04 01:27 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG66感想~よかった…桂馬は人間なんだね…~

FLAG66「Nights In White Stain」 
神のみぞ知るセカイ感想系サイトリンク集
よみましたっ
ああ、1週間長かった…

☆奥さん、カラーですよカラー!!
090902_1411~02
いやぁ巻頭カラー、青い空、緑の山、ひまわり畑と白いワンピース、そして麦わら帽子。夏のゲームの定番じゃないですか笑。素敵すぎます!エルシィファン歓喜なカラーになってるので、単行本派の人も買いに走ったらいいと思うよ!

☆プログレッシブでブルースなサブタイトル。
んで、サブタイトル見てまたびっくりしました笑。ムーディーブルース(The Moody Blues)って!!若木先生が愛してやまないイギリスのプログレッシブ・ロックバンドのひとつ。同じプログレでも、今まで元ネタで使われたEL&Pやキングクリムゾンよりは知名度はぐっと低いです。

楽器の編成とか曲の構成とかは確かにプログレなんですけど、哀愁漂う曲調は、バンド名の通り「ブルース」っぽいです。はい、私が好きなパターンですね笑。とにかく聞いてみて!!
The Moody Blues - Nights in White satin´67(ようつべ)
The Moody Blues Nights In White Satin(ようつべ)

☆そして桂馬のおじいちゃん当登場
桂馬ラブ!!!
そしてひとつの道を究める!!(ここらへん、桂馬に受け継がれてるっぽい)
有名な陶芸家だという、桂木伝馬登場です。

唐突におじいちゃんが登場したわけではなく、前回の怒涛の設定公開で、桂馬の家のことはきちんと語られていました。
090902_1411~01
090902_1409~01
もともと島に住んでいた桂木家ですが、天理&桂馬が駆け魂と遭遇した時の地震で家が崩壊し、舞島市にあった桂木本家に引っ越しした、ということですね。で、代わりに桂木本家は先祖の土地に帰った、と。

桂馬は入りきらないゲーム、本家に送ってるのかよ笑!
普通なら迷惑がられるところでしょうけど、おじいちゃんは桂馬溺愛ですから…
こんなものまで作ります。
090902_1425~01
愛が…重い!!
…マ、マルチですかぁ!?ToHeartの…

空回りしてるおじいちゃんに対して興味なさそうにしながら、決して邪険な態度はとらないところが、桂馬らしいなぁと笑。

話を戻して、蔵を良く見ると。桂馬はゲームの本体以外…特典のポスターや等身大ポップなど…を本家に送ってるみたいですね。
090902_1545~01
以前、若木先生がブログで「桂馬はフィギアやアニメには興味がないけど、もらえるものはもらっておく主義」と書いてたけど、ゲーム本体は自分の家、特典などの付属品は本家の蔵、というふうに整理しているのかもしれません。


☆本家と桂馬一家の関係
おじいちゃんは、桂馬の父親、桂木桂一の父親。
で、麻里さんとは未だに対立してるんですね笑。
名前は公開されたものの、出張中の桂一さんの現状や顔は不明のまま。
これも後々伏線になってきたりするんだろうか。
実家の様子を見ると、桂馬には叔父さんが一人いて、さらに「安芸さん」という叔母さんがいるようです。

そして前回同様、どこにいってもあっという間に馴染むエルシィ。これってすごい才能だよなぁ。

☆桂馬=貴種流離譚の主人公という見方もありましたが
よかった…桂馬が人間で…
あまにの超人っぷりに、地獄や天界の住人って展開になるんじゃないかとヒヤヒヤしてました。

しかし、桂馬が幼少期に駆け魂と遭遇していたこと。そして高校生になった今、また駆け魂と関わっていること。天理&ディアナと再会したこと。前回桂馬も言ってましたが、これらは「偶然」では片づけられないでしょう。誰が駆け魂の封印を解いたのか。なぜ桂馬がバディに選ばれたのか。ここら辺は、おれからの地獄編の軸となってきそうですね。

☆田舎の定番!
090902_1420~01
どこの金田一先生ですか!笑
基本的には横溝正史の探偵小説、金田一耕助シリーズの「獄門島」ですな。「犬神家の一族」もちょっと入ってるかな?獄門島のモデルは岡山県。桂木家本家の住所は「奥山県山口村」となってますが、こっちもモデルは岡山県+山口県なのかもですね。

「…クビ切るぞ…あそんでくれなきゃ…うで切るぞ…」
なんで呪いの藁人形ぽいのもってるんですかー!!
愛梨ちゃんが歌う、不気味なわらべ歌は同じく金田一シリーズの「悪魔の手毬唄」(これも舞台が岡山県)っぽい。
見かけは猫娘っぽいけど笑。

エロゲギャルゲでも、田舎が舞台の作品って多いですよねー。
ゼロ世代のエロゲ評論を盛り上げるきっかけとなった(と私が思っている)AIRとかもモロにそうだし、私が愛してやまないねこねこソフトの「ラムネ」およびその世界観をうけついだそらいろも田舎の夏のお話。有名どころだと、車輪の国、向日葵の少女とかもそうですよね。

☆エルシィは桂馬にベタベタしすぎっ
こ…こいつは…!妹という立場を最大限に利用しやがってぇええええ!

1.いいぞもっとやれ。
2.桂馬の嫁はあゆみんなんだからな!!

お好きな選択肢をどうぞ笑。


☆そして愛梨ちゃんは…
お墓での幽霊!?妖怪!?な愛梨ちゃんらしきシルエットに遭遇して、さらに金田一耕助シリーズの岡山編っぽさを醸し出す要素満載で、俄然ミステリ?怪奇小説?ホラー?な感じになってますが、来週どううごくんでしょうか。楽しみですー。

☆その他思ったこと。
お墓の没年。明治十年九月十四日?二十四日?。
何か意味あるんでしょうか。お墓の名字もちょっときになる。

余談ですが、私は小学3年生まで、まさに山口村みたいなところに住んでいました笑。
20090813152340.jpg
そして無駄に怖いお墓…
20090813160903.jpg

☆巻末コメント
Q.昔に比べて「21世紀だなぁ」と進化を実感できるものは何ですか?
A.通販。


☆その他サンデーマガジン一言メモ
おもについったーのつぶやきから引用。

・はじめてのあく。あきちゃんのおっぱいがけしからん!とか、嫁に欲しい!とか萌えに萌えてた前半。後半一気にジローの可愛さにやられてしまいました…。真のヒロインはジローだ笑。今週も良かったです。すんばらしい。

・ハヤテのごとく!。ヒナギクの思いと、それが壊れる瞬間と、内省してるハヤテとの壁の表現はすばらしいなぁ。しかしだからこそ私はハヤテにいらっときますな!

・オニデレ。サキさんと辰巳くん、良いなぁ…。

・さよなら絶望先生。小泉元首相にそっくりな当時の編集長ってだれですか笑。かってに改蔵の神崎さん何気に出演率たかいな!天空戦記シュラトなんて放送当時藤吉さん物心もついてないだろうに…
ラスト。すっかり奈美ちゃんが普通キャラからラーメンキャラに笑。新谷さんの悲鳴が聞こえるようだ笑

・べビステのえーちゃんとアレックスが熱い!絶望先生とべビステがある限りマガジン購読止められませんな…他あんまり読んでないんだけど…

今週の若木先生+今週書いた記事のまとめ(8/24~8/30)

☆ひとこと
読みかけの雑誌やら単行本やらを読みまくってたら、ブログ更新遅れてしまいました…
月刊!スピリッツ良いですね。後で感想書きたいなぁ。
懺・絶望先生9話でエンドカードを描かれていた宇仁田先生の新連載の空気がすきすぎます。男の子も女の子も本能的というかなんというか、だからこそピュアな空気が漂っております。
北崎先生の新連載は…予想外だった笑。てっきり読みきりでの「オレ×ヨメ」と同じ設定でくると思ったのに全然ちがーう!なんてっ探偵アイドルとか、ああいう感じのバカコメノリ。
ダイナマ伊藤、ノリそのままだ笑。懐かしくて涙でる。
モリ先生の新連載、ザワさんっぽいけどおもろいです。

今週の若木先生。特にドリームクラブ評がすばらしい。
☆今週の若木先生
8月24日
8/24:砂糖増量
読者の方が作ったという砂糖。可愛い!

8月25日
FLAG65:「ガールズ・ネクスト・ドア」
天理編全体について。
>「天理とディアナ」、「駆け魂と地獄の設定の紐解き」、「新しい攻略システム」
という三本柱です。

ヒロインのテーマとしては、
>「主人公のことが好きだけど言えない女の子と、それを応援する女友達」
少女漫画でもよくあるパターンですね。そして、この楽しさを十分味わうには時間が必要、というわけで、天理はこれから先も登場が必然的になってくるキャラにしたそうです。

>しかも、それが一人の女子のなかに存在する。
「脳髄ジャングル」だー。そういえば、比較とか書きたかったんだった…

そして、今回一気に行われた、伏線の解消。アルバ打ち切りの教訓…というか、打ち切りへの恐怖感すら伺われるような。情報開示にあたって、展開チャートを書くという慎重さ。

天理の前髪カットでディアナとの区別がつきにくい…とおもったら天使の輪。ビジュアル面でも良く考えられてるなぁと思います。

8月26日
8/26:1連載1担当が理想ではありますが
現在、サンデー編集部は持ち込みの新人さんでにぎわっているらしい。中山先生も、ブログでそんなことを書いていましたな。おやつは、キャトーズ・ジュイエのケーキ。
25日のでも書いたけど、打ち切りへの恐怖感ってのはすごくありそうだなぁと。
特に>ボクの名前が書いてない目次に震え上がったり

8月27日
8/27:4コマは意外と浮かばないものです。
単行本作業を平行して行ってる若木先生。
すずめやのどら焼き。おいしそう。

8月28日
8/28:北の国から
ドリクラ積みゲー中の若木先生。
おやつはルタオのドゥーブルフロマージュ。
フロマージュだったら、チーズ大丈夫だったりするんだろうか?チーズケーキはダメだったよね?

8月29日
8/29:身も蓋もない。
森田先生がドリームクラブをプレイし、それを見る若木先生。
それを1日分だけで、濃いゲーム評が書けてしまうところが若木先生らしい。
ゲームの構造を把握するのに長けてるんだろうなぁ。

8月30日
8/30:ふぅぅ。
単行本、あと4コマが残ってるそうです。
おやつはヴィロンのボナパルト。お酒が効いてるケーキやチョコはなかなか難しい。
お客さんに味を聞かれたときも、説明しにくいのです。
投票も行ってきたそうです。

スミマセン、以下夜に更新します…
☆今週書いた記事のまとめ
8月24日
たまには紹介:神のみ・絶望先生ネタで面白い記事の紹介&拍手コメントのお返事

8月25日
クラブサンデー:新人王決定戦4週目「冥途から。」「幸子」感想。
クラサンのレビューしてる人って、どれくらいいるんだろう…。
とりあえず、印象に残った読み切りを中心にこれからも感想書こうと思います。

8月29日
第1回クラブサンデー新人王決定戦:総合王座決定戦。あらためて感想を。
今日(9/1)になって加筆修正しました。

8月30日
懺・さよなら絶望先生第9話。シャフトが本気を出してきたぞ…!!秀逸なアニメオリジナル要素満載。
アニメ絶望先生定例感想。

8月31日
懺・さよなら絶望先生第9話:番組への苦情Q&Aが黒板に…。/懺・さよなら絶望先生第9話。今週前田くん出過ぎ笑。実写で下着とか…/懺・さよなら絶望先生第9話。まさかの4期フラグ…?
感想記事が長くなったので、切り離しました。

☆メモ
・天理編全体の感想を書けたらいいなぁ…
・ついったーでつぶやいたメモをまとめる、という試みをしてます。つぶやきがたまったら、まともな記事を書くかも知れません。
いーかげんなつぶやき












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。