スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG84感想~常に冷静な桂馬もついに…?~

FLAG84「プリティフェイシズ」
よみましたっ
しばらく更新できなくてホントすみません!!
今年は月20記事が目標…だったのですが、1月はほとんど更新できていないという現状!!
書く予定で下書きのみつくっている記事が大量にあるので、随時アップしていきたいとおもいます。
若木先生の連載前の読み切り作品をコンプリートしたり、後藤先生(銀塩少年)、高田先生(ハレルヤ!オーバードライブ)とお会いしたり、ついったーにサンデー系の作家さんが続々登場されたりと、ネタはいろいろあるのですが、近況報告はまた別記事ということで…。

☆秘密の関係っていいよね。
プリティフェイスならぬプリティフェイシズ。複数形なのか笑。
結と桂馬、体の中身が入れ替わるというラブコメ王道展開。
昔、新井理恵先生が「ギャグ漫画家がネタにつまった時にやる最終手段」みたいなことを書いてましたが笑、基本「現実」で恋愛するという設定の神のみなので、初期の設定ではこういうファンタジーな展開はできなかっただろうなぁ。駆け魂の裏設定がでてきてから、どんどん「攻略」のパターンも広がりそうな予感がします。

桂馬と結、入れ替わったことは秘密して、波風を立てないよう過ごそうとする二人。
桂馬を優等生と勘違いして(あの出会いだと当然だw)苦労してる結が楽しい。桂馬も基本放置だから、自分の判断で生きる術を探すしかないっていうね。そんで、桂馬もそういう状況をちゃんと計算してる。

…はずなんだけど笑、結のキャラを無視してギャルゲーを買いあさるのが(しかもごく自然な風にw)桂馬だよねぇ。
そんな自分の「ゲームやりたい」って我が侭さえも、結と母親の関係リセットのための伏線としてる。ひねくれてるのに、行動や言動にちゃんと意味があって、とてもすっきりしてるっていう。

ここまではよかったんですが、今回はどうも桂馬が桂馬でなくなる?ような状況になっているようで…

☆「女」にひっぱられる桂馬の衝撃!!
TSラブコメはたくさんあるんだろうけど、最初から「男」として描かれていた、「女」になる予兆が全くないキャラクターが急に「女」になってしまうってのは、結構斬新な展開なんじゃないかと思いました。(サンデー以外の漫画の知識ないのではっきりしたことは言えませんが…)だからこそインパクトが大きいというか。上で、人格入れ替わりはギャグ漫画家がネタにつまった時にやる最終手段という新井先生の言葉を紹介しましたが、今回の神のみのTSはその場しのぎ、1回限りのギャグ展開なわけじゃなくて、(もちろんギャグ、コメディの要素も強いんだけど)ストーリーの根幹の部分が関わってきてるわけで…。なんかぞくぞくするよねぇ。

前回までは、女体になっても全然動じない桂馬さすがwwwという感じだったのだけど、今回はいつもみたいに頭が回らない、結が現状に満足しそうになっているという思わしくない状況で、しかもあの神様が女のからだにひっぱられたのか乙女ゲーに興味をしめすという!!一体このさきどうなるんでしょう…!!
桂馬が冷静さを失って攻略すら忘れてしまって…という状況も見てみたい。ちひろ編もそれに近かったのだけど、自分が誰かすら分からなくなった状況で、誰かに逆攻略されるとか…なんて妄想とまらないです笑。

にしても、桂馬が女性化?してるって状況は、やっぱり駆け魂が原因なのかなぁ。
駆け魂は心のスキマに棲むのだから、肉体でいう心臓じゃなくて、精神的な心の中にいるのだと考えていたのだけど。
今回はむしろ桂馬のほうに駆け魂の作用がつよくでてるなぁ。駆け魂はまだまだ謎だらけ。


☆音楽にひかれる結と、ゲームにひかれる桂馬
乙女ゲーの扉をあけそうになる桂馬と、音楽に反応しておもわず軽音部の扉をあける結。
お互い新しい一歩を踏み出すということですか笑。

桂馬が乙女ゲーにハマったら、桂馬の姿をした結を攻略することに抵抗なくなる…のでしょうか笑。
だとするとキスシーンがちょっと倒錯的で素敵ですなっ!!

あとで画像いれるかも。FLAG83、82もあっぷしますー。


☆巻末コメント
Q.漫画家になろうと決意した瞬間は、どんな瞬間ですか?
A.めぞん一刻の最終ページをめくったら先が無かった時。



☆アンケート
https://ml.webshogakukan.com/sunday/enquete/kensho09.html

スポンサーサイト

神のみぞ知るセカイFLAG81感想~駆け魂狩りに終わりが見えてきた?~

ここまで感想記事遅れたの初めてですね、スミマセン。

サンデー発売前に神のみ人気キャラ投票の結果発表の記事あげようとおもったんだけど間に合いませんでした…
明日にはなんとか。
そしてサンデーの企画年賀状は当然のごとく来ませんでした笑。あたったひといいなー。

FLAG81「少女・少年」
よみましたっ
東京では月曜、火曜あたりからサンデー売ってたって話をちょくちょく聞きましたが、うちでは通常どおり水曜発売だったみたいです。

ディアナの重要な発言から一夜あけて、学校。
今度はちひろきたーーーー!!
100106_1620~01
死ねゴキブリ!!とかいいつつ自分から桂馬に聞いてるちひろかわいいです!


「前より、嫌われているような…」のくだりはFLAG1のあゆみんを思い出しますね。
ホントに嫌われてる可能性も高い、だけど…っていうやつ。
まぁこの場合、嫌われてるってのは100%ないでしょうけどっ!!

☆駆け魂狩りの終わりが見えてきた?
ディアナと同じで女神のエネルギーは「愛」。
ということで女神がいるかもしれない女の子に冷たくするなと!

100106_1622~01
冷たくするな!といわれてもここは折れない桂馬笑。
こういうことするから殴られるんだよっ

そして、女神が全員そろえば、ちまちま駆け魂を捕まえなくてももう一度封印することができる、と。
桂馬がいうとおり、女神探しが駆け魂狩りより大変だったらわずらわしさがアップするだけだし、女神が駆け魂を再び封印するにしても、駆け魂を解放した何者かが黙っているはずないだろうし。ややこしい話になることは確かみたい。


☆そして駆け魂狩りと2BPENCILSという日常は続いていく!
重要な設定がでてきて、攻略済み女子の中にいる女神探し、という新しい要素が加わったものの、それを全部知っているのは桂馬とディアナだけ。というわけで、駆け魂狩りも、文化祭バンドも、日常として続いていくという。こういう雰囲気はすごく好きです!日常の裏でひっそりと非日常が進んでいくという。

で、今回も新しい駆け魂つきの女の子がでてきました。
天才パーカショニストの五位堂結さん。
ものすんごい名家の娘さんでお嬢様。
お嬢様キャラは美生がいましたけど、彼女はホントのお金持ちじゃなかったし、「お嬢様」であることに誇りをもってるタイプでしたから、性格としては全然違いそうですね。
家のいいなり、抑圧がすごいって部分ではノベライズの透に近いけど、結さんは和の要素、記号がかなり強いみたいです。

結さん、登場シーンでスティック叩きながら階段下りてくるんですけど、これはちょっと気持ち分かるかも笑。
音楽聴きながら歩いてたりすると無意識のうちに手が動いてることよくある…。
学校の先輩でいつでもどこでも指揮しながら歩いてた人がいましたが…いつもそんな感じだと変人あつかいされますな笑。

ドラム候補、天理かなぁと思ってたけど彼女は違う学校だし。このまま結がドラムやるんでしょうか。
読者の予想をすれすれのところで避けて通ってる幹事なので、どういう展開になるか楽しみです。


あとですね、結さんのお母様の作画がなんとなくサンデー時代の武村先生の絵柄っぽいなとニヤリ。

☆さすが桂馬だなぁと笑
「じゃ、帰ればどーです?あなたが来るまでは結構静かでしたよ。」
この言葉は、結の心に強く残ったことは間違いないでしょうなー。
駆け魂の反応が出た途端のこの反応がらしくていいですね。
計算なのか本心なのか微妙なところがなんとも。

☆余談
ついったーでも話題になってたのですが、パーカッションのことパーカっていう学校もあるんですね。
うちはパーカスだったなぁ。パートの略称いろいろあるみたいです。

☆巻末コメント
Q.突然、一ヶ月も休めることができたら、どのようにすごしますか?
A.ゲーム→飯→寝る→ネット→ゲーム→飯…×一か月。

若木先生らしい答えですばらしい笑。飯の半分以上は甘いものなんだろうなー。

☆アンケート
ネットでも答えられますからね、是非。
http://websunday.net/kensho/

☆その他
・やおよろっ!出張版読んで、ついったーでの若木先生となつみん先生のやりとりの内容が分かった気がする笑。
・ひらかわ先生本誌にくるのかー。楽しみ。以前載った読みきりの連載化ですね。

100101_2037~01
あけましてめでとうございます!今年もどうぞよろしくおねがいします!
ちゃんとしたごあいさつはあとであらためて…
新年早々大学のレポートに追われているので、更新はしばしお待ちくださいー。
ネタはたくさんあるんですが…
[ 2010/01/02 10:24 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。