スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG136感想~桂馬の知略が冴えわたる!~

FLAG136「代理戦争」

よみましたっ
ぐぬぬ一週間遅れです…
とりあえず感想も簡易版ですスミマセン


わざわざハクアとノーラの姿をした人形に親分きどりのフィオーレかわいすぎる笑
位置の上下を気にしてるノーラさんも好きです修羅場でもどこかコメディなこの漫画が好きだ。

フィオーレさんのあだなセンス素敵すぎますね!!パイのみと鉛筆は生涯忘れることないでしょう…
この子は学校の生徒だった時もこんなこと考えていたんだろうか笑。
この一週間悪魔たちの学校生活妄想がとまりませんでした!
表向き控えめで大人しそうなフィオーレさんが脳内でクラスメートのあだな考えてて傑作を思いつくと1人ニヤニヤしてるとかなんという私得…!!

ピンチな状況に桂馬も帰ってきてますますグタグタ、フィオーレさんも調子にのっていろいろしゃべりまくるしで…なカオスな状況もすべて桂馬の計画どおり!だったわけで、ホントに神にーさまの冷静さと判断の的確さに少年漫画らしいカタルシスを感じますね!!ここまで「うっかり者」を演出できるってのはすごいよなぁ。
事情をしらなかったウルカヌスへの説明にもなっていて構成が美しすぎるいつものことながら!!

フィオーレさんが語ったところによるとヴィンテ―ジの目的はやはり旧地獄復活。
駆け魂隊の真の目的は女神拘束にある。(拘束の目的ははっきりせず)

新地獄の上層部は、女神に対して何か動いてる感じですね。駆け魂隊には上層部の思惑は伝わっていないと。
ウルカヌスとディアナの再会、かのん救出が終わったら新地獄旧地獄、そして二階堂先生や灯の思惑も見えてくるのかしら…。


フィオーレさんいいなぁ。
この子は真面目すぎるんだろうなぁ。「何が正しいか」をつきつめた結果を他人に理解されなくてヴィンテージにいったと。初期からずっと言われているけど新地獄と旧地獄どっちが正義か、なんてわからないものね…

さて今から今週のサンデー買ってきます。

☆巻末コメント
Q.学生の頃好きだった教科は何ですか?
A.落書きしてても許してくれる先生の教科が好きでした。


教えていて対処に困る生徒その1ですね笑>授業中遊んでいるように見えて成績は良い



スポンサーサイト

神のみぞ知るセカイFLAG135感想~「運命」の意味、ファンタジーと日常の境目~

FLAG135「Mission in complete」

よみましたっ
(いろいろあって更新遅れました…水曜日にはアップできるようにしたいんだけど…)
サンデー公式HPでは木曜日発売になっていましたが、うちでは水曜日に普通に買えました。
はやく平和にサンデーが読めるようになりますように…

今週の神のみ、いろいろ思うところがあるんですが、うまく言葉にできないんですよね。
漠然とした不安と期待が…。
そして私が不安したり期待したりするのは桂馬に関することがほとんどです…笑。


■ハクア達が突然の窮地に!
フィオーレの怪しい力によって、自分の形をした人形に拘束されるハクアとノーラ。
ノーラも言ってるけど自分に襲われるなんて精神的にまいりそうだなぁ…
「もうひとりの自分と対話する」というシーンは漫画やアニメなんかでよく見る(気がする)けど、これはそういう意図はないんだろうか。

と考えていたら、ノーラさんが
「私の羽衣で心を見たら何も映らなかった…何かへんな術かけられてんじゃない!?」
なるほど、フィオーレ自身が力を持っているというより、正統悪魔社の術にかけられている、ということなのか。
14ページのフィオーレも、急に我に帰ったように見えるし。

そうだとすると、ハクアやノーラの形をした人形も、他人を介して力を引き出す術の一種なのかもしれないなぁ。


☆桂馬にとっての「運命」
桂馬のパートに移って、最初のセリフ。
「ボクらが出会ったのは……運命なんだよ!!」
このセリフはもちろん月夜に向けられたものですが、月夜編のオープニングも「運命なんてないと思っていた」桂馬が運命の人よっきゅんと出会うシーンから始まります。

だからこそ今回の運命なんだよ!について考えてしまう…
いや、全くの偶然かもしれないんですがね!

「愛してる」とか「好きだ」じゃないんですよね。「運命なんだよ!!」
おそらく、これは桂馬の本心からの言葉なんじゃないかなと思います。
桂馬は月夜を救う運命にあるし、月夜は桂馬に救われる運命にある。

でも、今の時点では月夜の理解している「運命」(恋愛的なモノ)と桂馬が理解している 「運命」は別のものであるっていうのは明確で。それを桂馬は理解しているからこそ「運命」って言葉を使ったのかなと。

桂馬はある意味、目的のためには女の子を平気で騙す悪役的ポジションで、だけどその目的はあまりに少年誌的ヒーローなのです。その矛盾が面白いところであり、またもどかしいところでもある。

だから、GRGRさんが言っていたように、月夜と桂馬が(もちろん他の女神つきの女の子たちも同様に)「運命」の意味を共有できたときに新しい面白さが生まれるんじゃないかなぁと思います。

そして桂馬の「キスすればどんな状況でも解決する」「ボクには結局キスしかない」…うん、やっぱりウソは言ってないんだよなぁこの人は笑。

キスを迫る桂馬がマカロニほうれん荘とかパタリロとかの80年代ギャグぽくて神のみらしいなぁと和みます!!
…あ、マカロニは70年代後半か…

そんな桂馬の本気は
「ボクは死んだって……月夜を守るよ…!!」
に集約されている気がします。やっぱり、桂馬はウソは言ってないよ!!

ボコボコにされ失神した桂馬の前で、月夜はルナ(ウルカヌス)に「ルナの姉妹のこと話してみない?」と提案します。ルナは結構月夜に話をしているんだなぁ。月夜LOVEっぷりもうかがえるし笑。

月夜は、桂馬の「ボクを好きでいてくれ」に返事をするように、桂馬の頬にキスをします。
急に苦しみだした月夜の背中には羽が!!
柱の言葉のとおり、これは女神が復活した、ということなんでしょうね。

☆女神=翼が示すものは…
何より翼で思い出すのは三巻表紙の翼を背負った桂馬ですよね…。桂馬はやはり地獄/天界と何らかの関わりがあるんでしょうか。アルバトロス的設定を思い浮かべてしまうけど桂馬にはただの人間でいて欲しいです…

参考:神のみぞ知るセカイの単行本表紙がすごすぎる件
これ、翼の詳細が分かったら最新刊まで含めて考えてみたいですね。

女神復活→翼にはビックリしました。
神のみはラブコメである、という認識だったので女の子との恋愛パートで如何にもファンタジーなアイコンがでてくると…って、これは今更ですね。

それでも「人間の背中に翼」に抵抗があるのは、翼を背負った女の子という画が死ぬほど嫌い(うろ覚え)とフリートークページで言っていた某漫画家さんの影響かもしれません…好きな漫画家さんのフリートークに影響されやすいです笑。

何より翼で思い出すのは三巻表紙の翼を背負った桂馬ですよね…。桂馬はやはり地獄/天界と何らかの関わりがあるんでしょうか。

アルバトロス的設定を思い浮かべてしまうけど、私は桂馬にはただの人間でいて欲しいです…


☆桂馬の異質性と、人間性と、それを受け入れる読者たちと
しかし、神のみのキャラや世界観をみていると、一番異質な存在が桂馬であるのは間違いないんですよね。
桂馬がいなくなっても、おそらく他のキャラの日常はなりたつ。
むしろ、異質であるはずのエルシィやハクアが日常になじんでいる。

だけど神のみを通して読んでいると、桂馬は人間離れしているようにみえて、もともと桂木家の一員として日常を送っていたのが分かる。更にエルシィが来てからは、桂馬が今まで省みていなかった「学校生活」に引き込まれていっているのが分かる。やっぱり、桂馬は人間だよなぁと思ってしまうんです。

設定的に、もし桂馬が人間じゃかったら猿野天国(Mr.FULLSWING通称ミスフル)の大前提だとおもっていた設定が崩れた時くらいのショックを受ける気がする私…

んでも、桂馬が最終的に学校生活、そして桂木家の一員としての日常に戻れたらそれはそれで納得するんだろうな、今私がミスフルを受け入れてるみたいに…

というわけで、物語的には大きく動いているんですが、何かもやもやしたものが内にあります。
来週たのしみ1!


☆巻末コメント
Q.漫画家になる前となった後で、1番変わったことはなんですか?
A.収入源。

切実すぎて吹いたw

週刊少年サンデー15号感想後半

これ書いてるときについったーで地震があったことをしりました。
テレビをつけて唖然…どんどん町が水に飲み込まれていく…
リアルの知り合いの方も、ネットを通じて知り合った方も、東北の方が結構いらっしゃるのでとても心配。
ついったーとテレビを交互にみるしかできない香川県民です。
仕事から帰ってからも、怖くなるだけだとおもってテレビ切る→落ち着かなくてテレビつけるを繰り返しこんな時間(夜中三時)ですよ。明日新聞を読むのが怖い…
被災地のみなさま、どうかご無事で…!

感想もせっかく書いたのであげておきます。
ついったーみていると、打ち合わせ中に交通機関が麻痺したために小学館で待機している作家さん等もいるみたいですね。こんなときでも、あの作家さんはご実家が東北だよなぁ大丈夫かなぁ…という思考になってしまいます。

☆BE BLUES!
試合シーンめちゃくちゃかっこええええ!!
大きな夢をもって自分の成長に素直に喜ぶ龍ちゃんが好きだ。
でも…最終ページの優希のモノローグは「確信」を揺るがす出来事が起きるフラグとしか思えない涙
いったいどうなるんだろう。サンデーの双子=どちらかは死ぬフラグなんて連載当初から言われてるけどこれは龍ちゃんになにかが起きる感じだよね。

☆國崎出雲の事情
梅樹びいきの私にとって前回までの「曽根崎心中」シリーズはとてもおいしかった…!
今週も猫に誘惑される梅樹が非常にかわいかったので目の保養になりました、あはは。
今週は松樹もめだってたなぁ。一番出雲に対して控えめな彼ですが、出雲とかかわったことで一番ふりまわされてるのも彼だと思う…笑。狙いすぎだなんだ言われつつも、やっぱりコメディとキャラのわちゃわちゃが面白いしキャラがみんなかわいいので毎週楽しみにしてます。連載前の読みきり版の出雲(ヒーローらしくてかっこいい)が好きだったので連載の設定になったときはちょっと拍子抜けだったんだけどね。


☆史上最強の弟子ケンイチ
達人政治家って!!!データの件といいおいおいと思う展開が続いたんですがやっぱりバトルはかっこいいなぁ。
そんで逆鬼さんの登場ですよ!!来週の活躍がたのしみだああああ


☆ハヤテのごとく!
西沢さんの私服をハヤテが着るって発想が素敵すぎるよね…綾崎ハーマイオニーにはさほど反応しなかった私ですが…これは…やばいね…畑先生の尋常じゃない才能を感じるね…
そしてルカと女装ハヤテの再会。キャラのさりげない勘違いやすれ違い、偶然の出会いを演出するのは畑先生の十八番ですなぁ。


☆常住先陣!!ムシャブギョー
いまのところ超連載時と違いがあんまりないのであれですが、とりあえず無涯さんがデレる日を楽しみにしています。仁兵衛のまっすぐさは非常にすがすがしいね!!


☆はじめてのあく
修業編を2週でまとめた!はじあくはバトルは極力少なくラブコメメイン、短いシリーズまたは1週読みきりでって感じなんですね。我聞時みたいながっつりバトルと泣かせる展開も見てみたいんですけどねーーー
非日常でありつつも、いつものノリな一般人組がいとおしい。
サブロー、シズカ、そしてエーコさんの登場シーンの頼もしさは異常。


☆戦国八咫烏
戦争だから人が死ぬのは当然なんだけど、今までいい味だしてたキャラがなくなってしまうとつらいね…涙。
但中さんvs十字軍がめちゃくちゃあつかった!!頭脳戦も好きだけど、パワー馬鹿同士の戦いの暑苦しさ、体育会系のノリは読んでいてすがすがしいです。

新井先生が描くおっさんのかっこよさは異常その他(週刊少年サンデー15号感想前半)

サンデー読みましたっ
今週もアンケートの面白かった作品を選ぶのを迷いまくりました…(良い意味で
ウェブからも出せるのでみんなだしましょう!ぜひ!!
http://websunday.net/kensho/

今週は神のみが休載なので他漫画の感想を簡単に…

☆ARAGO
新井隆広先生が描くおっさんはなんでここまでカッコイイのか!!
いや、おっさんっていうには失礼な感じのお兄さんですがこの貫禄はおっさんって言いたくなります笑。
赤騎士に苦戦するアラゴたちの前に現れた大量の武器を駆使する男、オズウェル・ミラー。
先週と今週、二回ですっかりキャラが確立してしまいました!!すごい!!
赤騎士エロ祭りかと思いきや、こんな素敵なキャラクターをがっつり描いてくるとは…新井先生すごいです。
(んでも赤騎士再登場を期待してる!!)

えらそーな物言いと、キザな言い回し、特殊能力がないから頭脳と武器で戦う…!!
どうみても私の好きキャラですありがとうございます!!
目くらまししてユニコーンの角で戦うという、特殊能力がないながらも画面的に派手な戦い方をしているところが素敵です。最終ページの武器を前に自己紹介するコマもめちゃくちゃいいなぁ。
オズの表情とセリフを凝視しながら読み返してしまいました。

セスがかなりアルビオンという単語に反応しているのが気になります。何かあるのかなー
単行本5巻が18日に出ますね!楽しみ。

☆マギ
うわあああ!!扉絵の紅玉がめっちゃかわいいいい!!!
と思ってページめくるともう笑いがとまらないというw
大高先生のギャグセンスに脱帽です!

そしてそんなギャグの洪水の中にさりげなく八人将の薄暗い過去話を挿入する流れがすごい。
よどみがなさ過ぎて思わずすげー!と叫んでしまいました。
「それがどうだ、マスルールは剣奴をしていた頃の絶望とあきらめの目で俺を見ている。」
「ジャーファルなど…であった当初の暗殺者の目で俺を見やがる。」

のコマなんて笑えるのによくみるとかなり重い過去を背負っているんですよねぇ…

シンドバッドの回想の中で煌帝国の現状も説明されてるし。
アラゴもそうだけど、少ないページでキャラを設定説明っぽくならないように見せる技術ですね。

そして最高に面白いのは八人将が全員シンドバッドを疑っているところ笑。
現地妻多発wwwww自然現象みたいにいうなっ笑
「すごいおばあちゃんに手をだしそうになった」からのヤムライハの衝撃発言「実は私も一度手を出されかけたことが…」で爆笑してたらまさかのシャルルカンの反応にニヤニヤ。ヤムさんとシャルルカンがシンドリアでどんな関係を築いてきたのかきになりますーおんなじころにシンドリアに来たのかな。きょうだいとか幼なじみぽくすごして来た二人を妄想したりして…。

これは煌帝国の誰か(紅玉以外)が、紅玉とシンドバッドをくっつけさせようとしてる…と見ていいのかな。
反応みるかぎり最大有力候補は夏黄文だけど…笑。国としての策略はもちろん紅玉姫には好きになった人と一緒になってもらいたい、なんて思ってたら萌える!萌えるな!!

練白龍はまだわからないことだらけなんで気になります。ちょっと怖そうなお人だ…。


☆最期は?ストレート!!
最スト、個人的にはかなり好きな作品ですよーもっと知名度あがれ~
疲労困憊で打ち込まれてもなおマウンドに立とうとする睦月!!
自信がなくて無気力になってた子がこうなるって変化がいいよね。
今回面白かったのはキャッチャーの紀藤さんと美姫の戦い。ギャラリーのセリフと紀藤さんのモノローグで美姫がまんまと紀藤さんの術中にはまっていく様子が描写されてます。うまい!こういうところは河合先生思い出したり。
さわやかイケメンだけど何考えてるかわかんない感じ、寒川先生のキャラとしてはめずらしい気がする…。


☆ランウェイをプロデュース!!
あらいきよこせんせえええええ!!90年代のちゃお読者としてはかなりうれしいっ
読みやすく仕上げてるのはさすがベテランといった感じ。
なんですが個人的に大和のキャラがどうも好きになれないんですよね…
サンデー作品でたまに見られる大げさなキャラ付けによる主人公の典型って感じで…(「ビッグ」とかね)
雰囲気が不自然に明るい、ような気がするんだ。
(これは「アリスにおまかせ」「エンジェルリップ」あたりの、薄暗いものを含んでいる予感がするミステリ要素が強いあらい先生の作品が好きだったせいがあるかもしれない…)


☆ポケットモンスターReBURST
わあああ!!田村光久先生新連載まってましたああああ!!!
女の子がルッコラ(「イエロードラゴンがあらわれた!」)に似てると思いました。かわいいー
イエロードラゴンで培ったほのぼの冒険路線でいくと思いきやダークファンタジーになりそうな雰囲気。
コロコロというよりはボンボンですね!!
さすがにお話は面白いし読みやすい!今のところあまりポケモンて感じはしないですけどね。
ポケモン漫画はポケスペという名作があるからなぁ…これくらいおもいっきり違うほうがいいと思う。
そういえば今ポケスペの作画してる山本先生はかつてサンデーで風の伝承者やってたなぁ…


☆T・R・A・P
クラサンに移籍かぁ。んでもカインの謎を追いだした今の展開はとても面白いのでクラサン連載楽しみです。
いつわりびとも実はクラサン行ってからのほうが面白い気がするんだ…


後半につづく…

【ノ・ゾ・キ・ア・ナ】携帯コミックはエロだけじゃありせん!

☆もっとモバMAN読者が増えるといい!!という願いを込めて
ヤングサンデー→ビックコミックスピリッツでRAINBOWを連載していた柿崎正澄先生が2話連続の読みきりで少年サンデーに登場し、青年誌の作家さんがサンデーで描くという試みがつづくのかなぁと漠然と思っていたら…

まさかまさかの本名ワコウ先生の登場でした!!



ノゾミとキミオ


ノゾミとキミオ


本名ワコウ
(C)Wakoh Honna/Shogakukan 2011


ケータイ発のメガヒット作[ノ・ゾ・キ・ア・ナ]の作者が、少年サンデーにてシリーズ新連載!! 女子更衣室のロッカーに閉じ込められた高校生・キミオ。同級生・ノゾミに見つかり、タイヘンなことに…!!


posted with EmbedSunday on 2011-03-05






本名ワコウ先生は現在、モバMAN(小学館の男性向けケータイコミックサイト)で「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」を連載中です。携帯配信のオリジナルコミックにも関わらず、単行本も6巻発売時で40万部。もちろんダウンロードランキングも常にトップ。間違いなくモバMANの看板漫画ですね。


【ノ・ゾ・キ・ア・ナあらすじ】
一人暮らしのアパートで見つけた壁の穴。覗いてみたら隣の部屋に美女がいた。そのことを告げに行ったら彼女が言った。私と“覗き合い”しませんか…? 禁断と背徳のソリッド・シチュエーション恋物語!
ソク読みより引用)
一人暮らしのアパートで見つけた壁の穴。覗いてみたら隣の部屋に美女がいた。そのことを告げに行くと彼女が言った「私と覗き合いしませんか?」1日交替で相手を覗くことになった龍彦とえみるは禁断と背徳の日々を送ることになる。
wikipedia ノ・ゾ・キ・ア・ナより引用)


どんな展開でも、とにかく一話に一回はセックスシーン(又はそれに準じるモノ)が挿入される携帯コミックらしい作品なのですが、エロのクオリティが高いのは勿論(男性にとっての実用性はどうかわからないけど笑)キャラの心理描写(これが飛びぬけてる!)もストーリーもかなりしっかりしていて続きが読みたい!と思わせられる作品です。

アマゾンのレビューで「ToLOVEる」や、「いちご100%」と同系統、という風に書いていた方がいたのですが、確かに1巻は損な感じ。ですが現在の展開はそういうライトな感じはないですね。
個人的には北崎拓先生が現在スピリッツで連載している「このSを、見よ!」他のクピドの悪戯シリーズにちかいんじゃないかと思います。

しかしながらやはり携帯配信のコミック、毎週毎月雑誌を講読しているような漫画好きには知名度が低い…
ということで今回のサンデー登場はすごく嬉しかったんです!!

うれしかった…のですが。

どうも、本名先生(および「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」の)「エロ」の部分しかサンデー読者に伝わっていないなぁと感じるのです。目に付くネット上の感想は「女の子がエロくて可愛い」けど「青年誌でやれ」「エロ漫画雑誌でやれ」「同人誌でやれ」「毎週結局おんなじことやってる」etc…
でも、確かに…少年誌版の設定では本名先生の作品の魅力が半分も伝わってないんだ!それがもどかしい!!

私は声を大にしていいたい!!
本名先生の作品の魅力はエロだけじゃないぞと!!!

☆「ノゾキアナ」と「ノゾミとキミオ」の違い
サンデーに掲載された「ノゾミとキミオ」は、「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」を少年誌向けにライトにしたもの、という印象です。「隣人の生活をまるごと覗くことが出来る穴」は削除され、「女が男の弱みを握って覗き合いを強要する」という設定のみが残りました。主人公(龍彦→キミオ)はまんまですが、女の子(えみる→ノゾミ)は、かなりしたたかさや腹黒さが抜けて、小悪魔美少女って感じになっています。

普段はおとなしいノゾミが覗き合いでしかみせない表情や姿、ラストページで主人公に向けられたとびっきりの笑顔。キミオはノゾミに振り回されっぱなしで、ノゾミの本心は見えない。だけどどうしようもなくノゾミに惹かれていく…。とても丁寧に、わかりやすく描いていてさすが本名先生!!でした。

だけど何かものたりない。
「穴」がなくなった、というのも一つの大きな要因でしょうが、何より足りないのは「主人公の恋人」でしょう。

「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」では、主人公龍彦に恋人がいるのです。
だから龍彦は「覗き合い」を強要するえみるを自分の幸せを脅かす憎い存在と認識している。
同時に「覗き合い」などという奇妙な遊びを提案するえみるに「何を考えているか分からない」という怖さも感じている。
…なのに、龍彦は「覗き合い」を受け入れ、えみると秘密を共有していくなかで、少しずつえみるに惹かれていくんです。
そしてえみるは「龍彦と繋がるには覗き合いという手段しかない」という不器用な愛し方しかできない。


☆女の涙をみせない素晴らしさ
最新話(69話)では、そんな龍彦とえみるの苦しみ、罪悪感が痛いほど伝わってきました。
登場人物三人のセリフも秀逸なのですが、なんといっても「絵」で心の動きを描いているところが素晴らしいです!!69話は間違いなく神回!!
追記部分にネタバレ込みで本名先生の演出の素晴らしさを語ってみたので気になる人は読んでみてください。

☆その他モバMANオススメ漫画
「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」以外にも、モバMAN連載で素敵な作品はたくさんあるのです!!
意外と良作多いんですよ!!「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」が看板ですが、かつて少年サンデーで連載されていた殺し屋で教師なジーザスが主人公のハードボイルド学園モノ「JESUS」の続編、「JESUS 砂塵航路」は大変萌える…じゃなかった燃える作品でもっと売れていいと思ってます!!

ジーザスがカッコいいのはもちろん、今作では女子高生がたくさんでてきます!


新連載の「ヒメゴト~十九歳の制服~」の心理描写と人間模様は毎回すごい。ぜひ女性にも読んでほしい作品です。19歳の2人の女と1人の男が主な登場人物。いつも男扱いされているけれど自分の女の部分を感じている由樹。友達の前ではおっとりしたお嬢様を装っているけど実は自分の少女性に異常にこだわるあまり「高校生」として制服をきて売春をしている未果子。女子にモテモテで彼女もいるけど隠れて女装している佳人。この三人の複雑な関係と秘密がみどころです。未果子や由樹の感情、女性は多いに共感できるんじゃないかと思います。4月に単行本でるんでぜひ読んでー!
ヒメゴト~十九歳の制服~ 1 (ビッグ コミックス)


下ネタコメディ好きなら十神真先生の「桃色兵姫スピン」も見逃せません。
とにかく女の子が可愛い!おっぱいが絶品!!主人公の勝も可愛い!!!!(男だけど笑)
お約束展開も多いのですが小ネタやギャグ、テンポが非常に気持ちいいです。
出てくる女の子ほとんどが勝にベタ惚れでエロい攻撃をしかけるんですが笑、勝の本命である幼馴染のマッドサイエンティスト陽世だけは露骨にエッチを迫ったりはしないツンデレ。
幼馴染でナチュラルにツンデレ!!はいきたよ私の好きな女の子パターンだよー!!
2巻の表紙は陽世が全面にでてて私歓喜でした!!!
spin.jpg
右のスタンガン持ってる子が陽世。左のピンクの子がロボットのスピンちゃんです。
桃色兵姫スピン 1 (ビッグコミックス)


「ノ・ゾ・キ・ア・ナ」ほどではないですが、口コミで単行本が売れている作品もあります。
ホラー漫画の「女囚霊」です。


以前アルファルファモザイクで記事になっていましたね。
【自己責任】携帯漫画だが凄いホラー漫画を見つけてしまったかもしれない
↑コレ読んだらきっと読みたくなると思う!!

女子刑務所を舞台に、呪い、新興宗教、催眠術等々が絡んでくる話です。
話もですが絵もとにかく怖い…!
連載時は最新話を読むのに覚悟がいり、読んだ後は怖すぎて夜寝れないほどでした…。
ホラーなのですが、推理モノのようにしっかり伏線を張っていて読み応えがあります。
1冊で完結ですし、怖さ&完成度は折り紙つきなので興味ある方はぜひ!!

作者の加藤山羊先生の手による「女囚霊」特設サイトもあります。→女囚霊特設サイト

この特設サイトで公開されている「山童」という読み切りがまた怖い…怖すぎる…!!
無料で読めるのでぜひ読んでみてください。


…とまぁ、携帯コミックも安易なエロ漫画だけじゃないんですよ!!面白い独特の作品もたくさんあります!!
今回紹介し切れなった作品もあるのでまた感想等書きたいです。

「マギ」で可愛いのはモルジアナだけじゃないよ!!(週刊少年サンデー14号感想)

サンデー13号読みましたっ
やぁ…表紙の破壊力がすごいね。

そのおっぱいにさわりたいです…
AKBレターセットは正直興味ないけどこじはるグラビアはすごくよかった!!
久々にまじまじとグラビアみてしまった…ホントにお姉ちゃんって感じがいいよね。

巻頭カラーは神のみ!!二期キャスト&放送地域発表!!
本編の感想はこちら→神のみぞ知るセカイFLAG134感想~ノーラさんがカッコいい件~

今週の神のみは、いろんな女の子盛りだくさんでした。とくにフィオーレの裸とか緊縛とか、若木先生にしてはかなり珍しいサービスシーンな気がする!!

しかししかし、他作品の女の子だってすごいよ今週も…

特にマギは素晴らしかったですね。

紅玉メインなんて私得すぎる!!

それぞれの修行に打ち込むアリババとアラジン。それぞれの課題が見えてきたところに煌帝国の皇子、練白龍がやってきます。バルバッド復興を目指すアリババ達と、バルバッドを支配下に置いた煌帝国の皇子。この緊張関係も非常に気になるのですが…

彼の後ろには練紅玉姫がっ!!!

最近、モルジアナの可愛さに話題集中してる感がありますが、紅玉もかわいいいんだよおおお!!!
本当に表情豊かな姫様、そして純情な姫様である。初登場の時のおばさん悪役顔がウソのようだ…笑。
magi8310.jpg
※17歳のお姫様です。

ジュダルちゃん傷つけられて大暴れしていた紅玉ですがシンドバッドに手を握られた途端これだよ!!
magi835.jpg
※やっぱり17歳でした。

そんな恋する17歳がまたこんな状態に…。
magi839.jpg
先週の紅玉をみて、紅玉が勘違いして暴走してるのかなーと思ってたんですけど…さすが七海の女ったらしです(違う

シンドバッド様、煌帝国滞在中にどうやらまた酒によってやらかしたみたいで…笑
大高先生のBSによると何が起きてもできるだけ「彼」の無実を信じてお読みくださいね!(vol.80)とのことなので、そこは信じて読みましょう、うん。
にしても紅玉のベッドに裸でもぐりこむとかひどすぎるだろw手まで置いちゃってるし!!

シンドバッドは酔って道端で眠っていたところ盗賊に身ぐるみはがされ「すっぱだかに葉っぱ一枚」という変態としかいいようのない格好で初登場でしたからね。そうか失態も彼らしい…のかもしれない笑。

紅玉の付き人、夏黄文もわざわざ「受け入れ難くとも見浅間、真実としてお受け取りくださいね…」なんて発言してシンドバッドの退路を断っているのが強力すぎます!!

紅玉の可愛さに心うたれた今週ですが、一番印象に残ったのは最後のジャーファルの表情でしょう。
magi831-1.jpg
この表情を描けるのは大高先生しかいないです…
夏黄文もジャーファルも、自由奔放な主人を持つと苦労するね…!!

ベタですけど白龍の顔の傷も気になりますよね。アラジンが白龍をみて白瑛のこと思い出しているのは再登場フラグかしら。ジュダルちゃんの再登場も期待したいところ!!もう一度ジュダルが紅玉を「ババア」呼ばわりしているの見たい!!のです!!

今週みたいなコメディ展開はもちろん、鬱展開も、少年誌らしいバトル展開も、冒険ファンタジーのわくわくも、全部つまっているのが「マギ」なのです。特に今週の紅玉に心打たれた人にはぜひ6巻読んでほしいなぁ…

紅玉のすばらしいツンデレが堪能できます。
6巻おまけまんがの紅玉可愛すぎる…!!

神のみぞ知るセカイFLAG134感想~ノーラさんがカッコいい件~

FLAG133「Strike Witches」
☆読者アンケートだしましょー!
https://ml.webshogakukan.com/sunday/enquete/kensho14.html

よみましたっ
巻頭カラーです!!2期キャストも発表です!!
表紙じゃなかったのは残念ですが、こじはるさんのグラビアにぐっときたのでよしとします(何様

扉だけですけど久々にエルシィみれて嬉しいですー!はやくエルシィとかのんちゃん、アポロが復帰しますように!!

単行本累計300万部!!単行本12巻4月18日ごろ発売ってキャプションがついてます。
単行本の発売日がのびたのは、とうやら12巻も特装版がでるからっぽいですね。
DVD、カレンダーときて今度はなんだろう…

アニメの放送地域も発表。わがテレビせとうちも放送地域に含まれていてホッとしましたってええええええ!!!
テレビ東京から2日遅れだと…orz
わかってます…1期がテレ東と同時放送だったのが奇跡なんだよ…

ともあれ4月11日が楽しみです!!私が見れるのは13日だけどな!!

今週の話。
フィオーレさんまさかのお色気担当ですか…!!
エロいバトルシーンが神のみで見れるなんて思わなかった…笑
もうフィなんとかさんなんて呼ばせない!!

ノーラさんに拘束されるシーンはアルバトロスのピジョンの攻撃を思い出したり。
flag1333.jpg

以外におっぱいあるフィオーレさんの裸体以外にもみどころたくさんありますぜー。

まずはハクアとフィオーレのやりとり。
傍から見たら同じ優等生な二人の違いがはっきりわかりました。

疑いを晴らしたいといって拘留瓶の中で裸になるフィオーレを見て、ハクアは瓶から解放します。
flag1332g.jpg
「こんな取り調べみたいなの…正しくない!!桂木はやりすぎ!!離せばいいだけのことよ…」
(週刊少年サンデー13号 FLAG13310ページより)
正義のハクアらしい選択。

フィオーレも彼女なりの正義=旧地獄の復活を持っているはずですが、今回はハクアへの憎悪が勝っている印象。

「よくも…私を閉じ込めてくれたわね!」
「あんたに情けをかけられるなんて、死んでもお断りなのよ!!」
「私は…あんたの1位は認めてないわよ!」
(同11ページ)
ハクアのエルシィに対する嫉妬に似てるところがある気がするなぁ…

ハクアのピンチに「全部解決したら教えて!」と都合の良いこといってw出て行ったノーラさんが登場ですよ!!
flag1334.jpg
一番シビアで現実的なのはノーラさんかもなぁ。ハクアのバカ正直優等生っぷりも見越してるノーラさんカッコいいです!!…あれ、亮くんは…?

ノーラが読みとろうとしたフィオーレの頭の中は真っ黒。
これはヴィンテージ側でなんらかの操作をしているのかしら…

ノーラとハクアを拘束した謎の技術も気になります。

一方桂馬は
flag1336.jpg
うおおおおおい!!なんだこれは!!!!
初期は「ボクに触るな」だった桂馬がっ!!!
自ら女の子に抱きついておる!!
桂馬も変わったなぁ、というか、これは桂馬の再攻略、そしてかのんを救うための「本気」なんでしょうね。
だからこそ、全てが分かったあと月夜がどんな反応するか…気になる。

でも、それでも。恋せざるをえないだろうこれは!!!

こういうロマンチックな雰囲気の時でもルナ(ウルヌカス)がいるからちょっと和む笑。
flag1335.jpg

次週休載。
こんな状態で二週もまつなんてええええええ耐えられない!!!


☆巻末コメント
Q.これまでで、心を奪われた風景は何かありますか?
A.日々の夕焼け。

サンデー超3月号感想~なにわ小吉先生とサンデー期待の新人田島七枝先生が新連載!!~

サンデー超3月号読みましたっ

読みきり作品や連載作品にぶつけられた作家さんの熱い気持ちにwktkしっぱなしです。
これからのサンデー盛り上がるといいなぁ…!!

今月は新連載が2本、読みきりが4本。
読みきり時代からずっと読んでいる作家さんが連載!!となるととても嬉しい。

クラブサンデー開始、そしてサンデー超が隔月刊から月刊に戻って以来、新人作家さんの連載枠が増えました。隔月刊時代より読みきりも連載もクオリティがあがっている気がします…気がする、じゃなくて実際今のほうが読んでいて面白いです!!

サンデーは新人つぶしだ、老害ばかりだ、なんてネットの一部では言われていますが…いつの話ですか笑。
サンデー本誌、ゲッサン、超、クラサンと追いかけている身としてはあまりピンとこなかったりします。

話がそれました。
新連載の話です。
魔法のいろは!」「タッコク!!!」と、サンデー本誌で連載経験があるお二人の連載が終わり(どちらも本誌で連載したって遜色なかったであろう名作です!!!)、今月から田島七枝先生となにわ小吉先生の連載がスタートしました。

☆田島七枝先生「Instinct」
田島七枝先生について少し。
サンデーまんがカレッジ2007年7月期入選「ストレンヂ・ブラザーズ」でデビュー。
この時17歳ですから、えーと、今21歳ですか!!!で、多分女性。すごいなぁ…
賞を受賞して学校やめて本気で連載とりに行った大高忍先生(マギ)や石井あゆみ先生(信長協奏曲)を彷彿とさせますね。女性の少年漫画家さんって行動力がある人が多くて憧れます。

2010年に入ってからいくつかサンデー超、クラブサンデーに読みきり作品を発表しています。
絵がワンピースの尾田先生に似すぎ、サンデーのワンピースとか言われて散々ネタにされていましたが、個人的には作風&絵柄でうえきの法則の時の福地先生に似てるなと思いました。

クラブサンデー新人王決定戦第2回で読みきり「kid」が2位。新人王決定戦は1位になった人が連載権を取れるというのが売りだったんですが…1位の梧桐先生の作品は(ry

新連載の「instinct」ではしっかりご自身の絵柄っていうのが出てきているんじゃないかなぁと思います。
私が最初に読んだ田島先生の作品「ジェントルマンが通る」と比べると絵も演出もめちゃくちゃ上達してる…!!

田島先生の作風の注目すべきところは絵柄のパクリ云々ではなくって、暗い重いダークな設定を前向きに情熱的に描ききるところ!!まさに少年漫画!!こういうとこは藤田先生の系列だよなーともおもったり。

新連載もマフィアの抗争劇が舞台。さらに人間に迫害を受けてきた動物人間(動物に変身できる一族)という設定を加えてバトルをより盛り上げています。主人公ギルバードと他の狼人間の違い、信念の強さ、飄々としたかっこよさも気持ちいい。

個人的にはギルバードの兄カルロスのキャラが気になりますねー!弟をできそこないって言う嫌味なだけのキャラかと思ったら…ラストの演出が素敵です。


☆なにわ小吉先生「はるまげ」
なにわ小吉先生は「王様はロバ」をジャンプでギャグ連載していた凄い人(という個人的な認識
何気にジャンプ→サンデーも多いのかな。鈴木央先生とか中山敦支先生とか。

王様はロバ終了後はいろんな雑誌に読みきりを載せていたみたいですが今回は久々に連載。
原始時代モノのギャグ…なんですけど、もうタイトルからしてシュールなにおいが笑。
もち石とか木の枝切っていくやつとか、ヘンな動きが見えるギャグが好きです…!
うるさくないギャグ、好きなんだ…


☆すごい話だなぁ…
東毅先生の超弩級少女4946。ミコトが登場してからどんどん深いところまで世界を掘り進んでいる感じ。
ミコトは世界を全部見渡すことができる作者的ポジションだもんなぁ。
「あと2話くらいで」っていうセリフはかなり意図的に使ってそう。
マコトやまなが、メタな存在に振り回されるだけ振り回されて苦しんでっていうのは見たくないなぁと思っていたので、二人が強く立ち向かっていってる姿は嬉しい。


☆今日本で一番熱い鮭漫画!!
先週MAGネットにちょろっと出演してましたね菅野先生!!菅野孝典先生の鮭漫画「CRIMSONS」です。
菅野先生の初連載は、てっきりギャグかと思ってたんですが!!…えーと、なんていって言いかわからない独自のジャンルに笑。でも動物を愛する菅野先生にしか描けない作品でしょうし、漫画としても非常におもしろい作品になっていると思います!別記事つくって押したいところ。
ミジンコの哲学的な語り、鮭の仲間たちが困難に立ち向かう姿、教授と生徒のラブコメ?と薀蓄…
どれも楽しいです!!今月号はクリスが異常にかわいかった…笑


☆小学ににゃんせいは微妙にダークなネタが入ってるのが好きだ…
今回のににゃんせいは最高に好きですw
水さしたがりのアンちゃんと天然全開でひどいことさらっというたまみちゃんが面白すぎる!!
「自分の家はゴミ屋敷なのに?」
「タバコの吸殻見つけたら先生用に持って帰って来てあげるね!」
「今日は1人で教室の掃除してみるといいよ。」
とか…今回たまみちゃん絶好調だなぁ笑。
アンちゃんの逆生まれたて(by鈴木信也先生)ネタも好きだわ…!!

適度な毒がありますよね、萬屋先生のギャグは。
この前偶然、別コロに載っていた萬屋先生のイナイレギャグ漫画を偶然読んだんですが、結構辛らつなこと言ってて吹きましたw
そーかコロコロでもお行儀よくする必要はないよね…!!
(だから鈴木信也先生もコロコロではっちゃけたギャグやればいいと思うんだ…もしくは90年代ボンボン並みのコアでダークな作品を…)

☆追い詰められていく描写がこええええ!!
麻生先生の今際の国のアリス。絶望に全方向囲まれてるウウ!!
ハイクロの時みたいなマスコットキャラもねえんですよ!!麻生先生のダークな面が全面にでとりますよ。
アリスのほっとした描写から絶望につきおとす演出が凄い。映画みたい。


☆まとめにはいってるのかなぁ
阿鬼羅。ヤンガン増刊でも漫画描いてるし、こっちはもうまとめに入るのかなぁ…
いろんな場所で話が展開してるから、ちょっと状況が分かりにくい、かも。
レイさん…!どうなっちゃうのおおお涙!!

☆アプセット15
こういう熱い展開読むと、やっぱり少年誌好きだ!!って思いますね!!
誠の不屈の闘志!!絶望的な高さの壁に知略と技術と努力の裏づけをもって挑む素晴らしさ!!
無鉄砲に敵に向かっていくんじゃなくて、ちゃんと裏づけがある。こういうのが好きです。
曽根工業もこれくらいじゃ折れないでしょうから、次回の反撃がどうなるか楽しみです。

☆困難につぐ困難
G。自分が不利な状況にさらに不利な条件が重なるピンチ。こちらも王道だなぁ。
普通のルールではない、特殊ルールだからこそ映える面白さはミスフルの入部試験を思い出したんだぜ…
特殊ルールがないレースではどういう風に面白さを演出するか気になります。
チコはどんどん可愛くなりそうな予感。

☆ハートレスボーイ はぁと
おたみ先生の読みきり。無駄に野球部員って呼びまくるのが好き。
さすがにお母さん3連続はくどいかもなぁ…

☆ロマの過去が!!
代償となる悲劇…だいたいは予想つくけどそれでも…涙。
最終回ではロマの目的や過去がはっきり明かされるんでしょうか。

☆おいしいラブコメどんぶりいっぱいいただきたい
サムライハイスクール。なにこのラブコメおいしい!!!
登場するたびに上山坊ちゃんがどんどんいいヤツになっていく!!
双子が入れ替わってるって気づいて今までの出来事回想して赤面する坊ちゃんかわいい!!
そこから必死で月子守ろうとする坊ちゃんカッコイイ!!
あーでも、もう最終回なのね涙。
もうちょっとこの二人、見ていたかったなぁ…

☆なるはやで連載をたのむうううう!!
「スパイス。」西川彰先生。
いろいろとうまいなああああ!!星野くんがだんだんと本気で映画に取り組むようになる過程がみたいです…! 読みきりとしてもいいんだけど、これ連載一話でも通用するよ!!

☆そうかこの物語は…!!とラストで衝撃を受けます。
「音和田セッション」黒田高祥先生。サックス漫画です。ラストページの演出が神がかっとる…!!読みきり作品として完結しているのにも関わらず、もう一度1ページ目から読み返したくなります!!

ところで眼鏡のコントラバスさんはどこに行けば会えますか!!好みすぎるんですが!!

☆佐倉準先生の安定感よ!!
個人的イチオシ佐倉先生の「&スマイリー」。今回はピアノ&バンドものですね。
佐倉先生独特のコメディの雰囲気好きなんです。人と人とのつながりを描くのもすごくうまい!(デビュー作が大好きです)
おおばやしみゆき先生の古い読みきり「ささやいてエチュード」を思い出しました。
今回、ちょっとごちゃっとしてるなと感じたのは、コメディとシリアスとの中間だったからかなぁ
それともクラシック音楽とバンドの違いがいまいちわからなかったのか
うーん

荒川弘先生が週刊少年サンデーに来ると聞いてその他いろいろ

☆もういのししは少年サンデーを応援しています
マンガのおかげでしたのけやきさんがサンデー愛あふれる記事を書いていて感動したので、私も私なりにサンデーへの愛をブログでつづっていこう、と決意しました…。最近ブログ更新してない自分に反省。

そんなけやきさんの記事ふたつ。
本当に少年サンデーはオワコンなのか
コメント欄も含めて面白い記事!
荒川弘先生がサンデーに来てどうなるのか
今のサンデー面白いよ!!サンデー生え抜き新人作家さんの連載が面白いのが素晴らしいよ!!

☆スクエニと小学館
以前、サンデーの読者アンケートでサンデーで連載して欲しい作家さんを書く欄がありまして、ツイッターのサンデークラスタの中では「クラサンにも載ったし昔からサンデー作家と交流深いし荒川先生きたらサンデー盛り上がるよね」という話をしていたのですが…ホントにきたーーー!!!
…思ってませんよ、市川さんと仲いい感じだったしゲッサンに来たら良かったのになんて…

http://websunday.net/sugoi/sugoi.html

ええ、知ってますよ…最近サンデーの部数がオチまくってやばいやばい言われてるのは…

かつて暇さえあれば2ch週刊少年漫画板に通っていた2ch中毒の私ですら「サンデー終わったな」という書き込みを見たくなくてツイッターに逃避してますよ!!

でも、ですよ!!!!個人的に2008年以降のサンデーはどんどん面白さ回復していると思うのです!!
サンデー超が再び月刊になり、クラブサンデーも連載読みきりともに充実し、本誌はスミからスミまで楽しめる。90年代からサンデーを読んでいますが、今までで一番水曜日を楽しみにしている自分がいます。

重度のサンデー(というか小学館)信者な私でも2005年~2007年あたりのサンデーはあまり面白いと感じられず、購読をストップしていました。あからさまにコロコロっぽい路線へ行こうとしてましたしね…。私と同じ頃にサンデーを離れた方には是非もう一度サンデーを手に取っていただきたい!!

そのきっかけにも、荒川先生サンデー連載ってのはいいんじゃないかと思います。
でも、ガンガンを応援している方にとっては複雑な気持ちでしょうね…




荒川先生、古くはモリタイシ先生の「いでじゅう!」巻末おまけ漫画に寄稿したり、GXで読みきり描いたりともともと小学館と親交が深い方なので「あからさまな引き抜き」って感じはしない、というのがサンデー信者側です…スミマセン…。
大高先生もガンガン→サンデー。大高先生をデビューさせた編集さん(石橋さん)がサンデーへ移籍して、もともと週刊少年誌志望だった大高先生がサンデーに誘われたみたいです。

(石橋さんはマギとともに担当している神のみもヒットさせているし、他の担当新人作家さんも面白い方が多くて個人的にはとても楽しみにしています。)

逆にサンデー→ガンガンってパターンもありますしね。くずしろ先生とか大塚志郎先生とか。久米田先生も改蔵外伝をヤンガンでやったし。スクエニと小学館、双方交流が進んでよい漫画がたくさん読めるようになると…いいなぁ…

荒川先生の影に隠れてますが、田村先生の連載復帰(個人的にはイエロードラゴンの続きを読みたかったのだけど涙)とまさかのあらいきよこ先生!!のサンデー登場にびっくりです。

小学生時代はサンデー信者とちゃお信者をかねていたので、あらい先生のマンガをサンデーで読めるのは楽しみです。エンジェルリップもアリスにおまかせも大好きでした!!ファッション雑誌に興味をもったのはエンジェルリップがきっかけでした。今思えば、近年少女誌に溢れている「おしゃれ」モノ漫画の先駆者だったんじゃないかな、エンジェルリップは。

☆サンデーサポーターショップでもらえる3Dカード
全国にあるサンデーサポーターショップにて、対象商品の単行本を買うと一枚3Dカードがもらえます。
対象商品は書店ごとに違いますね。うちの地元のTUTAYAではゲッサンのコミックスの既刊ほとんどが対象になっていたり。

公式のリストに載っていない書店でもやっているようで、昨日たまたま寄った小さい書店でもキャンペーンやっててびっくりしました。しかもKING GOLF全巻対象になってる!!マギと出雲も!!すげー!!
ということでKING GOLFの単行本大人買いしちゃいました。
小学館の思うツボです…笑
気になるサンデー作品の単行本があるかたはキャンペーンに乗じて買ってみるのもいいと思います!

キャンペーンで買った単行本…13冊
110301_1729~01
内訳…ハヤテ(通常)5枚 ハヤテ(シークレット)4枚 出雲2枚 コナン1枚 神のみ1枚
結局結界師なかったようわああん!!
3冊買ったら全部ハヤテシークレットだったときはどうしようかと思った…

神のみぞ知るセカイFLAG133感想~女神、ウルヌカス登場!~

一週遅れですね…
FLAG133「Canon doll」

よみましたっ
ウルヌカス、かなり派手な登場ですね。
アポロの警告とはなんだったのか…
と思ったけど、月夜を想うあまり危険を冒して桂馬に接触したのかな、ウルヌカスは。
もしくは、「目も弱い、耳も遠い、歩けない」なのでアポロの警告自体に気付いていない可能性もあるのう。

月夜、ルナ(ウルヌカス)、桂馬、ハクア、ノーラ、さらに二階堂先生も絡んできて、月夜再攻略も盛り上がってきましたね。もちろん、かのんの状態も木になるわけですが…

■桂馬の家のかのんの身に起きた異変。一体なにが…!?
かのんの抵抗力が落ちて大変なことに!
「この娘の生死は…新地獄の運命を決める…!!」
かのんが死んでディアナが消滅してしまったらヴィンテージの目的「旧地獄復活」に一歩近づいてしまうわけで…。新地獄としては女神を復活させて勢力を盛り返したいところ。

図書館では桂馬がルナの本棚攻めにあっています。
正義と精緻を愛する女神、ウルヌカスはルナに入っているのではなく、「モノに魂を吹き込める」らしいです。だから頭の上のわっかがなかったんですね。月夜LOVEなこの状況はまさにルナに魂が宿った上体といえるでしょう。

余談ですが正義と精緻を愛する女神~でマギの厳格と礼節の精霊アモンや悲哀と隔絶の精霊ヴィネアを思い出しましたー神のみもファンタジーの一種だな。

ウルヌカスは自分の正体を自ら明かしますが、彼女は桂馬を(不貞不潔の危ない)一般人と思っているようで。桂馬の目的は月夜を再攻略して、愛の力で女神ウルヌカスを復活させることですからまだ一般人を演じないといけない。

これだけすごい攻撃できるんなら、力もかなり回復してるんじゃないかと思ってたんですが、ウルヌカスはあくまでルナに魂を吹き込んだだけで、このルナの力がものすごく強いのはルナ⇔月夜の愛ゆえ、と思ったりします。ウルヌカスが完全に復活したらどんだけ強いんでしょう。

今のかのんのやばい状況とあわせて、やはりディアナとウルヌカスの二人の女神でまずはかのんアポロを回復させるのかなと…。

栞からもらった手紙をめぐるやりとりは楽しいですねw
投げ捨てると見せかけて別のものを投げる。
桂馬やるな笑。そして律儀に反応するルナかわいい。

「図書館はちゃんと片づけろよーーー!!本は大切にしろーー!!」
このセリフもウルヌカスの生真面目っぷりを意識してでしょうか。
桂馬かしこいなホントに!土壇場での機転がすばらしいよ。

ルナに攻撃されないように月夜のもとへ行くため桂馬がとった行動は、偶然校内にいた二階堂先生を頼ること。長瀬先生攻略改で使った例の媚売りモードが再び発動w
無関係な人間には手を出せないのでルナは桂馬を攻撃できない…。まだ誰も二階堂先生が地獄と関わってることは知らないんだよなぁ。

二階堂先生とともに天文部まできた桂馬は月夜の姿がないのを確認して急いで屋上へ。
すっかり媚売りモードもOFFってます…笑 怪しすぎるよ桂馬!!

二階堂先生も女神に関しては独自に情報収集してそうだなぁ。
月夜再攻略には絡んでくるんでしょうか。

屋上にはウルヌカスの本体が。

屋上でもマフラーで首吊りさせられたり散々な桂馬ですが、なんとか月夜自身と話す機会が。

月夜は桂馬との出来事を全部覚えているわけで…
しかもウルヌカスを通して他の女の子に桂馬が手を出しまくってることも知っているわけで…
あれだけドラマチックな恋愛しておいて、今は見向きもされてないって辛すぎるだろ…!!

「あなたなんて知らない、大キライ!!」
が胸に痛いよ…
でもこのシーンの月夜めっちゃかわいいです。
ルナをぎゅっと抱きかかえてる感じがっ

桂馬は今後どうきりぬけるんでしょうか。
再攻略が成功しても、実は女神復活のためでしたっていうネタばらしが来たとき、また双方にダメージが及ぶよね。そう考えるとつらいな…でも桂馬なら!桂馬ならなんとかしてくれるはずだ!!

■最悪の3股男に…逆転の目はあるか!?
実際には3股どころじゃないですけどねっ

☆巻末コメント
Q.最近「ラッキー」と思った体験を教えてください。
A.録画予約忘れたと思ってためちゃイケが録れてた。レコーダー偉い。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。