【ミスフル10周年記念②】野球ギャグ漫画をあえてメタフィクションぽく読んでみる

ついったーの某祭りにリアルタイムで参加できない悔しさで徒然なるままにかいたので、矛盾点や分かりにくい部分たくさんあると思います、スミマセン。
※ミスフルことMr.FULLSWINGの第1話~最終話までのネタバレを多大に含んでいます。
※物語論に見せかけて、私がミスフルにキャラ萌え(特に犬飼)しまくったあげくの妄想。
※ですが、これは2006年当時散々語りつくされたことかもしれませんね…どうなんだろう。









10周年だし全巻レビューでもやるぜー!と意気込んでいたのはいいものの、1話につき3000字という膨大な量の意味不明感想メモが飛び出すため収拾がつかなくなりそう…と恐怖しています…いやなんとか形にしてみせる!!

なのでとりあえず、連載中にミスフルを読んでいて(悪い意味で)ショックを受けた設定やストーリー展開に対して、自分の中で折り合いをつけようと、無い頭をこねくり回して考えた結果、自分が思い込んでいた設定を一か所書き変えるだけで、すべて納得がいくことに気付きました。

つまり、連載当時は「あんな理不尽な展開になったのはオトナの事情のせい」と、ストーリーを決定する「ミスフルの神様」を制作者側に置いていたのですが、ストーリーを決定する「ミスフルの神様」を「大神照」というミスフルの世界に実在する(した)人物に置き換えることで、ミスフルという物語を捉えなおすことができるのではないかと!!思ったのです!!
(タイトルのメタフィクションぽくっていうのはこういうことです。)


☆あまりにも理不尽な展開と、明かされた主人公の出生
連載当時、だんだんと掲載位置が低位安定してきたミスフルを打ち切りの恐怖におびえながら読んでいた頃。
鳥居凪の兄、鳥居剣菱が率いるセブンブリッジ学院に勝ち、そして宿敵華武高校と熱い戦いを繰り広げるのだろうと微塵も疑っていなかった頃。

我らが十二支高校は、県大会のさなかにセブンブリッジ学院に、あまりにもあっさり負けてしまいました。
さらに十二支に買ったセブンブリッジも、主将剣菱は野球選手としての生命を断たれ、監督まで死亡(以前の鈴木信也先生のブログより)。チームの支えを失ったセブンブリッジは華武に負け、結局甲子園への切符は絶対王者のもとへ。

あれだけ楽しみにしていた華武との再戦が見れなかったショック、以前十二支が練習試合で華武に負けた時と違い、セブンブリッジの勝利も十二支の敗北も何の意味もなかったというショック。これは当時の読者のほとんどが味わったものじゃないでしょうか。

そして始まった県選抜戦。トンデモな展開だなぁと思いつつも、新たに登場した白雪静山監督や、違う高校のキャラ同士のやりとり、犬飼辰羅川御柳の関係を読むのを楽しみにしていました。

しかし、ここで私が一番ショックを受けた設定が唐突に明かされました。
「猿野天国は、日本の球界への復讐に燃える元メジャーリーガー雉子村九泉の実の息子であり、大阪選抜のエースピッチャー雉子村黄泉の実の弟である」
あまりにも唐突な登場だったため、この設定を後付けと考える向きも少なくありませんが、連載当初から天国の家庭環境は伏せられていてなにかしら事情があることをにおわせていたので、元々あった設定ではあるんでしょう。

あまりの急展開に「ド素人パワーバカが、好きな子のために野球にのめりこんでいく話」という、私が信じて疑わなかったミスフルの一番の経糸が一気に崩壊した気がして、ちょっと立ち直れないくらい(そりゃもうトラウマ級に)落ち込みました。

以上が、私が(悪い意味で)ショックを受けたストーリーや設定でした。
長いですねスミマセン。


☆読者が見ている「ミスフル」のストーリーより、一段上にいるのは誰か。
連載当時は「ミスフル」というお話の一段上にいる、つまりお話を作っていく位置に鈴木信也先生や雑誌側のオトナの都合を置いてたんだけど、その位置にいるのが大神さんだとしたら…?

ミスフルの世界を一つ上の次元で見ている、更にいうとストーリーを操作できる存在、それが「神」。
「神」として大神さんが設定されてたならば、実は思った以上にメタな視点で見れる作品であるという可能性。

つまり、不慮の事故によって潰えてしまった大神さんの夢(世界一のスーパープレーヤーになること、十二支を甲子園に連れていくこと)を叶えるために現十二支野球部は運命的な力で集められたんじゃないかということです。
あれだけ、十二支の名前がつく生徒が集まるなんてのも運命的としかいいようがないし笑。

で、ただ一つ大神さんの想定外だったのは、犬飼辰羅川芭唐に強い確執が生まれたことで、
本来なら芭唐も十二支に入部して、セブンブリッジ、華武を倒して一年目で甲子園行ってたんじゃないかなぁという妄想ですはい…

結局これが言いたかったんですスミマセン!一緒に仲良く野球やる三人が見たかったんですスミマセン!!
でも、こんな回りくどい道をたどったからこそ、ミスフルの連載終了後の三人はより強い関係を築いていったんじゃないかなぁとも思うのです。
犬飼と芭唐の関係は、昔のような気楽な友人関係には戻れないような予感はするんだけども。
また、新たな関係が生まれるんじゃないかなぁ。
逆に辰羅川と芭唐はそこまで確執はないような気はしたり。
それに対して人知れず葛藤する犬飼がみたい、というのは完全な私の趣味です!


完全に腐女子の妄想だよなぁ…と思いつつも、あながち間違ってるとは言えない気もしてるんです。

「あの人」つまり大神さんの存在は犬飼辰羅川が登場したときから示唆されてたし、御柳と犬飼の歪んだ関係もかなり最初から設定されてたっぽいから。


☆なぜ猿野天国は大神さんにそっくりなのか。なぜずっと大神さんの存在をしらないままなのか。
そして、大神さんが猿野天国にそっくりという設定ですよ!!

おそらく、普通に読んだら、ミスフルのストーリーを作っていくのは、どんな状況でも打破してくれる予感がするトンデモ主人公「猿野天国」なのです。だから彼がある一面では「ミスフルの神様」で。
でも、大神さんが天国を含め、皆を十二支に導いたと考えるとやはり神様は「大神照」なのです。

ミスフルという物語はきっと、この同じ顔を持った二人の神様によって作られた物語なんじゃないかなぁ。

だから、天国は大神さんの存在を知らないままなんじゃないだろうかとおもったり。(天国が神である次元より一段上に大神さんという神がいる)



☆そしてミスフルの複雑な話の経糸横糸構造
1話だけ読むと黒撰高校、つまり十二支の伝説をつくった村中の遺伝子に本当の意味で勝利することで物語に決着がつくような構造になってる。
しかし敢えて華武高校という、伝説と無関係な絶対王者としてのライバル校を出した。これがずっと不思議だったんですけど(黒撰戦が決勝でよかったんじゃないかとずっと思ってた)、大神さんを神とおくと、という考え方をしてたら納得できた気がします。

「凪さんへのラブから始まるスポーツギャグ漫画」「十二支伝説(村中遺伝子)を巡る熱血野球漫画」「王者(華武)を倒して甲子園へと闘志を燃やす野球漫画」「神様の死から始まる壮大な人間関係と友情物語と野球物語」 とちょっと考えただけでも物語は何十構造にもなっている。あっでも七橋の位置づけが難しいなまだ…うーん…
「剣菱という支えを中心に長年の夢を追い続ける青春野郎」というとこかなぁ>七橋


ああ、時間がなくなってきました…
残りは後日。加筆します。構造についてもうちょっと書きたいんだ。

神のみぞ知るセカイ13巻はデジタルクロック付き特別版が出ます。

昨日書こうと思ってすっかり忘れてたので一応。
神のみぞ知るセカイ 13 デジタルクロック付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)
13巻も特別版ありで、今度はデジタルクロックみたいですー
なんだデジタルクロックって!

追記:アマゾンの説明によると
TVアニメ第二期大人気放送中!! 今度の神のみの特別版は、点滅するドクロがとっても可愛い卓上時計が付いてくる!! もちろんイラストは若木民喜先生描き下ろし!!
らしいですよ!!描き下ろしときいて俄然楽しみになってきました!!

サンデーダウンロードスタジオで神のみの壁紙&サンデー超6月号で神のみ付録

☆壁紙
サンデーダウンロードスタジオで神のみの壁紙配付が始まっています。期間限定なのでお早めに!
Size:1280×1024
Size:1024×768
以前の本誌カラーのエルシィ&ハクア&羽衣人形桂馬ですね。


☆サンデー超で付録が付きます
6月号(5月25日発売)で神のみのポストカード&カレンダーポスターがつくようですよ!
絵は既出のものかもしれませんが…。

そしてなんといっても、サンデー超は若木先生のアシスタント出身である方々の新連載が続々始まっているんですよ!!現在、菅野孝典先生の「CRIMSONS」(クラブサンデーで無料で読めます!)が連載されている上に、今月号(5月号)から森田滋先生の「ウルフ×ウルフズ」が連載開始(めっっちゃ良かったです!あとで感想書きます!)おまけに6月号からこじまたけし先生の「PLUG」が連載開始!!若木組がジャンプの和月組みたくなることを私は祈っております…!!

神のみぞ知るセカイFLAG140感想~愛が生まれるパーフェクトヒロインとは~

FLAG140「パーフェクトヒロイン」

よみましたっ
いやもう…ここ数週面白過ぎじゃないですか…!
今週の感想をひとことでいうと、記事の副題なんですけど。
桂馬は可愛いし、完璧なんだけど、やはり「神のみぞ知るセカイ」という世界においては、桂馬が常に受け身なヒロインになるっていうのはあり得ないんだなぁと思いました。

☆ヒーローは突然に!
桂馬の家の前にやってくる結。
そして桂馬にないがしろにされるハクア。ああ、やっぱり彼女はこういう立ち位置だよなぁ涙。
flag1400.jpg

どこか遊びにいかない?と桂馬を誘う結はまぎれもなくイケメン。


☆そして我らがヒロインもやってきた!!
一瞬考えるそぶりを見せた桂馬の回答は
flag1403.jpg
桂馬自身の攻略ヒロイン化でした…!
一部の人間にとっては何というご褒美!状態なんですがもちろん神様のお考えあってのことです。


桂馬は、結が自分にアプローチをかけてきているのは女神と入れかわっているから、つまり力の回復のため愛を求めるが故に桂馬にせまっているのではないかと考えて、結をまず攻略すべきと思っているようです。
女神と入れ替わっている根拠として、性格の変化をあげる桂馬。確かに攻略前後で変わりすぎですよね、彼女は。

だとすると、今は女神の状態をさらして生活しているわけで、ヴィンテージに見つかったらあっというまにつかまってしまう。攻略を優先するのはそのためでもあるようです。

ヴィンテージのことを結に話したら?桂馬との恋愛関係が変わってしまい、力の回復につながらなくなるからダメ、だそうで。(結の場合、話てもなんとなく行けそうな気がするのは私だけかしら?)


☆「攻略する」ではなく「攻略される」
結編での後遺症で、結に強く出られず主導権握られっぱなしの桂馬ですが、今回は自身をヒロインとして結に攻略させる作戦のようで…!!
結はプレイヤー、つまりヒロインを救うヒーローとしての属性が強すぎる。だから桂馬が同じくヒーローになろうとしても平行線をたどるだけ。だから自らよっきゅんとなるのだ!!
flag1406.jpg


で、結が見ているところでわざとらしくギャルゲのヒロインめいたセリフをひとつ。
「今日はまだ…空は落ちてこないな…」
意味深だー!きっと意味はないんだろうけど!!

flag1405.jpg
立ち位置萌え(?)な私としては結と桂馬の距離の見せ方にぐっとくるんですが、ここで桂馬のモノローグが入るところが神のみですね笑。
曰く「ヒロインは…世界観がなくてはならない!」

これは、桂馬が思うギャルゲヒロインの条件なのだろうなぁ。
つまり彼は、自分が思うヒロイン像を自分で再現しようとしているわけで。
今まで現実で攻略してきたヒロインたちは皆不完全だったわけで、パーフェクトヒロインを体現するのにも気合が入るんじゃなかろうか。


しかしやはり現実なので神様のシナリオ通りにはいきません笑。
ギャルゲだとすべり台での出会いからすぐに場面転換するはずが、結は普通に距離を詰めてくるというw
そりゃ桂馬のことしってるんだからそうだろうよ~


☆わかった!ヒロイン化した桂馬より普段の桂馬のほうが可愛いんだ!!!
ヒロイン化してる桂馬も可愛いけど、やっぱ素の状態の桂馬の方が可愛いということを再確認しました。
結に距離を詰められて赤面する桂馬。これは後遺症というより女の子に触られるとこうなるというやつじゃないですか笑。
flag1407.jpg
感情をオフにして攻略されるためのイベントを粛々と進行させようとする桂馬。
しかし
flag1408.jpg
いやいや…あなた素の方がよっぽどかわいいじゃないですか…!!
そもそも結はヒロイン化してない桂馬が好きになったんじゃないのかーという話だっ


☆自分の作戦に首を絞められる桂馬
ヒロイン論その2、「ヒロインは意外な好物を持つべし!!」にのっとって、嫌いなスイーツを好物にしてしまう桂馬。当然結には「意外」と受け取ってもらえたわけですが、やっと自分の首を絞めていることに気付きます。
「ボクがなりたいのはヒロインであって…!!女になりたいワケじゃない!!」
「最初から気付け。」というハクアの冷静なツッコミが読者とシンクロ。

おまけに結は
flag1409.jpg
攻略時の桂馬顔負けの王子っぷりである。
おまけにウエディングドレス姿の桂馬をお姫様だっこするために体を鍛えているために、
リョーくん一味だって1コマでフルぼっこです!
(アニメⅡ期一話で無駄にイケメンだったあいつらね!)
桂馬のヒロイン論その3「ヒロインは主人公を立てるべし!!」にのっとりまくりです。


☆つまり桂馬は押しの強い女の子に弱い
おまけに「お金持ちだから、ずっとゲームしてていいよ」といわれてめっちゃ流されそうになってる桂馬。
(素で流されそうになってる桂馬が一番可愛いんだってばやっぱり!!)
そこへハクアが読者が言いたかったであろう一言をずばっと。
flag14011.jpg
「単にお前、押しに弱い性格なんじゃない?」
ですよねーーー!!
ダメ押しのハクアの「ぎゅっ」ですよ。みたかこの桂馬の動揺を笑。
ハクアの反撃を今から楽しみにしています!!

桂馬のヒロイン論その4「ヒロインは…個性的なイベントを連発すべし!!」も焦るだけで不発におわり。
乙女ゲのイベントみたいな完璧なキスシーンで幕を閉じます。

今回桂馬が唯一できた反撃といえば、キスの後の「どーしてお前は…ボクのことが好きなんだよ!!」のみ。
理由なんてない、好きだから好きなだけと答える結に対して、桂馬はやっと受け身でなく、積極的に「落とされ神」にならなければいけないことに気付きます。

やはり愛を増やすには、「好きになる理由」「好きになる過程」が大事なのでしょうね。
ただ落とされるのを待つだけではだめで、桂馬も結も、お互いが再び恋愛関係になる強力な何かが必要なんだろうなぁ。それこそ、結編の時のように。

桂馬の新のパーフェクトヒロイン「落とされ神」がみれるのを楽しみにしています!!

「作者萌え」と「メタな視点好き」と「二次創作」についてのメモ

※別館にメモしたものにちょっと追記。
ちゃんとした文章にしたいという気持ちはある。



キャラや絵、ストーリー、構成、演出。

好きな漫画の要素をネチネチとあげつらって、なぜ私はこの作品がこんなに好きなの!!という気持ちをどーにか収まりつけようとするのが好きです。

このブログをはじめたのも、「神のみぞ知るセカイ」の好きなところをとことん噛み砕きたかったからです。


ハマる作品の傾向ってわりとバラバラなんですが(しかも一度ハマるとしつこいのでなかなか数が増えない)唯一共通点があると思われるのが「作者萌え」なのです。


とにかく作者のキャラが濃い。

若木先生の担当、ブリッジストーン石橋さんの名言「漫画の主人公より作者のほうが面白い」を体現している人々。

フリートークや巻末コメントが楽しい。作者自身の体験が色濃く作品に反映されていて、かつ信念が感じられる作品。

そういう作品を享受する中で、作者に憧れて半ばストーカー化するんです笑。もちろん作品が好きだから、そうなるんだけどね。


昔はネットもなかったし、ネットを導入してからもせいぜい2chを見るくらいで他の人と交流する機会がなく、「作者萌え」というのは割と特殊なものなんだと思っていました。だってほら、二次創作もキャラクターありきのものでしょ?

なので、どっぷりマニアックに1つの作品にハマりつつも、私のファン活動というのはせいぜい「2chスレへの書き込み」「アンケートを出す」「作者にファンレターを出す」くらいのもので二次創作にはあまり興味がなかったわけです。


その風向きがちょっと変わったのは、高校生の時にミスフル(「Mr.FULLSWING」かつてジャンプで連載されていた青春野球ギャグ漫画)にハマった時かな。

さすがジャンプ&女性人気が高いってことでクラスにもミスフル好きの子がいて、萌え妄想を二人で夢中になってしてて、あげくのはてにその子が出した同人誌に(以下略)。クオリティはとにかく笑、それがすごく楽しかったんです。他の人と漫画について語るっていうのが。


当時の私は、ミスフル友人としゃべっていてもMFキャラ萌え30%、いかに鈴木信也先生が素敵か!という話題が70%という状態で、友人にも半ばあきれられていたのですが、「信也先生が一番好きって人はあんまりいないよね」と呟いたら「そんなことないと思うよ」と、二次創作系のサイト日記なんかで先生好きを公言している方が多い事を教えてもらって驚愕!!私ひとりじゃなかったのか…!!(2chの週刊少年漫画板で叩かれてるのしかみたことなかった)

以降、MFの二次創作サイトもちょくちょく行くようになるんですが(だけどチキンなので交流する勇気はないという)、このサイト好きだなっていうのはキャラはもちろん信也先生の作風が好きっていうところが多かった気がします。作者に固執し過ぎず、作者をリスペクトしつつ作品で遊ぶほうが楽しいんだと。ちょっと気が楽になったというか、私はオタクになりきれないオタクでいたいんだーという妙なプライドがなくなった気がします。(よく考えたら二次創作するよりも作者に固執しまくるほうがよっぽどキモい…)


なんで急にこんな話をしているかというと、信也先生がついったーでウサギ年だからと兎丸比乃くんを描いてたのを見てテンションあがって当時のこといろいろ思い出してミスフルサイトめぐりしていたからでした。今もサイトやブログをやってる方は信也先生好きってことでミスフル→バリハケン→クロストレジャー→別コロの読み切りと追いかけてる人も多くて1人で胸が熱くなるもういのしし…!だよね信也先生素敵すぎるよね!!


で、このように「作者がどういう人生を送ってきたか」とか「何を考えながら描いているのか」に注目してくると、キャラに感情移入して読むのと別に、作品を制作者の視点から観るのが楽しくなる。さらに読者の反応も気になったり。そこを突き詰めていくと、「メタ」な要素が物語に組み込まれた作品にはまっていくのかなぁ。

久米田先生(改蔵)、新井先生(ペケ、脳ジャン)のような「作者の考えそのもの」が作品に反映されているモノを通り、鈴木先生(ミスフル)のような「作品に直接作者の考えが出てくるわけじゃないけど、作者の性格や思考が作品に滲みだしている」モノを通って、若木先生(神のみぞ知るセカイ)のような「メタな設定が物語の構築に生かされ、かつそこに作者の生き方や思考が反映されている」モノに行きついたのは当然の成り行きかなぁと思いました。

で、以下は蛇足。個人的な作者萌え遍歴とかをつらつらと。

・室山まゆみ先生

「あさりちゃん」など。初めて読んだ漫画があさりちゃんで(小3くらい)、必死で単行本買い集めました。

少女小説やレアな大判本も含め、商業本はほとんどもってるけど、Mr.ペンペン(ぺんぎんぱあてぃーではない)だけ持ってない…

だれかある場所知ってたらおしえてください!

暴力的ギャグと言葉のセンスあるギャグが好きなのはあさりちゃんが原点かもしれない。なかなかディープな話題も多くて、ホラー系のサブカル知識とか、同人誌、やおいの存在をしったのもあさりちゃんからだったなぁ。あさりちゃんもあさりタタミ姉妹が作者姉妹がモデル。(だんだんそうじゃなくなったっておっしゃってましたが笑、口の悪さとかちょっとひねたところとか、似てる部分あるよねと今でも思う。)例にもれず作者ちゃんのページが面白い!!



・新井理恵先生

「×‐ペケ‐」「うまんが」など。新井様との出会いで私の作者萌えというか、作者憧れ病が完全に発病した気がする…。

初めて読んだのは「脳髄ジャングル」。当時教室の中で空気だった自分は新井様哲学にどっぷりハマってしまい、(特に真理坊と自殺した女子高生の霊の会話「厭世慰安玩具」は衝撃的だった)ペケのタイトル横にある作者コメントを延々ノートに書き写していたりしてた。新井様信者の私にとっては7巻のエッセイ漫画状態になったペケもおいしくいただいていたんですが(むしろ他の巻より読みこむ勢い)、今読みなおすとちょっとひどいなと思わないでもない。

今でも「LOVELESS」と「女類男族」の続きまってます…!!



・久米田康治先生

かってに改蔵アニメ化おめでとうございます!!

みんな大好きくめたん。00年当時は2chで叩かれることがない数少ない週刊少年漫画家って感じで(今は違うけどw)、作者萌えの定番みたいな人だと思う。画業20周年だし。もともと作中で作者ネタをよくやる。本人はもちろん、改蔵では他のサンデー作家や担当編集さんをかってに出演させたりしていて、そういうサンデー内輪ネタが私は大好きだったのですがアニメではどうなるんだろう…笑。未だに小学館と久米田先生が仲悪いとかいう人、ネット上に多く見られますけど、当時のそういうサンデー内輪ネタとか、新装版での歴代編集さんとの野球盤対決とか見てるとすごく楽しそうで、やっぱくめたんはサンデー作家だよ!!といいたくなるサンデー信者。

南国から読んでたんですが、どっぷりハマったのは改蔵から。

作者のキャラがぶれない、という点を徹底している久米田先生。南国の頃の下ネタ王子キャラから今の鬱キャラへの変遷を一度まとめてみたいとか、毎年の行事ネタを追っかけてみてみたいとか思えるのはやはり久米田先生だけ。もっとおっかけたいです。



・鈴木央先生

「ライジングインパクト」「金剛番長」など。ばっちょ。ジャンプ→サンデーという珍しい経歴のお方。ブリアクの読み切りが載った時は衝撃でした。「ライパク現象」が話題になったとき、ふーんと思って手に取ったら思いのほか面白くどはまり。本編もだけど、やっぱりフリートークと読者サービスが素晴らしい。アシさん(今はお嫁さん…!)と二人で週刊少年誌連載してた(一時期は月刊誌も掛け持ち)というのが超人的すぎ。



・鈴木信也先生

信也っぽ。羊さん。単行本フリートークの濃さ面白さと、連載中毎回冒頭にストーリーと関係ないギャグを詰め詰めでいれてくるところにベタ惚れ。

トンでもインフレ野球も、キャラのインパクトも、青春モノっぽい熱い展開も、シリアス展開も、どれもどれも好きですが、一番すきなのはページせましと挟んでくる言葉の洪水です!!!現在小学館で描いているそうですが、この前の野球読み切りはミスフル思いだして涙が…。トンデモ展開野球なんだけど、某カブトボーグみたいにつっこんで笑っていいのか、そうじゃないのかが分からなくて混乱する大人でスミマセン。でもはやく次回作読みたい!!うああああ信也先生がサンデー来てくれたらもういうことないのにいいいいいいいい!!(こればっちょ先生が来た時も言ったな…)デビューはサンデーで、一時期オークションで読み切りが載ってるサンデー超が出ていたような。ちょっと欲しい。和月先生の前はサンデー作家さんのもとでアシスタントされていたそうですし(だれのアシさんだったんだろう…聞きたいけど聞けない)。ちょっとクラサンに読み切りのっけたりってことは…(チラッ




・若木民喜先生

なにはともあれ若木先生。たみーってあだなもあるのよ!!PEROさんの存在が私を神のみによりディープにハマらせる要因になったのはいうまでもない。

作者が好きってことは、つまり作品に込められたメッセージに共感できる、想いをくみ取ることができるってことで、それはそれはとても楽しいことだと!!神のみからブログはじめていろんな人と交流できて知ることができたよ!!若木先生萌えについて詳しく知りたい人はへ若木民喜先生関連(まにあっく)のカテゴリに行けばいやというほど書いてるよ。



これに加えて、アニメのナベシン監督とかシャフトの演出とかについて書いて、作者萌え≒メタ要素萌えにつなげようかと思ったんだけどそれはまた今度…
[ 2011/04/23 01:15 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(3)

神のみぞ知るセカイFLAG139感想~不潔で不気味で得体のしれない女好きの変態男~

FLAG139「ケース・バイ・ケース・バイ・ケース」

よみましたっ
今年初の水曜日更新じゃないですかもしかして…!!
しかし今週は素晴らしすぎて…。
読んですぐ書かなければっこの熱い思いを文章にぶつけなければっ
という感じです。萌えも笑いも切なさも全てつまった神回でありました。



さて前回ディアナの唐突な「私とキスしませんか?」発言で終わっていたわけですが。
さすがの桂馬も赤面&動揺してます。ついでにハクアも。

意を決して桂馬におもいっきり抱きつくディアナ。
久々の「ボクに触るな~~~」が聞けて私は大満足です!!
flag1392.jpg
ガチガチになって抱きつくディアナもいいな~
遠慮がちにふわっと、とかじゃなく全力でそりゃもう首しめる勢いで抱きついてそう笑。


そして耐えきれなくなり桂馬を突き飛ばすディアナさん。
「このケダモノ!!」
理不尽だけど、気持ちは分かる!!笑 桂馬に自ら抱きつく自分は許せないけど、どうしても愛の力を増やしたいのですねわかります!!

ディアナは自分には翼が戻らず、ウルカヌスには翼があることを気にしているようです。
「想い」の年数的には天理が一番ですからね。
ディアナの分析では、翼が戻らないのはディアナが桂馬を嫌っているから。天理の気持ちと打ち消しあっているのではないかと…ってそこまで嫌ってはないでしょうよディアナさん!!

「不潔で不気味で得体のしれない女好きの変態男」
flag1393.jpg
すごい評価だwww
でもこれ、今週の、というか女神編のキーワードですね。
「不潔で不気味で得体のしれない女好きの変態男」が、どう少女たちを救い、自身の気持ちとどう折り合いをつけるか。それは、作中の女の子たちも、読者の私たちも、到底察することができないわけですが…。
詳しくは後述。


「私もあなたを好きになりますから…い、今すぐ天理と愛の営みを…!!」
flag1394.jpg
確実に薄い本がでるな!!
その体制といい愛の営みという言葉のチョイスといいえろいよ!!
いろいろされてる桂馬しか想像できないじゃないか!!


そしてここで黙っているようなハクアじゃない。
もちろん桂馬の顔を踏みつけての登場です。
flag1395.jpg
「不潔で不気味で得体のしれない女好きの変態男」を巡って口論する女神と悪魔!!
どんな構図だよ!!


☆「不潔で不気味で得体のしれない女好きの変態男」の真意は見えない
そして今回、一番の見どころは7ページから。
ディアナの力が戻らないのは、自分のせいという桂馬。二人が他の女子より事情を知っているから、つまり桂馬との恋愛が純粋な恋愛じゃないことを知っているから。うう、切ないのう…そして健気だのう…天理…

ここまで、桂馬の表情を露骨に隠しているのは初めてでしょう。
flag1396.jpg
まるで彼はギャルゲーの主人公だというがごとく…

個人的には二つの意味が込められているのではないだろうかとおもっています。
まずは、「桂馬は好感度をあげるために、女神探しというギャルゲーの主人公として演技している」ということ。
そして、「でも、そのことによって心を痛めているという可能性をしめしている」


思わず天理もホンネです。
ここまでデレてる天理を初めてみた気がするぞ私は…!(戦慄
そして天理の背中には、翼が…!!うわーにあうなぁ…!!月夜とはまた違った雰囲気。
やはり女神自身の気持ちも、愛の力に関係していたのですね。
これって…攻略人数がさらに倍増するという…そういうわけですか!!


天理が帰った後。
しれっと「ディアナの好感度があがった」という桂馬。
「女神の宿主全員が桂馬の恋人ではないのか?」という質問をはぐらかす桂馬。

まさに鬼!!に見えるのですが…

14ページの、桂馬を信用し、頼り切っている「恋人」の顔の月夜と桂馬の表情の対比が…涙
flag13913.jpg
さらに追い打ちをかけるように、ハクアのセリフですよ。
的確に、桂馬のやっていることの外道っぷりを言葉にしています。
女神復活には愛が必要。しかし新しい愛を探すには時間がかかりすぎる。
だから女神が復活するための愛を与えられるのは桂馬しかいない。
女神たちは桂馬を受け入れるという選択しかなくなる。
桂馬を「古悪魔に負けないぐらいの、超ド級の大悪人」といいきったハクア。

ここで7ページの顔隠し桂馬の二つ目の意味が強化されているような気がします。
ハクアの強い言葉に対して、桂馬から何の反論も返ってこない。
ここでもまた、桂馬の表情は徹底して伏せられていて…。

この顔である。
flag13916.jpg
けっして、人に弱いところを見せない神様…笑
あれ、なんだか…笑って書いたのに涙が…

ハクアは、桂馬の本当の表情をのぞくことが出来たのだろうか。
この反応からして、何か画面に描かれていない表情をみたんじゃないかな、と想像しておきます。


「お前は別に、攻略してないだろ!?」
ですよねー!だからハクアは余計、桂馬を気にしてしまっていると思うんだ…

☆その他
今回の桂馬罵られっぷり、百面相っぷりは素晴らしかった…!!

羽衣のタグ!!こんな技もあるのか!!

神のみぞ知るセカイⅡ第1話感想~原作といろいろ比較してみる~

1週遅れで感想です…!!
遅くなったし、原作とアニメの違いが面白いなーと思った回でもあったので原作と比較しつつ感想を…
画像大目になってしまったので、ほとんどサムネイルで載せてあります。クリックで拡大。
続きを読むからどうぞ!!

FLAG1.0 一花繚乱
taitl2120.jpg
ついに始まりました!!神のみ二期!!
二期トップを飾るヒロインは空手部主将の春日楠さんですよー。

神のみぞ知るセカイ第12巻特典ペーパーまとめ(まさかのちひろペーパー!!)

☆第12巻発売されましたね
女の子表紙にも慣れてきた感。
表紙は本誌でも大活躍の人気者ハクアですねー!!アニメでの登場も楽しみです。

今回はアニメイトだとシールがつくみたいですね。以前のハクア、桂馬、エルシィのビックリマンシールパロディのちひろ、歩美、かのんバージョンかな?私はまだ買えていないのでもらったよという方は教えていただけるとうれしいです!!

☆アニメイト
アニメイト
kaminomi121.jpg
かのん…じゃなくてアポロ。


☆ゲーマーズ
ゲーマーズ
akari_kaminomizo.jpg
灯ちゃん!!今までで一番人間離れしているヒロインかも。


そしてなにより…
☆とらのあな
とらのあな
kaminom12_chihiro_p.jpg
まさかのちひろですよ!!以前の人気投票の救済ですか!!
(参考:神のみぞ知るセカイ11巻 単行本特典ペーパーまとめ

サンデーサポーターショップでもエルシィペーパーは配付されているようです~
[ 2011/04/18 14:30 ] 神のみ単行本特典情報 | TB(0) | CM(2)

神のみぞ知るセカイFLAG138感想~ハクアのラブコメっぷりがやばい~

FLAG138「一難去って」

よみましたっ
flag1385.jpg
今回はこの二人が主役かとおもいきや…!!
予想以上のラブコメっぷりにそわそわしました。

フィオーレがかけた術をあっさりといたディアナとウルカヌス。
フィオーレ自身はあくまで旧地獄信奉者の新悪魔だからなぁ。本式のヴィンテージの術じゃないらしい。

しかしかのんは目覚める様子はない。この時の桂馬のあせりっぷりがよいなぁ。
flag1381.jpg
今回の桂馬の振り回されっぷりが楽しいです。


アポロは水化術という術を使って呪いから体を守っているようです。
自分とかのんの意識を沈めているため、フィオーレの呪いが解けても意識が戻らない。

水化術を特にはもっと強い力が必要で、アポロが力を取り戻せばあるいは…という状況。

アポロの力を蘇らせるために、キスしてみたら?とかるーくいっちゃうあたりがノーラさんくおりてぃ!!
flag1386.jpg
ディアナ、ハクア、ウルカヌスの反応が面白いですっ複雑なハーレムだねぇ桂馬…

しかし、桂馬がただキスをするだけではアポロは復活しないわけで。
桂馬には「キスしかない」けどその「キス」は恋愛的な裏付けがないと機能しないという、当然といえば当然なことを再確認しました。神のみは作業ゲーじゃないんだよ!!
flag1387.jpg
となると、アポロがアポロ自身のちからで復活するのは難しいんだろうなぁ。

だからこその「メルクリウスならなんとかしてくれる」であり、ディアナの「キスして」発言なんだろうなぁ。
ディアナのキスして発言には、自分に羽が戻っていないこととか、それ以外の桂馬への気持ちとか、いろいろありそうだけど笑。

というわけで、今度は第4の女神「メルクリウス」探しになる感じですね。

たらい回しRPGwww久々に80年代ぽさが感じられて嬉しい私です!!
その後の桂馬の「これでかのんが死ぬ可能性はなくなった」に対するディアナとウルカヌスの微妙な反応が意味深ですね。まだ何か問題点があるんでしょうか。このまま水化術が解けなかったら亡くなっちゃうとか…「荒っぽい手」だからなぁリスクはかなりありそう。

ノーラさんもてきとーだけど割に協力的です。ヴィンテージについて調べるって。
亮くんの出番は…まだですか…orz
フィオーレはまだ桂馬の手元へ。

確かに、フィオーレのはなしがホントだとすると駆け魂隊の一部はヴィンテージと繋がっているはずで。
フィオーレのことを報告してもヴィンテージに繋がることを考えるとメリットよりデメリットのほうが大きい。

で、今週の本編はむしろここからでしたね笑。
桂馬をゲーム部屋に連れてきて謝るハクア。ものすごく罪悪感を感じているハクアに対して桂馬はいつもどおりさらっと流すんですよ!!桂馬に好意ばりばりなハクアに対して、とにかく事態を早く収拾するために動いていてハクアに興味が薄い桂馬。いつもどおりの報われないハクア…涙 かと思いきや。

「もっとはっきり言ってよ!!私が必要だって!!」
flag1384.jpg
やばああいい!!このシーンのハクア可愛すぎるでしょおおおお!!!
ハクアは、「桂馬に必要とされたい」とは一言も言っていないんですよね。
でもそれが↑の一こまに集約されておるっうおおおん!!

自分が何のやくにも立たない悪魔なんじゃないか。地区長になってプライド持って駆け魂狩りしてたのに、駆け魂隊がヴィンテージと繋がっているかもしれない。だから自分が必要な悪魔だっていう自信が欲しい。
セリフだけみると、そういう理由からの「私が必要だっていって」なんだけど。
どうみても告白にしかみえないですよねー多分ハクアも気持ち的には告白なんじゃないかなこれ。

17ページ2コマ目の桂馬も、ハクアと自分の温度差を感じ取ってる感じですよね。
flag1383.jpg
初めてハクアの「好意」を感じ取ったんじゃなかろうかこの人は…

そしてちょうどハクアが隠れる角度にいる位置からディアナの「キスしませんか」ですよ!!
桂馬がどんどん修羅場に追い込まれていくー。

そんなわけで来週も楽しみです。

多分今日でブログ3周年…かな。
それはつまり神のみもほぼ3周年ってわけでして。
今まで長かったような短かったようなっ

アニメ二期1話も見ましたよー日曜くらいに感想あげられたらと思います。

☆巻末コメント
Q.子どものころにはまった駄菓子はなんですか。
A.子どものころはお菓子禁止だったので、あらゆる菓子があこがれでした。

お菓子禁止エピはBSとかにも結構かいてましたね。
その反動でいまはこの状態という…笑

【祝10周年】Mr.FULLSWING通称ミスフルについて語ってみる①

☆サンデー以外の作品を語るのは珍しいですが。
10年です。
ミスフル連載開始10周年なんです!!!
おめでとうございますーーーーーー!!!(正確にいうと連載始まったのは5月なんでもうちょっと先なんですがっ)
mf4.jpg
1巻収録 4発目「雨と嘘と微笑みと」より。主人公を冷たい目で見つめるヒロイン。このシーン(とその後の主人公のいいわけ)でこの漫画は名作だと確信しました笑!!

ミスフルってネタ的に語られるか、(例→http://bit.ly/bnWVbD腐女子媚漫画乙的に馬鹿にされてるか、とにかく普通の漫画好きからは見向きもされてないような気がして悔しいのでちょっと、ね、10周年だしミスフル布教記事でも書きたいなぁと。

ネットでの(ネタ以外の)レビューが少ない割には、ついったーやオフ等でミスフルの話題になると「好きだよ」って言ってくれる漫画好きの方多いんですよね。(特にギャグへの反応多し)
みんなもっと公にミスフルの魅力語ってくれええ!!



『Mr.FULLSWING』とは、2001~2006年にかけて週刊少年ジャンプにおいて連載されていたギャグ漫画兼野球漫画である。略称『ミスフル』。基本は野球のど素人である猿野天国が、ヒロインの鳥居凪のハートを掴むべく、高校の野球部で奮闘する物語である。変人が沢山登場する、多分、ストーリー野球漫画かも知れない。丸5年連載され、人気もそこそこあったにもかかわらず、アニメ化されていない。パロディネタが多いのが特徴(スクラップ三太夫、無駄無駄無駄無駄…、ボールは友だち、GOKURAKU、死ぬ気弾、等のジャンプ漫画や、『機動戦士ガンダム』や『新世紀エヴァンゲリオン』の主人公碇シンジやヒロイン綾波レイのセリフネタなどのアニメネタ等)。多様な投法・魔球・打法・守備の形式が残されている。特に後期は、物理的にも不可能な技がメインとなっている。また、ユニフォーム関連の描写などは野球のルールや常識を逸脱したものが多々あり、これについて作者は、キャラの個性を前面にだすべくあえてそうした旨をファンブック球春白書において語っている。
wikipedia及びニコニコ大百科から引用)

この作品のため、そしてアンケートを出すためにジャンプを購読していた時期が私にもありました。
去年↑に貼ったコンビニ版リミックスが刊行され(途中で止まってしまいましたが…)、新たに収録された信也先生のフリートークのぶっちゃけ具合が素晴らしく(※1)猛烈にレビューとか考察とか書きたくなったんです。
というわけで5月まで週1~2でミスフル記事が続く予定。

基本的に小学館で活躍している作家さん以外の漫画には疎いんですが、ミスフルの鈴木信也先生作品はベツバラです!!ジャンプだと鈴木央先生も大ファンなんでサンデーに移籍してきたときはホントびっくりしたものです…信也先生も別コロに読み切り描いたりしたので小学館に戻ってきてくれないかなぁ(※2)と秘かに思ってたり…

☆「作者」の存在が大きい作品
私は若木民喜先生(神のみぞ知るセカイ)や久米田康治先生(さよなら絶望先生)の存在そのものに萌える、いわゆる「作者萌え」な人種です。(※3)
そんな私がミスフルを初めて読んだ時の反応→
ジャンプに久米田先生みたいなひときたーーーー!!(大歓喜
弟が友達に借りた1巻を何気なく読んだのが始まりでした。

容赦ない(だけどセンスが光る)ギャグ、容赦ない下ネタ、ラブコメありきのスポーツ、初めて触れるジャンプ漫画らしい派手な展開、そしてなにより鈴木信也先生のフリートーク…!!

1巻読んだ時点でもう惚れてました。自ら単行本折り返しに写真載せといて恥ずかしがるとかもうね…!!

可愛い女の子と馬鹿な男のラブコメ、ジャンプ的スポコン、ギャグ、キャラクターの多彩さ、各キャラクターが持つシリアスな背景。
とにかく自分が描きたい、面白いと思ったことをこれでもかと画面につめこむ作風(あたかも新井理恵先生のごとく(※4))は、読者人気に左右される少年ジャンプの作品としてはかなり異質で、ジャンプ本誌も単行本も舐めるように読んでいました。


☆熱血スポーツ漫画路線を忘れなかった行け!!南国アイスホッケー部=Mr.FULLSWING
最後の最後はギャグパートが減り伏線回収のシリアスな展開が続きましたが、それまではどれだけ紙面がごちゃごちゃしようとシリアスなストーリー展開をぶち壊すようなぶっ飛んだギャグを必ず挿入し、一部の読者の顰蹙を買っていました笑。

最初読んだ時は某南国アイス(※5)みたく、だんだんストーリー要素が抜けてギャグ漫画になるか、おねーさま方に受けたのでギャグが抜けてストーリーよりになるかどちらかになると思ったんだけど、終盤までギャグとストーリーどっちもやろうとしてたのがホントに凄い。自分が面白いものを書きたい、という作者の信念、そして「どっちもやらないと不安になる」ちょっと気弱で不器用な面が見えるあたりが…大好きすぎます!!どんなに忙しそうで悩んでいそうでも、フリートークでおバカなハイテンション文章で読者を笑わせてくれる信也先生が大好きです!!!

そして何よりかなり個性的なキャラクター設定。お前らホントに高校球児かよ!というファンタジー漫画やRPGのような外見、そして野球ユニフォームの魔改造っぷり、バトル漫画のような技や能力の数々…(※6)と「野球への冒涜だ」という意見も少なくありませんでした。

それでも信也先生はいろんな層の読者に読まれるエンターテイメントとしてのミスフル、そして自分が描きたいことを追求してミスフルを5年間も続けたからこそ、今でも愛されるキャラクターや世界観が生まれたのだと思います。

しっちゃかめっちゃか行き当たりばったりに見えて、こういうの書きたいって部分はぶれてない作品だなぁと思うんだ… 
20巻以降、もっと終了まで余裕があればもっともっとかけた部分はあるんだろうねぇと思うと切ない。大神さんを巡る過去話とかそこから始まる確執とかは和月先生とか藤田先生ぽいよなーと。

ずっっっと他作品(主に和月先生かな)に影響うけてシリアスもの描いてた信也先生(ミスフル以前は、バイオレンス満載のシリアスな読み切りシリーズを描いておられました)が、自分の素を受け入れて描いたものが読者にうけて…という流れは若木先生を思い出します。ただ、神のみの場合はかなり連載前から計算されて描かれてる部分があるけど、ミスフルは連載しながら構築されていったというのが違いですかね。だから結構設定の矛盾が生まれているという笑。

☆ミスフルの根本はラブコメだ!!
この後、2巻ずつ、最終巻24巻までのレビューを12本書く予定なんですが、私がミスフルの根本は何か、と考えてることをつらつらと書いておきます。
さっき「こういうの書きたいって部分」はぶれてないっていいましたが、それって主人公猿野天国とヒロイン鳥居凪のラブコメだと思うんです。

ミスフルって、最初は学園ギャグ漫画として始まるんですよ。
主人公天国が一目ぼれするメガネっこヒロイン凪さんの描写に尋常じゃない作者の愛を感じます。
フリートークでもおっしゃってましたがおそらく作者の理想の塊です笑。

そこがサンデーラブコメ好きの琴線に触れたのかもしれない。
猿野天国はパワー自慢の惚れっぽい馬鹿で野球素人で。でも野球部マネージャーの凪さんのために「自分はすごい野球選手だ」ってウソをついて、そのウソをつきとおすために馬鹿すぎるくらいまっすぐに頑張るんですよ。
第4話、なんでウソついたんだ、なんで苦しんでまで野球の特訓するんだと悪友に聞かれた猿野の言葉、そしてそこにあらわれた天使な凪さんに私のラブコメセンサーは爆発したものです…スポーツラブコメ史屈指の名シーンだと思う。

だからこそ、天国にとって「凪さんのため」だった野球が仲間のために、自分のためにになっていく展開が好きだったんです。

まぁこの設定は最後の最後で崩れちゃうんですけど…涙。
この設定に関してはまた次の本編レビューで!!


(※1)
御柳芭唐の予想外にそっちの道のおねーさま方に人気がでてびっくりした話とか、それが特にアンケート人気に繋がらなかった話とか、初期のご自身の絵柄が「斜線病」と言われてた(当時週刊少年漫画板でこう言われてた)こととかにちゃんと触れてるあたりが素敵すぎますふへへ。当時は2chねらー漫画家として久米田先生と信也先生の名前がよくあがってたっけ…

(※2)鈴木信也先生はもともとサンデーでデビューして、サンデーの作家さんのアシスタントをされていました。のちにジャンプへ移籍し和月伸宏先生のアシスタントへ。私の記憶が確かならば95年くらいのサンデー超に読み切りも載ったはず…今度発掘できたらなぁと思っています。西森博之先生のアシスタントだったという噂がありますが本当かなぁ。西森先生のアシで鈴木っていったら鈴木けい一先生しか出てこない私。

(※3)そして作品を読むときも、「作者が何を表現しようとしているのか」を読みとることに注力するタイプです。なので、作者が意図しないところでのセリフややりとりをカップリングに結び付けて新しい世界をつくる女性向け二次創作にはそこまで興味がなかったのです。しかし、ミスフルに関しては「作者萌え」と「二次創作萌え」が不可分だよなぁ…と思っています。ここら辺ものちのち書きたいなぁと…

(※4)試合中に挿入される怒涛のギャグ(18巻収録167発目 恵みの息吹より)
mf1.jpg
そして同時期の新井理恵先生の連作作品(うまんが1巻171ページより)
umanga1.jpg

(※5)
下ネタ王子こと久米田康治先生の漫画家デビュー作であり初連載作「行け!!南国アイスホッケー部」。当初いかにもサンデーなラブコメスポーツモノ&いかにもバブル期な軽い男主人公で始まったものの、いつのまにか「アイスホッケー」も「南国」もログアウトし不条理下ネタダジャレ漫画になってしまった。絵柄が大きく変わったのも特徴的。

(※6)
個人的に大変燃えに燃えた十二支高校vs黒撰高校の18巻168発目「燕よ大空へ」より。
黒撰の野球ユニフォームのデザインがもはやユニフォームじゃねぇ…というために引用したつもりがギャグがないページの密度もめちゃくちゃ濃いということの証明になってしまった。
mf2.jpg

後で追記!!

【今更】さよなら絶望放送後悔録音「座・さよなら絶望放送」レポート

遅くなりすぎだ…!!
後悔録音イベント「座・さよなら絶望放送」いきます!&去年の公録実況まとめ他

行ってきました!!
いや~ホント楽しかったです!!
有料配信もあったし、後々DJCDになるんじゃないかなーと思ってるんで詳しいネタバレは控えますが…

☆簡単に本編感想
まずは本編の箇条書き感想。
DVDにならない限り分からないであろうビジュアル面を中心に…
・前説、いきなりさよなら絶望放送携帯版ネタwwwリアルショートショートBLwwおふたりの手と声が震えてるのが見えるくらいの位置で感動。あれはすべってるくらいがいいと思うんだ!
・おねえちゃああああああん!”!!!!!七変化にうっとりよ…
・パンフ見てちょっと期待してたけどまさかおっぱい党党首がでてくるとは…!!笑いすぎ&叫び過ぎで酸欠状態な私…
・何より私の喉を枯れさせたのはりょーこちゃんの登場でした。ボクサーのリングインのように登場し!!(ピンクのローブ)その下はまさかのセーラー服!!あああん可愛い!!りょーこちゃああああん絶叫タイムでしたはい。
・まつらいさんまさかの痴女スーツwwそしてなんだあのかわいさはっ!!
・佐藤Dのミス等ありつつも笑いになってたし、テンポよく進んでいったと思うー。
・上田耀司さんがおいしすぎたw前半散々無視されたけどそれを上回る舞台の装置を大々的?につかった演出とアドリブの数々!!
・そして、おそらく当初の会場だったからこそ作った…はずの特撮PV。なんでこんな豪華wwwと思ったら最後の15分の演出が本格的特撮モノでおおおーー!!まさかのきばっち悪役にびっくりだよ笑。
…そしてこれが四期フラグだと思ったのは私だけではない…ですよね!!!

スタッフさんの、そしてリスナーさんの、常連投稿者さんの絶望先生という作品に対する愛がたっぷりとつまったステージでした!いってよかった!感無量!!

☆その他道中や開催前のカオス状態レポート
前日仕事終わってから夜行バスで東京へGO。
今回は隣の席が空いていて1人で二席つかえたのでわりと楽でした…
しかし交通渋滞で大幅に到着が遅れ、東京についたのは11時くらい。
神のみ絶望つながりの某くんと合流して会場へついたのは物販が始まった頃。
すでにかなりの人数が並んでいてびっくりしました。

あれですね、列にならんでいると携帯のぞいている人がみんなついったーやってるように見えますねw
列に並んでいると、スタッフさんが商品の説明をしてくれるのですがそれを聞いてるとかなり欲しくなります…

今回の目玉はハズレなし1回500円の絶望くじ。
普段グッズにつかっているのはアニメ版のイラストなのですが、このくじは全部原作絵のグッズ。
(缶バッヂ、タオル、うろペンクッション、特大うろペンぬいぐるみ…だったかな)
最初は限定かかってなかったんですが、途中で6回限定に、そして私の順番がまわってくる頃には1限に…orz
グッズ購入の列はそれほどでもなかったんですが、このくじにならぶ列がかなり並んでましたね。

というわけでグッズの写真を一部公開~
110406_1759~01
110406_1806~03
110409_0909~01
110406_1807~02
※クリックで拡大

3000円以上買うと、うろペン&SZBHのロゴ入りのショッパー(かわいい!)が貰えるのですが、物販開始直後から周辺にこのショッパーを持った人が溢れていてちょっと異様な光景でした笑。
落ちあった人と飲食店入るとたいていこのバックを持った集団にでくわすという…

開場になっても落ち着かず、となりのおにゃのこに話しかけてしまったり!(お手製のさのすけ帽子がかわいかったんだよ~)、終わった後に見ず知らずのおにゃのことお話したり、その勢いでオフ会に参加したり、まさかの有名リスナーさんとまさかの神のみの話できたり!!

個人的にオレガノさんのアイスホッケーアイテム(久米田先生のサイン&地丹&メッセージ入り)が拝めて更に写真まで撮らせていただいたのに興奮しまくりでしたあああ!!うわああん!!

ちょっと交流がひろがった気がする一日でした。
ああ、でも会いたかったあの人とかあの人にお会いできなかったのが悔やまれるっううう!

で、関東住みの人はみんな咲く乱いくって話をしていてホント羨ましかったです…!!
うー私も行きたい!面ラホもオーケンもアニキも絶望少女も改蔵先行も見た過ぎる…!!!
しかししがない地方人、おまけに仕事。皆さまのレポートを指くわえてまっていようと思います。
[ 2011/04/14 18:34 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

週刊少年サンデー18号&19号感想

☆サンデーつまらないって誰がいったんだよおおおおお!!!

せめて金曜日にはあげたかったよ…というサンデー感想です。
明日サンデー発売日だというのに…ぐぬぬ


今週のサンデー


今週のサンデー


少年サンデー編集部
(C)Shogakukan 2009


19号のサンデーは、表紙&巻頭カラーで超巨弾新連載『銀の匙 Silver Spoon』が登場! メガヒット作品『鋼の錬金術師』の荒川弘先生が描くのは、北海道の農業学校を舞台とした学園モノ。汗と涙と土にまみれた物語が、今始業!! センターカラーは、超本格サッカーロマン『BE BLUES!』!! 優人をかばって重傷を負った龍…夢はついえてしまうのか!? 新連載第3回の『おすもじっ!』はマグロ編前編! さらに、『名探偵コナン 劇場版&ドラマ特報』、『蔵出しアイドル図書カードプレゼント』と充実内容でお届け!!


posted with EmbedSunday on 2011-04-09





満を持して始まった荒川弘先生の新連載!!
結界師の最終回!!
BE BLUES!の素晴らしすぎる心情描写!!
武勇伝の武くんの恋愛ボケっぷり!!
マギのギャグとキャラとストーリー展開のよさ!!
ARAGOのかっこよさがやばい!!
そんな感じで、先週かけなかった分もまとめて書いておこうと思います。

☆銀の匙 Silver Spoon 第1話/春の巻①
サンデー以外の漫画にかなり疎い私が初めて荒川弘先生を意識したのは「いでじゅう!」と「こわしや我聞」の巻末おまけでした…
その後荒川先生が久米田康治先生と対談したことでうひょー!!となり、鋼の錬金術師読んだらまぁ面白いこと面白いこと…!!というわけで個人的にはサンデーで連載してほしい作家さんの1人でした。

(当時のサンデーで読みたい作家さんリスト:和月伸宏先生、鈴木央先生、鈴木信也先生、荒川弘先生。央先生と荒川先生は実現したので他のお二人もですね…ごにょごにょ)

ガンガンの看板だったし、いくらサンデーと付き合いがあっても移籍はないだろうなぁ…と思っていたのですがまさかのサンデー本誌連載ですよ!!やってもガンガンとサンデーGXまたはゲッサン掛け持ちだろうと思ってたよ…!!!

銀の匙は青春コメディ、しかも北海道出身&実家が酪農な先生ならではの農業高校モノ!!
学園モノ、かつ題材が地味というかスキマ産業的なのがいかにもサンデーで胸が高鳴ります!!

学園モノお決まりの新学年自己紹介シーンも普通科とは全然違う。みんな具体的な目的を持って入学しているのでいわゆる「ゆとり」な無気力さや能天気さとは無縁です。ま、まぶしいっ…!

そんな主人公の八軒くんは酪農科の新入生ですが、夢や目標もなく…ただ「家に帰らなくていいから」という理由で入学したようです。おおっ暗い背景がありそうなのは主人公っぽいな…!!コメディだけではなく、家族や動物や社会に関する暗い面も作品にあらわれそうです。

唯一周りに勝てると思っていた勉強も、一般的な教科はともかく専門的な知識はかなりのものでびびる八軒くん…

そんな周りと主人公のギャップを見せつつ、ちゃんと主人公の特徴を強調しすぎずさらりと描いているのが好きです。野球部の駒場くん曰く「人にかまって損をするタイプ」。インテリでプライド高そうに見えて頼られたり自分が気になったりすると、とことん付き合ってしまう。そんな八軒くんの性格を的確に捉えているクラスメイトの視点、そして「酪農科」という異世界を一般人の目線からみる八軒くんの視点、両方が楽しめそうです。

部活動、しかも運動部入部必須ということで部活モノっぽい描写もあるのかなぁ。楽しみです!

いろいろ書いたけどあれですね、孤高に見えて実は世話焼きメガネ男子万歳ってことです!!


☆結界師 最終話終章
おわっちゃった…!!おわっちゃったよ…!!
田辺イエロウ先生、お疲れさまでした。
結界術、という少年誌にしてはいささか地味で、でも実用的な術を武器に夜の学校を舞台に妖怪退治というシチュエーション!!そして年上の幼馴染を守りたい強くなりたいと願う男の子ととかどんだけ私好みなんだよ!!と連載開始からわくわくしっぱなしでした。単行本1巻は人に貸しまくってなくなっちゃって二回ほど買いなおしたなぁ…。「腐女子は男キャラのトラウマ話と不幸な生い立ちが好き」を地でいってる私は夜行、とくに志々尾限くんが好きで好きで、ねえ…涙。良守がつくった限と良守の幸せそうな笑顔にはそりゃもう涙が止まりませんでしたよ…!!

それに加えて、先週の守美子さんの言葉。良守は主人公です、でも完璧じゃない。
主人公でも救えない人はいるし、主人公が起こせない奇跡もある。
良守は強いです。力も持ってるし、覚悟もある。だけど、すべてを守ることはできなかった。
このラストは賛否両論あるでしょうけど、非常に結界師らしいラストだったなと私は思います。
蒼士の最高の笑顔と、時音と良守とのラブラブっぷりがそれを物語っている!!

結界師としての良守、時音の結界師としての物語はほぼ終わりを迎えて。正守と七郎の物語はこれから始まりって感じですね…!あわよくば番外編を…スピンオフを…見てみたいっ

☆BE BLUES!~青になれ~ 第11節 大切な友達
先週の感想→好きな人が犠牲になるとき…どんな顔でページめくればいいの…(週刊少年サンデー18号感想)
サンデー19号、東京からの帰りの新幹線で読んだんですが…
新幹線の中でBe Blues読んで号泣していたのは私です…龍ちゃん…君ほど出来た男の子を私は知らないですホントに…完璧すぎるよ龍ちゃん…うっうっうっ

1ページ目の優希の恐怖、優人と龍ちゃんの絶望的な対比。
病院で機械と包帯で取り囲まれた痛々しい、もはや原型がわからない龍ちゃんの姿…
両親の後悔…

でも、何といっても、その後龍ちゃんが初めて発する言葉ですよね。
「全国…オレ…出らんなくなっちまったなあ…」
「監督…ごめん…みんなごめん…立彦ごめん…チームを頼む…」

それを…笑顔で言える龍ちゃんは完璧だよホントに…!!

更にだよ?
「あそこで優人を助けられなかったら…オレ一生後悔してた。」
「よかった…オレ…一番大切な友達を守れたんだ…」

ですよ?

あんなになってまで…助けられてよかったって…
友達だって…
全国大会出れなくてごめんって…
友達にも親にも弱音はかないで…
お母さんが帰るまで落ち込んだ顔すら見せないで…


独りになって初めて泣く龍ちゃんは…ヒーローすぎるよ!!
なんでこんな小学生が…
かっこよすぎる!!
そんで…あまりにも荷が思い…

彼はきっともう一度サッカーをするために立ち上がるんでしょう。
涙を人に見せようとしないまま。そうやって内に抱え込んじゃう龍ちゃんが、心配です…

逃げてしまう優人の気持ちのほうが、きっと私に近い。優人もまた龍ちゃんの存在を強く意識して生きて行かざるを得ないわけで…。直接会えなかったけど、優人は龍ちゃんの「一番大切な友達を守れた」という言葉をしっかり聞いたわけで。これからの三人の行方が気になります。


☆BUYUDEN武勇伝 第3話:もしかして/第4話:はじめての!
BB、結界師と涙腺崩壊シーンが続き心が折れそうになっている私に純粋なるキャラ萌えで私を床にローリングさせる物語、それが武勇伝ですっ!!!

もうね、最近武くんが好きすぎて好きすぎてね…!!
ここまでムカつく主人公もいないだろう!!というまでにプライド高い完璧美少年で妙に冷めてて現実的で…
そんなヤツが自分をへとも思っていない女の子に惚れて全然相手にされなくて振り回される様はもう…!!

生意気でムカつくキャラが馬鹿な一面を覗かせるのに身もだえします!!いいぞもってやれ!!

特に4話の萌花へ強くアプローチ出来ない自分を冷静に分析している武くんと、必死に萌花に近づく手段考えたり水着に動揺したりフィギアつくっちゃったりするアホさ必死さのギャップはすごい破壊力だな!!どんな萌えキャラだよ君は!!ボクシングしてる時の顔がまた無駄にイケメンでムカつきます笑。

萌花にはとことん彼を突き放しでほしいですねっ


☆マギ 第87夜「王子と皇子」/第88夜「サガンへの船旅」
紅玉とアラジンかわいいいwww
これがあの死闘を繰り広げた二人なのかと思うと笑えてきます。
18号の白龍の正々堂々とした立ち振る舞いとアリババのバルバッド編を通して成長した姿。
二人ともカッコいいです。そして19号で見えた白龍の主夫スキル…!!うわああんはやく白暎との再会が見たいです…!!
ピスティ、18歳だったのか!!やはり服の真ん中から見えてるのは胸だったのかあ…なんてえろい格好を君は…
5ページのアリババをいじるピスティのおねいさんっぷりに萌える…
そしてその直後のアラジンとのやりとり笑。大高先生のギャグパートめちゃくちゃ好きだわ…!

君のよく知る人物、先住民、ダンジョン攻略のしくみ、白龍が妥当煌帝国を胸に秘める理由、ジュダルのこと…様々な設定や伏線が出てきているんですがギャグとキャラの絡みですんなり読めてしまうのがすごい!

最近インターネット上における二次創作的にもマギがフィーバーしつつあるようですが(3月中旬から爆発的に増えた)個人的にはジュダルと紅玉姫がもっともっとみたいです…!二人ともシンドバッドを特別視してる感じがいいよね。恋愛には到らない絶妙な距離感でふたりでわちゃわちゃしてればいいよ!夏黄文も含めてね!
(自分で書けって感じですね)

☆ARAGO 第62話絶望の胎動/第63話大地の敵
62話冒頭のアラゴのカッコよさといったら…!!
「オレがいつもこうして帰ってこれるとは限らねぇだろ?」
刑事さん…無事パッチマンとの決戦を終えて帰ってきて…!!私はまだまだロンドンが舞台のポリスアクションが見たいんだ!!そしてユアンとアラゴの双子が互いに笑える日を待ってるよ…涙!!

しかしまぁ…四騎士の過去話の駆け足っぷり&最近の掲載位置から見るにパッチマンとの決戦が終わったら連載が終わりそうな気がひしひしと…いやああああ終わらないで!!もっとオカルト×ポリスアクションなお話をくださいいい!!

なんせ新井先生の絵が好きです。キャラが好きです。お話が好きです。
まだ悲観するのは早いっ…アンケート全力でいれましょうよARAGO好きの皆さま…

↓アンケ
http://websunday.net/kensho/
最近毎週ハガキとウェブ両方だしてる気がするんだけどこれっていいのかな…

あ、来週は最ストの感想も書きたいなー。

アニメ・神のみぞ知るセカイⅡ 今日25:30~放映ですよ!!!その他

☆ついに!!
http://kaminomi.jp/index.html
公式TOPもすっかりⅡ期仕様!!
http://twitter.com/kaminomi_jp
公式ついったーでは連日先行カットが公開されていて悶えまくりの日々を送っていましたが…

うわーうわー!もう今日からアニメ始まるとか信じられない…!!
一期が終わった時はまだまだ先だなぁ…って思ってたんですけどね。

ついったーの背景画像用に描いたいーかげんなⅡ期お知らせ絵もこっそり…
ayuminn3.jpg

いまからあゆみんが画面でうごくのが楽しみです!!!ちひろ編、純編は神のみに異常なほどハマるきっかけでした。まさかテレビで見れるなんてっ!!!


うちは遅れ放送なんで、アニメ感想は数日遅れになると思いますが、全話レビュー目指しますよーー!!


☆神のみがカードゲームに…!!
3月の終わりに情報いただいたんですが記事にするの忘れてました…

サンマガのカードにも一部キャラはでていましたが、6月7月にヴィクトリースパークで神のみパックがでますよ!!
http://svsm.jp/vs/product/ks.html
とりあえずブースターパックは買おうかな!

今、サンデー18、19感想と絶望放送後悔録音の感想書いてます…
書きたいことがたまっていくううう

神のみぞ知るセカイFLAG137b感想~敗北じゃないんだよ!!~

FALG137b「コアクマのみぞ知るセカイ」

よみましたっ
遅れての感想が通常営業となりつつありますね…申し訳ない!
単行本がでるまでには感想の整理しておきたいなぁ。

☆扉絵の破壊力!!
表紙のかのん…じゃなかったエルシィえろかわいい!ちゃんと楽屋で練習してるんだなぁ。
エルシィのちょっと違った一面を見たようでドキドキします!!

☆3日目にしてなじむエルシィ
①単発式かのん砲
以外とエルシィできるこ!!ONOFF切り替えられてる笑。
あまりにもポンコツ過ぎて最初は注意されたりしたのだろうか…笑

②あなたの隣の商魂
マネージャーさん商売人ですなっ!
KNN48か…非現実感が強くなっていくw
大量の女の子パワー。ある意味現代のアイドルのあるべき姿かもしれません。

☆エルシィスピンオフ回かと思いきやまさかの2Bペンシルズ回とは!!
③マジックミラーバス
不意打ちすぎるだろ!!!
ちひろを見かけたら自分がかのんになってること忘れて話しかけてしまうエルシィが好きだ笑。
5ページのエルシィのかわいさといったら…!!!

あとちひろの服が途中からハイネックになってる気がする。
地味さがちひろっぽいけど細かくみてみるとブーツとか履いてておしゃれだ。
最近の女子高生ってシンプルな服をセンスよくきいてるなってイメージ。ローリーズファームとか。
私が10代の時って、ベティーズブルーとかのごちゃごちゃした柄物パッチワークやフリルをミックスさせて着るのが主流だったので新鮮だー。そして20代半ばになってもそういうごちゃごちゃセンスを引きずってる人、多いと思うんだ…。

☆ちひろに対してあくまで「エルシィ」なエルシィ
エルシィはちひろに対してあくまで「エルシィ」として接するんだなぁ。
かのんになるのは仕事の時だけなのかな?
ハクアは徹底してエルシィを演じているような気がするけど。ここらへんがハクアとエルシィの違いなのかな。


☆ちひろ、歩美とかのんの距離感の話
だからこそ、ちひろのセリフが辛いよね…ちひろに友達として接してくれるエルシィをかのんと思ってるんだからさぁ。
でも、ここで全て劣っている自分をみとめちゃぁだめだ…ううんだめなんじゃなくて…そこから自分に自信をもつことが大事だと私は思うんだよ!

かのんのライブを見ているちひろと歩美の表情、そして京の表情の違いが印象的。
ちひろと歩美の顔は…安易にほのぼのコメディとしては受け取れないよね…
住む世界が違うことを見せつけられてる感じだよ。

かのん負けたってよりもハードルの高さというか、かのんに追いつくまでの途方もない道のりとかを感じてるというか…。ホントは、そこまで遠くないと思うんですけどね。ただ戦ってるステージが違うだけで。そこにちひろ&歩美には気づいてほしいなぁ、なんて思ってます

ちひろと歩美は桂馬のことが好きで、でもかのんは桂馬に「好き」って告白してて、校内でも桂馬とかのんは噂になってて。そう考えると余計にうわあああ!!ですよ!!

かのんちゃんの余裕これなに?みたいな…多分嫉妬することすらハードル高いんじゃないかな…


☆エルシィがかのんの代役をこなせている、ということ
エルシィがかのんの代役をきっちり(とは行かないのかもだけど)やることが出来ている、というのが示唆的です。そう、かのんとちひろ達では、戦い方が違うんだ!だからこその「でも私たちだって…」で「舞校祭ではかのんちゃんに勝ちましょー!!」なんでしょう。桂馬、お願い!!


☆萌え豚のつぶやき
あゆみんの私服…だと!?!?!コートのフードのファー!!かわいいお!!もふもふしたいお!!!鎖骨がでるラインのトップスもシンプルだけど女の子らしいよ!!うわあああんあゆみいいいいん!!!


☆巻末コメント
Q.この人には勝てない!と思う人はいますか?いたら誰かを教えてください!
A.いっぱいいます。とりあえず担当に勝ちたい。

若木先生の担当、石橋さんが気になる人は一色美穂先生のブログと「マギ」の大高忍先生の手書きブログ、BS、マギ単行本おまけは必見だとおもいます笑。

好きな人が犠牲になるとき…どんな顔でページめくればいいの…(週刊少年サンデー18号感想)

だいぶ遅れましたが今週は感想書かざるをえない…

☆BE BLUSE!~青になれ~ 第10節 栄光と…
bb1.jpg

連載開始時からそこはかとなく「誰か死にそう」な雰囲気が漂っていると言われ続けていた田中モトユキ先生のサッカー漫画「BE BLUSE!~青になれ~」。優希の不穏なモノローグと、常人離れした天才っぷりをみせつけまくった龍ちゃんの大活躍で完全に死亡フラグたっていたわけですが。

もうね、今週は扉からして龍ちゃんが絶望的な状況になるのが分かってしばらくページがめくれなかったんですよね。

おそろいのスポーツバッグを頭に乗せて、にわか雨を避ける3人。
優希の本当に楽しそうな笑顔と、小学生にしてめちゃくちゃ頼もしそうな顔してる龍ちゃん、そしてフェードアウトしそうな位置にいる優人という日常すぎる絵に
「3人で過ごす楽しい日々…このままずっと続くといいな。」
って煽りは反則でしょうよおおおおお!!!!


昔からの思い出や経験の積み重ねがあって、今があるというお話がすごく好きです。
必然的に小学生時代からのエピソードから始まる(そして将来に向かっていくであろう)BB(と勝手に略す)にはかなり期待してて、そして期待どおりに面白くって!龍ちゃんのかっこよさには惚れざるをえないだろ!!まっすぐで希望にあふれた子どもらしさと、きっちり先を見据えて生きてる大人っぽさ!!

今回もそんな龍ちゃんのサッカーに魅了された私ですが、インタビューでプランを語る龍ちゃんを見てもうすでに

うわああああああああああ!!!!
(ページを閉じる/開く)

扉絵と同じシチュエーションが見えて

みたくなああああああああいいいい!!!!
(ついったーに絶叫を書き込む)

心を落ちつけてセリフを読む
「龍ちゃん!これでおじさんとおばさん観に来てくれるね!」
で既に涙ぼろぼろですよ…

ううう、読みたくない!読みたくないけど14ページからの3人の描写が素晴らしいんです、ホントに。

希望と自信にあふれた少年、自分でもその力を持て余してる感じすらあって。
それでもけっして人を見下さず、友達に手を差し伸べる。

特に15ページ!!
bb2.jpg
「手の届かないところに行っちゃうみたい」の3人の立ち位置。
その後の龍ちゃんの表情。
「オレたちは変わんないよ」という力強い言葉と手。
もう、すべてが印象的で、辛いのに何度も何度も読み返してしまいます。

勇気を出して16ページですよ。
やめてあげてええええええええええええええええええええええ!!!!!!!
ほんとに、彼は完璧なヒーローすぎるよ…
この大惨事も優人を助けるためだったわけで…
私の中で龍ちゃんを神格化しすぎてつらいよ…

そして死んでない!死んでないもん!だって龍ちゃんだぜ!?!?!?
ここから再起するにきまってるじゃないかああああああ!!!!
1話のカラーは成長した龍ちゃんだったじゃないかあああ!!!うわあああん!!!

優希の反応の描写がなまなましくてつらいよ…うう…


☆結界師 第344話:別れ
そしてここ数週の展開でもういちど最初から読み返したい衝動にかられている結界師ですよ…!
限と良守の笑顔、そして先週の守美子さんの決意。そして今週の式神の伝言とお父さんで涙がとまらないよ!!!

守美子さんはホントに不器用な人だよ…自分が犠牲になれば全てが丸く収まるっていう考えではないんだ。
家族が大好きで、幸せで、そんな自分の居場所のために何かやりたいって思って、見つけた方法がこれだったわけで…

なんで、こんなに他人のためになにかしたい病の人にあふれてるんだああああこの漫画は!
そういう、不器用な自己儀歳野郎たちが愛おしくて、切ないです…

時音と良守の会話にも、あえて描かれる日常にも。
誰にもまだみせることができない良守の葛藤がひそんでいるんだろうなぁ。

最終回、静かに待ちます。

うっ、うっ、他にも感想書きたい作品あるんですがひとまずこれにて…
とりあえずはじあくとARAGOとマギは書くよ!!

後悔録音イベント「座・さよなら絶望放送」いきます!&去年の公録実況まとめ他

☆平日開催だからこそ行ける私
やったーーー!!行けることになりましたよ!!
何気に初の絶望放送公録参加です!!去年の公録の時はこれで最後かと思って悔しくてしかたなかったです。
まさか今年いけるとは!!

チケットも届きました~デザインがかわいいです!
110401_1533~01
裏にはさのすけからの注意事項が…
110401_1534~01

1階の、しかも前の方の席でびっくりしました!2階も覚悟してたのに!!
他のリスナーの方と仲良くなりたいなぁ…とびくびくしながら縮こまってる未来が見えるっ笑


☆物販とか、去年の状況とか
クオリティの高さに定評がある絶望放送グッズ。
公式で紹介されている内容をみるだけでもわくわくしてきますね。
http://www.animate.tv/other/radio/szbh/szbh_event110405_buppan_2LJ9mcgHf4yTccLxM547QJYSkW93dV.html
たまごふりかけってwww
さのすけ色だからですか!!
せめてパンフレットだけでもほしいなぁ…
去年も途中で売り切れ品続出だったので今年はどうなるんだろうとひやひやしています。

去年、一昨年は自宅でついったー&にちゃんねるに流れる実況をねちねちまとめていたので紹介しますね!
去年の物販待機列の先頭の人はなんと朝6時から並んでましたよ…

2009年
さよなら絶望放送・後悔録音ラジオイベント 日比谷大音楽堂~谷怨~現地レポートかってにまとめ

2010年
さよなら絶望放送~惨開~(公録)実況TL(物販開始まで)
さよなら絶望放送~惨開~(公録)実況TL(物販開始~開場まで)
さよなら絶望放送~惨開~(公録)終了後の感想TL



二週連続でさよなら絶望先生が休載だった理由
・久米田先生がシークレットゲストとして絶望放送公録に参加するからその準備
・実は久米田先生が費用全額持って前田くんの新婚旅行に行っている
というのをついったーで見て久米田先生ならありえるかも…とちょっと思ってしまった笑

おそらく改蔵やらじょしらくやらアニメ関連やらいろいろお仕事があるんだろうなぁ。
絶望先生ドラマCDの噂もあるし、いろいろ展開があるのはすごく嬉しいのですが、久米田先生が心配になります!
[ 2011/04/01 15:55 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(2)

神のみぞ知るセカイFLAG137感想~すごくやっかいなハーレムラブコメ~

FLAG137「捕獲」
よみましたっ
またまた遅れ気味な神のみ感想です。

アニメ二期の情報もちらほら入ってきていますね。
アニメ公式HPをみて、ちひろがちゃんとヒロイン、しかもある意味重要なポジションとして扱われていて感動しました!!うちの地域ではテレ東から2日遅れという悲しい状況ですが出来る限り感想も書きたいですー。

ということで今週の感想です。

☆なんという贅沢すぎるハーレム…!
桂馬ハクアノーラにウルカヌス(が操るルナ)が加わってフィオーレとバトル!!
モノを操る、という特性を生かして同じ時間軸でディアナとウルカヌスの再開もいれるスピーディーな展開がいいです。
シリアスな展開にもかかわらず、いつのまにかハーレムなラブコメに移行しているあたりがサンデーで若木先生だよなとニヤニヤ。

ディアナも天理大好き、ウルカヌスも月夜大好きでふたりとも主には桂馬とくっついて欲しがっているという…!!ここらへんの関係も面白いですよね。桂馬←天理←ディアナに加えて桂馬←月夜←ウルカヌスという、桂馬が現実女子に興味ないからこその報われなさ過ぎるラブコメ!!

ウルカヌスが予想以上に月夜LOVEでびっくり。もっと仲良し姉妹な感じになるかとおもいきや桂馬をめぐってのディアナvsウルヌカスの様相を呈してきていますね、かなり楽しみだったり…笑
傍からみると完全にウルカヌス→桂馬←ディアナなのもいいっ!

個人的にツボだったのはディアナとまったく同じ視線で桂馬をみていたところですねっ
ああ、神のみの元祖報われない娘はハクアだったなぁそういえば…


☆「女神」の力
おんなのこの背中に大きな翼、頭の上にわっかというのはビジュアル的にもインパクト大きいですね!
まさに「神様」。羽が大きければ大きいほど神って感じが増すような気がします。小さければ天使のイメージ。

人形vs人形によるウルカヌスvsフィオーレ。
ウルカヌスの力によりあっというまに消えてしまうノーラ&ハクア人形、そしてあっというまにウルカヌスに捕らえられてしまうフィオーレ。
フィオーレの下っぱっぷりったらない笑。

ウルカヌスが出した、このふくよかな巨大人形はなにかモデルがあるんだろうかw
おもわずはじあくの黄村くん思い出してしまいました
110401_1509~01
フィオーレが作った人形もハクアとノーラがもとになってたし。
まさかウルカヌスの本当の姿ってことは…ないな笑。

しかし、ふつーにとじこめるだけでいいだろうに足つかんでフルぼっこにしてるあたり、ウルカヌスの怒りが感じられますね笑。

しかも最終的にはなぜか裸になってるしww
あれですか、君は裸の上にマントはおってたんですか…!!!
優等生だけどドジっこ、さらに脱がされ要員…ハクアが完全にフィオーレにポジション奪われてる涙
とおもったけど、ハクアは今桂馬のバディポジションなんだった。
そしておいやられるエルシィ…はやいうちにまたみたいよエルシィ!!!

フィオーレさんを全力でいじめる「キャホー」なノーラさんがいつもどおりすぎるw
110401_1510~01
それをたしなめるハクアってポジションも安心しますねっ


☆ディアナとウルカヌスの再会
再会シーンがどこか別世界のようで美しいですね…!
家の庭なんだろうけど。
姉のウルカヌスに対してかなり礼儀正しく挨拶するディアナ。静かな雰囲気が神々しい…
とおもったのもつかの間、ディアナが翼について質問攻めというw
姉だからおおっぴらに嫉妬や怒りをぶつけられないけど静かにゴゴゴゴってなってるディアナのかわいいこと!!

そして駄目押しのウルカヌスの「だっこしてくれ」!そして「お前は月夜と私にとって、大事な力の源なのだ」
ですよ…!お前この前まで桂馬を殺しそうないきおいで攻撃しとったやんか!!笑

ディアナとウルカヌスが桂馬をとりあっているのがお互いに天理のため、月夜のためであるところが様々な方向に発展しそうですよね。天理はずっと「今のままでいい」なのか?とか、月夜が桂馬の真実を知ったらどうなるんだろう、とかいろいろ考えてしまう。

どんな展開になっても、私の思考はラブコメにシフトしそうだなぁ…笑

そして危ない状態のかのん、アポロの前についにウルカヌスとディアナが!
二人の力で助けることはできるのでしょうか…!

早く女神が復活して桂馬を交えてどたばたラブコメするさまを期待しています!
もちろん2Bペンシルズも忘れてないよっ

☆その他
ドジ萌え女www的確すぐるwwww
さすが「不気味な男」だ…
先週のドジ萌え女フィオーレのかわいさに釣られた萌え豚のひとりです。
目的のためなら少々のリスクは厭わない桂馬根性には恐ろしさすら感じるなぁ
しかもその判断が的確で、もし間違ったとしても冷静に軌道修正してくる。

☆巻末コメント
今回はどの先生も震災に関するコメントですね。
この度は大変な状況ですが一刻も早い復興とみなさまの安全をお祈り申し上げます。