神のみぞ知るセカイFALG148感想~栞が欲しかった言葉と、栞が伝えたかった事~

FLAG148「かくも長き籠城」

よみましたっ
9月に発売される中川かのんちゃんのニューシングルにはPVも付いてくるそうで…!
とても楽しみです。OVAつきも売れて、3期が実現するといいなぁ…!!
私の住んでいるところでは今夜(水曜夜)最終回放送なのでわくわくそわそわしています。
最近、ここの更新頻度が減っているのですが(スミマセン)8月末には復活すると思われますので…!

さて本編。担当編集者…じゃなかった桂馬に「カンヅメ」を強要された栞先生。
二人きりといえどもそこには甘い空気なぞ一つもなく、監視者と監視対象者しかいないという殺伐とした状況の用で笑。栞ちゃんは「囚人と看守」にたとえていますねw
だからこういうセンスを創作にいかせばと何度いったら(ry

良い物をたくさんしっているからこそ書けないんでしょうね。
自分以外の誰かの話を書きたい、でも自分じゃないと書けない話が書きたいという…


カンヅメ作戦で傑作が書けるようになるか、というと、作戦主の桂馬もそうとは考えていないようで。
それでも
「ムリにでも書いてもらう他ないな、傑作を。」
「それ以外のシナリオはボクの想定にない!!」

と言い放つあたり、さすが桂馬といった感じで。
つきはなしているんだけれど、それは桂馬が栞の底力を信じているからだろうなと思ったり。

☆桂馬とハクア
ここでハクアとのやりとりがあるのも凄く好きだーー!!
地区長の定期報告会へ行くというハクア。
いつ帰って来るんだと聞く桂馬。

それに対する
「早く帰って来て欲しい?」
「はぁ?」

というやりとりが可愛い!!
明らかに、桂馬の気のない反応が返って来ること分かっててのハクアの発言と、その通りの桂馬の反応って感じ。

flag148002.jpg
ハクアはお前だけでも大丈夫よ、といってますが…桂馬が「不吉なこというな」って言ってるように、何か起きるフラグにしか見えないという…笑

☆無理している桂馬は、それでも輝いていると思う
無理しないでね、と軽く気遣うハクアに、そもそもお前らが来てないと無理していないと返す桂馬。
ですよねーーー!!
エルシィたち駆け魂隊が桂馬に接触しなければ、桂馬は今だって平穏にゲームの世界にどっぷりはまっていたんでしょうね。
それでも、無理して現実世界と格闘している桂馬だからこそ好きだなぁと思いますよ!
この先もずっと、駆け魂狩りが終わっても、現実世界でもギャルゲ界でも居場所を見つけてくれたら、と。

☆カシラギふたたび、そして栞のやりたかったことは…
flag148004.jpg
寝ている桂馬、そして栞の脳内に響くのは、あのカシラギの声!!
本をたくさん読んでいるんだから書けるだろ、と、ごちゃごちゃ言わないで書けというカシラギ。
書けないのは、主人公であるカシラギが動いてくれないからだと反論する栞。
それは書く人の能力じゃないか、というカシラギを埋めてしまう栞がかわいいw

「そもそも小説を書こうとしたのは…栞のほうじゃないか、ボクには責任はないよ。」
(中略)
「小説を書いて…誰に読んでもらいたかったんだい?」

埋まったカシラギの言葉から、自分が小説を書く理由を考える栞……!!
ここからの流れが好きすぎて鳥肌です!!!!
「そもそも小説を…」と「小説を書いて…」の間に、栞の回想が入るのですが、藤井寺さんが栞は変わったって。
無口だけど、明るい無口になったって、いうんですよねぇ……!!
いち後輩のことなんぞ、どーでもいいって考えてそうで、しっかりみているそんな藤井寺さんが好きです!!

「栞は変わったよ」
「君は本を読んでいるだけで満足だったんじゃなかったのかい?」

そう、栞は桂馬の攻略によって変わったんですよね。
だから、栞は誰かのためじゃなく、変わった自分と、だけど変わった原因を覚えていない自分にモヤモヤして、何か形にしたかったんだなぁと…。

「なにかせずにはいられなかったのよ!」
flag148008.jpg
の瞳のアップが切実でますます胸を打ちますね…!!!
そして完全に地面沈没するカシラギ。

だけど残ったのは、さらなるモヤモヤ(モヤモヤを解決してくれるかもと思った桂馬が、さらなるモヤモヤの原因だったわけですねw)と、自分への失望感……

で、ですよ!!!カシラギが完全沈没した後に聞こえるのは、本物の桂馬の声なんですよ!!!!
「ごちゃごちゃ考えてないで書けよ」

最初に聞こえた、カシラギのセリフと全く同じセリフ。

でも、桂馬とカシラギは違うのです。
桂馬は、栞の背中を強く押します。

「お前なら書けるよ。誰よりも面白い話。」
flag148010.jpg
このっ桂馬の表情がったまらんですよね!!!
すべてを見通しているような、分かりきったことをいっているような。

栞が声に出さず、モノローグとして言った「そんな簡単に言わないで」に対して、ちゃんと声で「簡単だよ」と返しているのにも鳥肌ですよね……!!!
flag1480010.jpg
やはり、桂馬にはエンディングが、栞の力が、見えているんだろうなぁ…

そして、今度は栞の目を見据えていうんですよね。
桂馬が読みたいのは、図書館に住んでいる、本を愛する女の子の話だと。
人づきあいに不器用で、図書館に立てこもってしまう女の子の話だと。

ですよねーーーー桂馬くううううううん!!!
彼女は、彼女自身のセンスと体験をそのまま文章にすれば…自分のことを書けば…傑作がかけるはずなんですよ!!
上の方でもかいたけど、それをしなかったのはきっと自分以外の誰かの話を書きたい、かつ自分じゃないと書けない話が書きたいっていう、本を愛するものとしてのプライドと。

そして何より、「カシラギ」となってあらわれていた、彼女のモヤモヤが邪魔をしていたんでしょうね…!!
モヤモヤの象徴、カシラギが埋まってしまった今、つまり栞が桂馬の攻略を完全に確信した今、やっと栞は自分の体験を小説にできるのか……!!

そして、あの小さな女神。
彼女もまた、静かに栞の小説の完成をまっていたようです。

ずっと栞が欲しかった、桂馬の言葉。
桂馬があの時助けてくれたという確信。

でも、ここで桂馬はカシラギと同じように消えてしまいます…

それでも、今度こそ栞は、涙しながらも、書くことを諦めないんですよね……!!
1人、図書館で小説をつづる姿には、強さすら感じます…!

ともかくまた、若木先生のおはなしの構成の凄さにうはああああと悶えながら読んでしまいました…!!
すごい…!!

来週も楽しみです、そしてコメント欄の返信でも言いましたが、ちひろ、歩美の再登場が怖いような楽しみなような!!






神のみぞ知るセカイFLAG147感想~動きが少ないことが絵になる文学少女~

FLAG147「逃避行」

よみましたっ
栞ちゃんの行動の一つ一つが可愛すぎてですね…!!
セリフ回しのセンスにあふれていて、このコはこれそのまま文章にしちゃえばいいのに!!
と思うんだけど、そうはいかないのが小説書きってとこなんでしょうかね…。

(単行本、新刊も買いました!!しかしまだ読めてないという…)


ちょっと古い少女漫画か少女小説で出てきそうな、上品な場面で始まった今回。
正統派文学少女です栞ちゃん。この流れからの回想っていうのも好きだああ!!

栞は藤井寺さんに舞校祭で小説を出すと宣言をしたようで。
自分の読書量に自信をもっていた彼女は意気揚々と創作体制にはいります。
(ドアの前の張り紙が相変わらず小さい文字なんだね…!!)
彼女の読書量は元々の素質なのか、それとも女神の影響だったりするのか。
ちょっと特殊なパターンぽいので気になっています。

ここで唐突に、性格以外の面、栞の記号的な面について考えてみる…

使う言葉も、80年代文学少女っぽいよね。それプラス時代劇趣味でさらに愛らしさが増しているというか…
単なる80年代文学少女っぽさなら、新井素子の模倣でもいけるんだろうけど、それだとキャラクターを作った作者の趣味、または「流行りにはあえて迎合しない(キリッ」 みたいな鼻につくインテリっぽさが強くなってしまいそう。そこに時代モノが好きっていう要素が加わって、独特の味わいが出ていると思う…!!
「誹り」という単語一つとっても、80年代文学少女+江戸モノ好きがにじみ出ていて、すごくいいなと…!!

本編に戻ると。
部屋に籠った栞は、桂馬を題材にすれば書き上げられるという確信を得て、小説執筆を始めます。
ここで注目したいのは、2ページ目からすべて、上から下へほぼ同じ横幅でコマが割られていること!!
…ちょっと言葉で説明しにくいので画像で…
flag147001.jpg
flag147004.jpg

神のみは、キャラの実際の動きを上手く見せるコマ割りをしているイメージがあるんですが、栞の場合、ほとんど動きが無い子なので…。それに加えて今回は小説執筆というさらに動きが少ない場面。その栞の動きのなさを、逆手にとって絵にしている感じ。栞の思考と時間の流れが強調されているなと感じます。

結論:神のみはコマ割りも萌える

栞はかなりの読書体験をつんでいるせいか、書きだしから納得がいかないようで、何度も書き直しています。

そして、栞は…上で80年代文学少女+江戸モノ趣味って言いましたが、再攻略編でさらに「創作に行き詰まると宇宙戦争を始めてしまう」という特徴も判明しました笑。

こういう抜けてる感じが、コメディぽくていいなぁ!と栞を愛でまくっています…!!
キャラに悩む栞を見ていると、若木先生もこうやって悩みながらキャラクターを誕生させているのかなぁと思ってしまいますね。

そしてですよ。
小説執筆がPCや携帯でもなく、かといっていかにもな原稿用紙でもなくって、レポート用紙というあたりがまた…!!うまく言えないんですけど、こういう微妙な小物のチョイスも栞のかわいさを演出している気がして。
強烈の烈を書き間違えて、横に書き直してるとかも、リアルでいいなって。キャラとしては漫画のキャラ、記号があつまってるキャラなんだけど、実在を感じさせるディテールがたまりません。
栞ってキャラは、若木先生の女子キャラの真骨頂なんじゃないかとさえ思います。

ベッドの横の部屋の壁に貼られた、可愛い形に切られたメモなんかも、リアルな女子高生っぽくて素敵。

携帯で連絡なんて、若者みたいなことできない、若者な栞さん。
とりあえず携帯電話のネット検索で桂木桂馬を調べたところ、あっというまに桂馬とかのんの噂が広がっているようで…!!

やっぱりあれだけ大勢に見られたら、学校内の噂だけにとどまらないよね。
かのんのマネージャーさんとか、どういう対応しているんだろう…

ということで、栞さんの中で、桂馬はアイドルとも男子とも付き合う女装男ってことになっているみたいです。
そして、栞とキスした男の子でもあって……。
そりゃ、キスしたことだって、現実じゃないかもしれないって思ってしまうよなー。

桂馬は自分にとってのミューズかもしれないし、地獄の使いかもしれない、と考える栞。
読者からしたら、桂馬はどっちも兼ね備えているように見えたり。

書き進まない栞は勉強しながら書くことにするけれど…やっぱり、読みふけっちゃいますよね笑。
これは私にも経験あるよ……!
ブログの資料に…って漫画に手を出したらそっちをよみふけっちゃったりね…w

いよいよ追い詰められた栞、「本の神様降りてきて…」
そうだよ!!追い詰められたときにこそ、本来の力が発揮されるんだ!
テスト前日の徹夜と一緒だね!!

降りてきませんでした笑。
flag147015.jpg
なにかおきるぞって引っ張っといて、なにもおきない笑。
それこそ王道だけどずっと栞のモノローグで続いてきたから余計面白いですね笑。

真っ白だけど、迷走した痕跡をみつけた桂馬は、一日栞とともに図書館に缶詰する宣言。
今回、やっと桂馬の登場です。
やはり桂馬なしで、しかもずっと1人で、ここまで話をひっぱれる栞のキャラクターはものすごく強烈だ…!!

栞をひそかにみまもっている小さな女神の正体も、来週から明らかにされるんでしょうか…??

次回も楽しみです!!





神のみぞ知るセカイFLAG146感想~サンデー表紙の生足が全て持って行きました~

FLAG146「テキスト・アバンチュール」

よみましたっ
表紙見た瞬間何事かと…!!!!
まさかのコナンコスプレ桂馬…!!
flag146000.jpg
幼き日の桂馬(と思われる)の生足を…三角地帯を…凝視してしまったのは私だけではないでしょうよ…!!
とりあえず太ももと太ももが触れ合ってる部分がめっさやわらかそうで(ry
これ以上いうとやばい人になりそうなのでやめときます。
しょっぱなから気持ち悪いこと言ってごめんね!!!

さて本編の方はというと、栞と女装桂馬の再会…です。
物語に出てくるような華やかな恋にあこがれつつも、自分に訪れるのはせいぜい平平凡凡とした恋であろう…
と予想してた健気な栞さんですよ。
(私はこの子の、ちょっと現実的なところが好きだなー)

きっと、そういう子のところに限って、複雑怪奇な恋愛がやってくるんですね…!!
「出会いの神様…!!あんたいったん死ぬれ!!」

ごめんね!その複雑怪奇さに読者たちはニヤニヤしておるよ!!
栞の脳内セリフは、ホントにテンポよくて面白くて、言葉のセンスが光っていると思うのですよ。

桂馬にはもう関わらない、と決めた栞ですが、小説読みに来たよという桂馬に絆されちゃいます。
でも、ちゃんと(心の中で)的確なツッコミをするあたりが賢い彼女らしくてかわいい。

他の人に見られたらどうするんだ、とおもってたら鬘かぶって擬態するようです。
藤井寺さんも気づいてないし、栞の評価も「かわいい」!

というかですよ!!栞編まできちんと女装路線をひっぱった桂馬と若木先生は神だと思いましたよ…!!


強気に出ようと「出ていけ」の一言で一蹴しようとする栞ですが、結局
flag146005.jpg
口下手なんだよなぁ…(かわいいい!!!

強気が上手く行かなかったら、今度は路線変更で女装の理由を聞いてみる。
おおっコミュ能力がアップしてるような気がする!!

栞に女装の理由を話す桂馬。
作戦のために女装をしなくてはならなくなった桂馬。
だけど、だんだん女装にのめりこんでしまって止められなくなった。
そもそも、桂馬の日常は屋上で悪魔に出会った日から崩壊を始めていたのだ。
すでに常識と非常識の境はない。

このままボクは…現実の歯車の上で…ズタズタにされてしまうのだろうか…
flag146007.jpg
な、なんだこのサービスカットはああああ!!
そして間違ったことは言ってない桂馬の独白…!!!
もはや、再攻略になってからは桂馬のセリフはゲームそのままなのか、という議論は廃れていますよね。
桂馬のゲームの経験、そして現実での経験から出てきている言葉で…
(たとえそれが計画通りの言葉たとしてもね!)

この言葉も、栞を意識して意図的に物語らしく語っているのは分かる。
けれど、少なくとも「作戦のために女装」と「悪魔と出会って日常崩壊」は事実のわけで。
となると「女装がやめられない」も真実みたいに思えてくるじゃないですか笑
いや、違うのは重々承知だけどね!!

で、栞のあまりに的確すぎるツッコミその2。
flag146006.jpg
今回は栞の現実的なつっこみがさえわたっていておもしろいです!
ただしモノローグの中で、だけどw

そんな桂馬と栞をみている、前回登場した女神らしき?小さな女の子。
意味深だよう。すでに実体化しているあたり、他の女神と違うんですよね。

つまんない話してごめん、と殊勝な面もちで立ち去ろうとする桂馬を、栞は思わずひきとめてしまいます。

「そういう悩みを書いている本は…」
「図書館に103冊あって…」
「悩み事は話したほうが…軽くなるって……」
「1347冊の本に書いてありますから。」


本の内容暗記は描け魂の影響ですごいことになってるのかなと思いきや、今も同じこと出来ているということは…
もともと彼女が持っている力だったのかな?女神の影響ってのも考えられるけど。

図書館閉館で、思わず一緒に帰ることになった二人。
そのままで帰るのか、と聞く栞に対して、こっちのほうがいいかなと鬘を脱ぐ桂馬がマジ輝いていてどうしようかとおもった…

男の子苦手な子が女装男子だと平気っていうシチュエーションは倒錯的だけどさわやかでときめきを覚えます…!!

そして、この機会にと、初めてラーメン屋に足を踏み入れる栞…!!
そうだよね、1人じゃ入りにくいよね…
初めてのデートがネギラーメンとか、素敵だと思うよ!!
というか、ネギラーメンは好物だったのね…笑

「甘いラーメンが流行り?バカヤローあんなの邪道ー!!」

すみれネタがこんなところに!!流行ってるんですね笑
今度二人ですみれのとこにも行けばいいと思うよ!!

キスのこと、今までのこと、今日のこと。桂馬とのことを回想して
今なら、お話がかけそうと桂馬主役で書くことを決意する栞。

舞高祭には決着をつけるつもりでいる桂馬。
栞もこれで攻略できる、と断言。
flag146017.jpg
久々のエンディングが見えただーーーーー!!!
やっぱり桂馬はこれがないと!!
ちょっと感動してしまったじゃないかああああ!!!

栞が小説を書きあげられないのは、自分のネタに自信がないから。
だったら強力なネタを提供すればいい、と体を張って桂馬はネタを提供したわけです。

で、翌日。
桂馬が栞の元にいってみると…原稿は白紙でした。

し、栞先生ーーーー傑作はいつ見れるんですか!!!
栞は最後まで結末見えてないと書けないタイプなのかもなー。
でも、原稿用紙何百枚も感想書いたりってしてたから、勢いで書く人にも見えるんだけど。

次号たのしみです!!
おまけに!!2Bペンシルズ回がOVA化だとおおおおおお!!!!
なんという私得…!!
月夜編もOVAでもいいからアニメでみてみたいなああああ!!!








スミマセン、仕事後の眠気に勝てずまだ神のみ感想書けてないorz
あんなすばらしい表紙の回、かかなきゃどうする!!!
金曜夜までには上がってるはずです、スミマセン!!!!!
ついでに桂馬のばーすでー祝いの記事もかくよ!!
(おそすぐる)
[ 2011/06/17 01:32 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(2)

☆唐突に雑記を…!!
書きます。
ついったーで日々吐き出しているからか、めったに雑記を書かなくなりましたね…
私生活がわたわたしてるのもあってあまり更新できずスミマセン。
サンデーと神のみは全力で応援していきますのでっ
水曜日の神のみ感想だけは死守したいと思います。
で、できればサンデー全体の感想もあげたい…

神のみアニメ、アクションたっぷりの楠編、ちひろ編のしっとり感、純編のテンポの良いコメディからのシリアスのギャップなどなど、とても楽しく見てます。
レビューは遅くなりますが必ず書くよっ
BDは購入してるんですがなんせ視聴環境がなくって結局テレビ録画を見ているというありさまです。
特典CDがいつもすばらしいので(特にシトロンのCDは素晴らしかった…アルバムに入らないのがもったいない!)、やっぱりBDを買ってしまうんですよね。
DVDでもCDついてきたらいいのに…!!
今後プライズの展開も続くのでとても楽しみにしています。
(ゲーセンでとれるはずもないので既にショップにて予約済みという)
特にあゆみんのフィギアと桂馬のぬいぐるみはね…!!!


☆アニメを見てる
忙しいといいつつ、今期は神のみ以外のアニメも見ていて、特にTIGER & BUNNYはMAGネットの特集で偶然見かけて設定がかなり自分好み(ちょいメタな設定に王道ストーリー)なことに気付く→とりあえず1話みるか→翌日には最新話まで購入してました。あれっ

最初は1日1話見るよなんて流暢なこといってたんですがあんまり面白過ぎたんで10話まで一気に見てしまったよ…雇われサラリーマンヒーローっていう設定はもちろん、大好きな凸凹バディもの!!
レトロフューチャーな世界観がたまらん上にキャラみんな好きだし話面白いし続ききになるしで…
ハマるときはすごい勢いでハマるから危険すぎる…

ヒーローの活躍をショーアップして見世物にする行為自体がなにかの陰謀じゃないかとか、マーべリック他アポロンメディア関係の人々が黒幕なんじゃないかという予想がでるのはもっともだけど、バニーがどん底におとされるような展開よりは彼の成長譚として痛快アクションで最後までいってほしいなぁと
シュテルンビルド自体が箱庭のような世界で、実は犯罪者とヒーローの攻防も上層部によって仕込まれたことだった…なんていう救いのないメタな結末だけは勘弁してほしい…ヒーローの悲哀は描いてもヒーローを否定することはしてほしくないというか。制作者さんのインタビュー読む限りないと思うけどね!

どのキャラも気になるけど一番気になるのはT&Bコンビ、そして鏑木親子の関係です。
実の娘に対しては上手く父親できないのに、ヒーローの後輩や他の子どもたちには理想的な父親の役割を果たせる虎徹さんの不器用さが好きだ。楓ちゃんがバニーの大ファンになったのは、バニーが親子の仲を取り持つ役割を果たす伏線だと思いたいっ!!

でも、各キャラに焦点あたるたびにそのキャラがいとおしくなってたまらなくなりますね。
王道ストーリーを魅力的に見せて、かつ会話の上手さを際立てる脚本の勝利ですなーー。

あっあとはですね、花咲くいろはの次郎丸さんのへたれっぷりが好きっすね…
彼が出てくるだけでテンションあがります。


☆エロゲもやってる
ねこねこソフトのwhiteをのろのろすすめています。
どうもメインの双子ロリの描写が好きになれなくってですね…
なんだろう違和感ばりばりの気持ち悪さというか…(進めて行くうちにこの違和感の意味も分かってきたのですが)

しかしですよ!!!
サブキャラであるはずの男の子、レンがめちゃくちゃ萌えることに気づいてからは読み進めるのが楽しくてたまらないです…!
まさかねこねこソフトの男性キャラにここまで萌えるなんてっ

エロが入り込まない分、彼の純粋さ真面目さには素直に萌えられるのかもしれないな…
ほたるとレンのやりとりがとても好きです。
お兄ちゃん好き好きなほたるをどうにかして振り向かせてほしいっ>レンきゅん


☆ミスフルの全話レビューとか
2巻分は書けてるんだけど、推敲&どこに投下するかで迷いまくりです。
最近みすふるふぁんの人との交流も増えて嬉しい私です。


[ 2011/06/14 17:58 ] いーかげんな日記 | TB(0) | CM(0)

【神のみぞ知るセカイ13巻特典ペーパー】ねこみみメイドあゆみんがかわいすぎてやばい

神のみ13巻の特典ペーパー検索しようとしたらあっさりウェブサンデーに全種公開されていたという…笑

http://websunday.net/news/#n_kamiより引用
kaminomit13.jpg

エルシィ→SSS、歩美→とらのあな、あとはゲーマーズとアニメイトかな。

いやーアニメもいいけど、やっぱり若木先生の神のみキャラが一番だな…!!

…ん?
んんんん??????!!!!!

kaminomit131.jpg
なんだこのあゆみんかわいすぎるだろおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!

と、とらのあなではもっと大きいサンプルがみれます。
あざとすぎてかわいすぎてはなぢでそう…!!!

さんぷる↓
http://www.toranoana.jp/mailorder/bok/pagekit/0000/00/04/000000045914/200011037295.html

うちの地方ではとらのあなないんですけどね…通販予約確定ですようおおおお!!
通販↓
http://www.toranoana.jp/mailorder/article/20/0011/03/72/200011037295.html

あゆみんさすがあゆみんです!!!
やっぱり若木先生のあゆみんが一番かわいい!!
輝きハンパないしかし普通の女の子らしさもあるというなんなの!!!
彼女には、輝いてる女の子のそこはかとない大人っぽさと余裕を感じます!!!!
うわーーーんあゆみんが好きすぎて辛い…

ついったーで、いろんな方とお話して改めて感じたのですが…
歩美は、「桂馬が好きな自分」をちゃんと自覚していて、行動している気がするんですよね。
かのんに嫉妬するときも、めちゃくちゃストレートで。他の子だと、「桂馬のことなんて好きじゃない」ってタテマエがありそうなんですが(そういう自分の気持ちを否定したがる娘も大大大大好きですが!)、あゆみんにはそれを感じないんですよね…!!そのレアさが、琴線にふれまくります!!
自分の感情に素直に行動してるところが、逆に余裕や大人っぽさを感じる…!!
最近ますますあゆみん好きすぎてやばいです!!!

とりあえず
あゆみんは女神いてもいなくても女神!!!
ということなのですやっほおおおおおお!!!!


[ 2011/06/12 03:26 ] 神のみ単行本特典情報 | TB(0) | CM(0)

【神のみぞ知るセカイ】13巻限定版の卓上時計は若木先生描き下ろしのエルシィ

神のみぞ知るセカイ 13 デジタルクロック付き特別版 (小学館プラス・アンコミックスシリーズ)が6月18日に発売されますが、今週のサンデーにてデジタルクロックの画像が公開されていました。

flag145011.jpg
若木先生描き下ろしのエルシィ!!かわいいなぁ…

表紙は中川かのんちゃん&アポロです。華がある二人!!


特典ペーパーの情報もちらほら出ていますね。
あとでまとめますー。

神のみぞ知るセカイFLAG145感想~5人目の女神が登場~

FLAG145「第三種恋愛接近遭遇」


よみましたっ
栞の再攻略が本格的に始まります。
栞の饒舌っぷり(ただし脳内)はとても滑らかで心地よく、読んでいてニヤニヤしますね~
…このしゃべり口調で、小説も書けば名作が生まれそうなのに笑
それこそ新井素子の少女小説みたいな!!
でもこの不器用さも栞の可愛さ面白さの一部だよなとおもったり。

栞が桂馬の女装姿を見ていたこともハクアの羽衣の能力で把握する桂馬。
もちろんあの桂馬なので、栞に下手に言い訳したりせず、女装の自分を押し通すつもりです。
flag14502.jpg
そんな桂馬の性格を的確に把握しつつ呆れてるハクア。この二人のバランスいいよなぁ


栞が本に挟んでいる栞、神のみ12巻特別版のステンレスブックマークみたいだなー笑

藤井寺さんの口調も特徴があって、でも最近の漫画やアニメっぽくない…そのバランスが好き。
投げやりな口調と、ちょい文学的な言い回しのコラボが大好きだ。
flag14505.jpg
藤井寺さん大好きなんですよねぇ。結構、栞といいコンビになるとおもうんだよな。
脳内で饒舌にしゃべってる栞の口調も80年代ぽくて、ユーモアあって、藤井寺さんと会話させたら面白いだろうなと笑
栞と藤井寺さんのコンビでお話を読んでみたい。


栞の中に渦巻いている怪異。
それは「恋愛」(たぶん)なんだそうで…!

…栞も不憫よのう。
彼女が本の中で出会ってきたどんな恋愛とも違う形の怪異(恋愛)に出会ってしまうなんてw
図書館籠城と、小説執筆のエピソードだけなら素敵な恋愛エピソードとなったであろうに…
桂馬女装と結でカオスな状況に笑

・自作の小説に介入してくる(これは本の中でもありそう)
・目の前でBL(……?!)
・女装して高笑い(………!?!?!?!?)

桂馬の予想する、栞→桂馬の評価は「スーパー最悪女装変態男」でしたが、実際は男装の結が普通に制服をきている桂馬に迫っている姿も見ているわけで…笑
倒錯変態女装変態男という評価をたまわりました。

本の趣味、相変わらず時代劇ぽいのが好きなのね…と思いつつどんどん濃いパロディものになっているような汗
ドーベルマン刑事ならぬ、ドーベルマン目明かし…

栞は桂馬が小説の続きを読みにこないことに御立腹のようです。
ただの倒錯変態女装男ならまだしも…約束を守らない倒錯変態女装男は救いようがないわ!!

約束を守ってたらまだ許容範囲だったとw

で、何より読者が気になるのは「栞に女神はいるのか」ですが、栞は図書館籠城のことも、桂馬とキスしたらしいことも思いだしているようです。

栞が一番気がかりだったのは、桂馬とキスしたんじゃないか、ということ。
じわじわと桂馬を回想して、最後にキスのことをもってくる栞がかわいい!!!

当然、栞には女神がいたというわけで。
どうやら女神も口下手なようです、今の栞以上に…
flag145012.jpg
見た目は子どもだなぁ。栞に姿を見せているけど、話しかけようとすると消えちゃう。
だぶだぶの制服の上着だけをきている感じ?し、したはどうなっているんだろう…

今までの女神は宿主と入れ替わりで姿を現していたのに、今回の女神は栞とは別の姿で実体化しているのが気になります。メリクリウスなのかミネルヴァなのか…

結局気になって、2-Bの教室まで行って桂馬を呼び出してもらう栞ですが(うおおお成長している!!なんだか感動してしまいました…)途中で図書館へ帰ってしまいます。

あの男はあんな調子で声かけて、ちょっかいだしてるに違いないわ!!
男女問わず!!だって倒錯変態女装男なんだから!!

falg145016.jpg
あああ…栞の中で野蛮な倒錯変態女装男として桂馬が印象付けられてしまった…笑

桂馬を忘れて日常を取り戻そうと意気込む栞でしたが図書館にはすでに
flag145018.jpg
倒錯変態女装男が…

桂馬、あくまで女装男として貫き通すみたいです。
その心意気あっぱれ!!

…結との図書館の絡みはどう説明するんだろう笑
女装趣味をどう告白するのか楽しみ過ぎて(違う 来週が待ち遠しいです!!








【PEROさん健在】エロゲカウントダウン跡地が復活した件

桂馬の誕生日をブログでお祝いしそこねて(後で桂馬語りするけど!!)、あーあと落ち込んでいたところに朗報が…!!

☆おおおおおおおおおおおおおお!!!!!
エロゲカウントダウン跡地

拍手コメントで教えていただきました…!!!
エロゲカウントダウン&特劇アプリオリ跡地復活!!!
さらにPEROさんの最新メッセージつき!!!
本当に本当にありがとうございます!!!

なぜ…気付かなかった私っ!!!

去年iswebライト終了によりエロゲカウントダウン及び特劇アプリオリが消滅してしまい、
>ひっそりと2009年にPEROさんの言葉が更新されてたり(反転したら読めるようになっていた)、別々のサイトだったエロゲカウントダウンと特劇アプリオリのレビューが同じサイトになったりと、ちょいちょい更新はあったんですよね。だから、いつか復活することを期待しておきます…涙

って書いてたんですけど…!!さすがPEROさん跡地復活だけでなくまさにPEROさん節全開のレビューまで!
(indexページの下の方、反転すると読めるようになっています!)

2005年の最後の言葉にて、「聖少女の新作が出たらいつでも舞い戻る準備はあります!」とおっしゃってたPEROさんですが、その言葉通りになった感じですね…!!

メッセージ更新日が5月28日になっているので、「STARLESS」発売日にゲーム買ってやって、その興奮のまま復活&文章更新した模様です…笑

まず言葉の強度が違いますよね…微塵も知らないゲームなのに文章読んでるだけで腹筋崩壊ですよ
そして、そのキャッチーな言葉を使いたくなる…使う機会ないけどなっ!!

なんにせよPEROさんが健在すぎて嬉しかったです…!!!
とてもとてもお忙しいでしょうが、たまーに、PEROさん節全開で更新してほしいですねっ

神のみぞ知るセカイFALG144感想~ハクアの微妙な恋愛偏差値とエルシィとの絆~

FLAG144「一過団欒」

よみましたっ
何ですかこの萌え爆弾は……!!
これだ…神のみに求めてたのはこれだ…!!ラブコメが見たかったんだ…!!
頑張ってる女の子が、男の子が大好きです!!!ふおおおお…!!
ハクア、エルシィが好きな人は必見ですホントに!!
はぁ…ハクアのみそ汁のみたい…ハクアのみぞしるせかいみたい…


お嬢様の結が生み出した妄想の王子様だと思ってたのに、その王子様(桂馬)は実在していた…!
それを知った結の喜びようがかわいいなぁ。
で、マルスもどんどん口を出します。アグレッシブな宿主と女神に桂馬もタジタジだなw


桂馬はヴィンテージと他の女神の存在をマルスと結に話したようですが、かのんとアポロのことは話さなかったようで。かのんのピンチを知ったらすぐにでもヴィンテージに特攻をかけるだろう二人の性格をよく分かってらっしゃる笑。

本当の危機が迫ったら大変だ、と桂馬いってるそばから謎の生物が…!
なにごとかとおもったら…このこの仕業でした
falg144007.jpg
エルシィーーーーーー!!!
まってた!!君を待ってたよ!!ブラックかのんじゃなくて今回はちゃんとエルシィです!!
読みなおして思ったけど、桂馬、エルシィと会えてほっとしたんじゃないかな…
ちゃんと、言葉にしてはいないけど…


ラジオの収録がなくなって急きょ家に帰ってきていたようです。
休みの時もおりょーりを作ろうとするエルシィ健気じゃのう…
こうなると早く麻里さんも見たくなってきます!!
早く復活して~桂木家!!桂一さんも見たい!!見たいよ!!!

エルシィに会うなり早々に帰ろうとするハクア。
そっか…ずっとエルシィになりきりだったしね…桂馬と一緒に暮らしてたしね…ちょっと気まずいよね…!

でも結局桂木家に行って料理手伝ってるハクアが好きですw


ハクアのエプロン、伝統のひよ子エプロン!!めぞん一刻好きな若木先生らしい…
ハクアの包丁さばきがプロ並みです…
falg144008.jpg

「桂木のヤツ、食べるの面倒くさがるからね。とにかく小さく切っとけば自動的に食べるのよ。」

……!?!?!?!?
ハクア桂馬の料理つくってんの!!!!!
しかもみそ汁!!!!
な、な、なんという…嫁…
雪枝さんの教育ですか!!雪枝さんGJすぎる…
嫁じゃないけど…裸フラグたっても恋愛フラグたたないけど…フラグたたないからこそ可愛すぎる…!!!!


そしてハクアとエルシィの料理完成
一目瞭然すぎる…
falg144009.jpg
エルシィは人間界になじみ過ぎてるように見えて、料理は地獄風が抜けないんですね…!!
ハクアはこんなに人間界の料理ができるのに…っ

そして、まるでコオロギかスズムシのような扱いのフィなんとかさん…じゃなくてフィオーレさん…笑
flag144009.jpg
こういう扱いが似合う不憫な敵役よ…大好き。
裸が見えないように?貼られている紙がますます虫の飼育っぽく見えるw
これで今回の裸タイム(謎)は終わりかとおもいきや…

ハクアとエルシィのお風呂タイムきたーーーーーー!!!
桂馬がハクアの裸見るフラグですね分かります
髪おろしたエルシィにドキドキ…

フラグを予感してるハクア、羽衣ガード堅いですでも裸より夢があるわひゃっはーーー!!!
flag144011.jpg
個人的に…おへそを見せてるあたりが…腰のあたりのラインがしっかり見えてるのが…すてきだと思います…
(あえて画像は載せないっみんなみるべき!!)

エルシィが帰ってきたのにあまり反応を見せない桂馬を冷たいというハクアに対して、エルシィは
「にーさまはいつもいろんなこと考えてるから…」
「でもにーさまに任しておけば…全部大丈夫だよ」

(どーでもいいけど、「任して」おけばって言い方関西弁ぽい気がする。)

エルシィはどこまでも桂馬を信用しています。そしてハクアも。
素直に「信頼してる」と言えるエルシィと、
「し、しらない」のハクア。素直じゃないなぁ…


でも、エルシィに対しては
「…お前は十分すごいわよ。私もお前みたいになりたいわ!!」

flag1440013.jpg
と言えるようになったハクア。
笑顔がとても可愛い!エルシィをねぎらいと尊敬といつくしみと嫉妬が混ざった眼差しでみるハクアかわいい!
彼女も駆け魂狩りの中で変わっていった1人だよねぇ…

微笑ましくお風呂で水鉄砲遊びをするハクアとエルシィをずっと眺めていたいです…

さて、桂馬に裸みられるフラグ立てまくりなハクアですが、もうみられるところないくらい全身くまなくみられてるんじゃと思いきや…

…まさかのこの角度!!!
flag144014.jpg
どう考えても中までみえてますありがとうございました。
薄い本が厚くなるな…

な、なかみまで…みせちゃうのに…とことん恋愛フラグたたない…不憫…!!涙

ハクアの裸に反応しなかった桂馬とはいえ、これはいくらなんでも…と思ってたら…寝てる。
どうやらずっと女装再攻略で気がはってたみたいで…
無防備に寝てる姿が可愛すぎます…神様さすがや…これは襲われても文句言えんで…
はみがきしてるうちに寝ちゃうなんてよっぽどだよな。
flag144015.jpg
くそっ好きキャラの寝顔以上に萌えるものなんてないんじゃないか!?!?!
なんて悶えてたら最後に伏兵が潜んでいました…若木先生はどんだけ私を悶えさせたら気が済むんだ…


エルシィは明日の予習のためにすぐに帰るんだそうで…
だからこそハクアと一緒にお風呂入りたかったのかもしれないなぁ
しばらくまた会えないんだよね。桂馬ともハクアとも。

エルシィが窓から帰っていくシーンはなんとなくアニメエルシィの影響を受けてるような気がした…

で、今回一番の萌え爆弾を最後の最後に落として行きました。
すっかり寝いってる桂馬に対して…
ソファで寝ている桂馬のそばまで行って…
「私も…すごいと思ってるよ…」

うわあああああん面と向かって言えないハクア…だけど寝てたら可愛くホンネを言えるハクア…!!
言ったあとに恥ずかしくなってるハクア…!!!
(あえて画像は(ry

彼女の緩やかにデレていく感じが好きで好きでたまりません。
きっと、桂馬も、ハクアのこと信用してると思うよ!すごいと思っていると思うよ!!