スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG167感想~「近づくな」と桂馬の心が折れるとき~

FLAG167「ゴズ」

よみましたっ
一週遅れ…orz
もうちょっと更新する時間とれないものかとおもいつつ……
コメントいつも楽しく読ませていただいています。ありがとうございます!
返信遅くなって申し訳ないです…!
12/1には拍手コメントも含めて返信するつもりです。

さて本編。
この期に及んで「だましてた」なんていう桂馬を信じられず、理由を聞くちひろ。
ちひろに背を向け、去ろうとしていた桂馬は、振り返ってちひろに伝えます。

「もうボクに、近づくな!!」

flag1675.jpg
前回の感想

>普通、自己犠牲的なキャラは不器用な面があって、冷たく突き放した後に「もうボクに近寄るな」なんて思わずこぼしちゃって、その酷い行動の裏にある優しさが相手にも読者にもわかっちゃうんですけど。

桂馬は賢いから、絶対そんなこといわない。
ちひろが、可能性を感じるようなことは言わない。
ちひろが桂馬を追いかけてくると、巻き込まれるのは当然だろうから。


って書きました。だから、今回の「もうボクに、近づくな!!」を最初読んだ時あれっと思ったんですね。
だけど最後まで読むと……予想以上に桂馬がちひろや歩美に対して罪悪感持っているんだなってことが分かって納得したと同時に、切なくなってきました……涙。

で、この「近づくな」がちひろにどう伝わるか、そして、桂馬がどのような思いでいったのか。ここが一番妄想のしがいがあるというか…笑。

桂馬としては、前回の時点では、ちひろが何と言おうとそのまま立ち去つつもりだったんじゃないかな。
だけど「酷いことをしている」って負い目、そして桂馬が自分のことを何とも思ってないって信じられないちひろのために、「なんでそんなこと言うのさ…」っていう言葉に答えたんじゃないかと妄想しています。

桂馬の考えとしてはきっと、「近づくな」のダメ押しでちひろを徹底的につき離すつもりだったんだろうけど。
その裏には「ボクに近づくと危険だよ」という気持ちが、本人の意図しないところであるんだろうな……。


ちひろは桂馬のこの態度を、どう捉えるのかな。
このままフェードアウトしちゃうと桂馬もちひろも、本当の意味では救われないと思う限りです。


顔を見せずに、または小さな声で「近づくな」っていうんじゃなくて、ちゃんと冷たい視線を見せて言い放つ桂馬は冷静すぎるとおもいます!!!なんでそこで弱みを見せない!!!
本当にかわいくないヤツです。そういうあざとさがないとこが桂馬の魅力なわけで。

でも、でもですよ……桂馬は耐えきれなくて先に走り去ったちひろの後を……しかもちひろの姿が完璧に見えなくなってから……焦った表情で見ているんですよ!!!!動揺してるんですよ!!!


この動揺って、桂馬に裏切られたちひろが心配って気持ちもあるんだろうけど、それ以上に、こうなることは理解していても、それでも「ちひろに嫌われた」もしくは「ちひろとの関係が切れた」ことにショックを受けているんじゃないでしょうか……。


それを良く示しているのがこの後の展開。


予想外の歩美の登場もあり、桂馬はいちど、ここで「冷静さ」を失ってしまいます。


自分が定めていた展開、つまり、本当に好きなのは歩美だったと気付いたっていう展開に持ち込んだにも関わらず、「近づくな」の時みたいな冷静さを欠いてしまっているのです。

今までの桂馬だったら、歩美がちひろを振る桂馬を見ていたっていう予想外の展開が起きても、ルート修正するなりなんなりして、歩美に不信感を抱かせないようにしたでしょう。

でも、今回は、強引に用意していたセリフを言ってしまった。
しかも、明らかにそのセリフが嘘だと分かる表情と態度で……
こんなに、自信なさそうにセリフを言う桂馬は初めてみたよ……

今まで、攻略の時の桂馬のセリフは演技か本心か、なんて話題がファンの間でよくでていましたけど。
今回の
「き、き、気づいたんだ…」
「ボ、ボクは、自分の気持ちにウソをついてた…」

flag167_0009.jpg
は、明らかに用意していた演技のセリフなのに、言い方から桂馬の動揺とショックっていう本心がダダ漏れ……
今の状況で歩美にこんなこと言ったって、絶対信用してもらえないのに。

歩美の非難を受けてのセリフ
「ほんと……サイテーだ……」

は、自分のしたことの罪悪感プラス、その罪悪感に押しつぶされてうまく歩美ルートにもっていけなかった自分に対する言葉でもあるんだろうな……


にしてもあゆみん……!!!
だよね、桂馬のこと諦めたとしても、自分が好きになった男の子を、サイテーな奴だなんて思いたくないよね…涙。……ううっうっうっ……!!
flag167_0011.jpg

せっかくちひろと桂馬を応援しようと決めて、それなのに屋上に二人の様子を見にいっちゃって。
桂馬のひどい仕打ちを目の前にして。ひとりでまた傷つく。

きっと今、あゆみんの中では桂馬のやりたいことが、本心が、わかんなくてぐっちゃぐちゃになってるんだろうな。それでも、明らかに様子がおかしい桂馬を目撃しているあゆみんだったら……桂馬がピンチの時にいつも手を差し伸べてくれるあゆみんなら……!!きっとなんとかしてくれると信じている!!!


flag167_0013.jpg
……このあゆみんを無言でなでなでしたいです……

メリクリウス(仮)は、自分たちにはない感情を持つ人間を観察して面白がってる部分があるのかな、と思っていたんだけど、今回のセリフを見てみると、割と桂馬に近いスタンスなのかなと思ったり。

自宅に戻った桂馬はお風呂、なんだけど…(桂馬風呂シーン何気に多い気がする)
もう涙出し尽くしたあとみたいな目をしてるよ……
flag_0014.jpg
ぶつぶついってるのは、今後のルートをたてなおしていたんだろうか。

そんな明らかに精神的にまいってる桂馬のもとに現れたのはディアナですよ。
やっぱり、ディアナの翼が出ない原因は、ディアナ自身が桂馬に惹かれているからなんだなぁ。

これまた前回書いたことですけど。

>桂馬だって、誰かに助けられるべき。人間なんだから!!!!
本来なら、事情を知ってる&幼馴染&おとなりという条件がそろいすぎている天理がこのポジションにいるんだろうけど、そうなるには彼女はあまりにも控えめ過ぎる…

……うん、本当の鬼畜は若木先生ですね!!!


で、天理&ディアナが来たよ!!!
これで桂馬の状況が改善されることを祈るよ!!!

にしても……水着!!笑

ディアナらしいというかなんというか…

すぐにFLAG168のも上げる予定です~














スポンサーサイト

神のみぞ知るセカイFALG166感想~ちひろの告白と桂馬の告白~

FLAG166「Absent Lovers」
よみましたっ
(今週も遅くなりました…)
コメントやメールのお返事も遅くなっております、申し訳ない…
神のみが盛り上がると現実生活も忙しくなる法則でもあるのだろうかと半ば本気で思っております笑。

☆ちひろの告白と桂馬の告白
エンディングなしで、女神の所在を確かめる。
なるべく、女の子たちを地獄のイザコザに巻き込まないために…
桂馬は自分本位なようでいて、実はかなりの自己犠牲野郎だなあと思います。

今回のちひろへの対応も、完全に自ら悪者になってますからね。
宣言通り、鬼になっているわけで。
「あまりにもひどい」と怒る人がいるのも納得の完全な悪者っぷり。

でも、その行動の裏にあるのは「あ、こいつもう関係ねーわ」じゃなくて「巻き込みたくない」という思いやりなんですよね。

普通、自己犠牲的なキャラは不器用な面があって、冷たく突き放した後に「もうボクに近寄るな」なんて思わずこぼしちゃって、その酷い行動の裏にある優しさが相手にも読者にもわかっちゃうんですけど。

桂馬は賢いから、絶対そんなこといわない。
ちひろが、可能性を感じるようなことは言わない。
ちひろが桂馬を追いかけてくると、巻き込まれるのは当然だろうから。

これは、ちひろの本気の告白に対する、桂馬の告白なんじゃないかと私は思うんです。
ちひろのことを大切に思っているよっていう。

「好きなわけ、ないだろ」
「くだらない。ボクは帰る!」
「ボクが、現実女を好きになると思ってるのか?」
「……こんなのデートじゃない…」
「現実女をだましてやったんだよ。バーカ!!」

これらの言葉は「わざとちひろを傷つけるため」かもしれませんが「嘘」ではありません。
今まで桂馬が実際にやってきたことだし、思ってきたことなんでしょう。
似たようなセリフを、ちひろや歩美にぶつけたこともある。
(でも、その時とは重みが全然違うんですよね…)

攻略関係なしに自分を好きになった子がまっすぐ思いを伝えた。
それに対して、自分の嘘偽りない本心をうちあけた。

ここでちひろには退場してもらって、失恋に傷つきながらも地獄やら天界やらのややこしい争いには関わらずに暮らしてもらうっていうのが桂馬の意図するところ、なのかな。

しかし!!私は、「桂馬の告白」がここで終わるようには思えいんですよね…
自分が嫌われても、相手が傷ついたとしても、ちひろの日常を守ることを選んだ。
それはまぁいいとして…

……このまま、ちひろは一生桂馬を酷いヤツだと思ったままなのか?

って思うと、違う!!と私は強く思うのです。

桂馬が言うように、ホントにリアルがクソゲーなら、ちひろはこのままフェードアウトなのだと思うのだけど。
リアルをクソゲーじゃなくしていっているのが桂馬なんですよ!!

桂馬がちひろを「本当の話」をすることで手酷くふっても。
今まで桂馬とちひろが仲良くやってきたことだって本当だし、桂馬がちひろを変えたことも本当だし、ちひろがどうしようもなく桂馬を好きになっちゃったことも本当なんですよ。

……どんなに酷いことをされたとしても、桂馬は桂馬であって、別の人間じゃないんです。
ちひろは、桂馬を否定できないんじゃないかなぁ。

ひどい失恋に傷ついて、桂馬を否定して、また新しい恋へ…っていうのは、攻略前のただの現実女です。
今のちひろは、傷ついても、桂馬を信じる心がどこかにあるんじゃないかなぁ…

桂馬がちひろを信じたから、ちひろは変わることができた。
ちひろが桂馬を信じたら、桂馬だって救われるかもしれない…なんて妄想しています。

でも、桂馬にはちひろに伝えていない事実がたくさんたくさんあるわけで…
桂馬を信じるには情報が無さすぎるよ!!!

桂馬だって、誰かに助けられるべき。人間なんだから!!!!
本来なら、事情を知ってる&幼馴染&おとなりという条件がそろいすぎている天理がこのポジションにいるんだろうけど、そうなるには彼女はあまりにも控えめ過ぎる…

……うん、本当の鬼畜は若木先生ですね!!!

☆攻略なしに好きになるということ
ちひろは桂馬の攻略ルートにのっかっているように見えて、実はずっと桂馬の先回りをしていた。
だからちひろに女神はいない。最初の攻略の記憶もない。

flag166004.jpg
この時点で即逃げることもできたはずなのに、それをしなかったのは「なぜ、ちひろが自分に好意を向けているのか」気になったから。


flag166005.jpg
…桂馬がちひろに攻略されていたんですね。

攻略の前から、ちひろは桂馬のことを好きだった。
桂馬にとってはあり得ないことでも、ちひろにとっては「気がついてたら好きになってた」んだよね。
理論なしのちひろの行動とキスと言葉に桂馬もかなり動揺している。

それでも、ちひろに可能性を残す一言も言わない桂馬は…やはり頭がよすぎる。そして一人で抱え込みすぎだ!
神の孤独もほどほどに…私は桂馬に人間でいて欲しいです。

で、決定的なシーンを見てしまうあゆみん…
やっぱり気になってたんだね。
うううう、歩美もちひろも、桂馬を信じれるこだと…私は思うよ…!
そして桂馬はもっと救われるべき!!うん!!!


余談いろいろ
・「手を差し伸べれば、誰でも心を開くと思ったかい?」 「僕は君じゃない、違う人間なんだ」でもあって、 「救ってもらうだけじゃ人は幸せになれなくて、誰かを救う事で初めて幸せになれる」でもある……
神のみぞ知るセカイを読む方に、夏目義徳先生のトガリ、咎狩白を猛烈にお勧めしたいです…!!トーべエのいつきへの告白と、今回の桂馬のちひろへの告白はとてもよくにていると思うんだ……


・これからリアルの女の子たちを外においたまま女神と悪魔の壮大な話に向かっていくのか、そこが終着点なのかっていうと、そうじゃないと思うのよね 桂馬が変える、現実の世界がみたい。女神とか悪魔とか、天国とか地獄とか、ファンタジーな要素はたくさんあるんだけれど。神のみは地獄と天界の話はサブで、メインは桂馬を含めたリアルなんじゃないか。
ので歩美ちひろ、あとファンタジーと現実を行ったりきたりのエルシィの今後の動きは重要だと思う


・バンドのドラム騒動の時と同じようなフラグの折り方だけど重みが全然違う。ちひろ歩美は同じライン上にいたし。(3人の関係についてはもう少し追記したいです)

・桂馬が作中で誰かと結ばれると禍根が残るので笑、GRGRさんが前いってたみたいに桂馬も女の子もみんな記憶無くしてまた新たなスタートが…というラストの可能性もあるよね~というかそういう話に弱いです

神のみぞ知るセカイFLAG165感想~あの子の恋の代償は~

FLAG165「屋上」

よみましたっ
水曜に書けなかったorzスミマセン!!


うおおおお……予想はしていた……覚悟はしていたから、思ったよりはダメージ少なかった……
けれどもですよ!!!

感想書こうと思って読み返すたびに、今まで、あゆみんはFLAG1のこと覚えてたんだよなぁと思うと…思うと…!!
それでもあえてちひろや桂馬へのあの態度だったんだと思うと……!!
言葉が出てこなくてなかなか感想かけませんでした…ううう……

特に、ちひろに「ダメじゃない」って言う時の桂馬の顔を何度も見てたら、涙とまらなくなってですね。
あの時、桂馬へ先に「好き」って言ったのが歩美だったらどうだったのかなぁとか。
ルートの分岐地点がまざまざと感じられて…ううう!!
桂馬が受けてるかもしれない痛みっていうのは、不思議とあまり感じないんですよね。
覚悟した桂馬は、こんなことで壊れるほど弱くはないはず。

ということで今週の感想を…。

誰もいないところへ行こうという桂馬の提案に、最初は行かないといいつつも「いいよ」なちひろ。
桂馬への告白から向こう、ちひろはちょっと桂馬に辛くあたっても、すぐ、自分の意識で素直になるんですよね。

ちひろ編を今読み返すと、当時のちひろはとことん素直じゃない。
ユータくんじゃなくて桂馬にいて欲しかった。
それが素直に言えなくて「やめた」だったんだし。

素直になれなかったちひろは、攻略後からじわじわと変化していって、素直に好きって言えるちひろになったんだよなぁ…
で、それを加速させるきっかけになったのは、歩美との電話だと思うんだ…ううう!!!

あそこで、歩美がちひろの桂馬への気持ちを否定してたら(そこまで行かずとも、それを認めたくない雰囲気を出していたら)ここまでちひろは素直になれなかったんじゃないのかなぁ。

で、あゆみんは、そんなこと出来ない子なんだ…きっと…!

ちひろは、歩美が桂馬を気にかけていること、ずっと前から気づいていたと思うんだよな。
(ここらへんで、このシーンが!!とか具体的にあげたいけど時間ないので割愛。体育祭の時とかね。)
桂馬の家から歩美がかけた電話はその決定打で、ちひろはちゃんと、歩美が桂馬の部屋にいたことに気づいている。

素直になれないちひろのままだったら、自分に勝ち目なんかないと思って諦めてたはず。

口には出せなくても…自分から恋人つなぎにするちひろに私は感動してしまったよ!!
さらに「ずっと一緒にいたいと思った」だよ…!!
ずっとは言いすぎだって、言い直すところが素直になれないちひろを捨てきれない感じで…!!


そして我らがあゆみんです!!!
相変わらずメイド服姿が麗しいです!!!
この期に及んで「恥かいた~」とか、「後夜祭は絶対でないぞ」とか、「バカくさい格好」とか言っちゃうところが好きです…ううう!!

仲良くしろ、とお膳立てした二人が仲良くする様子をみて安心とは違う表情をみせるあゆみんがまた…

ほんで、歩美の「違う」ところに気付いたのがリューネさんなんですな。
幹部だけあってただのサイコ少女じゃなかったのね…

屋上での二人の会話が、あまりにも青春すぎて大ダメージですよ!!
だからこその、「初めてだから」のインパクトorz

ちひろは、桂馬と日常を過ごす中で桂馬のことを好きになった普通の女の子で。
今の気持ちも記憶もきっと消えることはない。
じゃあ歩美はどうなんだろう。
記憶はある、けれど、攻略後桂馬と関わることで仲良くなっていって好きになったってのは、ちひろと変わらないんだよな。

初めて涙をみせたあゆみんと、それを慰める女神様に対して、リューネさん、ちひろさん、桂馬はどうでるんでしょうか…

あとで追記します。









高知まんさい2日目少年サンデーブース(「マギ」大高忍先生サイン会)レポート!!

☆行ってきました!!高知まんさいでの大高忍先生サイン会
高知で少年サンデーのイベントがあると聞いて!!!
四国住みで少年サンデー好きの私は2日とも参加する気満々でした、が…。
1日目、どうしても仕事が抜けられず福田先生のサイン会は断念。
5日の夜に高知入りしてホテルにてひたすら大高先生へのファンレターと……担当の石橋(和章)さんへのファンレターを……深夜テンションで書いておりました!!
私のファンレターはおおむねこのブログの感想記事と同じノリなのでかなり…なんというか…褒め殺しみたいな感じですね!!いいのかそれで!!いいのよ信者だから!!というわけで行ってきました。

携帯からの打ち込みレポだけでは興奮が収まらず笑、もうちょっとだけ~!
整理券配布~サイン会開始まではこっちに割と詳しく?書いたつもりなのでどうぞ!
高知まんさい2日目少年サンデーブース(「マギ」大高忍先生サイン会)レポ簡易版

上の記事にも書いたんですが、今回のまんさいのイベントは、WHF(ワールドホビーフェア。東京、大阪、福岡で開かれる小学生が主なターゲットだと思われる大規模なホビーイベント。いつも少年サンデーがブースを設けていてサイン会などのイベントやグッズ販売を行っている。)のサンデーブースの縮小版のような感じで。

サンデーブーズ自体が結構狭くて、WHFの時みたくずっとサンデーブースに張り付いていた私は何度も同じスタッフさんと目があい完全に不審者状態でした…!!スミマセンスミマセン…!!

まんさいのメイン会場は1階ホールで、2階のちょっと狭いスペースにマギのルーレットとムシブギョーの蟲倒しゲーム、複製原画展示、サイン会のステージ、書籍売り場(サイン本あり)、併設で少コミ(今はsho-comiなのかな)の展示があるって感じ。

WHFの時と同じく複製原画プレゼントがあるんですが、今回はWHFより倍率少ないだろうと!!かなりの念を込めて応募してきましたー!この中ではマギは断トツだろうから…あえてのはじあくで!!以前のWHFで藤木先生の複製原画もらえなかったんだよおおおお!!!

☆大高先生のサイン会は熱い女性でいっぱいだった
もちろん、小学生っぽい子とか男性もちらほらいたんですが、今回は私が参加した中で一番女性(しかも20代)率が高いサンデーのイベントだったと思います。
7時前に会場ついた時、階段下で待っていたスタッフさんが私(20代女)を見て「大高先生のサイン会ですか?」と即座に聞いたのが納得でした…。

整理券配布は7時半ごろ終了したのですが、それ以降もかなりの方が来られていました。
「今ついたんですけど、大高先生の整理券もう終わりですか?」
「はい、残念ながら…」
「」
みたいな光景を何度もみて心苦しかった…。

私は折り返し列の最後尾に並んでいたので、後から来た人にも結構話しかけられたり。

女性「スミマセン、みなさん何時くらいから並ばれてるんですか?」
私「ええっと…私で7時ちょっと前ですね」
女性「ああ…そりゃ無理やなぁ…」
私「8時に来れば余裕かと思ってたんですけどね…マギ人気舐めてました」
女性「9時からって正直に来てたらダメですね笑」

みたいな会話を2度しましたよ。高知でこれだから、東京や大阪だともっと凄いんでしょうね。

そして11:45。ついにサイン会開始。
それまでずっとスタッフさん眺めながら、(あ…あの人たぶんサンデーの編集さん…どっかでみたことある…だれだ…名札付けてくれ…)みたいなことをずっと脳内でやりつつ待っていたのですが、11:00あたりからの会場の雰囲気が明らかに違うのが分かりました!!
女性の華やかな空気で会場があふれている…笑!!

編集さん「みんなー!マギは好きかーー!!」
みんな「大好きーーーーー!!!」
編集さん「せーので大高先生を呼ぼう、せーのっ」
みんな「おおたかせんせーーーーー!!!!」

もうね、ノリがWHFの小学生相手の時と一緒なんだけど…聞こえてくる声が全員女性って言うね!!
仲間がこんなにいるーーーと思うとめちゃくちゃテンションあがりました笑!!
(最初にめっちゃ元気よく煽ってた茶髪眼鏡の編集さん、なんとなくU生さんかなと思ったんだけど、もっと若そうな感じだったから違うなぁ多分…だれだろう…)

そしてにこやかに!!大高先生が!!!石橋さんとともに!!!ご登場!!
大高先生すらっと背がたかくて明くてかっこよくて美人さんではあはあはあ!!!オーラが!!オーラが見える!!なんというか、余裕があるんですよ!!緊張してるのかもしれないけどそんなそぶり全然みせないし!!
かっこいいいいい!!!
snap_tukigamiteta_2011111235740.png
当日メモ帳に書いてた…大高先生の…いめーじに…さっきFC2のお絵かき機能で…色つけてみたの…だが…
ホントはもっと美人さんよかっこいいのよ!!!

石橋さんはねー!ミューこみ+に神のみの宣伝のために出た時の写真が載ってるのでこちらを…!!
http://t.co/wrw5oxlD
当日の石橋さん、この写真(左の人ね)に黒ぶち眼鏡、そしてシャツをさらっときておられました。笑顔がさわやかでした…!!!

編集さん(最初に出てきた茶髪の人)「大高先生、今回が初の高知だそうで。前日夜高知に来て、カツオのたたき食べたんですよね?」
大高先生「はい。おいしかったです~」
編集さん「今回はなんと、サービスで先生がアリババアラジンモルジアナジュダルの4人の中から一人キャラを描いてくれるそうです!!!」
みんな「きゃああああああああああああああああああ!!!!!」

……この時の会場の盛り上がり方、横から見ていてニヤニヤしてしまいました笑!!
わざわざどのキャラにするか指定する用に色紙にキャラまで描いてるよおお!!

こんな感じで(ほんとはちゃんとキャラ描いてるのよ)4分割した色紙が先生の前に!!

石橋さんと大高先生がステージ上の机の前に座っていて、そこへファンの人が一人ずつ上がって行って石橋さんに整理券(自分の名前入り)渡す→大高先生の前にいってキャラ指定してサインしてもらうって感じ。

かなりの人が先生へのプレゼントないしはファンレター自参なのが印象的でした。
見た感じ、6割は越えていたような…!
緊張で足や手が震えているような子も多かったんですけど(私も含めてw)、そんな中、先生と石橋さんは自然な会話を笑顔でされていてですね…!!とても和やかな雰囲気があふれていました。サインが終わったあとは必ず握手を求めていた大高先生、素敵!!ますますファンになっちゃうよおおおお!!!
終わったあと、泣き崩れそうになってる人も見受けられて…
マギの人気を、マギ好きな方の熱さを改めて感じたのでした。
ネット上の盛り上がりだけじゃなんだっって!!

約1時間で、きっちり50人全員の色紙にキャラを描き、お話もして、握手もした大高先生。
ホントお疲れ様です…!!

そして14:30……
ついに後半戦。ついに私もサインがいただける…!

後半の最初の挨拶はサンデー編集の小林さん。(名乗ってくれました)
若いな~~クラサンブログの更新を担当しているだれかかなぁ。
後ろで中学生っぽい女の子2人組が「イケメンだ」って言ってましたよ!!

そして登場する、前半と変わらぬ笑顔、疲れも見せない大高先生に感動…!
前半と同じ説明があったのですが、ここにいる人は大抵前半の時の説明を聴いているので前半ほどの嬌声はあがらなかったかなぁとw

待っている間、一人ぽつん参加の私はずっと前の様子を眺めていたのですが(気持ち悪い…!)、後ろに並んでいた女性二人組が
「大高先生の横にいる人石橋さんかなぁ?」
「でも怖い人って言ってたしね…」
「気になる」
という会話を繰り広げていたので石橋さんかどうか不安になってきました…!!

これまで参加してきたサンデー作家さんのサイン会だと、担当さんが必ず横についていたんですよね。
だから今回も石橋さんが横にいるに違いない!と思って、石橋さん(神のみとマギを担当されている私にとって神様みたいな人)へのファンレターも自参したんですよ。
m_201111060745534eb5bca19b0f6.jpg
そうだよね…一色先生のブログでも…マギ一巻のおまけ漫画でも…ちょっと怖そうな感じでかかれているし…この爽やかな人は…違うのでは!?ああでもみゅーこみの画像と同じひとだし…あああ!!

と、いろんな意味でどきどきが止まらない!!

で、ついに自分の番が来たんですが。
もうコレはちゃんと確認してから渡すしかないだろうと笑。


私「(整理券渡しながら)スミマセンあの…石橋さんですか?」
石橋さん「はいそうです」
私「!!あのっ私神のみとマギが大好きでっ…石橋さんへお手紙…石橋さんのファンですっ(しどろもどろ)」
吹き出す石橋さん、サインを描きながら私の前の人とおはなししていたのに思わず反応してしまう大高先生…みたいな!!何だこれ!!そして私の前にいた男性、スミマセン…!!

石橋さん「(笑いながら)まさか神のみまで知ってるとは…」
いやいやいやいや!!むしろ神のみから石橋さんの存在知りましたから!!
石橋さん「こんなのもらったの初めてだよ」
光栄であります!!!みんなもっとだすべき!!
私「も、もももちろん大高先生にもお手紙書いてきました!!!」
石橋さん「(大高先生へ向かって)この子には特別丁寧にかいてあげてよ笑」
大高先生「私、若木先生と一緒にケーキ食べたことありますよ~」
私「う、うらやましいです…!!でも私大高先生ともケーキ食べたいです…!!」
大高先生「じゃあ今度いっしょに食べましょう(笑顔)」
私「(昇天)ほ、ほんとですかああああああ!!」
私「あ、ジュダルでお願いします…!!」
大高先生「いや~~おもしろいなぁ……」
私「(受け取って)すももからずっと読んでたのですごくうれしいです~~ありがとうございます!!」
大高先生「ありがとう、これからもよろしくお願いします(笑顔で握手)」
m_201111061503554eb6234bc4d78.jpg
ほ、ほかにもお話をした気がするけど…頭まっしろで覚えてない…ふおおおおお!!!
先生の手がやわらかかったです!!!うわあああああい!!!

終わってからも、もちろん出待ちのために最後まで残りますよね!!!
そんな人が結構残っていたはず…

で、見ていると。
ステージの隣の書籍販売コーナー、もしかして福田先生と大高先生以外の先生のサイン本もうってる!?!?!

私「あの~スミマセン。これって、大高先生と福田先生以外のサンデーの作家さんのサイン本ってあるんですか?」
スタッフさん「ありますよ~」
私「ホントですか!!じゃ、じゃあサンデーの作家さんの全部かいます!!!」

で、福田先生大高先生田中モトユキ先生はしぐち先生寒川先生田口ケンジ先生のサイン本をゲット!!
sangawa.jpgtaguti.jpg
tanaka.jpghukuda.jpg


うわあああい!とくに寒川先生のサイン本に書かれていた睦月くんが可愛すぎてやばかったです見た瞬間叫んでましたw
ここまでたくさんの先生のサイン本を売ってる会場、見たことなかったです。
あったとしてもすぐ売り切れだっただろうし…
ぜひこれからのサンデーイベントではサイン本たくさん販売してほしいなぁ…!!
全部買うっていってたら、編集さんらしき人が
「サンデーの本全部買うって!うれしいねぇ」
っておっしゃってて…えへへ当然ですよ!!
今思うと、あの方はK藤さんでは?と思うのだけど(結界師とか担当してた)確証は持てない…

☆サプライズで色紙プレゼントじゃんけん大会
私含め20人以上が終わっても残っていたら…
「突然ですが、最後まで残ってくださった方のためにじゃんけん大会をします」
と!!!

書籍販売コーナーに、「サイン本あるよ」とアラジンの絵つきで描いてたポップ代わりの色紙1枚。
そして、サイン会の時にキャラ指定用に置かれていた色紙1枚。これは裏にいろんなキャラが!!シン様やジャーファルも!!盛りだくさんで描かれていてすごかったんですよ!!!練習用にいろんなキャラをかいたそうで…!!

最初のじゃんけん。
勝ち残ったのは、私と同じくらい笑、サンデーブースに張り付いていた男の子でした笑。
さっき単行本全買いした私に「うれしいねぇ」と言ってた人…仮にK藤さんとする…が「またラッキーボーイか!」と苦笑い。

昨日のオープニングセレモニーでも、今日のムシブギョーのゲームでも笑、たらふく景品を持って行った男の子だそうで…笑。

それで今回もじゃんけん勝ち残りですよ!!
まぁ、小学生だし!嫉妬もなくなるよね!!集まってるお姉さまかた!!

そして二回目のじゃんけん。
なんとじゃんけんメンバーの大半をしめるお姉さん方の冷ややかな視線(K藤さん談)を全く気にせず小学生のラッキーボーイが2連勝ですよ!!ホントなんなんだこのこは笑。

……じつはですね。この二回目のじゃんけん…私、最後のふたりまで残ってたんですよ…!!ううう!!!!

で、結局再じゃんけんとなりました笑。

私がサイン本を買う少し前。
サイン本のブースでK藤さんが小学生の女の子二人組をお話をしていたんですよ。
どうやら整理券をもらえず参加できなかったようで(当然だよね…遠方からおねえさんたちがきてるもんね…)、リープル(高知県のひまわり乳業がうってる乳酸菌飲料。とても美味い。)に何やらコメントを書いてK藤さんに手渡していました。

再じゃんけんで勝ち残ったのは…そのリープルを渡していた女の子でした!!
ほんと、よかったね…!!
k藤さん曰く、「高知の小学生がぜひ飲んでくださいって言ってたって、大高先生に渡してください」って言ってリープルを託していたようで。
ステージにあがった女の子はふるえてましたよお。ホントよかったよ!!私じゃなくて良かったよ!!私なんかがもらったら顰蹙買うだけだったよ!!!笑  

とても楽しいイベントでした…!!
ぜひまた四国でサンデーイベントやってほしいなぁ…!!!

余談
帰ってきて気付いたんですけど、当日の服の配色が大高先生とかぶっていたよ!!
ジャーファルカラーの緑色だよ!!

高知まんさい2日目少年サンデーブース(「マギ」大高忍先生サイン会)レポ簡易版

帰りのバスのなかで携帯電話から打ち込んだ簡易レポです~楽しかった!!後で詳しいレポあげます!!
高知まんさいの少年サンデーブースは、WHFのサンデーブースの縮小版のような感じ。その分小学館の人との距離が近いというか、ふと横を見ると小学館の人がいる!!という小学館好きにはたまらんものがありました。
またやっていただきたい…!!
福田先生大高先生田中モトユキ先生はしぐち先生寒川先生田口ケンジ先生のサイン本も買えてうれしかった!!

☆開場まで
仕事のため泣く泣く福田先生のサイン会を断念し、私は大高先生のサイン会前日夜に高知へやってきました。
慌ててホテルを取ったので、普通に高知駅周辺の所にしてしまい後からはりまや橋近くに取っておけば良かったと後悔…

というのも、路面電車の始発で会場まで行ったにも関わらず、既に50人は越えているであろう列が…!リアルに口ぽかーんでした。これが「唖然とする」という状況なのですね…。
始発で行って人が少なかったら寂しいな、やっぱり8時前に行こうかな…とすら思っていたので。
マギの、そして大高先生の人気を侮っていました、すみません!!
私が到着してからもどんどん人が集まり、整理券配布受付は7時半頃終了しました。
その後聞こえてくるサイン会目当ての方々の悲鳴が耳に痛かったです…

遠方からサイン会目当てに駆けつけている熱いファンの方も多く、8割以上が女性だったのではないでしょうか。そして20代くらいの若い女性がとても多い!!
私はこれまで数回少年サンデーの作家さんのサイン会に参加していますが、遠征している人は少なく、男性の方が圧倒的に多かったように思います。
ここまで女性率が高い少年サンデーのイベントは珍しいと思いました。

最前列の女性たちは朝4時くらいにきていたのではないでしょうか…

最近「マギ」が若い女性の間で人気が高まっているという知識はあり、ネットの上で感じることは多々あったのですが、こうしてリアルな熱気に触れてみると……イナゴがなんだ、にわかがなんだ、とか言ってるのが馬鹿らしくなりますね!

きっかけが某サイトの二次創作でも、今はサンデー本誌でマギを読み、単行本を買い、マギの展開やキャラクターについて夢中で語れる。
そして大高先生に直接言葉をかけたい一心で遠方から高知までやってくる。
これって凄いことだと思います。
お会いして、直接お話したくなる大高先生!!「作者のキャラクターが強い」(by石橋さん)んだなと…!!

サイン会が始まる前、マギのサイン入り単行本販売列に並んでいた時、前後に並んでいた女性お二人と話す機会がありました。お一人は広島からお一人は千葉から!!しかも2人とも私より早く整理券をゲットしている笑。
マギファンの熱さ(ただ流行に乗ってお祭り騒ぎしたいわけじゃない)に感動するとともに、3人で「白龍くんが可愛すぎる」という話題で語り、本誌での展開に盛り上がってとても楽しかったのでした…!!

☆サイン会
・11:45から大高先生サイン会。私は午後からだったので隅っこでずっと見ていたのですが、まるでアイドルのステージを待つかのようなテンションの女性たち&黄色い歓声が!!
・大高先生のサービスでアリババアラジンモルジアナジュダルの中から1人直筆でキャラクターを描いてもらえると聞いたときの会場の割れんばかりの拍手と嬉しい悲鳴
・石橋さんと大高先生、読者の方と三人笑顔で談笑されている雰囲気が素敵すぎる
・緊張しているファンを気遣うように笑顔で話す大高先生と石橋さん…!!
・必ず握手を求めて真っ直ぐファンの顔を見てお話されていたのが印象的
・石橋さん爽やか!!
・大高先生はかっこよくて美人さんで明るくてすらっと背が高くてオーラに溢れていて気取ったところがない気さくな方でした!
・先生の隣でいる方は今までのパターンから考えて石橋さんしかいない!!と思って前日書いた石橋さんへのファンレターを渡して笑われるもういのしし
・もちろん大高先生へもお手紙書きましたよ!!
・石橋さんへのファンレターに対して大高先生と石橋さんから「面白いな~」といわれて嬉しい
・私(整理券渡しながら)「スミマセンあの…石橋さんですか?」石橋さん「はいそうです」私「!!あのっ私神のみとマギが大好きでっ…石橋さんへお手紙…石橋さんのファンですっ(しどろもどろ)」石橋さんと大高先生が笑う…みたいな…
・石橋さん「(大高先生へ向かって)この子には特別丁寧にかいてあげてよ笑」・大高先生「私、若木先生と一緒にケーキ食べたことありますよ~」私「う、うらやましいです…!!でも私大高先生ともケーキ食べたいです…!!」大高先生「じゃあ今度いっしょに食べましょう(笑顔)」私「(昇天)」
・私「あ、ジュダルでお願いします…!!」
・ファンの人のお土産やファンレターの持参率がとても高い。7割超えてたんじゃ…
・大高先生を前に泣きそうになってる、というか泣いてる方も多数…!!
・基本的にスタッフさんに怪しまれつつサンデーブースにはりついていました
・サイン会に参加出来なかったらしい小学生の女の子が小学館の人と話していて、リープル(高知県民ごぞんじのジュース)に大高先生へのメッセージをかいて渡していたのですが…
・サイン会終了後、大高先生の出待ちに数十人残っていたのですが、小学館の人の判断で特別じゃんけん大会が行われることに!!
・サイン会の時にキャラクター選択用に書いた色紙、そして書籍販売コーナーに飾っていた先生の色紙をじゃんけん大会で勝ち残った人にプレゼントすることに!!
・メンバーの大半をしめるお姉さん方の冷ややかな視線(小学館の人談)を全く気にせず小学生のラッキーボーイが2連勝したのですがやはりもう一枚は再じゃんけんへ。
・再じゃんけん。2枚目はなんとあのリープルをあげた女の子の手のもとへ!!本当に良かった!!
・私、2枚目のじゃんけんのとき、最後の2人まで残ってたんだ…
・小学館の方はよく小学生の子たちに話しかけておられるのが印象的でした!
[ 2011/11/07 13:09 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

高知まんさいの大高忍先生サイン会に来ていますその他

四国にサンデー作家さんがお二人も来ると聞いて高知まんさいへやってきました!
しかし1日目の福田先生(ムシブギョー)は仕事で行けず涙、2日目の大高先生(マギ)のみサイン会参加しようと並んでおります!
(現在進行形)
9時からの整理券配布なんで、7時前に行けば余裕かなと思っていたのですが…7時半前に配布受付人数終了。
私はギリギリ貰える感じです…
マギの人気侮っていたよ…!圧倒的な女性率は今まで参加したサンデー作家さんのサイン会の中で一番かもしれません笑
大高先生、そして若木先生大高先生の担当編集者さんである石橋さんにお会いできるよう頑張ってきます~
そしてサンデーブースも含めてレポートできればなあと。
神のみ感想記事、番号間違えていますね…ご指摘ありがとうございます。帰ったらすぐに直します!
[ 2011/11/06 08:24 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

神のみぞ知るセカイFLAG164感想~「…いいよ。」の破壊力~

FLAG164「いいよ」

よみましたっ
またまた記事遅くなってしまいスミマセン…
コメントもノロノロですがお返ししておりますー!!

一度読んで、サブタイトルを読みなおすと…ううううちひろおおお!!
女神の存在の有無が分かっていれば…ちひろがあまりにも素直な理由がわかっていれば…
まだ素直に悶えられたのにーーーと思いつつ……!!ううっ
ちひろ、歩美、二人の気持ちがどんな風にでも解釈できる今の状況はとても面白い、ん、ですけど……!辛い!!(毎週言ってるなこれ…)

にしても、今週はあゆみんもちひろも見どころありすぎて水曜に感想書けなかったのが悔やまれます……

ついにやってきた、舞高祭前夜祭。
前夜祭があるとか、クラスで喫茶店できるとか、いいのう…
(飲食系の出店禁止、前夜祭廃止された高校でした私は…)
あゆみんの見せ場であろう、プリプリ舞校は6時から。ちひろの見せ場であろう、キャンプファイヤーは7時から。

かなり文化祭に力を入れている舞校。
創立以来…ということは1888年以来?続いてる行事だと教えてくれた二階堂先生…
flag164002.jpg
まさかの猫耳!!!!
教師にあるまじき扇情的な衣装!!!!笑
布面積少なすぎやしませんか!!!
というか若木先生の趣味全開やないかああああああ!!!!!笑

若木先生…じゃなかった二階堂先生が楽しそうでなによりです!!!
普段の服もそうだけど、この先生は首輪してても全く違和感ないところがけしからんと思います…!!この衣装は自前なんだろうなぁ…。先生の私服コレクションが見てみたい。
flag164004.jpg
舞校の先生、みんなノリノリでいいですね笑。


で、今回のメインその1だと思われるちひろと桂馬のデートですよ。
バンドの練習がおして、待ち合わせに少し遅れてきたちひろ…の前髪には可愛い髪飾りがああああ!!!
flag164003.jpg
さらにこの会話ですよ……
「さっきまでクラスで会ってたのに…改めて待ち合わせって変な感じだな。」
「そ…そだね…なんだろなーこれ……」

んもおおおお!!!
同じクラスならでは、高校生ならではの会話過ぎて…!!
見てるこっちが照れますがな!!はじあくと神のみが心のオアシスだよ!!
おばさんのノスタルジーをぐいぐいとついてきますね!!若木先生ったらもう…!!

だからこそ、覚悟を決めた桂馬のモノローグが心に痛いな…
ぐっと、これは女神のための攻略なんだよっていう現実に引き戻されるというか…

すでにちひろとのエンディングは見えている、という桂馬。
問題はどこでエンディングを迎えるかということで…
「誰もいないところへ連れ込んで…キスするぞ!!」

めちゃくちゃかっこよく決めてるけどココだけ取り出すとただの変態みたいだw
場所を考えるのに夢中でちひろの話を聞いてない桂馬…そのうち愛想つかされるぞっ。

そしてきたあああああ!!!
ぷりぷり舞校の!!!あゆみん!!!!!!
flag164006.jpg
かわいいいいいいい!!!!メイド服ううううう!!!!
またしてもモニターがはなぢでびちゃびちゃなんですがっ
若木先生このアングル狙いすぎだよおおおあゆみんのおみあし!!照れ顔!!最高です!!

こりゃみんなファンになるでしょおおおおおおおって思ってたら…
flag164007.jpg
だよねーーー
歩美のファンは多いよね……!!
こう、明確に描写されると!!私のあゆみんが!!私だけのあゆみんがっって気がしてお前にはやらん!!という嫉妬全開の気持ちがあふれてきます笑
周りの人気とか気にしない桂馬は知らなかったかもしれないけれど、ちひろが思う、輝いている人に、歩美もいたんだろうな…
バンド演奏も、ぷりぷり舞校も、同じステージでやるっていうのがまたねぇ…
ちひろがステージの下から気にするのは、歩美。歩美がステージの上から気にするのは、ちひろ。これから一緒にステージにたつ予定の二人は…どうなるんだろう。
このまま、ちひろの攻略が上手く行って…とは考えにくいというか。
ひと波乱あるんだろうなと…。

輝いてる歩美を桂馬に見せたくないちひろが可愛すぎます…乙女やな。
あゆみんもいってたけど、ちひろはまっとうに乙女なんだよなぁ。

キャンプファイヤーの場所取りをしにきた二人。
二人の手の中には、お揃いのピックが…

うおおお素敵だ!!ロマンチックだ!!!
「同じもの持って前夜祭にいったらいいことあるって、本当かな…」
「今年の舞校祭は……いいことありそうだよ。」

いつもなら、憎まれ口叩きそうなシーンでも。
ちひろは素直に答えて、素直に笑顔を向けるんですよね。
桂馬も驚くくらいに…

今だと感じた桂馬は、ちひろを人気のないところへ誘いこもうと(変態だ…変質者だ…)ちひろに声をかけるんですよ。そんな、明らかに強引な、ちょっと不自然な桂馬の言葉にもちひろは優しく応じるっていう…。桂馬のやろうとしてること、先回りして言っちゃうあたりは彼女らしいなぁ笑。で、ペースが狂うのが桂馬なんだよな。このバランスが非常においしいと思います!>桂馬とちひろ

で、ペースを乱された桂馬は仕切り直そうとグランドに戻ることを提案するんだけど…
「……いいよ。」
「人のいないとこ……行こうよ……」

flag164017.jpg

裾ぎゅっ。
ちくしょおおおおちひろが!!!めちゃくちゃかわいいい!!!
あああもう!!この先行き不安さなんか一気に吹っ飛んでしまいました…


ちひろも歩美もかわいすぎてつらい!!!桂馬ああああ責任とってよおおおおお!!!!










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。