スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG169感想 コメント返信

またまた推敲なしの垂れ流し文章で読みにくくてスミマセン!!
神のみぞ知るセカイFLAG169感想~舞校にいる女神~のコメント返信です~!
えーと、9月くらいから返信できてないのも…いずれ…(今更過ぎる!スミマセン

>Iuthさん
おおっホントだ!!>パン屋の名前
やはりかなり前からデメテルの存在は意識してお話を作られていたのでしょうね…
もう一度最初から神のみ読みかえしたくなりますね!

>元同人文字屋さん
エルシィ、実はすごい激務をこなしてますよねぇ…そして安心の癒しマスコットきゃら!
そしてまたイチから神のみ読みなおしたくなるという笑

……桂あゆごちそうさまです!
いつか照れた笑顔でほほえみあう二人がみたいいいい!!!

栞、桂馬に約束ぶっちぎられた形になっていたので心配していたんですけど、かなり重要な役割果たしましたね。おっしゃるとおりますます桂馬のこと好きになりそうな彼女が不憫なような、うらやましいような。

設定に関しては、アルバの時にうまく出しきらなかった分、神のみではかなり考えられて設定を出している感じがしますね。すごいなぁ……

>>女神デメテルの回りの六角形
>「純真」「叡智」「創造」「勇気」「思慮」「互助」

六角形ってユピテル6女神と数が同じ…であっ!と思いました。
「純真」の長女ウルカヌス、
「叡智」の末っ子メリクリウス、
「創造」の次女アポロ、
「勇気」の五女マルス、
「思慮」の三女ディアナ、
「互助」の四女ミネルヴァじゃないのか、と。
つまりデメテルとはすなわちディアナたち6姉妹の母なのでは?

なるほどーー!!!すごい…そこまで考えてなかったです…!!
6人の女神が駆け魂を封印したことを、このエンブレムが示しているわけですね…!!
なんだかスプリガンみたいな超古代史モノの謎解きぽくてわくわくしてきました…!

うーうー、それでもあゆみんと桂馬には裏の事情と関係ない恋愛してほしーなーと思ってしまう我がまま…もちろん、桂馬の恋愛が地獄や天界を救う事になるっていう大きい物語もわくわくして好きなんですけどね!!!

>桂馬&あゆみんの恋の行方は「ちひろがあゆみんの背中を押してやること」で左右される

ですねぇ…
ちひろは歩美の気持ちに気づいていると思うので。
自分が振られた今、ちひろがめちゃくちゃ落ち込んでる歩美にどういう対応をするのかすごく気になる…。
桂あゆ桂あゆ言ってますが、一番神のみっぽいのは桂馬とちひろだと思っているので、この二人の関係がここで断絶しないように切に願っております!
>もしも昨夜、桂馬がちひろを突き放さずに「き、嫌いじゃない…」程度の答えを返していたなら、 きっと今回「赤い眼を悟られないように精一杯の笑顔で」軽音部の部室に現れたでしょう。
完全に同意!!です、あゆみんはほんとにあゆみん…(意味不明

>上総介さん
またひとつ新しい知識を得た!
>デメテルねぇ。娘ペルセポネは冥界の女王だから、案外「ヴィンテージから見て女神」だったりする
歩美が理香の立ち位置だってのはすごくよく分かります。
本来なら「幼なじみ」のとこにいるはずのキャラなんですよねぇ。
>「女王駆け魂の転生体」にして「桂馬がすっかり忘れてる天理と桂馬の幼なじみ」だと思う
何それちょう萌えるんですがっ!!!
秘かに不幸なあゆみん…ふおおおお
確かにですね、メインヒロイン級に、ここぞというところで桂馬の前に現れておきながら歩美の気持ちの描写っていうのはとても少なくて(これは他のヒロインにも言えることなのですが)謎が多いんですよね…

歩美が女神ってのより、歩美が悪魔の転生ってほうが個人的にはとても…とても…つぼにはまって…やばいです…自分の知らないとこで、いろんな不幸を負わされてるにもかかわらず、それを自らの意志と力ではねのけてしまうあゆみんという新しい境地が私の中にできつつある…!!!

あとですね、
>理香の「幼なじみ」を持つ天理にディアナが、「死ぬれ」を持つ栞にミネルバが入ってるから 「前作の理香に関連するものを持つ宿主には女神が元ネタの女神しか入らない」 はずだから、理香が魔界転生したようなキャラの歩美に入ってるのは男性神が元の女神のメルクリウスより、女神が元の女神が入ってる可能性が高い
というお言葉が目からうろこでした!!
いろいろアルバからおまけ的にひっぱって来てるなぁくらいの認識しかなかったんですけど、確かに全部理香のネタなんですね。

かのんとちひろの対比はかなり意図的に行われていたと思うのですけど、天理の対極となるキャラ…うーん確かにそう考えると面白いですね。(そうだとしたらもっと前から伏線なりなんなりを明確に出してほしかったと思う学園ラブコメ脳…)




>(爆)少佐さん
はじめまして!読んでくださってありがとうございますー!
>ハクア合流フラグ
ですねーー!!ここに二階堂先生やら灯やらヴィンテージやら集まって大変なことになりそう…
ここまでくると、メリクリウスの名前が一度も出てないのはフラグにしか思えないですよね…うーんどうなるんだ!!
謎解きっぽい展開、めちゃくちゃ好きなんですけど、やはり最後はラブコメで終わってほしいなんて欲が…!!
[ 2011/12/12 01:21 ] コメント返信 | TB(0) | CM(5)

前の投稿のコメントに関することだけど

>ちひろは何故、「キスは初めて」と言ったのか

答えは簡単。なんのこともない。「あのときのちひろはメルクリウスと入れ替わった状態だった」

あかね丸の話を降ったのは屋上からあかね丸が見える位の異常視力だからだろうし、無駄に素直、屋上に言った時の茶化し方が毎度と違う、髪止めが違う
のが多分伏線

>FLAG165、167のブラック歩美

多分、あれがデメテル。ギリシャ神話のデメテルはローマ神話の冥界、地下の神ケレースに相当するので多分、デメテルは「古悪魔とヴィンテージの女神=冥界を悪しき魂の運用で豊穣にして地獄にした女王」
そして、デメテルと直接関係ないけどギリシャ神話にも女神ケレース(ケール複数形)がいるけど、これは黒い悪霊の女神だから、作者はギリシャ神話のケレースとローマ神話のケレースをかけてるはず

「大会に桂馬が応援に来てないので歩美に駆け魂入りました」でもいいかも知れないけど「そこにある聖戦」が伏線で、歩美が「不幸属性強化改悪形緑川理香」を追求するなら

「ボス駆け魂が入りました」よりは「ボス駆け魂の転生体」の方が救いようがないだろうし、
そもそもアルバの理香の設定は
「幼なじみで主人公と別種族」
だから其処ら辺が踏襲されるなら歩美は少なくとも「桂馬の幼なじみで桂馬と別種族」のはず

さらに「幼なじみは主人公と別種族」で救いようがないようにするなら
「桂馬は天界人でアフロディテ、歩美は悪魔、天理は一般人」
麻理さんの桂馬幼少期の記憶が曖昧だし、桂馬をアフロディテ、エルシィをアレースと見ると神話のパロディになってることが多い
桂馬の「攻略」は嘘恋愛だから、桂馬がマジ恋愛をすると翼が生えるかもしれない
(ここら辺は「歩美が悪魔」よりは自信は全くない)
[ 2011/12/12 15:33 ] [ 編集 ]

>そうだとしたらもっと前から伏線なりなんなりを明確に出してほしかったと思う

多分、歩美が桂馬と天理の幼なじみ自体が核心に迫る伏線だから出さなかったと思う

「歩美が幼なじみ」で「歩美が地下神デメテルの転生体」
なら多分、10年前の駆け魂大脱走の原因は歩美と、歩美を置いてきぼりにした桂馬と天理

恐らく地下神のケレースに相当するデメテルの能力は地震

天理が通う高校と歩美がバスを降りた場所が共に美里東なので7巻冒頭でノーラが探知した
「大物の駆け魂」はディアナでなく、学校生活でしか桂馬に会えないので桂馬が見れない40日の夏休みの始まりである終業式前夜で心の隙間が出来た歩美のデメテル

そしてその次の回で起きた地震は歩美が桂馬に会えないか、桂馬宅に密かに行ったら天理が桂馬宅に入るか、出るかしたのを見てストレスがたまり、デメテルの能力が発動した結果と言うのが個人的予想

歩美が桂馬の幼なじみで駆け魂の転生体で
「10年前にあかね丸に乗ってた第3の人物」
で攻略前の歩美はマトモに桂馬とコミュニケーション取れない、遠目から見てるだけの人
(多分、7巻で桂馬の記憶に朧気にある「オドオドしてた女の子」も天理じゃなくて歩美の可能性も)

だから気づかれずに置いてきぼりを食らった挙げ句、天理と違って近づくことが出来ないので、遠目から天理が親切にされてるのを指をくわえて見る羽目になり、
ストレスピークで地震ズドーン
駆け魂大量大脱走
更には駆け魂に群がられた挙げ句、遠目にディアナが乗り移った天理が桂馬抱えて逃げていくのを見ながら最初の攻略で出た駆け魂に取り付かれたというのが個人的予想
(因みに転生体でない場合はこの時にデメテルが入った)
多分、3巻で新悪魔でタッチパネルなハクアさんに駆け魂が入ったのがその伏線
[ 2011/12/12 16:28 ] [ 編集 ]

桂馬が歩美の幼なじみについての話(ネタバレになり得る妄想)

「歩美は桂馬に忘れられた幼なじみ」
と書いたけど正しくは
「ギャルゲーの幼なじみ精度が高すぎて、桂馬に認識されなかった幼なじみ」
かも知れない。
多分、歩美はギャルゲー精度的には幼なじみの用件を満たしているはずのキャラが
男慣れしていない
(勉強回で児玉センセに触られると青くなってたり、前夜祭壇上で近づく男性司会者に引いたりしている。この点では歩美は桂馬やディアナと同類のキャラ)
なり
桂馬とマトモにコミニュケーションが取れずに遠目から見てるだけか声かけようとしても出来なかったりしてた可能性
(例えば、第1話でもの凄く遠くから桂馬に声かけてるのは、普通の距離まで近づけないため、因みに近くにいるときは桂馬が背を向けてるときにしか話してない)
があるので
天理同様に桂馬から幼なじみと認識されていない上にクラスメートだったりしてるのも忘れられているキャラだと思う
(理香の設定をそのまま踏襲なら多分保育園からの知り合い)
一方で攻略以前でひょっとしたら小学校以前から歩美が桂馬に好意を持っている可能性があるので
歩美が桂馬の幼なじみの場合は
「歩美にとっては桂馬は幼なじみでも、桂馬にとっては歩美は幼なじみでない、両者の認識がズレている幼なじみ」
だと思う
(天理同様の一方通行幼なじみとも言える)
因みに歩美が桂馬の幼なじみである伏線は

1,7巻の天理回最初の話

2,ディアナの発言

実は理香の「幼なじみ」設定を引く天理に憑いてるディアナは自分の説明しながら歩美の説明してる可能性が高いキャラ

個人的予想としてディアナが夜這いするのは
「夜這いしてるディアナは天理の皮を被った歩美の生霊みたいな役回り」だから
[ 2011/12/13 17:34 ] [ 編集 ]

かのんとちひろについてはこじつけ臭くなったけど、多分対極になってるキャラ
(あくまで個人的推測だけどちひろのキャラデザインベースは「ミスターシスターゴリラー」の妹軍団のたまたま「アイマス」美希似になったキャラ。多分ちひろにメルクリウスがいた場合はメルクリウスは「アイマス」の美希っぽいデザインで、ちひろとメルクリウスを並べると「ブラッド+」のサヤとディーヴァっぽくなるような気が。(要はちひろはああ見えてアイドル繋がり)

歩美が幼なじみの場合は

天理:学校生活以外で桂馬と接点がある。
思い出を共有してる。
桂馬と会話のキャチボールができる。「ゲームしてる、孤高でアンチ現実女な強い桂馬」が好き
(自分に目を向けられないことより、ライバルが出来ない安心を選ぶ)
「桂馬が見れればそれでいい」と言う欲のないスタンス
家が桂木家の斜め横だが桂木家と親密

歩美:学校生活で桂馬と接点がある。
思い出を共有してない。桂馬との会話が平行線。「人に優しさを向ける」桂馬が好きで自分を犠牲にしてでも桂馬の人への優しさが報われるのが見たい
(桂馬が視力なり体なりズタズタにしながらヒロインのトゥルーエンド見ようとするのと同じ理屈)
「桂馬が見れればいいけど、もっと話したいし、もっと会いたい」と言う願望の持ち主
(伏線は168話のディアナの普通の幼なじみ論「私は違いますけど・・・(歩美さんはそうです)」とも取れる)
家が桂木家の隣だが桂木家と疎遠
(特に悪魔の転生体なら歩美ママは心の隙間の持ち主で歩美の異性交流にネガティブ。桂木家と高原家の関係は前作の理香が紫原家の道場に通ってたが辞めた理由に繋がると予想)

と言う対極になるんじゃないかと思うし、外れれば妄想、当たればネタバレになる話
[ 2011/12/14 23:24 ] [ 編集 ]

あゆみんの正体は「幼なじみ成り損ないにして透明メインヒロイン」

正直、自分も桂馬が歩美の幼なじみなのに気づいたのは154話で歩美にブラック歩美が入ってた時からでそれまでは「一般人の陸上女子」と思ってました
(桂馬には歩美について攻略前の思い出がないので幼なじみの定義に入っていないので「ただの陸上女子」。因みに神のみ知ったのは今年の夏でアルバを見たのは秋)
天理&ディアナがピジョンがベースなのは多分「奪うキャラ」で歩美が理香がベースなのは「奪われるキャラ」だから
歩美が10年前にあかね丸にいて桂馬と天理を追って洞窟に入った場合は桂馬から親切にされて思い出を作る機会を天理に奪われてるし
その上、駆け魂大脱走の際に天理が桂馬を救うためにディアナを受け入れて洞窟を脱出した時には置いていかれてるので桂馬を奪われて洞窟に残された格好になってる
で実は8月31日に歩美が桂馬宅前まで来て、天理と出会って逃げ帰ったのを匂わす描写と天理が歩美と面識があるのを匂わす描写が存在する
(歩美が桂馬や天理の幼なじみであるのを匂わす伏線)
過去の経歴故に、実は歩美が一番ネガティブな感情を抱いてしまうのが天理。
因みにディアナはかのんがフィオに刺される直前に傘をさしていたのは歩美の正体を知ってるからだからの可能性がある
(デゼニーシーでは平気で輪を出していた)
し、
「女神と攻略対象に共通点がある」
「桂馬は人外(天界人か悪魔)で普通の人間でない可能性がある」
ことを考えると実はディアナとデメテルにも確執が存在してる可能性がある
因みに歩美は準レギュラー扱いだけど実はベースが緑川理香であるが故にいるのに描写されてない回数が多い
「透明メインヒロイン」
である。
これは桂馬が歩美を見ていないことに起因する部分があるけど
見ていないが故に歩美はすれ違いで攻略されてしまってる可能性大
ちひろ同様にルートにたまたま乗っかっただけ
実は「死ぬれ」の栞は「ほとんど理香」である歩美のモノローグキャラで栞の心の隙間のキーワードを「他人」を「桂馬」に入れ換えると歩美最初の攻略の際の歩美の心の隙間の正体になる
[ 2011/12/19 15:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/1008-8c0ac0d4












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。