スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG186感想~愛のかたち!!!~

FLAG186「ff(フォルテッシモ)」

よみましたっ
何話の感想から再開すべきか迷ったんですが、やはり最新話からということで…

FLAG185では、まさか!!!!あゆみんのウエディングドレスが!!!桂馬のタキシードが!!!
公式で見られるとは思っていなくて!!!興奮を通り越して唖然としていました…!!

公式がやり過ぎると冷める、とかいうんじゃないんですよね。

ウエディングなのにわかりやすいあまあまらぶらぶとはほどとおいよ”!!!笑
flag186 015

絵だけみると間違いなく「桂あゆ結婚式」なんですけど、ものすごくねじれててものすごくひねくれてて違和感ありまくりなんですよ!!でも、そこがとてつもなく魅力的なんだ!!!だからこそ神のみ!!うわーい!!

桂馬も、あゆみんも、互いに「何か裏がある」ことを把握しているうえでの、生命の危機すら迫ったプロポーズだよ!!桂馬の武器(ギャルゲーのパターン)を全て出し尽くした後の、崖っぷちになってはじめて、桂馬は自分の思いを全力であゆみんにぶつけることができるんだ…!!

ここまでしないと、お互い本気になれない二人のラブコメ…なんて面倒くさい二人なんだ!!と思いつつ、そんな面倒くさい二人だから萌えるし大好きなんだなぁとあらためて思いました。

というのがFLAG186を一読した感想でした。細かく言いだすと止まらなくなりそうなんですけど、すっきりしないからどんどん吐き出すよ!!!


歩美を追いかけて、海浜公園に辿りついた桂馬とちひろ。
羽衣を脱ぎながら船上のあゆみんを見てる桂馬は、あゆみんのドレス姿に見とれてるようにしかみえないよ!!
(完全なる桂あゆフィルター)
だけどその直後、覚悟を決めた表情になるところがかっこいいよかわいいよ桂馬うわああん”!!!

で、この二人を、ちひろはちゃんと見ているんだよね。
先週の流れでだいたいわかってはいたけど、ちひろは桂馬の本気(あゆみんへの気持ちの大きさ)と必死さをちゃんとわかってる。それを歩美に伝えたってことは、ちひろは歩美の本気(桂馬への気持ちの大きさ)を見たいってことなんだよねぇ…!!

ちひろについてはもっと考えたいことたくさんあるのだけど、他の回の感想に回します…

桂馬が思っているとおり。
今、桂馬が置かれている状況を全部あゆみんに話せば、あゆみんは絶対助けてくれるはずなんだよ。
好き、って言わなくてもね。


だけど桂馬が選んだのは!
「ごめ~~~ん今までの付きまといやプロポーズはゲームの女子攻略を元にした演技でした☆」なんていう暴露じゃなくて!!

「攻略」という、無機質にも見えるモノの先にある「愛」をみせることで!!!
そこに、桂馬とあゆみんがいるっていう告白で!!!!

惚れた弱み、で、桂馬の今までの行動を許してもらうんじゃダメなんだよ!!
桂馬だけにしか、みせることができない、愛の力じゃないと、意味がないんだ!!!

やっとやっと、女神に必要な「愛」がどういうものかわかった気がするよ…!!
妥協や人間としての優しさ(弱さといってもいいのかも)じゃだめなんだなーきっと。
桂馬が持ってる、完璧さや人間としての厳しさ(強さ)。それを捨てるんじゃなくて、全部やりつくした先に見えてくるものが、桂馬にとってもあゆみんにとっても、もちろん他の娘たちにとっても、新しい世界で、新しい愛の形なんじゃないかって思いました。
しあわせになってね!!!!

うーんmn、うまくいえない!が、時間切れなんで画像追加と加筆を水曜日中にやりたいです…!











関連記事

エンディングには向かってるけど

「歩美が桂馬、天理の幼馴染み」なんて言ってたけど実はその大前提は
「ちひろにメルクリウス」
作者の「隠し萌え」ポリシー
(故にまず歩美にメルクリウスがいた場合にそれを出すのは・・・)

白抹茶さんのギリシャ・ローマ神話で考察した結果の女神三人的中の実績

ちひろ(千を尋ねる女)はギリシャ・ローマ神話知らんと分からん伏線だらけ
なの考えると・・・

しかし、逃避ネガティブ型の歩美が
「好きじゃない」と「見返りはいらない」を桂馬から聞かされちゃうと・・・。
[ 2012/04/26 10:17 ] [ 編集 ]

エンディングには向かってるけど

自分が「歩美が桂馬、天理の幼馴染み」なんて言ってたけど実はその大前提は
「メルクリウスがいるのは歩美じゃない」

作者の「隠し萌え」ポリシー
(故にまず歩美にメルクリウスがいた場合にそれを出すのは・・・)

白抹茶さんのギリシャ・ローマ神話で考察した結果の女神三人的中の実績

ちひろ(千を尋ねる女)はギリシャ・ローマ神話知らんと分からん伏線だらけ
なの考えると・・・
ここら辺の答えが出るんだろうな

しかし、逃避ネガティブ型の歩美が
「好きじゃない」と「見返りはいらない」を桂馬から聞かされちゃうと・・・。

天理はディアナ(歩美のネタバレ)に何を言ったのか
[ 2012/04/26 10:22 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/27 18:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/28 07:29 ] [ 編集 ]

感涙で見つめます桂あゆの行き先を

【あゆみんを桂馬の嫁にし隊脳内参謀本部】
「参謀…喜んでいいのですよね?[紊・��]我々の悲願は叶う[/紊・��]のですよね?」
「…陛下が愛した男だ。桂木桂馬を、というより陛下の決断を信じよう」
(皆一斉に直立不動。すすり泣きの声も上がる状態)

よくぞここまで来たなぁと。
いや正直ここまで描写されるとは思っていなかったです。

>「桂あゆ結婚式」
>ものすごくねじれててひねくれてて違和感ありまくり
>そこがとてつもなく魅力的!!!
>だからこそ神のみ!!

…本当に不思議な漫画に魅せられたなぁとつくづく思います。

>面倒くさい二人だから萌えるし大好き
>無機質にも見えるモノの先にある「愛」をみせること
>惚れた弱み、で桂馬の今までの行動を許してもらうんじゃダメ
>桂馬だけにしかみせることができない愛の力じゃないと意味がない
>女神に必要な「愛」がどういうものかわかった気がする
>妥協や人間としての優しさ弱さじゃだめなんだきっと
>桂馬が持ってる完璧さや人間としての厳しさ強さを全部やりつくした先に見えてくるもの
>桂あゆ、他の娘たちにとっても、新しい世界で新しい愛の形なんじゃないか

隊長のご名言、ずっと忘れません。
私は昨夏、このブログに巡り合えた事を心底感謝しております。
[ 2012/05/01 11:11 ] [ 編集 ]

何気に思い出しまし田

初投稿です。
歩美の「今言ってよ!」の台詞のところって、何気に12巻収録108話で、桂馬がちひろに
[紊・��]キスしたか?[/紊・��]

って[���篏�]遠まわしに[/���篏�]聞いてた場面を思い出してしまいました(笑)。
[ 2012/05/03 18:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/1020-61ac6844


まとめtyaiました【神のみぞ知るセカイFLAG186感想~愛のかたち!!!~】

FLAG186「ff(フォルテッシモ)」よみましたっ何話の感想から再開すべきか迷ったんですが、やはり最新話からということで…FLAG185では、まさか!!!!あゆみんのウエディングドレス
[2012/05/02 04:25] URL まとめwoネタ速neo










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。