スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG196感想~麻里さんの裸体が全てをもっていきました~

FLAG196「Child in Time」

よみましたっ&復活しましたっ
(久々すぎてブログの更新のしかたを忘れていました…)

【いいわけ】
長らく放置してしまい申し訳ありませんでした…
これからもマイペースでやります。
神のみ全話レビューの野望は捨てていませんが、ちょっとここ最近の展開を頭の中に整理しきれてない私です。
7月初頭、白抹茶さんを騙る中傷コメントがついておりましたが、あればまぎれもなく偽物です。
本当にご迷惑おかけしました…。
詳しくは一つ前の記事のコメント欄をどうぞ。


【今週の私の視点と感情の流れ】
(週刊少年サンデー341ページをひらく)

こちらの↓可愛い少年が桂木桂馬となります。

(深呼吸)

……こちらの↓可愛い少年が桂木桂馬となります。
flag196 001

かわいいいいいいいいいいいい!!!!
(勢いで横に置いてあったアイスコーヒーをこぼす)


そりゃあ、ゲームばっかりやってる変な子だとしても、麻里さんだって溺愛しちゃうよなあああ
こんなかわいい息子だったら!!!

特にこのコマが好き。↓
flag196001-2.jpg
ちび桂馬のまるっこさと寝癖のゆれる感じが寒川先生(週刊少年サンデーで「最後は?ストレート!!」連載中。ぷにっとしたかわいい男の子が印象的)が描くかわいい男の子ぽくて癒されますな!!

…というかこのセリフ睦月(最スト)もいいそうだな~~あの子もゲーム好きだし笑


【エルシィとのやりとりがいい!!】
これが!!これがみたかったよおおおおお!!!

自分の姿が縮んだことにも、周りが急に暗くなったことにも気づかずとにかくゲームをしようとする桂馬
そして、そんな桂馬に「言葉でいっても分からない」と理解して鏡をもってはりついて、「自分の目で確認」してもらおうとするエルシィ!!!

なんというか、いろいろと残念なお兄ちゃんの扱い方を分かっている妹…という感じでとっても好きです!!
エルシィは桂馬の扱いがどんどんうまくなるなぁ。みならいたい。

【桂馬の「セカイ」に対する認識】
これについては、「パラレルワールド」あたりから書きたいなーっておもってたんですけど。

舞島が女子校だったり。桂馬がモテモテだったり。舞島が男子校で桂馬が女装して駆け魂狩りしてたり。

傍から見てる読者ですら、読んでてめちゃくちゃ不安になったじゃないですか。
気持ち悪くなったじゃないですか。
(あれ…そうだよね!?)

今まで「神のみ」で活躍してたキャラのはずなのに、どこか違う。
みんな、今目の前にいる桂馬をみているはずなのに、見えていない感じ。

……桂馬に対して「だーりん(はぁと」なあゆみんなんてあゆみんじゃなああああい!!!うわあああん!!!
(これ、最初読んだ時は笑ってニヤニヤしてたけど、後から割とダメージ受けた)

ふつーの漫画のキャラクターなら、読者よりももっと不安になるはずなんですよ!
あわてるはずなんですよ!で、そこの心理描写とか行動とかが漫画の面白さに繋がるはずなんですよ”!

だけど、桂馬は全然慌てない。これはパラレルワールドだ、本来のセカイじゃないって認識したら、まったく慌てない。次々と変わるセカイにも、まるでギャグであるかのように対応する。自分の認識に、絶対の自信がないとできないことだし、できない描写だなって思いました。

……だからこそ。ちひろの時の、ごめんと涙を考えてしまうんだよなぁ。

ここら辺は、語るともっと長くなりそうなので、おいおい過去の話遡って感想書きたいなと思います。


【若い麻里さんの破壊力!!】
体が小さくなったことも、パラレルワールドの一種か、と疑った桂馬でしたが。

10年前に地震でつぶれたはずの家が建っている。
麻里さんが若い。
お隣の鮎川さんがその家に遊びに来ている。

自分が、17歳の記憶を持ったまま、過去に来たと認識しました。
さっそくカレンダーをチェックして、10年前の7月に来ていることを知った桂馬。
なぜこの時期なのか?考えようとした矢先に…

flag196008.jpg
これだもの!!!
やっぱり桂馬はゲームに一直線でゲームが最優先なんだなぁと笑。

……片付けの最中に出てきた古い本に夢中になる普通の人っぽいけど笑。

この時からすでに少なくとも3つのゲームを同時プレイしていたんですね…

そして、「ポジ☆ラブ」といういかにもギャルゲな名前が出ているところから、この頃すでにギャルゲをやっていたこと、「3番目に攻略したゲーム」ってことだから、この時点でギャルゲを始めて間もないだろうということがわかるかなあと。

で、何よりも!!!何よりも!!
麻里さんのおふろ!!!麻里さんと一緒のおふろですよ!!!
若木先生!!ありがとう!!麻里さんの裸体をありがとう!!!やわらかそうなからだをありがとう!!!
flag196 013

「今日はちゃんとはいりなよ」って、普段はゲームに夢中でちゃんとはいっていないのか笑
コドモらしくない、ゲームばっかで他のこと上の空な桂馬を心配してたんだなーーー
だからこそのキス攻撃なんだろうなと。
エルシィが来てから、桂馬って随分人間らしくなったよねぇ。

【麻里さんのセリフとか】
「桂馬がママを守ってよ」とか「桂馬は目 悪くならないでね」とか。
デジャヴというか何かの伏線というか…そういう感じがするなぁ……

【桂馬の疑問】
・なぜ7歳の姿で、17歳の記憶を保ったまま、過去にやってきたのか。
・この状態でいることに何か意味があるのか。
・本当の7歳の桂馬はどうなっているのか?
ここらへんは天理が大きく絡んでるんだろうなぁ

【桂馬のさくせん】
麻里さんを早く寝かせて、自由に行動する!
そのためにオネムの演技をする桂馬が非常に…かあいいです…
かあいい姿と、意思に満ちた目のギャップがたまらないですね!!
……意思に満ちていても、体がコドモじゃ、すぐ眠たくなってしまうみたいだけど笑

麻里さんの発言から、この時からきっと一人で寝てたんだろうなと。



そして、キーになりそうな、ハクアとノーラが持ってきた玉が光で行くべき場所をさししめす…!
来週楽しみ!!光がさしてるのは、海の方向かな?


…それよりなにより、ちびあゆみんが登場するかいなかで私の頭の中はパンクしそうです!!
いや~ないないって思ってるけど!!!それでも!!夢想せざるをえない!!!


関連記事

待っていた・・・この時を待っていた!
この時を心待ちにしていたぁ!
なんという僥倖!2ヶ月待ったかいがあったというもの!!
自分がおとめ座であったことを、これほど嬉しく思ったことはない。
[ 2012/08/04 04:51 ] [ 編集 ]

 更新お疲れ様です。
 新章に入ってから色々パラレルワールドが出てきましたが、こういうのも「あり得た未来」だったのかな、と。(先生のブログにも似たようなことが書いてありましたが)ただ、自分も読んでいて変な感じにはなりました。
 それより気になるのは、天理と謎の女の子の存在ですね。「やっとここまでこれた」という天理のセリフと「もう生まれたくなかった」という女の子のセリフが何を意味するのか、とても興味深いです。
 もしかすると、天理や女の子はもう何度かバッドエンド(桂馬が世界を救えない結末)を経験しているのかも…という妄想も膨らんでいますw
 長文失礼しました。お仕事頑張ってください!
[ 2012/08/04 11:40 ] [ 編集 ]

若妻の麻里略してわかづまり

先週期待した通りに、若い麻里さんの全裸を出してくる若木先生は、もう俺の思考を読んでいるとしか思えない…。
[ 2012/08/04 22:09 ] [ 編集 ]

更新お疲れ様です!

それと、荒らしの対応ありがとうございました。
今後ともよろしくお願いします。
[ 2012/08/05 23:39 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございまああす!!

>かんなさん
うっうっ待っていただいてありがとうございます…感想自体書いてないの多すぎてもう、ホントに…申し訳ない…!!
私もかんなさんの感想楽しみにしていますよおお!!!

>プラスノートさん
よ、よかった同じように感じた人がいて…!
いつもの攻略とは違ったギャルゲぽさというか。
並行世界を行き来するYU-NOぽい感じ。
プラスノートさんのコメントよんで、普段の攻略は同級生2みたいなマップギャルゲで、天理と謎の女の子の存在が絡んでくる今の展開はYU-NOみたく、主人公が一つのセカイでの攻略の記憶を維持したまま並行世界を行き来する感じなのかなって思いました。
うーー前の回の感想もがっつり書きたくなってきた!!

>ズゴックさん
わかづまり、わかづまり…!!!なんかえろい!!えろいぞ!!

>白抹茶さん
本当にご迷惑おかけしました…
もうちょっと早く対応できればよかったんですが…
スミマセン!!



[ 2012/08/06 01:50 ] [ 編集 ]

女神編を終えて、神は。

おつかれさまです。
久々に展開らしい展開が来たところにこんな・・・!
女神編で限界ギリギリまで自分自身もヒロイン達も追いつめた桂馬がこのままやっていけるかというのはとても気になるところでした。仮に腰を上げることができたとして、ちひろの絶望を見て今までのようによどみなく事を運べるとは簡単には考えにくい。終盤の歩美攻略ではラストに至るまでのみならずクライマックスにまでちひろの手助けが入る始末。自分が情けないやら頼りないやらで打ちひしがれていてもまったくおかしくないヘヴィーな出来事の連続。それでも桂馬が壊れてしまわないのは、必ず最善の策をとっているという確信があるからでしょうか。折れる前にすることがある、と。成しうる限りではベストを尽くした、と。そう(決して精神論によらず)信じられることこそやはり桂馬の神たる所以なのだろう、と。

しかし、とはいえ、さすがに今回は頭で分かっていても、心の方が堪え切れるはずがありません。今が大丈夫でも、この先要所で心が軋む可能性は非常に高い。

だから僕は思っていました。お願いだからこんな状況で攻略とかにいかないでくれ―――と

で!
ここでですよ!ババンババンバンバン←卓を叩く音と今回の入浴シーンをかけた高度な(略
暖かさとか色々!このセカイにあふれる愛おしいものを!リアル回顧という究極の手法で味わっていける・・・!

まずはこの流れということについて良かった!ということでひとつ。
[ 2012/08/06 03:06 ] [ 編集 ]

Re: 女神編を終えて、神は。

>シクスティさん

> ここでですよ!ババンババンバンバン←卓を叩く音と今回の入浴シーンをかけた高度な(略
> 暖かさとか色々!このセカイにあふれる愛おしいものを!リアル回顧という究極の手法で味わっていける・・・!
>
> まずはこの流れということについて良かった!ということでひとつ。

おもわず口ずさんでしまった笑>ババンババンバン
ね~~桂馬の人間として原点というか幸せというか。
そういうのみれてホントよかった、ほっとした。
それでも油断ならなさそうだけど…!
[ 2012/08/07 00:35 ] [ 編集 ]

すみません数ヶ月ぶりで立ち寄りました

なんかずいぶん懐かしい雰囲気が。
そうなんですこのブログは本来こういう平和なサロンだったのですよ。
震災後に復興に向けて再起した小売店のように、また昨年の活気を取り戻して下さいませ。

3通りのパラレルワールド描写があったけど、FLAG189以来本物のあゆみんを見れてないんだよなぁ…そこへこの10年前世界で7才あゆみん登場となると…おぉ!桂馬の“結婚の条件その1=子供の頃からの因縁”が作れるぞ♪
などと相変わらずの自称あゆ桂嫁隊参謀長でした。
[ 2012/08/09 23:15 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/1023-5e91accc













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。