スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最終回だし、神のみぞ知るセカイFLAG266、267、268感想を素直に書いてみる

★お詫びと素直な気持ち

ずっと沈黙していてスミマセンでした。
神のみ及びサンデーはずっと購読してはいました。

が、特に神のみに関しては、口を開けば悪口とも捉えかねないような感想しかでてこなくって。
それを垂れ流すのは神のみ及び若木先生ファンとして私自身が辛くて。
とりあえず、過去編終わるまでは感想言うのを控えておこうと思っていました。

…実際は、現代戻ってきたと思ったらあっというまに最終回となってしまったわけですけど。

私が連載当初から神のみに期待していたのは「学園ハーレムラブコメの皮をかぶったトラウマ&コンプレックス解決の物語」であり、「狭い世界で生きていた人間が、自分をとりまく広い世界を認識する物語」でした。

上記の「自分をとりまく広い世界」は、「自分が住む町」だったり、「自分が通う学校」だったり、「家族」だったり、つまり「日常」の範囲内だと思い込んでいました。だからこそ共感できるし、狭い世界に閉じこもっている自分を、リアルに解放してくれる作品が、神のみなんだって本気で思っていました(痛いことこの上ない…)


ギャルゲーの典型を、現実の女の子との恋愛に使うメタな設定だからこそ、リアルってなんだろう、日常ってなんだろうっていうのが際立つと思うし。神のみでADVはやらないだろうと思っていました。

だから、女神がでてきたり、さらにユピテル編とか過去編とかやりだしてからは、あーーー神のみでもADVやるんだなって、言い方は悪いけど失望しちゃって。(過去編なんかまんまYU-NOでしたしね)今までと同じ方法(女の子たちにめっちゃ感情移入&共感しながら読む笑)では、神のみを読めないし感想も書けないなって思いました。

それでもね、私は神のみの女の子たちが好きだし、桂馬が好きなんですよ。

再攻略を始めて、女の子たちを自分の力で救うって桂馬が強い覚悟を持って戦った姿を見て、やっぱり桂馬が好きだなって思ったんです。私が思っていたより、広い世界と強い力を持った男の子になったんだなって、そう思ったんです。

そんな桂馬なら、きっと、こんがらがりまくった「女神」と「悪魔」と「地獄」と「天界」と「人間」のいざこざと、桂馬をめぐる恋愛関係をどうにかして、また日常に戻ってきてくれるって信じてたんです。



その結果が…まさかの「桂馬が誰かひとりを選んで他の子たちに新しい道歩んでもらう」エンドだよ!!!!!!!!

それは!!!!ほんとのほんとに!!!!最良のルートなんですか!!!!!
ぼんくらなADVの主人公でもできることなんじゃないですか!!!!
これがあなたの真のエンディングなんですか!!!!!
みんなが幸せになれる世界なのですか!!!!!!
これが、あの、落とし神様の姿なのですか!!!!!

桂馬には最底辺から見下す神でいてほしいの!!!!!!
ふつーの男子高校生にはなってほしくないの!!!
神でいながらも、日常にいきることが、桂馬ならできるって当然のように信じていたの…!!!!!

私の抱いていた、神のみに対する最後の夢は、こうして打ち砕かれたのだった(完)
ううううううううう!!!!!!涙


物語から解放するだけじゃなくて、物語に関わった女の子全員を幸せにできる力が桂馬にはあるって私信じてました…()


…まだまだ言い足りないこともあるし、もっとひどいこというかもしれませんが、以下、267、268の感想を書きます…。基本、ついったでつぶやいたことや、すかいぷやDMで吐き出したことの焼き直しのつもりです。
女神編以降から、「神のみ」の読み込み具合は確実に落ちてしまったし、正しく読み取れていない部分も多々あるとおもいます。
いわゆる「砂かけ」みたいになりそうだから、ネガティブな感想は極力書かないようにって思ってたのだけど。
気分を害する方がいたら本当に申し訳ないです。


FLAG266「ろまんちっく☆2night」FLAG267「コイノシルシ」FLAG268「未来への扉」

★桂馬のこの表情だけで私の心はうるおいを取り戻した
まず266なんですけどね。
こんなにドタバタとたたむなら、そもそも地獄のアレコレの設定は必要だったのか、とか、思うところはたくさんあったんですけど。

エルシィの正体とか、お姉ちゃんはどうなったんだとか、どういう経緯でそうなったのか、とかほっといて、エルシィに対する桂馬のこの表情で私は泣き崩れました…ううう!!!!

kaminomi266-1.jpg
【週刊少年サンデー2014年19号396ページより】
桂馬は紛れもなくお兄ちゃんになったよ…!!!涙 エルシィと出会って、桂馬は神でありながらも家族という身近な環境に生きる男の子になったよ…!!!涙 
ここでエルシィ妹ルートはほぼ確定だよねって嬉しくなった自分がいました。

むしろここが最終回でよかったんじゃないかな()
ホントに、いろいろあったけど、不満だって不安だってたくさんあったけど、この桂馬の表情がみれただけでも、私神のみ読んできてよかったし、どんな最終回でも受け入れようって思ったはず、なんだ、けど…あれ…・??


★やったよ!!!エルシィがホントに桂木家の一員になったよ!!!からの…
ホントのホントに「桂馬の妹」におさまっちゃったエルシィの幸せそうなこと…!!!
で、桂馬はちひろに告白ですかーーー!!!!!

あのね、この時はね、まさかマジ告白だとは思わなかったの…
上でも書いたように、共通ルートのハーレム状態から、一人を選んで個別キャラのルートへって、ただのADVじゃん…
そんな安易なエンディング、落とし神が選ぶわけないじゃん???って思っていたわけです…

来週、きっと神ならではの、美しいエンディングが見れるぞってwktkしてたんですけど!!!!!???
正直、ここまできて「だれか一人を選ぶ」ルートだけはないだろうって…本気で思ってました…


でもふたをあけてみると、あまりにもまっとうに桂馬が日常に戻ってきていて、あまりにもまっとうに、日常ラブコメとしてのちひろエンドになってた。正直ポカーンだった。


まさかのマジ告白…
しかも二階堂先生に本気でちひろのこと好きなこと指摘されてこの顔である
kaminomi268-1.jpg
【週刊少年サンデー2014年21号348ページより】
あげくのはてに、振られたらもうそれ以上行動せずに、「しがらみが多すぎ」て、積極的になれないはずのちひろからのアプローチまちとか…どこのボンクラADV主人公よ…?

桂馬ってそこまでちひろのこと好きだったの?っていうポカーンです。ちひろを振ったときの桂馬の落ち込みよう、攻略と関係ないところでちひろは桂馬を好きになっていたという事実。ちひろが桂馬の価値観とか考え方を変えちゃったわけで、だれか一人を選ぶなら、なるほどちひろが自然なのかもしれない。

んで、確かに、桂馬をめぐる恋愛関係をリセットして日常に戻ってくるには、桂馬が誰かひとりを選んで他の子たちに新しい道歩んでもらうしかないのだな。

女の子たちを物語から解放するっていうこと、を、桂馬が考えて選んだ結果のエンド
でもきっとそれ以上に桂馬が本気でちひろを好きってことを示唆している、んだろうなと
この先この二人がどうなるかはわかんないけど ディアナがいうとおりいろんな道が未来にはある。

ひとつひとつ考えていくと、たしかになぁ…って思うのだけど1!!!!
でも、でもさぁ!!!

このエンディングって、あんまりにも出来すぎじゃないですか!?!?!?!なんかさ、「良作」っていわれてる青春ADVみてる気分なんだよ…!!!!

ゆ~たんさん(twitter:@Iutach)の言葉を借りると、
「桂馬がリアルに降り立ったんでなくてリアルの方がヴィジュアルノベルになりました、みたいな感じ」

さっきも書いたけど、ADVの共通ルートから個別ルート入ったときの、ちょっとキャラの整合性合わない感じ、違和感ある感じとすんごく似てるの。

268だけ見ると、表情や背景でキャラの心情を見せるうまさとか、まさに若木先生で、まさにサンデーラブコメで、褒める要素もたくさんあるのだけど、でも、どうしても、私には、最終回の桂馬が今まで私が見てきた桂馬と同じとは思えないんだな…。「あいつは毎回そうだ!!全然こっちのゆーとーりにしない!!」とか、最後のちひろのデートの誘いとか、褒めどころはたくさんあるはずなんだけどさ!!!冷静に読めないんです…。

今さら桂馬とちひろの二人の世界に帰結させる意味…が私にはよくわからんのである… いやね、ADVにおける二人の世界ってだいこうぶつではあるんだけどね 神のみはADVじゃないよね????

★あゆみんファンの戯言
更に、個人的な思い入れの話をすると。
最初の頃、具体的にいうと「女神」の存在が明らかになる前。
桂馬×歩美が大好きな私は、割と本気で、最後はあゆみんルートになるんじゃないかと思っていましたw
日常を一生けんめい生きるの女の子(あゆみん)が、「日常」を生きようとしない男の子(桂馬)を感化していくってすんごい素敵だと思っていたの。で、あゆみんには、攻略の記憶を失っても、攻略の事実は残ったままで、桂馬のことがだんだん気になってほしいと思っていた。攻略と関係ない日常の中で、あゆみんを攻略したことで変わった桂馬に魅かれてほしかったんだよなぁ…

だから、私はあゆみんには女神がいてほしくないって繰り返してたわけです。
結局あゆみんにはバッチリ攻略の記憶が残ってたし、女神いたし、おまけに再攻略で結婚式までやっちゃって。
決定的だったのは、ちひろが「攻略が始まる前から桂馬のことが好きだった」ってことだよね…

個別ルートにいくなら、もうちひろしかないんじゃないかなってこの時思ったりして。
でも、再攻略を経た桂馬なら、だれかひとりを選ぶっていう辛い選択以外の、新しい提案をしてくれるんじゃないかって信じてた。

それこそ「Kanon問題」(ADVにおいて、特定のヒロインを選んだ時に、他のヒロインはどうなるのか?という問題)に対する答えが見られるんじゃないかって思ったのだけど。

そんなことはなかったね笑

★つまり
桂馬に救われなくたって、攻略した女の子たちはみんなひとりでも強く生きていくって、そういうわけですねきっと。
攻略によって、女の子たちは強くなっていったんですね。
桂馬なしでも、生きていける。

私たち、ちょう面倒くさい桂馬ファンの読者も、彼女たちと同じく、桂馬の姿が見れなくなっても、強く生きていかなければならないのだなって。


現実的な話をすると、この急な展開、急な最終回は、好きな漫画が次々と切られていったゼロ年代前半のサンデーを彷彿とさせてgkbrしています…サンデーこの先どうなるの。

若木先生の新連載はどうやら決まっているみたいですが、うーーん…

…もうちょっと、冷静に最終回読めたら愚痴ばっかりじゃない感想も書けるかな。






関連記事

敗北宣言と負け惜しみと自虐的謝罪

「参謀、ご無沙汰しております…って、何書いてるんです?」
「2014年4月23日をもって我が隊はこう改名するのだ」
「桂 馬 を 結 婚 詐 欺 で 訴 え  隊…お止めなさい!!みっともない!!」
「ええい放せ放せ!!武士の情けじゃせめてあと一太刀ーー!!」
「…大体貴方は隊長のご懸念も解らずに舞い上がってたんでしょうが!!恥を知らないんですか」
「なんだとお前だってはしゃいでたくせに!」

…このブログに出会って、瞬く間に隊長をさしおいて歩美厨になった私は、最終回で脳内の歩美正妻フラグを一本残らずヘシ折られ、敗北感にうちひしがれておりますですorz

 もうさんは偉大です。メルが出てきた時から、再攻略の成り行きがあの結婚式になった時から、その場にちひろがいた時から…この結末を直感なさっていたんですね…。

 エルシィが仰天の正体を明かし、桂馬と彼が生きる世界を愛して実妹になるという願いを叶えるのと引き換えに契約の首輪を外しました。あれで桂馬はゲーム理論によるリアル女子攻略という道から解放され自由の身になりました。もうさんもそうであるように、大勢の読者が感じた“桂馬は変わってしまった”の理由なら十分な変化です。

 好きなのはゲーム2D女子だけ。リアルなんてクソゲーだ。そう断言していた彼が、拒否したら首をもぎとられる契約をクリック一つで交わしてしまってからこの物語が始まった。その契約が満了した後、元に戻った彼はもう神ではなく一人の男子高校生になっていたんですね。

 私は桂馬を攻める気にはなれません。誰のおかげで元の身体に戻ってこれたんだ恩知らずめ的な感情はありますが(攻めてるじゃん!!)。彼は十二分に苦労したし苦悩したし、過酷すぎる数ヶ月に耐え抜きました。その結末が、一人の一番普通の子を選び女神持ち6人を一斉にふるという、信者的読者への裏切りで幻滅を招く行為であったとしても、です。

 まだまだ語りたい事はありますが、私はこのブログに出会って歩美厨になった事にひたすら感謝感激しています。歩美は桂馬にリアル女子として愛してもらえなかったかもしれず、そこがただ悲しく辛いのですが、歩美の方が桂馬を本気で好きになり、彼女自身の決意で愛し抜いた物語がなかった事にされたわけではありません。

 お騒がせしました。そして、本当にありがとうございました。往生際悪く、私的に脳内で“面倒くさがりの知的マスター旦那とその尻を叩いて人助けさせる元気一杯のウェイトレス嫁”の日々を想い描いていきます。桂歩は、私の中では見てて楽しい夫婦なのです。
[ 2014/04/25 04:33 ] [ 編集 ]

ほんと1人を選んだことには愕然ですよね。本当にそれが最善の道なのかと。
怒りと失望でまだ完全に立ち直れていないです・・。

肯定否定入り混じった中途半端な感想書くより肯定と否定を別記事に分けて投稿してみてはいかがでしょう?
個人的には滅茶苦茶に否定したネガティブな感想を見てみたいです。
なんかもう、こう、この胸に渦巻く負の感情を誰か代弁してくれ!という思いです(汗)
[ 2014/04/25 21:30 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/04/26 01:55 ] [ 編集 ]

ゲームオーバー

おつかれさまでした。
私はこの半年くらいで先週と今週のしか読んでないので、お門違いなことをいう可能性が高いのですがご容赦いただければと思います。

最終回ということですので、全体のことと今回のヒロインズに触れたいと思います。

★全体について
 物語の主人公である桂馬に「生きるために攻略」という動機を与えて始まった物語でした。そしてその桂馬は攻略対象の女性に「恋愛」という動機を与えていきました。
 だからもし本当に女の子たちが記憶や恋愛を失った状態で、桂馬もゲームをする日常に戻っていくEDだとしても、そこでできた繋がり自体は残っている「神様が変えていくセカイ(1巻カバー裏)」世界であろうと。思っていたんですよ!!
 でも実際は!女の子を「解放する」などと称し、元の世界へと戻ろうとする物語の姿が!これじゃあ神のみぞ知るセカイという物語の意味はなんだったんですかって感じなんですよ。
 はっきり言うと私にとって神のみは終わってないです。というか終われていないんです。起承転結でいうと結びがおかしい。やたらアバウトに書いてしまうと普通は「原因→(過程→)結果」のところ「原因→変化→変化した原因と結果を否定→???(ダークマター)」になってる感じですね。

★ヴィーナスヒロインズについて
 月夜栞はなんとなく友情も芽生えているし憤慨をバネにして生きていけそう、結は分からない。さすがに強がっているのか逆境に燃えているのか。心配なのはは歩美と天理です。
 あの弾丸が止まったってのがもう…ちひろEDをごたごたさせないためとしか思えない。結果がどうあれ最終回で歩美には元気でいてほしかった(机に突っ伏してましたっけ?)。
 天理が読んでいたあの手紙も、10年前からずっと渡されていたものだったとしたら残酷すぎる。世界を守るために「自分とくっつくな」ってことですからね…手紙による指示がどこまで具体的だったかは定かではありませんが、世界を人質にとられて自分の気持ちを封じないといけないなんて・・・と思ってしまって。だから実は自分は最後の最後にかなり天理に傾きました。あの内容、もしも「お前の願いはかなわない」と一般化して自分のもとに来たら気が狂うんじゃないかなってくらい。

 まとめ
神のみって何だったの?

問題提起みたいになってますがごめんなさい><
それでは失礼します~また会うことがあればみなさんどこかで・・・
[ 2014/04/26 01:56 ] [ 編集 ]

結局過剰な桂馬への期待に振り回されてたとしか思えん感想ですね。もともと彼が望んではじめたゲームではなかったわけですし、強制労働から開放されれば彼自身の意思で彼の生き方を決める権利はあるわけですから。恩知らずと言ってる方もいますが宿主達のトラブルを解決して世界を救ってなお彼に要求を求めるというのはあまりにも欲深に過ぎると思います。
[ 2014/04/26 10:09 ] [ 編集 ]

はじめまして、私も最終回に納得できず。感想ブログを回っても行儀の良い肯定的感想ばかりで疑問は解消されませんでした。
主人公だけが幸せを手に入れ、善良な少女が不幸と苦労を押し付けられて捨てられる物語。とても見返す気にはなれません。
何より感動した[はじめて恋をした記憶]のラストシーンが思い違いで流した涙に改訂されてしまったのが残念です。
過去編が終わり解放されて少し明るくなった天理と、同じ小学校出身で学園祭ヒロインとなった歩美。
2人のTOYOTA理論に合致した幼馴染に挟まれる桂馬の姿を見てみたかったのですが…やはり叶いませんでした。
桂馬という奇天烈な主人公の活躍に期待しすぎていたんですね。
私は最終回の現実と向き合う気になった桂馬より、現実に対し「設定が甘い!」と嘯く桂馬が好きでした。
[ 2014/04/26 23:04 ] [ 編集 ]

善良な少女が不幸ってw誰も不幸に放ってませんよ
天理だって桂馬とは結ばれなかったが不幸だったわけではない

桂馬はもうすでにこころが折れてる状態で天理が協力してくれたからなんとかこれただけで折れてる状態をが回復したわけではない
だからちひろ(現実)に帰りたかったていた
そんな桂馬にはもう自体を解決する以外後からは残ってなかった
他の少女たちを全員幸せとかは無理でそれは少女たちが自分でやらなきゃならないこと
[ 2014/04/27 00:53 ] [ 編集 ]

天理に対して残酷とあるが
天理自身が現状維持とゲームしてる桂馬であってほしいとのぞんだのだから
それでそれ以上自分で踏み込んだりもしてないわけで
動かないだから現状打破なんてできるわけじゃない
これはある意味天理自身が望んだ結果でもあるから
発狂とか残酷とかはない
希望を抱いていても動かないのだから同しようもないわけでここは天理自身の責任だろ
[ 2014/04/27 00:58 ] [ 編集 ]

女神編でボロボロになって涙流す桂馬見たらもうこれ以上彼に攻略という重荷背負わせるのは無理だよなあ。
[ 2014/04/27 16:39 ] [ 編集 ]

無責任

…に、尽きます。最終回の感想は。
古く強大な地獄の秘密結社がユピテルの姉妹を狙っている、なんて状況をぶちあげておいて「サテュロスは強大だと言ったな?あれは嘘だ」にした作者と。
自分で心に穴をあけて女神を憑かせておいて、そのヒロイン達に呼び戻してもらったその場で、あっさり放り出した桂馬。
両者の盛大な責任放棄を、そこだけはやたらときれいな筆回しでうわべ糊塗した、酷い最終回でした。本当にがっかりです。

もうさんのご意見について。
桂木桂馬は「少年漫画の主人公」です。そこらへんのADVのプレイヤーキャラとはひと味違うところを見せて欲しい、というのがさして過剰な期待とは思えません。
[ 2014/04/27 22:24 ] [ 編集 ]

読者は「描写不足」と叩く前に

自らに「読解力不足」がないのか、を謙虚に見直してみるべきだとは思いますね。

それだけ追記させていただきました。
[ 2014/04/27 23:10 ] [ 編集 ]

ちひろ以外のヒロインとかゴミばっかだったから最高のEDだったわw
[ 2014/05/04 19:38 ] [ 編集 ]

結局のところ、月光条例と同様に引き延ばしすぎて人気が下がり打ち切りになっただけでは?

ラスボス戦をすっ飛ばして、エルシィにラスボスでしたって言わしてる時点でそういうことなんだと思います。
サンデーで人気の続いてる漫画は、ハヤテのごとくあたりでも巨大ボスとの戦いがありますから。

この作者は前の連載も打ち切られてますしね。

作者としては俺たちの戦いはこれからだENDで締めるしかなかったんでしょう。
なんとか辻褄の合う終わり方をしようと、最後の悪あがきにちひろとくっつけたと推測してます。

素直にハーレムEND、もしくはエルシィかハクアのどちらかとくっつけておけばここまで荒れなかったでしょうねw
最終回については、なんだこれ?これで綺麗に終わらせたつもりか?っていうのが正直な感想ですねw
[ 2014/05/10 00:59 ] [ 編集 ]

当初はリアルに悩む人を救い、リアルに生きていることを実感していく神様の話だった神のみ。
助けたかのんが敵に刺される急展開で女神は誰なんだと推理モノ的要素も見せてとった策が5人同時攻略なんて大活躍だった話がこのループ、無理やりなつじつま合わせ展開でいっきに冷めた。終いには終わり宣言だからみんなブーイングなんだよ・・
[ 2014/05/10 02:31 ] [ 編集 ]

ah...

ハーレム漫画
ハーレムアニメ
ハーレムラノベ

 まともに完結した事例を知りたい
[ 2014/05/11 08:44 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/06/03 22:06 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/06/25 22:42 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/06/29 06:03 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/04 17:26 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/11 14:49 ] [ 編集 ]

一人に選択した作者の判断は偉大なものだったと思う。私はちひろ派じゃなかったので批判の気持ちは十分わかります。批判は覚悟の上でしょう。こういうハーレム設定?の漫画作品には、これからもなんやかんやと騒動は続いていくのでしたチャンチャンみたいなものが多い中で、このような選択は悪くはなかったと思う。理想を抱いたままの最終回はもう十分だ。
[ 2014/07/31 21:59 ] [ 編集 ]

誰も分かってない

ずっといってたじゃないかリアルはクソゲーだって
そもそもリアルをクソゲーと思ってない
幸せに毎日リアルが充実して得ると思って生きてる連中にはこの最終回は理解できないだろうな
納得できるかどうかは別としてあれは最良のラストであった。(本当に納得できるかどうかは別!!天理良い子だし天理とくっついてほしかったよ~ハクアもかわいそうだしなんであんなモブ子と!!!)
納得はできないけどそれでも最良のラストなんだ
リアルはクソゲーだから
このラストに納得できないのは当然だ。
でも理解すら示せないというなら原作を500回読み直すことをおすすめする
[ 2014/08/10 16:48 ] [ 編集 ]

>ADVじゃないんだから!
全く同感です
これは正統派ラブコメでもハーレム漫画でも成長物語でもなく『神のみ』なのだから

上記のセオリー(誰かと結ばれなきゃいけないとか、主人公は変わらないといけない)をなぞるではなく、『神のみ』ならではのアバンギャルドな結末が欲しかったですね。
[ 2014/08/28 16:52 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/04/11 22:42 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/07/28 07:48 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/01/24 11:35 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/02/11 00:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/1034-b8ee9217













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。