スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「かってに改蔵」連載中に行われた企画について

久米田先生といえば、南国の頃から読者プレゼント用のキャラグッズを自ら企画するなど企画モノに協力的。「かってに改蔵」においても、連載開始~連載終了まで数々の個性的な企画が生まれました。年ごとに追っていきます。

・1999年
恐らく一番最初の企画は、1999年に掲載された久米田先生の仕事環境の紹介カラーページだと思われます。読者プレゼントもあったと記憶してるのですが、なにせ現物がない…知ってる方いたら教えてくださいっ!

・2000年
その後、2000年5月、7巻にして初めて単行本に帯がつきましたっ!地丹くんの下っぱスーツストラップの読者プレゼント企画。私は抽選で外れてしまったので現物持ってませんが、23巻の限定版についていた下っぱストラップの黒色バージョンのようです。

2000年9月、最初で最後の表紙&巻頭カラーっ!!
これについては、ちん.comさんの最初で最後の表紙&巻頭カラーが非常に詳しいです。

・2001年
確か、このころ改蔵のアニメ化の噂。どこかの雑誌に設定資料らしきものまで掲載されていたはず。
(記憶あいまいです。すみません。)WHFで久米田先生の初サイン会も行われましたっ!!
なのに。
この後しばらく沈黙…。センターカラーは半年に一度ほどありました。(カラー回についてもまとめ作りたいと思います。)

・2002年
2002年1月、読者プレゼントで地丹ぬいぐるみがっ。これとほぼ同時期に、久米田先生のwebサンデーバックステージの更新が頻繁になります。かなり欝な内容なのに、ひきこまれ読んでしまう独特の勢いがある文体がネット中で話題に。1週間更新がなかっただけで心配される始末。また、2巻が出ないことがネタになっていた「育ってダーリン!!」が再開、完結しました。万乗パンツが盛り上がったのもこの頃。

・2003年
2003年。急に改蔵がプッシュされだします。6月は「かってに改蔵スーパーマンス」と名づけられ、本編とは別に「かってに人生相談室」というコーナーが設立。読者の悩みに久米田先生が1コマで答え、久米田先生の悩みに読者が答える。3回の連載で終了しました。藤田和日朗先生も登場してます。

かってに人生相談室2
2

そんでもって、まさかのファンブック発売決定&限定版発売決定!!
ファンブック用にネットアンケートが行われ、それと平行して地丹くんのぬいぐるみ商品化計画が立ち上がります。予約が500を超えたら製品化する(予約限定で)、ということでネット上では盛り上がりました。結果としては予約数が目標達成して製品化。ま、1体5000円と少々お高かったのですが…。
かってに人生相談室

で、ファンブック発売となったわけなんですが予想以上の売れ行きで入手困難状態に…。ネットではどこも売り切れ。私も地元の本屋さんを何十件と梯子してやっと発見しました。2刷(帯の色が1刷はピンク、2刷は緑という違いがありました)が出回るまでは本当に難民続出。この異常な売れ行きを「サイゾー」が取り上げて「かってに改蔵」の特集を組んだりしました。この前後、久米田先生の他雑誌への寄稿やインタビューが少しずつ増えます。

そして、このファンブック&限定版発売記念で、なんとアニメイトで「かってに改蔵フェア」が…!!
(12月18日~25日)勿論グッズも発売されました。
このプッシュっぷり、私はアニメ化確信してたんですが…笑
このフェアに関しては、上であげたちん.comさんのサイトに詳細があります。

2002年おおいに話題になった久米田先生のBSですが、2003年単行本巻末の反省文に以降します。
これって編集部の判断だったんでしょうか?

・2004年
あのプッシュは何だったのさっ!!という感じで7月読者が混乱してる中終了。
つい半年前まであんなにもりあがってたのにさぁ。
あのときの喪失感はすごかったですねぇ。久米田先生復活は固く信じてましたが笑。

関連記事
[ 2008/08/12 23:11 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/104-4649ce7f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。