神のみぞ知るセカイFLAG.23 感想とか元ネタとか

FLAG.23「地区長、脅迫される。」
10/13追記
☆若木先生によるFLAG23解説
10/06:FLAG23:「地区長、脅迫される。」
・イラストは没コマハクア色つきver.
・設定話の良し悪し。
→世界観を深められる良い部分。話のスピード感が著しく失われるという大きな欠点。
→設定をどういうタイミングで、いかに効率よく話すか、というのが人気と内容の両立を求められる少年マンガの重要タスク。
→「ただ立ち話だけをしている状況」というのをどうやって避けるかを工夫してる。
とのこと。

・ハクアの名前について。
→ヘルミニウムはうる星のランちゃん→ラン科ヘルミニウム→ヘルミニウム
→「高飛車な女の名前は、ア段の文字で終わる」→「ジュラ」→白亜
→だから、ハクアは最初のキャラ表では銀髪だった。
とのこと。

・ココマ
エスパー魔美。
追記ここまで。

よみましたっ(あれ、今何曜日だっけ…??)
密度の濃い回でしたねー。ハクアの不器用な優しさ、駆け魂の設定説明っていう破壊力抜群なファクターに加えて、桂馬の2面性が前面にでてました。それにしても桂馬かっこよすぎ。桂馬のイケメン度が回を重ねるごとに上昇してるのも単なる偶然ではない、と思う。

☆サブタイトル
明確な元ネタってあるんですかね?「○○、○○○。」形式のサブタイトルって小説やらアニメやら漫画やらで多用されてるパターンなので特に元ネタはないんじゃないかにゃーというのが私の見解。


☆扉の煽りが…「同級生2」と「神のみ」の関係。
同級生2人の現在は?」
こ、ここで「同級生2」ネタですか笑。センスがすごすぎる…!!「同級生2」と「神のみ」の関係については別記事にしましたー。→神のみぞ知るセカイFLAG.23元ネタ補足記事(「同級生2」と「神のみ」の関係)
単行本で煽りが消えるの惜しいくらいですね…。
FLAG23①


☆ポイント1:今回は早々にエルシィ離脱。
さて、本編。捕獲に失敗した駆け魂が逃げ出して、強力になってるみたい。それを捕まえろ、とドクロウ室長から指令が。早速追いかけようとするハクア。一緒に行こうというエルシィに対して…

「ヒラの悪魔の力なんか必要ないわ。」

と一刀両断。桂馬に助けを請うも、再びネットにつなぐイベントで必至なご様子で聞く耳持たず。

「うーっ今日の神様キラい――!!」

独りで探しに行きます。出番が少なくてもキュートなやつだなぁ、エルシィ。


☆ポイント2:ハクアの桂馬に対する印象の変化
一方ハクアは、ひろーい校内で迷子。

「こんなはずじゃ…なかったのに…」
「手伝ってやろうか?」

独り落ち込むハクア、そして桂馬登場の演出が素晴らしいですっ!漫画特有の「メクリ」効果を最大限に発揮しています。昔からある演出ではあるけれど、やっぱり使い所がうまい。

やっぱり、登場時はバカなポーズしてるわけですよ笑。ギャルゲが全て。ここまでは、前回ハクアが見た「バカ」モードの桂馬なわけです。
FLAG23②

だけど即座に鋭い意見と表情。コマに挟んだハクアの表情が印象的。

「あはは。人間に何ができるって言うのよ!!」
「誰に向かって言ってるの!?私、上級悪魔よ!?エルシィの所に帰りなさい!!」


ここでハクアに痛恨の一撃。

「安心しろ。駆け魂を逃がしたのがお前だってことは、エルシィには言わない。」

ま、読者は先週、ハクアの言動や表情を読み取ってきたわけだから大体予想できただろうけど、桂馬を「バカ」と認識していたハクアにとっては衝撃的でしょう。

いいわけしようとするハクアに桂馬の観察眼&完璧な推察が炸裂。
ハクアが逃がした駆け魂を追ってここまできたこと、それを誰にも知られたくないことをハクアの言動、行動から看破します。久々に「攻め」モードの桂馬ですねぇ。

「な…なんなの!!」
「何者なのこいつは!!」「最初会った時と全然違う…!!!」

FLAG23③

どうやら、ハクアは最初のゲームバカの印象を改めざるを得なくなったようです。

わ、私も桂馬に問い詰められ(以下略


☆ポイント3:桂馬の2面性(「バカ」と「インテリ」のバランス)
インテリっていったら誤解ありそうだけど、この場合観察眼とか論理的な思考とかもろもろ含んだ頭の良さ、として「インテリ」って書いてます。

ハクアとのやり取りの中ではっきり見えたように、ゲームに必至の「バカ」っぽいキャラとカリスマ的「インテリ」キャラがバランスよく同居してるっていうのが、桂馬なんだと思います。さらに言うと「インテリ」キャラの中でも攻め鬼畜系と受け王子系に分かれてたり。2chの本スレとか見てると、どんどん攻めていく「インテリ」キャラの時のほうが評判宜しいみたいですけど、どっちもあってこその落とし神。今まで現実世界の人々に対して「バカ」の面しか見せてなかった桂馬が、エルシィ登場によって「インテリ」面を見せさせるを得なくなるってのが「神のみ」の醍醐味っ!攻略以外で、桂馬の「インテリ」面に気付いて好きになる女の子が出てくるんじゃないかって、以前書きましたが(神のみぞ知るセカイFLAG.19 感想とか元ネタとか)その第一号がハクアになるのかな、これは。


☆ポイント4:ハクアの不器用なやさしさ
桂馬が格好良く決めたところに、ハクアを探してエルシィ降臨、桂馬轟沈。エルシィと一緒に居ると桂馬は振り回されっぱなしですねぇ笑。だからこそ「ドタバタギャグ」として読めるのだろうけれど。

エルシィを追っ払おうとするも、耐え切れず着地の下手さを指摘するハクア。何気に羽衣の設定も説明されてます。設定説明が自然なのが素敵っ。

「あと羽衣の目隠しONにしてる?」
「昼に飛ぶ時は目隠ししないと人の記憶に残るでしょ!管理局の人の手間が増えるじゃない。出世にヒビくわよ!!」


昔っからエルシィの世話を焼いてたのが良く分かりますね笑。いいヤツだわ。

ハクアを尊敬のまなざしで見るエルシィに桂馬がネタバレをしようと…

「優等生の衝撃の事実!!」
「そのハクアについて耳よりな情報を湾クリックでご提供しましょう。」


どこのアヤシイネット広告ですか笑。
すかさず桂馬をふっとばして黙らせ、エルシィを別の校舎へ行かせる。
にしても桂馬タフだなぁ笑。ファー様並に不死身だよ。そしてハクアの鎌?の威力もすごい…。


☆ポイント5:ゲームから抜け出すために…!悪魔を脅す桂馬
桂馬はエルシィに事実をばらさない代わりに、ハクアから駆け魂と地獄に関して情報を得ようとします。

「お前が来るまで地獄の設定すら怪しんでいた。」
「エルシィからの情報はどうも信用できない。」
「エルシィは…エルシィは…バカだからな…」
「地獄を代表してゴメン。」


もう、このシーン最高に好きなんですっ笑。「エルシィは…」のタメがいいっ!
エルシィに対する諦めと憎めなさがにじみ出てます。得なキャラですよ、エルシィは。

楠主将を割とあっさり攻略してしまって、駆け魂狩りの生活にすっかりなじんでたかのようにも見えましたが、ここで彼の駆け魂狩りに対する姿勢を再提示。

「ボクはただ…一刻も早くこのゲームから解放されたい。」
「それには情報が必要なんだ!!エンディングに辿りつくために!!」

ハクア、完璧に押されてます。自分に自信をもってる、そしてしっかりと先を見据えて結果を残していく。そんな桂馬は、ハクア自身の理想像と重なるところがあるのかもしれません。


☆ポイント6:桂馬とハクアの掛け合い
桂馬の情報と、ハクアの技術で校内を探し回る二人。ハクア、技術的にはとっても優秀なんですね。結果につながらないのは、プライドが邪魔してる部分があるのかなぁ。

「それにしても、悪魔を脅迫するなんて…なんて人間なの!?」
「人間に脅迫されるなんて…なんて悪魔だ…」
「うるさーい!!」


の掛け合いとか、学校内を桂馬が説明しながら移動してる描写がさりげないけど心に残ります。オムそばパン再登場してるしっ。
桂馬の芝居がかったセリフもいいけど、こういう描写や掛け合いの「さりげなさ」も神のみの良さだとおもいます。こういうのって、80年~90年代サンデーには多かったんだけどなぁ。ここ数年はどうもストーリー先行なのが増えましたねぇ。

駆け魂を見つけたら殺してやる!と鎌を向けられるも、冷静にハクアの性格を見抜いて脅しにも動じない桂馬。

「ボクが死ぬとエルシィも死ぬらしいから。」
「お前は親友を殺すようなや奴じゃない。」

「あ、あんなの別に親友じゃないよ!!」
「ほ―――」
「親しくない奴に減速のコツを何度も教えるのか。」
「わ、私…お前キライ!!お前とは握手してあげないわ!!」
「いらん…」


痛いとこつかれて微妙に友達言葉になってるハクア可愛い笑。
これはなんのフラグですかっ!「握手」はハクアにとってどんな意味を持ってるのでしょう。
しかしハクアに対してはとことん攻めの姿勢だなぁ神様。


☆ポイント7:羽衣の新たな技&駆け魂の秘密ハクアはエルシィの使えない技も使えます。羽衣を使って過去の映像を映し出す高度テクニック。
心のスキマに逃げ込んでるんじゃないかという桂馬を否定。というのも、駆け魂が大きくなりすぎて体に合わないから。更に、衝撃の事実(今回は本当)。

「そう駆け魂は…『悪魔にとっての悪人』…」
「悪魔の、魂なの。」
「私たちとは違う…本物の『悪魔』…」


およよ、本物の『悪魔』っていったいなんなのかしらん?これから若木先生お得意の綿密でワクワクする設定が顔を見せていきそうです。


☆今週のあおり
扉まんなか
同級生2人の運命は?

扉ロゴ下
■単行本第2巻10月17日(金)ごろ発売!!■
みんな、アニメイトに走れっ!今回も特典つきっぽいです。

1ページ目右
■第2の悪魔っ娘と逃げた駆け魂とで大変です。

18ページ目右
■ついに明らかになる秘密…次号も超必見!!

142ページに2巻の紹介文が載ってたので。
あなたは神を信じますか?我らが2D神による恋愛聖書(バイブル)第2巻!!
もはや落とし神教ですな。


☆巻末コメント


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/145-8c876210