スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ごく個人的な久米田先生メモ:2人の竹田哲也

☆サンデーの竹田哲也さんのお仕事
「さよなら絶望先生」の初代担当さんは言わずと知れた竹田哲也さん。
紙ブログでサンデーで同姓同名の編集者がいることを書いてましたが、マリンハンターの大塚志朗先生の担当さんだったんですねー。なんとなく単行本見てて気付きました。なんで今まで気付かなかったんだ…
コミックえもんのマリンハンター紹介記事にもお名前が載ってます。→http://emon.webshogakukan.com/showup/marine02.html


☆個人的な蛇足
「創」の編集後記読む限り、マガジンの竹田さんは私の出身高校の先輩かもしれん…。香川から東京でて講談社に就職っていったらかなり絞られる。おそらく2分の1の確率で先輩だ。

そこで裏技。
職場の知り合いの方が同じ高校の先輩で竹田さんと同い年(たぶん。私より10歳上ね。)なんである。

もう「Nさん、卒業アルバムまだ持ってます?」
Nさん「うん、あるよー」
もう「竹田哲也って人いたか調べてもらえませんか?」
Nさん「いいけど何につかうん?」
もう「いやぁ、ちょっと興味があって…汗」

…ただいま結果待ちです。私はなにやってるんだ…

関連記事
[ 2008/10/05 02:16 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/148-97232e12












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。