スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「神のみぞ知るセカイ」栞編と「猿の左手 象牙の塔」

☆遅くなりました~FLAG27完成版更新。画像は明日に…
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想とか元ネタとか
小ネタに関して、後で別記事にします…今回またまた長いので。

☆神のみぞ知るセカイ2ch本スレ過去ログ置き場について
リンクにひっそりつくってますが笑、月曜日にも完成させます~。需要があったらどうぞ。
しかしドメインがこのブログと一緒なんだな…コレって変えれんの?本スレにアド貼るの気が引けるよ…

☆若木先生のまんが秘伝が凄すぎる。
やっぱり確実な価値観がないと、いいものは作れないのだなぁと…音楽も漫画も演劇もいっしょや。
そしてその価値観を言葉にすることができる若木先生はホント凄い。批評家としても教育者としてもやっていけると思う。
パート3まではサンデー公式で見れます。
プロが語るまんが秘伝 若木民喜先生

まだネットには載ってませんが、パート4は絶対的な価値観を持つことの大切さが語られています。

プロになって、あだち先生や高橋先生と同じ雑誌に載るということは、「これに関しては、あだち充先生と論争できるぞ」「これに関しては、高橋留美子先生に教授できるぞ」と、言えるだけの自信と背景が必要なんです。 しかも、そのネタが、留美子先生も耳を傾けてしまうほど面白いということも大事な要素なんですが(笑)。 そして、「これに関しては、オレはこんなに素晴らしい」と「説得」できることが必須です。 素晴らしい価値観があって、それを説得する能力も必要というわけです。
(中略)
だから、とにかく全コマに自分の好きな物を描けば、それがさすがに伝わるんじゃないかと思うんです。 価値観さえハッキリしていれば、テクニックとか、ページ数とかはどうとでもなります。 価値観っていうのは、どれだけ薄まっても、1個のセリフ、1個のコマで凝縮できると思います。
プロが語るまんが秘伝!!《若木民喜先生編・4》より


だから他人が読んでおもしろい、書き手の主張が伝わる批評が書けるんだなぁと納得。自分の価値観を全て漫画にこめている故に、先生が描くコメディは過去の作品(及びキャラクターや属性)の批評としても読めてしまいます。だから私は毎週毎週こんなにじっくりよんでしまうんですよぉおおお…

☆栞編が気になってしょうがない。
どのエピソードが好き?と聞かれたら、迷いなく「高原歩美編!」と答える私ですが、どうも引っかかるのは栞編。妙に私の心をついてくるんですよね…原因はある曲の一節。

「大好きな本に囲まれて生きるんだ それはきっと素敵なことなんだろう」

「君が言いかけたその言葉の中から
本当のことだけを消して言ったら
何が残る?何も残らないだろう
残らないだろう そんな言葉は」


筋肉少女帯初期の名作、「猿の左手 象牙の塔」の一節。
どうもこれが栞編が被って見えるんですよねぇ。
筋少活動再開や「赤ちゃん人間」「軸ぶれ」「ルンバ」あたりのヒットとあいまって最近オーケンファンが漫画・アニメ周辺でファン増えてるのかも、と考えてたところでもあったので、この機会に「猿の左手~」と栞編について、さらに筋少(オーケン)に影響を受けてる作品を見てみたいなぁと思ってます。そのうち記事にする予定…(最近じゃあ絶望先生ODAのOPは筋少パロディがいっぱいでしたねっ。サンデーだとミクシム11の$ラッキーとか…スピリッツではアンデッドの再殺少女とか…武装錬金のパピヨンは「蜘蛛の糸」無しには生まれなかったでしょう)

☆憧れの80年代
80年代~90年代前半のサブカルチャーに強烈な憧れを抱いていた00年代の女子高生だった私にとって「ナゴムレコード」は神様みたいな存在でした。(分かる人にはわかるかもしれんが、このブログのアドレスもナゴム関連からとってるし、HNもそうだったり。)
特に新井理恵先生経由で知った筋肉少女帯には私のお粗末な音楽観をすべて覆されて大興奮したものです。絶望少女とオーケンの新作アルバムもどうなるかドキドキです。7188のノマアキコが参加ですって?7188こないだライブいったら思いのほかよかったのでちょっと楽しみ。女性ですけどかなり力強いパフォーマンスする人で好感持ちました。全体的には特撮テイストになるのかなぁ…エディのピアノはぜひとも欲しいところ。
関連記事

神のみぞ知るセカイ 面白いですよね!

応援☆♪
[ 2008/11/02 12:02 ] [ 編集 ]

はじめましてー。
神のみ関連でいろいろ書いてるのでまたお越しくださいませ。
[ 2008/11/02 17:29 ] [ 編集 ]

オーケンといえば

自分がオーケン・筋少を始めて知ったのは、当時よく聴いていた
ANN(オールナイトニッポン)の新パーソナリティに就任したとき。
ただ当時の自分的には、筋少はキワモノ・イロモノ的印象が強く、
パーソナリティ大槻ケンヂは好きだったけど、ボーカル大槻ケンヂ
及び筋少にはあまり興味は持ってませんでした。
それが十数年の時を経て「軸ぶれ」「ルンバ」にハマっちゃうんですから、
世の中わかりませんね。

でも実はANN当時、しっかりこんなモンを購入しちゃってたりします。
http://www.geocities.jp/dc2_sekai/img/byr.jpg
一度購入したゲーム、音楽CD、漫画等はあまり売ったり捨てたりは
しないので未だに持ってました。

あっ、仮免合格おめでとうございます。
免許取得し車を所有すると、行動範囲が一気に広がりセカイが変わりますよっ
たぶん。
[ 2008/11/03 00:23 ] [ 編集 ]

ボヨヨンロックだー!!

DC2さん、ログありがとうございましたー!!FLAG7補完しました。前は29chから直接dat取得できてたんですけど今はできなくなってるんですね…

ボヨヨンロックって、おならで空を飛ぶやつでしたっけ笑。ANNとかラジオ巌流島とかリアルタイムで聞けた方がうらやましいですよー。ききたかったなぁ。オーケンのしゃべりとかエッセイとか批評っぽい視点かつおもしろくて好きなんですー。

筋少の曲ってメジャーデビュー以降はあたりはずれ結構ある気がします。演奏自体は上手すぎなんですけど歌詞と曲が乖離してるので紙一重な感じで名曲か珍曲になっちゃう。藤田先生や藤田先生のアシ出身の人はオーケンの詩の影響すごく受けてますねー。

仮免…運転めっちゃへたくそで路上が心配ですっ汗。余裕が持てるようになったらたのしいんでしょうけどねー。頑張ります。
[ 2008/11/03 08:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/284-9401d91f













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。