神のみぞ知るセカイFLAG28 感想速報版

FLAG28「雨の日と月曜日は」
とりあえずの簡易版です。これを元に画像つき完成版を木~金に。ただし今週忙しそうな予感がひしひしと…。なんで週末までもつれ込むかもしれません。

・おー、本当の意味での「現実女」の攻略きましたよー。今までなんだかんだ言って特徴あるカワイイ女の子ばっかりでしたからねっ。小坂ちひろは見た目もジョブもコレといった特徴なくって桂馬的にいうと「モブキャラ」なわけです。でも、大きな特徴が1つ。「桂馬への好感度がメチャクチャ低い」!!

・気付いてる人は気付いてると思いますが、ちひろは2話からでてる、結構な古参キャラ。今までの発言も多いですが、とにかく桂馬を貶める発言ばかり笑。
ちひろ→桂馬の評価の変化がとっても分かりやすいはず。

彼女の桂馬への評価がどうかわるか、そして桂馬の「モブキャラ」への認識がどう変わるか。
攻略する、しないどっちにしてもコレは避けられないポイントでしょう。
「セカイを変える」(≒価値観を変える)は、この漫画の密かな(だけど重要な)テーマのひとつだと思うんですけど、今回はそれが前面に出てきそうでたーのしみですっ!

・桂馬が3次元に揺らがない2次元の神じゃないとやだ!という読者は多数いると思うんですが、
(「小さな揺れ」ならたくさんあるんですけどねー。栞編で一旦神の孤独を自覚してたけど。今回だって「ちひろさんが…駆け魂にのっとられてもいーんですか?」の後のコマ、考え込んでるやんかー。ちひろに貶されてイラっとしてるし。)若木先生がブログでおっしゃていたとおり「現実(リアル)の影響力は2次元のそれと比べ物にならない」わけで、3次元の影響に耐えて、あえて2次元の神であろうとする桂馬のココロの揺れがこの漫画の本筋な訳だと思うんですよ。桂馬が3次元にココロ傾いたとして、それでこの漫画がクソになった…なんて思う人がたら、読まないほーがいーんじゃない?なんていいたくなりますよ、私は。(めずらしくケンカうってる…)
追記:えっとですね、下コメ読んでもらうと分かると思うんですが、そういう読者を完全否定してるんじゃないです。桂馬だって3次元な人間な訳で、3次元から桂馬が影響を受けることを否定するのはおかしい、ということが言いたかっただけです。にしても、読まないほーがいーんじゃない?は暴言すぎましたね…ここでお詫びさせてください。ごめんなさい…

・たとえ桂馬が3次元方向に傾いて、それを良しとしない読者がいたとしても若木先生なら全ての読者を説得力もって言いくるめそうだなぁとおもいますが笑。先生の持ってる価値観はかなり強力ですから。若木先生の力の見せ所だー!!
追記:これもですね、桂馬が3次元万歳になって2次元捨てちゃうって展開を私が予想してるってことじゃないです。単に若木先生が絶対的な価値観もって漫画描いてるってこと言いたかったのです。

・更に言うと、「モブキャラ」のちひろを、いかに可愛く見せるかっていうのも、若木先生の本領発揮な部分でしょうねー。漫画だと「普通」属性のキャラだとしても読者からみたら十分かわいいことがほとんど。漫画ではコレが許される。だけど若木先生はあえて本当に普通の女の子を持ってきてる。「正直今回のキャラは…」なんて思ってる読者の価値観を変えることができるのかっ!若木先生勝負してるなぁ。かっこえええ…

・サブタイトルはカーペンターズの名曲、「雨の日と月曜日は」ですねー。前回のTeaForTwoといい、レトロなネタが…。ベタだけどレインボーコネクションは使ってほしいなぁ。カーペンターズは学生時代の思い出つまってて、ますます私のノスタルジーが刺激されるぅううう…

・エルシィが桂馬に駆け魂宣告してるときのエコーと背景はR.シュトラウスの「ツァラストラはかく語りき」と「2001年宇宙の旅」が元ネタかね?私はコレしか浮かばなかったんだけど…自信はありません笑。その他ミッフィー、ピーナッツ、ハットリ君とレトロネタ詰め込みだわー。

・雨の演出が素敵ー!悪天候はちひろの心象風景なのかしらん?としたら彼女の気持ちが天気に反映されてるとか…?そうだとすると、やっぱり最後は「レインボーコネクション」で確定やなっ!
余談ですが、元たまの柳原陽一郎の「レインボーコネクション」の日本語訳詩と曲アレンジはすごいです。なぜに廃盤になってるのか…。たまといえば、元たまの滝本晃司の雨モチーフの曲は名曲多いです。「レインコート」「日曜日に雨」は雨の日必ず聞いてるなぁ…。

なんだかいろいろ言い訳してますが、これはあくまで速報版。
もっと整理して完成版を週末までにあげますので…
読んで不快になられた方、すみませんでした…


☆先週のFLAG27の感想はこちら
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想とか元ネタとか
神のみぞ知るセカイFLAG27 感想速報版
☆今までの感想まとめてます
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
☆神のみぞ知るセカイ2ch過去ログ更新しました
FLAG27を追加しました。相変らずFLAG3、4の最後の方が不完全…
http://tukigamiteta.web.fc2.com/
関連記事

もの申す

こんにちは、すっかり気分は常連、tenkですー。
まさに「現実女」が来ましたね。楠さん以来長いこと攻略ヒロイン(ハクアは「攻略ヒロイン」ではないと思う)が出てなかったから、 ここで読者にインパクトを与える攻略ヒロインを持ってきたんでしょうか。今まで個性的なキャラばっかりだったので、ちひろの地味さは逆に個性になりますね。
ちらほらと「かわいくない」という声が聞こえてきますが、「オタメガ!どいて!」のコマあたりからの、それまで見せていなかった表情の豊かさは、十分かわいいと思うんですが…。特に最後のコマに陥落。

もうさんは、
『大きな特徴が1つ。「桂馬への好感度がメチャクチャ低い」!!』
と言ってますが、好感度は他のヒロインと同じなのでは?
ちひろの桂馬に対する発言はすべて貶める方向のものですが、これは単に桂馬を「軽く見ている」だけで、「嫌い」というはっきりとした感情は無いと思います。つまり、「無関心」。攻略前のヒロイン(かのん以外(笑))に共通です。
もうさんの言う「好感度が低い」が「無関心」と「嫌悪」のどちらの感情を表しているのかは分かりませんが、どちらにせよ、ちひろの好感度は初期のあゆみんと同じですよ。

桂馬の「3次嫌い」は当然、少年漫画の「成長」を通じて変わっていくのでしょうけど、私は、そのせいで、桂馬が2次と疎遠になってしまう――神でなくなってしまう――ことを恐れますね。何かを新しく好きになるのはいいんですが、そのせいでそれまでずっと好きだったものを嫌いになるのは、どうかと思うんですよ。3次元を軽く見なくなるという成長をしつつも、やはり桂馬には2次元を愛でる神であってほしいと思うんです。
片方に揺らぐとか傾くとかじゃないんです。楠編で触れられていた「両立」なんですよ、この漫画のテーマは。きっと。

で、コメントがいつになく長々としていますが…。
ケンカ売られた気分になったからなんですねー。
3次元に、ココロ「傾いて」はいけません!!2次元はとこの漫画とその主人公のアイデンティティー!!私は、神に3次元に揺らがないことを望む人たちの意見が、極端とはいえ十分理解できます。(3次元方向に傾き振りきれてしまうのは、2次元方向にとどまること以上の、「悪   夢」!!)
そういう人らに「読まないほーがいーんじゃない」とは何事ですか!!

…えーと、すみません。はりきりすぎました。
忙しい中、時間に追われて作った文章にイチャモンつけて、ほんまにすみません。
[ 2008/11/05 22:51 ] [ 編集 ]

もの申す2

上のコメントのだいたいの意訳
「読まないほうがいいというのは、漫画読みに対する最大の侮辱でしょう。ケンカを売るのはどうかと思います。」
[ 2008/11/05 23:03 ] [ 編集 ]

わーすみませんっ

tenkさん、こんばんはー。
いつもありがとうございますっ
私もちひろの表情豊かさにはめろめろでしたよー。ドライな性格や言葉使いも好み。実は話してみると桂馬と気が合うんじゃ、なんて思ってます。

すみません、ちょっと勢いで煽り気味に書いてしまいましたがっ汗、ホンキでケンカ売ってるわけではないですよー。なんて言ったら言い逃れのようですが。
あ、でもtenkさんのような反応が欲しくて煽り気味で書いたってのもあるんですが(どっちだ)、ちょっと弁解させてくださいー。

>>『大きな特徴が1つ。「桂馬への好感度がメチャクチャ低い」!!』
と言ってますが、好感度は他のヒロインと同じなのでは?


これは完全に私の書き方悪かったです、すみません。
ちひろ→桂馬の好感度が他の子と比べて極端に低いって意味じゃなくて、若木先生が意図的に、ちひろは桂馬を軽く見てるって分かるように書いてるってことが言いたかったのです。
ちひろ→桂馬の評価がどう変化するかってのが
1つのポイントになるようにするんじゃないかなぁと。

>>やはり桂馬には2次元を愛でる神であってほしいと思うんです。
片方に揺らぐとか傾くとかじゃないんです。楠編で触れられていた「両立」なんですよ、この漫画のテーマは。きっと。

そのとおりだと思います。コレも私の言い方が悪いんですけど、桂馬が神じゃなくなるとかそーいうことをいいたんじゃなくて…

簡単にいっちゃうと、ちひろを「モブキャラ」としてじゃなく1人の「人間」として見れるようになって欲しいということ。

2次元至上主義の神が、地獄との契約が原因で3次元と接点ができて、桂馬のセカイも女の子のセカイも少しずつ変わっていく…そういう意味で「揺らぐ」とか「傾く」って書いちゃったんですねー。

2次元の神!コレは絶対的な価値観だと思います。ただ桂馬も3次元の人間である以上3次元の影響は逃れられない。そこを認められないないのだったらおかしいんじゃないかなぁとおもって(実際そういう人ってそれこそ最初からこの漫画読んでないだろうけど)「読まないほーがいいんじゃない」と暴言を…。この暴言については完璧に勢いのみなので深く考えてなかったです、ごめんなさい…。
と、ながながとした弁明でした。
勢いで書いた一言は非常に反省しております…
冗談、では通りませんね、コレは。
ちょっと追記しておきます。(消すのはナンなので、追記、ということで。)
[ 2008/11/06 00:18 ] [ 編集 ]

漫画読みに対する最大の侮辱?

「漫画読みに対する最大の侮辱」というフレーズが気になりますね。
>クソになった…なんて思う人がたら、読まないほーがいーんじゃない?
ということですから、侮辱と思われたなら、それは漫画読みさんは神のみがクソになった、と思ったってことでしょうね。
普通、クソになったと思ったら読まないと思いますよ、ええ。
それとも漫画読みさんは漫画批評家とかで、それでお金を貰ってらっしゃるプロなのですか?
「イヤでも読まなきゃなんねーんだ、こっちは」ってんならわかりますけどね。

侮辱でもなんでもないと思います。



あと、一度UPした文章を消す必要はないですね。
追記という形で十分だと思います。
[ 2008/11/06 02:33 ] [ 編集 ]

そうですよ

@さん。読んできた漫画に愛着があるので捨てられないんですよ、その漫画読みは。
昔好きだったマンガの(その人にとっての)変わり果てた姿を見て、泣きながらそれを読み続けるんです。クソになったと思っても、いつか昔のようにこちらを感激させてくれるのではないかという淡い希望をもって、次の週の話を読むたびに絶望していくんです。それを止める権利は誰にもありません。
もちろん、その不満を暴言としてそこかしこに吐きまくるのとは話が別ですけど。
ちなみに「最大でない侮辱」は…
「読み方足りてないだろ?」「感性が違うんだよ」「ジャンルが変わったので仕方がない」とか。(批判ですねこれは。)

……人様のブログの米欄を暗い話で埋めてすみません。もとはといえば、私がもうさんの揚げ足をとって長々と書いたのが原因ですね……。

[ 2008/11/06 04:28 ] [ 編集 ]

ありがとうございます。

外からなので携帯で書いてます。読みにくかったらすみません…
本文の方、追記してますが、ごちゃごちゃしてますね…
>>@さん
コメントありがとうございますっ!
私も@さんと同じような見解(クソだと思ったら読むの止めるだろう)で書いてました。tenKさんのおっしゃるような読者を想定できてなかったんですねー。

本文は自分への戒めの意味もこめて残しておきますね。
またコメントでも残していって下さい~
>>tenKさん
これからも突っ込み所あったらどんどんコメントのこして下さいよー。
今回だって私が安易に汚い言葉使ったのが悪いのです。
どうも私は速報版は個人的なメモか下書き、独り言みたいな気持ちで書いていて
読む人をきちんと想定していませんでした。

これも指摘いただいて初めて認識できたことで、tenKさんのコメントが無ければまた人を不快にさせる文章書いてたと思います。

コメント欄が長くなるのはむしろ嬉しいです。これからも貴重なコメントいただければ幸いです。
[ 2008/11/06 12:57 ] [ 編集 ]

元ネタ

はじめまして。最近知って、「神のみ」関係の過去記事を、時間かけて^^;;読ませていただきました。
開始当初からなんとなく好きで、コミックスも毎回発売日の2日前くらい^^;;に入手しているんですが、思っていたより遥かに深い漫画だったんだなぁと感じ入っています。特に…ちひろ編・長瀬編の感想や解題を読んでいて、なんというか、週刊少年誌の連載漫画が、現実世界に生きている20代女性の人生に、リアルタイムに影響を及ぼしている様は衝撃的でした。
感性が摩滅しかかっている身としては、「神のみ」はもはや、こちらのサイトとセットで鑑賞するのが正しい姿のような感じです。これからも、水曜日の更新を楽しみにしています…ああ、今日ですね。

####
さて、敢えてなんか古い記事にコメントした理由ですが、

>エルシィが桂馬に駆け魂宣告してるときのエコーと背景

…は、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の白色彗星とそのテーマじゃないかな、などというかなりどうでもいい話だったりします。「白色彗星 テーマ」で検索するとちょこちょこ動画がアップされているようなので、もし興味がおありでしたらどうぞ。
[ 2009/04/22 09:25 ] [ 編集 ]

Re: 元ネタ

iuthさん、はじめまして!
> 最近知って、「神のみ」関係の過去記事を、時間かけて^^;;読ませていただきました。
うわー、ありがとうございます。嬉しいですっっ。長文ばっかりでスミマセン…

> 週刊少年誌の連載漫画が、現実世界に生きている20代女性の人生に、リアルタイムに影響を及ぼしている様は衝撃的でした。
自分に都合がいいように読んでしまうことが多々なんで…私の解釈は、あまり一般的ではないのかもしれないです。でも、影響うけて色々変わってるのは事実ですねぇ…自分でもびっくりです。

> 感性が摩滅しかかっている身としては、「神のみ」はもはや、こちらのサイトとセットで鑑賞するのが正しい姿のような感じです。これからも、水曜日の更新を楽しみにしています…ああ、今日ですね。
私も日々磨り減っていってる感性を、必死で活性化するために感想書いてるようなものです笑。
今日も感想書きました~いきなりアクセス増えて、それどころじゃない感じですが…

> …は、「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」の白色彗星とそのテーマじゃないかな、などというかなりどうでもいい話だったりします。「白色彗星 テーマ」で検索するとちょこちょこ動画がアップされているようなので、もし興味がおありでしたらどうぞ。
ありがとうございます~気になってたんですよね、この元ネタ。
後で追記しておきます。こんな風に、中途半端に放置してるネタあるんで、指摘していただけると嬉しいです。

またコメントでも残していってくださいね~
[ 2009/04/22 20:13 ] [ 編集 ]

よく見たら

どうもです。
その後、他にそう考えてる人いないかなと「神のみ 宇宙戦艦ヤマト」で検索してみたら、若木さんご本人が「さらば宇宙戦艦ヤマト」だ、とblogで明かしてらっしゃいましたね(リンク先参照)。
…ということで思い切り間の抜けた指摘になってしまいました。「正解」だったのがせめてもの救いですが:)。ただ僕だったら、あの重々しいパイプオルガンの音には「チャー」じゃなくて「ジャーン」を当てると思います。
[ 2009/04/23 09:54 ] [ 編集 ]

再び情報ありがとうございました~
週末に追記しますね。

あと、他のコメントもありがとうございました。
若木先生見てるんかなぁと思うと猛烈に恥ずかしくなってきて、逃げ出したくなりました…
[ 2009/04/23 21:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/288-5686d1e0