スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

テレキャスロック小僧

20081123153847
20081123153844
神のみぞ知るセカイ、というか若木先生の話題。
若木先生のブログにギターが載っとる。80年代後半から90年くらいってことでフェンダーのストラトキャスターかしらん?エレキはやったことないからあんま自信ないや。
というわけで、90年頃の音楽雑誌を漁ってみた。(古い音楽雑誌を集めるのが趣味だったのです、大学時代。)
お、色は違えど形はコレっぽいです。
1990年宝島4/9号VOWのストーンズ来日記念プレゼントのフェンダージャパン製ストラトキャスター。(ストーンズメンバーのサインが入ってるみたい。)年代的にもだいたいあってる…のかな?

にしても…高1でフェンダーはなかなか手が出ないんじゃないかにゃー(値段的に)、と思ってたら日本でフェンダーのコピー楽器作ってたフェルナンデスのギターでは、という指摘をいただいた。
そうか、フェルナンデスか。
ZO-3(ぞうさん。アンプ内蔵型のギター)のピンク色かわいいなーくらいしか思ってなかったのでノーマークだったわ汗。もうちょっと調べてみます。

ちなみにこの号の表紙はZIGGYのボーカル森重樹一。いかにもバンドブームなスタイリングですねぇ。

話変わって、この時期の宝島、やっぱり面白いです。如何にも東京トレンディ笑、な軽い文章は今読むと失笑ものだったりするけど…

なんせ内容がカオス過ぎる!ファッションブランドの特集して購買意欲煽ってる中で、「Bバージン」ブレイク前の山田玲司先生が、ヘルメット着用ゲバ棒持って暴れる反体制パンク小僧の漫画を描いてたり(タイトルはゲバゲバ90年代「イデオロキッズ」。結構好きです。単行本化はされてないの?)。なんでもアリなんですよ。他の漫画だと無名時代の西原理恵子先生がグロいギャグ描いてたりもしてるし。
小劇場の演劇レポートやライブレポ、CDの広告、ミュージシャンへのインタビューなんかは当時の音楽シーンを全く知らない私にとって好奇心をくすぐられるし、みうらじゅんや中島らもの読者を巻き込んだ連載は今よんでも笑えるし。
そんな訳で古本屋でバックナンバー見つける度に買って読んでたら無駄に知識だけがついていく笑。まともに音源聞いたことないのに名前やアルバム名は知ってるバンドがたくさん…。
あー、90年くらいに高校生だったらどんなにか幸せだっただろう、とよく思う。勝手に理想化してるだけかもしれんけど。
関連記事

あーなんていうか、90年代って感じの表紙ですねー。
懐かしい。
自分は90年代初頭に高校生だったんですけど、
もうバブルははじけてしまっててしっとりした
感じの世相になってました。
もう少し上の世代だったらノリノリの高校時代だったのかな。
[ 2008/11/24 15:03 ] [ 編集 ]

ぽろさん、こんにちは~
80~90年代初めって、目がチカチカするくらい原色が良く使われてますよね。
バブルがはじけた後って「空白の時代」とかいわれてますけど、そういう虚しい感覚から生まれてきたものって好きです笑。
ぽろさんも90年代に10代を消費してるんですねー!うらやましいです。私なんかは完全な後追いですから笑。
[ 2008/11/24 17:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/301-27bb9277













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。