スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

若木先生のブログに空手バカボンと筋肉少女帯っ!!

1/15:空手バカボ~ンこんにち~は~。

神のみぞ知るセカイ3巻発売直前なので、収録内容の紹介と特典が付くお店の紹介をしようと思ったんですが、その前に。

なああああ!ナゴムレコードじゃないですかっ!!
私も高校生の時ナゴムに狂ってましてねぇ…
といっても私が高校生だったのは2001年~2003年なんで、周りは誰一人として聞いてなかったわけですが。時代遅れにもほどがあるよっ。気持ちは30代です、はい。
カラオケで有頂天とか筋肉少女帯とかたまとか歌っちゃうよっ!!

若木先生がブログに載せてる2つのCDは、2006年から(だったかな?後で確かめます。)発売されてるナゴムコレクションというシリーズCDで、懐かしのナゴムレーベルの音源をCDで再販するというもの。筋少も空バカも、いまじゃこんな曲うれんやろなぁという笑、なかなかの傑作でありやす。
オーケンの詩のセンスがすごいんだよなぁ。高校生が持ってる『何者かになりたい』モヤモヤをぼやき続けてます。そんな歌詞と、プログレでアングラでレトロジャパニーズ歌謡曲な音楽を合わせられたら、高校生ならノックアウト確実でしょ!!

メジャーデビュー以降はエディが脱退してピアノ要素が皆無になり、橘高さん加入後はへビメタポップ路線&歌詞と曲との乖離が進行したので、ナゴム時代のような「レトロジャパニーズ」な雰囲気はすっかり抜けてしまいました。「レトロジャパニーズ」な筋少が聞けるのはナゴム時代だけ!!

ヘビメタポップ路線になってからのほうが、サブカルチャーに与えた影響は大きかったみたいですけど。例えばエロゲだと「痕」。アニメだと「エヴァンゲリオン」。小説だと「ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ」。サンデーだと藤田和日朗先生、安西信行先生、井上和郎先生の作品。ジャンプだと和月伸宏先生、鈴木信也先生。思いつくだけでも凄い数になるなぁ…

それでも!!「レトロジャパニーズ」なナゴム筋少も忘れちゃいけないと思うのですよ。

以前、栞ちゃんと「猿の左手 象牙の塔」という曲がシンクロする、という思いつきを書きましたが、
(参照記事:「神のみぞ知るセカイ」栞編と「猿の左手 象牙の塔」
「猿の左手 象牙の塔」もナゴムレコード時代の曲。あんまり気にしてなかったんだけど、若木先生もこの曲を聴いてたんだとしたら…。と考えると面白くなってきた。ナゴム時代の筋少を広めるためにも栞編に絡めたレビューを書きたいっ、けど一体いつになるんだろう笑。

にしても、若木先生が高校生の時ってすでに「月光蟲」とか出てる時期なはずだよね?
みんなナゴムまでさかのぼって聞いてたのだとしたら、なかなかマニアックですな。
若木先生の筋少レビューが読んでみたいです。

こんなこと書くとものすごい筋少ファンみたいですが、一番嵌ってる(現在進行形)のは「たま」ですよ。
今でもライブにちょくちょく行ってます。「さよなら人類」しか知らない人はもったいないですよ、ホント。
関連記事

ナゴム…懐かしいですねえ。
私は洋物パンク・ハードコアに流れましたが、姉が一時ハマってましたよ。
ケラは今斜め上の更に上辺りへ行ってしまった気がします。
[ 2009/01/16 00:31 ] [ 編集 ]

リアルタイムでナゴム聞けた人がうらやましいです笑。

私はロックへの入り口がナゴムで、だんだん洋物に流れてる感じですねー。今やすっかり渋谷陽一に洗脳されてます笑。
ケラさんはすっかり演劇界の人ですね。最初はお遊びみたいだった劇団健康がまさかメインになるとは…って感じです。ナゴムに関わった人が現在も作品を作り続けているのは嬉しいですねー。
[ 2009/01/16 07:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/352-627bf5e8













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。