スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

はじめてのあく第3話感想

第3話「見事なカラダ」
はじめてのあく感想一覧
悪の華、咲かせてみせようぞ!やりたい放題の“悪コメディー”
よみましたっ
ジローの真っ直ぐさ、純粋さに脱帽!!単なる鈍感主人公、ツンデレ主人公で終わらないぜ、こいつはっ!!落とし神も真っ青なセリフ連発ですよっ!!全国の少年少女、彼の真っ直ぐな気持ちと行動にニヤニヤし、そして爆笑せよっ!!これぞコメディーではないかっ!

いやなにね、「体」に惚れたって異様にリアルじゃないですか笑。ズレた鈍感主人公に見えて実は全開でアタックしちゃってるところが最高ですね!これも女子読者増えるんじゃないかい?というか、男子の書き方変えたら「ちゃお」でも通用しそうだぞコレ笑。

そんなニヤニヤ成分大増量なんですけどね、25~27ページの怒涛の展開には本気で笑ってしまいましたよー。素晴らしいセリフとテンポっ!ジローの攻めまくりな行動と、押され気味なキョーコ、そして2人の関係にときめくアキユキの配置が絶妙っす。ちゃんとキョーコの攻撃力が高そうに見えるのも素晴らしいよっ。

キョーコを自分のモノにしようとするジローにかき回される一方。今回キョーコは押されっぱなしか、と思いましたが救世主エーコおねえちゃんの「要求も呑んだフリをして問題を先送りする」作戦で懐柔成功。

といいつつ、エーコの真の目的はキョーコとジローをクラス(いや学校?)公認カップルに仕立て上げることだったようで、
「あんたがあたしの言うこと聞いてちゃんと社会にとけこめたら!」
「それができたらあたしを好きにしていいから!」
「簡単だな!!これでキョーコはオレのものよー」

なんていうセリフのやり取りは、エロエロな方向の解釈で固まってしまったようです笑。
あえて私からもこのセリフを送らせていただきましょうか。
「キョーコちゃんってばダ・イ・タ・ン(はぁと」

そうそう、さりげに伏線はられてますねー。
「あいつあたしらの兄弟の中でも一番クソまじめだったからねー。仕事ばっかで同世代の友達もいなかったのよ。」
これは、「進め!ギガグリーン」の阿久野フミが出てくるってことですかい!?
いつかギガグリーンとの絡みを期待して。

はてさて、クラスメイトに妄想爆発させる威力をみせつけたお2人ですが、次回はどう動く?
とおもったら、次号予告に軽くネタバレのってますぜ。
「ちゃんと社会にとけこめたら、あたしを好きにしていい」キョーコの大胆発言で校内は大波瀾!!!晴れて生徒として迎えられたジローと、男子生徒たちの聖戦が勃発!!?
ついに正式に転校、そして男子キャラが増えるのか!!藤木先生は女キャラのみならず熱い男キャラも素敵なんで期待しときますよっ

☆巻末コメント
Q.22世紀までには、なくなって欲しいというものはなんですか?
A.ストレス。

先週といい、どーしても数年前の夏目先生とだぶってしまうのは私だけでしょうか笑。
関連記事
[ 2009/01/25 00:16 ] 『はじめてのあく』感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/362-185da52f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。