スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG37感想とか元ネタとか

FLAG37「2年B組長瀬先生」
☆今までの感想・考察・元ネタは神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめからどうぞ。
☆初見の感想は神のみぞ知るセカイFLAG37 感想速報版


サンデー2009年第8号
勝ち名乗りをあげるのは?
よみましたっ(またまた週末更新。そろそろ通常に戻りたい…)
速報版では、純が桂馬と「生き方の沸点をあわせる」ことで接点を持ったこと、それによって最短攻略ルートを外してしまった桂馬は「他人から自分はどう見えているか」を考えて立て直さなければならないんじゃないか、という話を書きました。
今回は、この話の構成のうまさをもうちょっと詳しくみていこうかと思います。

☆他の男子と桂馬の違いをはっきり見せる!
「実習生…いいよなー」
「オレはやりますよ!!!」
「2週間で仲良くなっちゃいますよ!!!」

「フン!あんな半端なパラメータのどこがいいのやら…」
「その他大勢」と「桂馬」の違いがはっきりと描写されてます。美人の実習生に大騒ぎする男子生徒と、その輪に加わらず冷ややかな意見を述べる桂馬。コレだけ見ると、桂馬がただ現実に対して冷めてるだけに見えますが、それは違う。ただ価値観が違うだけなのです。魅力を感じる観点がその他大勢の男子と違うだけなのです。桂馬は誰よりも真剣で熱いのですよ。

☆桂馬の価値観=この作品の価値観での「教師」の特性
「教師ですらやたら攻略が面倒なわりに実りの少ないジャンルだと言うのに!!」
「『弱教師』みたいな肩書きになんの魅力があるってんだ!!どーかしてる!!」
「『教育実習』が成立するのはプレイヤーキャラのみだよ!!エルシィ君!!」

そんな桂馬の熱さとその他の男子の熱さの違いを見せつつ、この作品における「教師」の位置を説明してしまってます。桂馬の手にかかれば、説明的なセリフも熱いセリフになってしまうんですにゃー。サンデーの作家さんってこういうセリフのセンスがいい人多いー。

☆いつも万能だった桂馬の格言が、今回は早々に通用しなくなるという変化球
「ティーチャーの 愛は時には ノーフューチャー。」
「教師ってのは、生徒と仲良くするのが仕事だからだ!!」
「単に仲良くなるだけなら教師ほど簡単なものはない。だが、そこから先にはなかなか進めない。」
「どこかで立場を台頭にしないと先に進めない!!」

エルシィの意見に異を唱え、攻略方針をキャッチーな格言とともに披露する。
いつもならこの方針が順調に進んでいくわけですが、今回は純の方から積極的にかかわってきたため早々に計画倒れという新しいパターンです。
さらに今回は冒頭で桂馬が話した「教師ですらやたら攻略が面倒なわりに実りの少ないジャンル」の論理的で分かりやすい説明にもなっています。この「論理的」な部分は神のみの魅力の一つですね。

☆モノローグによって読者だけが分かる!桂馬と純の攻防
「なんでボクを狙い撃ちなんだ…?」
「ボクなんかしたか?」

「ムリもないわね…」
「急に話せって言ってもね…」

すでに純が桂馬にロックオンしてることは読者はみんな知ってるわけですが笑。
桂馬は他人から見た自分…つまり自分のパラメータが見えてない。だから純がなぜ近づいてきたか、自分をどうみているか分からない。純は「いい先生」としての基準で桂馬の行動を考えるから、桂馬の行動を単なる逃避としか考えられてない。そんなねじれが読者からは透けて見えてきます。この捩れに最初に気づくのは、さてどちらか…。

ちょっと注目しておきたいのは純。
「この子たちの…期待を裏切っちゃいけない!!」
「私…いい先生にならなきゃ!!」

ここでエルシィの駆け魂センサーが反応するわけですが。
どうにも純は「理想を目指す」といいつつも、その理想が他人=現実に左右されてるような気もします。

☆プロレスが求める「現実の強さよりも理想の強さ」が桂馬に重なる!
単に昔のプロレスが好きだから、という理由だけで、プロレス好きの女子大生を出してきたわけじゃないことがよく分かります。桂馬も現実より2次元という理想を追っている探究者なのです。

そして、桂馬がこの一言で純に心を許しかけたのも事実。だけど、それは偶然で純は桂馬を誤解しているまま、と…。うーんすれ違い。「神のみ」は桂馬の完璧な理論がありつつも、現実ならではの「すれ違い」がたくさん生まれてます。それ解消するべく、毎回桂馬は奮闘するのですが…今シリーズでは、純が、なぜ桂馬が「現実より理想」に反応したのか理解して桂馬が現実からの逃避でゲームをやっているという誤解をとくことも必要でしょうね。桂馬は「現実」からみた自分、純は「理想」からみた自分、それぞれを得るように成長しなくちゃならないみたいです。

☆ムービックの神のみグッズ情報
いまさらですが、後で別記事にしようと思います。
が、サンデー368ページの「サンデー情報スタジアム」に注目!!
次世代WHFで販売される(東京では今日開催中ですね)ムービックの神のみグッズの情報がのってます。ついでに懸賞も。Tシャツ、マウスパッド、ポーチの3商品。
ウェブサンデーの公式ページでカラーで見れます。が、やっぱりこういうキャラ物グッズってよっぽどデザインが良くない限り(もしくは原作者がデザインに直接かかわってるか)じゃないと買う気がしないのは私だけじゃないはず…。ポストカードとかポスターとか絵そのものを楽しむのは別にいいんだけど。せめてバンドのTシャツくらいのデザイン性がほしいぜ。いやこういうのって実用というよりコレクション用なのは分かってるんだけどさ。あ、でもマウスパッドはちょっと欲しいなーあゆみんいるし。

☆サンデー50周年企画⑧!!歴代ヒロイン特集!!にエルシィ
ページの端のコラムです。絶チルの3ページ目のとこ。
【エルシィ】「神のみぞ知るセカイ」のエルシィは、地獄から逃げた駆け魂を狩りに地上に現れた「駆け魂隊」の一人。見かけは女の子だけど年齢は300歳オーバー!
ちなみに國生さんもいます。金剛番長の267ページ。工具楽屋が家具楽屋になってるけど笑。

☆今週の煽り
1ページ目扉
・真ん中
勝ち名乗りをあげるのは?

・ロゴ下
神様が囚われの少女“空”を救うためにアレコレする単行本第3巻発売中。

2ページ目柱
■美人実習生によりKOされる男子続出中。

18ページ目柱
■どこからどうみたって問題児ですよ神様。さてさて攻略しょっぱなからつまづいた桂馬の次なる手は!?

☆巻末コメント
Q.22世紀までには、なくなって欲しいというものはなんですか?
A.WAR。

戦争根絶。80~90年前半のロック少年らしい答えですね。その最たるものが山田玲司先生だと思うけど、若木先生も良く環境問題の話ブログでしてるしね。


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/363-acb9b06e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。