スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ミソラ事件のこと+とりあえずの拍手コメントお返し

☆ミソラ事件
1/26:ほんのささいなとるにならないしっぱいのほうこくしょ
「ハアク」の誤植の秘密が…!ミソラの意味が分からない人は「ミソラ事件」で検索してみると詳細が分かるかと思います。とりあえずwikipediaから引用。
生方恵一の項から。
>1984年12月31日、「第35回NHK紅白歌合戦」で総合司会を担当。この紅白でラストステージを公言していた都はるみが、涙のアンコールを終えた直後、得点集計に移ろうとした生方は、「もっともっと、たくさんの拍手を、ミソラ…(首を振りながら絶句、一瞬固まる)、ミヤコさんに、お送りしたいところですが…(後略)」と、都の名前を美空(ひばり)と言い間違えてしまうという失態を演じた。この映像はNHKの公開ライブラリーで視聴することができる。
あいかわらずネタがレトロっす若木先生!
3巻の加筆修正まだチェック中です…明日あげられればいいけど。

☆拍手コメントお返し。
>めぎゅっちさん
お騒がせしました~。また遊びに行きます!

>はしょらさん
はじめまして~またコメントいただけたらうれしいです。
新井先生が久米田先生の元アシ、という話ですが、以前久米田康治先生の過去のアシスタントさんについてという記事のコメント(非公開コメントです)に某サンデー作家のアシスタントという方から「確かな情報」としていただいた情報です。新井先生はあっという間に才能を見抜かれすぐにいなくなってしまったようですが…。

関連記事

以前にもその事について書かれてたんですね!(追記部分見逃してましたf^_^;)自分は絶望先生から久米田先生のファンになったんでサンデーにいた頃の事がいろいろ知れておもしろいです。南国アイスにもポロロッカするべきですかねぇ(笑
[ 2009/01/28 16:43 ] [ 編集 ]

はしょらさん、こんにちは~

南国はネタの方向性は違えど、虚実ないまぜで久米田先生ご自身や周囲の漫画家さん、編集者さん、アシスタントさんのプライベートを容赦なくネタにする所や、超人的な発想による言葉遊びは共通しているので一度読んでみることをオススメします笑。
少年誌で連載していたことが奇跡な下ネタや時事ネタなんかは人を選ぶとは思いますが…
5巻とばしくらいで絵柄の変化を見るのも楽しかったりします。女の子のファッションやカラーイラストの配色のセンスは素晴らしいの一言で、当時はよく真似してました笑。
[ 2009/01/28 17:39 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/368-56f6e6d3












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。