スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG38感想とか元ネタとか~桂馬は現実から逃げているのか?~

FLAG38「スクール☆ウォーズ」
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
神のみぞ知るセカイFLAG38感想速報版

遅くなりました…
純が自ら桂馬に近づいてきたため、教師ルートに入ってしまい桂馬が想定していたルートは失敗。
それでも、なんとか「互換フラグ」(恋愛に関係ないイベントで頭をいっぱいにして、後に一気に恋愛に変える)で教師ルートからの脱出を図ります。とりあえず「怒り」で埋めようと試みるも、ことごとく失敗。それどころか「怒り」が自分に返ってくる始末。やはり教師ルートを受け入れるしかない、と思い直す桂馬の新たな作戦は…。

☆もはや「マンネリが心配」「中身がないキャラの様式化」なんて言ってたら失笑ものだな。
キャラの可愛さ、テンポの良さ、セリフの妙…神のみには、そんな「コメディ」としての魅力がたっぷり詰まっているわけですが、最近はそれに加えて「現実」を生きる上で避けて通れない悩み(人生哲学)をテーマに盛り込む構成の上手さが際立っていますねっ。少年マンガの中で人生哲学をやってしまうと、非常に暗くなってしまい人気がいまいち…な場合が多いのですが(「トガリ」とかね…私はかなり嵌ってました)、「神のみ」ではコメディの中に哲学を織り込んでしまうという離れ業をやってのけています。更に、悩みを投げっぱなしにしないのが素晴らしい!青年誌だと深いテーマ、難しいテーマも多いんですが、テーマ提示だけして答えは読者に投げっぱなしというのもあるからねぇ。それはそれで面白いのだけど。

☆他人は自分をどう見ているのか=自分のパラメータを意識する桂馬
「よく考えたら…ボクは問題児らしい…」
「問題児が問題行動をとっても…普通なのか…」
「ゲームの主人公はのっぺらぼうなのに…今回は自分のパラメータが大きな障害だ。」


そもそも、先週~今週の失敗は桂馬が「他人からどう見られているか」という視点がなかったことが原因でした。ここで注意したいのは、見えていないのは「他人から自分へのの評価」であって、「自分がどういう人間であるか」ではないということ。桂馬は「現実には絶望しているけど、自分には絶望していない」、そして「自分が望めば、現実でも二次元でも何でもできる」という絶対的な価値観と自信があるのです。到底17歳とは思えないほど、「自分がどういう人間であるか」が見えています。

ちひろ編では、桂馬は「他人からの評価」に傷つき、自分を見失いかけるも、絶対的な価値観と自分への自信を再認識することでちひろを救うことができました。その過程で、他人が現実とどう向き合っているか、自分は現実とどう向き合うのか、という視点をしっかり得ることができたように思います。
ですが、「他人からの評価」に対してはまだあまり意識できていない様子。(ハクアの好意や楠主将の「かわいい」という評価に対して鈍感なのも、この視点がさっぱり抜けていたからでしょう。)今回、はじめて桂馬の口から「自分のパラメータ」という単語が出てきましたが、それは単に「自分が問題児であるらしい」というライトな認識です。純は、桂馬にかつての孤独な自分を重ねているようなフシがあるので、自分のパラメータを分析できると純の心のスキマも見えてきそう。

☆桂馬の「怒り」の理由
「ゲームのなかに逃げ込んでないで…キミも現実のなかで生きていかなきゃ!!」
「お前、なんいもわかってないな…ボクが現実から逃げて…ゲームをやってるって思ってたのか?」
「お前の勝手な基準で、人を見るんじゃない!!」
「もうちょっと…わかってる奴かと思ったよ!!」
「お前なんか…」


風で舞い上がるカーテン、吹き込む風。そして桂馬の冷めた視線。
桂馬が「他人が現実とどう向き合っているか」という視点を得ているからこそ、出てきた怒りでしょうね。「攻略のための演技」の色が濃かった初期と比べたら雲泥の差。「現実の強さより、理想の強さを求める」という、現実への向き合い方に、多少なりとも共感を持った故の怒り。桂馬の強固な自信と価値観が伺える1コマでした。

☆桂馬は現実から逃げているのか?
桂馬は現実から逃げているのか、逃げていないのか、という議論は度々読者の間でも議論になりますが、個人的には上で書いたとおり、桂馬は現実でも二次元でも「絶対的な価値観」そして「自分への自信」という武器を持って戦っているのだと思っています。ただ、今の時点では「他人からの自分の評価」(=自分のパラメータ)の分析に興味がない、だから「逃げている」ように見えているのではないでしょうか。

☆純の桂馬に何を見ているのか
「今なら…桂木くんの気持ちがわかる…」
「寂しいのよ…寂しいから…こうなるのよ…」
「私は…間違っていない…あの子にとって…これが一番なのよ…」
「どうしてわからないの…どうして…通じないの…」


周りとの温度差、それ故に孤立する自分、揺らぐ自分の価値観と自信。(なんか「スマッシュ」の蛯沢先輩みたいだな…)孤立するのが嫌なら、周りとあわせればいい。それができなければ、自分だけの世界に逃げればいい。おそらく、学生時代に部活(バスケット)で孤立しただろう純。彼女は当時、どういう選択をしたのでしょうか。

先生(実習の指導教官)を先輩と呼んでいるので、部活の先輩後輩なのかな?先生は当時の純のことをよく知ってそうです。ルートが確定しなかったので、純の心のスキマを分析することもままならなかった桂馬ですが、先生をステップにして近づくことはできるのでしょうか。
そうそう、先生のチョーカー?というか首輪?の謎も以前からちょくちょく指摘されてますね。何か秘密があるのかな…

以下、小ネタの元ネタに関して少し。
☆サブタイトルの元ネタ
「スクール☆ウォーズ」
言わずとしれた、熱血学園ラグビードラマ『スクール☆ウォーズ ~泣き虫先生の7年戦争~』が元ネタ。80年代らしい大げさで強烈な演出と展開で有名ですねー。個人的には、このドラマの登場人物イソップ(あだ名)のパロディ4コマ「アンデルセン」と「シスターストロベリー」(新井理恵先生の「×-ペケ-」の1シリーズ)の方が印象深いです笑。熱血教師と「泣き虫」属性を駆使してうまく立ち回る生徒への皮肉が鋭くて最高!新井先生またギャグマンガ描かないかな…

☆ヒョウタンツギ桂馬が登場
「怒らせまくるぞ!!」のコマ(88ページ4コマ目)
これ、前にブログの方でもアップされてましたよね?あとで探してURL貼っておきます。
手塚治虫先生の漫画にストーリーの関係なく登場するマスコットキャラがヒョウタンツギ。
豚に見えるけど茸らしい…

☆まいっちんぐマチコ先生が…!
「いや~ん、まいっちんぐ」なスカートめくり。(94ページ4コマ目)
またまた懐かしいぞ。児童誌掲載とは思えない笑、Hないたずら満載ギャグマンガ。
90年代くらいまでは児童誌でいいのかコレ?ってかんじのマンガ多かったなぁ、特にコミックボンボンはめちゃくちゃだった(遠い目)

☆今週の煽り
1ページ目柱
■教師の卵、長瀬純攻略中!!

4ページ目ロゴ下
春日主将のSEKIMENが凄い単行本第3巻発売中!!

18ページ目柱
■神の力をもってしても中々進まぬ教師攻略。その状況をひっくり返す第三者とは…まさかこの人!?

☆巻末コメント
Q.心に残るアニメのワンシーンを教えてください。
A.「そのかわり約束してくれる?」「責任とってね(はぁと」

『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』ですね。留美子先生ファン&オシイストな若木先生にはたまらん作品でしょうなぁ。ああ終わらない文化祭前日…。そういえば、ちひろ編でもビューティフルドリーマーを元ネタにした扉絵がありましたね。

あとで少し追記します~




関連記事

「えっ!?現実逃避?」

本スレや他の感想ブログでも散見した見解ではありますが、そのように受け取られた方が多いのに少々ビックリ致しました。
ま、捉え方は人それぞれなんで構わないっちゃ構わないんですけどね。

=以下私見=
少なくとも物語進行時での桂馬の認識は「2D世界とは現実の代用品ではなく、より高次の存在である」だと思われます。
※二次元が三次元より高次だとは、結構なトンデモない話ですが
そして、現実<理想(の強さ)を語った純。
(もしかしたら、わかりあえるのかもしれない)
ここで「裏切ったな、僕を裏切ったな」となればEVAになるわけですが…

ま、どうでもいい話でしたね。
乱文失礼致しました。
[ 2009/02/01 23:58 ] [ 編集 ]

桂馬と自分を重ねてみたら、逃避に見えるのかもしれません。

@さん、こんばんは~
桂馬のやってることを逃避だと読んでる人の多さに私もびっくりしました。ちひろ編経由した後だったので尚更です。

2D>3Dなんてトンデモなんですけど笑、それを完全にギャグにせず、現実の強さと戦ってるのがすごいなぁと。桂馬と若木先生は本気ですよね。

EVAは最後の最後で視聴者にまる投げじゃないか!どうしろっていうんだ!と一昨年初めて通して見たときにモヤモヤしました。桂馬は着実に答えに進んでる感じがあって好きです笑。
[ 2009/02/02 00:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/373-2846380f












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。