神のみぞ知るセカイFLAG39感想~妥協せざるをえなかった大人へ、そして妥協を知ってしまっている学生へ~

FLAG39「熱中時代」
神のみぞ知るセカイ 感想とか元ネタとかのまとめ
神のみぞ知るセカイFLAG38感想とか元ネタとか~桂馬は現実から逃げているのか?~

よみましたっ
「なにが現実よ、馬鹿じゃないの!!」

これこそ正に若木先生の描く「純痛」ですね…

ちょっと理不尽なことがあっても、それが一番楽に生活できるからと、変わらないセカイに妥協して生きる生徒。そして、理想的な「正論」を実現しようと、セカイを変えようと奮闘する熱血教師。

読者が現実でどちらの立場に立っているしても、心にグサッとくるシーンだったのではないでしょうか。(実際私は過去の封印していた記憶がパンドラの函のごとく飛び出してきて…)若木先生は、フリーズドライで保存してある、自分が経験した過去の出来事に随時アクセスしながら漫画を描いている、という趣旨の発言をしていらっしゃいましたが、2つの立場の温度差の描写がすごくリアル、そして新鮮。大人がよくやる、感傷たっぷりノスタルジーの「思い出」ではないのです。若木先生にとっては、過去の出来事は思い出として美化されているのではなく、鮮度そのままのリアルとして存在しているんだなぁと実感しました。まさにフリーズドライ!!

更に、そのリアルな「純痛」を支えているのは、生徒の気持ちも先生の気持ちも的確に、そして簡潔に描写する若木先生の客観的な姿勢。若木先生は自分が悩むだけでなく、たくさんの人の悩みと真剣に向き合ってきたんだろうなぁ…と思いを馳せると、込み上げてくるものがあります…

変わらないセカイで安定を求める人と、理想を求めてセカイを変えようとする人の温度差さというのはとても厄介です。本編でも描写があったとおり、変わらないセカイで安定を求める人(生徒)は、セカイの変革を求める人(先生)を困った人、ウザい人としか認識していません。住むセカイが違う人として相手にしていないのです。同じ目的のもと、意見が違う者同士の「対立」であれば殴り合いでも話し合いでも、交流ができるわけですが、今回のような「温度差」の場合は対立にすらならないのです。生徒側が気づかないまま、先生は孤独を深めてしまっているわけですねぇ…。

桂馬は、たまたま理想とするセカイ、変えようとするセカイが二次元世界(ゲーム)だったから、現実の人の目を気にすることなく、サイト「落とし神」を通して二次元世界の変革に勤しんで来たわけです。お互いに住むセカイが違うと思っていたから、現実との温度差による孤独は発生しなかった。
だけど、駆け魂狩りをする中で、他人は現実とどう向き合っているか、自分は現実とどう向き合うべきか、そして他人から自分はどう見られているか…という視点が徐々に出てきています。現実に対して、ゲームで培った絶対的な価値観と自分への自信を盾に戦おうとしているのです。

だからこそ、「純が落ち込んでいると気になる」のでしょう。桂馬もずっと(ゲームの)セカイの変革をやってきたし、更に今は(本人は意識していないにしても)現実セカイの変革を、時に傷つきながらもやっているのですから。

今も、「桂馬は恋愛感情抜きに、あくまで事務的に女子を攻略している」とか「女子キャラの使い捨てが受け付けない」と言った意見が散見されますが、今週の「純が気になる」発言をとっても桂馬が事務的に進めているという側面はだいぶ薄れてきていると個人的にはおもっています。取っ掛かりは駆け魂狩りのためという事務的なものでも、女子キャラとの交流で、桂馬の感情が表出しているのは明らかでしょう。恋愛感情だけが、ラブコメディの全てではないと思います、うん。

元ネタやもっと詳しい考察なんかは、いつものごとく金~週末の完成版で書きますので。

以下、気になることを少し。
・二階堂先生、23か24歳!?貫禄ありすぎでとても新任教師とは思えない笑。私と同い年か…

・二階堂先生に悩み相談のフリする桂馬はあざとすぎる笑。私、何度も桂馬は他人から見た自分という視点が欠けてて、自分の容姿が魅力的であることに気づいていないと書いてますが…笑。
関連記事

二階堂先生は

26~28歳くらいな感じですよねえ。
個人的には28歳説だったんだが…
純浪人説でならアリだけど。

さりげに二階堂先生が一番桂馬を理解してるってところがいいですね。
あのシーンだけは二階堂先生=読者で
「おまえが言うかw」
って感じでした。
ウケました。
[ 2009/02/09 00:29 ] [ 編集 ]

@さん、こんにちは~
バスケ部での挫折?がトラウマになって勉強に身が入らず浪人ってのはありえるかもと思いました。そこら辺も今週号でわかるんでしょうか…

二階堂先生、良いですよね!桂馬の扱い方を良く分かってらっしゃる笑。
桂馬に採点全部任せるのも、桂馬がいい加減にやったりしないというのを知ってたからだろうなぁ。
ああいうSっぽい先生は好きです笑。現実では、保護者や生徒の力が強くなってるから二階堂先生みたいな人は排除されてしまうんでしょうけど…
[ 2009/02/09 12:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/377-2401ac7b