スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

週刊少年サンデー11号:「神のみ」人気絶好調!!若木民喜先生特集!!

今週の感想は神のみぞ知るセカイFLAG40 感想速報版に書いています。

☆「神のみぞ知るセカイ」表紙&巻頭カラーってことで
本誌の上隅っこコラムは若木先生特集です。
今回のミニ情報のターゲットは「神のみぞ知るセカイ」を好評連載中の若木民喜先生だ。君は現実(リアル)漫画家・若木先生を攻略できるか!?
内容は若木先生のサンデーバックステージ、及びサンデーの巻末コメントからの抜粋のようです。プロが語るマンガ秘伝の若木民喜先生のインタビューもちょっとはいってるかな?

本スレでまとめていた方がいたので転載させていただきます。今規制されているのでここでお礼書いておきます。ありがとうございます!

305 名前: 名無しさんの次レスにご期待下さい [sage] 投稿日: 2009/02/10(火) 11:43:03 ID:rIG/pw6R0
サンデー09年11号の若木についての特集メモまとめ

【修学旅行】 親から禁止されていたTV番組が多かった若木少年。
修学旅行で一番感激したのも、観光名所ではなく禁止されていた番組を観られた事だそうだ。

【気晴らし】 若木先生の仕事の合間の気晴らしはサッカーのTV観戦とケーキ、
そして一人カラオケ。カラオケは元気が出るので、アニソンを中心に歌うそうだ。

【ハインハイン】 親の教育方針でお菓子を禁止されていた若木少年に、
許されたお菓子が離乳食にもなるソフトせんべい。おかげで今も乳離れができないとか。

【年賀状】 「オレ宛の年賀状が一通も来てないことの確認」が正月の恒例行事だった若木先生。
でも連載直後の06年の元旦には、2通が届いたとか……

【ジンクス】 若木先生が信じているジンクスは「ネームの仕上げは必ずミスタードーナッツ」だ。
うるさすぎず、静かすぎず、適度に雑多で集中できるそうだ。

【G(ガンダム)シール】 親が共働きのため、夏休みは学童保育に通っていた若木少年。
もらったオヤツ代はGシールを買うのに使い、オヤツは友達にもらっていたそうだ。

【初作品】 大学時代に若木先生は、初めて描いた作品で第33回新人コミック大賞に入選。
「オレは天才かも」と根拠のない自信を得て、苦労したんだとか…

【三日坊主】 若木先生は引きこもり(!?)時代、立ち直るために日記を始めては
3日で挫折したことが何度かあったそうだ。そんな日記が6冊ぐらいあるとか…

【癒し系】 連載前の先生は、大人の自分が読みたい癒しの作品を描いていた。
そこから少年漫画らしいエッジの効いた作品に戻していくのは大変だったとか。

【苦手】 先生は夏休みの宿題では、アイディア貯金箱と読書感想文が苦手だった。
今でこそ漫画家だけど、当時は絵もアイディアを練るのも嫌いだったとか。

【因果律】 先生は偶然にみえる出来事も、裏に何か理由があると思うそうだ。
そしてその運命(因果律)は「自分の意思」で(少し)変えられると信じているんだ。

【覚醒】 中学生になってから漫画から遠ざかっていた若木先生が、
高橋留美子先生の「めぞん一刻」に出会って覚醒!その世界の素晴らしさに、夢中になったそうだ。

【再出発】 若木先生は5年間の引きこもり後、社会復帰を目指して漫画家に再挑戦。
自分に外圧(プレッシャー)をかけるため、上京してアシスタントになることを決死した!


関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/387-7331483e













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。