スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイ:藤原みち子議員(池田市議会議)が語る若木民喜先生の幼少時代

☆発見した人は目ざとすぎ。
コメント欄で教えていただいたのですが、若木民喜先生のwikipediaの項目に、
>池田市会議員 藤原みち子議員のブログ(2009年2月1日)に若木民喜が本名であり男性であると明言。また北野高校出身であることも記載
という記述が追加されています。

引用元を辿ってみると…
池田出身の漫画家
若木先生のお母様と親交が深いようで、単行本が出るたびに藤原議員に送られているようです。
そんな藤原議員が語る若木先生の幼少期は…

>池田で生まれ、呉服保育所から池田中学、北野高校を出て京都大学へと進学し、漫画家としては異色といえる経歴かもしれません。手塚治虫という例もありますが…。
子どもの頃は小児喘息がありましたが成績は抜群、星座が好きで理数系の仕事を選ぶのだと思っていました。途中で転居したため高校以降は逢っていませんが、高校時代にマンガを描いていたことは娘から聞いていたところです。


とのこと。元理系少年ってのは、作風にも面影がありますね。
そしてまた北野→京大のソースが増えました笑。

>そのうちサイン入りはプレミアム付になるかもですね。大事に取っておきましょう。
大事にしてください!!

ということで。
躾が厳しかった、と若木先生はよくおっしゃっていますが、藤原議員のブログを読む限り、結構教育熱心な家庭だったようですね。
なんかこう、若木先生の漫画以外の側面を知ると余計にドキドキするのは何故なんでしょう笑。

>数日前に、マンガの単行本が届きました。かつて、「呉服保育所父母の会」を立ち上げたメンバーの一人で保育運動を通じて子どもが成人した今も交流が続いているんですが、今は京都府に住んでおられます。
とのことなので、若木先生の実家って今は京都府なんですね。
若木先生からの年賀状が京都中央郵便局だったのは、実家から出したからなんでしょうか。
(先生のお母様なら、発送準備とかばりばりやってそうな感じが笑)
…共産党だからって反応するのは偏見がすぎるかと思いますぜ。

☆もう一つ、インタビュー記事を。
私はまだ読んでいないのですが…
若木民喜インタビュー、文芸誌パピルスに掲載
今度はサブカル系文芸誌に進出ですかっ!
手に入ったら記事にしますね~(しかし地元ではほとんど見たことないぞパピルス…)
>これまでパピルスの「漫画の神様はもういない コミック新世紀」コーナーに登場してきたのは、荒川弘、ひぐちアサ、柴田ヨクサル、東村アキコ、花沢健吾、石川雅之、石黒正数、押切蓮介らベテラン中心。新人の若木が抜擢されたのは、注目株としての証明といえそうだ。
という記述はちょっとずれてる気がしますが笑。
追記
詳細アップしました!
神のみぞ知るセカイ:papyrus[パピルス]vol.23若木民喜先生インタビュー掲載
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/418-d5e7fd13












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。