スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG45 感想とか元ネタとか

FLAG45「月とテブクロ」
大変遅くなりましたが、神のみぞ知るセカイFLAG45 感想速報版の補完です~。
最新号は神のみぞ知るセカイFLAG47 感想速報版で。

桂馬とヒロイン2人っきり、というシチュエーションが続くのは楠編以来かな。そして楠編よりもラブラブっぽく見えるのは、「小さくなればなるほどデレる」って理論があってこそでしょうね。こういう桂馬の批評的な視点と解説が、神のみの面白いところでもあるんですけど、その客観性、普遍性はふとした拍子に女の子を傷つけてしまうんですね。そこに「私」はいるのかと。桂馬にとって「私」は何なのかと。自分の恋心は全部理詰めで終わっちゃうんじゃないかと。

実際、恋愛なんて生物学とかで全部説明ついちゃうんじゃないのー?と、「現実女」な私が囁きかけてくるわけです笑。私の友人がブログでできそこないの男たちって本を読んだって話を書いてたんやけど

>基本DNAとかの話なんだけどさ。生物の仕組みが見えて。男と女の関係が見えて。
恋とか愛とか、さらにどうでもよくなったよ。まずいなー。
こんなことを研究している研究者達は、どうやって恋をするんだろうか。
まー関係ないのか?落ちる時は理屈じゃないしね。
でも付き合ってて、言動に「しくみ」が見えちゃわないのか。

って内容らしくて、読みたくなって買ってしまいました。桂馬も若木先生も分析でやってる部分が大きいと思うんですよね。だけどそこからはみ出した説明できない熱さがあるんだよなぁ。そこが知りたくて知りたくて。あーもどかしい。

☆サブタイトルの元ネタ
あまりに嬉しくて速報版では一番最初に書いてしまいましたが笑、元ネタは筋肉少女帯の隠れた名曲、「月とテブクロ」ですねっ!んもうね、このライブは最高ですよー!!いったい何回聴いたことか…

1988年に発売された「猫のテブクロ」通称「猫テ」というアルバムのラストを飾るプログレな曲。
橘高さんもいいけど、やっぱりウッチーの曲が好きなんですよ…
個人的には「シスターストロベリー」「猫のテブクロ」は筋少でも屈指の名盤だと思ってます。

☆若木先生によるFLAG45の解説
3/24:FLAG45「月とテブクロ」
トップ絵のルナが怖すぎる笑。
「怪奇大作戦」についてはオーケンも書いてたような…

☆ららんらら、らららん♪
ちっちゃくなって、ドールハウスで暮らして、牛乳風呂を試すってのは映画「ドラえもんのび太の宇宙小戦争」のしずかちゃんそのまんまですね。秘密基地でしずかちゃんが独りお風呂に入ってると、敵軍ピシアが乗り込んできて誘拐しちゃうという、物語が大きく動く場面でした。この映画の主題歌、「少年期」はホントに名曲。
悲しい時には 町のはずれで 電信柱の明かりみてた♪


☆今週の煽り文
1ページ目柱
■好きなものだけ選んで集めて囲まれて、夢心地です。

2ページ目扉
・真ん中
おっきく登場?九条月夜編第3回!
・ロゴ上
今、話題の単行本は第3巻まで発売中ですよ!!

18ページ目柱
■神のプランに、亀裂が走る…!?

☆巻末コメント
Q.ネットでこまめにチェックしているサイトがあれば教えてください。
A.自分のブログ。

自サイトあげてる人が多いですね。
やっぱりパソコンダメな藤田先生が笑。

☆今週のサンデーその他
2009年少年サンデー19号。いろいろ注目の記事があったのでついでに書いておきます。
閣下!!
若木先生も言及してたけど、いろんなサンデー作家に囲まれてながいけん閣下がっ。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/465-97bf0a19













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。