スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG53感想補足:浴衣の描き方のミスについて。

神のみぞ知るセカイFLAG53感想速報版で、今回も神のみをべた褒めしてた私ですが笑。
やっぱり冷静に読み直してみると、違うところも見えてくるんですね。
今回書きたいのは、浴衣の描き方がどうにもおかしい、ということ。
(参考:本ブログの調子がおかしいので、漫画の中のファッションについて語ってみる

初読の時は感動しまくって、こんなところ気にならなかった訳なので、突っ込むのも野暮かもしれませんが…。しかも私そんなに浴衣に詳しいわけじゃないんで、参考程度に読んでくださると嬉しいです。

☆浴衣の袖が違う(身八つ口がない)
浴衣を着たことがある女性の方なら気づいた方も多いかもしれないですが。
minami1
こっちだともっと違和感あるかも。
minami2
袖が筒型になっていて、そこに腕を通してるみたいに描かれてるんですが、これだと浴衣じゃなくて甚平みたいなんですよね。
甚平はこんな感じ。
jinnbei1

yukata1
私物で申し訳ないんですが、本来の浴衣はこういう袖になっていて、着ると腕の下に布がかなり余る(身八つ口といいます)ようになってるんです。

和服といえば久米田先生ってことで、さよなら絶望先生第6集から奈美ちゃんの浴衣。
nami1
こういう風に、腕の下に無駄な笑、布が余っているのが正解。

☆浴衣の丈が長い気がする。
袖に比べたら些細なことなんですけど、足の甲まで浴衣があるのは、ちょっと長い気がするなぁ。
これは好みの問題かもですが。
minami3
足首が完全に隠れてしまってる。これだと崩れやすいし歩きにくいんですよね。

tiri1
さよなら絶望先生第6集より千里ちゃんの浴衣の足元。足首までできっちりおしとやか。

kahuka1
こちらは可符香ちゃん。千里ちゃんより足首が見えてる感じで、ちょっとアクティブなイメージです。
この2人の長さくらいが標準じゃないかなぁと。

☆おはしょりがない
これもデフォルメしてて省略してるっていうんなら分かるんですが…
abiru1
さよなら絶望先生のあびるちゃんの浴衣から。帯の下の、浴衣がぼこっとなっている部分。
これをおはしょりというんですが、神のみの浴衣にはこれが全く描かれていない。
minami5
浴衣の丈の長さを調節するためにおはしょりを作るんですが、気になる人は浴衣の着付けの仕方のページでも見てみましょう。

浴衣の柄についても、言いたいことはいろいろあるんですが、これは完璧に私の好みになりそうなので略。
こんなに漫画の服についてじっくり見たことってないので、他の漫画がどうなってるのか分からないんですが、ちょっと興味でてきました。サンデーのファッション特集でもやろうかしらん?
藤木先生の服の描き方がとても好きなので、いつか記事にしたいと思っています。


関連記事

浴衣の描き方

なるほどよく分かりました。
スタッフに女性がいないのも、こういう事が起こる原因かなぁと思いましたね。
[ 2009/05/31 08:01 ] [ 編集 ]

こういうことでしたー。
確かに女性がいれば気づきそうなかんじですね。
アルバの時は女性アシスタントさんばかりだったようですが、今は確か全員男性でしたっけ。
[ 2009/05/31 16:51 ] [ 編集 ]

おはしょりって、着物を描く上でかなり初期に気付く部分だと思うんですけどね。

例えるなら、刀の持ち方が糞握りだとか、銃を撃つ直前でもないのに引き金に指をかけているとか、ライフルをバズーカのように構えてるとか、摂氏マイナス300度とか、そのくらい良く突っ込まれるポイントではないかと。
[ 2009/06/02 02:16 ] [ 編集 ]

KAZさん、こんにちは。
背景ならともかく、今回は浴衣メインですからね。若木先生は結構ディテールにこだわって絵を描いてる印象があったので、今回のミスは意外でした。

ライフルバズーカや摂氏~と比べると、突っ込みいれてる人が少ない気はしますね。インパクトと笑いどころがないからでしょうか。
[ 2009/06/02 18:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/546-5558b0f9












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。