スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG55感想速報版

FLAG55「HELP!」

よみましたっ
今週で期末テスト編は完結。文化祭編はいつになるかなぁ…楽しみです。
あゆみん萌えな私としては、彼女があたふたする様子を見るだけでも大満足だったのですが笑。今回の話は、設定的にも、桂馬の内面の描写的にも、とても重要なお話だった気がします。

☆桂馬の「思考停止」について
「別のセリフでもよかったよなー」
「どうせ向こうは忘れてしまうんだから」

記憶を失うことを知っているのに、なぜ「いつでも助けてやる」なんて、未来へ繋がる約束をしてしまったのか。それは、自分の胸によーく聞いてみてくださいよ、桂馬くん笑。

といいたくなるくらい、桂馬は自己分析をしません。自分の感情を吐露するようなモノローグも皆無です。何を考えているのか、何が本心なのか、読者は分からなくてやきもきする。若木先生は、桂馬を突き放してみてるような感じ。

ですが読者の視点から見ると、桂馬のセリフや行動の変化に、ある程度理由が推測できます。ちひろ編で、初めて未来へ繋がる約束をしたのは、現実への失望→歩美との再会で、自分のプライドと自信を強固なものにしたからでしょう。

ちひろ編以降行われている、攻略キャラとの未来へ繋がる約束は、桂馬の本心、本気が溢れ出た結果と読むことが出来るように思います。

特にちひろ編以降は、桂馬がなぜその行動、そのセリフを選ぶのかという解説よりも、女の子の感情描写にページが割かれているため、桂馬が「未来へ繋がる約束」を意識して選択しているか否かというのがはっきりしなかったわけですが、今回のモノローグで、「未来へ繋がる約束」は無自覚に選択されていたということが見えてきました。

女の子達は、桂馬との恋愛で得たポジティブな部分を吸収して、新しいステージへ進みます。しかし桂馬は、女の子達が知らない別れの痛みを独りで抱えながら、また新たな痛みに向かって行かなければなりません。攻略した女の子達が進んだ新しいステージにの中に、桂馬はいないのです。
この「桂馬の痛み」の描写は殆どでてきませんが、栞編ラスト、そしてみなみ編ラストでは色濃く表れていたように思います。(桂馬の痛み、つまり神の孤独に関しては、神のみ2巻の感想にも書いているので興味があるかたはどうぞ。)
「神のみぞ知るセカイ」第2巻の感想~かのん編と栞編の対比から見えてくる神の孤独~

今まで桂馬の成長にばかり注目してたフシがある私ですが、桂馬は、積み重なる痛みに耐えるために無自覚に「思考停止」という手段を選んでいるのかもしれないなぁと思いました。今回のラスト、「気のせいだ」なんて顕著ですよね。女の子達にも、記憶が残っているのかもしれない…と感じたにも関わらず、そんな自分の思考に蓋をしてゲームを続ける。
このまま痛みが積み重なると、いつか蓋しきれずに溢れ出してしまうんじゃないかなぁと心配。
そうなると、痛みを和らげてくれるのは、攻略キャラの記憶と、桂馬が無自覚にしてきた「未来へ繋がる約束」でしょうね。

☆桂馬びんびん物語
また若い読者置いてけぼりネタ笑。教師びんびん物語なんて、私も名前しかしらない笑。
鉛筆で発火と二枚返しは、とどろけ!一番ネタですか?
追記:とおもったらどうも記憶違いな気がしてきた。鉛筆発火はあさりちゃんだったかカンニングーだったか…?記憶があいまいだー。

☆はぁ~バッカバカし~♪
牧伸二とかのギター漫談みたいだな笑。(牧伸二はウクレレですが。若木先生のブログにウクレレ抱えて漫談やってるちひろの絵が載ってましたね、以前。)

☆記憶は消える、だけど心のスキマは埋まったまま…
かのんの「いつかどこかで会いませんでしたか!?」の後のあゆみんとちひろの反応…あれは明らかに心当たりある感じですよね。「桂馬が気になる」というような漠然とした気持ちじゃなくて、キスに反応しているあたり、「記憶の消去」がどこまでなされているのか…。
恋愛で埋めた心のスキマは再発しやすい。だけど桂馬が攻略した女の子は再発は今のところない。そこらへんとも関連してくるのかなぁ。

☆エルシィって不思議
引っ掻き回したり、自分のポンコツっぷりで周囲の冷静さを取り戻させたり。以前、エルシィは運を引き寄せてるって書いた気がするけど、ホントそんな感じの役割だ。

☆桂馬の動揺
桂馬の99点を飾って上機嫌の児玉先生が笑。
にしても、桂馬。動揺がこういう形で現れるのは非常に面白いですね。桂馬にとっては、100点取り続けていたのはゲームのためですから、ゲーム以上に3人の記憶が気になっていたみたいで…。すでに蓋をしきれていないような感じもします。


サブタイトルの元ネタは、FLAG54のサブタイトルの元ネタになったビートルズのアルバム「4人はアイドル」の1曲目、「HELP!」ですね。

以下サンデーメモ。実は今週まだ全部読んでないんですが…
・トラウマイスタ、お疲れ様でした!絵が一つ一つ、頭に焼きつくなぁ…。終盤のバトルが格好よすぎて、もっと長い尺で見たかった…と残念な気持ち。2ヶ月連続で単行本発売とのことで、これは終盤の(一部での)人気を考慮した感じかな。中山先生の次回作を楽しみにしておきます。
・今週のお茶いいなぁ…切ないなぁ…
・はじあく、他にもファンクラブあるんか笑。
関連記事

たとえ記憶が消えてたとしても

そして、仮に今後思い出すことがあったとしても、彼女たちが
「ちょっと気になる男の子」
とお勉強をしたという事実はいつまでたっても消えないわけで。

数年後、もしかしたら忘れてしまうかもしれない。
けど、その事実は消えはしないんだね。

そっか、そうなんだ…
[ 2009/06/10 19:18 ] [ 編集 ]

もう今回は読み返すたびに、あゆみんとちひろの
反応にニヤニヤが止まりませんでしたよ!w

特にエルシィの爆弾発言にノックダウンされる
3人が最高でした!w
[ 2009/06/10 20:01 ] [ 編集 ]

>@さん
今週は、楽しいんだけどみなみ編の余韻もあってか、切ない気分が残りますよね…

>Fさん
いかにもポンコツなエルシィの役回りが最高でした笑。もう一押しすれば3人みんな恋人にできそうな感じが笑。そこにストップをかけるのが「気のせい」なんでしょうけど。

余談。
Fさんのブログ、わかったかもしれない笑
[ 2009/06/10 20:39 ] [ 編集 ]

はじめまして。ナカムラと申します。
勢いでコメントしてみました。
こういう経験はあまりないのでどきどきしています。

記事を読んでいて「なるほど」と思うことが多かったです。的確な分析、みごです。
毎週更新をチェックさせていただきます。
物語を更に楽しく、深く考えさせてくれるもうさまに感謝いたします。
では かしこ
[ 2009/06/10 22:49 ] [ 編集 ]

ナカムラさん、はじめまして。
コメントでも何でも大歓迎ですよ~。

暖かいコメントありがとうございます。
私の文章は分析というか、妄想に近いものな気がしますが汗、すでに開き直って毎週感想を書いてます。

神のみが好きすぎて、週に3つくらいは神のみ関連の記事を書いてるような偏執的なブログですが、また気が向いたら遊びに来てくださいね。
[ 2009/06/10 23:55 ] [ 編集 ]

もうさま:

今回の神のみ、前半よりある意味やりたい放題で受けましたww。児島先生喜び過ぎww。

# 気持ちは分かるけど。

「攻略された」女の子達に実は気持ちが残ってた、ってのは桂馬にとっては結構複雑じゃないかと思いますねぇ。だって、桂馬はゲーム上の経験を基にしてゲームと同じ感覚で彼女たちとつきあって(というか彼女たちを攻略して)いた訳ですから。その点では今後イマジニアリーな世界に住んでいた桂馬がリアルの経験に触れてどのように変化していくか、ってところが大きな読みどころではないかと期待してます。

# 若木先生が大きく期待を外してくれることも期待してますw。

> トラウマイスタ

最後うまい終わり方だっただけに今まで急ぎ気味だったのがかえって残念に思いました。でも、終わり方は大変よかったと思います。中山先生も落としどころが大変難しかったのではないかと僭越ながら推測しますけれど、感動的なラストでした。

> はじあく

黄島くんはカレーでなくてコーンスープでしたか。そうか、そうきましたかww。
[ 2009/06/11 00:04 ] [ 編集 ]

神のみも絶望もお茶も大好きです

こんにちわ。

今週は、うまくまとまってましたね。
本当に、おもしろかったです。


なんだかんだでエルシィがいいですよね。
場を和まれてくれるドジっぷり。


でも、駆け魂のことに関しては本当に真剣なんですよね。

そこがエルシィのよさだったり。


そういえば、桂馬がキスをして駆け魂をだすときってエルシィはどういう気持ち、どんな表情なんでしょうね。

場面が場面だけに、桂馬と女の子しか描写できないのですが・・・

少なからず、ハクアだったら見てられないでしょうけど
エルシィは、そこらへんしっかりしてますよね。



あと、お茶は本当にせつないですね!!
これも、楽しみ。



長文失礼しました\(__)
[ 2009/06/11 19:16 ] [ 編集 ]

コメントありがとうごさいます~

・かいちょさん
児島じゃなくて児玉ですよー笑
ともかく先生、単純でいいですねぇ。実際あんな先生いたらめっちゃ嫌われそうですが。(実際あゆみんは触られただけで引いてましたし笑)

桂馬の変化は、ほんっとに少しずつしか描写されてないので…今回の99点とかもそうですよね。
そういう小さな変化を積み重ねていってほしいなぁと思っています。積み重なりすぎたら、記事でも書いたように爆発してしまうときもくるかもしれませんが。

トラウマイスタ、ラストよかったですよね。だからこそ、タヴィンチやアインシュタイン、センゴ…その他もろもろ、もっとバトル見たかったなぁという思いが残ってしまいました。

はじあく、私もコーンスープでふきだしました笑。

・大根おろしぃさん
エルシィは、桂馬が女の子と仲良くすることに大して割り切ってるイメージがありますが…実際どうなんでしょうね?
参考になりそうなのは、FLAG@の、あゆみんと桂馬が掃除しているところを見つめるエルシィの表情くらいかなぁ。
個人的には、あくまで「妹」を貫き通してほしいところですが…これからどうなるかは神のみぞ知るですね。

お茶は、私自身が部長さんのファン過ぎて卒業がつらいです笑。
[ 2009/06/11 22:44 ] [ 編集 ]

あれ
デザインが変わってる・・・

それはさておき、いやいやうちのブログが
特定されるわけ有りませんよw
最近、ハヤテのごとくに対する熱が冷めているなんて
事もありませんよ?w

更にそれはさておき、文章が多いと
読みやすくするのって難しいですよね…
うちはまあ字を少し大きめにすることと、
フレームをウィンドサイズに合わせて動かせる
(つまり、画面を広くすると読みやすくなる)
ようにしてます。
[ 2009/06/12 20:29 ] [ 編集 ]

Fさん、こんばんは。
前のデザイン、好きだったんですけどコメント欄が非常に見辛かったので変更してみました。カスタマイズとかしたらいいんでしょうけど、下手にいじると変なことになりそうで怖いんですよね…

まだいろいろ実験してるので、またデザイン変わるかもです。ばたばたしてスミマセン。

神のみの感想を書かれているブログは、水~木くらいで神のみRSScheckerで拾って読んでるので、大体の見当はついていたのですが、神のみノベライズの記事で確信した次第です笑。
[ 2009/06/13 01:05 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/560-93c551b7












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。