スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG56感想速報版(イタ回の役割について)

FLAG56「同“掃”会」

よみましたっ
久々に地獄と新悪魔と駆け魂の話でした。前回の期末テスト編もそうでしたが、おまけっぽい気楽な話でありながら、神のみを読み込んでいく上で重要な鍵になりそうなことが、さらっと出てきていますね。
一見様も、流し読みしている人も、キャラ萌えで読んでいる人も、私みたいに無駄に深読みしてしまう人も笑、楽しめるお話作りはさすが若木先生。(人気キャラ再登場させて露骨に読者に媚びてる若木プギャーなんて読み方してる人もいるんだろうなぁ…考えたくないけど。)

そもそも、攻略と攻略の間に挟まれるイタ回(インターミッションorインターバル)は、攻略の緊張感の息抜き、リセットのためのお話でありながら、神のみの世界観を作っていく上では欠かせない要素を強化していくお話でもあるようです。

例えば、エルシィと桂馬の「兄妹」としての信頼関係、桂馬の「攻略」に対する真剣さ、桂馬の「落とし神」としての影響力…。
特に、桂馬のサイト「落とし神」が現実のゲーム業界に与える影響力を描いた「なにかの☆よあけ」のインパクトはすごかった。
「ある文化が進むべき方向を示す」という批評の役割を全うし、(ニッチなジャンルではありますが)ユーザーにもクリエーターにも大きな影響を与えたゲームレビューサイトECD及びその管理人PERO氏を思い出さずにはいられませんでした。


で、やっと今週の話なのですが…。
FLAG1で、密かにはってあった伏線「いやみな先輩」が回収されました笑。10歳だけ年上な悪魔、ノーラとその取り巻きが登場です。ちょっとアイビスっぽい(褐色系だから)。若木先生の描くSっぽい大人の女性はいいのう…。はじあくの黄島くんじゃないけど踏まれたい笑。
で、駆け魂の大脱走(六万匹)が起こったのはほんの十年前で、その理由はハクアも知らない。(…ということは他の駆け魂隊も知らないんでしょう。)
なんだかアルバトロスの大発火を彷彿とさせますが、地獄と桂馬がリンクしてしまったら、まんまアルバトロスの設定ですね。
少しずつ輪郭が見えてきた地獄に比べて、桂馬は内面的な描写が少ないうえに、麻里さんの「思い出せない」発言や、姿を見せない父親、室長が桂馬をバディーに選んだ理由等、桂馬に関しての謎も多いのでどう転ぶかは分かりませんが…。個人的には、桂馬は極めた「ダメ人間」であり続けて欲しいし、本筋は地獄の話じゃなくて、桂馬のセカイが二次元だけでなく、三次元にまで広がっていく話であって欲しいし、エルシィにはあくまで「妹」であって欲しいです。

FLAG1の伏線といえば、「ビリーのDVD」も出てきましたね笑。エルシィはすっかり忘れてそうですが。
エルシィ、公務をほったらかして掃除に勤しむのはどうなんだ笑。どんな仕事にせよ、自分の仕事に誇りを持つのは大切なことですが、今のあなたは掃除係じゃなくて駆け魂隊でしょうと笑。
ハクア編で、エルシィの駆け魂隊としてのプライドを垣間見た気がしたんですが、やっぱりポンコツ悪魔はポンコツのままなのかもしれませんね。掃除専門だし笑。

寮の前の犬はガチャピン&ムックっぽい?こういう小ネタも好きです。

ハクアとノーラのやりとりはベタだけど(ベタだから?)好き。新悪魔はこういう体型なのよって笑。

その他サンデーメモ
・トラウマイスタがないと、なんか寂しいですね。魔王も最終回だし、もっとダーク路線の話がひとつ欲しいなー。新しく始まったのもギャグ枠…というより萌え枠だろうし。
・RINNEの空気がすきすぎます。高橋先生の作品は人魚の森とかのシリアス路線の方がすきだと思ってたのに…。マギといいRINNEといい、コメディーが心地よいです。
・お茶にごす。夏帆ちゃんのぶりゃーにもらい泣き。まークンの不器用な優しさとそれをすべて分かってる部長に涙。西森先生の世界観も優しいのう。
・島本先生、おもしろかった笑。三上さんっていうと、もう四様のイメージしかないんですが笑。
この締め切り2週間前倒しの話、聞いたことあるなぁ。ラジオで言ってたっけ?
・はじあく、アキのお父さんもいいキャラですな。キャラも出揃ってきたので、もうちょっと長いスパンで世界観を深めてくような話が読みたいです。今みたいな1話完結のゆるいノリもいいと思うけど。
関連記事

ここ最近の煽り文も秀逸ですね。

こんちにわ。


今回は、内容が濃かったですねー。
なのに、すらすら読めてしまう不思議。


設定や伏線については、若木先生自身が
アルバトロスの反省から
非常にこだわっているように見受けられますよね

その成果が幅広い読者を呼び込んでるという
結果につながっているのではないでしょうか。


伏線と言えば、エルシィの姉についてが気になりますねー。


あと桂馬の父についてですが、私の予想では
桂馬と同じくバディーなのではないか・・・

なんて思ってたり。

いろいろ考えちゃいますねー。

来週の新展開(夏休み編?)も楽しみです。



で、今週もお茶がせつなすぎます。
心が、きゅーって絞めつけられる・・・
泣きます・・・
ハンカチ必須です。


長文失礼しました\(__)
[ 2009/06/17 17:28 ] [ 編集 ]

お久しぶりです

多分、二ヶ月振りになるのでしょうか?お久しぶりです。
その切はとても良いアドバイスを賜り、本当に有難うございました。

まだ、「誰にも負けないもの」に至るにはほど遠いですが山を登るように地道に歩んでいきます!

さてさて、相変わらずの文章量&読み易さに感服しました(・ω・;)

今回、FLAG1の伏線が回収されたこともココを読まなかったら気付かないままだったことでしょう…

P.S.自分、昨日Amazonから届いたアルバを全巻読破しました。
いやはや、確かに若木先生の描く大人の女性はスンバラスィですな(≧□≦)
今回のゲストキャラといい…(・∀・)

主に…そう。乳が。
敬具

[ 2009/06/17 19:38 ] [ 編集 ]

お久しぶりですPart2

トラウマイスタが終わってショック受けてたのに、今週号読んで魔王が来週最終回と知ってさらにショックですよ。

この2作品が最近1,2を争うぐらい面白かったんで(サンデー内というか漫画雑誌全体で)余計に。

どちらの作家さんも早いうちにサンデーに戻ってきて、若木先生みたいに2作目でヒットを飛ばしてくれるといいんですが。ダレン・シャンの作画してた人も個人的には戻って来て欲しいです。
[ 2009/06/17 23:50 ] [ 編集 ]

今週号のサンデー

今週はクラブサンデーを先に読んでしまったとかいろいろあるんですが...

> 電脳遊戯クラブ

サンデー編集部がどうしてこういう作品を連載しようと考えたのか、それがよく分かりません。

小笠原先生はかつての「兄ふん」の雰囲気のままだったように思うのですが、どうしてゲームネタなのかなと。しかもBSでは「テレビゲーム」っていう表現をされているんで、内容とかなりずれているような気がしました。

プログラムとかは結構長い間仕事でやってたので、内容は理解できるのですが、解説は少々ずれているような気がして、その点でも「どうしてこの連載が掲載されるのか?」って疑問は残ってますねぇ。次回以降どうなるかが楽しみですけれど。

> マギ

先週号といえ今週号といえ、大高先生結構ストレート投げてるんじゃないですかwww。

> 神のみ

伏線回収が分からなくて、第一話をコミックサンデーで読み返してきました(恥。なるほど。

インターバル回とはいえ、漫画の世界を構築していらっしゃるのは感心します。少しずつかもしれないけれど、世界を作り上げていく、ってのはやはりプロの仕事だなぁと感じさせられますね。

今週号に関しては、やはり「魔王」が来週で終わってしまうのがやはり残念です。原作は読んだことがないけれど、もっと続けてほしかった。でも、「トラウマイスタ」よりはうまいこと構成されていたような気がします。これを機に原作を読んでみようかなという気になりました。

それから「ハヤテ」に関しては、今週号は登場人物と背景のタッチの差が違いすぎていたのが残念。あまりに違いすぎる。畑先生忙し過ぎたのかな?

それと欄外のコラムに誤字発見。先週号の「いつわり人◆空◆」でも「消化」っていう誤字がありましたが、編集部の方、よろしくお願いしますよ、もぅ。
[ 2009/06/18 03:14 ] [ 編集 ]

(新)地獄語り回での重要事項

ってのはですねえ…

「建国」の文字から、(新)地獄は世界ではなく国であるらしいことが読み取れます。

あと忘れちゃいけないのがドクロウ掘り下げ。
エルシィ重勲章?のときにも垣間見えたドクロウの優しさ(っていうか親心?)ですね。
この人、悪魔ってよりお母さん(お父さん?)ですね。
その地位の高さからは考えられないような気遣いです。

さりげに真ヒロインドクロウ説を唱えてみたり…
[ 2009/06/18 08:22 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!

みなさま、たくさんのコメントありがとうございます~。
今週から、神のみ感想速報記事にいただいたコメントのお返事は、別記事でブログにあげようと思います。ついでに、サンデーの他漫画の感想も書く予定です。
今後ともよろしくお願いします~
[ 2009/06/18 09:55 ] [ 編集 ]

ビリーのDVDを買ってきてくれたか聞きに行って、
立ち聞きをしてしまう局長がなんかツボでしたw

でもお土産はビリーじゃなくて
コアリズムだったりとか…
[ 2009/06/18 14:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/568-32edab74












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。