スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さよなら絶望先生:久米田康治先生がガンダムエース増刊にカラーイラスト寄稿&インタビュー(2003年)

☆久米田先生とガンダムエースのつながりは、2003年までさかのぼります。
先日発売された「機動戦士ガンダムTHE THE ORIGIN 」愛蔵版5巻に久米田先生が書き下ろし漫画(かってに改蔵新作!!)が掲載されました。
THE ORIGIN 5巻帯
帯でも久米田康治先生の名前が踊っています笑。
7/15追記:ガンダムオリジンの改蔵新作の詳細についてまとめました。
久米田康治先生:機動戦士ガンダムTHE ORIGIN愛蔵版5巻に「かってに改蔵」続編

4年前に安彦先生の名作「王道の狗」4巻の推薦帯を久米田先生が書いたことは、ガンダムエース8月号の広告にも言及されていました。
ガンダムエース8月号広告1

ですが、実は久米田先生とガンダムエースの繋がりは、さらに2年さかのぼることができます。

☆2003年ガンダムエース9月号増刊 ガンダムグッズエースに久米田先生がイラスト寄稿&インタビュー
これ、発売当時も何件か本屋をはしごしてやっと手に入れた記憶があります。
中古でも出回ってる数少ないんじゃないかなぁ。
ガンダムグッズエース1
こんな表紙で、5ページ目に久米田先生のインタビュー、6ページ目に久米田先生の書き下ろしカラーイラストが掲載されています。
ガンダムグッズエース2
インタビューは、主に「かってに改蔵」でのガンダムネタについて、久米田先生のガンダムへの思いについて。
ガンダムグッズエース3
イラストは、「羽美ちゃんの心の闇(ダークサイド)のサイド7」がテーマだそうです。「描いているときに、気持ちの浮き沈みがあったので、その差が出てる感じで、なんかイヤですね笑。」とのこと。ファーストをモチーフにしたそうです。(羽美ちゃんはララァですね)

☆インタビューの内容について
・一番最初に見た「ガンダム」作品は、ファーストの再放送。部活が終わると、一直線に帰ってみていた。
・ファーストガンダム以外認めないってわけじゃないけど、僕らの世代がそういうスタンスを取らなきゃどんどん自由になってしまう。だから一応プレッシャーかけておこうかと笑。
・ガンダムエースは購読している模様。(ガンダムAで連載されていた「機動戦士ガンダムSEED-ASTRAY-」が面白いという発言をされています。)
・一番好きなモビルスーツはザク。
・最初に作ったプラモもザク。遠い店でもザクが入荷すると聞けば山を越えて買いに行った。
・塗装も本格的でカーキ色にして、デザート仕様にしていた。モノアイ部分に穴を開けて豆電球をいれたり。
・いろんなプラモを抱き合わせで買わされてた。ザクと武器セット、ドムと武器セット、グフと武器セット…。
・ガンダムを初めて見たときは不思議な感じだった。ロボットが宇宙で戦うというのが新しかった。
(当時は地上で戦うロボットが主流だったから)
・ガンダムは「人間」がテーマなんだって言ってた友達がいた、どっかで聞きかじったなコイツ笑。
ここからオタクに転んだ人がいっぱいいたと思う。
・かってに改蔵のネタは、すごくマニアックなことを描いたりする。だけどガンダムネタを1個描いておくと、たいていの男の子には分かってもらえる。だからガンダムネタは一般ネタ扱い。
・「ガンダム」が道徳の授業だったというか、一般常識。
中学生とかだと、どうしても影響うけちゃうから。

関連記事
[ 2009/07/05 20:52 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/589-9ad2b2ae












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。