さよなら絶望先生&かってに改蔵:サンデー×マガジンクロスライン「MINEZAAG」に地丹登場

☆マガジン32号に掲載されてる、村枝賢一先生のクロスラインに地丹が。
サンデーの方は糸色望がでてます笑。

マガジン…加瀬あつし先生、小林尽先生、小暮維人先生、藤沢とおる先生、村枝賢一先生
サンデー…島本和彦先生、椎名高志先生、皆川亮二先生、河合克敏先生、藤田和日郎先生、村枝賢一先生

が、オリジナルのヒーローキャラクターを考えて、そのキャラが活躍する読みきりを村枝先生が描く、という企画だったんですけど、そうですよねー!このメンツで久米田先生がいないとおかしいですよね!!村枝先生GJ!!

マガジンには村枝先生のインタビューが、サンデーにはサンデー陣の作家さんのデザイン画とコメントが掲載されています。読んで損はないと思いますよ。

で、久米田先生ファン的に注目の椎名先生のコメントと、村枝先生のインタビューを抜粋。
☆椎名先生のコメントが…笑
椎名先生コメント
誰かに似せて…は明らかにラムちゃんですよ笑。読んで確認してみてください~
問題は「同期の仲間が2名、敵チームに移籍しているが、当時自分には声がかからなかったことにちょっと複雑な思いが。」
明らかに久米田先生と村枝先生のことですね笑。
二人ともサンデー→マガジン移籍組で、村枝先生が98年~、久米田先生が05年~講談社に活躍の場を移しました。椎名先生は03年~絶チル連載開始までブランクがあったので、そのとき寂しかったのかもしれない笑。

☆村枝先生のインタビューに、久米田先生キャラ参戦の経緯が
村枝先生インタビュー
改造じゃなくて改蔵です。この誤植は多いだろうなぁ…。
にしても、50周年パーティーの時から動いてたんですね。

☆マインザーグに登場した地丹の一部
軽く説明しておくと、特殊能力を持った人間達(ノッカーズ)が、オースダイン(サンデー作家陣デザイン)とマインザーグ(マガジン作家陣デザイン)という二つの勢力に分かれて争っているところを、村枝先生のキャラ「ジエンド」が収束させる、という感じ。オースダイン、マインザーグはそれぞれサンデー、マガジンのアナグラムになってます。

地丹は、その争いの元凶となった嵐山都知事の孫娘、嵐山椿女(つばめ)のボディガード(でもヘタレ)として登場してます。
090708_1632~01
下っ端スーツ着用。
090708_1633~01
お前はホントにボディーガードか笑。
クロスライン(マガジン)1
懐かしい後姿。
クロスライン(マガジン)2
バイトする地丹。
クロスライン(マガジン)3
最後のオチも持っていく&マガジンで改蔵の単行本宣伝。

サンデーの方には、絶望先生が出張してます、そして最後のオチもモロチン…じゃなかったモチロン。
関連記事
[ 2009/07/08 16:47 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/597-643fddb6