スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

夏目義徳先生の新連載「モチモチ」は、萌え萌えラブコメ…じゃなくてBL!?(違うってば)

7月7日に発売されたgood!アフタヌーン#5から、夏目義徳先生の「モチモチ」が始まりました。
表紙ではないですが涙、カラー4ページです。おまけにいきなりメイド女子です笑。

私なんかは「待望」し過ぎて、気持ちだけずっと先走っていたのですが、そんなファン心理抜きにしても、「面白い!」「続きが読みたい!」と思える新連載第1話だったと思います。

メガネ少年のもとに、忍者少年が押しかけ女房…というBLを連想させる設定は年齢層ちょい高めの漫画誌としては珍しい…というか、「どこに需要があるんだ!」という感じなんですが、(作中のユージの言葉を借りると「こんなマンガがあったら速攻打ち切りだ!」)偶然にもゲッサンで連載中の四位晴果先生「よしとおさま!」とかぶりまくっています笑。

ですが、「よしとおさま!」と「モチモチ」では、描こうとしていることは違うと思ったり。
「よしとおさま!」が人情ドタバタラブコメ風がメインなのに対して、「モチモチ」では、一見コメディっぽくありながら、リア充とDQNと喪男の壁、先祖代々続く主従関係の血の不気味さがメインになっているようです。(両作とも連載始まったばかりなので、見当違いな可能性もありますが…)

というわけで、以下「モチモチ」第1回のネタバレ含む感想です。

★「いつか美少女がオレの所にやってきて…」は現実には起こり得ない。
主人公の中2男子、葵井ユージは、ちょっと厭世的思考入った(中二病ともいう)喪男。「いいな♪許婚漬け」の野沢いいなに夢中で、彼女が家にやってくる夢を見るくらい重症です。(オレのハートはいいな漬け!ってすごいな笑)
ですが実際家にやってきたのは、イケメンリア充の桃池三焦だった…と。

あおり文にも「婚約者はこなくて、アイツがやってきた」とありましたが、この設定は重要なんだと思います。
「いきなり美少女がオレの所に…」と夢想しつつも、そんなの現実には有り得ないことを知っているから、2次元にのめり込んで、現実では存在感が臼井くんであり続ける。
作中では、ユージがリア充やDQNは勿論、オタクな集団にも属しておらず、基本的に独りであることが描かれています。上でも書きましたが、厭世的で中二病的な感じが強い。

でもホントは、人と付き合うのが嫌いなわけじゃなくて、下手くそ、苦手なだけなんですよね。

そこに、とにかく自分の世話を焼こうとするイケメンリア充の桃池三焦がやってくることで、ユージは女の子に話しかけられたり、DQNに絡まれたりと、今までにない出来事に巻き込まれる。
平穏だけど、閉塞感バリバリのユージの日常は、許婚の美少女ではなく、イケメンリア充の出現によって打ち破られたワケです。

ですが、イケメンリア充である桃池と、喪男である自分との越えられない壁を、敏感に感じとってしまうユージはこれからも必要以上に苦労しそうです。

★血で繋がれている、前時代的な主従関係
ちょっとズレてる、桃池の奇行に翻弄されるユージと学校の人々、というコメディ部分もテンポよくて面白いのは勿論なんですが、中盤顔を覗かせる「血の繋がりの不気味さ」がクライマックスで爆発するのがもの凄くかっこいい!!
そんで、それをユージは覚っていないっていうのもいいですね。
ユージにとっては、かなりの変人ではあるけれど、桃池はイケメンリア充に過ぎない。だけど、桃池の奇行の裏には、不気味な血の繋がりがある…。
ユージも、喪男には喪男の、リア充にはリア充の血が流れている…と、「血」について諦めに似た思いを巡らせるワケですが、桃池と自分の血の繋がりなんてのは考えてもいないようです。(有名政治家の面々やDAIGOやダルビッシュの似顔絵は似すぎだと思う笑)
DQNのナイフで切れたユージの小指を舐める桃池→何をするだーッ!!→さすが主の血
の流れはカッコ良すぎでしたー。背中ゾクゾクきたもん。
滲み出るダークさはさすが夏目先生って感じです。

★その他
ちょこちょこ入るパロディや用語解説(喪男やリア充はあってDQNがなかったのは何故だろう…)にもクスリときました。
そして、バトル(というか喧嘩ですが)のかっこよさ、見やすさ。コメディのテンポ。キャラの分かりやすさ。次回へのひき。どれもかなり考えて描かれているなぁと感じました。
(トガリでは、感情的というか衝動的な部分が印象的だったので余計に)

本誌の最後の方で、夏目先生のコメントも載っていました。
そういえば、コレ、腐女子な方々は普通に萌えたりするんでしょうか?
こんな大きな釣り針にはひっかからないの?

後で少し追記します。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/605-1a034521












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。