スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の若木先生+今週書いた記事のまとめ(7/6~7/12)

恒例のまとめです~

☆今週の若木先生
7月6日
7/6:お先に小さい方。
プロット中の若木先生。おつりの渡し方、私もいつも思っていました…。
受け取るとき、いつもわたわたして、良く小銭を床に落とす笑。
学生時代、ケーキ屋で接客バイトしてたんですけど、特にマニュアルも無かったのでお札と小銭とレシートを見せる→小銭から渡す、というふうにしていました。

7月7日
7/7:FLAG58「変身」
若木先生によるFLAG58解説。詳しいことは別記事で…
桂馬の二面性は良いですなぁ…神のみの設定や桂馬が受け入れられないって言ってる人は、この二面性、人間性を知らないだけなんじゃないかと思うわけです。
>そういうこと言えないタイプのソフト
こういうことをさらっと言ってしまえるところが、HDの良いところだとおもいます笑。
桂馬のライブラリは圧巻ですね。大学図書館の地下蔵書室を思い出した。
抱き枕とかシーツカバーとかフィギアは確かに桂馬には似合わない気がする。
でもサントラ聞いてるってことは、割と音楽的素質もあったりするんでしょうかね。
私の周りだと、妙に理屈っぽい理系の頭いい男性って、音楽理論に精通していたので…
数学の研究で、バッハの平均律取り扱ってた人もいたなぁ(内容はさっぱり分かりませんでしたが)

7月8日
7/8:告知入りました。
5巻とポスターブックの告知が入りました。
「地球におちてきた男」のDVD。
若木先生、デヴィッド・ボウイ好きですねぇ。確かポスターも張ってたんでしたっけ?
俳優で、ミュージシャンで、文句なしにカッコいい。完璧な人間だもん。そりゃ憧れますわなぁ。

んでも、私は「完璧」に憧れるっていうのはあまり無い気がするな。
どこか弱点があるほうが、人間愛嬌あっていいと思う…(とこれまた新井理恵哲学な感じ)

>ボクが単行本のスタッフ名を全部ひと繋ぎにして書いているのはボウイの「ステイション・トウ・ステイション」から来ているのでした。
こんな細かいところまで、好きなもので埋めている神のみだからこそ、楽しい、のかも。
たとえ読者が気づかなくとも。

7月9日
7/9:深緑
新しいスタッフ川中先生も加わって、賑やかそうです。
森田先生はホント良くケーキを買ってきますなぁ。プラネッツの抹茶モンブラン。
ケーキって可愛いイメージがあるけど、高級店や人気店にいくほど、見た目がイマイチなケーキも増えてくる気がする。

7月10日
7/10:見本誌
5巻の見本誌です。カラーは以前本誌に掲載された広告カラーと同一です。帯は「…聞こえる神の声が…」かな?
5巻の収録話は神のみぞ知るセカイ:感想とか元ネタとかまとめ(5~6巻収録分予定)を参考にしてください~。すでに6巻分までたまってるのです。

>単行本の下に引いているのは、お話の資料のために実験に使った携帯ゲームさん。どんな実験かは、あと2、3週ぐらいしたらお話のなかに出てきます。
楽しみですねー。ゲーム機は、1つはゲームギアかな?弟が持ってたなー。
もうひとつは何だろう…と思ってたら、リンクスらしいってレスが付いてましたな。

7月11日
7/11:楕円 SHAPENS YOU UP
ぼくなつ4やりたくなってくる…。
>テーブルの真ん中に沢山のおかずが乗った皿がドーンとある
って経験、まったくないんですよねー。基本家族ばらばらでご飯食べるから、個別の皿に盛られたご飯しか記憶にない。バーチャルでいいから体験してみたいのう。

若木先生のアシスタント体験から、「生原稿のプレッシャー」について。
>当時のボクは見開きの原稿を描いたことすらなかったのに、その広大な原稿用紙の上でのびのびと勢いよく描かれた描線に「何ちゅう綺麗な線や!プロって何てすごい原稿を描くんだ!」とお驚愕したと同時に、「この絵の横にボクの絵を描かないといけないの・・・」という緊張感はハンパじゃなかった。集中線とかもう怖くて引けない。

>ある程度の緊張感は上達の助けになるけど、昔のボクみたく、自転車の車輪の楕円を完璧に描かないといけない・・・原稿が汚れるからホワイトも使いたくない!みたいな気持ちが余りにも強くて、車輪半分・・・線で言うと3本描くのに何時間もかかってしまったりすると、効率よくないもんなあ。結局、その簡単な楕円、描けなくて、「すいません・・・描けません・・・」って武村先生に言ったら、「あっそうなの?まあ、次がんばろうよ!」と言って、センセが線をさっさっと引いて10秒ぐらいで終わった・・・あれは死にたい体験だった。

>でも、そういう経験もあって、その後、ボクはやけにパースに正確な楕円を描く人になり、武村センセの2回目の週刊連載作品「高橋尚子物語」などで大ゴマの料理の絵を任せられてもあっさりと描けるようになったのだった(食器の楕円ね)。よかった・・・。

若木先生のアシスタント時代エピソード。こういう完璧主義で自意識高めの若木先生が、デヴィッド・ボウイに憧れるというのは分かる気がします。
「高橋尚子物語」まで若木先生いたんですね。マーベラス~ダイキチの企画の間にあったヤンサン(だったと思う)に掲載された短期連載ですね。単行本持ってないから絵が確認できない…。

デジタルじゃ生原稿へのプレッシャー皆無っていうのは、久米田先生も言ってましたね。原稿の上でラーメン食べても平気!とか笑。
週刊漫画誌におけるデジタル化の先駆者である久米田先生ですが、「紙という媒体がすき」と、そして新人さんへ向けて「最初は紙にペンで描くという楽しさから始めて欲しい」ということをインタビューえおっしゃっていました。
武村先生はずっとアナログ原稿ですなぁ。今バンチでやってるのとか、絵がめちゃくちゃ気合はいってて凄いです。そして連載を重ねるごとに絵も話も進化しているという凄まじさ。ああいう迫力はデジタルではできなさそう。

資料用に船のプラモを作る、新人川中先生。いつ出てくるかなー。

7月12日
7/12:選挙の日は投票行って
都議選、すごいことになってますねー。今速報見ながらコレ書いてる…。
選挙とか環境問題とか雇用問題とか、忙しくてもこういう話題を忘れない若木先生はやっぱり80年代ロックキッズだなぁと。
徹夜明けで投票→エコールクリオロのケーキ。
徹夜明けでケーキ食べれるのは凄いですねっ、私も一度やろうとして胃がストライキを起こした事が…
やわらかいムース系のケーキ、若木先生好きそう。


☆今週書いた記事のまとめ
7月6日
さよなら絶望先生:久米田康治先生がガンダムエース増刊にカラーイラスト寄稿&インタビュー(2003年)
6年前に掲載された久米田先生のカラー&インタビューについて。
ガンダム、そして改蔵のガンダムネタについて語っています。
オリジンの改蔵新作とあわせてどうぞ。
全体的にくすんだカラーは、絶望先生のレトロっぽさにつながっていると思います。

7月7日
クラブサンデー:若木先生の新アシスタントさんデビュー作が掲載その他
HDで名前が出ていた新人アシスタントさんK中くんこと川中康嗣先生の受賞作がクラサンで読めます。

「劇場版にどうですか?」という担当さんのあおり文をうけて…
懺・さよなら絶望先生1話Aパートのアス比について。
細かいなぁ笑。

是非ライブできいてみたい!
小林ゆうさんの、「ルチャドール」(スクランのララのキャラソン)のライブパフォーマンス映像は1度見るべき。宇宙人の物まねだけのひとじゃないのです笑。

7月8日
神のみぞ知るセカイFLAG59感想速~3つの要素が絡み合う新展開!~
定例感想。長編でwktkです。

さよなら絶望先生&かってに改蔵:サンデー×マガジンクロスライン「MINEZAAG」に地丹登場
さよなら絶望先生&かってに改蔵:サンデー×マガジンクロスライン「AUSDYN」に絶望先生登場
久米田康治先生:サンデーマガジンクロスラインのメモ
HXLの特別企画における久米田先生ネタのまとめです。

マガジン32号のアンケート項目について
今週のマガジンには、絶望先生に関する項目があったのですが、その項目の不自然さへの1つの考察。(2ch本スレから)

7月9日
good!アフタヌーン:夏目義徳先生の新連載「モチモチ」が面白いですっ!
モチモチ1話の速報感想。

7月10日
更新おしらせ&メモ
神のみ5巻のアニメイト特典と、フリーエリア追加のお知らせと、MP3プレーヤーのテスト。
(あ、MP3の音はすでに聞けなくなってます)
そしてサンデー完結作について、続編の流れがありそう…というメモ。
これは、また別記事にするかも。

行きたい!けど…
小林ゆうさん、初のソロライブの詳細について。キャパ400か…。
オーケンもいってたけど、彼女のライブパフォーマンスは明らかにロック側なので!

7月11日
佐藤友哉:ユヤ萌え…じゃなくて、ネット時代の中の小説、について。
若木先生がデヴィッド・ボウイに憧れたように、高校生の時の私が憧れたのは佐藤友哉でした…。

デンデラ発売間近ですね。新潮でも読んだけど、多分単行本も買う
ユヤ好きについての補足。

7月12日
夏目義徳先生の新連載「モチモチ」は、萌え萌えラブコメ…じゃなくてBL!?(違うってば)
ホント、面白かったです!また長々と語ってます…

たまには音楽:ボブ・ディラン『One More Cup Of Coffee』を「たま」が演奏したら…ほか
久々に音楽についての記事。需要なさそうですが、これからもちょくちょくやります。

アニメの感想や元ネタ記事は別館のほうで書いてます。
懺・さよなら絶望先生第二話 楽しすぎたという感想
懺・さよなら絶望先生第2話 とりあえず久米田先生ネタのキャプを拾ってきた
懺・さよなら絶望先生第二話 かってに改蔵ネタ満載、で、続編って…?
あずまんが大王形式でいいから、ホントに改蔵が載ればいいのにっ。


久米田先生のまとめのほうは明日アップになります、スミマセン。
関連記事

結局、ポスターブックはいつ発売なんでしょうね。

Amazonでは15日だけどブロクでは単行本と同時発売って書いてますよね。

どっちにしろ買いますが(笑


あと別館の絶望先生の感想も毎回見てまーす
[ 2009/07/13 21:05 ] [ 編集 ]

小学館の発売予定表では、当初ポスターブックが15日、5巻が17日になってようですが、
後から同日発売に訂正されてましたね。どうなのかなぁ…
うちの地域だと、どちらも18日にならないと入荷しなさそですが笑。

> あと別館の絶望先生の感想も毎回見てまーす
ありがとうございます~アニメ毎週楽しみです。ホントは絶望放送も書きたいんですけどねぇ…
[ 2009/07/14 23:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/608-81bfa911













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。