スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

久米田康治先生:機動戦士ガンダムTHE ORIGIN愛蔵版5巻に「かってに改蔵」続編

なんだか需要ありそうなので、絶望先生の記事よりこっち優先で笑。

☆絶望放送でも触れられていたので笑
詳しく?紹介しておこうと思います。
改蔵ファンは是非読んでいただきたい。
たとえ角川書店の商法に踊らされていると感じてしまっても笑。

愛蔵版 機動戦士ガンダム THE ORIGIN V シャア・セイラ編 (コミック) (アマゾン)
2835円とかなりの値段なんですが、その分ものすごい厚さ。ハードカバーです。
安彦良和先生がガンダムAで連載中のガンダムオリジンの愛蔵版、カラーも完全収録。

私は通常の単行本で読んでいたので、当初はこの愛蔵版買う予定なかったんですが…
久米田先生押しの帯と6ページものおまけ漫画で「買う」という選択肢以外なくなってしまいました笑。
さすが角川…!!
THE ORIGIN 5巻帯obi0715
これ、久米田先生に興味がない安彦先生ファンは怒りそうだ笑。
私はどちらの先生も大好きです、念のため。

☆おまけ漫画の内容
全6ページ、完全新作の「かってに改蔵」です。
散々ガンダムネタをやっていた「かってに改蔵」、久米田先生曰く
「かってに改蔵のネタは、すごくマニアックなことを書いたりする。だけどガンダムネタを1個描いておくと、たいていの男の子には分かってもらえる。だからガンダムネタは一般ネタ扱い。」(2003年ガンダムエース増刊に掲載されたインタビューより。)
とのことで、ガンダムネタが毎回のようにちりばめられていました。

それを前提に、今回の新作のネタは「著作権」(でいいのだろうか笑)
著作権気にせず、堂々とガンダムを描けると意気込む羽美ちゃん。
それでも癖で「●ンダム」と伏字にしてしまう改蔵。
モビルスーツ描こうとするも、やはり改蔵で出てきたような偽モビルスーツしか描けない笑。
作者の技量的に、完成度高いモビルスーツやキャラをマネするのは無理!
でもこんな栄えある場所で描けないで済むわけない。
ならば一部分なら、なんとか描ける、と、いろんなキャラやモビルスーツの一部分を描く改蔵。
オリジン改蔵2
もはやクイズみたいな様相を呈してきたところ、羽美ちゃんから問題が。
「ここで問題です。一部分を見て次のキャラクターを当ててください。」
富野監督の頭らしきもの登場で無言になる改蔵&羽美。
「おしまい。オレが」(by久米田先生)

最後にきっちり、久米田先生の反省文もあります。
久米田キャラの独特の足の曲線は、アール(これはアニメアールと解釈して良いのでしょうか。俗・さよなら絶望先生に関わってましたね。イデオンとかうる星やつらが、改蔵でもよくネタになってました。)、および安彦先生リスペクトでマネしようとした結果なのだとか!これ初耳だなぁ。

☆作風について
・絵について
髪の毛の塗りとか、目の描き方は「かってに改蔵」時代(後期)に戻してます。
線は改蔵の時より太くしてるけど、今の絶望先生よりちょっと細いと感じるのは気のせい?
横顔のかき方は、絶望先生風です。(伏し目がちなやつね)

・セリフ回しや構成について
これに関しては、まんま「改蔵」ですねー!懐かしいテンポです…
コマ割りも、テンポをつめてかく絶望先生とは違って、妙な間があります。
背景の白さも絶望先生とは明確に分けている感じ。

☆久米田先生と角川書店の繋がり
それぞれ時系列にまとめると…(コレ以前もあるのかもですが、資料不足ではっきりしません。)
・久米田先生のインタビュー&ガンダムパロイラストがガンダムエース増刊に掲載(2003年)
詳しくはさよなら絶望先生:久米田康治先生がガンダムエース増刊にカラーイラスト寄稿&インタビュー(2003年)で書きました。改蔵、部長、羽美、地丹のガンダムコスプレイラストが素敵。インタビューではガンダムへの思いが語られています。

・久米田先生がゴツボ・リュウジ先生の「ササメキ」単行本の帯を描く(2004年)
改蔵のサブタイトルにも「帯の効果は絶大!角川の仕事もやりました。」というのが笑。
地丹と、表紙のポーズを真似た改蔵&羽美が帯に。
ササメキ1
ササメキ2

・久米田先生が、安彦先生の「王道の狗」4巻の帯を描く(2005年)
出版は白泉社ですが…
ガンダムエース8月号広告1

・久米田先生が、ヤングガンガンに「かってに改蔵」スピンオフ読みきり「いいがかり姉さん」を掲載(2005年)
羽美ちゃんと地丹が大活躍な読みきり。このカラーから、すでに和紙っぽい&レトロなくすみの加工が施されていました。

・安彦先生が、「俗・さよなら絶望先生」第6話のエンドカードを提供(2008年)
俗・さよなら絶望先生第二集の特装版に、このエンドカードが封入されています。
安彦先生エンドカード
もの凄く細かい&丁寧なエンドカード…!
関連記事
[ 2009/07/16 00:52 ] 久米田康治先生関連 | TB(1) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/615-f66c7149


ガンダム戦記 PS3

ガンダム戦記 PS3の最新動画や評価レビュー、攻略情報なら「ガンダム戦記 PS3」へ!
[2009/07/23 12:27] URL ガンダム戦記 PS3











上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。