スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

さよなら絶望先生第188話構成チェック&ファッションチェック

第百八十八話「かぶったさんのカレーライス」
2009年7月15日発売少年マガジン33号
掲載順:13


☆注目どころ
・今週は私服!!
夏ですよー!今年の夏はミニスカ&素足なようです。ファッション雑誌を読んだり、おしゃれなブランドがいっぱい入ったファッションビルに立ち寄る機会が少なくなってきた今、絶望先生にでてくる女の子たちの私服は貴重な情報源だったりする笑。

・久米田先生得意のメタっぽいギャグ
32号のマガジンの表紙や巻末コメントをそのまま漫画に入れるってすごいよなぁ笑。
久米田先生がいかにぎりぎりで描いているかが良く分かりますね。
表紙やカラーページは、本誌のほかのページより前に印刷するという話なので、久米田先生が原稿を描いているときにはもう刷り上っていたのでしょうな。そして、こんだけギリギリで描いている上に、他誌での寄稿原稿をやってたら、マガジンではカラーページ描けないでしょう笑。神谷さんが「最近メールが返ってこない」といっていた(絶望放送96回より)のも頷けます。

☆テーマ
皆既日食→かぶりまくり社会に絶望した!

☆構成
①テーマ提示(皆既日食)
時事ネタから「かぶる」というテーマへ。
②キャラ例示(千里と晴美)&羅列例示
ハルチリの服がかぶる。ページの両側に2人のぶち抜きを置くレイアウトも秀逸。
羅列は一般社会、時事ネタ。
③テーマ展開(怪奇日直の登場)
いろいろとかぶせてくる、学校の怪談十三不思議の一つ「怪奇日直」登場。
・絶望先生とキャラがかぶる。
・メニューがかぶる。
・マガジンの連載作品の職業がかぶる。
④テーマ転換(かぶる→教師から転職)
・教師以外の「先生」職業の模索。
シルエットではあるが、絶妙先生(料理)、絶縁先生(弁護士)の職業が判明。
・なんでも「先生」と呼ぶ日本人。
・加賀ちゃんの家庭教師ネタ→福沢諭吉=先生。
⑤ポジティブ解釈?オチ(マガジンも全部教師モノになればいい)
今週号の表紙&巻末ページをそのまま持ってくる。
週刊連載ならでは、かつ原稿が遅い久米田先生ならではのメタっぽいオチ。

☆ファッションチェック
今年の夏はミニスカートだ!
1880218801
千里と晴美がかぶったカットソー&ベストのセット(たぶん)。
襟ぐり、袖口に余裕があるカットソーは、ここ数年よく出てますね。カジュアルだけど女の子らしい雰囲気です。カットソーの長さは腰のあたりで、ちょっと長め。それとバランスをとるように短い丈のベストになってます。5年くらい前は、短いベストにはロングスカートが当たり前だったのだけど、今年は短いベスト&短いボトムがトレンドっぽいですな。

千里のボトムはショートパンツで、上のベストと合わせてボーイッシュな感じですが、右手のブレスレットと、大きなリボン&足首にポイントがある女の子らしいサンダルで女の子らしさをミックスしてます。


晴美は切り替えがあるミニスカートで形はとても女の子っぽいのだけど、スカートの柄がヨット。
切り替え部分の描き方がすごくリアルです。このまま店頭で売ってそう。スーパーハッカとかで…。
18803

さらに足元がデッキシューズでスポーティにまとまってます。二人とも外し方が上手いですなー。
18804

着物は詳しくないのでスルー。

加賀愛ちゃんもミニスカートです。
18805
ふわっとしたプリーツスカートが控えめながらも女の子らしいです。
トップスはシンプルなタンクトップ&カットソーの重ね着、大きくあいた襟繰りと袖口が涼しげで良いですなぁ。これは愛ちゃんみたいな線が細い子じゃないと似合わない。

可符香ジャンパースカート丈短め。
18806
背中が大きく開いたジャンパースカートは、今年たくさんでてますね。
更にコレ、ホルターネックですごくオシャレな感じですな。
18807
前はエプロンぽくなっているようです。コレはちょっと欲しいなぁ…。
下に着てるカットソーは系統的にはハルチリが着てるのと似てます。肩からインナー覗かせる感じの。

他の絶望少女たちは…
18811
あびる、上半身だけ。全身見たかったー。ラインがおしゃれっぽい。

最近汚れ役になってる奈美は
18809
1人でラーメン食べてた笑。ラーメンキャラ定着しすぎ笑。

☆オチのマガジン表紙関連とか
単行本で読んだとき意味不明になりそうだから、公式から画像を引っ張っておきます笑。
週刊少年マガジン雑誌ページより。
18812

☆細かいとこまでネタを仕込む久米田先生
可符香が手に持っている、全てが教師モノになったマガジン33号の表紙。(左下の作品名のところ)
印刷つぶれちゃってて見づらいのですが、さよなら絶望先生の横に「絶対可憐チルドレン先生」が笑。
おそらく、32号に掲載されたミズ・サンデーの解説で椎名先生が
「同期の仲間が約2名(※おそらく村枝先生と久米田先生)敵チームに移籍」
「当時自分に声が掛からなかったことにちょっと複雑な思い」

と書いたことを受けてのことでしょう笑。ネタにするの早すぎです、いつもながら。
さらにコレを見た椎名先生が早速ブログで…
壁紙 2
>ところで、『絶望先生』にまたちらっとチルドレンネタが。久米田先生はワタシが嫌いではないと解釈してもよろしいのでしょうか。
そして、畑先生の番号を着信拒否してる久米田先生って笑。
神谷さんも「最近メールが返ってこない」っていってたから、忙しいからと解釈しておきましょうか。
久米田先生と畑先生に乙女回路が働く椎名先生はさすが。

☆巻末コメント
「太一×ケンタロウ 男子ごはん」は「ケンタロウ×太一 男子ごはん」だと思う。

☆その他メモ
・こまったさんシリーズ懐かしいなぁ。こまったさんが料理の作り方で、わかったさんがお菓子の作り方なんですよね。
・「かぶる」っていうテーマで下ネタが一切でてこなかったのが逆に新鮮だった笑。
関連記事
[ 2009/07/17 18:26 ] さよなら絶望先生感想 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/616-a471e4bf













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。