スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイ:第1回「MANGA-ZIN AWARD」で神のみが4位!!

5巻とポスターズの特典まとめしようと思ったんだけど、うれしいニュースが飛び込んできたのでこっち優先で書きますよ~
追記:単行本特典まとめつくりました。→神のみぞ知るセカイ:神のみ5巻&ポスターズ特典まとめ

☆第1回「MANGA-ZIN AWARD」で神のみが4位!!
第1回「MANGA-ZIN AWARD」決定!大賞は「バクマン。」
「MANGA-ZIN AWARD」は、コミック専門書店COMIC ZINが主催する新しい漫画賞。
編集者その他、漫画に関わる仕事をしている人が投票して選ぶというものです。
368作品、投票者数169名(うち編集者148名)の中での、4位。

特設ページによると…
既存のマンガ賞は、少人数の文化人が審査するもの、出版社が主催するもの、ファンの投票によるものに大別されるが、今回COMIC ZINが設立したのは、マンガに関する職業に従事する人が投票で選ぶ、新しいマンガ賞だ。

投票に参加するのは、主にマンガ編集者。それにマンガ単行本のデザイナーやバイヤーらを加えた「マンガで真剣にメシを食ってるプロ」による投票で大賞を選出する。少年マンガ、少女マンガなどのカテゴリはなし。プロが一番面白いと認めるマンガは、いったいどの作品だろうか!?

とのこと。投票方法や集計方法も特設ページにあるので参考にしてみてください~。

結果発表より。
第4位「神のみぞ知るセカイ」
若木民喜(週刊少年サンデー/小学館)

「とにかくスマートな作りだと思います。設定の勝利。と思われがちだが、話も◎。いまだ世界観の全貌が見えないのに、話に引き込まれる」

「事件的なおもしろさでした。本能に忠実に描いているように見えて、きわめてクレバーな作品だと思います。ハーレムものの次世代モデルになりうるアイデア(ハーレムもので各キャラにフラグが立つエピソードを抽出しているという意味で)。並列じゃなくて直列でいいじゃん……というコロンブス的発想は東雲版キミキスとかにも感じましたね。図書委員の子が激萌えです」

「オタクの、オタクによる、オタクのためのラブコメ。ギャルゲー好きにはたまらない1冊」

「『リアルなんてクソゲーだ!』ここまでに潔いオタクには言い返す余地もない。主人公像がとにかく新鮮でした。絵も可愛くて、嫌いになれません!毎回女の子をギャルゲーに習って『攻略する』恋のライトさも良し。でもそこに、きちっとドラマも入っているバランスも良し。とにかくキャッチーで、今一番注目のラブコメです」

☆上位5作品を見てみると…
1位:「バクマン。」原作・大場つぐみ、作画・小畑健(週刊少年ジャンプ/集英社)
2位:「ちはやふる」末次由紀(BE・LOVE/講談社)
3位:「弱虫ペダル」渡辺航(週刊少年チャンピオン/秋田書店)
4位:「青春少年マガジン1978~1983」小林まこと(週刊少年マガジン/講談社)
4位:「神のみぞ知るセカイ」若木民喜(週刊少年サンデー/小学館)

バクマン、ちはやふるが1ポイント差の大接戦。2位以下を大きく引き離していました。
編集者が投票者のメインということを考えると、この中に「神のみ」が入るっていうのが面白いですね。
・漫画家の世界を、漫画家が描く作品(「バクマン。」「青春少年マガジン」)
・王道スポーツ漫画(「ちはやふる」「弱虫ペダル」)
に挟まれてのランクインですが、神のみがただの「うまいラブコメ」枠で入ったワケではないんだろうなと思います。結果発表のコメントから引用すると、「オタクの、オタクによる、オタクのためのラブコメ」でありながら、「オタク」とはいえない編集者や読者にとっても、神のみの登場は「事件的」だったんじゃないかと。「ハーレムものの次世代モデル」としての期待は1話を読んだだけでもふくれ上がります。
WEBサンデーの「神のみ」ページから1話が読めるようになっているので、(ここに来てる人で読んでない人はいないと思うけど笑)未読の方には是非読んでいただきたいです。

☆週刊連載を夢中で追っている私から見た「神のみ」
私も、この1話を読んで打ちのめされてしまったワケですが、連載が進んできた現在、桂馬と現実との関係が少しずつ変化していて、「攻略」という「ライトな恋愛」の積み重ねの先になにかある予感にますます夢中になっています。これだけでも万々歳なのに、今連載でやっているエピソードでは、「攻略」に絡めながら駆け魂や地獄の設定を掘り下げる話をやってのけています。設定の勝利、キャラの勝利、に甘えずに、構成や感情描写に心をつくす「神のみ」、そして若木先生。これからも全力で読んで行きたい、全力で楽しみたい、全力で応援したいですね。

☆補足
「オタク」以外にもエポックメイキングなんじゃないか、と書いたけど、実際アンケートでも若年層女子からの支持が厚いそうで…。私は、「オタク」に間違いないとは思うのですけど、女子の共感欲求を満たすの漫画として「神のみ」考察も書いたことがあるので、興味あるかたはどうぞ~。
神のみぞ知るセカイ第3巻感想~女子的プライドの強さと弱さ~
関連記事

サンデー関連の情報ですが・・・

どうやら、お茶にごす。が打ちきり(?)のようです・・・

再来週が最終回・・・
[ 2009/07/18 15:27 ] [ 編集 ]

私も速報スレで確認しましたorz
やっぱりまーくんと部長の関係をはっきりさせるので終わりなんですねぇ涙。
天こなの時のように、サンデー超で番外編とかやってくれないかなぁ…
[ 2009/07/18 18:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/617-5e9ffee5













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。