スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG61感想速報版

FLAG61「二人」

よみましたっ
ノーラの「多少熱心になりすぎても問題ないわ。」で、1話のエルシィ思い出した。
090722_2123~01
ナチュラルな外道っぷり。目が怖いです。
FLAG61no1
まぁエルシィはすっかり「悪魔」っぽさが抜けてしまってますが笑。

羽衣人形でおとりっていうのもナルホド。エルシィの丁寧?な小細工とノーラの大雑把な攻略方法、対照的ですなぁ。でも、ノーラは「大雑把」ゆえに、シリアスバトルになりきらないのが良いですね。この漫画は基本的にコメディなんだなぁと。

天理の元人格と、駆け魂によって具現化してる人格の共生関係も面白いですね。
「駆け魂」を自覚していないあたり、最後どんな結末を迎えるのかってのが、楽しみでもあり心配でもあり。楠主将の時は、いわばライバル関係で「対決」によって一応の決着がついたけど、今回は元人格は駆け魂人格に頼っているからなぁ。特に、「天理に問題あるような発言はゆるしませんよ。」とか、ほとんど保護者なんだよねぇ。
090722_2036~01

まぁ、コレまでのルールで行くと、駆け魂人格の天理がそのまま駆け魂ってわけではなくて、天理がもともと持っている感情なり能力なりが、駆け魂が入ったことによって増幅したものが、もう1人の天理なので…。桂馬が言うとおり、「もっとしっかり」できたら、2人の人格が、もっと自然な形で共生できるのかもですが。

先週もちらっと書いたけど、自分を甘やかしつづける、鏡の中の自分(「魔」と呼ばれる存在)のせいで周りになかなか溶け込めない女の子…という、新井理恵先生「脳髄ジャングル」2巻収録の「むかでの歩み」というエピソードを彷彿とさせます。
090722_2125~01
神のみの女の子の「悩み」の描写は、結構新井様の哲学とかぶっているところあるのかもしれないなぁ。
(「むかでの歩み」ほか、脳髄ジャングルについては別記事で紹介するかも…)

脱線しましたが、教室で2人きりになった桂馬と天理のやりとり。
バッテリーから、過去を思い出しそうになる桂馬、という流れはもちろん、桂馬から天理に話しかけているのがいいよなぁ。全然気にしてないような態度とりつつ、会話は的確なあたりが桂馬です。桂馬の感情って直接書かれること少ないし、たぶん桂馬も感情に動かされている意識はないのだろうけど…。

「忘れたことないよ…桂馬くんのこと…」
から、ノーラ奇襲の緊張感もお見事。映画みたいな演出だなぁ。
羽衣人形の描写がいっそうひきたちます。

そして現実での恐怖感がない桂馬は、やっぱり聖結晶アルバトロスのユウキと重ねてみてしまいますなぁ。桂馬の超人っぷりも含めて。

で、一番気になるのは、天理の「私も…弱くなったものです…」かな。
上に書いたとおり、今までのルールで行くと「駆け魂の具現化」は、かなり駆け魂が育ってから起こる現象だから、天理の別人格の具現化も最近のことだろうと思ってたのだけど…。
どうやら、かなり前から具現化してるみたいですね。ノーラやエルシィのセンサーに一瞬しか反応しなかったことも含めて、今までの駆け魂とは、ちょっと違う存在なのかもしれません。

解釈としては、「駆け魂」になる前の記憶の、旧悪魔の記憶が残っている(駆け魂になったことは知らない)というもの考えられるかなぁ。これもアルバトロスからの連想だけど笑。
エルハクたち新悪魔からみると旧悪魔は敵だけど、具体的に新悪魔と旧悪魔の間で何がおこったか描写されていないので、旧悪魔が一概に悪いもの、とは決められないんだよなぁ。

そして!個人的に一番楽しみなのは、「桂馬と天理の過去の記憶」なわけですよ!!
旧校舎のシアターの地下にある通路。
10年前に立て替えられた校舎。
10年前に起きた地震。
そして今回ちょこっと挿入されている、揺れるあかね丸。
090722_2033~01
これらが、二人の思い出と関連してそうですね。


☆その他
090722_2035~01
羽衣人形いいなぁ。マスコットで欲しい。フェルトマスコットで型紙から作ってみようか…
(時間あるのか?)
090722_2034~01
ウォーリーを探せ!の桂馬笑。
ノーラ&禿コンビにとっちゃまさにそうだったんだろうな。

☆巻末コメント
Q.まんが・ドラマ・アニメなどで、最もお気に入りの最終回を教えてください。
A.『めぞん一刻』。

響子さんは若木先生の嫁。
鈴木先生と若木先生にペリーヌ物語について熱く語って欲しいですな。

☆その他サンデー&マガジンメモ
・マガジンのなっちゃんのカラー(水着)が可愛すぎなんですがががが。
・絶望先生、浴衣きたー!!七夕に続き今年2回目かな?久米田先生の浴衣絵の変遷は是非やってみたい企画なんですが、どうかなー。
・お茶にごす。終わりなのかー…涙。でも、一番好きな夏帆が見せ場なので楽しみでもあります。でもなー、ブルーとちかちゃんとか、もっと見たかったよなー。番外編ないのかしら。天こなの時みたく。それに、モバMANでやってるジーザス続編を筆頭に、新・ダイナマ伊藤とか、確定じゃないけど夏目先生の新連載とか、サンデー連載物の続編企画はいくつか立ち上がっているようなので、お茶も続編きたいしたいんですが…。水面に写る自分の顔に、やり場の無い感情をぶつけるまークンがせつなすぎますな。夏帆の蹴りはきくなぁ。西森先生ならでは、な描写。
・はじめてのあく。アキユキによる寸劇がツボでした笑。こういう小ネタ上手ですよねー。乙女なキョーコは破壊力抜群ですなぁ。
・オニデレ。ムチ子の太ももサイコー。
・アーティストアクロ。ネネのキャラが良すぎる。スバル&ピクルスも相変わらずの可愛さですが。
・お坊サンバ、100回おめでとうございます。

関連記事

2人きりの教室で桂馬が天理に話しかけるとこがよかったですね。

何気に天理の今後のことを心配してるし。自らの気持ちで。

多分、数ヶ月前の桂馬じゃあり得なかったでしょうね。
桂馬の内面的な成長がでてましたね。


で、過去編が楽しみですね。
小さい頃のまだ人間的だった桂馬に期待ですね(笑



>お茶にごす。
ブルーとかチカとかのキャラの掘り下げをもっとしてほしかった。
けど、いい作品には変わりないし、西森先生なら納得のいく最終回を書いてくれるんでしょうね。
まーくんには幸せになってほしい・・・
[ 2009/07/23 01:01 ] [ 編集 ]

すみません、1週間ぶりのレスになってしまいました…

ちび桂馬はやっぱり桂馬でしたね笑。やってるゲームのジャンルが気になるところです。

お茶、最終回としてかなり好きです。夏帆の凶悪でやさしいところが。
[ 2009/07/29 22:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/623-c99050c3













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。