スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今週の若木先生+今週書いた記事のまとめ(7/27~8/2)

2日遅れになってしまいましたー。
クラサンの新人王の1週目、猫砂先生と田口先生が通過でしたね。
1週目は他にも空詠先生とか小野寺先生とか、注目してる作家さんが多かったので悩みどころでしたが、まぁ順当な結果かなぁと…。
しかし2週目にも猫砂先生いるんですよね。両方通過したらどうするんだろう笑。

って、今知ったんですが、久米田先生が別冊少年マガジンで原作者デビュー!?って!!
絵はとらドラのヤス先生だそうで…。思いっきり「萌え」路線じゃないすか!
野中先生×亜桜先生といい、最近マガジンは新しい萌えの形を考えているのでしょうか笑。
ともかく楽しみです。
後で別館のほうにでも、2chの反応とかまとめたいと思います。

☆今週の若木先生
7月27日
7/27:一足お先に夏終わり・・・。
ぼくなつ4が終わりかけだけど、31日は見ない!という若木先生。終わらない夏休み。
やっぱりストーカープレイ。

7月28日
7/28:FLAG61「二人」
若木先生によるFLAG62の解説。ノーラさんのプロフ。
桂馬が話を聞かされるという状態を、立ち話で終わらせない、という工夫について。
羽衣人形のギミックが面白かったです。人形のウォーリーネタをマジにとってる人がちらほらいて、なんだかなぁという気分になった。

7月29日
7/29:夏こそ、敢えて暑苦しいものを
カシオペアから、今度はプログレッシブロックへ、という若木先生の音楽ライフ。
音楽的カタルシスのタメを便秘と表現するのがすばらしいです笑。
私も今度から使わせてもらおう。

7月30日
7/30:僕たちみんなヒッピーだった・・・
川村かおりさん死去について。私はANNといったらナイナイ…の世代なんで良くは知らないんですけど、若木先生は世代的にぴったりなわけか。

7月31日
7/31:作画作業中つぶやくなう(使い方あってる?)
背景の仕上がりが遅いってことは、特殊な背景ってことなんでしょうか。
twitterは面白そうですよね。twitter経由でうちのブログにくる人とかもちょこちょこいるし、気になってます。まぁ私も独り言は別館の方でやってたりしますが…。
若木先生がいってるとおり、連載始まってからと連載始まる前でのブログの内容は結構違いますよね。

8月1日
8/1:august
若木先生の現アシさんの中で、唯一作品を読んだことがない梧桐柾木さんがまんカレ佳作受賞ということで、クラサンで読めるようですよ。
20090729162321.jpg
また後で別記事にします~。
そういえば、来週の本誌に読みきりが掲載される佐藤五月先生は若木先生の元アシさんかな?

8月2日
8/2:マンガゲノム
「サンデー・マガジンのDNA~週刊少年漫画誌の50年」の図録、これ畑先生と赤松先生の対談が載ってるんですよね。お値段は2000円だそうで。地方巡業もするそうなので、関西か広島あたりにきたら行ってみようと思います。
>実績はともかく、ボクのマンガはがんばって意識的にDNAを継ごうとしているマンガのつもりという言葉が力強いです。

☆今週書いた記事のまとめ
7月28日
やっと…
雑記。

7月29日
東毅先生も絶望先生を見てるそうな。ほかクラブサンデーリニューアルについて。
クラサンブログ面白いです。

神のみぞ知るセカイFLAG62感想速報版
定例感想。あと若木先生のアシスタント梧桐先生の紹介も。

7月31日
今日からちゃんと更新を…
雑記。少年サンデー新編集長の縄田正樹さんは、SM縄田のイメージが強すぎる笑。

8月1日
神のみぞ知るセカイ:5巻加筆修正まとめ(FLAG42~FLAG46)
神のみぞ知るセカイ:5巻加筆修正まとめ(FLAG37~FLAG41)
一応全てアップしました。抜けがあったら指摘お願いします。

神のみぞ知るセカイ:POSTERS!の懸賞(若木先生のサイン入りポスター)当選祈願で
ただの願掛け。

8月2日
神のみぞ知るセカイ:POSTERS!の内容紹介、みどころなど。
キャラをケーキに例える、が面白かったです。
神のみ関連:サンデーの横の関係について。
先週のまとめから、長くなったので別記事にしたもの。

懺・さよなら絶望先生第5話:やっぱりの畑先生出演
懺・さよなら絶望先生第5話感想とか。畑健ニ郎先生登場で久米田先生の反応が気になる。
今週の絶望先生アニメ感想。今回はアニメと原作の絵を比較なんかしてます。
最初はメモだけのつもりだったのに、どんどん内容が濃くなる傾向が笑。
関連記事

5/1のエントリー以来です。
「サンデー・マガジンのDNA~週刊少年漫画誌の50年」
と「少年サンデー1983」の話が出揃いました。
両方買いましたが、正直サンマガ図録はマガジン側に思い入れが全く無いので1983の方が世代的もぴったりきます。
そして、この2つの後でぜひとも「もう」氏にもここを読んでいるといわれる若木先生にも読んで欲しいのが
定本コロコロ爆伝!! 1977-2009
飛鳥新社
です。

雑誌の熱さ、編集の戦略、藤子氏のDNAの引き継ぎ方。自分はコロコロ創刊時にはコロコロを卒業している年代でしたが、それでもインタビュー記事で涙が出てきたのは久しぶりです。コロコロ・学年誌とサンデー等のコミック誌は組織的には壁があるとも噂されていますが、それでもこの本には感じるところがあるはずです。
なんといっても発行部数の減少が珍しくない中で上げて、かつサンデーよりも発行部数が多くなってしまった雑誌ですから。
[ 2009/08/04 22:29 ] [ 編集 ]

こんにちは~。

> 両方買いましたが、正直サンマガ図録はマガジン側に思い入れが全く無いので1983の方が世代的もぴったりきます。
私もマガジンはここ数年、しかも連載作の半分以下しか読んでないので、あまり…って感じなんですよね。1983は凄く面白かったです。別記事で書けたらいいんですけど。

> 定本コロコロ爆伝!! 1977-2009
> 飛鳥新社

コレ気になってるんですよー。
オススメされたことだし、是非読んでみようと思います。


> 雑誌の熱さ、編集の戦略、藤子氏のDNAの引き継ぎ方。自分はコロコロ創刊時にはコロコロを卒業している年代でしたが、それでもインタビュー記事で涙が出てきたのは久しぶりです。コロコロ・学年誌とサンデー等のコミック誌は組織的には壁があるとも噂されていますが、それでもこの本には感じるところがあるはずです。
> なんといっても発行部数の減少が珍しくない中で上げて、かつサンデーよりも発行部数が多くなってしまった雑誌ですから。

ですよねぇ。ここ数年のコロコロの勢いは凄い。学年誌&ボンボン派だった私はちょっと寂しいです。
読んだらブログで紹介しようと思います。
ありがとうございましたー。

となると、1983と小林先生の「青春少年マガジン」あたりも紹介したくなるなぁ…
[ 2009/08/05 02:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/634-c795f948













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。