クラブサンデー:新人王決定戦2週目感想とか前半。

新人王決定戦Bブロック終了まで(8/10)、トップにおいておこうかと思います。

本当は1週目からしたかったのだけど笑、いろいろあって2週目からやろうと思います。
別館のほうでやったほうがいいのかなぁとも思いましたが、一応こっちで。

前の記事と同じく、C-WWWで公開されていたすばらしいブログパーツとともにお届け。
こういうのをさらっと作ってしまうところがすごいなぁ。

☆クラブサンデー新人王について
クラブサンデーリニューアルで、各種ランキングが追加されたり、作家さんや編集さんが自由に書き込めるブログが出来たりと、面白いことになっています。(これについては後ほど詳しく書きます…)

で、リニューアルの中でも目玉といえる企画が、クラブサンデー新人王決定戦。
4週連続で、新人作家さんの読みきりが公開されます。
1週間に公開される作品は10作品。
(といっても全て今年のサンデー超またはクラサンで公開されたものばかりですが)
その10作品の中のアンケート上位2作品が5週目の本選出場となります。
本選では、4週間で選ばれた8作品の中でアンケート1位を決定します。
1位の作家さんはクラサンまたはサンデー超での連載権を獲得!!というもの。

サンデーRでも、新人読みきりの中で1位を決定、というのがありましたが
(「はじあく」の藤木先生や、「よしとおさま!」の四位先生はサンデーRで1位を獲っていますね。)
今回は1位がそのまま連載につながる、ということで作家さん&読者のモチベーションも高いんじゃないでしょうか。
というわけで、このブログでもささやかながら各作品の感想なぞ書いてみようと思います。
ちなみに、アンケートは各作品を読み終わったら出てくるので、書き込むだけでOKです。

というわけで、以下まず今週の5作品の感想を…。(残り5作品は後であげます。)
バカ兄コンプレックス 村市先生
OH!MYマザー 富士昴先生
ぶっとべ!フィーエルヤッペン部 猫砂一平先生
ぼくらのヒーロー 佐倉準先生
飛ぶがごとく 森田滋先生

作品名をクリックしたら、そのままクラサンへ飛びますのでー。

☆バカ兄コンプレックス 村市先生


バカ兄コンプレックス


バカ兄コンプレックス


村市
(C)Muraichi/Shogakukan 2009


見た目コワイけど優等生の弟・砂月は、人気者でバカな兄・陽達に密かなコンプレックスの日々。そんな2人の前に死神が現れ言った。「あなたがたのどちらかを殺します」。逃げる2人の胸に湧き上がる想いとは…?キュートな画で勝負のルーキーが描く、心揺さぶる兄弟コメディー!


posted with EmbedSunday on 2009-08-04





無愛想な弟と天真爛漫な兄。そしてなぜか食ってかかる死神女。
なんか新人さんの作品って死神物多いような気がするのは気のせいでしょうか笑。
死神ものだと、今回の新人王では猫砂一平先生の「死神さんの時限爆弾」がすごく面白かったので(実際1週目2位で予選通過してますし)、ちょっと分が悪いかなぁという気もします。



死神さんの時限爆弾


死神さんの時限爆弾


猫砂一平
(C)Ippei Nekosuna/Shogakukan2009


ある日突然…鳥本俊は、死神に爆弾をセットされてしまう。なんだこりゃと思っても、後の祭り。これから出題する簡単な問題に、制限時間内に答えられなかったら爆発するって仕組み。いきなりだけど、命を懸けたクイズ大会のはじまり〜! 出題者はクラスメートの亀井ミドリ。それでは、問題です…「鳥本俊!! 死にたくなければ、お前の好きな人を言え〜!!」って、のっけからタイムリミットいっぱいの読切コメディー36P!!


posted with EmbedSunday on 2009-08-04






で、話を戻して。まったく正反対の性格の兄弟にコンプレックスをだく、というパターンはよくある話ですが、こういうのは感情描写の上手さを楽しむものかなぁと。
セリフがちょっと多くてクラサンでは読みづらい感じはしましたが、無愛想な弟・砂月と陽気な兄・陽達のすれ違いがきちんと伝わってきていいなと思いました。
ただ、お兄ちゃんの「バカ」加減がいまいちだったのと、「可愛い」死神のキャラが中途半端なイメージが残りますね…。

☆OH!MYマザー 富士昴先生


OH!MYマザー


OH!MYマザー


富士昴
(C)Subaru Fuji/Shogakukan 2009


うちのオフクロが、もうすぐ死ぬ。オレのせいで・・・・‥の、はずが! 美少女サイボーグになって帰ってきちゃったり、大好きなアイドルに激似だっだり、当然同居したり。家族のありかたをちょっとだけ考えつつ、チラリズムについての考察が主なカンジのヒューマンコメディー!


posted with EmbedSunday on 2009-08-04





ダメだ、やっぱりドタバタコメディーに弱いです、私笑。
テンポもよくて楽しく読みました。
自分を庇って交通事故で亡くなった母親が、ずっと姿を見せてなかった父親の手によって美少女サイボーグとしてよみがえる…というお話。
お母さんへの反抗心、お母さんから息子への思い。で、そういう家族の思いから父親をすっぱりきってるところが「読みやすい」ゆえんかなぁと感じました。
そりゃもっと女の子が可愛かったら…ていうのはあるけども、こういう設定を恥ずかしげもなくやっちゃうところに乾杯!!

☆ぶっとべ!フィーエルヤッペン部 猫砂一平先生
1週目に続き2作品目の猫砂先生。1週目予選通過おめでとうございます。


ぶっとべ! フィーエルヤッペン部


ぶっとべ! フィーエルヤッペン部


猫砂一平
(C)Ippei Nekosuna/Shogakukan 2009


クラスメートの星野エミの「フィーエルヤッペンって、すごくカッコいいんだよ!」という一言につられて、それがどんなスポーツかもわからず、鈴木太郎はフィーエルヤッペン部に入部してしまった。入ってみると、変態の部長や不審人物の先輩とひとクセもふたクセもありそうな連中だらけ。おまけにフィーエルヤッペンってば、ものすごく恐ろしいスポーツだし…奇才・猫砂一平が放ついきあたりばったりコメディー32P!!


posted with EmbedSunday on 2009-08-04





さすが角川スニーカー文庫からデビューが決まってるだけあって、話の運びとセリフの面白さは抜群です。でもやっぱり上に載せた「死神さんの時限爆弾」の方が面白かったかな…。そうきたか!という驚きとワクワク感が半端なかったです。
フィーエルヤッペンもとにかくキャラが強烈で笑、読んでて楽しかった。もっと「高い」「怖い」感覚が絵で表現されていたら違ってたんだろうけど、それはまた先の作品に期待ってことで…。
因みに、猫砂先生のブログ。前も紹介したけど、制作の方法とか裏話とか満載で面白いです。

☆ぼくらのヒーロー 佐倉準先生
佐倉準先生、まんカレ入選作「こなた彼方の帚星」以降初のよみきりです。


ぼくらのヒーロー


ぼくらのヒーロー


佐倉準
(C)Jun Sakura/Shogakukan 2009


内田まさる…普段はごく平凡な高校生だが、悪の怪人が現れると、正義の味方“バーンヒーロー”に変身するのだ。てな具合で、日々戦っていたのだが、最近怪人“キリカーマン”の様子がおかしい。花壇を踏み散らかしたり、女の子をさらったりと、ライバルとして切磋琢磨していた面影がないのだ。悩むまさるに、怪人“アリアリア”が告げる。キリカーマンは、お前に恋していると! 悩めるヒーローコメディー読切24P!!


posted with EmbedSunday on 2009-08-04





普通の高校生、だけど時々正義のヒーローが、怪人キリカーマンに惚れられるというドタバタコメディ。
まぁホントえげつないギャグの連続で笑わせていただいたのですが笑、これが佐倉先生の新作とは…!結構強烈でした。
というのも、デビュー作の「こなた彼方の帚星」がさわやかなサンデー的青春友情漫画でして、読み終わってすごく幸せな気分になったんですね。で、次回作を待ちわびていた私ですが、まさかこんな作品がくるとは笑。受賞当時の編集部コメントからも期待の高さが伺われます。
こなた彼方の帚星

☆飛ぶがごとく 森田滋先生


飛ぶがごとく


飛ぶがごとく


森田滋
(C)Shigeru Morita/shogakukan2009


薬師丸京介はバドミントン部に所属する高校1年生。そんな彼はある日、部の顧問からダブルスを組むように命令される。組む相手は、京介が最も苦手とする男、猿飛ノラ。そもそもダブルスに興味が無い上に嫌いな相手と組むハメになった京介は大いに抵抗し…!? 決して一心同体ではない最強ダブルス誕生秘話!


posted with EmbedSunday on 2009-08-04





若木先生のアシスタントさんの読みきり4作目。
これはサンデー超掲載時に詳しい感想を書いたのでそちらを参考にしてください。
飛ぶがごとく 感想
2人組み男子のスポコンもの。2人の違いがきちんと描かれていていいなと。
まっとうな「戦友」モノです。すばらしい。

と、とりあえず5作品のみ。他の5作品はまた後で…
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/636-8e8ba6ef