スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

クラブサンデー:新人王決定戦4週目「冥途から。」「幸子」感想。

滑り込みで4週目の感想。全作書くのはしんどい、というのが良く分かりました笑。
なので個人的に印象に残った作品だけ。
EmbedSunday - クラブサンデーブログパーツ作成を利用させていただきました。

☆冥途から。葛城一先生
一番ツボに入ったセリフは「普通の眼帯だとしっくりきすぎてボツりそうだったので、少女漫画調の眼を描いてかわいらしさを出そうとして見事失敗したんです。右向き下手ですし…」
自分の趣味でいうと、これが今週の1番ですわ。


冥途から。


冥途から。


葛城一
(C)Hajime Katsuragi/Shogakukan 2009


幼い頃から、他人がついた嘘を見抜くことができる主人公・永真のもとに、ある日やってきたのは冥途からやって来たメイドの冥子。どうやら永真の実の父・閻魔大王から、教育兼世話係として派遣されてきたらしく…? スーパールーキーが描く、ありがた迷惑おしかけメイドコメディー!


posted with EmbedSunday on 2009-08-24





「三年契約」につづき、2作目登場の葛城一先生。テンポいい長台詞でよませるコメディが私のツボに入りまくっています笑。個人的には、すごく連載で読みたい先生です。
メイドの登場シーンとかめっちゃ好き。どこのお岩さんだ笑。眼帯のインパクトといい、メイドものなのに萌えをすっぱり切ってるあたりが潔すぎ。掛け合いのテンポも完璧だと思うのです。
設定に関しても、「嘘が見える→閻魔の子ども」っていうのが細部にいたるまで生かされていて芸が細かい。こういうの好きです。実は小ネタも充実。小学生時代の回想の背景の習字は全てネガティブな一文字になってたり…。オチは「ひどい!笑」ですが、コメディでありながら、人間の「嘘」と「正直」の難しさがテーマになっていて、結構考えさせられました。小学生時代の回想とか、人間哲学的なテーマとか、さらに膨大なテキストによるギャグとか、すごく新井理恵先生っぽいなぁと思いました。
しかしまぁ、一般うけするかというと…。どうなんだろう。もうちょっとセリフが少ないほうが「読みやすい」作品になると思うんだけど、そうなったら葛城先生の良さがなくなってしまうよなぁ。


☆幸子 空詠大智先生
人形と人間という関係の話はオーケンのヌイグルマーとか、呪法解禁!ハイド&クローサーとかいろいろ前例はあるのだろうけど。


幸子


幸子


空詠大智
(C)Daichi Sorayomi/Shogakukan 2009


「幸子はターくんと愛を語りたいの!」「寂しいからターくんの両腕で温めて!」連日連夜、拓也に猛アタックをかける幸子は、物置を掃除中にたまたま開けてしまった箱から出てきた呪いの人形! 身の丈は30cmくらい。人の言葉を理解し、純粋な乙女の心を持つ幸子。幸子の一途なラブアタックは拓也に届くのか!?


posted with EmbedSunday on 2009-08-24





空詠先生も新人王2度目の作品。
いやぁ幸子のキモさと強さがとても印象的です。絵もすごく上手くて、アクションも映えてて。謎解きっぽい要素もあって好みでした。連載になったら面白そう。
何より作者コメントが素敵笑。
>この原稿終了後に開放感から39度の熱が出たままメイド喫茶に行きました。おかげで軽く冥土が見れました。幸子。感想お待ちしております。

というわけで。
今回の順位予想は1位冥途から。2位幸子で。
ゼンの神話もめっちゃ上手かったけど、やっぱり自分の好みではこの2作かな。
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/658-aa2882c0













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。