スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

小学館が大変なことになってますね…久米田先生と担当編集者さんの関係

小学館の学年誌からマンガに入って以来、ずっと小学館びいきな私にとって今回の雷句誠先生の小学館のマンガ編集の暴露話はすごくショックです…

それでも、やっぱり私は小学館の漫画が好きだから。サンデーには好きな作品がいっぱいあるから。編集部が絶対悪なんだと決め付けて、サンデー不買運動をしようとかいうふうには思いません。読者が雑誌を見捨てたら終わりじゃないですかっ!!(若木先生の「サンデーを見捨てないでね」のコメントが胸に響きます…)

願うことはただひとつ。今回の騒動で、もっと漫画家さんと編集者さんの関係が読者の側にも見えるようになって欲しい、ということのみです。

ここ何年か、ネット上では悪い噂が飛び交っていた少年サンデー編集部。雷句先生以外にも、夏目義徳先生が編集部の暴露話をHP上で書いておられました。2chで話題になったとたんHP上から消えてしまいましたが。内容はというと、「連載するから」と言われて1年以上原稿料なしで書き続け考え続けた話(バスケット物)がなかったことになったこと等々、編集部の「いいかげんさ」「漫画家の扱いのひどさ」をクローズアップしたもの。『クロザクロ』の連載が始まる前ですね。

雷句先生は小学館で書かない覚悟を決めたからこそこの訴訟が起こせたのでしょうね。きっと今までも、夏目先生の例を挙げるまでもなく理不尽な思いをしてきた作家さんはたくさんいたのでしょうし、今回はたまたま小学館(サンデー)の話だけれど、同じように作家さんに自由が無い雑誌や出版社はたくさんあるんだろうな、と感じます。

橋口たかし先生が雷句先生の陳述書に反論していらっしゃるように、編集者さんが、担当の漫画がおもしろくなるように、と考えているというのは間違いないんだろうと思います。より人気が出るように、よりおもしろくなるようにアドバイスする、というのが漫画編集者の仕事であるというのが常識になっているのですから。そのアドバイスを「行き過ぎ」と感じるか「確かにそうだ」と納得するか。同じ編集さんにあたっても、作家さん側の受け取りかた次第で評価が変わるという一面もあるのでしょうなぁ…

純文学だとそうは行きませんよね、先生の作品第一で、「新潮」とか「文藝」とかにのってる純文学読んで「編集者の介入があったんじゃ…」なんて疑問が沸くことはないもの。編集者さんの影が断然薄い。「編集者=原作者の一部」というのは、漫画だけの特殊な物なんでしょうね。だからこそ「編集者に逆らえない漫画家」とか「漫画家に対して高圧的な編集者」が出てくるのでしょうけど…そこらへんの関係は読者にはまったく見えないわけで。


で、本題。
われらが久米田康治先生と編集者さんの関係はいったいどうなってるのか?
デビューから今までずっと、編集者さんの失態やプライベートを漫画に描いていて没もほとんどなし、とのことなので、本当に久米田先生は編集さんに恵まれてるかつ世渡り上手なんだろうなぁと思います。あんまり、専門家っぽくないでしょうね。気難しそうで実はそうじゃない、と。大御所の漫画家さんとも仲いいですしね。(高橋留美子先生は基本「留美子先生」呼びですし、南国初期から一緒にお芝居みにいってらっしゃるようで…)

南国~ポカポカはずっと福本さんというちょっと怖そう笑、な人が担当さんです。実に5年以上…改蔵で4回ほど担当さんが変わったことを考えると相当長いです。福本さんは、ランパブ大好きとか、キャバクラでネタ打ち合わせ、とか、あまつさえ指名した女の子をあかほりさとる氏にとられた!とか、もうネタにされまくり笑。巻末漫画の登場回数も多いです。かなりギリギリなネタばっかりだったんですけど、良く許してくれたなぁ笑。

で、改蔵の初代担当さんは坪内さん。熱狂的サッカーファンで、日本代表がまけたら3日休むため仕事にならないらしいです笑。久米田先生が本格的にサッカーにはまったのもこの人の影響っぽいですねぇ。もちろん改蔵のメインキャラ坪内地丹くんの名前は彼から取ったもの。橋口たかし先生が担当編集さんを美形キャラで登場させるのと対称的ですねぇ笑。

あと、作中に良く出てきたのは武藤さん(二代目かな?手元に単行本ないので確認できません…)。絶望先生のなかでも出てきたりしているのできっと仲良かったんだと思います。

絶望先生始まってからは竹田哲也さん。言わずもがなで仲いいですよね!ほんと…デジタル入稿だからメールでも送れるにもかかわらず、疎遠になるからと毎週取りに来てもらっている久米田先生。編集者さんとのニンゲン関係に気を使っていらっしゃるのが伺えます。

なんというか、こんな久米田先生のイメージが強かったので、小学生のときから「小学館の編集さんはいい人」という認識だったんですけど。…久米田先生がレアケースだった、てことですね。そんな久米田先生でも改蔵打ち切りに関してはいろいろ事情ありそうだったり。

今回の騒動で、藤崎聖人先生の妙な小学館漫画賞受賞コメントも、皮肉にしか聞こえてこないのですよっ。藤崎先生HPで連載中はいいことひとつも無かったみたいにいってるし…
関連記事
[ 2008/06/07 22:22 ] 久米田康治先生関連 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/66-ff94dd30













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。