スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG66、67感想とか元ネタ補足~神のみ感想巡回メモから~

9/13:パノラマ島奇譚とFLG67について、言葉が足りてなかったので追記しました。スミマセン。
せっかく感想リンク先の巡回しているので、それに伴う気づきをメモしておくことにしました。ついったーで書いたことをまとめた感じ。

サブタイトルの元ネタ
今シリーズのサブタイトルは、以前書いたとおり、イギリスの老舗プログレバンドムーディーブルースの曲しばり。ほとんどの読者は知らない気がする笑。

FLAG66
☆センターカラーについて
若木先生による解説桂馬とエルシィ二人のバージョンもあったそうですが、最終的に採用されたのはエルシィだけのもの。いつか二人バージョンも見てみたいですね。

☆ぼくなつ4の影響
田舎への帰省、親戚囲んでの食事、という話は「ぼくなつ4」の影響だそうで。
感想をざっと見たところ、ギャルゲの田舎モノ、夏の少女モノを連想した人が多い感じでしたが、(かくいう私もそうですね)、まがりねぎさんは「ぼくなつ」の影響を指摘されてましたねー。さすが。

☆舞台は岡山。そして神のみの源流にある(かもしれない)金田一シリーズ。
で、舞台は岡山県。若木先生のご先祖様のお墓が津山にあるのですね。ふむふむ。津山、金田一耕助、八つ墓村といえば、「津山三十人殺し」。興味がある人はぜひぐぐってみてください。「八つ墓村」を読むのもいいと思います。

ただ、FLAG66の感想で書いたとおり、桂馬のこのセリフ
090902_1420~01
は、完全に金田一耕助シリーズの「獄門島」だと思ったんだけど…。
もっかい読んでみようなかな。
あと、愛梨ちゃんが歌ってるわらべ歌は「悪魔の手毬唄」みたいで不気味です。

「八つ墓村」も「獄門島」も「悪魔の手毬唄」も、岡山県が舞台になっている「岡山編」と呼ばれているシリーズなので、読んでみるのも一興かもしれません。
(私は横溝正史の金田一シリーズはほとんど読んでる&市川崑監督の映画版は見てますが、読みっぱなしなので記憶間違いがあるかもです…)

若木先生は、
>八つ墓村はものすごく好きで、舞島学園下の地下洞窟なんてものも思いっきりオマージュ
と書いてます。確かにあのワクワク感は八つ墓村だ。横溝正史のミステリは、こういう奇抜な冒険譚が多いので、漫画好きな方は結構ハマると思います。(私がいい例)

横溝作品つながりでのお勧めは「パノラマ島奇譚」かな。あの毒々しさが好き。
作者は江戸川乱歩ですけど、横溝正史が長編の執筆を乱歩に強く勧めて実現したという作品で、ある意味横溝正史がいなかったらうまれていなかった作品ですね。

>そもそもギャルゲーというものの大きな源流が、全てあの世界観にあると言ってもいいというぐらい超エポックメイキングな作品なんで、エヴァンゲリオンと八つ墓村なしで全盛期ギャルゲーは語れないっすね。ちなみに、突然出てくる目玉は弟切草ちっくなんですけど、これもギャルゲーにとっては大きな作品だったなあ、なんて、急に思いついて入れちゃいましたよ。
ということは、八つ墓村とエヴァと弟切草は神のみファン必見なのかもしれない笑。
八つ墓村も読んでるし弟切草もやってるのに、エヴァだけちゃんと見たことないってどうなの私…

☆伝馬と麻里さんの関係
あとは、伝馬と麻里さんの関係についての考察をいろんな方がしていて面白かったです。
伝馬と麻里さんはいがみあっているように見えて、伝馬は麻里さんに自作の(かなり価値が高い)器を使うのを許しているし、麻里さんも、本当に伝馬が嫌いならその器をお客さんに出したりしないだろうし。喫茶店の「カフェ・グランパ」なんて名前もしかり。
また、使わなければ意味がない、という現実的な思考の麻里さんと、とことん突き詰めてこだわる伝馬の対比も同じやりとりの中で見ることができます。桂馬はおじいさん譲りの性格ですね。コメント欄で指摘されてた方がいましたが、桂馬の名付け親は伝馬っぽい笑。

☆蔵にある等身大ポップは…
これも複数人の方が指摘されてたんですけど、私は気付いてませんでした笑。不覚っ。
蔵の中に、麻里さんの誕生日回に出てきた等身大POPがそのまま登場しています。
細かいっ。

☆ひまわりは太陽の方に向いて咲くわけですが。
エルシィの影を考慮すると、ひまわりの咲いてる方向がちょっとおかしい、という話をこいんさんがしていました。いわれてみれば確かに…

☆その他オマージュとか
・お墓参りのシーンは、意図せず「めぞん一刻」そのままの構図になってしまったとか。
血肉にしみ込んでるんですねぇ。
・もういっこは映画「瀬戸内少年探偵団」のオマージュ。この映画見たことないです…こんど借りてみようかな。阿久悠原作なのかー。
・麻里さんの愛車はシティ!しかもマンハッタンルーフ。さすがかっこいいです。
ノーラの取り巻きのカムリとクレスタとか、2000GTとか、BMWとか…。若木先生なかなかの車好き。
私、車良く知らないんで(最近やっとバックで駐車ができるようになった。)、車ネタがあったら詳しい方、教えていただけると助かりますー。

FLAG67
☆愛梨の正体について
今週はこの予想が多かったような。
私は投げっぱなしで予想してません、スミマセン笑。

おばあさんと愛梨は実在していない、っていう意見が一番多くみられたかな。
いわゆる幽霊的な存在っていう推測。

もうひとつ、いいなと思った、かつ神のみっぽいなと思った意見。
おばあさんに憑いてる駆け魂が、お墓に出現した幽霊のような愛梨の正体で、友達がみんな亡くなってしまったおばあさんの代わりに、お盆に帰ってきた友達の霊と駆け魂がお墓で遊んでいるのでは、というのはdlswさんの言ですけども、私はこれが一番しっくりくるんじゃないかなぁと思います。まがりねぎさんもおばあさんに駆け魂がついてる派。
(追記:ちょっと言葉が足りなかったんですが、愛梨もおばあさんも現実に存在していて、お墓にあらわれた幽霊っぽいのが駆け魂ってことです。)

GRGRさんはおばあさんの「一か月も前から作ってたよ」とか「年寄りはもう孫くらいしか楽しみないからね」を深読みポイントとしてあげてました。確かに、いくらでも深読みできるかも…。

☆ラムネ瓶の構造が実はおかしい件
これもGRGRさんに言われるまで気づかなかったんですけど、表紙のラムネのビー玉がおかしな位置にあるんですね。私があげた画像だと暗くて全然わかんないですが笑。

☆「離婚調停かな」大人気
各感想サイトではかなりの確率でこのセリフが取り上げられてました笑。
こういうセリフのセンスいいですよね、桂馬、というか若木先生。
あとはやっぱりエルシィの怖がりとか、布団かたつむりとかが話題になってました。
エルシィはますます可愛くなっていくなぁ。

と、こんな感じで二週間分まとめてみました。
これからもちょくちょくやると思いますー。
関連記事

大したことじゃないんですが

いや、もし後方に太陽があるのなら、麦わら帽子の影が自分自身の影より目立つ事はないと思いますよ。腕への影の落ち方からみて、太陽はむしろ画面手前ちょい左側から照らしている…と考えられます。
してみると帽子じたいが、見た目の印象より手前に傾いている…ということ、なのかなぁ。うーん。低く構えてあおりで撮ってる感じでもないし、ちょっと不思議な構図ではありますね。

ちなみにひまわりの花が太陽の方を向くのは蕾~咲き始めの間だけで、咲いてしまったらもう向きを変えたりはしないようですね。多くは東~南向きに咲いてるようで、この絵ではたぶん南向きではないかと。
[ 2009/09/13 09:23 ] [ 編集 ]

>完全に金田一耕助シリーズの「獄門島」だと思ったんだけど…。
色々と混ぜ込んである、に一票(いや、金田一シリーズ読んでないけど)
[ 2009/09/14 05:41 ] [ 編集 ]

返信遅くなってしまい申し訳ないです…
・Iuthさん
自分でちょっと考えたんですけど、よくわかりませんでした笑。
>ひまわりの花が太陽の方を向くのは蕾~咲き始めの間だけで、咲いてしまったらもう向きを変えたりはしないようですね
知りませんでした…。

・ななしさん
>色々と混ぜ込んである
これが答えでしょうね笑。
ともかく金田一っぽい雰囲気ということなのかなぁ。
[ 2009/09/16 18:05 ] [ 編集 ]

もうさん>
すみません、焦点がぼけてました。

えーと、帽子の影が丸く顔から胸、腕にかけて落ちてますよね。これは裏返せばそこ以外、お腹から下とか肘とかには日光が当たっている、ということです。
もし太陽が背中側にあるなら、お腹には光が当たらず、影になっているはずです(“逆光”状態)。従って、この絵では日の光は手前から射している…と、そういう次第。

むしろ日の光とヒマワリの向きが変なのはBSブログ(HonneyDipped)の絵の方かな。あちらははっきりヒマワリが太陽に背を向けてますね。
[ 2009/09/17 15:49 ] [ 編集 ]

返信おそくなってしまいスミマセン…
丁寧な解説ありがとうございます!やっと理解しましたー。光と影の描写って難しいんですね…
[ 2009/09/25 00:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/676-9a273a62












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。