スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

神のみぞ知るセカイFLAG92感想~コメディ!コメディ!コメディ!さて次の一歩は…?~

…行動で示すっ!!
FLAG92「SISTERS SCHEME」

よみましたっ
いつにもましてコメディ色が強い回ですねー!(しかもちょっとレトロな感じの笑)
そんななかでも、女神探しの課題はこなしていってて、かつ姉上の心のスキマは見えそうで見えないっていう。
このじらしがね、笑いながら読みつつも、超技巧的コメディだよなーなんてちょっと斜めにかまえたい・玄人ぶりたい読者の心をがっちりつかんでいる気がする笑。

☆美女に攻撃されまくるというM男にはたまらない展開だろうに…笑
冒頭からピカソの絵みたいになって楠にボコボコにされる桂馬ww
100326_0151~01
桂馬の百面相はもう定番ですねぇ笑

痛い展開つづきに疲弊しながらも、「逃亡」という言葉の違和感にすぐ気づき、すぐ本人に確認するあたり仕事はやい。やっぱり仕事早い人は行動はやいねっ嫌なことを後回しにしないってのは仕事の基本なんだな…


☆記憶消去…というより記憶改ざん。そして女神探しにつながる。
美生の再登場から楠主将再登場の流れで、女神探し…つまりファンの間で予想されてきた再攻略・二週目の定型ができあがった感じですね。
にしても、この「女神探し」って設定はすごくいいー!!予想の斜め上なSF展開かとおもいきや、二週目がみたいっていう読者の期待にこたえつつ、二次元神桂馬が自分が攻略した女の子の変化にふれることでゆるやかに3次元のことを知っていくのを見せるっていう。
…ながくなりそうなので、女神探し設定に関しては書いてない回の感想に書きます…
(長い間かけてなくてホントスミマセン!!)

攻略女子の変化に触れる…ってとこでは、今回は主将が投げ捨てようとした例のネコが登場!
100326_0240~01
随分仲良くなってますねー!楠編→巻末おまけ漫画ときてこれを読むとホント変わったんだなーってのが分かりますな!そして、攻略時の楠のことをちゃんと覚えてる桂馬いいやつ。

で、記憶消去…というか記憶の改ざんの確認。
今回はまるっきり桂馬がいなかったわけではなくて、入部したところまでは事実と同じ。
その後で急に改ざんが行われているようです…本編の図が素晴らしくわかりやすいですね!!
いつも思うけど本編に挿入される解説図わかりやくかつ親しみやすくていいなー。

桂馬は入部してかたい決意をしたはいいもののすぐに逃亡した軟弱者として楠の記憶には残っている。
遊園地は道場のみんなと楠で行ったことになっている。

事実が記憶消去作業によって中途半端にねじまげられることによって、桂馬の印象が攻略の時と違っていたら、すなわち記憶消去が行われている=女神はいないという確認になる。

…ということは、攻略後も桂馬に対して好意をもったまま(と思われる)ちひろとか歩美は可能性高そうな予感。
でも他のキャラでも攻略後の描写があった娘もいたし…こういうのはもういっかい読み返さないと分かりませんね。
これを機に全部読み直して、伏線になるかもしれない部分を探したりするのも楽しそうです。


☆コメディー全開の檜さんと桂馬のやりとりが楽しい!
羽衣をセクシー衣装にしてしまった檜さん…なのに桂馬にかかると「洋ゲー的悪趣味さ」「羽衣も気の毒に…」だもんなー笑。その後、檜のファンって設定にそって鼻血を吹いてみせるストレートにひねくれてる様がたまらないですww

楠の姉、檜にしたって、すでに楠のプロフィールが公開されたときに破天荒な姉の存在は書かれているんですよね。
細かく読んでるファンとしては、ここで来るのかー!!ってゾクゾクしました!

何気にいい味だしてるのがとりまき道場男たちで笑、特に前世君(勝手に命名)はいいなぁ。
こういう繰り返しネタは古典的だけど素直に笑えて気持ちいいです。

あと、今回2回目の桂馬顔変形ww自由自在だなー。
100326_0434~01
ジャイアンに媚をうりまくるスネオみたいな笑。…初代の爆外伝にも似たようなキャラがいたきがするなー…

楠主将のお色気シーンは…またトイレ関連ですか笑。
神のみ女性キャラのトイレ遭遇シーンはかなり高いきがする。
これは…恥ずかしい姿を見られて恥ずかしがる女の子をニヤニヤ観察する…みたいな意図があるんだろうかw


☆自由で明るい檜から少しずつ見えてくるのは…
お色気!!大声!!破天荒!!な、豪快な姉キャラの見本のような楠さん。
ここまで明るいコメディで進んでますが徐々に暗い影が…
桂馬に楠檜姉妹の過去を語る檜さん。
なんだって楠より上、な檜。なのに道場をつがなかったのは
「どんなことだってできる」
「私の夢は…もっと大きいわよ!」

だからでした。

私は何だってできる、もっと大きなことがしたい!
そんな万能感が今回の心のスキマに関係してくるのでしょうか。
女優、デザイナー、アーティスト…とどんどん肩書き(自称)が増えていくのもそれを象徴していて分かりやすいのですが、今回はさらにもっとわかりやすく!もっとインパクト大に!巨大化しております。

駆け魂の設定のおかげで、心のスキマを視覚的に分かりやすく、楽しく読めるようになっているような感じ。楠編での分身を思い出しますね。

楽しいコメディな序盤に、楠の意味深な表情を入れてきているのも気になります。
来週も楽しみ!!


☆巻末コメント
Q.人類最後の日、どのように過ごしたいですか?
A.せめてお菓子くらいは食べたいですな。


予想通りの答えです笑
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tukigamiteta.blog43.fc2.com/tb.php/751-7095c934












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。